皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住のすみかです。

 

都内の感染者が100人を超えて5日目。感染者数が増加傾向にあるので、またまた自粛生活になりそうで、仕事と家事に加え、散歩、読書、庭の観察中心の生活になってきました。

 

唐突ではありますが、家の庭にきのこが突然生えてきました。

 

写真 2020-06-27 12 07 01_R.jpg

上から見るとこのような様子のきのこ群。

 

視点を変えようと、地面スレスレにスマホを置いて撮影してみると.......

 

写真 2020-06-27 12 08 28_R.jpg

急に絵本的世界観が増します(って感じるのは私だけかもしれないけど)。きっと、アリなんかの虫たちはこんなふうにきのこを見上げているにちがいない。

 

もう一度。

 

写真 2020-06-27 12 07 39_R.jpg

上から........

 

写真 2020-06-27 12 08 28_R.jpg

そして下から。

 

きのこの向こうがわには夏野菜を植えています(義母が、ですけど(笑))

 

写真 2020-06-27 12 04 32_R.jpg

葉っぱ一枚、一枚が大きくて、絶50僂呂△襯坤奪ーニ。わっさ〜〜〜〜って大きく葉っぱを広げております。

 

写真 2020-06-27 12 04 52_R.jpg

ズッキーニ以外の夏野菜もわさわさ。

 

写真 2020-06-27 12 05 39_R.jpg

きゅうりもこんなふうに花が咲いて......

 

写真 2020-06-27 12 05 26_R.jpg

実がなります。

 

それにしても、きゅうりの蔓(つる)って、くるくる具合がすごいですよね!

 

写真 2020-06-27 12 06 16_R.jpg

ほら。ちょい、ピンボケしていますが。何ゆえに、こんなくるくるしているんでしょうねぇ。ここまでくるくるしなきゃいけない必然性が、きっとあるんでしょうけどね!

 

写真 2020-06-27 12 06 24_R.jpg

ここでもくるくる。これはもう、巻き付いちゃってます。

 

写真 2020-06-27 12 06 27_R.jpg

これはまだ小さめのお花。花の下がふっくらとふくらみそうで、粒々している感じが、すでにキュウリですね。

 

この写真を撮ったのは先月のこと。今月は1日だけ晴れで、あとはずっと激しい雨風に見舞われていますね。

 

ズッキーニの葉っぱも折れたり、キュウリもひっちゃかめっちゃか。我が家は庭なのでまだしも、農業をやっておられるお宅では大変なのでは.....と勝手に案じております。

 

熊本をはじめとする九州南部の様子も大変心配です。どうか、雨がやんでほしい。

 

毎年、「史上最大級の雨」というワードをニュースで見かけるようになりましたよね。去年より今年、今年より来年のほうが雨風はどんどん強くなっていく。。。。

 

地球の気候は本当に変わってしまいました。7月からどこに行くにもエコバッグを持ち歩くようになりました。今までは「たまぁ〜にエコバッグ」だったのが、レジ袋有料化にともなって「完全にエコバッグ」へ。

 

こんなふうにきっかけを与えてもらうと、やはり行動も変わりますね。ありがたいです。

皆様、こんにちは。静岡県御殿場市在住のすみかです。

 

先日、まるっと二日間、暴風雨に見舞われましたね。近年、暴風雨がどんどん強まって行ってる気がします。

 

写真 2020-06-15 19 03 28_R.jpg

(そんなときは、夕焼け空に映える富士山の写真を眺めましょう〜♪)

 

最初は気のせいかなぁ、あるいは「御殿場は標高が高くて山岳気候だからなのかなぁ」なんて思ってましたが、いやいや、これは地球の気候変動のような気がしてます。

 

台風がよく来る地域(九州)で生まれ育っているため、多少の強い台風には慣れているはずなのですが、最近の暴風雨にはひるむ。とにかくひるむ。特に風の強さは本当に怖いですよね。

 

写真 2020-06-15 19 11 35_R.jpg

暴風は怖いけど、自然はこんな美しい景色も見せてくれます。

 

こちらの写真は6月15日に撮った写真。19時からわずか15分ほどのあいだに、とってもきれいな色の夕焼けを見ることができました。

 

写真 2020-06-15 19 13 20_R.jpg

富士山もてっぺんをのぞかせてくれました。

 

そうそう。御殿場の夕焼けって貴重な時間だなぁ、と。

 

これは九州、関東、関西に住み、日本列島各地を出張してみて思ったのですが、御殿場は空が茜色に染まっている時間が短いように感じます。たぶん、夕日が富士山という日本一高い山の向こう側に沈んでしまうので夕焼け空の持続時間が短いのだと思うのです。

 

※あ、もし違っていたらどなたか教えて下さいませ....

 

夕焼けタイムが短い御殿場だからこそ、きれいな夕焼けはとっても貴重な光景だなぁ、と。

 

今ではきれいな夕焼けに出会うと、「ちゃんと見ておこう」と時間を取りますもん。次、いつ見れるかわかんないから。

 

『星の王子さま』みたいに椅子を動かして1日のうちに何べんも夕焼けを見られると良いんだけどなぁ。

 

ちなみに......

 

写真 2020-06-17 4 37 12_R.jpg写真 2020-06-17 4 38 38_R.jpg

翌日(6月16日)は日の出。4時37分と4時38分の写真です。わずか1分のあいだに朝日が昇って、その瞬間に立ち会えたのでパシャリ。(※この「パシャリ」も死語かしらん。笑)

 

写真 2020-06-17 4 40 19_R.jpg

部屋のリビングの扉が朝陽に染め上げられて、別世界みたいに。家族中を起こして教えたかったのですが、午前4時台だったのでそれはやめときました。このひは一人でひっそりと朝日を拝みます。

 

最後に.......

 

写真 2020-06-21 19 10 08_R.jpg

紫陽花の色みたいな空!

 

写真 2020-06-21 18 49 17_R.jpg

ついでに紫陽花(笑)

 

さぁ〜て、今日は貴重な晴れ間。窓を開放して、お仕事に行ってきまーーーす!皆様も、どうか良い一日を。

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住のすみかです。

 

昨日、今日と比較的涼しい御殿場。東京や京都、私の生まれ育った福岡も軒並み27度〜30度超えだったのですが、御殿場は18度(昨日)、今日でも23度が最高気温でした。

 

他地域との気温差が、いつもよりありますね。羽織りものを忘れずに、風邪をひかないよう、体調を崩さないよう、気を付けなければいけませんね。

 

さて。

 

今の御殿場は、紫陽花(アジサイ)があちらこちらで咲いています。

 

事務所の裏手に咲いている紫陽花も・・・・・

 

写真 2020-06-05 18 17 49_R.jpg

最初はこんなふうでしたが・・・・・・・

 

 

写真 2020-06-05 18 18 00_R.jpg

徐々に・・・・・・・

 

 

写真 2020-06-09 7 01 29_R.jpg

色づいてきました!そしてついにキレイな花をさかせてくれました。

 

 

写真 2020-06-19 13 13 23_R.jpg

ほら!

(※6月19日)

 

ちょうどこの日は雨が降った日。紫陽花には雨が良く似合う。足を止めて紫陽花を見ていると、あたりまえのことのようにそんなふうに思いました。

 

写真 2020-06-09 7 40 14_R.jpg

家の近所にあるお散歩コース。勝手に「紫陽花道路」って呼んでいる一角です。この写真(↑)を撮ったときは、まだまだこんなもんでした。青色の紫陽花が咲いていて、他の色の紫陽花はまだまだこれから、という段階。(※6月9日ごろです)

 

写真 2020-06-09 7 40 22_R.jpg

とは言え、細やかなお花がびっしりと寄り添って咲き誇っていたので、見ごたえのある紫陽花でした。それが、夏至の日(6月21日)にお散歩した時は・・・・・

 

写真 2020-06-21 18 46 57_R.jpg

ほら!もうこんなに色んな種類の紫陽花が花を咲かせていました。ここの紫陽花は、100メートルに満たない短い距離のあいだに、青色、ピンク色、白色、ガクアジサイなど、色んな種類の紫陽花を一挙に楽しめるところが好き。お手入れは相当大変なはずです。

 

写真 2020-06-21 18 47 12_R.jpg

まぁ〜、見事に色鮮やかなお花を咲かせてくれました。

 

写真 2020-06-21 18 49 17_R.jpg

ピンク色の紫陽花。花びらの先端のギザギザした形状が繊細さを引き立てています。

 

写真 2020-06-21 18 49 02_R.jpg

私はこちらの紫陽花に心惹かれました!うまく写真に撮れませんでしたが、ひっそりとしているのにとっても存在感があるのです。毎年、「いいなぁ〜」と思う紫陽花が変わる(笑)。なんでだろう。咲きっぷりが変化するから、「いいな」と思う感じ方も変わるのかな〜?

 

6月はお散歩しているだけで、お花があちこちに咲いていて楽しいですね。

 

写真 2020-06-07 16 16 12_R.jpg

こちらはカキツバタ(あやめ、かなぁ〜?)。スッと立ち姿がきれいですよね。まだ、この1輪しか咲いてませんでした。今、行けば、群生しているかな。

 

写真 2020-06-07 16 17 06_R.jpg

ツツジの花&蝶々。(※チョウチョが苦手な方がいたらごめんなさい〜)

 

チョウチョがお花へ頭をダイブさせていますね。だいぶ、必死な様子が伝わってくる姿勢です。よっぽど密が好きなんだろうなぁ〜。

 

写真 2020-06-09 7 35 26_R.jpg

これも近所を散歩していて撮った写真。手前の青紫のギザギザしたお花。寒色は苦手ですが、このお花はキレイだなぁと感じました。風がそよそよしてきて、優しく前後左右に揺れていて、良き朝の風景でした。

 

御殿場は自然が豊かだから、人工的なお花だけでなく、野花、野草も生活圏内にたくさん生えているので、歩くだけで新しい発見がありますねー。でも、忘れるのも早いから、毎年、同じことに驚き、喜んでいるかもしれませんが(笑)。

 

もうそろそろ昼休みが終わりそうなので今日はこのへんで〜。また、書きます♪

 

みなさま、こんにちは!静岡県御殿場市在住のすみかです。

 

感染者数が減少傾向に転じるに比例して、気分も軽やかになるような。

 

写真 2020-05-06 10 07 57_R.jpg

 

このあいだのお休みの日に散歩に出かけました。朝からお天気がぐずぐずしていたので、「途中から雨が降ってくるかな〜」と思っていたら、サァ〜っと小雨が降り始めました。

 

写真 2020-05-06 14 18 33_R.jpg

 

雨が降ってきたせいなのか、たんぽぽの綿毛も水を含んでシュッとした!?こんな状態のたんぽぽがあちこちに生えていました。今日は晴れたから、乾いてふわふわになって遠くまで飛べてるかなぁー。

 

 

写真 2020-05-06 14 30 26_R.jpg

そうそう、宝飾品のように美しい藤の花が咲いていました。花房が長くて風に揺れるときのしなやかさが美しい藤でした。つんつるてんに短くてかわいらしい藤の花も見かけました。

 

写真 2020-05-06 14 34 54_R.jpg

途中からだんだん小雨が強くなり始めました。強くなるって言っても、小雨は小雨。それも霧雨に近いくらい雨粒が細かくて。田園風景がやや幻想的でしたよ。

 

写真 2020-05-06 14 37 44_R.jpg

 

ベトナムで見た水田みたいだなぁ〜。田んぼの中では、田植え機による田植えが終わり、こんどは人が田んぼに入って苗を植える「補植」が行われていました。欠損が出たところは人間の手で植えるのだそうです。

 

写真 2020-05-06 14 39 53_R.jpg

(遠くににぽつり、ぽつりと補植している方々の姿が見えました)

 

庭にはバラの花が1輪、咲きました。蕾が膨らみ始め、ふくらみすぎている蕾なんかはガクのあいだから花びらがはみ出ちゃって、咲く前から花の色がわかるという(笑)。すずらんも極小の花を可憐に咲かせています。キイチゴ(=ラズベリー)の花も白く咲き始めました。

 

写真 2020-05-07 12 20 56_R.jpg

(桜の木。すっかり夏の様相を呈しています)

 

何となくですが、ニューヨークやイタリアのように完全に医療が崩壊してしまい、亡くなる方や感染者の数が右肩上がりに膨れ上がる・・・・・という状況は回避できたのかな、と感じています。でも、まだ、わからない。第二波が来るのか、第三波が来るのか。そしていつ終息するのか、わかりません。

 

手洗い・消毒・三密を避ける、これはずっと継続していきたいと思います。そしてマスクも!(夏になると、どうなるんだろう〜。夏のマスクはツラいかな?いや、日焼け防止にもなるかな(笑))。

 

皆様、こんにちは。静岡県御殿場市在住のすみかです。

 

今日からゴールデンウィークがスタート。御殿場ではとっても良いお天気にめぐまれて、田んぼのあちこちで農作業が行われていました。

 

写真 2020-04-29 15 40 22_R.jpg

水田に、きちんと整列した苗。テーブルクロスの模様みたいでかわいい(笑)。

 

写真 2020-04-29 16 09 08_R.jpg

もう田植えが終わった田んぼもあれば・・・・・・・

 

写真 2020-04-29 15 41 49_R.jpg

水を張った状態の田んぼもあります。湖みたいできれい。

 

いわゆる「代搔き(しろかき)」をした直後なのか、水がにごっている田んぼもありました。

 

そして・・・・

 

写真 2020-04-29 16 06 00 (1)_R.jpg

今すぐにでも田植えを始められそうな、正にスタンバイ状態の田んぼもあります。

 

苗が真四角の箱(?)に入れられて田んぼに浸かっていました。

 

写真 2020-04-29 16 18 36_R.jpg

(新緑のまぶさしがうつくしかった〜!)

 

山之尻地区を歩くと、フランスの田園風景みたいな場所に出くわします。花や葉っぱやツルが伸びているんだけど、人の手が入りすぎてなくて、全体としての光景がとっても美しくって、大好きな一角です。

 

写真 2020-04-29 16 38 48_R.jpg

真っ青な壁の色のおうちに・・・・・・・

 

写真 2020-04-29 16 42 59_R.jpg

麦の穂が風に揺れていました。

 

写真 2020-04-29 16 45 55_R.jpg

カラフルなチューリップが等間隔にならんでいる光景もなんだかシュール♡

 

写真 2020-04-29 7 45 34_R.jpg

朝から・・・・・・

 

写真 2020-04-29 18 06 02_R.jpg

晩まで富士山はくっきりと姿を見せてくれていました。

 

夕日が沈むポイントが、だいぶ山頂よりになってきました。

 

ゴールデンウィークのあいだに、御殿場の田植えは一気に進みそうです。

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住のすみかです。

 

今日はまたもや著名な方が亡くなるという、悲しいニュースが飛び込んできましたね。

 

コロナってほんとうに怖い。

 

改めてそう思います。

 

写真 2020-04-22 11 42 36_R.jpg

(筋状の雲。雲と雲のスキマから陽光が差し込んだのか、富士山の雪肌に帯状の線が出ました)

 

そうして、こういうニュースに接するとどうしても気落ちしてしまいますね・・・。

 

写真 2020-04-22 12 34 44_R.jpg

(小学校も静まりかえっています。賑やかな声でいっぱいになる日が早く来ないかな〜)

 

でも!

 

今は「感染しないためにできることをする」。これに尽きるような気がします。

 

手洗いとアルコール消毒を頻繁にする。消毒していない手で鼻や口の周りをさわらない、など。

 

写真 2020-04-22 12 33 22_R.jpg

(小学校1年生のときに理科の授業で習った。オオイヌノフグリ)

 

心身の元気を保つために、お散歩をしています。

 

週に5〜6日かな。

 

今年初めてハルジオンを見ました。

 

写真 2020-04-22 12 26 10_R.jpg

ハルジオン

 

舌状花冠の枚数が多いのがハルジオン。少ないのがヒメジオン。時期的に先に咲くのがハルジオン、ちょっとタイミングがずれて咲き始めるのがヒメジオンだそうです。

 

幼いころから疑問だったハルジオンとヒメジオンの区別がようやくできるようになって、満悦しております(そんなことで.....)

 

タンポポは、最盛期を迎えたように見えます。

 

写真 2020-04-22 12 27 46_R.jpg

(うん、まちがいないね。最盛期だよね)

 

たんぽぽの明るさが好き。

 

写真 2020-04-22 12 36 19_R.jpg写真 2020-04-22 12 36 24_R.jpg

 

お散歩のコースは、家の周り。深沢地区、東田中、高根地区が多いです。

 

できるだけのどかな場所で、田んぼや野原があって、草花が観察できるところが好き。

 

写真 2020-04-22 12 48 41_R.jpg写真 2020-04-22 12 48 21_R.jpg

 

草花だけじゃなくて、このチューリップみたいに誰かの「街を明るく、きれいに見せたい」という気持ちがこもっている花壇コーナーも好きです!

 

写真 2020-04-22 12 30 19_R.jpg

やがてピーピー豆になるお花に・・・・

 

写真 2020-04-22 12 30 41_R.jpg

名前がわからぬピンク色のお花。スミレかなぁ〜?

 

写真 2020-04-22 13 22 18 (1)_R.jpg

 

抜けるような青空に菜の花。遠くに金時山が見える。

 

泣けてくるような光景です。

 

”コロナさえなければ、幸福な春の昼下がりなんだけどなぁ”

 

それが、この写真を撮ったときの心境です。

 

写真 2020-04-22 13 20 25_R.jpg

この時期になっても、場所によってはまだまだ菜の花が咲いている御殿場です。

 

写真 2020-04-22 12 38 08_R.jpg

ベル(柴犬)の散歩道でもあるご近所からの富士山。

 

写真 2020-04-22 12 59 53_R.jpg

葉ねぎと富士山。

 

そして・・・・・

 

写真 2020-04-22 13 49 32_R.jpg

水田に映る逆さ富士です。

 

海も池もない御殿場において、逆さ富士が楽しめるのは、田んぼだけ!

 

それも、今のこの時期だけです。

 

すぐに田植えがはじまっちゃうからね〜。そうすると水面に映る富士山は見えなくなっちゃいます。

 

写真 2020-04-22 13 29 37_R.jpg

 

じゃじゃーーーん。

 

遠くに、公道を走るトラクターが!

 

そう。

 

御殿場に来て驚いたことのひとつに、「トラクターが公道を走る」というのがあります。

 

しかも、土がところどころボトボト落ちてるの(笑)。

 

これは田んぼがある地方都市はみんなそうなのかな。

 

写真 2020-04-22 13 30 27_R.jpg

 

この蛇口から水がジャーージャーー出ていました。

 

午後の昼下がりに、この水音が聞けるのも今の時期だけだそうです。

 

通常は、夜中のうちに田んぼに水を張るので、朝のうちに詮は閉められちゃうそうです。

 

写真 2020-04-22 13 33 07_R.jpg

 

水田に水が張られた田んぼ(左)と、田おこしが終わって水が入るのを待っている状態の田んぼ(右)です。

 

Twitterでつぶやいたら、「早−−−!」ってリプライをもらいました。

 

「早いんですか?」って職場の人に尋ねてみたら、「御殿場は水を張る時期が早いって聞きますよぉ」って教えてくれた。

 

写真 2020-04-22 13 45 26_R.jpg

(どこにつながるかわからない道も歩いてみる)

 

田靴、補植、欠損、田おこし、水利当番・・・・・

 

御殿場にやってきて覚えた日本語です。

 

生活に稲作が入り込んでいるからこそ、

 

会話の中に稲づくりにまつわる言葉がぽんぽん飛び出す。

 

いよいよ、田植えの時期が本格的に到来します。

 

楽しみだなぁ。

 

 

 

 

 

こんにちは。静岡県御殿場市在住のすみかです。

 

今週も新たな一週間がはじまりましたね!お元気ですか?

 

手洗い、うがい、マスク着用を徹底するとともに、一日のうちに事務所のアルコール消毒も頻繁に行っています。手が荒れないようにハンドクリームを塗る回数も、消毒に比例して増えました

 

写真 2020-04-12 8 12 58_R.jpg

(まだ生えている土筆(ツクシ))

 

他には室内の2時間おきの換気、対人距離を空けるなど、感染拡大のための防止策を取りながら働いています。普段はあまり神経質なほうではないんですけどね。今の状態だと、がんばっていかなくっちゃなぁ〜という心持ちでいます。

 

写真 2020-04-12 8 12 27_R.jpg

写真 2020-04-12 8 12 42_R.jpg

(枯れ始めたツクシも。しばらくすると、同じ地下茎でつながっているスギナが生えてくるんだそうです!)

 

さて!

 

今日はしとしと雨が降り続きましたが、昨日の午前中はお天気が良くて朝から散歩を。深沢ほうまで歩いて、水芭蕉の様子を見に行ってきました。

 

写真 2020-04-12 8 56 46_R.jpg

 

水芭蕉といえば・・・・・・

 

♪水芭蕉の花が、咲いている♪

♪ゆ〜め見て咲いてい〜る♪

♪みぃ〜ずのほとりぃ〜♪

 

・・・・というあの歌。小学生か中学生の音楽の授業で唄った記憶があります。皆様の中にも「この歌で「水芭蕉」という花の存在と「尾瀬」という地名を覚えたよ〜」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

で、こちらがその水芭蕉の花です!

 

写真 2020-04-12 8 55 51_R.jpg

写真 2020-04-12 9 10 55_R.jpg

写真 2020-04-12 8 55 29_R.jpg

初めて見る水芭蕉の白い花。この白さは、他のお花では代替しがたい白さで、ひっそりと咲く花の形はすーーっとしています。かもしだす雰囲気がとても清楚でした。


眺めれば眺めるほど、歌にまでうたわれる理由がわかるような。

 

写真 2020-04-12 8 57 03_R.jpg

「満開」という状態があるのかどうかわかりませんが、ぽつりぽつりと咲いている状態です。

 

写真 2020-04-12 9 09 21_R.jpg

散歩のたびに不思議に思っていたこちらのベンチ。なぜ、この場所に??と思ってましたが、ようやく理由がわかりました。ここから水芭蕉を観察できる!!


満開になったら、またお散歩しにきます。

 

写真 2020-04-12 9 15 56_R.jpg

こちらは、前回行ったときに咲きほこっていたモクレン(こぶし・・・!?)の枝先です。葉っぱが生えてきました。

 

 

写真 2020-04-12 8 51 07_R.jpg写真 2020-04-12 8 51 53_R.jpg

こちらは、ひっそりと咲いた枝垂れ桜。サイズ的に「ひっそりと」ではないのかもしれませんが、人通りの少なさでいえば「ひっそり」かなぁ。

 

例年ならもっと人がいるのかな?今年は、こうやって歩いて来れる近隣者しか目にしないのかな。いずれにしても、見事な咲きっぷりでした。

 

写真 2020-04-12 9 13 21_R.jpg写真 2020-04-12 9 13 27_R.jpg

こちらは、また別の桜の花。お花のサイズが大きいのと、花びらが薄く、ひらひらしていました。色は淡くて、はかなげなお花でした。

 

そして・・・・・

 

写真 2020-04-12 8 49 15_R.jpg

 

じゃじゃん!こちらのスイセン。

 

背丈も小さいし、濃い黄色がかなり目を引きます。ラッパのような、マカロニのような、そんな形。

 

何て言う名前の花だろう?そう思って調べてみました。そうしたら・・・・

 

写真 2020-04-12 8 49 20_R.jpg

ペチコートスイセンっていう名前でした。

 

ラッパでもなく、マカロニでももちろんなく、「ペチコート」という比喩。うん、その方が美しい比喩だ

 

写真 2020-04-12 8 49 24_R.jpg

 

ちなみに、このペチコートスイセンは、またの名を「ナルキッススブルボコディウム(Narcissusbulbocodium)」だそうです。日本語で「ナルシサスバルボコディウム」と綴っているサイトもあって、いくつかパターンがあるようですが、いずれにしても、う〜〜ん、長くてこれは覚えられないかもしれないなぁ。

 

写真 2020-04-12 8 32 22_R.jpg

こちらも道ばたで見かける桜ですが、桜の花の中心部分がかなり濃いピンク色に染まっています。また、ひとつの枝に白とピンクの桜が同居(?)しているんですよ〜。

 

御殿場にいて楽しいのが、ソメイヨシノ一辺倒ではなく、ただただ歩くだけで、いろんな種類の桜の花を楽しむことができる、という点です。

 

写真 2020-04-12 8 31 27_R.jpg

(こちらのスイセンは色の淡さがめずらしいなぁ〜と感じました)

 

ふぅ〜、今日もなんとか一日が終わりました。毎日、夕方になるとYahoo!ニュースで東京の感染者数が発表されますね。あれを見るたびに、ちょっと不安になります。不安が増幅することはないのですが、やっぱり、未知のウイルスに対する本能的な怖さでしょうかねぇ....

 

写真 2020-04-12 8 14 58_R.jpg

(こちらも、なんだかお星さまみたいだなぁ、と)

 

でも、不安な気持ちというのは、人の体の免疫力を下げてしまうそうですから、なるべく、おもしろいことがなくても笑顔を作っていた方が良いんですって!そうすると脳が「幸せなんだ」って勘違いしてくれるんだとか。

 

私も、お散歩途中に見かける野草や野花が好きだということもありまして、ぽつぽつとアップしております。これが、どなたかの心にちょっとでも留まるといいなぁ〜♪

 

明日も良い日がやってきますように。

こんにちは!静岡県御殿場市在住のすみかです。

 

いかがお過ごしすか?眠れてますか?

 

今日は朝早く目が覚めたので、小一時間ほどお散歩に出かけました。

 

数日前から、遠くでキジの鳴く声が聞こえていたので、「キジを見たいなぁ〜」と思っていましたが、念願かなって本日遭遇できました!

 

写真 2020-04-11 7 14 39_R.jpg

(見えにくくてスミマセン。写真のどまんなかよりやや下に写っています)

 

今年初めて見るキジ。朝の太陽光線に包まれて、それはそれは神々しい登場の仕方でした。

 

都市部では、まずもって見かけない野生のキジ。私も、生まれも育ちも街の子だったのでキジが実存するなんて全然知りませんでした。せいぜい、「桃太郎に出てくる鳥だぁ〜」くらいの認識。

 

それが御殿場では畑、田んぼ、お庭など、草地で見ることができます。だいたい、場所の見当がつくのは、鳴き声が特徴的だから。

 

「ケーン、ケーン」って、かなり力強く鳴きます。そして、鳴き声がとにかく大きいので、かなり遠くまで響き渡るんですね〜。これで、だいたいどこら辺にキジがいるのか見当がつくんです。

 

「あ、あの林のほうかな」というように。

 

ただし・・・・・

 

キジは走るのがむちゃくちゃ速いです。

 

逃げるときは、瞬間移動と同じ速度で走ってるんじゃないかレベルの速さです。ですので、キジが逃げ出すと、その姿を一瞬で見失ってしまいます。

 

動画で撮りたいときは、じわりじわりとにじり寄るようにすると良いかも〜。

 

 

・・・・・なんて言いつつ、このTwitterの動画では、最後の一瞬は、まさに逃げようとしているキジ、って感じですけどね(笑)

 

菜の花、スイセン、桜、名前がわからないお花もありました。

 

写真 2020-04-11 7 05 05_R.jpg写真 2020-04-11 7 05 12_R.jpg

田んぼ、菜の花、富士山。

 

写真 2020-04-11 7 03 53_R.jpg

土筆(ツクシ)

 

もう、土筆は終わりかな〜?と思っていましたが、同じ御殿場市内でも区域によっては今だにニョキニョキ生えている場所がありました!

 

写真 2020-04-11 7 18 31_R.jpg写真 2020-04-11 7 18 59_R.jpg

車では何百回と通っている神社の前。枝垂れ桜がとってもキレイでした。

 

写真 2020-04-11 7 20 30_R.jpg

その神社を過ぎたところで、どーーーーーーんと視界がひらけます。富士山が一瞬だけ顔をのぞかせてくれましたよ。今日はこのあと、午後から雨がぽつりぽつりと降り始めましたから、貴重なショットです。

 

さらに・・・・先日のブログ記事にも書きましたが、私が御殿場市内で特に好きな桜の木が東田中にありまして、お散歩がてら行ってみました。

 

写真 2020-04-08 16 12 59_R.jpg

 

他の桜の木と何が違うって、まず、お花のサイズが小さめ。そして鈴なりのようにお花が密集している。遠くから見るとふわふわした繊細なかたまりに見えるんです。

 

今日のツイートでこの桜の花の動画をアップしたので、よかったらぜひご覧になってくださいね↓↓↓

 

 

お散歩から帰って来てから朝食にパンケーキとコーヒーをいただきました。

 

*****

 

東京都内の感染者数がじわじわ上がってきています。その数字を見ると、毎日怖いのですが、東京に住んでいる方々はもっと怖いと思う。私も姉がいるのでとても心配です。

 

御殿場でも、アオキがレジ袋に詰めるサービスを無くしました。うん、これで良いと思う!スーパーの方だって感染したくないだろうし、お客さんはお客さんで「だいじょうぶかしら」って思っちゃいますもんね。

 

少しずつ、生活が変わっていきますね。

 

先も見えません。

 

でも、なんとか今日という一日が無事に終わりました。明日も一日、大事に積み重ねていきましょう!手洗い・消毒を徹底しながら過ごしてゆきましょう〜。

 

皆様、こんにちは。静岡県御殿場市在住のすみかです。

 

緊急事態宣言が発令されて数日経ちました。皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

写真 2020-04-09 10 13 15_R.jpg

(事務所のスタッフさんが差し入れてくれました)

 

昨日、めずらしく朝散歩しました。たんぽぽやナズナは花盛りなのに、近所の学校は静まりかえっていて、たんぽぽの明るい黄色が目にしみました。やっぱり学校という場所はにぎやかでなくっちゃね。

 

写真 2020-04-08 12 34 31_R.jpg

(事務所の裏手に咲いているスイセン)

 

仕事にも影響は出始めています。緊急事態宣言の対象エリアとなった首都圏や関西圏の業者さんから、営業時間の変更などのお知らせが届いています。アジアやヨーロッパの一部の国では出荷ができないため、仕入れたくてもモノが日本にやってこない、ということも起きています。

 

写真 2020-04-09 8 44 11_R.jpg

(お散歩途中に見つけたタンポポの群生)

 

学校も御殿場市内の小中学校、そして県立高校も休校が決まりました。また、御殿場の名前が全国ネットのテレビで取り上げられる迅速な取り組みについてのニュースもありましたね。

 

写真 2020-04-08 16 53 10_R.jpg

(家の庭の桜の木。濃いめの桜色)

 

一方で今週はずっと良いお天気が続き、窓の外を見ても桜が花を咲かせ(今年はずいぶんと長いような気がします。もう2週間も!)、菜の花、スイセン、鶯(うぐいす)の鳴き声、名前がわからない小鳥のさえずり、きらきらした木漏れ日。何もないと、いつもと変わらぬ春ののどかな光景が広がっています。

 

写真 2020-04-09 8 52 28_R.jpg

(だいぶ葉桜になってきました)

 

自然も動物もいつもどおり。一方で人間は見えない敵、コロナウイルスとの戦いを強いられています。いつ終わるのかの終わりも見えませんね。毎日、夕方になるとスマホのYahoo!ニュースが飛び込んできますが、日々感染者数が増えていくにつれて、不安も増してゆきます。

 

写真 2020-04-08 16 12 59_R.jpg

(東田中にある桜の木。市内の桜の木のなかで一番好きだなぁ。お花が細かくてかわいい)

 

自分にできることは少ないけれど、一日、一日、積み重ねていくしかないな。仕事、家事、アルコール消毒、換気などなど。外出もスーパーとドラッグストアだけ。

 

写真 2020-04-08 1 52 18_R.jpg

(スーパームーンでした。夜中に窓を開けると、富士山の山頂左側がほんのりと白く月あかりに照らされていました)

 

行事が中止されたり、人と会えなくなったり、町が静かになったりして寂しい限りですが、おたがいがんばりましょう♪

 

 

こんにちは!静岡県御殿場市在住のすみかです。

 

「会社に妊婦さんがいてね、職場のみんなでなんとかしてマスクを手に入れようとしてるんですよ」

うしろの方から聞こえてきた声でした。

 

今朝、マスクを買うためにドラッグストアの列に並んでいたときのことです。

 

その時点で午前8時すぎ。

開店まであと1時間もあるし、

つめたい風も吹きつける中、

職場の妊婦さんのためを思って

マスクの列に並ぶ..... 

 

人が人を思う気持ちのあたたかさに、

朝から涙が出てきました。

(※当事者ではないのに涙が出てきて、歳とともに完全に涙もろくなってます)

 

写真 2020-04-04 7 43 45_R.jpg

 

ちなみに私が入手できたマスクですが、

5枚入りが698円でした。

高いですねぇ....

先週は7枚入りが400円代だと聞きました。

高いなぁ、と思いつつ、それでも無いよりマシかな、

と、涙をのんで買いました。

 

写真 2020-04-03 12 34 36_R.jpg

 

今日、東京での感染者の数が初めて3ケタ台になりました。

 

正直......「こわい」とついつい思ってしまいました。

 

でも!!!


写真 2020-04-03 12 34 27_R.jpg

 

やはり気持ちで負けてはいけないと思いなおし、またもや・・・・・・・・

 

写真 2020-04-03 10 03 28_R.jpg

 

家の桜をめでてます(笑)

 

また桜?って思われちゃうかもしれませんが、この1週間毎日欠かさず、同じ時間帯に、同じ桜を見上げてます。

 

写真 2020-04-04 10 13 21_R.jpg

 

桜をめでることが生活の中心になってるなんて、平安貴族みたいです。

 

こゆとき、一首、歌を詠めるといいんですけどねー。

 

でも、あれですね、非常事態になると、

人間はどんどん原始的な感覚を持つんだな、と最近、思うようになりました。

 

基本的なところに立ち返る。

思考も内側へ向かっていく。

そして........

 

写真 2020-04-03 10 03 34_R.jpg

 

桜をめでる!(笑)


自然に、よりいっそう親しみを感じるようになってます。

 

明日は仕事がお休みの日。
秩父宮記念公園の前の道路をひとっぱしりしてみようかと計画しています。

 

色んな方が、色んな状況に置かれているかと思いますが、

こんなときこそ、笑って(おもしろくなくても)

前を見ながら、今日できることをやっていきましょうね。

(めっちゃ自分に言い聞かせてます)

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

そして..........

 

写真 2020-04-02 10 00 04_R.jpg

ベルからも「こんにちは」(笑)。

 

こちらの柴犬ベルですが、このブログをお読みいただいてる方の中に、ご存知の方が少しはいらっしゃるかも!?


いつも事務所に”出勤”していることからついたニックネームがありまして、それは.....

 

ベル部長

 

です(笑)。


役職がついておりまして、警備部長兼広報部長です。

 

 

写真 2020-04-02 10 00 06_R.jpg

 

まぁ、半分、飼い主が放つ冗談のようなものなんですが、一応、事務所の敷地内に知らない人が来たらワンワン吠えて教えてくれて(=警備部長として)、SNSにたびたび登場させられて(=広報部長として)、組織において任務をまっとうしております(たぶん)。

 

ベル部長のうしろでは桜の花が咲いていました。


ちょっと前まではこんな光景でした↓↓↓

 

写真 2020-03-31 12 07 04_R.jpg

 

桜の花がぽつりぽつりと咲きはじめ.......

 

写真 2020-03-31 12 07 19_R.jpg

雨が降ったり、強風がふきつけたりして......

 

写真 2020-03-31 12 07 27_R.jpg

咲く桜の花の数はどんどんふえてゆきます。

 

写真 2020-04-01 14 52 43_R.jpg

昨日は朝から雨が降っていまして.....

 

写真 2020-04-01 14 52 54_R.jpg

雨にぬれた窓ガラス越しの桜の花も美しかったです!

 

写真 2020-04-02 7 37 30_R.jpg

そして翌日はパキっと晴れた朝。

 

写真 2020-04-02 9 31 15_R.jpg

ますます開花の速度がアップしました。今日が満開のような気がします。

 

写真 2020-04-02 9 31 59_R.jpg

気持ちが良いくらいスッキリとした青空!また、それに桜のピンク色が映えていました。

 

写真 2020-04-02 9 59 58_R.jpg

でも、もう落ち始めた桜の花もありました。この桜の木の花は、花びらがはらはらと舞うといより、まるで椿のように花ごとポツン、と落ちていました。

 

写真 2020-03-31 14 36 57_R.jpg

桜の季節にちなんで、ベル部長も桜色のマントをさせられてます。かわいい。

 

※「マント」の正体は、お菓子を包んでいる薄紙の一種です。

 

写真 2020-03-31 14 36 48_R.jpg

横からみると二重アゴになってふくふくしていますが、これがかわいいんです。まぁ、二重アゴを指摘するなんて、飼い主(わたくし)も人様、いえ、犬様のことを言えた義理じゃあありませんが.......とほほほ。

 

写真 2020-03-31 14 36 29_R.jpg

ベルの場合はふくふくさがかわいさにつながっております♡

 

写真 2020-04-02 12 22 39_R.jpg写真 2020-04-02 12 22 50_R.jpg写真 2020-04-02 12 23 01_R.jpg

今日は、エピ(森の腰にある)に立ち寄るというマダムスタッフがランダムに選んできてくれた激安のお弁当が秀逸でした。これで340円だなんて!!!なんというハイコストパフォーマンス!これは良き発見でしたよ。

 

写真 2020-04-02 15 13 20_R.jpg

お茶の時間は、またどこからともなくおいしいスイーツをもってきてくれるスタッフさんがロールケーキを切り分けてくれました。いつも、おいしいものをありがとうございます。

 

夕方、Yahoo!ニュースを見て、90人を超える東京の感染者数にびっくりしました。正直な気持ち、「これからどうなるんだろう」という感覚が日増しに強まっています。

 

でも!


「家にいる」「仕事」「家事」「消毒、消毒、消毒」「感染予防策の実行」などなど。 今、自分にできる事をやっていきます^ ^

 

明日も笑顔でいきましょうね〜。

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

先週の金曜日に、桜の花がぽつりぽつりと咲きました。今日見てみたら、また咲いた花の数が増えていました。

 

写真 2020-03-30 12 17 03_R.jpg

(今朝の桜の花)

 

今日は朝から志村けんさんの悲しいニュースが飛び込んできましたね。みんなに勇気や笑いを届けて幸せにしてきた方だったのに.......とても悲しいです。

 

感染して重症化したら、肉親ですら会うことさえままならない、お別れの言葉をかけることができない。それこそが、このウイルスの怖いところだと感じました。

 

写真 2020-03-28 9 35 59_R.jpg

(これは先週の金曜日・3月27日に撮影)

 

日々、世界のいたるところでウイルスにおびえ、戦い、日常生活が変わり...。

 

一方で季節は確実に前に進み、毎日桜の花の数が増えています。鳥のさえずりも毎朝変わらず、動物(←ベル)は元気に走り回っていますね。日々変わらぬ自然の営みにホッとさせられます。

 

写真 2020-03-28 9 36 33_R.jpg

(こちらも3月27日に撮影)

 

このところ、休日は長編小説を読んだり、映画をたくさん観たり。

 

散歩の頻度も多くなってきました。車で市内を周ってみたり。

 

そんなふうに過ごしています。

 

写真 2020-03-23 7 39 03_R.jpg

 

そういえば、桜の花が開花した時に、短い時間でガラッと状況が変わったことにびっくりしました。

 

月曜日と水曜日では、つぼみの状態にほぼ変化が見られなかったのに、金曜日に改めて見ると、一気に開花していた桜。

 

1〜2日で花の状態が大きく変わる。今の世の中の状況も同じかもしれないな、って思いました。

 

うつらない・うつさない、今日できることをしっかりとやる。今、自分ができることをしっかりとやっていこうと思います。笑顔で♪

 

皆様、こんにちは。

静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

人と会う約束、食事会、誕生会、工場見学、歌舞伎鑑賞.....

3月はけっこう色々な予定がキャンセルになってさびしい限りなのですが、それでも、「県外から御殿場への流入」ってことで見ると、人の動きが出てきつつあるなぁ、と肌で感じた週末でした。

 

3月15日(日)にアウトレットに行ったときは人出が多かったし、駐車場は県外ナンバーていーっぱいでした。

 

昨日(3月22日(日))は夕方、東名高速道路の上りが渋滞していました。

 

写真 2020-03-22 11 26 29_R.jpg

(水芭蕉の様子を見に行く)

 

今朝の朝礼でのフリート―クでも、沼津港が車でいっぱいだった、って話を聞きました。でも、沼津港内の敷地にある飲食店は人が半分くらいしか入ってなかったそうです。

 

レジャーには行くけど、飲食店への人出の戻りはこれからなのかな、というお話でした。

 

早く通常どおりに戻ると良いなぁ。

 

私はというと、あいかわらず人の気配のなさそうな自然の中はダイブしてます。

 

水芭蕉の様子を見に、「あまだトンボ池」に行ってみました。水芭蕉は.......

 

写真 2020-03-22 11 26 39_R.jpg

花はまだでした。

 

でも、先月行ったときと比べて葉っぱの数が増えました!

※前回行ったときの水芭蕉の様子はこちら!http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=1306

 

写真 2020-02-09 14 24 17_R.jpg

(↑↑↑2月の水芭蕉の様子。タケノコみたいに、葉っぱがすぼまっています)

 

今回は、背丈はそんなに変わってない気もするけど、葉っぱがだいぶ開いてきました!写真を比較するとよくわかります。

 

どんな経緯で御殿場市の深沢の地に水芭蕉がたくさん植えられているかというと、意外と最近のことでした。「あまだ里山の会」の看板が立ってあって、曰く、

 

「この水芭蕉は、尾瀬片品村から取り寄せ平成15年から6年がかりで6枚の水田跡地に1100株植栽されたた」とのこと。植栽や草取りは「深沢花の会」の方たちの強力によるものだそうです。

 

3月下旬から4月上旬にかけて純白に花を咲かせるそうで、もうじきなので楽しみだなーー。でも、もう”3月下旬”にはなっているので、まだかな、なんて、待ち遠しすぎて気がせいています。

 

写真 2020-03-22 11 25 42_R.jpg

(ここが入り口。駐車場が出てまっすぐ歩くと「あまだ里山」のこの看板が出迎えてくれます)

 

 

写真 2020-03-22 11 27 29_R.jpg写真 2020-03-22 11 27 42_R.jpg写真 2020-03-22 11 27 49_R.jpg

水芭蕉はまだまだでしたが、春らしさ満点でしたー!黄色い花に.......

 

 

写真 2020-03-22 11 30 25_R.jpg

赤い実をつけた木も。水神様のすぐそばに生えている木です。

 

写真 2020-03-22 11 31 36_R.jpg

タンポポも3輪、4輪とぽつりぽつりと花を咲かせていました。

 

写真 2020-03-22 11 32 10_R.jpg

湿地帯には、セリ(たぶん)が群生!!!ぎっしりと生えています。

 

写真 2020-03-22 11 35 59_R.jpg写真 2020-03-22 11 35 10_R.jpg

ナズナ。白い可憐な花と葉っぱ。葉っぱは、意外と(!)地べたにはってるんですね。

 

写真 2020-03-22 11 38 24_R.jpg

フキ。手のひらにも満たないような小さなサイズで、わらわらとたくさん生えています。

 

 

写真 2020-03-22 11 38 53_R.jpg

黄色いスイセンも.......

 

写真 2020-03-22 11 38 49_R.jpg

茶色い風景の中でスッと一輪だけ咲いていました。

 

写真 2020-03-22 11 33 14_R.jpg

春がきたとはいえ、木々はまだまだ葉っぱを豊かにつけてはいません。

 

写真 2020-03-22 11 39 56_R.jpg写真 2020-03-22 11 40 59_R.jpg写真 2020-03-22 11 41 15_R.jpg

でも、モクレンの花(こぶしかもしれない・・・・)は、ぽこぽことたくさん花を咲かせていましたよ。遠くから見ると白いお花も、近寄って見るとオフホワイト。やや黄色がかっているというか、あたたかみのある白色でした。

 

写真 2020-03-22 11 52 49_R.jpg

桜の木も2本。どちらも満開に近かったですよ!

 

写真 2020-03-22 11 53 12_R.jpg

桜の木を見上げると、東名高速道路が通っているのが見えます。

 

写真 2020-03-22 11 53 49_R.jpg

花がぜんぶ下を向いて咲く濃いピンク色の桜。風がつよくて枝を上下にしならせていました。

 

写真 2020-03-22 11 43 46_R.jpg写真 2020-03-22 11 42 19_R.jpg

Kukka(クッカ)さんとこで買ったツナサンドを買ってベンチに座って食べました。

 

この日は家族連れの方たちが二組来ていました。学校が春休みかなぁ。あまだトンボ池は生き物もいるし、お花や木々も季節のものがたくさん楽しめるので、お子さんたちにとっても楽しい学習の場になりそうだなぁ〜。

 

写真 2020-03-22 11 17 44_R.jpg

そうそう。こちら、十字の園さんの敷地なのですが、お手洗いを開放してくれています(ただし、17時まで)!!!これはありがたい。太っ腹ですよね。

 

写真 2020-03-22 11 17 49_R.jpg

「あまだトンボ池」をご利用の方へという看板。ここから建物に入ると.......

 

写真 2020-03-22 11 23 38_R.jpg

入ってすぐ左側に、「スリッパをご利用ください」という案内があります。そう。十字の園さんの建物内は土足はNGですので、皆さん、スリッパをはいてからお手洗いに行きましょうー!

 

写真 2020-03-22 11 19 24_R.jpg

ちゃんと黄色いシールで「トンボ池利用者用」って貼られているので、どのスリッパを使えば良いのか、すごくわかりやすいです。お子さん用のスリッパもちゃんと用意されていました♪

 

ちょっと喉が渇いたな〜と自販機を探していたら、職員の方が親切に教えて下さいました。

 

アウトドアに行くとどうしても飲み物やお手洗いのことが気になっちゃいますが、あまだトンボ池に出かけるときは心配不要ですよ♪ただし、ここのお手洗いの利用は17時までですので、ご注意くださいね。

 

ちなみに。。。。。

 

この日の午後は富士霊園の階段を登りに行きました。

 

主人が「富士霊園の階段を登りに行きたい」と言うので、「どういうことだろう」と若干いぶかしく思っていたら、御殿場の方ならだれでも知っている富士霊園の一番奥の階段(約240段)のことでした。

 

写真 2020-03-22 16 13 38_R.jpg

 

このキツい、キツい階段を登りきると・・・・・・

 

写真 2020-03-22 15 53 24_R.jpg

こちらの景色!御殿場市や小山町が一望できます。

 

写真じゃわかりにくいのですが、仏舎利塔とアウトレットのホテルは遠くでも目立っていました。仏舎利塔は、あの白さのおかげか、御殿場市のどこにいても見つけやすいですね。

 

自然とたわむれた一日でした。

 

 

こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

今日は風が強かったですね〜!

朝、セットした髪が

玄関を出た瞬間に崩れました(笑)

 

こんな風が吹いた日は、

矢沢あいの『薄紅の嵐』という短編のマンガを思いだします。

 

もうずいぶん昔の、古いマンガ(80年代)だなぁ。

『NANA』が有名になるはるか前だし、

『天使なんかじゃない』よりも前。

 

とっくの昔に古本屋で売ってしまっているはずですが、

読んだ時の感触(!?)はしっかりと記憶しています。

 

写真 2020-03-19 12 17 21_R.jpg

庭の黄色いスイセンの咲きぐあいが、あいかわらず2輪で止まりました。手前と、奥と。大輪の花を咲かせた肥後椿が見事ですね。

 

写真 2020-03-19 12 17 54_R.jpg写真 2020-03-19 12 17 57_R.jpg

富士霊園のフキノトウも開いてまるでヒマワリのようになっていましたが、我が家の庭のフキノトウも開ききっていました。そばには、小さなフキが出ています。

 

そして.......

 

写真 2020-03-19 12 16 44_R.jpg

 

ついに花を咲かせずにいた梅の木があります。数日前から葉っぱが出てきちゃいました。梅はねぇ......、なかなか復活はむずかしいのかもしれません。

 

写真 2020-03-19 13 15 37_R.jpg

 

朝からずっと淡い青空に映えていた富士山。

部屋でお昼ごはん(昨日の晩御飯の残り)を食べているときに

ふっと窓の外を見遣ると、

笠雲をかぶっていました〜!

 

今日は風が強いから、

空模様もくるくるとめまぐるしく変化。

ご飯を食べている途中も、

空と富士山から目が離せませんでした(笑)。

 

夜半から雪が降りました。

お墓参りに行く日。

 

庭のスイセンはたくさん蕾をつけているけど

2輪咲いたところでストップ。

季節が止まっちゃったかのよう。

 

写真 2020-03-15 10 04 50_R.jpg

写真 2020-03-15 10 04 56_R.jpg

 

近所のお寺さんでは

濃いピンク色の花が咲いていました。

おそらく桜の一種だと思われます。

(ちがってたら、教えて下さい!)

 

写真 2020-03-15 11 17 34_R.jpg

 

写真 2020-03-15 11 17 40_R.jpg

 

富士霊園にベル(柴犬)も。

上からベルを撮影すると、

お足がみぃ〜〜〜じかく見えちゃって

とてもかわいすぎるのです(笑)。

 

写真 2020-03-15 11 56 53_R.jpg

写真 2020-03-15 11 55 28_R.jpg

 

 

小山町では降った雪がなかなか溶けなくて、

御殿場よりも気温もグッと下がっていて、

寒かったです。

 

写真 2020-03-15 11 56 12_R.jpg

 

犬は雪が好きであろうと、

団子にして、ぽんぽん投げたら、

雪を除けるんですよ。

 

写真 2020-03-15 11 56 51_R.jpg

 

う〜〜〜〜ん、

ちょっと野生の勘を忘れかけているベルです!

 

写真 2020-03-15 11 59 06_R.jpg

 

紅梅が花を咲かせていました。

 

写真 2020-03-15 12 00 38_R.jpg

 

たくさんの、開いたフキノトウが

こちらを向いていて、

まるで太陽みたいでした!

 

写真 2020-03-15 12 29 22_R.jpg

そして、帰り道に「リーテンリュカ」さんへ立ち寄りました。

 

そのときの食事の様子はこちらにてご紹介しております。

http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=1324

 

ローストビーフが絶品でしたよーー!

鹿肉のハンバーグも一口だけ食べさせてもらったけど(主人のぶんを)、

こちらも臭みがぜんぜんなくて、

ソースはしっかりめの味で、

非常においしかったです。

 

体に良いお食事を......というコンセプトで

元・看護師さんが経営されているお店です。

 

富士霊園からそんなに遠くないです。

そちら方面へ行かれたときは、

ぜひ立ち寄ってみてくださいね〜!

「これね、カンゾウって言うんだよ」

 

一緒に散歩中のこと。

道ばたにさりげなく生えている草をさして

義母が言いました。

 

写真 2020-03-13 17 12 18_R.jpg

 

甘草の新芽は味噌をつけて食べられること、

花をつけること、

漢方で使われていること、

 

.....なんてことを教えてくれました。

 

写真 2020-03-13 17 12 42_R.jpg

 

名前を覚えとかなくっちゃ、と、

 カンゾウ、カンゾウ、カンゾウ......

と、頭の中で繰り返し....


それでも忘れそうになるので、

「肝臓」と覚えることにしました(笑)。


肝臓、と覚えておいて

詳細は家に帰ってスマホで調べよう!

 と。


調べた結果、

 

甘草

 

というきれいな漢字があてられていました。

甘い草とかいて甘草(カンゾウ)。

 

写真 2020-03-13 17 12 32_R.jpg

 

またの名を「アマキ」とも。

さらに調べていくと、

「生薬界のオールラウンドプレーヤー」

って紹介しているWebサイトもあります。

 

写真 2020-03-14 11 13 56_R.jpg

(最近、飲んでいるダイエット茶)

 

甘草の名前の由来は、

字面からお察しのとおり、

根っこが甘いんだそうです。

 

いったん、甘草の存在を認識しちゃうと

あっちにも、こっちにも生えていることがわかってお散歩中は忙しかったです(笑)。

 

Inked写真 2020-03-14 11 14 03_LI_R.jpg

 

で、こちらは最近、ウェルシアで気に入って買っているお茶。


ダイエット茶で100種類のお茶が入っているというふれこみですが、「甘草」もしっかりと使われていました。

 

皆様、こんにちは!

静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

毎日のようにニュースから流れてくる情報は

バッドニュースばかり.....

そんなときは、普段よりも

より一層、野花を愛でたくなります!

 

 

ベル(柴犬)との散歩道、

黄色いスイセンが一斉にこちらを向いていました。

 

奥に写り込んでいるのも

黄色いお花。

 

 

「ん?桜かな?」

 

と一瞬、おもうほど薄紅色をまとっていました。

梅の花です。

 

今年見た梅の花の中で、

もっとも可憐な一輪だなぁ。

 

 

菜の花。

春は黄色いお花が多いですね。

菜の花、レンギョウ、ミモザ、スイセン.....。

 

 

ブロッコリーの花、なんてのもありますよ。

ブロッコリーがこんなに盛大に花を咲かせるなんて知ったのは今年初めてなんですけどね...

 

 

ちょうど夕暮れ時の富士山に出会えました。

写真には写っていないけど、

右側につるし雲かな?という雲が

マンボウのようにかかっていたので

明日の天気はあやしいです。

 

 

今日は今年初めてのツクシもたくさん見ることがでできした。

「ツクシ山だぁ」

・・・・なんて、

人様んちの野原を勝手に命名しちゃったりして(笑)。

 

 

夕陽にぼわっと浮かびあがる富士山。

印象派の絵画みたいです。

モネもこんなかすみを見て

「印象」を描いたのかな。

 

 

家に帰り着いたら、

開ききったふきのとうが

あちこちに生えていました。

 

また、来年♪

 

季節は確実に進んでいるのがわかりますね。

対峙する困難への取り組みももっと進んでいくかな。

 

世界が早く快方へむかいますように....

皆様、こんにちは。

静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

時之栖(御殿場市)の桜の花が

1週間くらい前から満開になりはじめて

今はちょっと葉っぱが出始めました。

 

P1160088_R.JPG

ソメイヨシノよりも濃い桜色。

さくら並木が100メートル以上にわたって続きます。

 

P1160086_R.JPG

鳥のつがいが、

桜の枝から枝へ移ると

枝が揺れる様子を眺めていました。

(きわめて絵本的な世界観(笑))

 

何度も何度も飛び移るので、

そのたびに枝が揺れるのですが、

一度だけ、揺れたひょうしに

桜の花びらがはらはらと

三角形状に散ってゆきました。

 

P1160090_R.JPGP1160091_R.JPG

近くのパン屋さんで

ミックスコーンを買って

車の中からお花見。

 

P1160087_R.JPG

 

時之栖の中を歩くのもおすすめ。

夜は夜で、光のイルミネーションがきれいでしたよ。

 

写真 2020-03-11 10 57 29_R.jpg

パン屋さんの入り口に
黄色のスイセンがいっぱい咲いていました。

 

うちはまだ3輪くらいしか咲いていない黄色いスイセン。

ここで見れました。うれしいなぁ。

 

♪そらまめ、菜の花、ホタルイカ♪

 

語呂が良いから、

何度でも口ずさんでしまいそうです。

 

「そらまめ」を「はまぐり」に替えても

語呂の良さはそのまま!

 

♪はまぐり、菜の花、ホタルイカ♪

 

最近、スーパーでじっくりと買い物しています。

家で過ごす時間が増えて、

楽しみの比重が家の中へとうつりました。

 

InkedP1160070_LI_R.jpg

 

この日もいつものように

アオキにて食べ物を買い求めます。

 

InkedP1160078_LI_R.jpg

 

そらまめは塩ゆでに。

ほっくりとゆであがっておいしかったな〜。

 

豆が苦手な主人ですら

ぱくぱく食べるほど。

 

P1160072_R.JPG

 

菜の花とホタルイカ。

ガーリックで炒めて前菜にしました。

そのままペペロンチーノにしても良いかな。

 

InkedP1160080_LI_R.jpg

 

さや豆はお味噌汁に入れていろどりに。

余ったのかこれからゆでてマヨネーズ和えにします。

 

InkedP1160084_LI_R.jpgP1160074_R.JPGP1160075_R.JPG

 

うるい。

白味噌をつけて

そのまま生で食べました。

 

かんたんで、ちょっと物珍しくって、

安くて、おいしくて。

新鮮なものはそのまま生で食べても美味。

思わぬ発見でした。

 

InkedP1160071_LI_R.jpg

 

玉子でつつまれた風情が、

手作り感あふれていたので、

ついつい手に取ってしまった....

 

そしてこれがおいしかったぁ〜。

これは、また次に行ったときも買いたいな〜。

 

InkedP1160083_LI_R.jpgP1160073_R.JPG

 

4割引きを次々と買い込んで、、、、、

 

P1160077_R.JPG

 

ゆずの果汁も。

サラダにお刺身、豆腐にうどん。

何にでも振りかけたいなぁ。

うどんにはスダチの果汁をかけてもおいしいですねぇ

 

P1160076_R.JPG

 

そして、たくさんのごまどうふを買い込みました。

 

食べ比べを。

 

以前にも食べ比べた結果、

左の「永平寺」が一番好きでした。

 

今回、あらためて食べ比べをしてみましたが、

真ん中の大きい正方形の胡麻豆腐もおいしいなぁ、と。

 

ちなみに、添付されている味噌だれをつけて食べるのもアリですが、

わさびをちょんちょんとのせて、

しょうゆをたらりとかけて食べるのもおいしい♪

 

P1160082_R.JPG

色が白くてきれいな、レンコン。

 

切って、酢水にさらして

豚ひき肉や生姜と炒め合わせて

保存食にしようと思います。

 

・・・・・と、今週のお買い物はこのような感じ♪

いつも、こんな感じですけどね。

 

アオキでじっくりとおいしいものを探すのが

今の楽しみになりつつあります♪

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

毎年、この時期(2月)にお稲荷さんにまつわる行事を執り行います。年によって初午だったり、また、初午に都合が合わなければ二の午(にのうま)だったり。

 

今年は事務所の営業日の都合もあって二の午に執り行うことにしました。

 

薄い色紙を5色並べて糊で張り合わせ、細長い幟を作るのですが、今年は早々と1月のおわりごろに色紙を用意しておきました。この用意が早すぎたのがいけなかった(笑)。

 

直前まですっかりと準備のことを忘れていて、前日の夕方になって思い出しました!!!

 

写真 2020-02-20 17 41 07_R.jpg

(二の午の前日は、のんびりとルワンダ産の豆でコーヒーを飲んでおりました)

 

あわてて、夜の事務所を開けて粛々と準備をすすめます。

 

写真 2020-02-20 19 04 51_R.jpg

 

静かな事務所で、ひとりで筆を握って「正一位稲荷大明神」と幟(のぼり)に書きます。

 

昔、書道をやってました。

 

最初は親に行けと言われて、近所の書道教室に通っていました。そのうち、その先生が遠くへ引っ越すということで、テンポラリーで崖のようなところを登らないとたどり着けないようなおうちに習いに行っていました。

 

写真 2020-02-21 9 51 38_R.jpg

 

福岡を離れてからは、15年近く、一度も筆を握ったことがありませんでしたが、嫁いでからです。年に一度、初午や二の午の幟の字を書くようになりました。

 

思いだすのは、30年前の書道教室の先生の声。

 

「はい、スッと。

気持ちもつなげて!」

 

気持ちが途切れると、筆はこびも途切れる。

 

写真 2020-02-21 9 52 20_R.jpg

 

二度書きしない!

 

そう、納得いかない出来ばえのときに、上書きしたり、書き足したりしない。

そんな修正は絶対にダメ!

6歳とか7歳とか、その年齢のころに「二度書きはダメ!」と厳しく教え込まれたので、

「うまくいかなかったときに

ごまかそうとするのはダメ」

というのを、なんとなく体で覚えたような気がします。

 

写真 2020-02-21 9 54 20_R.jpg

 

朝露を採取して、それで墨を擦って墨汁を作る。

昔の人たちは、そうしていたんだよ。

って教わりました。

 

墨を擦るのは、教室で毎週やっていましたが、

水道水を使っていました。

 

写真 2020-02-21 10 17 53_R.jpg

 

日常生活で、朝露を採取するってことがなくて、

ましてや、町の子だったので、朝露が取れるほどの草むらもない。

そんな中で、夏の書道合宿のときだったかな〜、

朝露で一度だけ、お姉さんたちと墨をすった記憶があります。

 

写真 2020-02-21 9 55 37_R.jpg

 

神社の中の書道教室の先生も、

そのうち、神社での教室をやめて

遠くの町の自宅で書道教室をやるとのこと。

 

中学校か、高校か、そのくらいのころから

バスに乗って通っていました。

 

今もお元気かなぁ。

 

写真 2020-02-21 10 18 02_R.jpg

 

二の午は、鯛(たい)、お赤飯、

あぶらあげ、お蜜柑、

いちご大福、お酒、

甘味などなど、新旧様々なごちそうをお供えして

無事に執り行われました。

 

写真 2020-02-21 10 04 33_R.jpg

 

今年はあたたかい冬です。

初午も、二の午も、フキノトウが

庭にぽこぽこ ぽこぽこ生えてました。

 

写真 2020-02-21 12 39 13_R.jpg

 

白梅も。

とある枝だけ花をつけています。

こちらもぽこぽこ。

和菓子の意匠にしたくなった昔の人の気持ちがわかるくらい、

かわいらしい見た目です。

とくに、梅のつぼみ。

 

今年の二の午は、このような季節感のなかで

無事にとりおこなわれました。

 

商売繁盛。

 

静かにそれだけを願って

春を待ちます。(もうだいぶ来てるけど!)

 

 

皆様、こんにちは。静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

この土曜日から3日間ほど風の強い日が続いていますね。わりかし暖かかったのですが、今日は夕方あたりから急激に気温が下がってきました。風も強くて、体感温度が。。。。

 

そんな日は春が来る話をしましょう!

 

写真 2020-02-09 10 22 35_R.jpg写真 2020-02-09 14 23 18_R.jpg

 

富士山がきれいに見える日曜日、あまだ里山へ行ってきました。ここに初めて来たのは去年の初夏。それ以来、義母を連れてきたり、主人を連れてきたり、定期的にお散歩へ来るようになりました。

 

早春には水芭蕉が咲くとのことで、見に行ってみました。そうしたら.......

 

写真 2020-02-09 14 24 17_R.jpg

 

水芭蕉の.........

 

写真 2020-02-09 14 25 07_R.jpg

 

新芽が育っていたよーーーーー!!!

 

 

写真 2020-02-09 14 29 18_R.jpg

 

しかも太陽光線がこの日はなんだか神々しくて、何枚撮ってもこのような光線が写り込みました。ありがたや♪

 

写真 2020-02-09 14 28 41_R.jpg

水芭蕉の新芽たちを右手に見ながら歩くと、今度は左手に水神様が現れます。深澤のこの辺りは水が豊かで湿地帯。だから水芭蕉が育つんだそうです。

 

写真 2020-02-09 14 31 45_R.jpg

桜の木には蕾(つぼみ)が付いていました。

 

写真 2020-02-09 14 34 05_R.jpg

写真 2020-02-09 14 36 30_R.jpg

あまんだとんぼ池の様子です。夏はここでホタルを見ることができるらしい。この日は、1羽の白鷺(しらさぎ)が優雅に獲物を狙っていました。

 

写真 2020-02-09 14 38 09_R.jpg

 

とんぼ池の中の水草からも、新芽が出ていました。ちょっとこの写真じゃわかりにくいかもしれませんが....。

 

写真 2020-02-09 14 55 12_R.jpg

 

こちらはたくさんの蕾(つぼみ)が。どんなお花が咲くのでしょう。次回来るのが楽しみになるなぁ。

 

 

写真 2020-02-09 14 56 11_R.jpg

 

そのお隣の木では、また別の種類の木が赤い実をつけていました。

 

昔、小学校6年生の国語の教科書で『赤い実はじけた』というタイトルのお話があったのを思いだしました。恋することを「赤い実はじけた」と表現した暗喩がとっても印象的で、話の内容や挿絵のディティールまでおぼえています。今の子たちも読んでいるのかなぁ〜?

 

写真 2020-02-09 14 57 08_R.jpg

写真が前後しますが、あまんだとんぼ池に降りていく階段。

 

今は、葉っぱが全部おちちゃっていますが、夏は木々たちが青々とした葉っぱを茂らせてくるので、もっと緑豊かな世界になります。

 

水芭蕉の花に出会えるまで、隔週くらいで通ってみようかと思います。

 

 

 

皆様、こんにちは。静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

昨日から「この冬一番の寒波がやって来る」と言われていますね。昨日(正確には今日ですが)の

 

寒波は夜中からもうはじまっていて、

真夜中に窓の外を開けると、

キィーーーンと音が聞こえてきそうなくらいでした

 

朝がやって来て、

休日だったのでぼんやりと家事をやって、

市内をぐるぐると。

 

写真 2020-02-05 15 09 59_R.jpg

アンドロワ・パレさんのマカロン。

 

写真以外の色もあったけど、

完全に気分は春だったせいか、

それっぽい色を選んでいますねぇ。

 

写真 2020-02-05 13 49 31_R.jpg

(もうチューリップが咲く季節なんですね〜)

 

色とりどりなだけでなく、味もいろいろ。

左から、フランボワーズ、オレンジ、パッション、抹茶でした。

 

昨日から今日にかけて、

事務所のティータイムのお供となりました。

 

写真 2020-02-05 13 50 53_R.jpg

 

ティータイムのマカロンを事務所に届けたあとは、

ツタヤ、カインズ、ユニクロ、フードストアあおき......

だいたいそんなところを買い物コーストして周ります。

 

今回は長島文宝堂にも立ち寄りました。

そろそろ初午の時期なので、

五色の幟を作る時に使う薄紙を買おうと思いまして。

 

薄くて、B4サイズの色紙を探していたのですが

なかなか店内で見当たらなかったのでお店の方に尋ねてみると

「あっ、五色の幟は専用の紙がありますよ」と教えてもらった♪

 

あった(笑)。

 

ちょっとわかりにくい場所(上方部)にありますので

見つからないときはお店の方に尋ねてみましょうー!

 

写真 2020-02-05 9 50 49_R.jpg

写真 2020-02-05 10 01 07_R.jpg

 

ばたばたしている中でも読書の時間は確保。

 

また、別記事であらためてご紹介しますが、

かなり良かった銀色夏生さんの最新エッセイ。

 

ちょっとクセの強い内容もあるのですが、

何かを生み出す人は、そゆとこがなくっちゃね〜と思わせるだけの無骨さがあって

「好きだなぁ」と感じました。

 

銀色夏生さんの本を読んだのは

これが初めてです。

 

写真 2020-02-05 9 50 56_R.jpg

 

カフェで銀色夏生さんの本を読んでいたら

「銀色夏生さんはカフェで読書ができない」趣旨の事が書かれてありました(笑)。

 

ほんとにぃ〜〜〜???って、

とっても意外だったのでびっくり!

 

「雑誌の記事の中のカフェが好きなんだ」って

ある日、気づいたそうですが

その感覚もとてもよくわかります。

 

写真 2020-02-05 8 22 02_R.jpg

 

たしかに、「カフェで読書」ってやつも、

「静けさ」とか、「音楽の波長が自分に合う」とか

いろいろと諸条件が必要ですもんね。

 

それらが全部そろって初めて、

快適に「カフェで読書」ができますもんね。

 

写真 2020-02-05 8 22 38_R.jpg

 

お休みのこの日は一日中、ずっと晴れていました。

 

朝は、まるで秋空のような雲が

白い絨毯みたいに、ふわふわ ふわふわ。

一見すると、うろこ雲みたいでした。

 

写真 2020-02-05 15 27 57_R.jpg

夕方前にベルをお散歩に連れ出すと

東の空にぽっかりと月がのぼっていました。

冬至に比べると日が長くなりましたねぇ

 

写真 2020-02-05 17 35 50_R.jpg

そして、こちらは日没時。

パレットごてんばの踏切をこえた東田中付近です。

 

まるで、絵本に描かれた景色のようですね。

私にはサバンナに見えました!

 

あっというまに終わった休日。

今日からまたバタバタを働いています。

 

もうすぐ週末ですね。

あともうちょっとがんばりましょーー!

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

昨日(2月2日)は、御殿場市議選の投票日でしたね。

前日まで選挙カーがたくさん通ったり、立候補者の方がご家族の方と手を振りながら歩いたり。

中には事務所を訪ねて下さる立候補者の方もいらっしゃいました。

 

今日は、もうそれがなくなり、いつもの日々に。

この静けさがちょっと寂しいような....。

 

そして、寂しいと言えば、こちらのお練りも明日からもう無くなるのです。

 

写真 2020-01-29 13 41 44_R.jpg

 

毎年、冬の御殿場になじみのある光景、「寒行(かんぎょう)」

 

東京のスーパー三徳の従業員の方々によって、

雨の日も、風の日も、雪の日も、毎日欠かさず執り行われます。

 

期間は、初日が暦上の”寒の入り(かんのいり)”と呼ばれる「小寒」の日、

最終日は「節分の日」のあいだです。

 

写真 2020-01-29 13 41 55_R.jpg

 

上半身は白装束に身を包み、ハチマキを締め、

手には小さな鼓を持って、

 

ぽんぽんぽん、ぽぽぽん、ぽん、ぽん、ぽぽぽん、.....

ぽんぽんぽん、ぽぽぽん、ぽん、ぽん、ぽぽぽん、.....

 

と、御殿場市内を練り歩きます。

 

御殿場市内を歩くときは、

いくつかのグループに分かれて歩いていますね。

車で市内を移動していると、それがよくわかりますね。

「あれ、さっきとは違うグループの方々だ!!」と。

 

写真 2020-02-03 17 13 54.jpg

 

節分の日の最終日は、

豆まきが執り行われます。

 

豆まきの掛け声は

 

「福は〜内、福は〜内、鬼は〜外」

 

!!!

 

今年も大きな掛け声とともに豆が撒かれ、

鬼が退治されました♪

 

写真 2020-02-03 12 14 20 (1)_R.jpg

 

福袋と破魔矢もいただきました。

 

福袋には、お豆(煎大豆)、どら焼き(仏舎利塔の焼印いり!)が入っています。

毎年恒例♪ありがたいことです。

 

そしてこちらはまた別件でいただきものを.....。

 

写真 2020-02-03 10 25 49_R.jpg

 

富士市の毘沙門天さんに行ってきたというスタッフさんからのお土産。

アオシマも今回、初めて知ったのですが

旧正月の7日〜9日(今年だと1月31日〜2月2日)に「毘沙門天大祭」というお祭が執り行われます。

 

毘沙門天大祭の公式HPによると......

 

「毘沙門天王」が娑婆に下られて親しく人々の願い事を聞いて下さるといわれています。

今では「毘沙門天大祭」として数十万人の人々で賑わっています。

このお祭りには全国からダルマ屋が店を出すことでも有名で

日本最大の「ダルマ市」としても知られています。

 

・・・とのことですーー!

 

富士市でそんなマーケットが行われているとは!

初めて知りました。

 

写真 2020-02-03 10 26 15_R.jpg

お土産に持ってきてくれたこちらの豆道楽がおいしかったーーー!!!

 

今日は月曜日でもありましたので

事務所はバタバタとしておりましたが、

朝から、富士山には変わった雲がかかっていましたねぇ。

 

写真 2020-02-03 8 05 54_R.jpg

午前8時ごろ〜9時までは、このようにマンボウのような雲(=吊るし雲)が。

 

そして、11時30分、仏舎利塔の寒行の方々をお迎えするのに外に出てみると・・・・・

 

写真 2020-02-03 11 26 50_R.jpg写真 2020-02-03 12 21 31_R.jpg

きれ〜〜〜〜な形に整った笠雲が出現していました!

 

写真 2020-02-03 12 21 43_R.jpg

 

笠雲もわりと長い時間かかっていて・・・・・・

 

写真 2020-02-03 12 50 02_R.jpg

 

ふたつの笠雲がひとつとなり........

 

写真 2020-02-03 13 07 14_R.jpg

 

どんどん大きくなり、最終的には横長の笠雲となりました。

 

このあと、真っ白い雲が大々的にかかるなかで、ホワイトonホワイトの状態でも笠雲がかかっていることが見て取れました。

(運転中だったので、写真を撮ることができず〜)

 

朝から午後まで、空の変化、雲の形、そして笠雲が富士山の山肌に投げかける影の形・・・・。

ずーーーーっと見ていても見飽きない。

そんな一日でした。

 

さぁ、明日から暦上では新春(=新年)。

良い一年にしていきましょうーー!

(もう、すでに良い状態だけど、さらに.....!!!)

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋純佳です。

 

今日から2月1日。ちょっと肌寒いですね。

 

1月は比較的、暖冬ぎみでしたが、2月は寒くなるとか.....

新型肺炎コロナウィルスの報道も各ニュース番組で報じられる時間が長くなってますね。

3日前あたりから、御殿場市内のドラッグストアでマスクが売り切れています。

 

そんな中でも、季節は確実にすすんでいます!

 

P1150963_R.JPG

 

庭にふきのとうがころころと生えていました。

 

数を数えてみると九つ。

例年より少なめです。

 

P1150964_R.JPG

 

これからまだまだ生えてくるかな〜。

それとも動物に食べられたかな〜?

はたまた去年、収穫し過ぎたか(笑)。

 

ふきのとうの天ぷらを食べたいところですが

今年はがまんして種を散布(!?)させようかな〜。

 

P1150970_R.JPG

 

いよいよ御殿場市議選の投票日が明日です。

4年に一度だそうです。

 

4年前は選挙が不要だったそうですが、

今年は21議席をあらそって25人が立候補。

 

P1150971_R.JPG

 

家のポストにも各候補者のチラシが入り

御殿場の街中で、選挙カーから元気な声が聞こえてきて、

選挙活動が活発だなぁ〜と思います。

 

せっかくご先祖さまたちが得てくれた国民の権利なので

明日はきちんと投票に行ってみようと思います。

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

今日は御殿場地区某所で「さいと焼き(どんど焼き)」が行われました。


しめ縄などの正月飾りや書初めを持ち寄って火をつけます。


書き初めは空高く舞うと字が上手になると言われていますね。今年は風が強いこともあって、書初めが瞬時に燃え盛り、灰となって空高く舞っていましたよ〜。

 

P1150251_R.JPG

 

御殿場のどんど焼きの特徴は呼び名が「さいと焼き」であることと、それが行われる場所が神社ではなくて田んぼの中であることです。

 

P1150267_R.JPG

 

田んぼで行われるさいと焼きは、ほっぺたに熱い風を感じ、高く上がる火柱を見ながら、炎の爆ぜる大きな音を聞ける。これは、神社で行われるさいと焼きよりも、う〜〜〜んとダイナミックです。

 

P1150284_R.JPG

P1150279_R.JPG

(ここまで近寄っただけで、けっこう熱い)

 

昔は炎の中に道祖神を入れていたという説もありますが、今はあまり行われていないようですね。

 

今年は現場に到着するのが遅くなってしまい、14時15分くらいでしたが、もうほとんどが焼け落ちていました。


シュールだったのが、てっぺんにいた達磨が、本来は赤色のはずが、真っ黒に焼け焦げて焼け落ちていました。

 

P1150257_R.JPG

 

「だるまが半分だよ〜」


というお子さんの声につられて見上げてみると、ほんとうだぁ.....


達磨の後ろ半分がなくなっていました。

 

P1150254_R.JPG

(うしろ半分が焼けてしまった達磨の姿....)

 

今年は風が強いせいで、バチバチッと炎のはぜる音が大きかったなぁ。「おぉ」と驚いた声があちこちから上がっていましたよ。

 

P1150297_R.JPG

P1150299_R.JPG

(書き初めを入れて⇒燃え盛るまで、わずか数秒)

 

書初めは燃え方が速かったですね。火に入れた瞬間、ぱぁぁっと燃え盛って灰となり散っていきます。


字が上手くなるといいなぁ〜^ ^

 

P1150287_R.JPG

(天高く掲げるかのように、竿の先に付けられたお団子)

 

しばらくすると(14時30分くらい?)、近所の方たちが竿のさきにお団子やマシュマロをくっつけて歩いてこられました。


さいと焼きの炎で焼いて食べると病気にならないという言い伝えがあります。

 

P1150265_R.JPG

(たくさんの人が集まっています♪)

 

カメラを引いてみるとこんな感じ。人がたくさん集まっています。みんなでさいと焼きの準備をして、参加して、片付けて、、、毎年欠かさずに営まれる季節の行事。


今年は、私以外にも一眼レフを構えた方が3人いらっしゃいました。そのうち一人は、おそらく公式の広報の方なのか、腕章されていました。

 

P1150293_R.JPG

(竹をくべて火を絶やさないようにしてくださる男性陣)

 

今年は2名の女性の方が、お盆の上にお菓子をのせて配っておられました。私にも「良かったらどうぞー」なんて声をかけてくださって、おせんべいを1枚頂きました。

 

一人で参加している身としては、このお菓子を配ってくださる方との挨拶が唯一の交流(笑)。心がほっこりする。ありがたいです。

 

P1150311_R.JPG

私はここからの、この景色が好き!

 

ここは御殿場地区ですが、左側にもっと遠くに広がるのは高根地区、右側(写真には写ってないけど)は深澤地区です。

 

高根と言えば、高根のでは厄年の人がいる家庭が「うちの厄をもらって」という意味合いでお菓子を配るそうです。みんなでその人の厄をうすめる、っていう感覚。おもしろいですね。厄年のご本人も「一人じゃないぞ」って心強くなりますもんね。


おせち料理は、毎年そんなに変わり映えしません。

 

何度か作ったことがあるものが....

たたきごぼう、竜眼巻き、八幡巻き、

お多福豆の抹茶揚げ、胡麻なます

 

今年初めて挑戦したのが.....

岩石巻き、ぴりから蓮根、伊達巻

 

そして、既製品なのが.....

黒豆、栗きんとん、かまぼこ

 

主人が作ったものが

ローストビーフ

 

店舗スタッフさんが作ってくれたのが....

サーモンマリネ

 

でした。

 

写真 2020-01-01 9 18 50_R.jpgP1150203_R.JPGP1150206_R.JPGP1150207_R.JPGP1150208_R.JPGP1150213_R.JPG

 

 

毎年、元旦の朝に詰め合わせるのですが、

元旦の朝は何かとバタバタしているので、

来年は、そこが課題です

(・・・って、完全に備忘録的なブログになっているwwww)

 

 

写真 2020-01-01 10 03 40_R.jpg写真 2020-01-01 9 55 44_R.jpgP1150235_R.JPGP1150234_R.JPGP1150233_R.JPGP1150230_R.JPGP1150229_R.JPGP1150225_R.JPGP1150240_R.JPG

ちなみに、この竜眼巻きは......

 

 

P1150202_R.JPG

カットする前はこのような感じです。

真ん中あたりをカットして

うずらの卵の中心部分が見えるようにカットします。

 

P1150241_R.JPG

毎年、一番人気の八幡巻き。

毎年、巻きつけに失敗してるけど。

どうやったらキレイな市松模様になるのかな〜。

 

ちなみに八幡巻きをカットする前は......

 

P1150201_R.JPG

このような感じで保存されます。

はじっこを切り落とし、

真ん中をカットします。

 

P1150243_R.JPG

栗きんとんは.......

 

P1150216_R.JPG

アオキで既製品を買いました!

 

P1150246_R.JPG

年神様へのお供え物。

 

 

P1150247_R.JPG

参拝のあと、人間もいただきます。

お雑煮。

吸い口は柚子の皮です。

 

P1150250_R.JPG

 

御殿場で迎えるお正月は、

毎年、晴れ。

今年も良いお天気にめぐまれました。

 

遅ればせながら....新年あけましておめでとうございます。

 

皆様、お正月、いかがお過ごしでしょうか?お正月三が日は晴天に恵まれた一日でしたね!

 

今日(1月4日)から仕事始めの方もいらっしゃるかな?コンビニやドラッグストア、そして御殿場プレミアムアウトレットなどにお勤めの方は、「元旦から働いております」という方も多いですよね。ほんとうにお疲れ様です。そしてありがとうございます"(-""-)"

 

P1150178_R.JPG

P1150179_R.JPG

写真 2019-12-31 23 59 44_R.jpg

(駐車場に車を停めて降りたら、満天の星空でした〜)

 

アオシマの新年は、お寺さんと氏神様への初詣から始まりました。仏教と神道へ同日にお参り。

 

写真 2020-01-01 0 07 13_R.jpg

(仏様)

 

お寺さんでは、焚火も起こして下さってました。甘酒(絶品!私だけ日本酒を混ぜて飲ませてもらいました)

 

写真 2020-01-01 0 02 22_R.jpg

(絶品だったお寺さんの甘酒)

 

お寺さんのあとには、氏神様である吾妻神社、そして高尾山の参拝へ行ってきました。

 

P1150193_R.JPG

P1150182_R.JPG

 

ホッとくつろげるお寺さんとは違って、神社には独特な緊張感があります。不思議な力にとりつつまれる空気感というか....。だから、ひとりで行くときはちょっぴり緊張します。

 

写真 2020-01-01 0 24 57_R.jpg

 

この日は、例によって焼き餅も頂きましたし(毎年、ありがとうございます)、婦人会の皆様による甘酒もふるまわれ、賑やかだったのでホッとしましたけどね(#^^#)

 

P1150187_R.JPG

 

焚火に当たっていたら、知らないおじさんが「昔から、火に当たれど人に当たるな、って言うからねぇ〜。ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ」って笑っていました。なるほどーーー♪と思うと同時に、「ん?そんな諺ってあったけな?」と思って調べてみましたが、見当たらず。

 

きっと、あのおじさんの中で大切にしている格言なのかもしれません。良い言葉を効かせてもらいました。でも、誰だったんだろう・・・(笑)。

 

P1150190_R.JPG

 

神仏習合の初詣という、ザ・ジャパニーズな慣習に従った新年。朝起きたら、富士山の左側を2基の気球が飛んでいました!!!

 

P1150195_R.JPG

P1150197_R.JPG

 

これって、毎年、元旦に飛んでたっけ?3日じゃなかった?と。でも、嬉しくなりましたよー。だって、気球が見えると、誰しもがウキウキしますよね。特に、虹色の気球は毎年飛んでいる気がするなぁ。好きなんですよね。

 

P1150196_R.JPG

 

虹色の気球。「夢」とか「希望」とかっていう、ちょっと恥ずかしくなるような言葉も、飛んでいる虹色の気球を見ていると、素直に信じられるような気がします。

 

P1150199_R.JPG

 

気球を見ながら大忙しだったのが、冷蔵していた各種おせち料理を詰め合わせ。切ったり、ちぎったり、これが大変。1時間くらいはかかります。

 

写真 2020-01-01 9 18 50_R.jpg

写真 2020-01-01 10 03 40_R.jpg

(詰める前のタッパに入れられた様子・詰めた後の重箱の様子)

 

重箱の大きさにもよりますけどね。我が家はかなり小ぶりな重箱ですが、1時間はかかります。

 

午前中のうちに家の内外を参拝。

 

ここでも神仏習合です(笑)。仏壇⇒神棚⇒お稲荷さん⇒事務所の神棚と回って、商売繁盛と健康を祈願します。神様へのお供え物は野菜の炊き合わせを豆皿に。鏡餅もあわせてお供えします。

 

P1150240_R.JPG

 

おせち料理も今年、作ることができました。普段、忙しさにかまけて手抜き料理しかしてないため、「年末くらいは」と思って丁寧に料理をすることに。

 

P1150241_R.JPG

 

たたきごぼう、ごまなます、れんこんの炒め煮、大福豆の抹茶揚げ、竜眼巻き、八幡巻き、鰤の西京焼き、紅白のかまぼこ、田作り、お雑煮、etc

 

黒豆、栗きんとん、かまぼこ、伊達巻はスーパーで調達しました。(※伊達巻は2回作ったけど、失敗してしまって卵8個が無駄に.....。泣けますね)

 

お重に詰めて、余った分はそのままタッパに入れて冷蔵保尊。量的には、元旦から今朝(1月4日)のお昼ごはんどきくらいまでに食べ終える量でした。3日は外食したから正味3食3日間分かな。

 

P1150243_R.JPGP1150230_R.JPGP1150234_R.JPGP1150225_R.JPG

 

年末はスーパー各所が、野菜も練り物も肉も魚も俄然、値段を上げてくるので、泣く泣く高値で買いましたが、3日間をまかなえたと思えば、コスパ良しですね。イエイ!(なんとも昭和な掛け声「イエイ!」www)

 

写真 2020-01-01 18 41 01_R.jpg

こちらはサーモンマリネ。

 

毎年、元旦になると絶品の自家製サーモンマリネを持ってきてくれるMさん。今年もご来訪になりました。ほんとうにありがとうございます。写真は半分の量ですが、実際に作って持って来てくれたのはこの倍です。

 

毎年、レモンを刻んだのが入っていますが、今年は柚子(ドライ)でした。で、かぼすも実は絞られていたのだか。毎年、この量を作るのは本当に大変ですよね。でも、おせち料理が全て日本料理なので、こうやって洋風のおいしい一品があるととてもおいしい食卓になるのです。

 

ほんとうにありがとうございます!!!

 

写真 2020-01-01 17 10 20_R.jpg

そんなこんなで暮れゆく元旦の夕方。

 

朝から夕方までずっと富士山がキレイに見えていました。

 

写真 2020-01-02 13 15 31_R.jpg

 

そして2日は親戚マダムのご自宅へご挨拶に。

 

自家製のグレープフルーツゼリーとおいしいコーヒー。そして帝国ホテルの焼き菓子をいただきながら、今昔様々なお話を聞かせてもらえます。毎年、楽しみにしているこの時間。最近は神聖とすら思えてくるようになりました。

 

とりわけ今年は定めている業務的な目標もありますので、「がんばろう」と気持ちを引き締めることができました。

 

写真 2020-01-02 13 15 37_R.jpg

(自家製のグレープフルーツゼリー。こちらも毎年の楽しみです♪)

 

親戚マダムのおうちには大小さまざま絵画が飾ってあるのと、趣味の良い彫像がたくさんあります。年に一度だけ来ていますが、毎年、心に留まる美術品が違うのです(自分でも理由はわからないけど)。

 

エキゾチックな女性だったり、異国の地からやってきた彫像だったり。今年は、花売りのベトナム人女性の絵に魅かれました。力強いタッチで描かれていて。去年もこの場所にかけられていたはずの絵なのに、全然気づかなかったな〜。

 

写真 2020-01-02 15 03 01_R.jpg

 

ご挨拶のあとは、ひとりでゆるゆるとTSUTAYA(ツタヤ)まで往復歩きました。途中で荻原神社にお参り。朱色の鳥居に、御手水。

 

そうそう。御手水で感動的だったのが、真っ白な、そしてまっさらな布が二枚ほどありました。手を拭く用なのかな〜?

 

写真 2020-01-02 15 03 32_R.jpg

 

これね〜、ありがたい!御手水で手を濡らしたあと、すぐに拭かないと赤切れやしもやけの原因になっちゃうので、いつも「ちょろっと」しか手に水をかけなかったのです。

 

今年は暖冬とはいえ、この心遣いはうれしーーー♡って思いながら、手についた水をパンパン!と叩いて吸い取ってもらいました。

 

写真 2020-01-02 15 03 46_R.jpg

・・・・・とここまで書いて思ったけど、もし、手を拭く用でなかったら本当に申し訳ございません(焦)

 

写真 2020-01-02 15 04 19_R.jpg

(荻原神社にはお正月らしく、国旗が掲揚されていました)
 

TSUTAYAの行きがけには、凧(たこ)上げを見かけました。都市部で凧上げをしている人ってあんまり見ないのですが、御殿場では小学校の校庭や小さな公園で凧上げをしている姿を見かけます。空が広いかななんだろうなぁ〜。

 

写真 2020-01-02 15 05 25_R.jpg写真 2020-01-02 15 05 28_R.jpg

(荻原神社の賽銭箱の真上あたりにある大きな鈴。取って部分がカラフルでユニークでした♪こういうおもしろさは良いよね!)

 

写真 2020-01-02 15 59 54_R.jpg

 

TSUTAYAで夏目漱石の小説を買って帰りました。レモンイエロー色の壁を有した小学校(中学校かな?)の校舎が青空にキレイに映えていました。

 

新しい一年が始まりました。またこのブログも始動いたします。あいかわらず、こんな感じで(↑↑↑)で御殿場の風景やら、身辺におこるあれやこれやをアップしていますが、良かったらのぞきに来てくださいね。どうぞよろしくお願いいたします。

 

皆様にとって今年も良い一年でありますように。そして、笑顔の一年になりますように(#^.^#)

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

写真 2019-12-22 12 01 00_R.jpg

冬至の日の朝。

 

カーテンをから漏れてくる光の量が少なかったので、「今日は富士山が見えなさそうだなぁ」「今日はどんより曇りかなぁ」と思っていました。

 

どんより曇りだったけど、富士山はくっきり見えるという意外なお姿に嬉しくなりました。冬至という暦の区切りの日に富士山がちゃんと見えて、理由はないけど「良かったな」って思った!

 

 

写真 2019-12-22 9 19 42_R.jpg

 

ご存知の通り、冬至は一年のうちで一番日が短くて夜が長い日。

 

今年はなぜだか、何日も前から冬至の日が近づいてくるのを意識して過ごしていました。だから、当日はカボチャの煮物も用意したし、ゆず湯にも入りましたよ〜!

 

近所のスーパーマーケット「セルバ」で購入した入浴剤。

 

なんと、野菜売り場で入浴剤を見つけた!冬至の日ならではの光景でしょうかね。

 

この入浴剤の裏にこんな文章が綴られていました。

 

”この当時を境にまた陽が延びることから

太陽が生まれ変わる日であると

考えられていました”

 

「太陽が生まれ変わる」という発想がいいですよね。

 

今日は冬至が過ぎて一日目。これからの時期は、生まれ変わった太陽が明るい光を届ける時間がちょっとずつ長くなっていくのが嬉しいです。

 

写真 2019-12-22 18 47 21_R.jpg

夜ごはんに牡丹鍋。

 

狩りに出かけるというご近所さんが自らしとめたイノシシの肉を頂きました。味噌ベースの鍋にして食べました。臭みはなくて、さっぱり。脂のところは、上質なイベリコ豚の脂と似た甘味を感じることができましたよ〜。

 

写真 2019-12-22 19 58 57_R.jpg

食後はフィギュアスケート(男子フリー)の生中継を見ました。

 

いまどきのフィギュアスケートってすごいねぇ、技が終わるとすぐに技術点がわかるよねぇ、リンクを滑った軌跡と時速まで出るんだねぇ、などと言いながら御殿場のブレンドコーヒーを飲んで過ごしましたとさ。

 

これからの季節、厳寒の冬がやってくるのか、それとも暖冬のまま春になるのか・・・・・。ここまで、まだ一度も雪が降らないままの御殿場ですが、風邪をひかないように過ごしましょうね!

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

とてもとても冬とは思えない暖かい日が続いていますね。

 

昨晩、沼津の忘年会に参加した主人が終電で帰ってくるというので御殿場駅までお迎えに行きました。夜もふけてきた時間帯なのに、風が暖かいんですよ〜。もう、びっくりしちゃいました。夜になっても気温が下がらないという....。

 

「キュウリとコロッケしか食べてない」という主人は、帰宅後、ネギをたくさん散らした蕎麦をかきこんでいました。

 

写真 2019-12-09 15 16 40_R.jpg

かなりの大粒で、色もきれいだったこのお蜜柑は、事務所のスタッフさんが持ってきてくれました。甘くておいしくて、「小さいほうがおいしい」という蜜柑伝説を見事に覆してくれました。残念ながら産地はわからないとのこと〜(※頂き物のため)。

 

かなりたくさんの量が入っていたのですが、事務所の全員に人気で、1日半で無くなりましたー!

 

また、別の日には下仁田葱が我が家へやってきました。

 

写真 2019-12-10 20 23 26_R.jpg

すき焼きに。せっかくですからね。

 

てか、下仁田葱はスーパーでめったに見かけませんし、私にとっては和食屋さんで食べるハレの食材。それをおうちで食べられるんだからありがたいです。

 

頂き物のおすそ分けなのですが、「もらってすぐに土に埋めたんですけど、上が枯れちゃって〜」って言ってましたが、なるほど!新鮮さを保つために土に埋めるという生活の知恵を教わりました。

 

下仁田葱は、普通の葱よりもころんとしていて、白い部分の直径が太く、食感のしゃきしゃき具合や甘みも感じます。せっかくの下仁田葱をおいしく頂くべく、すき焼きのお肉を買いにあおきに行きました。

 

ついでにスープの素も買おうとしたら、この日が火曜日でポイント5倍DAYだったせいか、クラムチャウダー以外が売り切れていた〜〜〜!火曜日あるあるです。

 

写真 2019-11-28 20 12 54_R.jpg

(これは過去写真)

 

この3種類。

 

オニオンスープだけ5袋入っています。主人はオニオンスープとクラムチャウダー、私はコーンポタージュが好き。冬、もっと寒くなるとスープがほんとうにおいしくなるので、ストックを切らさないようにしなくっちゃ〜。

 

写真 2019-12-10 19 45 28_R.jpg

ひゃ〜〜!ここ1年くらい買っていない(=買えない)シャトーブリアンが4割引きでしたー!これも年に数回買うか否か、っていう頻度ですが、おいしく味わっています。

 

なんだが、とりとめのない内容になってしまいました。

 

昨夜は月あかりが椿の葉っぱを白くふちどっていました。今朝は青空で快晴!富士山もすっきり見えています。今日はこれから家事と仕事を終わらせて、セミナーに参加するために東京に行ってきます。良い一日でありますように〜♪

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

季節って、徐々に徐々に変わりゆくものだと認識していましたが、この数日で一気に冬枯れになったなぁ〜と感じます。

 

写真 2019-12-06 12 19 05_R.jpg

お庭の紅葉は、手前は黄色や黄緑色に、奥の木は赤く染まっています。モミジの木々は、紅葉するタイミングも、落葉のタイミングも木々によってまちまち。もう一枚も葉っぱがないモミジの木もあれば、まだまだ紅葉が楽しめる木もありますね。

 

ところが・・・・・

 

写真 2019-12-06 15 20 35_R.jpg写真 2019-12-06 15 20 55_R.jpg

写真 2019-12-06 15 33 09_R.jpg

写真 2019-12-06 15 34 45_R.jpg

 

おととい、家の周りをお散歩したとき、一気に冬枯れの景色が広がっていて唖然としました。「あれ?いつのまにすっかり冬になっちゃったんだろう?」って。

 

女の人と違って男の人が老け込むときは一瞬だ、というのを読んだことがありますが、自然も枯れていくときは一瞬なのかなぁ。なんだかわびしい気持ちで、あぜ道の小石をけりながらベル(柴犬)と一緒に帰ってきました。

 

写真 2019-12-06 15 42 16_R.jpg

 

花が咲いている様子を見受けられたのがこちら。ようやく見つけられた感じでした。ハルジオンかヒメジオンのどちらかです(たぶん)。

 

そして「あっ」と声にならないけど、のどの奥で「あっ」と言ってしまったのがコチラの光景を見たとき。

写真 2019-12-06 15 29 24_R.jpg

豊かに生い茂っていた木々がバッサリと。辺りには真新しいおがくずがまだ散らばっていたので、伐採されたばかりだったんでしょうね。

 

写真 2019-12-06 15 29 37_R.jpg写真 2019-12-06 15 29 44_R.jpg

年輪をのぞき込みます。

 

ゆうに私の年齢は超えている木々ばかりでした。当然ですが、木の種類によって木の断面も違うんですね(あたりまえだけどね)一番、見入ってしまった年輪の様子がこちら(↓↓↓)

 

写真 2019-12-06 15 29 55_R.jpg

幼少期、思春期、壮年期、老齢期......???

 

途中で年輪の幅が広くなってぐんぐん成長した時期があるのが見て取れます!このころは血気盛んな壮年期だったのか、思春期だったのか?

 

御殿場をお散歩していると、ときどき「あっ」とびっくりするときは、このように昨日まであった木々が伐採され、きれいさっぱりすること。

 

見通しが良くなって、明るくなることは嬉しいけど、あっさりとした変貌ぶりに一瞬、足が止まります。

 

写真 2019-12-06 15 30 48_R.jpg

そういえば、この日はヘリコプター(自衛隊のではなさそうだし、米軍でもなさそう)がずっと旋回していました。

 

同じところにずーーーーーーっととどまっては、また旋回。再び、同じところにずーーーーーっととどまる。

 

それを何回か繰り返した後、どこかへ飛んでいきました。

 

遠くからみるとヘリコプターがおたまじゃくしのように見えるので、ベルに引っ張られてハッとするまで、ついつい足を止めて見入ってしまいました。

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

[]

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM