東京の朝をLATTE GRAPHIC(ラテグラフィック)で

  • 2017.12.17 Sunday
  • 13:51

5年くらい前。まだ、京都に住んでいたころ、「メルボルンのカフェで修業した」「ワーホリでシドニーのカフェで働いたことあって・・・」。そんなバリスタに会ったり、話に聞いたりするたびに、「オーストラリア=カフェ文化」というのを新鮮に感じていました。

 

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです。

 

先日、姉と従姉に会いに東京に出向いたときのこと。せっかくなので、朝ごはんを外食しよう!と思ってやってきたのが、姉の家から徒歩10分。自由が丘駅から徒歩1分のところにあるLATTE GRAPHIC(ラテグラフィック)です。

https://www.lattegraphic.com/

 

P1040498_R.JPG

「メルボルンのカフェ文化にインスパイアされました」と黒板に書かれてあるカフェ、ラテグラフィック。なんでここに来ようと思ったかというと、前日に食べた夜ご飯がおいしかったのと、お店の人の親切なサービスが嬉しかったから。

 

朝、8時からモーニングを頂けます。

 

●モーニングセット(480円)・・・エッグウィズトースト/ヨーグルト/ドリンク

 ※”Extra Menu”として、アボカド、パン、スープ、ソーセージ、ベーコン、季節のフルーツも追加でオーダーできますよ。

 

●アサイーボウル(780円)

●スマッシュアボカド(480円)

●ベーコンエッグベネディクト(780円)

●1/2グリルやサイトベーコンエッグサラダ

●ビックブレッキー(980円)

 

などなど。それから、

 

●パンケーキ各種(ベリーズ、バナナウォールナッツ、シトラスフルーツから選べます。季節のパンケーキもあります)

 

そのなかで私が選んだのは・・・・・

P1040500_R.JPG

ベーコンエッグベネディクト(780円)

 

どうしても、エッグベネディクトが食べたくなりました。王道のエッグベネディクトを知り尽くしているわけじゃないけど、ここのエッグベネディクトは、ラテグラフィック風にアレンジされているのかなぁ、って思いました。

 

P1040508_R.JPG

エッグベネディクトといえば、のオランデーズソース(卵黄を使ってつくられたソースのこと)。

 

P1040509_R.JPG

カリッカリのベーコンもエッグベネディクトには必須です♡

 

そして、これがラテグラフィック風かな?思ったのが・・・・・

P1040501_R.JPG

デリがトッピングされていたこと。これがおいしかったんです。葉っぱがクタっと煮られていて。何ていう野菜だったのかなー。お店の方に聞いておけば良かったな〜(笑)。

 

このお店に来るきっかけとなったのは、前日の夜食がおいしかったから。私と姉が頼んだのは1980円のセットのお料理。主菜はそれぞれ、ステーキ(レモンをギュッと絞って食べる。おいしかった!)、そしてトリュフ香るバルサミコ マッシュルームピザ。ピザは、生地の薄さを限界ぎりぎりまで薄くすることに挑戦しているように見受けられましたー。コスパがとても良くてびっくり!

 

お店は、町田(東京)、海老名(神奈川)、そして自由が丘にお店があります(2017年12月現在)。おしゃれなカフェや、パティスリーの多い街・自由が丘にあって、朝のモーニングには行列ができていました。これからも自由が丘にずっとあってほしいなぁ。

 

 

LATTE GRAPHIC 自由が丘店(※今回行ったお店です)

住所/東京都目黒区自由が丘1‐8‐18ノーブル2F

電話/050‐5593‐5860

 

LATTE GRAPHIC 町田店

住所/東京都町田市原町田6‐11‐11T-Wing Machida 2F

電話/042‐728‐8015

 

LATTE GRAPHIC 海老名店

住所/神奈川県海老名市中央1丁目2‐2

電話/046‐231‐8085

 

ビストロ コティディアン(東京・麻布十番)でいとこ会

  • 2017.12.15 Friday
  • 21:23

初雪が降りました、御殿場です。最初は、「ん??あれは、雪なのかな?」と思っちゃうくらい、雪片が小さくて、ともすれば雨に変わってしまうかな?と思うほど。

 

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです。

 

従姉のめぐちゃんに5年ぶりに会いました。姉とめぐちゃんは10年ぶり。えーーーー、ブランク空きすぎ!ってことで、話は尽きません。

 

東京で、3人の子育てをご主人と二人っきりで頑張っている従姉のMちゃん。六本木ヒルズでのお買い物と、フレンチレストランでのランチで、少しは息抜きできたかなーーー!?

 

普段、仕事に、主婦業に、育児にがんばっている3人の従姉たちが集まったのは、ビストロ コティディアンです。

 

これまた親戚の亮祐さん&梨乃さん夫妻が東京・麻布十番で営むフレンチレストランです。手間がかけられたきちんとしたお料理を、あったかい空間のなかで頂ける素敵なお店ですよ!ほんとにおススメ。

 

お料理の味を引き立たせるために欠かせないワインは、ソムリエの梨乃さんがサービスしてくれます。

P1040455_R.JPG

私と姉はシャンパーニュを。Mちゃんは、そうとうお酒は強いのだけれど、このあと幼稚園のお迎えがあるとのことで、赤ワインをグラスで1杯だけ飲むことに。こちらのシャンパーニュは「ナポレオン」というシャンパーニュで、シャルドネとピノ・ノワールが入っており、けっこうしっかりめなお味のシャンパーニュなので、冬に時期にお出ししているんだとか。

 

御殿場は車社会。お休みの日とはいえ、いつ、なんどき車を運転することになるかわからないため、なかなかランチ時にワインを楽しむことはできません・・・・。だから、嬉しかったなぁ。おいしいお料理にぴったりのワインを飲むと、より一層、おいしくなりますもんね。

 

P1040456_R.JPG

アミューズは、マシュルームのポタージュ

 

この時期に頂くマシュルームのポタージュが大好きです。さむぅぅ〜〜〜い日に、レストランの扉をくぐって、一皿目の熱いマシュルームのポタージュが喉をとおるとき、どれだけ心がホッとすることか!寒さで堅くなった体がゆるゆるとほぐれていくんです。

 

P1040457_R.JPG

自家製のペースト。かわいい豚さんのプレートに載ってきました♡。見るからにワインがすすみそうな一品です♡

 

前菜は・・・・・

P1040461_R.JPG

パテ・ド・カンパーニュを選びました!(山羊のチーズとサラダ、という魅惑的なお料理と迷ったけど・・・・)

 

 

P1040462_R.JPG

ピクルスやお野菜も一緒に。

 

そして、主菜には・・・・・

 

P1040470_R.JPG

鴨モモ肉コンフィのカスレ

 

ビストロ コティディアンのカスレはおすすめです。”カスレ”ってなかなか聞き慣れない言葉かもしれませんが、豆と一緒にお肉を煮込んだお料理のこと。フランスの郷土料理です。ビストロ コティディアンのカスレには、自家製のソーセージも入って煮込まれています。

 

P1040467_R.JPG

コンフィはオイルで煮込まれたお料理のこと。サーブされるときは、カリッと焼かれて出されるので、皮がぱりぱりしています♡よく、「鴨のコンフィ」とか、「砂肝のコンフィ」ってメニューで見かけるようになりましたよね。

 

 

P1040480_R.JPG

キャラメル・ブリュレ

 

デザートでは、キャラメルのほろ苦さを味わいながら、コーヒーをいただきました。

 

この日は平日だったにも関わらず、お店は満席でした。夜はもちろんのこと、これからの季節はランチでも予約して行った方がベターかもしれません!

 

”ビストロ”と言いつつも、亮祐さんの、どこか洗練されたお料理と、梨乃さんのふうわりした朗らかなサービスと。家族、恋人、友人・・・・大切な人と過ごすのにぴったりのお店です。居心地のよい、素敵な空間。ぜひ♡

 

 

ビストロ コティディアン

住所:東京都港区麻布十番3丁目9‐2

電話:03‐6435‐3241

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様も喜ばれる、ヤマトヤ富士店のクリスマス用ディスプレイ

  • 2017.12.11 Monday
  • 12:32

「おや、寒くない・・・!?」。今朝、起きて最初に思ったことです。富士山の山肌も、青いところが目立っていて、フル冠雪しては少し雪が溶ける、またフル冠雪しては・・・・を繰り返していますねー。

 

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです。

 

この週末はヤマトヤ富士店にお手伝いに行ってきました〜!ブライダルジュエリー(婚約指輪&結婚指輪)をお求めのお客様、時計を買いに来られたお客様、そしてプレゼント用にジュエリーをお探しのお客様、いろんなお客様がご来店になりました。

 

ヤマトヤ富士店にご来店になったお客様がまず目にするコーナーには、クリスマス用のディスプレイがほどこされていました。

 

コーナーごとに・・・・・

P1040343_R.JPG

ここは赤色だったり・・・・・・

 

P1040342_R.JPG

ここは、シャンパンゴールド系の色だったり・・・・・

 

統一感があって素敵でした。サンタクロースやトナカイ、雪だるまのマスコットがかわいくて、たくさん写真を撮りました。皆さまにも、ジュエリーコーナーの中で繰り広げられるクリスマスの世界に迷い込んでいただいたく、お写真をアップしてみました☆彡

 

 

P1040436_R.JPG

赤い帽子をかぶったスノウマンがドームのなかでスマイル。

 

P1040386_R.JPG

トナカイに乗ったサンタクロース。雪のそばを駆け抜けます。そのそばには、アコヤ真珠のネックレス。

 

 

P1040389_R.JPG

トナカイのにくめない笑顔(笑)。

 

P1040379_R.JPG

「ふぅ〜〜、疲れた〜」と、真珠のネックレスのそばに座り込んだサンタクロース。プレゼントを配り終わったあとかな・・・・?

 

 

P1040400_R.JPG

ブランコに乗っているスノウマン(笑)。その陽気な笑顔と、まるまるしたフォルム。このブランコは本当に揺れます(驚)!

 

 

P1040366_R.JPG

シュッとデフォルメされたトナカイさんたちが、ジュエリーのディスプレイ台に座って休憩中でした。

 

 

P1040393_R.JPG

電球が雪だるまに見立てられていて、たくさんディスプレイされていました。かわいかったです♡

 

 

P1040395_R.JPG

「やっほーーー!」ってカメラ目線なトナカイさん。ちょっとクラシカルな木製風でした。

 

 

P1040403_R.JPG

南洋珠の大粒ネックレス。ゴールデンパールも、ポインセチアの葉っぱのなかであでやかに。

 

あっ!そういえば、ゴールデンパールを見て、「これは金色に染めているのですか?」と質問をされることがありますが、これは天然の色なんですよ。ゴールデンパールは、南洋の海に生きる母貝の色が、もともとゴールド色なんです。その母貝のなかで生成される真珠がこの色を持って生まれています。

 

P1040411_R.JPG

クロチョウパール(=黒蝶真珠)のピアスも、赤色のポインセチアの葉っぱに意外とマッチしてディスプレイ。より大人っぽい雰囲気をおびていましたよ。

 

毎回、創意工夫が凝らされているヤマトヤ富士店のディスプレイ。きれいにジュエリーを引きたてつつ、季節感を出すことによって、お客様にも喜ばれています。

 

ヤマトヤ富士店

住所:静岡県富士市青葉町93

電話:0545‐65‐8666

★おもしろさと時計・宝飾の専門性の高さをマメに発信中!ヤマトヤ富士店のブログはこちらから

https://ameblo.jp/yamatoyafuji/

 

 

 

 

おもしろスタッフがたくさん!?ヤマトヤ富士店

  • 2017.12.10 Sunday
  • 20:08

御殿場から見る均整のとれた富士山も好きですが、富士市から見る富士山(=東海道新幹線から見える富士山はこれです)も好きです。どーーーーん、と引いたところから見る富士山、海抜が低いところから見る富士山は、雄大で迫力がとってもあります。

ヤマトヤ富士店(右側)×富士山です。冠雪している部分が、御殿場よりも少なく、宝永山のポッコリが見えるのも、富士市から見た富士山の特徴です。

 

ヤマトヤ富士店はこのブログではまだ登場したことなかったので、ちょこっとご紹介を・・・・★

スタッフIナバ。真っ赤なリップがよく似合っているママスタッフです。今回は、サツマイモのチーズケーキを作って来てくれました〜!スタッフ分と、アオシマ家の分と・・・・。

 

 

本当に、ありがたいです。しかも、Tweetしたように、スタッフIナバは、サツマイモが苦手。ですが、ご家族の都合で大量のサツマイモがおうちにやってくるんだそうです。それを、自分は食べれないというのに、せっせとスイーツをつくって焼いてくれて・・・・、周りの人のためだけに時間を使っているIナバ。ほんとうにありがとうございます!

 

(しかも、そのサツマイモチーズケーキがおいしかったのは言うまでもありません♡)

 

次に・・・・・・

スタッフTチダ(右)。その可愛らしい見た目からは想像もできないほど、完璧主義者のTチダ。店舗オペレーションでミスることはなく、マニュアルもほぼ完全に暗記しているTチダ。お客様からも、スタッフからも頼りにされています♡。なぜか、口を一文字にキュッと結んで、このような表情をしておりますが、実物のTチダはもっと美人です。

そして・・・・

スタッフKリハラ。パソコンを使って、封筒、ポップ、ポスター、指示書、各種フォーマットなどなど、店舗運営に必要なグッズを生み出すことのできるKハラ。すでに、年末年始の営業時間についてのPOP(お休み期間中にシャッターに貼るアレです)を、もう作り終えていましたーーーー!さすがでっす!

 

そして・・・・・・

Kハラの手元を見て思いました。G-SHOCKのGULF MASTER(ガルフマスター)×スーツの組み合わせってオシャレだなぁ、って。「えっ!?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、G-SHOCKはG-SHOCKでも、厳選してモデルを選ぶと、スーツに合わせてもしっくりときます。

前日の紺色のスーツにもマッチしていました〜!Kハラが着用しているモデル(GWNQ1000MC)は、もう今はないのですが、G WNQ1000MCで検索すると、非常によく似たモデルが販売されています。ちなみに、2017年12月現在ですとこのような感じです!G‐SHOCKほどタフな腕時計はありません!!!お仕事のお共になる腕時計をお探しの方、ぜひチェックしてみてくださいね〜!

http://products.g-shock.jp/_detail/GWN-Q1000A-1A/

(※カシオのオフィシャルページ)

 

富士店のスタッフは、他にも店長Kネコと、新人スタッフKワイがいるのですが、この日は残念ながら撮影タイムが取れませんでした。また今度、撮影にのぞもうと思います!

 

 

ヤマトヤ富士店

住所:静岡県富士市青葉町93

電話:0545‐65‐8666

★おもしろさと時計・宝飾の専門性の高さをマメに発信中!ヤマトヤ富士店のブログはこちらからどうぞ!!!

https://ameblo.jp/yamatoyafuji/

 

 

Yakittoria INAHO(ヤキットリア・イナホ)は焼き鳥以外のお料理もおいしい

  • 2017.12.08 Friday
  • 21:33

今日は、足元がキィー―――ンと冷え込む一日でしたねぇ。事務所(ヤマトヤ本部)で、「ひざ下が冷える、ひざ下が冷える」ってずっと言っていたら、マダムスタッフがレッグウォーマー(未使用)を持ってきてくれることになりました。うふふふ。サイズが合うかなぁ。ちゃんと履けるかなぁ(笑)。

 

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです。

 

さて!

 

赤い扉がトレードマークのお店、INAHO(イナホ)さん。2011年にオープンしたおしゃれなお店で、おいしい焼き鳥が食べられると地元で大変な評判のお店です。実は、焼き鳥以外のお料理もそうとうおいしい!今日はそのあたりもご紹介できれば〜、って思います。

P1040269_R.JPG

赤唐辛子(本物)が箸置きなのも、INAHO(イナホ)さんのトレードマークになりつつありますね。この日は、もみじの豆皿に落花生がちょこんと置かれて、なんともかわいらしいスターターでした。

 

オーナーの坂本さんが調理をされていて、奥様がサービスをご担当されています。ショートヘアで、もう〜、見るからに優しそうな奥様。お顔を拝見するとホッとしちゃいます♡

 

P1040270_R.JPG

《季節の地野菜 バーニャソース》

 

INAHO(イナホ)さんに来たら、まずは黒板を見上げちゃいます。そこには、日本酒やワインに合うお料理がずらりと並ぶ、ワンダーランドの世界(笑)。そのなかでも、ここに来たら必ずオーダーするのが、こちらのバーニャソース。黄緑色の大根や、パープル色のブロッコリー、イエローの人参、赤紫色のラディッシュなどなど、カラフルなお野菜が、芸術的に美しい盛り付けで登場します。

 

P1040275_R.JPG

《鶏みそのせ きゅうり》

 

自家製の鶏みそ。いたずらにしょっぱいお味噌ってありますが、この鶏みそはそんなことはありませんよ。おかげで、きゅうりがなくなっても、鶏みそ単独でお酒のおつまみになりました。この日ご一緒したお取引先様が大喜びしていました、鶏みそ。

 

P1040277_R.JPG

《〆サバのカルパッチョ》

 

薄くスライスされた〆サバにケッパーが散らされて、サラダと一緒に盛り付けられていました。写真ではとらえきれなかったのですが、うっすら淡いグリーンを帯びていて、オパール(宝石)の光が遊んでいる様子にとても似ていましたよ。〆サバ好きなアオジ(=主人)はとっても嬉しそうに食べていました。

 

わたし的にも嬉しくって、〆られたサバは棒寿司で頂くことが多いなか、こうやってカルパッチョで頂けるなんて、新鮮な感じがいたしました。

 

P1040280_R.JPG

《生ハム4種の盛り合わせ》

 

全て、自家製の生ハム。手前の鶏ハム。薄くて、色も淡いのに、口に運んだ一同がみんな「うまい!」と口にしたのが、この鶏ハム。太陽チキンが使われてます。さらに、右には鴨(かも)ハム、奥には豚のハム、そして左が羊のハムです。こんなに色んなハムづくりを自分たちでやっちゃう、しかもおいしく仕上げるなんて、ただ、ただ、敬服するばかりです。

 

 

P1040285_R.JPG

《鶏の白子串(焼き)》

 

冬の味覚を代表する白子。ふつうはお魚の白子を頂くことが多いのですが、この日は鶏の白子を頂く機会に恵まれました〜!プチッとした薄皮がはじけて、中はやわらかくって、良いあんばいの塩加減でした。鶏の白子は毎日入荷されるとは限らないので、出会えたらラッキーです。お店の方に尋ねてみてくださいね!

 

さぁて。ここからは、焼き鳥。おまかせ5種盛に食わせて、せせりもオーダーしました。

P1040291_R.JPG

 

P1040293_R.JPG

山葵(わさび)はもちろん、御殿場産の山葵です。京都の和食屋さにゃ、東京のお寿司屋さんで、ちょっと気の利いたお店だと山葵は御殿場産であることが多いのですよー。

 

P1040295_R.JPG

 

P1040297_R.JPG

 

P1040298_R.JPG

 

P1040300_R.JPG

むね肉、ささみ、もも肉、ぼんじり、砂肝・・・・・だったと思います。毎回、思うのですが、胸肉がこんなにパサつかずに焼き鳥にできるなんて、すごすぎるんです。塩加減も絶妙。うちすぎるとしょっぱくなるし、かといって思い切って塩をうたないと、ぼーーーーーーっとした味になるし、ほんとに塩加減は難しいはずなのに、INAHO(イナホ)さんはいつも完璧なんです。

 

P1040302_R.JPG

《食用菊》

 

実は、前日に自宅で食用菊を調理して失敗したので(笑)、この箸休めはほんとに嬉しかったです。

 

P1040309_R.JPG

《親子丼》

 

最後の〆は、アオジ(=主人)のリクエストでみんなで親子丼を頂きましたよー。あっ!一緒にいただいたお酒ですが、最初は小さくビールからスタートして、そのあとは私のリクエストで勝沼醸造(山梨のワイナリー)のクラレーザ。そのあとは、白ワインにブドウの皮をつけこんだオレンジワインを頂きました(”共栄堂”という名前のワイン)。

 

高畠ワイナリーのワインも見つけてしまって、主人と一緒にさんざんまよったのですが、やっぱりクラレーザを選んじゃいました。日本食(=焼き鳥)には、甲州ワインがマッチするのです・・・・・。でも、いつかは冒険しないとダメかな〜〜〜?

 

今宵もおいしい一夜をありがとうございました。

 

 

YAKITTORIA INAHO(ヤキットリア イナホ)

住所:御殿場市萩原738

電話:0550‐82−0601

 

 

 

旬彩食 農(みのり)の冬の味覚

  • 2017.12.07 Thursday
  • 12:50

寒くて、起きるのがおっくうな季節になりましたねー。日本海側では、もう雪が積もっているみたいですね。

 

みなさま、こんにちは!

御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです。

 

そんな寒い日にうってつけなのが、熱いお料理です。

 

「すみかさん、ブリしゃぶ、食べてみない?」

 

そうおすすめしてくれたのが旬彩食 農(みのり)のオーナー&料理人さん・池田 洋一さんです。というわけで、久しぶりに夜ごはんに出かけてきました。

P1040226_R.JPG

《 ブリしゃぶ 》

 

細く千切りされたお野菜もたっぷり。ブリが大皿のうえで牡丹の花のように並びました。私は、お造りで出てくるブリが苦手なのですが、熱いお出汁にくぐらせるブリしゃぶならOKです。

 

今回、「いいなぁ」と思ったのが、お出汁のなかに含ませている梅酢。これは、山北のほうで梅仕事をする女性が梅酢を取っておいてくれるんですって。梅酢が効いているお出汁にくぐらせるため、このお料理にはポン酢は使われていません。最後まで、味に飽きることなく頂けちゃいました。

 

P1040230_R.JPG

《 みのりサラダ 》

 

もちろん、いきなりブリしゃぶからたべたわけではありません。急に血糖値をあげないためにも、まずはお野菜をたっぷりと頂きます。なにげに初めて食べるみのりサラダ。このなかで特に印象に残ったのが・・・・・

 

P1040232_R.JPG

アイスプラント!右のグリーンの葉っぱです。肉厚で、多きくて、口の中でぷちぷちする食感が楽しいお野菜です。「池田さん(お料理人さん)、アイスプラントってこんなに肉厚でしたっけ?」と、尋ねてみました。

 

農(みのり)さんとこでは、池田さんのお父様が自家菜園で野菜を育てているそうですが、ここのアイスプラントは大きくなっちゃうみたい。おいしさを保って、大きくなってくれるので、客としては大歓迎です(笑)。

 

P1040234_R.JPG

たっぷりお野菜と、たっぷりとお魚をいただき、食後のデザートはレアチーズケーキと葛切り。葛切りの上にかかっているきな粉は、天野醤油さんのところの季節限定のきな粉。農(みのり)さんのところで、手に入ったときに小分けして冷凍保存しているんだそうです。おかげで、こうやっておいしいきな粉がこの時期にも食べられます。

 

「御殿場は、おいしい食材がたくさんあるからね。それをもっと外に発信していかないとね!」

 

その言葉どおり、御殿場の食材の魅力を発信する活動を積極的に行っている池田さん。これからもその動きに目が離せませんね!

 

旬彩食 農(みのり)

住所:御殿場市川島田136−1レジデンスN's101

電話:0550‐78‐7922

 

 

 

小池真理子さんの最新エッセイ『感傷的な午後の珈琲』

  • 2017.12.06 Wednesday
  • 18:21

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです。

 

今朝は寒かったですね〜。これら、ずっとこんなふうに寒い朝が続くんでしょうね。でも、早起きしたらこんな景色に出会えました。

今朝(12月6日)の午前40分ごろの富士山です。朝日に富士山が照らされて、美しい紅富士に。そこへ、これから富士山の向こう側に沈みゆくお月様。太陽がのぼっていくにつれて、紅色が冠雪の白色に溶け込んでいって・・・・・・・

 

 

こんなふうに、いつもの富士山のすがたになりました。お月さまも、富士山の右側へ転がるように見えなくなりました。紅富士だったのはわずか20〜30分くらいのあいだでしたよー。早起きすると、こういうことがあるから嬉しいですね。

 

さて。

 

「新刊」と呼ぶには、もうはばかられてしまう時期ですが、9月に発刊された小池真理子さんのエッセイ『感傷的な午後の珈琲』を読みました。

小池真理子さんの周りで起こった、ここ10年間の出来事が随筆としてまとめられています。昭和三十年代に過ごした少女時代、そのころのご両親の様子。うってかわって、病気を患い、看取るまでのこと。唱和30年代と21世紀の現在・・・・。時空を自在に往復しながら、小池真理子さんを取りまいた日常が表現されていましたよー。

 

文章ひとつひとつは、考えや思いをはっきりとした述べておられて、どこからどう見ても随筆そのものなんですが、ぽわん、とした読後感は、小説を読み終わったときのそれと似ていました。なかなか物語の世界から抜けきれない、あの気持ちです(どの気持ち!?)。ひとつの世界観を丸ごと体感できるようなエッセイでした。

 

繰り返し読みたくなる良書です。”読書の秋”の季節はもう終わったけど、私としては、冬こそ(寒くて部屋にこもるため)読書の季節。もう、何冊か買い込んじゃいましたー。おもしろい本に出会ったら、ちょくちょくブログでも共有させていただきますね。

 

では、落としぶたをして煮込み中の、ぶり大根の様子を見てきます(笑)。

 

ヤマトヤ本部のささやかな楽しみ《お弁当の日》

  • 2017.12.05 Tuesday
  • 17:45

小さな子が放つ一言が、的を得ている・・・・。そんなことってありますよね。

 

皆さま、こんにちは!

御殿場の時計・宝石・メガネのヤマトヤ、すみかです。

 

ヤマトヤ本部のマダムスタッフが、家族で地区の防災訓練に参加したときのお話。

消火器の使い方を習ったあと「じゃあ、実際にやってくれる人〜〜〜!」と呼び声がかかると、小学校低学年の子供たちが次々に手を挙げる・・・・・・。これが空気的に求められている流れでした。

 

そんな中、保育園に通うおちびちゃんがめっちゃ元気よく「は〜い!」と手を挙げます。

マダムスタッフは、「〇〇ちゃんは、まだ小さいからね。お兄ちゃんやお姉ちゃん(小学生のこと)がやるのを見てようね」と優しく止めたところ、やる気満々だったおちびちゃんは納得がいかなかったようで、

 

「じゃあ、なんのために来たんだよっ!」

 

と言い放ったそうです(笑)。その横に立っていた中学生のお兄ちゃんがボソッと「ごもっとも」と(笑)。そして、そのやりとりを前列で聞いていた高齢の男性が、おちびちゃんを消火器のところへ連れて行ってくれて、無事に、おちびちゃんは消火器の実践に参加することができました。

 

おちびちゃん、かわいいなぁ・・・・・♡小さな子が一生懸命になって、ママに自己主張している姿って、ほんとにかわいいです♡ヤマトヤ本部ではそんな、ほっこりする話題がよく飛び交います。

 

そんなヤマトヤ本部、本日は「みんなでお弁当を注文する日」でした。

”つわぶき”さんはチキン南蛮が人気だなぁ〜というイメージですが、。この日も、7人中3人がチキン南蛮。他に、チキンカツ弁当、エビフライ弁当、エビフライ丼が並びました。普段は、自宅でお昼ご飯を食べるのですが、この日はマダムたちと一緒にお弁当をつつきました。

 

「みんなでお弁当を注文する日」は、「店頭掃除の日」であることも多いです。朝から、ホースで水を撒いて、洗剤も撒いて、棒付きのタワシを持ってゴシゴシ、またホースで水を撒いて・・・・。かつて店舗機能を備えていた建物を磨いていきます。体を動かしてさっぱりとした気分のあとに仕事をして、おいしいお弁当を食べて、健全な一日でした〜♪

 

 

 

冬の紅富士

  • 2017.12.03 Sunday
  • 23:12

赤富士、紅富士、笠富士、ダイアモンド富士・・・・。どの言葉も、富士山の見える御殿場に引っ越してきて、初めて知った言葉です。富士山と自然現象を組み合わせたときの、美しい言葉たち。今朝、早起きしたら、偶然にも朝焼けの光に富士山が染まっていました。

 

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです。



夏の力強い赤富士とは違って、優しい紅色に染まった紅富士。午前6時50分ごろでした。Twitterを見てみると、もう少し早い時間帯に美しい笠富士(笠雲をかぶった富士山)が見れたようですねー。そういえば、義母も「富士山がベレー帽をかぶっているようだったのよ。うふふふ♡」って言ってたな♪

 

今日は、一日中、家にこもりっきりでした。早起きして、紅富士見て、仕事をして、昼寝をして、仕事をして・・・。気持ち良いくらいに家事を完全放棄してしまいました(ごめんね、アオジ(=主人)・・・・)。唯一した家事といえば、デスクワークで体がなまるのを防ぐために、家じゅう、クイックルワイパーをかけるために走ったくらいです(笑)。


(典型的な冬のお部屋着)

 

さあ、明日からもすっきりとした気持ちで一週間を乗り切りましょう〜♪あっ、赤富士を見れると縁起が良いらしいんです。なので、皆さまにもシェア!忙しい12月を無事に乗り切ることができますように。

 

 

スイセンがつぼみをつけました

  • 2017.12.02 Saturday
  • 21:38

今朝、御殿場では気球が空を飛んでいたそうですね。出勤すると、ヤマトヤ本部のマダムスタッフが教えてくれました。「乗ってみたい気持ちはあるけど、大丈夫か不安。カゴだけだし」というセリフがおかしみがあって、笑えました〜。「カゴだけ」。確かにね!

 

みなさま、こんにちは!御殿場の宝飾・時計・メガネのヤマトヤ、すみかです!

 

こちら、昨日のTweetです↓↓↓

ドルヲタのスタッフ・F曲がヤマトヤ本部へ。F曲は、海外公演まで追いかけちゃうほど、筋金入りのドルヲタさん。そんなF曲が、髪型をあらたにして、さっぱりとヤマトヤ本部に荷物をピックアップしに来ていましたー。

 

それにしても、バタついているTweetだなぁ。バタついて心に余裕を失いそうになっているときは、とにもかくにも視野がせまくなりがち。そんなときは、空を見上げたり、地面を見つめたりしてみると良いですね。今朝、ヤマトヤ本部の入り口の横に芽を出していたスイセンが、ひっそりとツボミをつけていました。

 
(まだまだ、小さな芽のスイセンも。つぼみをつけるのはこれから!)

 

ヤマトヤ本部のマダムスタッフに教えてもらったのですが、スイセンはスイセンでも、このスイセンは「ニホンスイセン」と言って、早めにお花をつけるスイセンなんだそうです。季節はまだ冬になりきれていない晩秋だというのに、春の到来を告げるスイセンは早春の準備を着々としていました!

 

最近、本当にバタついていて、師走らしい師走を過ごしていますが、こういう変化は見逃したくないですね。

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM