魚のフライ

”ギャップ萌え”という言葉が、一時流行ったように、

思わぬギャップが、その人の魅力を増すとは言いますが・・・・

 

36歳、魚のフライを揚げたのが人生初!

 

というのはどうなんでしょうね・・・・(笑)。

 

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです(#^^#)

 

いやーーー、なんで、36歳までフライものを避けていたかというと

過去に、黒豆の抹茶揚げを揚げていて、

はねた油が、顔に命中したからです・・・・・(^-^;

 

それが、ちょっとしたトラウマになり、

揚げ物をしなくなりました。

 

しかし、この度・・・・

 

義理母のつくる揚げたての魚のフライをおいしさを一度味わってしまい、

もう、フライ人生から逃れられなくなりました。。。。
 

そこで・・・・・

カインズホームに行って花柄の(笑)フライパンを買うところから!

ちょっと深めの24センチのフライパンを買いましたー!

(使う油の量が少なくて済みますーーー!)

 


次々に揚げられていくイワシやカマスたち。

 

揚げたそばから、ハイボールと一緒にどんどん食べていきます。

 

まさに、義理母が言っているように

「揚げたてっていうだけで、それ自体がごちそう」

です。


ちょこん、と乗っかっている天かすの形がハート型♡

 

・・・・とか、そんなラブリーな気持ちも味わうひまなく、

とにかく、どんどん揚げていきました(笑)。

 

今度は、旬のアジフライもいいかな・・・・・♡

 

 

New year's resolution

皆さま、こんばんは。

ノドの悪化で、ほぼ声が出ない状態だった昨日から

だいぶ声が出るようになり、

 

「いらっしゃいませ」

「ありがとうございます」

 

・・・が、お客様にいえるようになって、

ありがたいなー、良かったなー、って

つくづく思えた一日でした。

 

さて!

 

タイトルにあるように

ちょこっと備忘録的に、おうちごはん&お弁当をメモしておきたいと思います。

 

おうちごはん&お弁当でいうと、

今年のNew year's resolutionが

 

お料理のクォリティをあげる!!!」

 

・・・ってことでした。

 

去年は、ひたすら

 

「お料理を毎日することに慣れる!」

「お弁当を毎日欠かさずつくることに慣れる!」

 

・・・・・と、そこに向かって走っていました。

 

特に2016年後半は、なかなか体力的にもつらかったのですが、

なんとか踏ん張って、欠かさずお弁当づくりを続けました。

 

でも、お料理の習慣を生活のなかに組み込むことだけで

実は精一杯!・・・・・って感じだった一年だったことは間違いありません。

 

そこで、2017年は、

 

「もっとおいしいものが作る」

 

そこをResolutionにしてみたのです。




(ごはんの上方=貝柱のたきこみごはん)

(ごはんの下方=白ご飯に京都の超おいしいちりめんじゃこを散らした)


(白ご飯なしの、健康メニュー)

(上段と下段で、完全にメニューがかぶってますけどね)

 



”豆皿朝ごはん”

 

そもそも、10年以上、朝ごはんを食べる習慣を失っていた私たちふたり。

婚約したときに

 

「朝ごはん食べる習慣がないんだよね」

 

っていう言葉を主人から聞いたとき、

 

「あぁ、この人とは、本当に縁があるんだなぁ」

 

って、つくづく思いました(笑)。

 

でも、今は、血糖値の上がり方のこととか含めて、

周りからのススメもあって、

朝ごはんをなるべく食べるようにしています。


#再び、お弁当写真に戻る

#さらにお弁当づくりは続く・・・・・

#玉子焼きの中にウィンナーを入れて失敗した

#そんなこともありますよね

 

 

こちらは、キノコのサワークリーム煮。

うまくできる確率が高いうえに、めちゃくちゃ簡単にできるので、

重宝しています。

 

「きのこ、エリンギ、しめじを切る。

ベーコンを切る。

それらを一緒にオリーブオイルで炒める。

しんなりしてきたら塩をふる。

サワークリームを入れる。

最後に味噌を溶く」

 

以上!!!

 

時間にして、10分もあればできちゃいます。

 

義理の両親にも、

得意顔で差し入れをしている今日このごろです(笑)。

 

備忘録的に書いてみました。

 

レシピ本のほとんどは、

飛田和緒さん、有元葉子さんの本。

 

作ってみて、かならずおいしくできるので、

このお二人のレシピには、

ほーーーんとに助けられています。

 

食べることは、すべての基本。

明日も一日、健康のために

ほっこりできるごはんづくりにチャレンジしていきます。

今日は出勤日。

昨日はお休みで、明日もお休みで、今日は出勤日です。

月の半ばに、会社のイベントがあるのでシフトが月初と月末に偏るのですー!

刑事(=主人)は、なんと17連勤!!

役員とはそういうこともあるのである!!と思う一方で、
家族としては健康面がやや心配です。


そんなときは、丁寧にとったお出汁とか、
魚介類を食べてもらうとか、
そういうことで体に力を入れてもらいましょうーーー!

ってことで、伊勢エビのガーリック焼きと、伊勢エビの塩ゆで。


(刑事が調理。ふふふふふふ)
カニ味噌ならぬ、伊勢エビ味噌。
スプーンですくって、ひと口ずつ、ひと口ずつ、味わいながらいただきました。


芹沢バラ園さんとこのパプリカ。

見た目がカラフルでかわいくて買いましたが、
口に入れてみて更にびっくり!
ほんとに糖度が高いーーーーっっ!


こんなに甘いパプリカ、初めてでした。

また、あのパプリカに巡り会いたいなーー。


お休みの日に家で過ごすと、スイーツ×コーヒーも。

このあとは読書×コーヒーへ。

明日は諸用で遠方へ行くので、読書の続きをバスに揺られながら。

寒くなったり、急に暑くなったり、とらえどころのない気候ですね。
どうか、体調など崩されませんように。。。


刑事のお料理が人気に。

一日中、激しい雨に見舞われました、御殿場です。

雨上がりのせいか、聞いたこともないような動物(鳥なのか、虫なのか不明)が鳴いています。


これを堺に、お天気が上り坂になるといいなぁ。。。。


さて!
このあいだ、Facebookに投稿してたくさんの「いいね!」を頂いたのが、
刑事のお料理写真でした!

Facebookに刑事のお料理を投稿したのは、備録的な意味での投稿だったため、

「さほど、「いいね!」は来ないだろう」

・・・と、予想していました。

ところが予想以上に「いいね!」を頂いたので、ブログでもシェアさせていただきますね。
これです。

さらに・・・・・・・



これもです。

普段はおっとりしている刑事が、ひとたびキッチンに立つと別人のように早く動きまわり、
あれよあれよと言う間に食事を作り上げていきます。

盛り付けのスピーディさと見栄えの良さは完全に刑事のほうが上手。
手の動きに迷いがないんですねぇ。。。

やはり、ファミレスできっちり4年間バイトした経験がここに影響してきているんだなぁー、と。

そして、サラダはもちろんのこと、ナスとひき肉のカレーが味が深くてほんとうにおいしかったぁー。

レシピ本なんて一冊も持ってない刑事。
スマホを頼りにしつつ、毎回のように、おいしいお料理をまとめあげてくるその技術に、
主婦はあせります(笑)。



夏野菜をたくさん頂きました

御殿場で過ごす初めての夏。
びっくりしていることが、この時期、色んな方からたくさんの夏野菜を頂いたことでした。
福岡で核家族で育ち、そのあとも東京や京都で一人暮らしをしていた身からすると、

「近所の人からお野菜をもらう」

という類の交流が、とっても嬉しいのです。

職場から、お客さまさら、親戚から、主人の知り合いから、
多種多様な夏野菜を頂いています。


ある日なんて、わずか一日で、ナス5本、ミニトマト2パック、ゴーヤが4本も増えました(笑)。

さらに、トウモロコシ、オレンジトマト、きゅうりが山ほどストックされていたり。。

で、多すぎるからと言って周りの方に配れないんですよね。

そもそも、お野菜の出どころが、その”周りの方”だったりしますし、
農家じゃない方を見つけたとしても、

「うちも○○さんとここらもらいすぎていて、余ってるの」

って言われちゃったり^^;

そんなわけで、義理母と一緒に夏野菜をひたすら食べましたー。




ゴーヤ+ツナマヨ+お醤油を少々。


こちらは、きゅうり、オレンジトマト、茹でトウモロコシ。

夏野菜って、一度にわっとできちゃうみたいで、
あちこちでお野菜交換会が^^。

ありがたいことです♪

おべんとう、つれづれ

毎日のおべんと作り^^


夏野菜をもらう機会が多くて、お弁当もベジ弁当みたくなってます。


究極はこちら。

↑↑↑↑↑
この日は、「今日までに食べないといけないトマト」があったので、
トマト一個分を入れました。
おかげで、玉子焼きとウィンナーはごはんコーナーへ追いやられています(笑)。




↑↑↑↑↑
こちらも同じく、「この日までに食べないといけないキュウリ」があった日のお弁当。

キュウリばかりで、
「ウリ系ばかりでお腹いっぱいになるのかなぁ」と不安でしたが、
これが意外と満腹になるんですね。

お弁当づくりをしてみての新たな発見でした^^


↑↑↑↑↑
こちらは、手前が夏野菜のオリーブオイル煮、奥が・・・・
またまたトマトまるまる一個分です^^;

ごはんには、味付けひき肉を混ぜ込んでいます。


↑↑↑↑↑
たまには白ごはんではなく、パンのことも。

清里で、おいしい十五穀米ブレッドに出会って、
ものすごーく大きかったのでお弁当に登場させ、おいしいうちに食べきりました。^^


↑↑↑↑↑
この日の朝は余裕があったことがうかがえます。
玉子焼きが丁寧に巻かれますね(笑)。


オクラのスターシェイプの断面はかわいいですねぇ。

「お弁当つくるの、毎日毎日、大変だね」

といわれますが、いつの間にか慣れました。


おべんとうを作るからこそ、食材をうまく回せるようになりましたし、
決められたサイズのおべんとう箱に詰めるので、食べ過ぎ防止にも役立っていて(爆)、
おべんとう生活が大好きです。

あ、御殿場広報の放送が始まりました。
もう6時半。

今日もおべんとう作りをはじめまーす^^

ごはんのこと、つれづれ


「さぁ、お弁当を盛り付けよう!」という時点で、
ご飯を炊き忘れたことに気づいてしまった朝。

そして、数分の余裕もない朝。

ということは、”サトウのごはん”をレンジでチンもする時間がない朝。

かと言って、”サトウのごはん”的なのを職場に持っていくのに抵抗がある朝。

さっき、タッパに詰めたブロッコリーを、冷蔵庫から取り出して・・・・・・


白ご飯スペースに、むりやりつめこみました。

既に、おかずのとこにブロッコリが入っていたにもかかわらず、
そんなことおかまいなしに、ブロッコリを敷きつめてやりました(笑)。

これを見たマダムスタッフからは、「斬新ね」というコメントをもらいつつも、

「最近は、ご飯の代わりにブロッコリを使うって、テレビでやってた」

との情報も!
(ネットで調べてみたら、渋谷のお弁当屋さんのことかなぁ〜?)

ブロッコリーをお米代わりに使うと、ちょっとお高めになりますが、
体に良いので健康にはかえられませんね。


翌日は・・・・・

★オクラのスターシェイプの切り口。
夏になるとこれが恋しくなります。

★厚揚げ+柚子味噌
「季節感を大切にしたい」という信念をくつがえしてしまうほど柚子への愛が強いため(笑)、
柚子だけは、年から年中食べています。

★パプリカ
赤と黄が鮮やかなパプリカ炒め。
オリーブオイルを熱くして、ちゃんとした塩(少量で味わい深い塩)をふりながら炒めています。


晩ごはん。

いつも優しい義理の母が差し入れしてくれました。

★ズッキーニのチーズ焼き
★モロコいんげん+玉ねぎなどの煮物
★タコきゅうサラダ
(義理の母が作ると、かならず海鮮物が入るので栄養バランスが良くなるのです)

私は、
★キムチ豆腐
★カプレーゼ

を。
(※火を使ってない(笑)。。。)

そして、カプレーゼを義理の母に差し入れてみました。

自分たちのカプレーゼは適当に盛り付けましたが、
義理の母たちのぶんは、丁寧に、丁寧に、盛り付けましたっ。

いつも愛情たっぷりに、私たち夫婦のために、
あれこれ あれこれやってくれる義理の母への、せめてもの感謝です。

義理の母は、カプレーゼを見て、

「あら、おしゃれね」

と、ゆってくれました。

やっぱ、丁寧に盛り付けると、感じとってもらえるんだなぁ、と思いました。

うふふふふ^^

そして翌日の晩ごはん・・・・・・


★和牛のステーキ
★ブロッコリー&ベーコンのサラダ
★厚揚げ+柚子味噌orラー油

和牛は、マックスバリュにて1800円ほどのもの。

三嶋亭さん(京都)で買うお肉のように「絶品!」というわけにはいきませんでしたが、
いかんせん、普段が鶏肉 or 豚肉なので、1800円の牛肉でもおいしく感じました〜。

翌日は、刑事(=主人)から

「もう一度食べたい」

というリクエストが出たため、二日連続和牛のステーキにしました。


二日目はアメリカ産のお肉と食べ比べを楽しみましたっ!

お値段は3倍近く違うのですが、それぞれの美味しさに良いところがあるなぁ、って、改めて思いました。

さぁ〜て、今夜のおかずは何にしよう?

豆腐を味わう

夜になると、冷んやりしてくる御殿場です。

そのままの気温でひと晩ねむると、カゼをひきそうになるので、
ベッドのそばの掛け布団は欠かせません。

昨日のおべんとうに、久しぶりにお豆腐を入れてみました。


一番上にある白いバーみたいなのが、絹豆腐。

「前の晩からね、絹豆腐に重しを置いて水抜きしとくと、しっかりした食べ応えになるんだよー」

と、言うと、

「木綿豆腐買ったら?」

なんて刑事(=主人)は言うわけです。

ダメなんですーー、
木綿豆腐じゃ、ダメなんですーー、
表面までしっとりした食感は絹豆腐じゃなきゃダメなんですーー、

と、しばし自己主張^^;


そういえば。

外国人からすると味のない(と、感じるらしい)豆腐を、
日本人が「美味しい」というのが不思議なようですね。

個人差があるにせよ、日本人の持つ味覚は、
味の微妙な違いをきちんと感じ分けられる繊細さがすごいなぁ、と思います。

★モロコいんげん
★玉子焼き
★カラフルトマト(本当にそんな名前なのかわからないけど(笑))
★白ごはん+ふりかけ

なんかも入れてみました。


そして、唐突すぎますけど、二週間前の晩ご飯(笑)。

この日は、刑事(=主人)と二人だけの晩ごはんでしたが、
とりわけ楽しい食卓だったので、ふと思い出しました。

この日は、イセハラの白ワインをあけました。

さて、今日は休日。

家事をきちんと丁寧に、しかものんびりとやれるから嬉しいな。

シマツの良い女性

関西でよく耳にした、「シマツの良い」という言葉。
今でも、エッセイや雑誌でこの言葉を見聞すると、心がシャンとなります。

ずぼらな私は特に(笑)。

「シマツ(始末)の良い」というのは、無駄を出さないこと。

「足りないよりかはマシかな」と、ついつい多めにお野菜を買ってしまい、結果、傷んで捨てることになった、とか。
ピーマン4個入り袋を買ったことを忘れて、またピーマン4個入り袋を買ったりとか。

ありますよね、そういうこと^^;

おべんとうは、「今日までに食べないと傷むかなぁ」という食材を優先させて作ることになります!

★朝採れトマト
優しい義理母が、そっと文(ふみ)を添えて採ってきてくれたミニトマト。
冷蔵庫のなかで少し熟して、いっそう美味しくなっていましたー!
まぁ、たくさん入れすぎて、だいぶ斬新なおべんとうになりましたけどね^^;

★刻みキュウリ
暑いときは瓜科のお野菜を食べて、体のなかにこもる熱を下げます!

★ピーマンとキノコの炒めもん
みりんとお醤油で味付け。

★シュウマイ
はい、これは出来合いのものを買ったのに、余らせてしまいました。

★パン
お写真には写ってないのですが、義理母がくれた、東京のパン屋さんとこのパン(≧∇≦)。


(こちらは、また別の日のおべんとうです)

さて、明日はどんなおべんとうにしようかなぁ。(*^^*)



助けられています、晩ごはん^^

日中は暑かったのに、夜は急に涼しくて、
夜中になると少し寒いくらいな御殿場です。
あいかわらずタオルケットが手放せません。


この日は刑事とふたりで晩ごはんでした。

★フェタチーズ×トマトのオリーブオイルがけ
★渡辺ハム工房のプロシュート×きゅうり
★タコ&トマトのマリネ
★半熟煮玉子
★にんじんと玉ねぎのかき揚げ

偶然にも白ワインに合うアミューズが集まったので、
キリッと冷えた白ワインと合わせて飲みました。

この日は(この日も!?)義理母がお料理を差し入れてくれました。


タコ&トマトのマリネ。
ほーーーーんと、美味しくてびっくり!

あと、半熟煮玉子も義理母がつくってくれたものです。

そうそう。

義理母の食卓でいいなぁ、と思うのが、必ず海鮮ものが並んでいること。

めかぶ、わかめ、タコ、イカなんかが、サラダ・酢の物・お味噌汁として登場するんです。
体にいいものでいっぱいなんですよね。

ちなみに、★にんじんと玉ねぎのかき揚げは、刑事(=主人)がはりきってつくってくれました。
やさしい味がして、これもパクパクとすすみました。



おうちごはんVol.30 葉っぱがたくさん食べられるサラダ

刑事(=主人)の帰りは夜10時になることもしばしば。

我が家の晩ごはんは、いつも夜10時くらいです。

家の前が事務所なので、ごはんの支度を終えると、刑事の様子を見に行きます。

ガラス張りになっている扉をのぞくと、刑事(=主人)の後ろ姿、それも頭だけがポコン、と見えます。

ガラス戸をコンコンと叩いて刑事に手を振ることもあれば、
仕事のジャマにならぬよう、そぉっと立ち去ることも。

そんな刑事が今日は珍しく早く帰ってきましたー!

「おっ?!」

と嬉しく思っていたら、テレビで放送されているサッカーの試合が気になったみたいでした^^

試合を観戦しながらのおうちごはんは・・・

昨日のおうちごはん会で、W氏から教えてもらったサラダ。

「カマンベールをレンチンすると、野菜が無限に食べられるよ」

という言葉に「くぅ☆」となり、さっそく家でもやってみました。

サラダ菜、かりかりにしたベーコン、
トマト、レンジでチンしたカマンベールチーズ。

たったこれだけで、サラダ菜がもりもり食べられました。

ベーコンやカマンベールの塩気のおかげで、ドレッシングはおろか、調味料を何も加えなくてもおいしいサラダになるんですね。

ほんとに素晴らしいレシピを教えてもらいましたっ!


ズッキーニ、パプリカ、いんげん豆、茄子と夏野菜を使ってのマリネ。


クレープみたいに見えますが、だし巻き玉子。

ちょっと、出汁を入れすぎて味が濃くなっちゃいました^^;

あとは、焼き肉&白ごはんを〆にして幸せな夜ごはんが完了です。

おなかいっぱいになった刑事(=主人)が、

「4対1とかになると、なんか・・・・ハラハラしなくなってきた」

と、横でつぶやいています(笑)。

テレビで放送されているサッカーの試合、日本が優勢のようです。

ちりめんじゃこ

新居での生活が4日目に入りました。

毎朝、段ボールの壁のあいまを縫うようにして家を飛び出し、
毎晩、それらの段ボールをひと箱でも減らすべくガムテープをカットしている日々。

うず高く積み上げられた段ボールを見上げながらの生活ですが、
お台所しごとのほうは、少しずつ日常的に戻りつつあります。

ピーマンのきんぴら、たまご焼き、にくじゃが、スープ etc......

翌日のおべんとうになることを考えつつ作る分量を決めてゆき、ジップロックとタッパが大活躍!

そんななか、義理の母お手製のちりめんじゃこの和え物が登場しました。



刑事(=主人)も私も白ごはんが進んだなぁ。

今日も義理の母のお台所の魔法はとけることがなく、
焼きたて、炊きたて、作りたてがたくさん並んでいます。

いつも湯気でほわほわしたお台所。
うちもあんなお台所にしたいな。

さて、明日もがんばろう。

「時そば」

久しぶりに落語を聞きました。

聞いたのは、「時そば」という古い古いお噺。

あまりにも噺家さんのべらんめえ調がノっているので、
ぱちん、とスイッチが入って、あっというまに江戸時代へタイムスリップです。


(あっ、こちらのお蕎麦はJAがやっている「そば処」で食べたときのもの)

江戸っ子がお蕎麦を食べて、お勘定するときに、店主の前でお金を数えます。

「ひぃふぅみぃ よぅ いつむう ななやぁ・・・。今、何どきだい?(←時間を尋ねている)」

「へぇ、九つでぇい。」

「十、十一、十二・・・・」

・・・と、そば代をちょろまかすというお決まりのくだり。

夜な夜な、シャツにアイロンをかけながら、古典落語を楽しんでます^^

職場のお昼ごはんどき

お店で働いていると、交代で食事をするので、お昼ごはんは基本的に、一人ごはん。

ただ、今日のようにものすごーーーく珍しく、三人の食事のタイミングが重なりあうこともあります。

先に私が一階のレジのそばにある小さなお部屋で食べていたら、
あとのお二人がやってこられて、お弁当を食べ始めました。

流れ的に、

「間接照明だけを灯した暗いお部屋で過ごすと落ち着く」

という私のこだわりにおつきあいいただくこととなり、三人して暗がりのなかでお弁当を食べてみました(笑)。

さらには、低音量でバリ島の音楽を流しました。
(↑いつも私が聴いてる音楽)

「こういう飲食店ありますよね」
「暗い照明かと思ったけど、この中にいると意外と明るいね」

と、先輩がたにゆってはもらえたものの、自分の世界観を押しつけてしまって申し訳なかったナァ、と、反省しています。

(もう、誰も私とお昼ごはんを一緒に食べてくれなくなるかも。。。涙。)

さて、最近のお弁当事情。
わりとおおざっぱなお弁当ばかり作ってます。

でも、自分でつくると、減塩とか、野菜多めとか、調節できるので、やっぱりお弁当が好き。


ナスの田舎煮を冷蔵庫で冷やすとおいしいんだなぁー、と気づいた日のお弁当。


レタスチャーハンがメインとお弁当。
翌日こそ味がなじんでおいしかったレタスチャーハン。

明日から関西へ出張です。
お弁当とも、おうち仕事とも、しばらくサヨウナラ。

お洗濯ものも、山もり仕上げときました。おかげでソファの上に座れません。

みんなでお弁当食べたり、お茶のんだり、お仕事したり。
そういうことができる日々に感謝です。

明日も良い一日になりますように。

さぁ、今から荷造り。

おうちごはんVol.29 おやすみの日のごはん

皆さま、こんばんは。

昨日少し痛かったノドが、今朝になってひりひりする痛みに変わってきたので、あわててHACまで車をとばしました。

「ハレナース」を飲むと、飲んだ瞬間から楽になってびっくり!

HACの駐車場で、現代薬学に感謝しつつ一日が始まりました(笑)。

このところ、刑事(=主人)が仕事のため、家に不在です。

食事のしたくも、お洗濯も、いつもの半分の量だから、家事は楽なはずなのですが、しんみりとしてしまいますよね。

でも救われたのが、

初めて作ってみたレタスチャーハンがうまく作れたこと。

しかも簡単にできるんですね。
レタスをちぎるところから測っても、15分後には完成。

豚ロース肉を炒める→ご飯を炒める→レタスを加える

たったこれだけのプロセスで、調味料も塩、コショウ、オイスターソースとシンプル。

ご飯を食べたあとは、荒井園さんで買った新茶を飲みました。

急須のから茶碗に新茶が注がれると、とっても香りが良くて、思わずうっとり。


ノドは痛いし、刑事はいないけど、おいしいおうちごはんと新茶のおかげで良い休日を過ごせました。


おうちごはんVol.28 常備菜からなりたつおべんとう

昨日から急に寒くなって、今日もやや寒い御殿場ですね。

3月下旬〜4月に入ってのヒートテック着用は一歩まちがえると、大変。
まるで自分だけ常夏にいるかのごとく汗をかき、
「なぜ、朝、ヒートテックを選んだんだろう・・・」
と、一日中後悔するはめになりますよね(笑)。

今日は・・・正午12時現在でいうと、まだ大丈夫です。
長距離を走って暖房が効いてる建物に入るとアウトなので、気をつけなければ・・・。

さてさて。

最近、一日の台所しごととして、

「夜ごはんづくり→常備菜づくり→おべんとうづくり」

のリズムがようやくつかめてきましたー!

ときどき、刑事(=主人)が”料理つくりたいモード”になり、
しかも唐突に食材をたくさん買い込んでくるので、
キッチンにおいしそうな食材があふれることがあります(笑)。
そんなときは晩ご飯のあとに、たんたんと常備菜づくり。


これは、スクランブルエッグ以外は全て常備菜です!っていうおべんとう。


奥から

・ピーマンの炒め物(塩、みりん、お醤油のみで味付け)
・ゴボウと人参のきんぴら
・スクランブルエッグ
・マカロニサラダ

炭 炭水化物はマカロニサラダのマカロニ部分のみです(笑)。

これではお腹が空くだろうと、大粒の大豆が入った納豆も持参しましたー!

家族にこの納豆の熱烈なファンがいて、気づけば私もはまっていました、の「富士納豆」
いつも山梨の初狩SAで買っているようですー!

あと、御殿場本店のマダムスタッフに教えてもらったのが

「ヨーグルトをタッパに入れて持参する」

です。

大きめサイズのヨーグルトだと、4回分くらいとれますね!

これ、もちろん節約にもつながるのですが、食後のヨーグルトって満足度も上がって◎!

大きめサイズのヨーグルトをどんっ!と買って、果物を入れたり、ヨーグルト専用のピューレを入れたり。

さて。今日もおいしいものを食べて元気になろう〜〜っと♪

おうちごはんVol.27 御殿場生活になってからのお弁当

今日は雨の御殿場。
気温もぐーーーーーん、と低くなりました。

朝から他店舗からホワイトデーのお返しが大きな紙袋で届いて、
私は非該当者(バレンタインデーの当日は浜松店勤務でした〜)にもかかわらず、
真っ先ににお菓子に駆け寄り、嬉しさを表明。

「食べてもいいよ」とお言葉を頂いたので、
お昼やすみの食後のコーヒーのお供に頂きましたっ!

いやぁ、美味しいです、シャトレーゼのブッセ。
ゴルゴンゾーラ×はちみつが特に・・・!
(またそれは後日、レポートしまーす)

さてさて、こないだのお弁当。

ひさしぶりに好きなメニューを入れてみました!


ブロッコリーとじゃこのピリ辛炒め。
(押しつぶされてますね。笑)

レシピ本の、

”低温で鷹の爪を炒めて、辛味をじっくりと油に移す”

・・・・・ってな記述が実においしそうだったので、
私の中では高級食材と化しているちりめんじゃこを買ってきて、
絶対に失敗しないように丁寧に作りました♪


しらたきとたらこのピリ辛炒め

これも何度も作っているメニュー。
丁寧さに応えてくれるお料理なんです。

特に、フライパン上でしらたきの水分を飛ばす過程。
ここをちゃーーーんと踏むと、
あとは自動的においしく仕上がってくれます。

ほかには、野菜、野菜、野菜、と、茹でたり、炒めたりしてお野菜を調理して、詰めております。

明日は何を作ろうかな〜〜。

おうちごはんvol.26 しらす納豆キムチ丼

お仕事でへとへとになって帰ってきたときの強い味方になるフードがあります。

それは、わずか数分でできるヘルシーどんぶり!

今日は、お休みをいただいているので、
とくだん、ヘトヘトではないのですが(笑)、
このどんぶりの味がすっごく好きなので作ってみましたー。

写真にある具をほかほかご飯にのっけて、お醤油をくるりとかけるだけ。

【具材】
シラス
キムチ(刻んでおくと食べやすいです)
納豆
卵(黄身だけ!)
大葉

シラスがなければ、イカでもOK。
イカがなければ、マグロでとOKです。

カンタンで、栄養満点。

おうちごはんVol. 25 おそろいのお弁当

夫婦でおそろいのお弁当を持って、職場に行ってます。

最近は、刑事(主人)がキノコが好きって言うから、
キノコの炒めもんを多くしています。

改めて見ると、詰め方がおおざっぱ(笑)。

どんなにシンプルな中身でも、変わりばえしないメニュでも、
やっぱりお弁当が好き。
手作りのものを二人で食べる安心感があるから!

もっと常備菜を活用して、
速く作れるメニュのバリエーションを増やしたいです。

おうちごはんVol.24 おかずの量が多いお弁当

昨日のお弁当です。


手前の白菜はお手製のお漬物。
お酢とお塩につけて浅漬けしています。

しらたきのベーコン巻き、キノコの煮炒め、出汁巻なんかを詰めました。

そして、卵焼きの配置が斬新ですよね(笑)。
詰め方をもっと工夫しなくっちゃ〜!

今のところ、本格的な揚げ物をしない我が家。

お弁当の揚げ物だけは冷凍食品を使うことにしました。

今どきの冷凍食品って「自然解凍OKです」というものがあるんですね!

わざわざレンジで解凍しなくても、お弁当に入れているだけで解凍されるので便利!
夏のお弁当だと、保冷剤代わりにもなるみたいです。

いやぁ、便利な世の中になりました☆

・・・とはいえ、その利便性に頼ってばかりではいけないので、
どこかで踏ん切りをつけて、ちゃんと揚げ物にも挑戦しなくっちゃです!

おうちごはんVol.23 ハーブ入り玉子焼き


キリッとしたつめたくて気持ち良い空気のなか、出勤しました。

ハロウィンの翌朝まだ仮装状態で道を歩く方々も(笑)。

繁華街ならではの光景です。


ハーブ入りの玉子焼きを作ってみました。
今日は、スイートバジル。
昨日は、大葉。

ハーブは茹がかずに、サッと洗って、
荒く刻んで玉子焼きに入れてみました。

手前は、ベーコンとルッコラ炒め。
昨日、遠鉄ストアに行ったら、ルッコラがとっても安かったので、わしづかみ(笑)。
オリーブオイルで炒めただけ。

ごはんの量が3分の2しか入ってないのは、
食べかけで写真を撮ったわけではなくて、食べすぎ防止策のためです(笑)

おうちごはんVol.21 おべんとう箱ってすごい!

お昼ごはんは、自分でつくるお弁当が一番好きです。

今まで、タッパに詰めていましたが、
ついにお弁当箱を買いましたー!


驚いたのが、おべんと箱の収納力(!?)。

一見、細長く、小さく見えるのに、タッパより1.5倍の量が入るし、
お料理を詰めやすいし、
スリムだから勤め先の冷蔵庫を占拠しなくて済むし。

お弁当箱ってすごいんだなぁ、と思いました。

刑事のぶんはお弁当箱へ、私のぶんはタッパへ。

早く私もお弁当箱を買おうっと。

おうちごはんVol.20 お弁当づくり

5月下旬から働き始めて、初めてお弁当づくりを始めました。

最初のころは、タッパに詰めていました。



味付けひき肉(←豚肉をごま油で炒めてお醤油や酒で味付けしたもの)

ミニトマト(←買ってきただけ。笑。)

ツナマヨ(←自分で作るという概念がなかったのですが、やっぱ手作りのツナマヨは美味!)

また別の日にはカポナータを作ってみました。


大量に作っておけるし、夏野菜をたっぷりといただけるので、重宝する一品です。

好きな夏野菜とローリエをお鍋に入れて、オリーブオイルで煮込むだけ!
あとは冷蔵庫に入れてひたすら冷やせばカポナータが完成です。

おべんと作りを始めてから、新たな発見もありました。

↑↑↑こういうふうに、アルミホイルを仕切りにするよりも・・・・


レタスを仕切りにしたほうがおいしそうに見えること!

・・・・・・っていうふうに研究熱心にやっていましたが、浜松にやってきてからは、、、、、、

手軽に詰められるタッパに戻りました(笑)

実は、浜松に来てから一ヶ月半くらいはお弁当を作る体力がなくてしばらく外食でした。
でも、生活のリズムがつかめるようになってからはまたまたお弁当作りが復活☆
刑事のぶん&私のぶんと、二個のお弁当を作っています。

我が家のおべんとHistosy。
今後、どんなふうになるのかなー?

おうちごはんVol.19 アオシマ刑事がつくる


私の自炊の記録がおおい「おうちごほん」の記事。

今日はアオシマ刑事がつくるおうちごはんのご紹介です。

ほぼ、ご飯は私が担当ですが、たまに、疲労で脚がうごかなくなるときがありまして。

そんなときは、刑事が夜ご飯をつくってくれます。

ありがたや。
ほんとうに、ありがとうー!!

さて刑事。
大学生のころに調理のアルバイトをしていたため、
同時にディッシュアップすることが得意技だったりします。

この日は豚しゃぶ二種類を同時に仕上げてくれました。


まずは、白髪葱が味のアクセントになっている中華風の豚しゃぶ。
キュウリもみずみずしくって、ひんやりいただきました。


そして、トマト×豚しゃぶ。
キュッと冷やした夏野菜であれば、どんなお野菜でも豚しゃぶと合うんですよね。


浜松に行ってからも、ときどき夜ご飯づくりを担当してくれます。

盛岡冷麺。

盛岡冷麺の麺だけ無印良品で買ってきて、あとは具をお好みで、
切ったり、焼いたり、煮たりしたものをトッピングしていました。

こうやって、お料理好きな刑事が楽しんでキッチンに立ってくれてうれしいなぁ。

いつもありがとう!!

さぁて。。。

明日から週末デス。
販売のお仕事の場合、週末ががんばりどき☆

脚をセルフマッサージして、立ち仕事に備えて眠りにつきまーす!

おやすみなさいませ。

皆様もどうか良い週末を☆

おうちごはんVol.18 ロメインレタスのアレンジ

昨日の農(みのり)さんでの食のイベント
http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=191

そこで芹澤バラ園さんが作るロメインレタスを購入してきました。

ちょうどフランスからはるばると海を越えてやってきたクレープ生地があったので、
それに、くるくると巻いていただきました。

”作る”といっても巻くだけだし(笑)、すぐに食べ終えられますし、野菜も摂れますし、
おうちファーストフードとして最高です。


塩をぱらぱらと捲いて、オリーブオイルをササササ〜〜〜っとかけます。

味付けはこれだけ!

なので、塩とオリーブオイルは厳選した、ちょっと良いものを使うと◎!!!
(フードストアあおきで売っているもの)

なんどか、このクレープをつくり、いっぱいあったロメインレタスを美味しく食べきりました。
また来年、買えるといいな。


おうちごはんVOL.17 パンケーキ

昨日見えた富士山も、今日はまたまた雲の中に隠れてしまいました。

朝ごはんを食べる習慣がない我が家。
刑事は朝はコーヒーをのみながら、のんびり一服。
私はオレンジジュースを飲みながら、のんびりお洗濯もの。

それが日常です。

でも、たまには朝ごはんを食べてみるか、と思い立ちました。


パンケーキが巨大に焼きあがり、ワンプレートならぬ、ツープレートになっちゃいました(笑)。

パンケーキ、サラダ、昨日の残りのコーンポタージュ、トースト+ブルーベリー。
イチゴ。オレンジジュース。

ごちそうさまでした。

【追記】

まだネタが余っていたので、お昼ご飯にもパンケーキを焼いてみました。


朝と違って、バターがにゅるにゅる ・・・と、すべり落ちてゆきます。
ハチミツもいっしょに。

これまた、ごちそうさまでした!



おうちごはんVOL.16 朝ごはん、および昼ごはん

刑事は出張中のため、今日はひとりぼっちで起き上がりました。

お洗濯もひとりぶん、食事の支度もひとりぶん、食器洗いもひとりぶん、、、、

家事があっというまに終わるのはいいけど、なんだかぽっかりした感じ。


トーストにバターを塗って目玉焼きをトン、て乗せる朝食の定番。
そして、ピーマンを酒、みりん、醤油で炒め。
晩ご飯の定番を、朝、作ってしまいました(笑)。

そしてお昼ご飯はというと・・・・・

スクランブルエッグ、カリカリベーコン、トーストにオリーブオイル+塩

こっちを朝ごはんにしたほうが良かったんじゃないの?

って、今、ブログを書きながら思いました(笑)。

今日は、”食費出費ゼロDAY”に決めているので、このまま夜まで、冷蔵庫の中にあるものだけで頑張ります!



おうちごはんVOL.15 長芋ステーキ

昨日の夕方、クックパッドを見ていたら、長芋を皮ごとたべるレシピを見つけたので、俄然、つくってみたくなりました。

http://cookpad.com/recipe/1216434


長芋を皮ごと楽しめる一品。

塩コショウして、裏表を油で焼いてお醤油をたらすだけ。
お皿に盛ったら、マヨネーズとかつお節をかけて出来上がり〜。

長芋は薬膳料理のなかでよく登場するほど、カラダに良いお野菜で、
胃腸に優しいので、胃が弱い私には嬉しいお野菜です。

おうちごはんVol.14 御殿場の春を告げる野菜

「このあたり(=御殿場)では、春をつげる野菜なんですよ」

と言って、”とうな”という野菜のお浸しやお漬物をいただきました。

お漬物を、あったかいご飯に混ぜ込んでいただきました。

”とうな”のお漬物の混ぜごはん

菜っ葉自体がもつ味がしっかりと濃くて、このお漬物だけでお酒がすすみます。

実はこの”とうな”は、”水菜”という漢字を当てます。
(御殿場や周辺地域ではそうなんです)

皆さまは、お野菜で”水菜(みずな)”と言われると、
どんなお野菜を思い浮かべますか?

私が今まで思い浮かべていたのは、コチラでした。

(※上記のお写真は、下記のWebsiteよりおかりしました)http://www.natulife.jp/life/020_natugarden/2006_12_27_201106.php

先っぽがとんがっている葉っぱで、みずみずしく、しゃきしゃきした食感。
サラダに混ぜたり、鍋料理にいれてみたり、私も大好きな野菜のひとつです。

ところが、御殿場の”水菜”というと、”とうな”と読み、まったく別の植物のことを表します。
(別称”水かけ菜”)

(※上記のお写真は、下記のWebsiteよりおかりしました)
http://www.ja-shizuoka.or.jp/gotemba/mizuna.html

1月〜3月に収穫され、店頭に出回るのは2月〜3月下旬まで。
地元の方々は、お浸しやお漬物にして頂きますが、
各家庭で、「ウチはこれ!」っていうレシピがありそうだなぁ。

水菜(とうな)は、御殿場に住まなかったら、一生知ることのなかったお野菜かもしれません。
こんなに美味しいお野菜に出会えて、ほんとに良かったと思っています。

おひたしやお漬物以外の食べ方もあるのかなぁ?

おうちごはんVol.13 塩昆布ツナのバター醤油パスタ

おはようございます!

昨日の晩は、刑事が会合で留守の日。

この数日間、冷蔵庫が食材であふれていたため、日々「食費出費ゼロDAY」として
せっせとお料理する期間と決めていました。

そのため、同じ食材(=塩昆布)が、またまた登場です!


塩昆布+ツナ缶+バターに、茹で上がったパスタを混ぜて、最後にお醤油をたらしてできあがり。

レシピはクックパッドのとおりにしました。
http://cookpad.com/recipe/1231493

ほーーーんと、美味しい、このパスタ♪