皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋です。

 

今年(2019年)の御殿場夏まつり(市役所北〜杉原交差点)は8月3日(土)でした。この日は仕事終わりに市役所北の交差点からてくてく歩いてみました。

 

基本的に真っ暗な画像が延々と続きますが(笑)、夜のお祭は暗さが魅力でございます!なんてね〜。では、どうぞーー!

 

P1130196_R.JPG

まずはスタート地点から。パトカーが停車して歩行者天国の始まりをしめしています。

 

P1130197_R.JPG

もうね、このへんから歌声が聞こえてきました。美空ひばりの歌を歌っていた方が上手だったなぁ。

 

美空ひばりの昔の歌(『真っ赤な太陽』より以前の歌)が好きで、テレビで他の歌手が歌っているのを聞くときもわりと厳しめの視線をおくってしまうひばりファンでもあるわけですが、今回のお祭で歌っていた方の美空ひばりは素直に「うまいなぁ〜」と感じましたー。名前をチェックしておけば良かったなぁ〜。

 

さて。

 

ここからは、行列ができていた屋台を中心にパシャパシャと撮っていきました。

 

InkedP1130200_LI_R.jpg

くるくるチキン

 

名前がかわいい(笑)。

 

 

P1130199_R.JPG

富士宮やきそば

 

おいしいですからね。富士宮やきそば。4年ほど前に、富士宮市の浅間神社(総本山みたいなところ)の近くにある富士宮やきそば街みたいなところで食べたことがあります♪

 

P1130203_R.JPG

チョコバナナ

 

チョコバナナ。。。。!?家でもできそうなものですが、この屋台でしか味わえない何かがあるのでしょうね〜。ここだけ行列がでてきていましたよ。

 

P1130204_R.JPG

宝石すくい

 

むむっ!?同業者の方々による新しいビジネスモデルかな!?と思って走り寄ってみましたが、違った。”宝石”ではありませんでした。冷静に考えたら、そりゃそうだ(笑)。でも、行列ができていて、人気でしたよ♪

 

 

P1130205_R.JPG

べっこう飴

 

昔なつかしのべっこう飴。がらーーんとしたところにカラフルなべっこう飴がズラリと並んでいる光景がシュールですね。

 

P1130207_R.JPGP1130208_R.JPG

何屋さんなのかわからなかったけれど、親子連れでわんさかしてました。射的なのかな?

 

あんぱんマンも、ドラえもん(ここにはないけど)も、私自身はハマった記憶がないけど、でも、この二つって昔からず〜〜っと人気が衰えないですよね。小さい子供を引きつける何かがありそうですね。

 

P1130210_R.JPG

けっこう人出があるなぁ〜、と思って歩いていましたが、これでも昔に比べると減ったんだそうです(驚)。

 

P1130212_R.JPG

広くとられたガラス窓が印象的なお店。この日だけ、提灯をいくつも掲げて、幻想的に。ここのお店、自分だけの宝物が見つかりそうなので、いつか入ってみたいなぁ〜、と思いつつ、まだ入れていません。

 

 

P1130215_R.JPGP1130217_R.JPG

お面が並べてある右側に白いテントがあって(写真には写ってないけど)、そこがお祭の本部でした。知っている方がいたので、呼んだり、手を振ったり。お祭の本部自体が社交場になっていました。

 

P1130219_R.JPG

お祭で一番好きなのが、提灯や行灯が放つ、ちょっと心もとないあかり。ほの暗くて、ゆえに幻想的で、夜祭りの気分が叙情的に盛り上がってゆきます。

 

 

P1130223_R.JPG

通り(旧246)に面したお宅も、内側から、そして外側にも灯りをともしてくれています。菱型の模様がきれいで、しばし見とれていました。玄関の格子も良いですよね。

 

P1130228_R.JPG

P1130227_R.JPG

太鼓のパフォーマンスが行われていました。今回のお祭のパフォーマンスで最も祭気分が味わえたのがこちらだったなぁ。右の男性と真ん中の女性のばちさばきが!!!ばちが宙を舞って、ものすごいスピードだから何本も持っているように見える〜!いちばんの人だかりでした!

 

杉原の交差点に近づくにつれて、だんだんと人通りが少なくなります。

 

InkedP1130229_LI_R.jpg

八百清(やおせい)さん。主人が小さいころにここに連れてきてもらっていたそうです(あと、鈴木さんとこの揚げシュウマイ(笑))。

 

 

InkedP1130231_LI_R.jpg

高村風呂店さん

 

素敵すぎる!好きすぎる!この世界観。も〜〜〜ね、私はこういう魔訶不思議な雰囲気によわいのです。京都の矢田寺の混沌とした感じとちょっと雰囲気が似ているなぁ、と。風船の色と、ユニコーンのしっぽの色とか、なにげに同系色でまとまってるし(笑)。ずっと見ていたいお店でした。

 

P1130236_R.JPG

大田屋さん

 

さすが!人だかりです。かき氷をやってらっしゃいました。かき氷のミントグリーンの機械がチラリと見えました。あ〜、そうだ、また食べに行かなくっちゃ♡

 

P1130242_R.JPG

お神輿(みこし)からのお菓子撒き

 

きゃあきゃあと飛びつきたい気持ちを抑えて、大人の立ち話をしていたら、後頭部に、コツン、とお菓子が飛んできたのでそれは拾いました。

 

小学生低学年のころ、毎年「さくらまつり」のときに熱中して参加した餅撒きのことを思い出しました。

 

ときには力の限りジャンプし、ときには小さい体(当時はまだ)で大人たちの合間をすり抜けて餅を拾い上げ、「お母さんとおばちゃんにあげるんだ!」と、体力と気力の全てをここに注いでいました。

 

そういえば、いつも母も叔母も、餅撒きに参加しなかったけど、あれは何でだったんだろう.....?

 

いまだに、食べ物が絡んだ戦いには闘争心がひょっこりと顔をのぞかせるのですが、今思えば、闘争心のベースはあの餅撒きで育まれたような気がします。皆さんにもありませんか〜?そんな原体験。

 

P1130246_R.JPG

もう、自宅近くだぞ〜ってときに、花火がド―――ンと何発か上がりました。ちょっと手元がブレましたが、夏まつり感が出たのでそのまま載せます。

 

主人は「ウエルシア」さんの駐車場に突如として現れた車に乗ってよろこんでいました。

 

商工会の方や、主人の高校の同級生にも会いました。健康で明るく生きること、無事でいられることに感謝しつつ、今年の夏まつりを過ごしました。

 

以上、2019年の御殿場夏まつりでした!(来年は新橋のほうの夏まつりにも行きたいなぁーーー)

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市の青嶋です。

 

【道祖神の写真&紹介はブログの最後にまとめています】

 

夏休みに入ってから目立つのが水の事故。海で、川で、湖で、プールで.....。特に川や湖は淡水だから浮かびにくいので、気をつけてくださいね。楽しくて気分が高揚しちゃうのはわかるけど、水のレジャーの際はどうぞお気を付けくださいね。

 

さて。富士岡(御殿場市)エリアのお散歩の続きをば。「黄瀬川四季の小径」に入ってみるなどしたお散歩の前半はコチラ(←クリックしてくださいね)からどうぞ。

 

今回は、富士岡の旧246と”農道”(※「沼田ブルーベリー街道」と呼ばれることも)のあいだを歩こうと出かけてきました。JR富士岡駅を出発して、農道を中心に歩き、二の岡を経由して自宅(杉原の交差点)まで歩きます。約7キロの道のりでした。

 

写真 2019-06-25 17 00 25_R.jpg

御殿場は古くて歴史がある町なので、歩いていると大小さまざまな神社を見かけます。見かけたら必ず中に入って参拝するようにしています。

 

 

写真 2019-06-25 17 00 45_R.jpg

今回は「子之神社」。ここの神社のそばに、道祖神が祀られていました。神社のそばに建てられているのは、移築されてきた道祖神が多いと聞きます。

 

写真 2019-06-25 17 02 03_R.jpg

さっぱりとキレイに清められた子之神社。地元の方々のお手入れが行き届いているんでしょうね。後半のお散歩の安全を祈って、また歩き続けます。

 

しばらく歩いて、農道に戻りましたー!

 

写真 2019-06-25 17 14 32_R.jpg

この写真だけじゃ一見、どこなのかわからなくなりますが、これも農道なのですよ〜。二の岡方面を目指して歩きます。

 

写真 2019-06-25 17 15 31_R.jpg

でも、さっそく寄り道(笑)。「手作りドッグラン沼田」という場所。ここを十数メートル入った左側が.......

 

写真 2019-06-25 17 16 03_R.jpg

ドッグランと駐車場です。原っぱが広がっていて、のびのびと遊べそうだなーーー。ちょっと車を停めて、のんびりするのも良いかな。

 

ちなみに、左がドッグランですが、右は.........

 

写真 2019-06-25 17 17 06_R.jpg

小径が続きます。歩いてみると......

 

 

写真 2019-06-25 17 17 56_R.jpg

またまた黄瀬川に出ました。そして、不思議な岩も!ちゃんと祠(ほこら)も右側にあります。

 

写真 2019-06-25 17 20 28_R.jpg

ベンチの周りもきちんと草が刈られていました。

 

御殿場をお散歩していて思うけど、地域の方が外に出てお手入れをしている姿をよく見かけます。自宅周り、畑、田んぼ、自宅の近くの川とか、このあいだは橋のたもとに花を植えたりとか(なにげに危ないから見ていてひやひやしましたが〜)などなど。家に閉じこもってなくて、外に出て、お手入れをする方々の姿がとっても印象的です。

 

ベンチの先にある山道に入ってみました!

 

 

写真 2019-06-25 17 21 56_R.jpg

こう見えて、公道です!(え〜〜!って感じですよねw)

 

写真 2019-06-25 17 22 18_R.jpg

小さな、小さな川を渡って右へ。(左に行くと、何があるんだろう〜〜〜〜)

 

 

写真 2019-06-25 17 22 28_R.jpg

ここを登りきると........

 

写真 2019-06-25 17 22 49_R.jpg

はい、またまた農道に戻りましたーーー!

 

今回、何回も農道に戻っていますが、「農道の脇道に入り、そこをひたすら進んでいくと農道に戻る」っていう道まわりになっているんですねー。歩いてみてこその発見です!

 

 

写真 2019-06-25 17 23 10_R.jpg

ちなみに、農道から見たときのわき道はこんな感じ。

 

写真 2019-06-25 17 23 16_R.jpg

一度も入ったことがない方からすると、入っていくのにちょっぴり勇気がいりますね.....

 

写真 2019-06-25 17 33 35_R.jpg

さて。農道の最後の坂。ここを登..........らずに、左折します(またですか!)。

 

写真 2019-06-25 17 41 31_R.jpg

ここは、ぽつりぽつりと住宅(おしゃれ)がありましたー!

 

写真 2019-06-25 17 44 00_R.jpg

さらに進むとマンションやお寺があって.......

 

写真 2019-06-25 17 46 48_R.jpg

最終的に東名高速道路沿いの道に刺さりました!セブンイレブンがあるところです。

 

歩いているあいだに、かなりの量の車が通っていたので、地元の方からすると抜け道できる便利な道路なんだろうなーー。

 

写真 2019-06-25 17 50 09_R.jpg

東名高速道路の高架下をくぐって新橋(にいはし)を目指して歩きます。なんか、おしゃれなコインランドリーがあった!

 

 

写真 2019-06-25 17 58 42_R.jpg

結婚式場かな?って思ったけど、なんと美容室でした。もう、夕焼け色の景色になってますね。

 

そう、この日はわき道に寄り道したり、撮影したり、駅まで歩いたり、なんだかんだで10キロ近く歩いていました。でも、超のんびり歩いたのと、すぐに栄養補給にプロテインバー(ウエルシアで売っているやつ)を摂取したので、脚へのダメージはほぼ無しでした!

 

【この日、出会った道祖神】

 

?富士岡地区・二子245‐1(2019-06-25) (3)_R.jpg?富士岡地区・二子245‐1(2019-06-25) (4)_R.jpg

富士岡地区二子付近

 

坂の途中にありました。文字碑の道祖神。はっきりと祠(ほこら)の形をかたどった石に文字が刻まれていました。平入りの屋根の形がはっきりとしていますね。

 

?富士岡地区・二子(2019-06-25) (5)_R.jpg

農道から左折するその辻に........

 

?富士岡地区・二子(2019-06-25) (3)_R.jpg?富士岡地区・二子(2019-06-25) (4)_R.jpg

ありました!

 

自然石に刻まれた道祖神の文字碑です。ひと口に「文字碑」と言っても書体に個性がありますね。「祖」や「神」の示すへんの書き方が、それぞれに特徴があったり、しんにょうも良く見ると現代人とは違う書き方です。

 

最後に会った道祖神様は......

?富士岡地区・萩無(2019-06-25) (1)_R.jpg?富士岡地区・萩無(2019-06-25) (2)_R.jpg?富士岡地区・萩無(2019-06-25) (3)_R.jpg

子之神社のそばにあった石仏が集まっている場所がありました。そこに双体道祖神が♡

 

顔の表情や帽子、着物の様子などがはっきりと見てとれます。風化が激しくてお顔がよくわからない双体道祖神が多いなかで、こんなにもほのぼのとした形で残ってくださっていて、良かったなぁ。

 

以上、この日は3基の道祖神さまと会えました!

 

皆様、こんにちは〜!お盆休みも終盤になりました。いかがお過ごしですか?静岡県御殿場市の青嶋です。

 

お盆休みの方はバカンスをたのしんでますか〜?台風10号のおかげでお盆休みの後半はお天気がくずれがちでしたが、こんなときこそDVDで映画を観たり、図書館に行ったり、美術館に行ったり、インドア活動にいそしみましょう〜。

 

あ、でも今日のブログ記事はアウトドアでした(笑)。

 

写真 2019-06-25 15 12 52_R.jpg

6月下旬ごろ。まだそんなに暑くない時期に、「今日は長距離を歩いてみよう」と思い立ち、まず御殿場駅へ。(ここまでで約2キロ歩いた!)

 

 

写真 2019-06-25 15 37 55_R.jpg

電車に乗って移動した先は........

 

 

写真 2019-06-25 15 47 40_R.jpg

JR富士岡駅です。同じ御殿場市内。今日は、ここから約7キロ先の自宅を目指して歩きます!

 

駅の商店街を抜けて、”農道”と呼ばれる道を目指します。

 

今回のお散歩では、旧246と”農道”のあいだを歩いてきました!

 

写真 2019-06-25 15 55 04_R.jpg

じゃじゃん!富士岡の方なら「あそこだ!」ってわかるかも!?わからないかも!?

 

右側の坂を下っていきます。

写真 2019-06-25 15 55 30_R.jpg

坂を下っている途中の光景(笑)。遠くに見える坂を上がっていくと”農道”に出られます!

 

でもその途中で.........

写真 2019-06-25 15 57 32_R.jpg写真 2019-06-25 15 57 45_R.jpg

「黄瀬川四季の小径」という道を見つけました。

 

舗装されていない土や草の道なので、膝への負担が少なく歩けそうだな.....と思って入ってみました。

 

写真 2019-06-25 15 59 07_R.jpg写真 2019-06-25 16 00 36_R.jpg

川のせせらぎを右手に聞きながら進みます。ガードレールとかないので、注意が必要。

 

写真 2019-06-25 16 01 23_R.jpg

おっ!?先の方に、また新たなる看板を発見!

 

写真 2019-06-25 16 02 57_R.jpg

「左折してね」っていう案内でした。またまた、あぜ道が続きます。

 

 

写真 2019-06-25 16 04 32_R.jpg

でもって、しばらく行くとまたこちらの看板。ただ、この看板が右と左とどちらを指しているのかがわからず、「もしかしたら私道に入っちゃうかもしれないなぁ」と不安になり、来た道を引き返しました。

 

この川の上流に「二子水神湧水」や「沼田の湧水」があるそうです。また機会を作って訪れてみたいなぁ)

 

ちょっとのあいだだったけど、青々とした道を歩けて、小川のせせらぎも聴けて、心あらわれる小径(こみち)でした。

 

このあと、”農道”をてくてく上がっていき、また面白そうなわき道があったので入っていきました。

 

写真 2019-06-25 16 24 23_R.jpg写真 2019-06-25 16 24 58_R.jpg

職場の先輩が「子供の頃、このへんで遊んでた」って言ってました。確かに、子供なら”秘密基地”とか作りたくなるような(実際に作れると思うけど)雰囲気のある場所です。

 

三叉路でしたが、右の道も、左の道も歩いてみました。どちらを歩いても、”農道”から入って、”農道”の近くに出ます(笑)。

 

写真 2019-06-25 16 31 42_R.jpg

こんな道でした!

 

そして、また”農道”をてくてくと富士山方面へ。この車道は御殿場市内で最も好きな車道なんです。季節ごとに表情を変える風景が好きで、里山の雰囲気を味わいながら運転できます。

 

また、左へ逸れる道を発見しました!

 

写真 2019-06-25 16 46 12_R.jpg

どこへ向かうんだろう〜?と左折します。(道祖神様も建立されていたので、それはまた別途記事を立ち上げてご紹介しますね!)

 

写真 2019-06-25 16 51 56_R.jpg

この道の先に三叉路がまたまたありました。左に行くと旧246に出てしまうので、右に折れます。

 

写真 2019-06-25 16 55 03_R.jpg

陶房も見かけました。キレイな竹垣を有する陶房でした。

 

写真 2019-06-25 16 56 30_R.jpg

田んぼの向こう側に石仏の群衆。御殿場ではよく見かける光景です。

 

お散歩の後半と道祖神様のご紹介は後半の記事で♪