皆さま、こんにちは!御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です。

 

数カ月ぶりに、木佐貫シェフのお料理を頂きに、ランチタイムにおじゃましてきましたよ。ミックリーナさんです♪

 

ミックリーナ

 http://michelina.jp/

 

JR御殿場駅からだと徒歩10分〜15分くらいのところにあるこぢんまりとした居心地の良いお店です。御殿場の旧称が「みくりや」と呼ばれていたことに由来しているんですよ♪

 

 

この日は、業者さんと、主人と、わたくしの三人で訪れました。平日のランチどきだというのに、お店のなかは人でいっぱい!3人で座れる席(=4人テーブル)は最後の1席だったので、あぶないところでした〜。はい、きちんと予約しましょうね(笑)。

 

P1060464_R.JPG

フォカッチャ、胡麻入りのグリッシーニ、そしてライ麦パンの3種。全て自家製です。

 

ミックリーナのランチは、

・自家製パン

・前菜(たくさんのメニューの中から選べます!)

・パスタ(たくさんのメニューの中から選べます!)

・ドルチェ

・飲み物(コーヒー・紅茶・エスプレッソから一つ)

 

業者さんがチョイスなさったのは・・・・

P1060469_R.JPG

季節のお野菜とバーニャカウダソース。注目すべきは、清々しい器でした。バーニャカウダソースは、火がメラメラしながらサーブされてることが多いのですが、季節柄でしょうかね、こうやってさわやかな盛り付けがなされていましたよ。

 

主人(アオジ)が選んだのは・・・・・・・

P1060471_R.JPG

P1060470_R.JPG

前菜の8種盛り合わせ(座席の位置の関係で、お料理は真正面ではありません〜。ごめんなさい!)でした。2枚目の写真の左奥にオレンジ色のテリーヌが見えますね。木佐貫シェフがお作りになる美しいテリーヌです。

 

そして手前にドームのように盛り付けられているのは、玉ねぎのムース。これが、斬新で、衝撃で、おいしかった。まるでドルチェのように見えますけれど、実にしっかりと玉ねぎの味がする一品でした!また食べたいなぁ。

 

私は・・・・・・

P1060468_R.JPG

ホワイトアスパラと温玉のグラタン風を選びました。まるで、メイン料理かのように見えますが、ええ、食いしん坊なのでこれで前菜でございます(笑)。

 

このところ、自分でもホワイトアスパラを買い求めてバターと牛乳で煮たりしながら春を楽しんでいたところなのですが、春を告げると言えば、こちらもそうです!

 

P1060481_R.JPG

ホタルイカのタリオリーニ。

 

菜の花とホタルイカのパスタも、春を(早春かなぁ)告げる一品。家庭でつくるときは、スーパーで売っている食材で自分でも作れるといえば作れるのですが、やっぱりプロとの違いがきわだつところ。

 

特に、ペペロンチーノや、こういうオリーブオイルベースのパスタは、違いが歴然とします。ひと口ずつ食べるたびに、くぅぅぅ〜〜!って至福の感覚を得られますね。

 

ドルチェはおまかせなので、何がでてくるのか楽しみです。

P1060484_R.JPG

ガトーショコラ、フランボワーズ、プリンの3種。3人(※30代の大人です)のあいだで巧妙な心理戦が展開されるかと思いきや、そんなことはなくて。フランボワーズが私のもとへやってきました(笑)。

 

 

P1060488_R.JPG

いつもはガトーショコラ派なんですけどね。フランボワーズとか、ラズベリーとか、ちょっと酸味のあるスイーツには盲目気味になっちゃいます。甘酸っぱいのに心ひかれちゃいますねー。

 

トラットリア ラ ミックリーナ(TRATTORIA LA MICHELINA)

http://michelina.jp/

住所:静岡県御殿場市東田中 2-14-25 D105

TEL:0550-70-1720

定休日:月曜日

 

 

皆さま、こんにちは!御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です!

 

今日は、ぴかぴかのお天気ですね。富士山も朝から姿を現してくれました。全国的にもお天気が良いみたいで、週末は夏日になる地域もあるそうですね。

 

そんなぴかぴかのお天気の今日、ヤマトヤ本部(=事務所)へ新しい新車(=社用)が納品されてきましたよ〜〜!

P1060545_R.JPG

スズキのソリオ Sセレクション(「予防安全性能評価 最高ランク獲得」だそうです♪社用車として使うのにもGoodですね(#^^#))

 

あんまり車に詳しくありませんが、車体がコンパクトなのに空間が広くて実用的!ドアがスライド式なので、社内便の荷物を持ったままで簡単に荷物の積み下ろしができます(#^^#)。

 

後部座席にはミニテーブルも付いていて、足元もフラット。あんまり使わないかもしれないけれど、ここで仕事できそうです(笑)。

 

ヤマトヤ本部のメンバーで、新車をお出迎え。みんなでわいわいとしていたら・・・・・

 

P1060525_R.JPG

ベル部長(あ、柴犬です)も、興味を抱き始めました。ベルの目線の先には、スズキのソリオが・・・・。

(・・・・・ってか、この角度から見ると、首が太くて本当に毛がふわふわしてるなぁ(笑))

 

P1060526_R.JPG

ちょっと警戒しているベル部長。えっ、新車を警戒しているの?と思いきや、どうやら・・・・・・

 

 

P1060531_R.JPG

この階段によく登場するトカゲがいないかどうかを確認しているもよう(笑)。簡単には階段を降りません。だいぶ警戒しています。

 

さっそく、新車へダッシュ!嗅いだことのない新しい匂いが気になるのでしょうね〜。

P1060534_R.JPG

ぐいぐい(笑)

 

P1060538_R.JPG

見上げる。

 

 

P1060541_R.JPG

嗅ぐ。くんくん くんくん♪

 

P1060550_R.JPG

最後は見守る(笑)。

 

これは、運転席に義母が座って、駐車スペースに留めるためにバックしようとしているのを見守っています。ヤマトヤ本部のメンバー9人全員が出勤している日でもあり、お天気が良好でもあり、絶好の納車日和でしたよ。

 

この車に乗って、御殿場市内&裾野市内を走りますっ!

皆さま、こんにちは!御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です。

 

今日は表題のとおり、「男女の友情は成立するか?」というテーマについてピックアップしてみます♪

 

さきほど、Youtube動画の「シノハラトーク」で語られたテーマです。(いつもおもしろい顔芸が、この動画のでは、さらに磨き(?)がかかっていて、じわじわくる笑いがたまりませんでした〜ww)

 

▼動画はこちらです▼

https://www.youtube.com/watch?v=wrpUXQHynRs

 

そんな「シノハラトーク」の動画作成者のシノハラさんは、建築会社の株式会社あめりか屋の経営者・篠原 秀和さん(通称:シノハラ)です。

 

IMG_8167_R.JPG

《撮影者:すみか》

 

一級建築士でありながら、モデルとしても(笑)活動(←ネタかのように聞こえると思いますが、きちんとした団体からスチール撮影の依頼が、本当に来ているので驚きました(笑))。

 

先月から今月にかけて、複数回にわたってブログでもご紹介させていただいているので、シノハラさんのことをご存じの方もいらっしゃるかと思います〜。

 

念のため、3月や4月にアップしたシノハラさん関連のブログ記事、ごくごく一部ですがリンクを貼っておきますね♡↓↓↓

”シノハラファン支部長会議”なるものを5W1Hで振り返ってみたブログ記事(なんのこっちゃ) 

なぜシノハラさんにそんなに魅かれるのかについて熱弁をふるっているブログ記事(笑)

 

・・・で、実は3月に行われたシノハラファン支部長会議で、シノハラさんのYoutube動画のトークテーマを話し合ったのですが、そこで閣議決定(笑)されたのが「男女の友情は成立するのか?」だったんです。

 

このテーマを言い出した私も、自分でちゃんと考えてみよう!と思いまして、このブログ記事をアップすることにいたしました!

 

さて。「男女の友情は成立するかどうか?

 

皆さまはどう思われますか〜〜〜?男女の友情は成立すると思いますか?あるいは、ご自身の周りで、男女の友情が成立しているパターンはありますか?

 

私の周りの友人・知人にちょっと話を振っただけで、ぶわぁ〜〜〜と大量に意見が出てきまして、ちょっと収集がつかなくなるくらい(笑)。さすがに「永遠のテーマ」だけあるなぁ、ってつくづく思いました。

 

「実際に、●●さんと、▲▲さんは友情が成り立ってるからねぇ」というように、周囲から見て誰しもが「あの二人の間には何も起こりようがないだろう」という男女もいます(ちなみに30年来の職場仲間。時代の荒波を潜り抜けてきているので、もう、同士のようなものなのかな?)。

 

他に、女性サイドの意見でチラホラと上がった意見が、「こちらは「友達だ」と思っていても、相手がどう思っているかわからない」という意見でした。おそらく、その逆もあるんだと思います。「私は恋愛感情を持っているのに、相手からは「友達」としてしか見てもらえない」という、ちょっと切ないケースです。

 

いずれにせよ、相手の気持ちがわからない限りは、男女の友情が成立するかどうかについては、何とも言えない、というところでしょうか?

 

そして、わが身をふりかえってみるわけです(笑)。わが身をふりかえってみると・・・・・

 

どこの国で生まれ育ったかによる

自分が恋愛市場に身を置いているかどうかによる

 

‥‥という気がいたします。

 

【 相手の男性が、どこの国で生まれ育ったかによる】

イスラム圏から留学して来ていた友人(男性)がいました。一口に「イスラム圏」と言っても、ヨーロッパの香りがするモロッコやエジプトのような国もあれば、かなりイスラムの伝統色の強い国もあります。

 

で、その友人の生まれ育った国は、イスラムの伝統色の強い国。学校では男子と女子がはっきりと分かれていて、社会的にも女性と接することがあまりないのだと。女性と接するときは恋人にしたいときだけ。男子が女子に話しかけることは恋愛的アプローチにほかならないから、そもそも「友情」という状態がないのだと。なるほど、って思いました。

 

公の場で男女が接する機会が少ない国の場合は、「男女の友情が成り立ちようがない」という環境もあるようです。しかし!日本で、日本人として生まれ育った私としては、「男女の友情の成立の可否」について、さらに考えを前に進めてまいるわけです。

 

【⊆分が恋愛市場に身を置いているかどうかによる】

 

ズバッと言ってしまいますとですね、自分が未婚だったときは、つねに、つねに、恋愛市場に身をさらされておりましたので、男女の友情が成立しにくかったのでは・・・・・と思います。たとえ、自分が「この人は友人だもんね!」と思っていても、いつなんどき何が起こるかわからないのが、男女といふものでござひます。

 

これを、シノハラさんは動画の中で、「♪ふとした瞬間に♪視線がぶつかる〜♪」のアノ歌で例えておられましたね(笑)。

 

そして、既婚者になりますと、おのずと恋愛市場から撤退してゆきます。そうしますと、男女の友情が成り立ちやすい状態になっているという、そういう次第でございますが、いかがでございますでしょうか?(笑)。

 

ちなみに、とある人は「美男美女のあいだでは、男女の友情は成り立たないし、どちらかがすごく美男だったり、どちらかがすごく美女だったりすると、それも男女の友情は成り立たないよね」って、ハッキリとおっしゃる方もおりました。

 

これは、ものごとの本質の一抹をエグるように言い当ているような気がいたしまして、やや怖気づきました(笑)。そんなことをここに記しまして、このブログ記事を結びといたします。

 

皆さまは、どう思われますか・・・・・?ぜひ、周りの方と話してみてくださいまし。盛り上がることをお約束いたします(笑)。

 

 

皆さま、こんにちは!御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です。

 

ヤマトヤ御殿場本店は、店舗の始業時間が10時なので、ヤマトヤ本部(事務所)も始業時間が10時です。小売業を営んでらっしゃるご家庭は同じかもしれませんが、生活リズムが全体的に後ろの時間帯へずれこんできます。

 

19時ないしは19時30分に業務を終えます。晩ごはんは8時くらいからスタート。スーパーでの買い物が入ってきたり、下ごしらえをしていなかったりすると30分くらい遅れてしまうこともあります。

 

そんなときは、義母が魔法使いのように登場して、30分で5品くらい作ります。

 

P1060448_R.JPG

この一皿に、すでに3品。カラリと揚がった天ぷら。パラリと塩をふりかけて、はっふはふと頂きます。

 

P1060443_R.JPG

手前の小魚の天ぷらもおいしかった。

 

P1060445_R_R.JPG

いつの間に仕込んでおいたのが、しっかりと煮込まれた肉じゃが。「これも持っていく〜?」と、お盆の上にわんさか(#^^#)。今日も、平穏無事に一日を終えられて良かったです(#^^#)

 

おつかれさまでした〜!

 

 

皆さま、こんにちは!御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です♪

 

今日は雲をつかむようなお話・・・・・ではなくて、ズバリ雲そのもののお話です。

 

御殿場は富士山の山麓。御殿場市自体が標高450メートルくらいの場所にありますから(地域によって300メートルのところも。最高値はもちろん、富士山山頂付近♪)、もはや富士山の一部です。

 

そんな富士山にはお天気にまつわる言い伝えがあって、富士山に笠雲がかかるとお天気が下り阪になるという。

(なぜなのかにつきましては、こちらをクリック→「どうして、富士山に笠雲がかかったら雨がふるの?」」というブログ記事をご覧くださいませ〜♪)

 

P1060451_R.JPG

今日は雄大な笠雲がかかりました。この笠雲、もっと引いて見てみますと・・・・・

 

P1060452_R.JPG

笠雲の周辺もなんだかかっこいい雲がひろがっています。

 

しばらく時間が経ってきますと・・・・・・・・

P1060453_R.JPG

立派な、ちゃんとした笠雲になりました。何度見ても、笠雲がかかった富士山を見飽きることはありません。お天気が下り坂になるとわかっていても、笠雲がかかると心がちょっと浮き立ちます♪(※ちなみに、このときの翌日は晴れました〜。そんなこともあるのね(笑))

 

この笠雲も、ものの5分後には、手前にふわふわした別の雲がかかってしまい、富士山そのものが見えなくなりました。ほんの一瞬、見せてくれた自然のおりなす不思議な光景でしたっ♪(#^^#)