大和屋祭の初日を無事に迎えられました

  • 2017.10.19 Thursday
  • 23:30
皆さま、こんばんは^ ^
ヤマトヤのすみかです!

今日はヤマトヤの年に一度のイベント。
「大和屋祭」の初日でした。


開催にむけての準備段階で、
たくさんのメーカーさんのご協力のおかげで、無事にスタートを切ることができました。


シチズン時計の宮原さん、CASIOの木村さん&松下さん、インカメしてなかったけど、SEIKOさん。


NAZUNAの三木先生、アトリエドオールの青柳ご夫妻、石川先生ご夫妻、各宝飾メーカーさん等、
多くの企業様にご協力頂いております。

スペシャルサンクスとして、西原ご夫妻も! 最も遠い西日本からおいで頂きました^ ^。
ほんとーーーうにスペシャルサンクスなんです。 そして、雨の中、おいでくださった全てのお客様、ありがとうございます^ ^

特に、毎年来てくれるロギ、お買い物もインカメもありがとうございますっ。
それから、仕事の忙しい合間に来てくださったYヤマ様、ありがとうございましたー。




たくさんのありがとうを抱えて、初日が結ばれました。

また明日、皆様と元気にお話できるよう、まずは脚の疲れ(=むくみ)をとってから(笑)、眠りにつこうと思います^ ^

おやすみなさい!

また明日♪

大和屋祭の宵々

  • 2017.10.17 Tuesday
  • 19:38

夜になると急にきぃ〜〜〜んと寒くなっている御殿場です。

 

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

先日、ヤマトヤ富士店に行ってました。

大和屋祭(=年に一度のヤマトヤの大きなイベント)の直前ということもあり、

富士店も完全に大和屋祭モードに。

 

富士店スタッフによる製作物、各種印刷物、

そしてお客様のためのお楽しみのアレとかコレとか(まだ非公開です♪)、

富士店スタッフによって準備が進められていました。

 

御殿場でのイベントとはいえ、

富士のお店でもこんなにも万全な協力体制が取られてたんだ!

って嬉しく思いました〜!

 

そして・・・・・・

普段の店舗運営の準備もぬかりないです。

10月になった瞬間には、もうハロウィンモードになってましたからね。

 

ともすれば、カジュアルすぎになりがちなハロウィンをモチーフとしたディスプレイですが、

台座に黒地のサテンを使っていたため、

とってもシックに仕上がっていました。



場所は、ライトジュエリーの一角。

 

入り口入ってすぐのコーナーなので、

お客様とお店がお互いに初めて出会う場所、なんです。

 

富士店ではここでお客様に季節感を感じて頂こうと、

今の季節は、ハロウィン&秋でした〜!

(夏のパキっとしたディスプレイも好きでした)



パールコーナーはコンサバな雰囲気で。

マダム層の方々も買いに来られるため、この和の世界がマッチしていました。

毎回、行くたびにディスプレイが変化&進化しています。

だから、行くのがワクワクします!

(・・・・・って、だいぶ手前味噌ですが〜)

 

同じように、お客様もわくわくしたり、どこかホッとしたり、

そんなお気持ちになってくださると良いなぁ・・・と、感じました。

 

泣いても笑っても、大和屋祭まであと2日。

最後まで、走り切ります!

トラットリア・フィレンツェ(御殿場)

  • 2017.10.14 Saturday
  • 18:20

食の神様が微笑んでくれたぞっ!という瞬間があります。

 

ちょうどランチをしに、フィレンツェさんにお邪魔しようとしたら、

予約で満席だったので、また来よう〜、とお店をあとにしました。

 

でも、その日の夜、遠方から御殿場に帰ってきた義両親が、

フィレンツェさんに行きたい気分だったらしく、

「夜、フィレンツェに行こう」とお誘いが。

 

渡りに船とはこのことでしょうか(ちょっと違う?)。

私たち夫婦は、前のめりで「行く!行く!」と

 

みなさま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです!

 

渡りに船ってこのことですね〜!

この日にフィレンツェさんのお料理を食べられるよう
食の神様が味方してくれたような気がいたします(笑)。

 

人数多めで行くと、サラダの盛り付けが豪華。

こんもりと山になっている様子は、見ているだけで食欲がわきます。

手前のデミカップはカボチャのあったかいスープ。

 

この季節はカボチャ料理のこっくりしたイエローを見ると

ハロウィンを連想しちゃいます。


家族みんな大好きな、魚介のフリット(揚げ物のこと)

カルシウムがたっぷりそうな小魚がそのままの姿でフリットになっていました。

 

ここのフリットは、コロモが軽やかなので、

いくら食べても胃にもたれることはないため、

大盛りで頼んで、たくさん頂きます(笑)。

そして、お酒もどんどん進むんです。

この日は、家族でスパークリングワインのボトルをおいしく1本、空けました。


このピッツァがおいしかった〜!

ジャガイモとアンチョビのピッツァです。

たっぷりと厚みをもってカットされたジャガイモ。

ほくほくした食感に幸せを感じました。

 

パスタ2種類もしっかりと頂きました。

キノコのクリームパスタと・・・・

久しぶりに頂いた、ペスカトーレです。

 

安定のおいしさでした。

「トキバコ」さんのご紹介記事でも書いたのですが、

パスタとか、ステーキとか、

ごまかしの効かないシンプルなお料理であればあるほど、

プロのお料理人さんのすごさを感じますね。

 

かわいいラーメン屋さん「らZOKU」(御殿場市)

  • 2017.10.13 Friday
  • 11:00

この3日間は暑かったのですが、今日は寒い御殿場です。

雨も強めに降ってきました。

 

ヤマトヤの展示会「大和屋祭」まで、あと6日。

事務所も、お店も、誰もかれも、バタバタ。

 

でも、今朝、出勤した時、まだ一人ぼっちの事務所のなかで、

「あーー、働けるって幸せなことだなぁ」って気持ちがわき上がって来て、

ものすごく張り切って掃除機をかけちゃいました(笑)。

 

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです!

 

このあいだのことですが、3連休明けだった火曜日。

アオジ(=主人)とランチに行こうとお出かけしたのですが、

どこに行っても「予約で満席」or「定休日(の振り替えとか)」でした。

 

そんなとき、アオジ(=主人)が、ふと思い出してくれたことが、

 

「Aokiの前にあるラーメン屋さんがおいしいらしい」

 

という情報。

お店の名前はわからなかったけど、

とりあえずAokiの前へ向かってみました。

ここですね!

(すみません、片目をつぶっちゃって。とてもまぶしかったので、こんな表情に)

 

車道からやや奥まったところに、砂利になっているスペースがありまして、

いくつかお店が固まって営業されています。

 

その中で、一見、ラーメン屋さんには見えないかわいい外観のお店がありました。
女性が一人でも入店しやすそう!

 

名前は・・・・・


らZOKU

 

たぶん、「ら族」ってことだと思うのですが、

”ラーメン族”の略・・・・・???

文字の書体もかわいかったです。

 

福岡県出身の私は、もちろん「らーめんと言えばとんこつ!」なのですが、

「らZOKU」さんのラインナップは、塩・しょうゆ・味噌でした。

 

その中なら、いつもは味噌ラーメンを頼むところですが、

この日は、なぜか「塩ラーメンのマル得(=チャーシューと味玉が多め)」を頼んでみましたよ〜!


これが、おいしすぎました。絶品!

 

器の形もかわいいし、盛り付けもかわいい♡

スープは意外にも濃厚で、とんこつ好きな九州人(私)の味覚にも合う!

初めて、塩ラーメンをおいしいと思いました。

 

まぁ、とんこつラーメン以外を「おいしい!」と宣言すると

ちょっとだけ魂を売った気分になりますが(笑)、

おいしいものは、おいしです。


焦がし玉ねぎが散らされていたラーメンは初めてでした。

チャーシューは盛り付ける直前にバナーでカリッと表面を炙られ、

お肉部分がさっぱりとしていて、全然胃にもたれないチャーシューでした。

(これは、うれしい!)

 

ご自身の好みに合わせて、「ちょっと辛く」「こってり」というリクエストも可です。

トッピングはチャーシュー味玉バターという定番選手から、

玉ねぎ」というユニーク選手までいました。

 

これからどんどん寒くなるので、ラーメンのおいしい季節になりますね。

今度は、しょうゆラーメン、味噌ラーメンも頼んでみようと思います。

 

 

 

異空間に迷い込んだような古民家カフェ「カフェ・フォー・コー」(ベトナム・ハノイ)

  • 2017.10.10 Tuesday
  • 10:00

昨日は、非常に爽やかで美しい愛の物語(実話)を聴いて、

朝から心持ちがさわやかです(笑)。

 

みなさま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

ハノイにある古民家カフェ「カフェ・フォー・コー」。

いまだかつて、こんなに冒険心をくすぐられるカフェに出会ったことがありません。

 

とっても見つかりにくい入り口を探し当て、

ようやく路地奥へと足を踏み入れると、

そこに広がるのはファンタジーな世界!

 

・・・・ということで、ちょっとご紹介させていただきます。

 

「カフェ・フォー・コー」の場所は、

Googleマップで見ても、ガイドブックを見ても、

「路地を入った奥に位置する」という表示。

 

ところが、探せど、探せど、その路地そのものが見つからなかったのです。

あきらめかけていたころに、

 

あななたち、もしかして、カフェに行きたいの?」

 

・・・と、親切なベトナム人の方が話しかけてきてくれました。

私たちがうなずくと、

 

入り口は、こっちよ

 

と案内してくれたのが・・・・・・・・・

 

P1030067_R.JPG

え〜〜〜〜〜!!!

 

ここが入り口!?

わらかないよーーーーーー!!!

 

もう、この時点で冒険は始まっています(笑)。

おそるおそるお店の奥に進んでみると・・・・・

P1030068_R.JPG

確かに、トルソーの右奥に、細い通路が見えます。

ひょい、っと右奥を覗いてみると・・・・・・・・

 

 

P1030069_R.JPG

路地が続いていました。

奥のほうに灯りが見えます。

 

そのまま進んでいくと・・・・・・・・

P1030071_R.JPG

こんな空間が出現します。

壁一面に鉢植えの植物と、たくさんつるされた鳥かご。

間接照明のようなオレンジ色の光があたりを包んでいました。

 

入り口からもうすでに異空間です。

ズラリと並んでいるオートバイがかろうじて現実感をとどめている、

という感じでしょうか。

 

P1030073_R.JPG

鉢植えの観葉植物がたくさん。

 

P1030094_R.JPG

たくさんの鳥かごがつるされていて、

その全てに美しい小鳥が入っていました。

「小鳥をめでる」というベトナム人男性のたしなみの表れがここにも。

 

カフェの入り口はというと・・・・・

P1030092_R.JPG

ここ。細い階段を上っていきます。

 

P1030091_R.JPG

中二階あたりでふりかってみると、この光景。

欄干の向こうにもカフェスペースがありましたが、

誰も座ってなくて、まるで映画のセットのようでした。

 

さらに、階段を登り続けますと・・・・

P1030089_R.JPG

後ろを振り返ると、もうこんなに登ってきています。

かなりの高さまで来ました。

 

P1030090_R.JPG

下をのぞくと、カフェのバックヤードの様子が見えました。

ここで、おいしい飲み物が作られているんですよね。

 

3階の扉を開けると、仏壇のような間に迷い込んで、

 

「うん、ここはカフェじゃないよね」

 

と、アオジと言い合って(笑)、

さらに狭い狭い螺旋階段のぼっていくと、

ようやく「カフェ・フォー・コー」が見えてきました!

 

P1030082_R.JPG

ここの上が、カフェのスペース!!

 

P1030077_R.JPG

名物だと言われるエッグコーヒーを飲みながら

 

「ひゃぁ〜〜〜、甘いねぇ!」

 

と言い合いながら、一日の疲れを癒しました。

 

もう、23時近くでしたが、ハノイの夜風に吹かれながら

夜カフェを楽しみました。

 

フランスからベトナムへコーヒーがもたらされた当時、

コーヒーはお茶よりも高級なものとされ、

奥まったところで飲まれることが多かったそうです。

そんな背景もあって、ハノイのカフェは屋内が多いんだそうです。

 

摩訶不思議な入り口〜路地を通ってたどり着くカフェ。

ちょっと冒険心がくすぐられますよね。

ハノイに行ったら一度はぜひ訪れてみてくださいね。

深まる秋

  • 2017.10.09 Monday
  • 19:00

おとといくらいからでしょうか。

ちょっと暑い日が続きますね。

 

そして、今日は朝から演習場のドンドン!

という音が鳴っている御殿場です。

 

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

先日、ベルをお散歩に連れ出したところ、

いつものお散歩コースを歩いているだけで、

秋が深まったなぁ〜と感じました。


コスモス

 

コスモスも、淡い色のお花から、濃い色のお花が咲くように。

キバナコスモス(オレンジ色)は、まだまだ健在でした。


柿の木

 

2週間前までは青々しい実がなっていたのですが、

今日見てみると、実がたくさんなっていて、ずっしりと。

葉っぱも随分と落ちてしまいました。

すっかり秋色になった草地

夕陽の光を受けて、キラキラしていました。

ノアザミ

 

夏の名残りとして、一輪だけ咲いていました。

ちょっと寂しげだなぁ〜。

 

良くても、悪くても、季節だけは前に進んでいきますね。

楽しかった時間はどんどん過去の思い出に・・・・♪

トキバコ(御殿場)

  • 2017.10.09 Monday
  • 11:53

連休の最終日。

いかがお過ごしですかー?

 

この週末は、御殿場を車で走っていると

お神輿や屋台を見かけますね。

 

子供や大人が法被(はっぴ)を着て、

ねじりはちまきをして、駐車場に集まっていたり、

長テーブルの周りで、女の人たちが待機していたり。

 

秋の収穫をお祝いする行事が行われているようです。

 

昨日の夜はどこかで花火も上がっていました。

ひんやりとした空気の中に上がる秋祭りの花火。

夏祭りのそれと違って、ほんのり憂いをおびた夜空でした。

 

みなさま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

昨日は、久しぶりにアオジ(=主人)とランチへ。

ミントグリーンの壁がかわいいTokibaco(トキバコ)さんにおじゃましました〜!

 

スキット料理と迷いましたが、

やっぱりパスタセット(¥1300)にしました。

 

・・・・というのも、こちらの前菜の盛り合わせが好きなんです♡

お野菜のピクルス(たくさんの種類)

ブロッコリー、オクラ、ラディッシュ、きのこ、燻製したお豆腐

アスパラ、ごぼうのきんぴら(?)、オムレツ、かぼちゃを揚げたもの・・・

 

マコモダケを久しぶりに頂けたのが嬉しかったです。

(鶏刺しとあわせて頂きました)

ちょっとマッシュされたじゃがいもは、ほのかに塩っけが効いていましたし、

紫玉ねぎのピクルスはペッパーがキリッと効いていて、

あやうく白ワインを飲み始めそうになりましたよ(笑)。

 

一般家庭で、ここまでの前菜の盛り合わせを用意するのは大変なこと。

そんんわけで、前菜の盛り合わせはいつもありがた〜〜い気持ちで頂いています。

 

さて。

 

パスタ。

 

パスタは、選べるんです。

ペペロンチーノ、ナポリタンは食べたことがあったので、

今日は、未知のメニューに挑戦してみました。

最近始まった、「今月のパスタ」。

今月はかぼちゃのクリームパスタです。

 

かぼちゃがそのまま入っているわけではなく、クリーム状になっていました。

この濃厚なクリームソースが極太麺のパスタにしっかりと絡みついて、

さらには、クミンなどカレー系のスパイスもいれてあるので、

ちょっとクセになっちゃうお味。

 

かぼちゃが得意でないアオジですら、「これはいける!」と喜んで、

二口、三口と食べていました。

 

これからの季節、寒くなりますから、

クリームパスタがどんどんおいしい季節になりますね。



パスタセットには、デザートも付きます。

紅茶のゼリー&マスカルポーネのチーズケーキ

 

普段、スーパーで見かけても手がひっこんじゃうマスカルポーネ。

食べられて嬉しいな。
 

食後はコーヒー or 紅茶で選べました。

アオジはプラス50円でアイスコーヒーを選んでいました。

私はあったかい紅茶を♪

 

そうそう。もうひとつ、いいな〜って思うのが、

トキバコさんは、赤ちゃん連れのお客様が多いこと。

 

はいはいできる赤ちゃんが遊べるスペースがあって、

すぐそばでママが、オシャレでおいしい食事ができるという、

これまでに御殿場にはなかったスタイルのお店ですね♡

 

 

 

安南パーラー(ベトナム・ハノイ)

  • 2017.10.08 Sunday
  • 16:59

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

すみません、毎日、ハノイのお話が続いちゃって・・・・。

お店のほうのブログでは、すっかり日常に戻っておりますので(笑)、

良かったら、こちらもチェックしてみてくださいね。

パーテーションを見に来たKネコと、Fヤの様子を淡々とアップしたものです(笑)。

https://ameblo.jp/yamatoyagotembahonten/entry-12317412376.html

 

ここまでハノイのレストランや食堂のご紹介が続いたので、

カフェのご紹介も少し。

 

「カフェの街」と言われるほど、あちこちにカフェのあるハノイ。

 

『水上のマーケットの朝、アヒル粥の夜』という本を読むと、

テラスや屋外に席を設けるカフェの多いホーチミンに対して、

ハノイのカフェは屋内が多いんだそうです。

 

このお店も、そうでした。

P1030230_R.JPG

旧市街地にある「安南パーラー」

 

日本人が経営するカフェで、店内にはかわいい器や、モダンな器、

そしてアクセサリーも併売していましたよ〜。

 

P1030250_R.JPG

軽食はバインミーがありました。

せっかくなので、セットを頼みました。

(チェーというデザートとベトナムコーヒーが付いてきます)

 

バインミーは、バゲットにお肉や野菜をはさんだもので、

ハノイのあちこにち専門店があるほど一般的なフードです。

急いでいても、おいしいものが食べたいときにおすすめ。

 

P1030249_R.JPG

スライスされたココナッツがかかっているデザートは、

「チェー」と呼ばれるもので、ぜんざいのようなもの。

ベトナムの伝統的なおやつです。

 

チェーは、冷製も温製(=常温)もあり。

この日は酷暑だったこともあって、冷製のチェーでした。

 

P1030245_R.JPG

ベトナムコーヒー。

 

コンデンスミルク(練乳)がコップの底に沈んでいますね。

その上にコーヒーをドリップで注いでいきます。

 

P1030241_R.JPG

別途、ビールを飲んじゃったりなんかして(笑)。

アオジ(=主人)のTシャツ(シンガポールで調達)と

妙にマッチするショットが撮れました(笑)。

 

P1030233_R.JPG

メニュー表の表紙もかわいかった。

 

ちょっと心残りだったことといえば、

ここで「安南ラスク」を買わなかったこと!

空港でも見かけなかった「安南パーラー」のオリジナルのラスク。

 

次回こそ・・・・・☆

 

 

 

クァン・コム・フォー(ベトナム・ハノイ)

  • 2017.10.07 Saturday
  • 16:24

海外旅行あるあるなのですが、

高級なレストランより、地元の人たちがたくさん集っている食堂のほうが

おいしいものにありつけたりします。

 

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

高級レストランは、それこそ東京のほうが充実していますから、

旅のあいだは、ローカルフードを提供してくれる食堂のほうに目が行きます。

 

地元の人からも、地元に駐在する日本人からも、

「おいしい」と呼び声の高いクァン・コム・フォーへ行ってきました。

 

DSC_0423_R.JPG

クァン・コム・フォーの入り口

 

どのガイドブックを読んでも、

必ずこのお店は掲載されていたのも、気になった理由かな(笑)。

 

DSC_0428_R.JPG

 

一番の特徴は、メニューの種類が豊富なこと。

「ないものがない!」というのをモット―にされているという言葉どおり、

かなり分厚いメニューBookがありました。

 

DSC_0424_R.JPG

 

”分厚い”といっても、全てのメニューが写真入りなので、

ベトナム語や英語がわからなくても、食べたいものがすぐに見つかります。

 

P1030018_R.JPG

こちら(↑)の春巻きは、”記憶に残る味”。

 

中にタルタルソースのような具で、

ベトナム滞在中に食べたお料理のなかで、

最もおいしかった一皿でした。

 

DSC_0430_R.JPG

写真につられて、日本で食べる豚の角煮が恋しくなって

つい、頼んでしまった一品。

しっかりと煮込まれていて、トンポーロウのような食感でしたよ。

 

 

DSC_0433_R.JPG

”ごはんがすすむように”とメニュー設定されているだけあって、

白ご飯は土鍋で出てきました。

 

DSC_0431_R.JPG

上にのっかっている平たい板のようなものは、

しゃもじの変化形かと思って、

 

「へぇ〜、2人分のしゃもじが出て来たね!」

 

と、すくっていたら・・・・・

 

使い方を間違っていました(笑)。

 

この2本で、お箸のようにしてごはんをすくって

各々のお茶碗にご飯をよそおうのでした。

 

DSC_0435_R.JPG

最後にオーダーしたフォー・ガー(鶏肉のフォー)。

むね肉なのに、とてもしっとりしていたなー。

 

スープにしっかりと素材の味が移っていて、

滞在中に頂いたフォーのなかで、最もお気に入りのフォーとなりました。

 

ハノイっ子にとっての「フォー」は、牛肉を食すための麺ですが、

日本人の私は、やっぱり「鶏肉のフォーが好きっ♡」って思っちゃいましたよ。

 

DSC_0434_R.JPG

 

今度は、クァン・コム・フォーのお向かいさんにあった、

鶏肉のフォーの専門店「マイアン」にも立ち寄ってみたいと思いました。

 

Madam Yen(ベトナム・ハノイ)

  • 2017.10.06 Friday
  • 18:17

おととい(10月4日)くらいから

夜が寒くなってきましたね。

 

皆さま、風邪などひかれていませんか?

 

みなさま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

毎日気温が30℃で、湿度が異常に高かったハノイ。

日本に帰国して、Twitterでたまたま知ったのですが、

私たちがいたときは、湿度が80%以上・・・・

でも、夜は辛い物を食べて元気を出しました!

 

初日の夜ご飯は、ベトナム料理のお店、Madam Yen(マダム・エン)です。

店内は冷房が効いていて、洗練されているレストランでした。

 

天井からいくつも吊るされていたランタン。

ハノイに滞在中、ホテルやショップなどでも見かけたカラフルなランタン。

まるでホイアンの夜市(行ったことないけど〜)のようでした。

 

さて。お食事のスタートです。

 

まずは・・・・

P1020960_R.JPG

三種類の春巻き(Spring roll three ways)

 

生春巻きは、スタンダードなタイプと、

フエのスタイル(塩気のきいた海老がイン!)との二種類でした。

揚げ春巻きもありました。

 

南北に長いベトナムは、地方によって春巻きのスタイルが様々です。

 

 

P1020962_R.JPG

バナナフラワーサラダ(Banana flower salad)

 

鶏肉、ニンジン、キュウリ、ピーナッツのサラダに、

ハーブが混ぜ込んであっておいしいサラダでした。

 

個人的にこのサラダを食べられて良かったのが、

2002年にカンボジアで食べたものすごくおいしいサラダ(どうしても名前が思い出せなかった)と

すごく近い味がして、「あぁ〜、ようやく再開できた〜」って思いました(笑)。

 

 

P1020963_R.JPG

トムヤンクン(Tom Yum Kung Soup)

 

いつもは、どでんとした器に盛られているイメージのトムヤンクンも、

「Madam Yen」の手にかかれば、こんなにおしゃれな盛り付け。

 

スープと同じくらい、具も主役のように引き立っています。

 

 

「辛すぎませんでしたか?」とお店の方が気遣ってくださいましたが、

私にとってはちょうど良い美味しさを感じる辛さで、大のお気に入りです。

 

P1020965_R.JPG

正式なメニュー名を忘れましたが、

Prawnをコニャックでフランベした一品です。

 

P1020966_R.JPG

Prawnっていうほど大きな海老ではありませんでしたが(笑)、

長いお皿に、大きく盛り付けられていました。

 

P1020970_R.JPG

ソースが別添えになったお肉料理。

ハーブがわんさか添えられていたので、

たくさんいただいても、ちっともお腹が重くならなかったです。

 

P1020978_R.JPG

デザートは、クリーム・ブリュレ

(写ってないけど、焼きバナナのキャラメリゼも)

 

グリーム・ブリュレがメニューにあるあたりが、

フランスの統治時代の名残があるな〜と感じました。

 

P1020972_R.JPG

カフェオレには、ラテアート。

 

スタッフさんが、きちんと英語を話し、サービスのトレーニングも受けているお店でしたよ。

みんな、にこにこ笑顔で、フレンドリーでした。

 

お値段は、「高い」とい評価もありますが、

同じお料理を日本で食べることを考えると、

全然、リーズナブルだと思いました〜!

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM