皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

大阪の松竹座で歌舞伎を観て、しばらく歌舞伎モードになっていました。そんなときは、Youtube動画で歌舞伎関連のあれこれを視聴するのですが、先日、人間国宝の歌舞伎役者・坂東玉三郎さんがシンポジウム(かな?)の会場で、こんなことをおっしゃっていました。

 

IMG_E1017_R.JPG

《ヤマトヤ本部のスタッフNシダさんが午前5時から収穫したトウモコロシ。茹でてもってきてくれました〜》

 

「”行(ぎょう)”というものは、人生を大きく前に進めてくれるものだと思いますけど」。これを聞いたとき、おぉ〜〜!って思いました。

 

曰く、

 

お寺で、食事を毎日作る僧は一度も読経しなくても、全部読経した僧と同じ位(くらい)をもらえるんです

 

とのことでした。

 

IMG_E1024_R.JPG

《さっそくその日の夜から、いつもの手料理にひと手間かけるようにしたよね(笑)。あ、義母が似こんでくれたマグロ料理もあります》

 

日々のこと。お料理、洗濯、掃除・・・・・・

 

うっすらと、「これは良いことかもしれない」と感じていたことがありました。それは、早朝の掃き掃除。

 

夏の習慣なのですが、まだ涼しい時間帯のうちに、ヤマトヤの事務所と自宅前をホウキで掃いてしまうのです。

 

早朝だから誰もいない時間帯。ひとりで、シャッ、シャッ、シャッ、とリズミカルに掃いていると、一瞬だけなのですがフッと無になれる瞬間があって・・・・

 

そんなときは「今、心にも体にも良いことをしているんだろうな」と感じるんです。

 

IMG_E1032_R.JPG

 

それと同時に、こんな話も思い出します。ニューヨークに住む人たち(特にビジネスマン&ビジネスウーマン)は、掃除や洗濯は家事のプロに任せ、捻出した時間を使って自分をリフレッシュさせたり、さらなる高みを目指して仕事に打ち込んだりしている人が多いとのこと。

 

これはこれで、「仕事」という”行(ぎょう)”を積み重ねているんだなぁ〜と思います。

 

P1080624_R.JPG

《沖縄料理、イタリアン、日本独自で発達した洋食、ただのカット野菜(笑)。家で食事をするときのメニューは自由自在ですねー!》

 

それから私の友人に「料理がどうしても苦手」という人が少なからずいます。そういう人は、毎日外食できるだけの経済力を持つために仕事に打ち込んでいます。これもまた一つの”行(ぎょう)”ですね。

 

「お料理ができること=偉い事」ではなく、人それぞれ自分が選んだ道に責任を持って邁進する、ということなんだと思います。その人の本質によって、または選び取ったライフスタイルによって、何が”行(ぎょう)”なのかは様々ですね。

 

皆さんにとっての”行(ぎょう)”はどんなことですか?

 

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

先日、宝飾・宝石について学ぶセミナーを社内で開催。鑑定・鑑別の専門機関にお勤めの方を外部からお招きして、朝10時から夕方17時まで学んできました。

 

IMG_E9009_R.JPG

ヤマトヤ富士店のスタッフと浜松店のスタッフでお蕎麦屋さんへ。この面々で、お昼ご飯を食べるってかなり珍しいかも〜!最初で最後かも?っていうくらい珍しいメンバーで行きました(#^.^#)

 

IMG_E9007_R.JPG

天ぷらそば(1,050円)。

 

御殿場に引っ越してきたばかりのころ。「JAのお蕎麦屋さんっておいしいよ」って会う人、会う人がおっしゃるもんだから行ってみたらほんとうにさっぱりと雑味のない味でとっても気に入っています。ここのお蕎麦は自家製。お店の奥の方でお蕎麦を打っているそうです。

 

宝飾に関する確かな専門知識は、日々のブログ記事作成、SNSでの発信を日々行うときにベースになる大切なもの。学べて良かったなぁ、と感じています。学ぶ内容の基礎部分は変わらないのですが、宝石の最新情報が加味されて先生がお話されるので、出席しがいがありました。

 

さっそく・・・・・

▶▶▶『天然宝石と、人工生産物(合成石・人造石・模造石)の違い

 

・・・・という記事を書いてみましたっ!ご興味ある方はぜひご覧いただけると嬉しいです♪

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

先月、本屋さんでこんな本を見つけました!『靴磨きの本』。靴磨きが専門の方が世界大会で優勝されたという日本人の靴磨き職人の方、長谷川 裕也さんが書いた本。「世界一」という言葉に「すごいな」と思って興味がわきました。

 

IMG_8889_R.JPG

 

写真&簡潔な文章で、本格的な靴磨きの方法が紹介されていました。「磨きこまれた靴」というフレーズを見たり聞いたりすると、メンズの革靴を思い出します。

 

東京のビジネスマンの皆さまが革靴のつま先部分をピカッと光らせているあれ。あれを私もやりたくって(変な動機〜)。いざ実践!

IMG_8886_R.JPG

今回挑戦するのはこちらの靴!主人の革靴(スコッチグレイン。内羽根タイプの革靴)。ホコリや汚れ、キズが目立っていました。

 

この革靴を、本で紹介されているとおりに磨いてみました。

 

「馬の毛のブラシでホコリを払う⇒布で拭いてさらに汚れを取り除く⇒シュークリーム(お菓子じゃないですよ!)を塗りこむ⇒それを豚の毛ブラシで革になじまる⇒シャイニングクリームを塗る⇒水をちょっとだけ垂らして濡れた布で磨き上げる」

 

「シャイニングクリームを塗って、濡れた布で磨き上げる」は、今回は5回ほど繰り返してみました。

 

IMG_8888_R.JPG

磨き終わると、全体的に黒々としてツヤやか。目の錯覚もあるのか、つま先のキズも見えにくくなっています!!!ピカピカの靴によみがえりました〜。

 

本によると、靴磨きの工程は40分〜60分くらいかかるとのことでしたが私の場合は、やり方を本で確認しつつ、そして不慣れだったため、90分ほどかかりました〜!次は、力の入れ具合などをもっと的確にしたり、コツをつかんだりしながら、時間短縮に努めたいです♪

 

主人の靴を磨いたあとは、自分の靴(同じくスコッチグレインの革靴)を磨いてみましたが・・・・

IMG_8892_R.JPG

主人のスムースレザーの革靴(左)ほうが、ツヤピカになりやすいみたい・・・・。やりがいがあります(笑)。

 

ちなみに、今回使った靴磨きセットは銀座大賀靴工房×M.MOWBRAYのコラボ商品。社員さんが1年以上前にプレゼントしてくれたもの。立派なブラシや布、クリームが入っていました♪

 

靴磨きのお手入れは月一度が目安とのこと。また来月(梅雨だし)に行います(#^^#)

 

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったご覧くださいね!

 

昨日は、金曜プレミアムで「警察24時」をやっていましたねー。最近、めっきりテレビを観なくなりましたが、「警察24時」は大好きです。

 

皆さまは、ご覧になりますか?Facebookにこの記事を投稿してみたところ、意外にも「私も」的な方がいらっしゃいましたー!なんなら、「今、見てるよ〜」って方も。

 

家事などで見逃したところを、あとでじっくりと見返すために、録画もします〜(笑)。

《録画(笑)。え?録画まではしませんか?》

 

なぜ、『警察24時』が好きなのか?どこか良いのか?

 

ひとことで言うと「かっこいいから!」です。過酷な現場に違いないので、「かっこいい!」とか気軽に言ってはいけない気もするけど、この番組を見るとついつい「かっこいい」と思っちゃうんですよね。

 

知力も、体力も駆使して、なみなみならぬ緊張感が漂う現場で、怒号が飛びかう・・・そして、警察官たちの無駄のない動き!あー、やっぱり仕事に真剣に打ち込む姿はかっこいいな〜って。

 

私が毎日働いているヤマトヤ本部に、なみなみならぬ緊張感が走る瞬間と言えば・・・?佐川急便が、もう来ているのに猛スピードで出荷準備をするというシチュエーションでしょうか(笑)。

 

この違いをテレビ画面で目の当たりにしちゃうと、毎回、切なくなります(笑)。

 

でもね、「職業に貴賤なし」って言いますからね!ヤマトヤ本部にだって、ヤマトヤ本部ならではの意義があるんだもん!って思ってますけどねっ!

 

今日は短めブログですが、このへんで〜。また書きます(#^^#)

 

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったご覧くださいね!

 

基本的に健康体なのですが、34歳のときに緑内障が発覚しました。生死をおびやかす病気ではないので、気軽にお読みいただければ〜、と思います♪

 

40歳以上になると20人に1人が緑内障であると言われている疾患。ソースによって、〇〇人に1人、の〇〇は変動しますが、いずれにしても意外と多いんです。

 

ネットニュースで「自覚症状があるころには手遅れ」などの表現を見かけることもある緑内障。なるべく早く病院に行って治療を開始して、視野欠損部分の広がりをおさえたいところです。

 

実は、私の場合はめずらしく初期症状の段階で、自覚症状がありました。「こんな初期症状なのに、どうやって気づいたの?」と先生もびっくりして「どうやって気づいたの?」と聞かれたほど。

 

それは、スマホでやっていたキャンディクラッシュというゲームのおかげでした。冗談のように聞こえますが、本当です。

 

スマホの画面全体に描かれている全てのマス目を把握することが、ゲームクリアのポイントになるので、「画面の一部が見えない」ってところに意識がいったのかな・・・・・?

 

ある朝のこと。

 

ベッドに横たわって、右眼だけ開けてキャンディクラッシュをやっていました。「あれ・・・・・・?」。見えるマスと、見えないマスがあることに気づきました。「何でだろう・・・・・・?」

 

このとき、「右眼だけを開けていた」というのも自覚症状につながったのかもしれません。両眼で画面を見ていれば、片眼で見えない部を、もう片方の眼が補おうとするからです。

 

今度は、左目だけ開けて画面を見ると、画面全てがパーフェクトに見えます。もう一度、右眼だけ開けて画面を見ると・・・・・・・・。

 

やはり、マス目の一部が見えない・・・・。

 

イラストで表現すると、このような見え方です(↓↓↓)。

 

(そのときの視野のイメージ)

 

すぐに病院に行きました。2回通院して、視野検査や眼圧検査などを経ました。右眼の眼圧が高くて、視野も一部欠損していることが判明しました。

 

・緑内障は一生、向き合うことになる病気であること

・欠損した視野は戻らない。

・いかにして進行をゆるやかにするか、というのが治療内容になること

 

そんなことを話してくれました。淡々と、しかしゆっくりとしたあたたかみのある話し口調だったので、安心感が広がっていきました。

 

発症してからは毎日、眼圧を押さえる目薬を点眼して治療しています。将来的に不安になることはときどきありますが、日常生活に支障はないです。

 

「何十年も経ったら、医学が発達して緑内障も治っちゃうかも!」なんて、私にしては珍しく他力本願的な発想もしてしまいます(笑)。

 

40歳を超えると20人に1人は緑内障に・・・・ということも。どなたかお一人でもお役に立てれば〜と思って、自分のエピソードを書いてみました。ただ、34歳での発症は若すぎるらしく、「えっ!?その歳でもう!?」と、周りに驚かれたのはナイショです(笑)。

 

皆さま、こんにちは!御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、すみかです。

 

昨日の午前中は、ユニークな形の笠雲が富士山にかかりましたね!ご覧になりましたか?「仕事だったよ〜」「授業中だったよ〜」という方へ・・・・・

 

P1050404_R.JPG

《2018年2月10日午前中 御殿場市内》

 

私には、バームクーヘン(昔ながらのドイツの!)のように見えましたが、「ラピュタみたい」「綿菓子みたい」と形容する方もいらっしゃいましたー。なるほどね!どれも的確だなー。

 

いつもの笠雲だと、もっと笠らしい形をしています。菅笠(すげがさ。ベトナムの人がかぶっている、あの笠です)のような形。ところが、今日の笠雲は笠というより、帽子でした。

 

P1050402_R.JPG

《笠雲の周りには青空がすっきりと広がっていました》

 

「富士山が笠をかぶれば近いうちに雨がふる」という言い伝えのとおり、この写真を撮影した数時間後、雨が降りだしました。御殿場に住み始めて3年ほど経ちますが、笠雲がかかるとほとんどの確率で、そのあと雨が降ります。

 

どうしてなんだろう・・・・?と不思議に思って調べてみましたよ。

 

富士山に笠雲がかかっているということは・・・⇒上空に強い風が吹いている証拠&上空に湿った空気がある証拠 ⇒雲が発生しやすい条件が整っている ⇒周りの空にも雲ができてくる ⇒雨が降りやすい・・・

 

ということでした。意外とシンプルなメカニズムでした!

 

それよりもびっくりしたのが、笠雲は常に入れかわってるということ。本当かな〜、って、まだちょっと疑っているのですが(笑)、理屈としてはこうです。

 

山肌を吹き上げていった風と上空の湿った空気がミックスされて、富士山の山頂で雲が発生する。吹きあがった風が、富士山の山肌をつたわって吹き下ろされるところ(=風下)で雲が消える。これが、ずっと繰り返されている、って言うんです。

 

一見、同じ雲がずっとそこにあるように見えますが、実はすごいスピードで雲の実体は入れ替わっているということ???なんだか、人間の体のようでびっくりしました。

 

そうそう・・・・

 

久しぶりに、「いいね!」をたくさん頂けたり、リツイートしていただけて、嬉しかったです!富士山の笠雲は人気だなぁ。

明日は立春以降、初めてやってくる「午の日」。そう、初午です!

 

皆さまは稲荷神社に参拝しに行きますか?それとも、皆さまのご自宅でも初午祭を行いますか?

 

御殿場ですと「自宅の庭にお稲荷さんの祠がある」という方が少なからずいらっしゃって、そういうお宅だと、五色の幟(ごしきののぼり)を建てて、お供え物をして、みんなで五穀豊穣や商売繁盛を願う・・・という初午祭を行うようですね。ヤマトヤ本部(仲町のほう)でも初午祭をこぢんまりと執り行います。

 

皆さま、こんにちは!御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、すみかです。

 

P1050280_R.JPG

《東京・赤坂にある豊川稲荷。初午祭の前日とあって、着々と準備が進められていましたよ》

 

ヤマトヤ本部の周りにお稲荷さんの祠が2か所ありまして、そこには狐(きつね)の置き物が置かれてあるのですが、しっぽがかけていたり、土台が割れていたりしていて、ちょっと気になっていました。

 

社員さんがボンドでくっつけてくれたりして(笑)、だましだまし使っていましたけど、「今年の初午の前までには、狐の置き物を新調しようね」。そんな話を家族としていました。

 

最初に迷ったのが、「新しい狐の置き物はどこで買えるの?」、そして「古くなった狐の置き物はどうすればいいの?」です。

 

まず、「新しい狐の置き物はどこで買えるの?」について調べてみますと、ある程度大きめの稲荷神社で売っているようです。御殿場市内には、稲荷神社が一か所ありますが、ここは無人の神社でした。

 

というわけで、「どのみち御殿場市外に出るのであれば、東京の大きい稲荷神社に行こう!」と思いまして、赤坂の豊川稲荷東京別院へ赴くことにしました。

 

《いかにも「東京」って感じの光景。巨大な案内看板に高層ビル》

 

ちなみに、狐の置き物はAmazonでも買えます。歩くのが困難で、お一人暮らしで・・・という方は、Amazonが便利かもしれません。我が家では、おかげさまで健康で、時間も作れる環境でしたので、今回は稲荷神社へ直接赴く方法を選びました。

 

P1050288_R.JPG

《東京・赤坂にある豊川稲荷の入り口》

 

念のため、狐の置き物を販売しているかどうかを豊川稲荷へ電話確認してから神社へ向かいました。売っている場所が、「お茶屋さんですよ〜」とのことだったので、当日行ってみると・・・・

 

ここ!「菊家」というお食事処。場所は、豊川稲荷の敷地内で、奥の方(渋谷方面)に進んでいくと見えてきます。

 

ここで、新しい狐の置き物を求めました。「お清めしますね」と言うので、塩で清めるのかと思いきや、火打石でカチッ、カチッ、と火花を散らしました。

 

これは、切り火といって、厄除けのための日本に古くから伝わる風習だそうです。ちなみに、この火打石もAmazonで買えます(Amazonは何でも売ってるなー)。

 

こちらの菊家さん、大変に良い空気が流れているなぁ、と感じたお店さんでした。扉をガラガラと引くと、あったかい空気が足元から立ち昇り、こぢんまりとした空間のなかにお出汁の香りが充満していて、心がほかほかして、いっぺんに幸せな気持ちになりましたよ。

 

P1050286_R.JPG

入り口の階段を登るとすぐ左側に、こんな看板が立った納め処があります。ここへ古い狐の置き物を預かってもらえます。

 

P1050287_R.JPG

ここの窓の向こうに木箱があり、そこが古くなった狐やお札の置き場所。手前に賽銭箱がありますので、そちらへ御心づけも併せて置いていきます。

 

さて。狐の置き物の新調が無事に終わってから、お稲荷さんへの参拝、敷地内を歩いてみました。

 

P1050283_R.JPG

京都・伏見稲荷大社には、朱色の鳥居がずらりと並んでいる”千本鳥居”が有名ですが、豊川稲荷では、たくさんの狐がズラリと列をなしていたり、塔のようなところにたくさん置かれてあったり。

 

あちらを見ても、こちらを見ても、狐、キツネ、きつね・・・。それがとても印象に残りました。

 

P1050278_R.JPG

《初午祭の前日だったので、豊川稲荷さんも、その準備中》

 

ヤマトヤも、明日は初午祭。五色の幟、お赤飯、魚、野菜、そしてお揚げさん。気持ち新たに明日を迎えたいです。

皆さま、こんにちは!

御殿場の時計・宝飾・メガネのお店、ヤマトヤのすみかです。

 

今、太陽が落ちてきたところですが、急に寒くなってませんか?もう、冬ですねぇ・・・。

ありがたいことに、本業でも、本業以外でも充実した日々を過ごすことができています。

ぜんぶ、周りの方のおかげだなぁ〜って思うこと然り。


ベル部長は、食べものをもらうときだけ、こんなふうに目が丸くなります(笑)。



アオジ(=主人)が腕時計を操作していたら、それをおやつだと勘違いして、あごを人間の太ものの上にのせますよね。



食べ物があるときの表情その1.


食べ物があるときの表情その2.

 

・・・・・です(笑)。

 

挙句の果てには、テーブルに置かれた食べ物を嗅ぎつけて・・・・・・



身をかがめてからジャンプするところ(耳だけ見えています)


身をかがめてからジャンプするところ・その2(顔が見えています)


ジャンプが終わって、食べ物を視野におさめたところ。

とっちゃうんだからねっ!!!

エイ!!!

 

・・・・・と、食べ物を捕獲する直前でございます。

 

はぁーーーーー(笑)。

 

この写真、全て昨日のものでございます。今日は、そんなことをする余裕が本当になくて、ずーーーーーーーーっと仕事にかかりっきりでした。

 

ベル部長は・・・・・・・・

 

犬柄の毛布をかぶって、寝てました!

 

台風18号も去って、ちょっとホッとしているところです。

ものすごく寒かったり、ものすごく暑くなったり、

気温の移り変わりが激しくて、体調がすぐれない方が多いですね。

 

皆さま、こんにちは!

御殿場の時計・宝飾・メガネのお店、ヤマトヤのすみかです。

 

義母たちのお出かけ&アオジ(=主人)の海外出張が重なって、

このところずっと、私とベル部長(柴犬・18キロ)の二人生活でした。

 

アオジ(=主人)が帰国したため、おとといから三人生活が始まりました。

それでも、ベル中心の生活です!

 

ほんとうに動物って(ベルだけ?)おもしろくって、

ついつい、SNSの発信もベル中心になっています。

 

 

いまや、SNSではおなじみ(!?)の、ベルの不安げな表情(笑)。

ベルの気持ちに寄り添いたい気持ちがある一方で、

この顔があまりにも可愛すぎて・・・・♡

 

ところが、大嫌いなお散歩となると・・・・・・

ちゃっかりと、近道をしようと試みます。

 

※こうやって始まるベルの座り込み運動(笑)。

かわいそうですが、人間が言いなりになっていると

次回のお散歩からもベルのわがままが通ってしまうので、

ここは心を鬼にして、通常コースを歩かせます。



そういえば、この日はコスモスと百日草がきれいでした。

 

また、別の日は・・・・・・

笛と太鼓の音から逃げ出そうとして、全力疾走。

 

基本的に大きな音、突発的な音が苦手なので、

花火や掃除機も苦手なベル。

 

お祭りも怖いんでしょうね・・・・。

アオジによると、500メートルほど猛ダッシュしたそうです(笑)。

 

また、あるときのお散歩では・・・・・

美しい富士山よりも、目の前にあるおいしい草に夢中なベル(笑)。



暮れゆく富士山 × 草をはむベル(柴犬)

 


でも、チラっとくらいだったら富士山鑑賞するもんね!!

世界遺産だもんね!

 

SNSの発信では、「個」を出すと良いよ!なんて言われますが、

この一週間は明らかに、私の個性よりも、ベルの個性が全面に出ておりました。

ベルの個性が際立って、「いいね!」数も多い・・・・(笑)。

 

あさってはベルが楽しみにしている義母が戻ってくる日。

また、いつもの生活に戻るベル♪

 

私も、自分の個性をちゃんと切り取って、

またデジタル発信にいそしみたいと思います(笑)。

 

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

昨日、ラッキーなものと出会いました!

 

それは・・・・・

 

朝グモ

 

朝、見かけるクモのこと。縁起が良いとされていますよね。

朝掃除のときヤマトヤの事務所では毎朝のように見かけます。

 

でも、今回、見かけた朝グモは、いつものクモと違いました。

 

なぜならば・・・・

キレイな黄緑色の体をしたクモだったんですーーーー!!!

 

びっくりしました!

 

そして、正直、最初はクモだとわかりませんでした・・・。

こんなにキレイなグリーン色のクモは見たことがなかったので。


最初は、クモかどうかもわからなかったのですが、

撮影した画像をたよりに、Googleで調べてみました。

 

「クモ 黄緑色」

 

と。

 

その結果、ワカバクモなんだな、ってことがわかりましたよ。

 

若葉のような色をもつクモってことで、”ワカバグモ”。

名前まできれいですよね。

 

おもわず、このGood luckをみんなとも共有したい!と思って、

FacebookとTwitterでアップしてみたら、

「初めて見た!」という方が多かったです。

 

体長は1センチにも満たない、ほんとうに小さなクモ。

今まで、見逃していたのかな・・・。

 

とにかく、出会えてよかったクモです。

アオジ(=主人)のお誕生日の日に登場したクモだったので、

アオジに良いことが起きるといいな〜。

 

 

 

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

先週の水曜日のことですが、

「田舎の人って、かっこいいな〜」

って、つくづく思うことに遭遇しました。

 

ヤマトヤの事務所の前で、

軽トラックが宴席に乗り上げていました。

 

watermark_R.jpg

 

てっきり、JAFを呼ぶ展開かと思いきや、

ヤマトヤの事務所の女性スタッフ4人が、

迷うことなく飛び出していきます。

 

「えぇっ!?」と、あわてて傘を手にして追いかけると、

もう、みんなで後ろから軽トラを押し始めていました。

 

でも、残念ながら、軽トラはビクともせず。。。。。。。

 

「段ボール!」と、誰かが言うので、

他の誰かが事務所から何枚も段ボールを持ってきて、タイヤの下に敷き詰める。

 

でも、おしいけど、やっぱり動かず。。。。。

 

大きなエンジンのふかし音で全てを察したのか(笑)、

お隣さんからは薄い板が何枚も(まな板もあったような・・・)、

お向かいさんからは角材が、

サァ――――って持ち寄られました。

 

すごいなーー、って思った。

 

「軽トラが乗り上げたら、何かしらの木材を持ち寄る」

 

が、御殿場のスタンダード!?

 

そして、アクセルが踏まれるたびに、

 

「角材が飛ぶから!」

 

と、みんなで後ずさりするんですよー。

 

すごく頼もしく思えました!

 

結果、唯一の男性だったお茶屋さんが、

「運転、変わるよ!」と言って軽トラが動いたときは、

まぁ〜、降りしきる雨の中、拍手が沸き起こりましたよね。

 

人が協力しあうっていいなーーーー。

そんなことを思った一日でした♪

 

 

「一番好きなお料理って何ですか?」

 

と、聴かれました。

 

「懐石料理です!なかでも八寸が好きです!」

 

と即答しました。

(まぁーー、日本酒好きの発言ですね(笑))

 

「かっこいい!」って言われました。

なんでだろう?(笑)

 

皆さま、こんにちは

ヤマトヤのすみかです。

 

そんな私ですが、コンビニも大好きです。

 

なんだろーーーーー。

あの雰囲気が好き。

 

なんでも最新のシステムが採用されるし、

モノが売れるための工夫がぎっしりとつまっているし、

行くだけでワクワクもするし、ホッもする。

 

特に都市部で独身生活を送り、出張族だったときは、

コンビニは生活の支え、仕事の支え、心の支えになっていました。

(おおげさ!)

 

いちばん好きなセブンイレブン。

出張先では、その土地特有の商品が買えるファミリーマート。

パフェがおいしすぎるミニストップ。

 

そんな大好きなコンビニなのに、

結婚してから、コンビニへ足を運ぶ機会が減ってしまっていました。

 

でも!!!

 

昨日のランチ時に、会社の制服を着たまま、

コンビニに入ってみたら、やっぱり楽しかった〜〜〜〜!


(一年ぶりに食べたコンビニの麺類)

 

あっというまに、独身時代にフラッシュバックです。

 

出勤前にスムージーやコーヒーを買って、

お昼休みになると高層ビルの合間にあったコンビニに駆け込んで、

サラダ、スムージー(また買う)、冷麺 etc......

 

コンビニが日常でした。


(器が二重構造になっていて、

ちょっと固まってしまった麺をほぐすためのお水もついています)


ひさしぶりに頂いたのは、つけ麺。

ミョウガとネギが刻まれていて、おつゆに投入!

 

一年ぶりに食べたコンビニの麺類は、

だいぶ口当たりがマイルドになっている気がしました。

 

変わるよねーーーー。

コンビニって、こういう変化があるから好きなんです。

 

食の最高峰はもちろん懐石料理だと思うけど、

コンビニ各社の商品開発のパワフルさも好きなんですよね。

その変化の速さからは目が離せません。

 

 

 

 

しとしと雨が降っていますね。

布団のなかでごろごろしていたら、

義母からLINEが。

 

「出かけてくるね」

 

と。

 

ベル(柴犬。義母のことが大好き♡)の様子を見に行くと、

やっぱり、ソファの上で、完全にしょぼくれていました。

目の上のくぼみ(眉毛っぽい)が下がって、

八の字になっているので、すぐに落ち込んでいることがわかります。

(そこがまた、かわいいところなんですけどね〜)

 

義母がいなくなると、落ち込むベル。

犬に「落ちこむ」とかあるの!?って思うでしょう〜?

 

あるんですよ、びっくりするくらい!

これは私もベルと一緒に暮らしはじめてわかりました。

 

だって、その証拠に、

義母が帰宅してお散歩に連れていかれたときのベルの表情ときたら・・・・

 

 

・・・・・。

 

 

笑っとります(笑)。

 

イキイキしてますねー。

 

みなさま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

本日はお仕事がお休み〜!

 

でも、事務所の習慣で「いいなー」と思ったこと、第二弾!

 

それは・・・・・

 

午後3時になると、おやつ休憩があること!

(これは昨日のブログでもご案内した朝のティータイム)


(一斉に、マグカップを並べてコーヒーだったり、グリーンティを注いでいきます!)

 

昨日のおやつは・・・・・

和菓子です。

 

それも、上生菓子&若あゆ、でしたよ。

 

全て、ヤマトヤ事務所のご近所さんの太田屋さんで求めました。

 

上生菓子なのにユニークだった意匠がこちら!

梅雨をイメージしたデザイン。

寒天(かな?)を散らして、雨粒を表現しています。

傘の上だけに寒天が配置されているので、

雨降りの光景が忠実に描かれています♪

 

そして、こちらは・・・・

ピンク色が使われたお花の上生菓子。

 

「このお花は何ですか?」

 

とお店の方に尋ねると、「石竹(せきちく)」と言うんだそうです。

ナデシコの別称なんだそうですね。

 

「そういえば、花びらのギザギザがナデシコっぽいね!」

 

確かに!

 

このところ、ヤマトヤ本部と各店舗では、

来週発送の『ヤマトヤ通信』の封入作業をしています。

 

本部では、甘いものを食べて、後半もがんばりました。

お抹茶を用意しておけばよかったかな〜(汗)

 

そういえば、今回お世話になった太田屋さんは、

苺のショートケーキがおいしい!という話も聞きました。

 

イマドキの苺のショートケーキでなく、

昔ながらの苺のショートケーキ。それが良いんですって!

 

食べるーーー!

食べたいーーーー!!!

 

というわけで、近々、買いに行こうと思います。

 

食べたら、またレポしますね。

この数日、霧がよく発生している御殿場。

すべてのものを幻想的に霞(かすみ)のなかに包んでしまう霧。

 

皆さま、こんばんは!

ヤマトヤのすみかです。

 

今日の霧は深かったですよね。

(※ヤマトヤ御殿場本店前の交差点)

 

午前中のうちは、まだまだ良かったんです。

こうやって信号もはっきり見えていました。

 

ところが・・・・

だんだん雲ゆき(霧ゆき?)が怪しくなり・・・・・


(※交差点の先頭で信号待ちをしているときのお写真)

 

午後には信号すらも見えづらい状況になりました。

 

今日は週末ということもあり、

138号線は他府県ナンバーのお車もたくさん走っていましたね。

きっと信号が見えづらくて、びっくりしながらの運転だったと思います。

 

今日もお店で働きました〜!

 

伝言ノート用のフォーマットを作ったり、

電話メモをリニューアルしたり、

プレゼント用の包装紙をカットしたり。

(あれ、ささいなことばかりやってます(笑))

 

お客様にも接客させていただきました。

こんなにひどい濃霧で、運転しづらいお天気だったにも関わらず、

ヤマトヤにご来店してくださったお客様や業者さんがいらっしゃって

しみじみとありがたさを感じた一日でした。

 

ありがとうございます!

 

明日は月曜日。

また、新しい一週間が始まりますね。

 

新しい土地で、新しい環境で、新しい人に囲まれて生活をスタートさせる方々も多いことでしょう。

体や心を整えて、来週も楽しい一週間となりますように。

 

明日からもがんばるぞ〜♪♪♪

 




 

皆さま、こんにちは♪
ヤマトヤのすみかです。

 

3月も半ばにさしかかろうとしています♪


この季節になると、遠い土地への引っ越しがあったり、

友人との悲しい別れがあったり、

何かと切ない気持ちになることが多くなりますね・・・。

 

今月下旬には、御殿場の町にも、

たくさんの方がお引越しされてくるのかなぁ、

・・・・と思います。

 

そこで、御殿場のどんなところが好きなのか、

ピックアップしてみました。

 

中には、

 

「えっ!?そこーーーーーー???」

 

というポイントもあるかもしれませんが

(むしろ、そればかりかもしれませんが)、

こっそりと、このブログで公開してみようと思います(笑)。

 

まずは・・・・・

市内のどこからでも富士山が見える!

 

・・・・です。

 

”御殿場と言えば富士山”っていうくらい、

市内のどこにいても、富士山がキレイに見えますよね。

 

私が九州出身なため、

”富士山”といえば、カレンダーの写真や、浮世絵の中の世界でした。

 

それが、お天気さえ良ければ、

こんなに間近に見れるなんて〜〜〜!!!

 

・・・・と、引っ越してきた当初は、富士山が見えるときは

いつもiPhoneでパシャパシャと写真を撮っていました。

 

でも、周りを歩いている御殿場っ子は

誰一人として写真を撮ろうとしないことに、

ほんとうにびっくりしたことはナイショです(笑)。

 

左右対称で、なだらかで優美なラインを描く御殿場の富士山。

富士市や富士宮市から見る雄大で力強い富士山も大好きですが、

御殿場から見る繊細な印象をうける富士山も美しいです!!!

 

そして、御殿場大好きなポイントの二つ目は・・・・

霧がすべてを包み込む♡

 

です。

 

実はこれ、

御殿場っ子からはあんまり賛同を得られていないことはナイショです(笑)。

 

稀有なことに、霧という自然現象がものすご〜く好きなんですねーー!

 

窓の外を見ても、歩道を歩いていても、

霧に包まれた街は、どちらを向いても幻想的。

ちょっと夢見ごこちな気分になります。

 

しかも、高い湿度の中で天然ミスト状態
お肌もしっとりするという嬉しい効果もありますよねー!!!

 

そして、三番目のポイントは・・・・・・

雪がこんこんと降ること!」

 

これも御殿場っ子からは

「そうだね!」ってなかなか言ってもらえませんーーーーー(涙)

 

「雪はめんどくさいーーーー。」

「雪がふって喜ぶなんて、犬か、小学生か、すみちゃん(私)くらいだよーー」

 

って言われたことは、ナイショです(笑)。

 

温暖なイメージの強い静岡県ですが、

実は、御殿場は静岡県内でも随一の雪国。

 

各ご家庭にスタッドレスタイヤがあるのはもちろんのこと、

市民の方々も、雪道を運転することに慣れている方がとっても多いです。


私が生まれ育った九州ではめったに雪が降らないため、

御殿場に来てから雪だるまを作ったり、

かまくらを作ったりする機会に恵まれていて、

それがとっても嬉しかったりします。

 

あと、まだまだあって、

 

夏、涼しい

がおいしい!

星空がキレイ

・箱根に近い(=大好きな美術館がいっぱい!)

・東京に近い(=すぐに都会の空気を吸いに行ける!)

・長野に近い(=すぐに自然の空気を吸いに行ける!)

 

などなど。

 

気候が自分の体に合うし、

各地域へのアクセスも良くて、便利な街・御殿場です!

 

そして、一番大きな理由は・・・・・・

 

 

です。

 

主人の周りの友人・知人の方と話したり、

ヤマトヤの店舗スタッフと一緒に仕事をしたりする中で、

御殿場人とじっくりと向き合って感じることが、

 

御殿場の方は、品が良い人が多い!!!

 

ってことです。

「えーー、御殿場にもいろんな人がいるよ〜」

って言われます。

 

ええ、もしかしたら、”いろんな”方がいらっしゃるのかもしれません。

 

でも、初めて御殿場駅に降りたった瞬間に感じたことや、

ヤマトヤへご来店になる方と日々接して感じることを

総じて思ってみると・・

 

やっぱり、御殿場の方はそこはかとなく品があるなぁ、

 

ってことなんです。

 

御殿場の方の温厚さ、おっとりにいつも助けられているような気がします。

 

自分が住む町のことを好きになれるって、

ほんとうにありがたいですね。

 

皆さまは御殿場が好きですか?

御殿場のどんなところが好きですか?

 

 

皆さま、おはようございます。

ヤマトヤのすみかです。

 

今日で、東日本大震災から6年がたちました。

 

まだ仮設住宅での生活を強いられている方、

最近になって、自宅にようやく立ち入ることができるようになった方、

新しい土地で、新しい生活を迎えている方、

行方不明の家族を一生懸命探している方・・・・・

 

それぞれの方が、それぞれの3月11日という日を過ごされていると思います。

 

そして、犠牲になられた方・・・・

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

本日、2時46分ごろ、御殿場市ではサイレンがなります。

一人でも多くの方と一緒に黙とうをささげたいと思います。

 

 

 

 

皆さま、おはようございます。
珍しく、朝にブログを更新しています。
しかも、新幹線の中からです。

このところ、ずーーーーーっと続いていた快晴も昨日でフッと途切れて、
昨日はひどい雨嵐でしたね。

お昼に、ちょっと二軒先まで出かけたら、けっこうな勢いで洋服が濡れました(-.-)y-

さてさて。

さきほど、三島駅の新幹線のプラットホームで、
すれ違った外国人女性が小さく息をのんで目を見張りました。

つられて私も振り返ってみると、そこにはポコン、と小さく富士山のてっぺんが。

旅先で、電車から降りたった光景が美しいと、忘れがたい記憶になるんですよね。

私も留学生だったころ、同じような体験がありまして。

クリスマス休暇で訪れたフランスのリヨン。
TGVから降り立ったときに目の前に山がそびえ、
そこに幻想的な灯りが灯っている光景が美しすぎて、
夢見ごごちでリヨンの街を歩きました。
あのときの光景は、いまだに目に焼き付いています。



(※新幹線の中からの富士山。富士市付近)

さっきの観光客の方にとって、富士山の光景が一生の思い出になるといいなーーって、思いました。

皆さま、こんばんは

 

昨日のお話ですが、

刑事(=主人)が出張でごはんはいらない日だったので、

のんびりとスーパーを周ることにしました。

 

いつもは、バタバタとしているので

ついつい見落としがちな、おもしろ食品たちをじっくりと探すために、

Aoki(アオキ)にやってきました。

 

そこで、さっそく見つけたのがコチラ。

干し柿を、お茶漬けに入れるって、新しい食べ方ですよね。

やっぱり、お茶の国は違うね!!

 

・・・・と、新発見にウキウキして、

干し柿を買い込みました。

 

そのときの私は、

 

「干し柿をお茶漬けって、おいしいのかなぁ???」

 

という疑問は吹っ飛んでいます(笑)。

 

家に帰ってからさっそく、

おいしい食べ物好きな義理母に報告!!!

 

義理母は、とっても、とっても驚いてくれたあとに、

 

「・・・・ん?お茶請け(おちゃうけ)じゃなくて・・・?」

 

っていうから、「あれ?」と思って、スマホの写真を見返してみると・・・・・

”お茶請け”だよーーーーーーーっ!!!

”お茶漬け”じゃなかったよーーーーーーーっ!!!

 

ざんねん・・・・・・

 

そりゃそうだよね・・・

いくら、静岡県だからといって、干し柿をお茶漬けにはしないよね・・・

お茶請けだよね・・・

 

すごすごと自分の台所へ引き上げました。

 

「ひと笑いさせてもらったわ」

 

・・・・と、私の背中に優しい言葉をかけてくれた義理母の神対応に感謝しながら(笑)。

 

私が働いているヤマトヤ御殿場本店♪

 

間接照明のあたたかい光のなかに

ヤマトヤの姿が浮かび上がっています。

 

お店の備品を買いにお使いにいって戻ってくるとき、

信号待ちをしながら、この光景を眺めていました。

 

お店のなかにはお客様がいらっしゃって、

スタッフが何かご案内していました。

日常的な光景ですが、これってかけがえのないものなんだよねぇ・・・・、

って、ありがたい気持ちになりましたよ。

 

さて、また明日もがんばりましょう〜♪

 

西日本は大雪みたいですね。

 

その雪、御殿場にも来るのかな・・・!?

 

 

 

 

みなさま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです!

 

今日はあたたかい一日でしたね。静岡唯一の豪雪地帯(笑)の御殿場も、冬の片りんを全く見せず、全国各地と同じようにあたたかい一日でした。

 

・・・・・それなのに、まだ、ノドの調子が万全ではないアオシマです(涙)。おととい、お店でお客さまをお迎えするときに、

 

「い・・・・・ら・・・・っしゃいませ・・・」

 

と、ほとんど息だけでしゃべっていたら、お客様から、

 

「・・・・・体調わるそうだけど、がんばってね!」

 

・・・・って言われました(笑)。あ、ありがとうございます!おかげさまで、徐々に良くなってきております。ここまでくるまで、食べ物の力がございました。

 

まずは、義理母。家でも息だけで、しゃべっている奇妙な状態の私を見て、

 

「・・・・・・・」

 

まぁ、そうですよね。5分後に・・・・・

「これ、ノドにいいよ!完食ね!」・・・・と、たまねぎサラダを手渡されました。びっくりだったのが、ほんとうにノドに効くんですよ。食べている途中、ノドがぴりぴりしましたが、食べ終わったら、ちゃんと声が出るようになりました。

 

さらに翌日・・・・・

「すみかちゃん、これ♡」

 

・・・・と、今度は親戚マダムがカステラを持ってきてくださいました。幼少期に絵本『ぐりとぐら』のカステラを見て以来、

私にとってカステラは幸せそのもの(笑)。見るだけで元気のでるフードです。あと、何よりもうれしかったのが、親戚マダムが、おうちに帰っても尚、ノドの調子が悪い私のことを思い出してくれたことです。

 

ほんとうにありがとうございます!!!ちなみに・・・・・・

ちなみに、このステキな器(イッタラ)を結婚祝いにくださったのも、その親戚マダムです♪



長野県のおやきをくれました。ちょっと変化球なおやきで、野沢菜とかじゃなくて、お芋&あんこが入っています。むしゃむしゃ、っとおいしくいただきました。

 

明日は早朝から出張。せっかくここまで、周りからのあたたかいサポートがあってノドが治ったのだから、しっかりとノドをガードして仕事にのぞみたいと思います!

 

今年の風邪は最後の最後まで、ノドが治りにくいようですので、どうか、みなさまも、冷たくて乾燥した空気を吸い込まないようにしてお気を付けくださいね。では、おやすみなさいませ☆

このあいだの水曜日(18日)、富士山に笠雲がかかっていました。

 

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです!

あんまり大きな笠雲ではなく、小さめの笠雲。この雲が富士山を覆うと、翌日から天気が崩れると言われています。その格言(!?)どおり、翌日は前日の快晴がまるで嘘のように曇り、さらに翌日には雪予報まで出て、ぼたん雪がふうわり、ふうわり、舞いました。そして、今日から再び快晴です。今年の御殿場はお天気が良い日が多いなぁ。


事務所の裏手にある梅の木も、花をつけました。まだまだ蕾の方が多いので、これからが楽しみです。
 

山手線(東京)のプラットホームで電車を待っていたら、
目の前に迷える若い欧米人カップル。



(※↑↑↑フリー画像です)

「手持ちのチケットは品川駅までなんだけど、ほんとは渋谷駅まで行きたい。このまま、この電車(山手線)に乗ってもいいのかな?」

と、やや不安そうに私に話しかけてきたので、

精算機の存在と使い方をお伝えした。

「その便利なマシンは、渋谷駅以外にもあるの?」

というので、

「東京のほぼ全ての駅にあるよー」

とお伝えすると、ようやくホッとした表情になった。

ようこそ、メガシティ東京へ。

(私は御殿場市民だけど^^;)


今日のお昼休みにFacebookのメッセンジャーを開けてみると、
ジャカルタとリヨンの知人からメッセージが入っていましたっっ!!

ひとりは同郷の友人。
社会人になりたてのころ、お互い関西在住だったので、
京都でご飯に行ったり、大阪でご飯食べたり、スノボに行ったりした仲間。
現在、ジャカルタに駐在。

もう一人は、前々職の職場の先輩。
新卒のころ、その先輩とご飯に行く機会が何度かありました。
ショートヘアで、背が高くスラリとしていて、とても知的な方。
浮世離れした雰囲気が魅力的で、安心して色んなお話ができました。
現在、フランスのリヨン在住。

お二人とは、もう、10年以上会っていないのですが、
そんな二人が、遠く遠く、異国の地で暮らしていて、
そんな二人から同じタイミングでメッセージが飛び込んできて、
その偶然に驚き、懐かしさと甘酸っぱさでいっぱいになりました〜^^


御殿場の車道でとっても好きな道があります。

なんて説明すればいいかわからなかったので、
「さくらたまごとか、リンデンバームとかの前の道」

と、言っていました。

先日、その道は地元の人の間では「農道」と呼ばれていることを知りましたー!

農道、いいですよね。

のどかに田んぼが広がっていて、民家もあって、里山があって・・・。

季節の変化を刻々と感じることができるところが好きです。

スタッフさんとお昼休みにメリールウの話をしていて、
急にメリールウのパンが食べたくなって行ってきました。



エントランスにはこんなにかわいいハロウィンの飾りがありました。


このランプもかわいいな〜。

メリールウでは、クリスマスパンとしてシュトーレンを買ったことがあるのですが、
ふつうのパンもおいしいよー、と教えてもらったので、
コーンパン、カレーパン、あんこ入りの食パンを買いました(*^^*)

このあと、またまた農道を通って家路に着きました。

お店のおつかいが大好きです。

この日は銀行を二つハシゴ。

銀行の駐車場に車を停めたら、コンクリートのあいだからスッと立っているユリの花が目に飛び込んできました。



Graceful but powerful

というコトバが頭に浮かびました。

雑草ならまだしも、まさか、ユリの花がコンクリートから生えてくるとは、意外で驚きましたー。

感動です。



お店から東を眺めると、箱根の山々が真正面に見えます。

このあいだの満月の日の前日、箱根の山々に上っている月があまりにもきれいでした。

仕事のあと、箱根方面に吸い込まれるようにして車を走らせていました。

ドライブ中、木々の合間からこぼれおちてくる月あかり。

しかも、箱根の山にかかっているあいだ、月は大きいし。

それはそれは、夢の世界のようなドライブでした。


もっともっと箱根のほうへ車を走らせてみたい気分でしたが、

乙女なんとか第二駐車場というところ(たぶん、まだまだ御殿場市内)で、
車を停めて、月を見上げていたら、ちょっと寂しくなってきたので、
たったの3分で帰ってきてしまいました〜〜〜。


弾丸のお月見^^
家に帰って、晩ごはんの準備をしていると、ホッとした安心感が胸のなかにじんわり広がってきて、
今度の月見は必ず二人で行こうと思いました。

皆さま、お久しぶりです。

なんと10日間もブログを書いてませんでしたー。

バタバタしている合間にも、本を読んだり、映画を観たり、
箱根の美術館に行ったり、乙女峠にお月さまを見に行ったり。

9月という月は、東京出張に始まりました。

3時間で御徒町の取引先を4社周り、午後はお台場でジュエリーの展示会へ。
なかなかのタイトスケジュールでしたが、楽しみを見つけながら仕事をしました。



御徒町にあるナポリタンの専門店。

ニッチなところを攻めているお店です。
パスタ専門店なら山ほどあるけど、スパゲティのなかでもナポリタンにしぼって、
ナポリタン専門店としてお店を出しているなんて珍しい!

刑事(=主人)が連れて行ってくれました。


昭和の香りがするものは全て好き、なワタクシ。


それはそれはもう、夢のようにおいしいナポリタンでした。


ね?

この、玉子の黄身がとろーり。

サラリーマンの集う街で、
ランチどきにサラリーマンが並んでまで食べようとしているお店は
確実においしいです。


「おいしい」にはいくつも種類があると思います。
お昼まからシャンパーニュをあけてフレンチの繊細な味を堪能するのも、
御徒町で汗を流しながら、熱々のナポリタンを食べるのも、どちらも好き!

前者は「おいしい」がふさわしく、後者は「うまいっっっ」がふさわしい。
(いちおう女性なので、「うまいっっ」は口に出さず、心の中で使っております)

前者は「ライス」、後者は「メシ」と呼んだ方がしっくりくるシチュエーション。
(同じく、女性なので「メシ」という言葉は使いませんが、
「メシ」には力強い響きがこもっていて、とても好きな言葉です!)


せっかくなら、人生、両方のおいしいを体験したいものです!
あ、話がそれましたが、暑かった東京で、
暑さに負けることなくしっかりと「うまい」お昼ごはんを食べました、というお話でした^^


昨日、仕事がおわって、玄関の扉に手をかけると、ふとユリの花の香りが漂ってきました。

さらに、玄関の扉をあけるとユリの花がわんさか活けられており、
玄関の外よりも、さらに香りが濃厚になってました。


このところ、次から次にユリの花が咲いてきちゃって・・・・・

、とのこと(^ ^)


夕方だからなのか、ヒグラシの声も聞こえてきて、御殿場の涼しい夜がスタートです。
レガシィを運転していたら、

「エンジンシステムが故障」と。

さらに、

「無理な運転はせずすみやかに販売店へ」的メッセージも表示されました。

京都に行くのにレガシィを使ったので、疲れが出ちゃったのかもしれませんね。

そしてやってきた代車が、ラパン(*^^*)


今回のラパンは、大好きなイエローです!

おかげさまで、毎日運転するのがたのしくて仕方ありません。

レガシィほど加速はしないけれど、車体が小さいので、
駐車場に停めやすいところがお気に入りです。

ここのところ、ずっとお休みなしで働きづくめな刑事(=主人)。

さすがに疲れが出始めたのか、

「体を壊す前に、休みを取ったほうがいいよ」

と、店長さんたちが案じるほどでした。
(店長さんたちも、朝早くからハードワークをこなしてるんですけどね。。)

ツマとしては、おいしい夜ごはんを準備するのが一番^^!!

・・・と、リビングで待機していましたが、なかなか姿を現さないので、
おうちの前にある事務所へお迎えにいきました。


いつもの光景です^^

ダンボールの向うがわに、頭だけがちょこんと見えて、一生懸命に働く後ろ姿。

ほんとうにお疲れさま(*^^*)

今日は早めにご飯を食べてもらって休んでもらおうと思います。
35歳なので、

「ちょっと早いんじゃない?」

と思われるかもしれませんが、ボケ防止に取り組んでいます(笑)。

10代の頃に比べると明らかに記憶力が落ちてきているので。。。



この本は目次を読むだけでもTo Do リスト(やるべきことリスト)を作成できますよー。

いわゆる”ボケ”を防止するには、前頭葉を活発化させるのが良いんですって。

私にとって意外だったことは、あえて「ムカつく本を読んでみる」とか、
「先が読めないことに挑戦する」とかってこと。

一見、ストレスにしかならなさそうだなぁー、と思って避けていたことが、
実は前頭葉活性化につながるんですね。


推理小説も読んで犯人を当てたりしています。
これも脳トレの一環になるかなー^^

※アサガオのかわゆいブックカバー(紙ですけどねー)はTSUTAYAでもらいました☆