皆さま、こんにちは。静岡県御殿場市のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

先週、横浜へジュエリーや宝石の仕入れ会(秋のIJT)に行ってきました。

 

138号線を走っていたら、御殿場ICの手前の電光掲示板で事故渋滞発生のお知らせが・・・・・。助手席にいた主人に「Uターンして〜」と言われ、指示通り、国道246号線で横浜を目指しました。(松田らへんから東名に合流しましたが・・・・)

 

通常だと1時間ちょっとで行ける横浜も、今回はしっかり2時間かかり、サラリーマンやOLさんのランチタイムとぶつかってしまいました〜。

 

写真 2018-10-24 11 59 03_R.jpg

でもね!おかげで、横浜みなとみらいで働いている方々のランチタイムの姿を拝見することができました。

 

イマドキの都会はみんなそうだけど、ビルにグリーンのエリアがあって、イヤホンを耳にして音楽を聴きつつ、ベンチで手作り弁当を食べたり、買ってきたものを食べたり、思い思いに過ごされていました。

 

写真 2018-10-24 11 57 44_R.jpg

御殿場には、こういう(↑)光景はないし、こういう空間もないので非日常なのですが、この方たちにとってはこれが日常なんだなぁ〜って、なぜかしみじみとしました。

 

写真 2018-10-24 12 04 16_R.jpg

レストランでランチするときも、大きな窓の向こうにテラスがあって、グリーンがあって、高層ビルがあって・・・・・うん、この光景はやっぱり非日常です。

 

都会に住む方たちも、富士山を見たり、高原にいらしたりすると、同じようなことを思うのかな〜?「あ、非日常だ〜」って。

 

写真 2018-10-24 17 28 00_R.jpg

仕事終わりに、駐車場へ向かう道すがら。夕焼けの様子も御殿場とは違う〜!ビルとビルのあいまに夕陽がおちていき、西の空が茜色に染まっていき・・・・それとは反比例してビルの窓と言う窓がキラキラ輝き始めてきれいでした。

 

都会の暮らしと、地方都市の暮らしと。日常と非日常が真逆。あたりまえのことだけど、ここまで真逆なんだなぁーーって。ま、どちらの光景も楽しみますけどね(笑)。

 

 

 

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

初めて富士サファリパーク https://www.fujisafari.co.jp/ へ行ってきました〜!

 

8月21日の「静岡県民の日」にちなんで、8月21日〜26日まで「静岡県民1名無料キャンペーン」でした。

https://www.fujisafari.co.jp/news/campaign/2016/

(※このキャンペーンはもう終了しましたが、来店ももしかしたらあるかもしれないのでリンクを張っております!)

 

さっそく、入場口を直進してサファリゾーンに入っていきます!

 

写真 2018-08-26 13 51 05_R.jpg

映画『ジュラシックパーク』の入り口を彷彿とさせるゲート。この向こうが・・・・・・

 

写真 2018-08-26 13 53 47_R.jpg

猛獣ゾーンです。「自家用車からは絶対に出ない、そして窓やドアを開けない」に入るとこの看板が何度か登場しました。それもそのはず。ゲートをくぐると、そこはもう、猛獣たちの世界。

 

クマ、ライオン、虎、チーター。そこを抜けると、一般草食動物ゾーン、山岳動物ゾーンへと続きます。主人(アオジ)が撮影した写真のなかで「いいなーー」と思ったのがコチラ。

 

S__60153876_R.jpg

メスのライオン

 

♪富士♪サファリパァ〜ク♪って音楽が頭の中を流れました(笑)。うん、これがマイベスト!

 

他にもいろいろ写真が撮れましたので、皆さまとシェアしたいと思います!

S__60153878_R.jpg

チーター

 

このときは時速100キロで走っていませんでした〜(残念!)。ちなみにチーターがたまたま富士山を背景にした構図の写真が・・・・・

 

写真 2018-08-26 14 40 35_R.jpg

チーター×富士山

 

窓は絶対に開けられないので、窓ガラス越しにスマホで撮ったものです。

 

S__60153881_R.jpg

ゾウ

 

何頭もいました。深いプールから上がった直後だったようで、涼しそうにしていました。

 

S__60153884_R.jpg

サファリゾーンの車道を、悠然と横断するキリン

 

これは、実際に見たとき、と〜っても迫力がありましたよ。でも、先頭車両の車はドキドキしただろうな〜。

 

S__60153895_R.jpg

ラマ

 

草食動物は目が優しいですよね。

 

 

S__60153894_R.jpg
こちらの草食動物も目もそうですけど、肌質も。体全体から優しさがにじみ出ています。なんだかシャガールの絵に登場する動物にそっくりだなぁ〜と思ってピックアップしてみました。

 

このあとは、車を駐車場に止めて、ふれあいゾーンで白いカンガルーを見たり、ヤマアラシを見たり。あ、そうそう。休憩所で見つけたクレープがとってもおいしかったです。

 

写真 2018-08-26 16 01 14_R.jpg

左がベリー、右がチョコバナナ

 

クレープって、あんまり心の底からおいしいと思った事はなかったのですが、ここのは美味しかった!どこのメーカーが作っているのかな〜と調べてみたら・・・・・なんと、御殿場プレミアムアウトレットの橋のたもとにあるクレープ屋さんと同じメーカーでした!

 

ちなみに、このクレープを売っている場所はどこへんかというと・・・・・

 

写真 2018-08-27 17 52 44_R.jpg

もらったパンフレットに赤色で「ココ」って書いてみました。

 

「軽食」というコーナーに4軒ほどハンバーガーやフレンチフライを売っているお店がありまして、そこの端っこにあるお店でクレープが売られていました。

 

最後は、やっぱりおいしいことを記して、記事の結びとしたいと思います♪

 

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

リゾナーレ八ヶ岳の「OTTO SETTE(オットセッテ)」でランチをしたあと、「道の駅 こぶちざわ」に行ってみました。「道の駅」で売られていたお野菜たちがとっても美味しかったので、そのご紹介です!

 

八ヶ岳周辺は、日本の中でも日照時間が最も長く、おいしいお野菜が採れるんだそうです。そのせいか「道の駅 こぶちざわ」で買ったお野菜はどれも普通のお野菜とひと味違うおいしさでしたよ。

 

P1080768_R.JPG

見た目も、普通とひと味ちがう(笑)。真っ白なゴーヤ

 

緑色をしている普通のゴーヤに比べると苦くないよ、ってレジ打ちしていた女性が教えてくれました。さっそく調理してみると、苦みはたしかに抑えられていて食べやすい。塩水につけたり、あるいは塩でもんだりして苦みを消す必要は全然ないほど、やさしい味でした。

 

写真 2018-08-10 8 25 04_R.jpg

白いゴーヤをカットしてみると、こんなふうに皮がとても分厚かったのもびっくりでした!

 

P1080771_R.JPG

次も、真っ白なお野菜でした。真っ白いナス

 

どんな味がするんだろう〜?と食べてみるまでドキドキしましたが、普段食べているナス(紫色)よりも優しい味がしました。ゴーヤもそうだったけど、お野菜って白色になると味が上品になるのか〜?

 

P1080773_R.JPG

こちらのナスは、紫色とヘタの緑色のコントラストがおもしろくて買ってしまいました・・・・って、ここまで買ったお野菜は見た目だけで買ってるな(笑)。

 

人の顔のように見えてきませんか?紫色部分が顔で、緑色部分が髪。

 

P1080774_R.JPG

横顔(笑)。

 

なんだか、ちょっとかわいかったので買ってみました〜!

 

P1080775_R.JPG

ズッキーニも二色で買いました。こちらの色はおなじみの色ですね。

 

そして最後に・・・・

 

P1080778_R.JPG

「からくない」とシールが張られているにもかかわらず、1個だけ辛い青唐辛子が混じっていました(笑)。

 

Twitterでつぶやいたところ「ロシアン唐辛子」とリプライしてくれた知人・友人が複数。いやー、びっくりしました!他は全然マイルドな味だったのに〜。

 

・・・・というように、八ヶ岳から帰って来てからの数日間は、おいしい野菜に囲まれましたとさ。楽しい食卓でした。「道の駅 こぶちざわ」で買った夏野菜がおいしかった(そして安いかったぁ〜)というご紹介記事でした♪

 

「道の駅 こぶちざわ」http://mkobuchisawa.jp/

住所:山梨県北杜市小淵沢町2968-1

アクセス:中央道小淵沢ICから清里、富士見方面へ1キロ先信号を越えてすぐ右。

 

 

 

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

京都・大阪の旅から帰って来てちょうど10日が経ちました。今日は、京都でどんなお土産を買ったのか、そしてそれがどんなものだったおか、のご報告です!

 

今回は、全てJR京都駅の中で買いました。場所は2か所で・・・・

 

 嵌条小町」というお店のギフトコーナー(新幹線中央口改札の真正面にあります。2階かな?)

◆屬みやげ街道」というお店(南北自由通路に面しています。在来線西口改札の真正面にあります)

(※,鉢△両霾鵑2018年7月現在)

 

です。今回は、スケジュール的にバタバタ旅になりそうだったので、新幹線で京都駅に到着してすぐにおみやげ選びを開始しました〜。

 

P1080501_R.JPG

主にはこちらの三つ。

 

P1080502_R.JPG

▶抹茶百福饅頭「茶々福」(普門庵 http://fumon-an.co.jp/index.html )

 

△里店で買いました。奥まったところでしかも柱のかげに隠れていたけど、箱がかわいいのでひとめぼれ(笑)。中身は・・・・

 

P1080510_R.JPG

このような感じ。お多福さんたちが、こちらに向かって更新してきそうな勢いでしょ(笑)。個別包装になっていて、お土産には最適です。

 

P1080527_R.JPG

小ぶりなお饅頭ですが、濃厚な味のおかげで、「とろ〜んとしている♡」「おいしい!」と、味も大変好評でした。あとで、私も頂いてみると、抹茶感が強くて(それも、お薄ではなく濃茶の味)、ひとつで十分満たされる味でした。あ、そうそう。ひとつだけ留意点が・・・・。

 

P1080505_R.JPG

お多福さんの左頬あたりに「茶々福」のラベルが巻かれていますね。これが「茶々福」だけが入っている箱です。お多福さんの箱でラベルなしのものは、箱は詰め合わせになっています(2018年7月現在)。詰め合わせも選ぶ楽しみがありますけどねー。

 

ラベルの有無で、箱の中身が違ってくる!覚えておきませう。ちなみに、中身については店頭のポップで紹介されていました。

 

次は・・・・

P1080508_R.JPG

▶「京のお抹茶わらび餅」(京みがわ http://www.kyomigawa.co.jp/ )

 

△杷磴い泙靴拭まず、包み紙の可愛いらしさに惹かれました。そして、4個入りというのがちょうど我が家の家族の人数が4人なのでちょうど良いなと。

 

IMG_0747_R.JPG

ふるふるしていて、一見、プリンに見えますが・・・・・・・

 

IMG_0748_R.JPG

きな粉も付いていて、食べてみるとしっかり”わらび餅”でした。甘すぎず、食感もふるふるしていておいしかったなーーー。ちなみに、このシリーズの「京のお抹茶プリン」は午前中だというのに早々と売り切れていました。今、話題で人気の高いおみやげなんだろうなぁ。

 

そして、次は・・・・・

P1080516_R.JPG

▶左から「ちりめん あおさ」「ちりめん かつお」「ちりめん 山椒」(嵐山ちりん http://chirin.jp/ )

 

これもまた、包装紙がかわいすぎです!泣く泣く3つに絞りましたが、消費できるのであれば全種類買いたかった〜〜!ぜひ、全種類の包装紙をコチラからチェックしてみてくださいね!⇒ http://chirin.jp/

 

・・・・・で今回買った3種類の中でも・・・・

P1080506_R.JPG

この「かつおぶし」というのが気になって、たくさん買ってみました。例えばですけど、一人暮らしの方にでも贈りやすい分量だなぁ〜って思いました。(おみやげは、ダラダラと冷蔵庫にいられるよりも、パッと食べてしまえる分量が個人的には好きなんです♡)

 

なんといっても賞味期限がある程度設けられているのもまた良し!・・・・・というわけで、今回買った3種類のおみやげを検証してみました。参考になればとっても嬉しいです。

 

 

京都は多彩な顔を持っていて、知っているようで知らない。

どんなに長く住んでいても、ひょい、と別の顔をのぞかせる。

その顔を知ろうとついていくうちに、京の街の深みにはまり・・・

 

京の路地奥に興味をもって奥へ、奥へ歩き進むと

そこにたどり着いたものしか知り得ないものに出会えるような街。

 

P1080264_R.JPGP1080395_R.JPGP1080399_R.JPG

P1080300_R.JPG

P1080326_R.JPG

P1080115_R.JPG

P1080113_R.JPG

P1080168_R.JPG

P1080163_R.JPG

P1080268_R.JPG

P1080192_R.JPG

 

京都は、何べん行っても、また来たくなる街です。

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

本格的な夏の到来を告げる、京都の祇園祭。日本三大祭のひとつで、七月に一か月間におよんで行われるお祭です。京都の中心街に山鉾が建てられ、前祭(さきまつり)の17日と、後祭(あとまつり)の24日に、それぞれ市内をゆっくりと巡行する「山鉾巡行」が行われます。

 

一番の見せ場は7月17日と7月24日に行われる山鉾巡行だと言われていますが、私は山鉾巡行の前夜の宵山(よいやま)という行事も好き。

 

P1080300_R.JPG

夜の闇の中にたくさん灯された提灯が、山や鉾(ほこ)を、ぼぉ、っと浮かびあがらせます。

 

P1080292_R.JPG

今回は、後祭(あとまつり)の山鉾を観て回りました〜。夜とはいえ、暑すぎてへたってしまいましたが・・・・(笑)。山鉾のなかでも、「南観音」と「北観音」は見た目が好き。「鯉山」はコンセプトが好き。・・・など、自分のお気に入りの山や鉾があるもんなんですね〜。

 

南観音は真夜中近くになると「暴れ観音」と言って、小さな観音様を男性陣が元気いっぱいの掛け声とともにかついで現れます。

 

P1080385_R.JPG

「暴れ観音」があらわれる直前の様子。

 

P1080389_R.JPG

「下がってくださ〜〜い」と、白い着物を着た男の人、そして消防の人が現れます。

 

 

P1080391_R.JPG

「暴れ観音」が登場です!!!

 

 

P1080393_R.JPG

かついでいる男の人たちが、とっても楽しそう(笑)

 

P1080394_R.JPG

またすぐ戻ってくるんです。これを何度か繰り返す。

 

ぶれぶれなのは、私の手ではなくって(笑)、動きが激しいのでうまく撮れませんでした(汗)。

P1080395_R.JPG

またもやブレブレ〜。でも、これはこれで夏祭りっぽさが出ているので載せてみることにしました〜。

 

P1080283_R.JPG

この時期、新町通りや室町通りの多くの町屋では、こうやって二階のまどを外して、優雅に山や鉾を楽しむ人々が現れます。

 

午後8時にはこんなに多かった人通りも・・・・・・

P1080399_R.JPG

誰もいなくなりました。

 

P1080251_R.JPG

時間帯は前後しますが、ちょっと冷んやりしたくて高島屋さんへ。ここでは提灯と屏風が大きく飾られていました。

 

P1080264_R.JPG

四条通の商店街には、こんな感じの紅白の提灯が等間隔に下げられています。寺町商店街や新京極商店街にも同じく。それを見て、コンチキチンの音楽(録音のときもあるけど)が街中にあふれてくると「祇園祭だな、夏だな、鱧だな」ってウキウキしてくるんですねー。

 

祇園祭・宵山のぼわぁーーーーっとした幻想的な気分にさせてくれる雰囲気が好きです。

 

2014年から山鉾巡行が前祭(さきまつり)と後祭(あとまつり)に分かれました。というか、もともとと何百年にわたって前祭・後祭があったんです。(※話それるけど、日本語で「後の祭り」という諺がありますが、これは祇園祭の後祭(あとまつり)が由来)

 

それが1966年に合同化されて、山鉾巡行は7月17日に全て行うことになったんですねー。

そして2014年、ふたたび前祭(さきまつり)と後祭(あとまつり)に分けて山鉾巡行が行われるようになりました。

 

どの山や鉾が巡行するかは決まっています♪

↓↓↓↓↓

 

【前祭(さきまつり)】

長刀鉾、函谷鉾、鶏鉾、菊水鉾、月鉾、放下鉾、船鉾、岩戸山、保昌山、山伏山、芦刈山、占出山、霰天神山、郭巨山、伯牙山、油天神山、木賊山、太子山、白楽天山、綾傘鉾、蟷螂山、四条傘鉾、孟宗山

 

【後祭(あとまつり)】

南観音山、大船鉾、北観音山、鯉山、浄妙山、黒主山、役行者山、鈴鹿山、八幡山、橋弁慶山

 

今年は後祭で、大好きな南観音山や北観音山をじっくりと見ることが出来て嬉しかったです。ただ、初めての後祭だったのですが、やっぱり四条通に山鉾が並んでいる様子も好きなので、来年は前祭(さきまつり)に行こうかな〜。

 

祇園祭については、KBS京都の「祇園祭を学ぶ」というサイトがとってもわかりやすいので、こちらにリンクを張っておきますね。

https://www.kbs-kyoto.co.jp/gion/06manabu/01.htm

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

「ひんやり」っていうか、「強烈な冷たさ」と表現した方が正しい気がします(笑)。最高気温38度だったこの日の京都。ところが、下鴨神社で行われていた「足つけ神事」で池に膝(ひざ)までの深さに入ってきましたよ〜。

 

P1080223_R.JPG

この御簾の向こうがわで行われている「足つけ神事」。

 

1.まず、靴を脱ぎます。

2.300円を払います=蝋燭(ろうそく)を受け取ります

3.信じられない冷たさの池に徐々に入っていきます!

 

P1080228_R.JPG

これが、その図。前を歩いておられたお二人。すでに、膝のちょっと下まで水が来ています。これが、とてつもない冷たさで、私なんかはつけたり、あげたり、つけたり、あげたり・・・・・繰り返しちゃいました(笑)。

 

しばらく前進。冷たい水のなかを進んでいきます。さきほどもらった蝋燭に火をともして(ちゃんとそういう場所があります)、またもやしばらく前進。蝋燭を差すところがあるので、そこにセット。

 

こうやって池にあしを浸しながら、無病息災を祈ります。

 

InkedP1080235_R_LI.jpg

池からあがると、足をふいて靴を履き、今度はお水を頂きます。ここでは係の人がずらりと並んでいて、わき出てくるお水をじゃんじゃんと器に注いでくれます。平日とあって、さほど混雑していませんでした。

 

P1080240_R.JPG

下鴨神社の紋である双葉葵(ふたばあおい)があしらわれた器で、ありがたくお水を頂きます。

 

P1080218_R.JPG

何度も言いますが(笑)、水の冷たさが強烈だったので、しっかりと体が冷えてくれて、炎天下で猛暑の京都でも1時間くらいは屋外でもわりと平気でした!冷房にあたって体が冷えるのとはまた違う不思議な感じでしたー!

 

あと・・・・・・

InkedP1080211_R_LI.jpg

みたらし祭のあいだだけなのかな?豆餅で有名な「出町ふたば」さんがここに出店されていました〜♪(ついさきほど、本店で豆餅を買ったときのブログ記事はこちらからどうぞ〜♪http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=929

 

「みたらし祭」は夜9時まで行われているという、観光客には嬉しいお祭ですね。今年は7月29日(日)まで行われているようです。京都に行かれるご予定の方はぜひ足を冷やして、京都の暑さをしのぎましょう♪

 

 

下鴨神社

住所:京都市左京区下鴨泉川町59

皆さま、こんにちは!

 

これまで・・・・・・

 

▶ 昭和レトロな面影が色濃く残る熱海シリーズ

▶ 昭和レトロな面影が色濃く残る熱海シリーズ

 

・・・・と、熱海の街の様子をパシャリと撮影した様子をご紹介しましたが、なにもレトロだけが熱海じゃなくて、おしゃれな熱海も、シュールな(笑)熱海も見つけてきました〜!

 

P1070425_R.JPG

洋風建築。ここだけ見ると、西洋の街のようです。

 

P1070417_R.JPG

西洋と言えば、こちらのレストランも、まるでここだけ海外のようでした。黄色いスクーターもマッチしてる〜!

 

P1070801_R.JPG

ネコが写りこむと、街の風景がおしゃれ度があがりますね。

 

P1070662_R.JPG

山田屋さんのところではサイダーを飲みましたー。行きはサイダーを飲みつつ話しこみ(笑)、それが楽しかったので帰りはお土産を買いにまたまた立ち寄りました。こんなふうに、熱海の地元の方と話せる時間をもつと旅も楽しくなりますねぇ。

 

糸川遊歩道をあるくと面白いものに出会えますよー

P1070423_R.JPG

糸川にかかる小さな橋の欄干が魚の骨に見えました。た、たぶん・・・・魚の骨だと思います!

 

P1070540_R.JPG

こちらも糸川の橋。ライオンかな?ブルーシートの向こう側はお神輿のようなものが。来宮神社の例大祭を週末に控えていたそうで、そのお神輿がここに置かれてありました。

 

糸川沿いの道路をあがっていくと・・・・

P1070557_R.JPG

ん・・・・・?誰かがベンチに座っていました(笑)。

 

P1070560_R.JPG

お察しのとおり、タコです。ユニークだなぁ。水場の近くにタコ!

 

P1070781_R.JPG

ヒラメもいました。ここもやっぱり糸川。

 

P1070546_R.JPG

ひもの屋さんの前には、こんなふうにまさに干物が作られている光景が。奥にチラリと見えるブルーシートは、さきほどのライオンの橋のところにあったブルーシートです。

 

P1070567_R.JPG

ふくろうの傘立て。めっちゃカメラ目線絵撮れた(笑)。これはひたすらかわいかった〜!バーだったかな?カフェだったかな?お店の入り口のところに立っていました。

 

P1070732_R.JPG

駅から数百メートル下ったところにある「熱海プリン」の看板。ここのプリンはほんとうにおいしいし、かわいいです。牛乳ボックスを模したギフトボックスもユニークですねー。その時の様子はこちらから▶▶▶ http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=916

 

昭和レトロを探しに熱海に行きましたが、熱海銀座を中心にあたらしい熱海、おしゃれな熱海、シュールな熱海(笑)もありました。そんな熱海の顔も撮ってみたいなぁ。撮影意欲はこんこんとわいてきます(笑)。

 

また、楽しい写真、きれいな写真が撮れたら、こちらのブログでシェアしますね〜!

 

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

普段は、ジュエリーやお料理写真を撮る機会が多いけれど、風景写真をもっときれいに撮ることができたらなぁ・・・・・。そんな願望のもと、大好きな昭和レトロをテーマに熱海の街をぶらり散歩中。

 

そんななかで撮った写真たち第二弾です!第一弾はこちら↓↓↓↓↓

 

「昭和レトロな面影が色濃く残る熱海シリーズ ▶▶▶http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=919

 

P1070599_R.JPG

熱海銀座

 

さっき撮ったのに、また撮る(笑)。そして、またもや人がいない状態を狙って撮ります。ひとむかし前まではそんな「狙って」とかせずとも、Atami Nobodyな写真がカンタンに撮れたんだと思います。でも、今は、観光客が多い♡新しくてオシャレなお店もぽこぽこできて、観光客にとってものんびり歩いていて楽しいストリートへと変貌!

 

P1070586_R.JPG

ときわぎ http://www.tokiwagi.co.jp/

 

1918年(大正7年)創業の和菓子屋さん。堂々とした建物でしたよ。ここのお菓子は食べたことないので今度、水曜日を外して熱海に来よう〜っと♪

 

P1070769_R.JPG

JR熱海駅に向かう坂

 

サッシ戸、タイル、自販機・・・・なんてことない光景なのですが、心ひかれてパシャリ♪

 

P1070759_R.JPG

JR熱海駅に向かう坂

 

黄色が大好きな私がこの外観を見逃せるはずがありませんー!「レモン」というお店。ファサードや看板がパッと明るいイエロー。もっと近づいて入り口に行くと、鉢植えの小さなお花やかわいいミニ看板がありました〜!

 

P1070600_R.JPG

JR熱海駅に向かう坂

 

ちょっと急な坂。この写真を撮っているスポットの背後(くるりと反対を向くと)には、ビルとビルの合間から熱海の海がキラキラと見えますよ!(^^)!

 

 

P1070636_R.JPG

JR熱海駅に向かう坂

 

営業しているのかどうなのかわからなかったお土産物屋さん。お店の奥はうす暗くて、でも商品はたくさん並んでいました(#^.^#)

 

P1070755_R.JPG

JR熱海駅に向かう坂

 

「山田屋」というお土産物屋さんの前で撮りましたー。山田屋さんの「湯葉巻」がものすごいクォリティが高くて、びっくり!魚のすり身が上品で、それが湯葉にくるまれているという・・・。

 

P1070658_R.JPG

山田屋さんのお店の前(これは暑い夏にはたまりません〜!)

 

歩道に面したしたところに氷たっぷりのバケツに、さまざまな種類のサイダーを置いておられて、ついつい足を止めて飲んうじゃいますよね。そして、お店の方と楽しく話し込んでしまいました(笑)。

 

かまぼこや魚のすり身などはECサイトから買えますよん〜!オフィシャルページはこちらから!▶▶▶ http://yamadaya-web.co.jp/

 

P1070615_R.JPG

JR熱海駅に向かう坂

 

スナック喫茶のお店。色んな意味で昭和な名前ですね。お店の外観や、窓にディスプレイされていたコーヒーカップがすっごくきれいでしたよ♪

 

P1070768_R.JPG

JR熱海駅に向かう坂

 

そうそう、ここ!ここの合間をのぞくと・・・・・・・・

P1070638_R.JPG

こんなふうに階段があります。階段を少し降りてみると、右手に海が広がっています。不思議な空間。でも、ちょっと好きな空間。

 

P1070749_R.JPG

JR熱海駅に向かう坂

 

だいぶ駅に近づいてきましたー。「洋菓子 フランドール」。往路ではお店の中に人がいっぱいいましたが、復路ではもう閉まっていました〜。熱海の夜は早いんですー♪

 

P1070751_R.JPG

JR熱海駅に向かう坂

 

撮れた!Atami Nobodyな写真♪人通りの少ない水曜日で、さらに17時を過ぎるともっと少なくなりました。

 

P1070681_R.JPG

JR熱海駅前のレストランフルヤ

 

オムライスがすばらしくおいしかったレストランフルヤ。その時の感動はこちらのブログ記事に書きました♪▶▶▶ http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=918

 

写真の左側に映っている公衆電話。この写真を撮る直前まで中学生が使っていました(驚)!使い方、わかるかしら・・・・って心配しましたが、ちゃんと10円玉入れてました(笑)。

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

まだまだ下手っぴですが、カメラで何かを撮影するのは好きで、普段からパシャパシャ撮っています。撮影の対象になるものといえば・・・・、ジュエリー、そしてお料理写真が圧倒的多数。

 

ジュエリーもお料理写真も、デジカメに”接写レンズ”というレンズを付けて撮っています。つまり、すごく近距離のものばかり撮っている・・・・・・。そんなとき、ふと、こんな思いがもたげてきます。

 

「風景を撮りたい」

 

せっかく撮るなら、自分の好きなテーマで撮りたいなぁ〜と思いまして、熱海へ昭和レトロを探しに行ってきましたー!

 

まずはココ。熱海の海岸の近くにある喫茶店「coffee サンバード」

P1070495_R.JPG

喫茶店「サンバード」

 

1968年ごろ(昭和43年ごろ)から営業されているサンバード。

 

お店の名前の由来は、1階にある日産にゆかりがあるんですよ〜。開店当時から発売されている日産「ブルーバード」と、目の前にある海から登って来る「サン(太陽)」がかけ合わさって、「サンバード」になったんだそうです♪

 

P1070499_R.JPG

熱海サンビーチ

 

サンバードから数十秒歩くと、もうこの海岸です。7月上旬でしたが、泳いでいる人がすでにいましたー。

 

P1070438_R.JPG

喫茶店「ボンネット」

 

1952年(昭和27年)創業の喫茶店「ボンネット」。

お店のおいし〜〜〜いハンバーガーとコーヒーのレポはこちらをクリック♪▶http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=917

 

P1070471_R.JPG

熱海ロマンス座

 

喫茶店「ボンネット」さんのお隣にある「熱海ロマンス座」は昔、映画館でした。青色と赤色のストライプがなんともレトロ。青いタイルもかわいい・・・・♡

 

P1070431_R.JPG

浜町通り(熱海銀座の近くでもあります!)

 

このあたりの路地には、作られていない、本物の昭和レトロがひそんでいます。ぷらぷら歩くと楽しいです(#^.^#)

 

P1070596_R.JPG

熱海銀座

 

昭和レトロ感が、より増すように、なるべく無人の状態で写真を撮りたかったのですが、最近の熱海はにぎわっているので♪、人がいなくなるのを待って撮るのに苦労しました〜。でも、街に人がいるのって良いことですよね!(^^)!

 

プレモルのビールの色がアクセントになっていたため、「サントリーロード」と勝手に命名しました(笑)。

 

 

 

P1070647_R.JPG

JR熱海駅へ向かう坂の途中

 

この鮮やかな青色のタイルが美しくて撮りましたー。ヨーロッパの街にありそうな色のタイルです♪シャッターはコケ?でミントグリーンでしたが、不思議とタイルの色とシャッターの色とマッチしていましたよ。

 

P1070622_R.JPG

JR熱海駅へ向かう坂の途中

 

ここもタイルがキレイで写真を撮りました。1階のタイルと2階のタイルはまた異なる雰囲気。2階のタイルは、よーく目を凝らすとモザイクなのかなー?

 

P1070508_R.JPG

熱海銀座の路地を入ったところ

 

こちらは、貝が両サイドに埋められていました。会社の事務所だったように思います。どこかキッチュな雰囲気があって、かわいくて撮っちゃいました♡

 

P1070512_R.JPG

熱海銀座の路地を入ったところ

 

雰囲気のある喫茶店だなぁ〜と思って撮影していたら、主人から「ドトールのコーヒー出すのかな?」って。確かに「香り豊かなドトールコーヒー」って看板に書いてありますね。

 

P1070516_R.JPG

熱海銀座の路地を入ったところ

 

こちらも人が通らなくなるのを待って撮った一枚。本来なら人がいっぱいいるはずなのに人が写っていないという『Tokyo Nobody』ならぬ、「Atami Nobody」を撮りたくて♪

 

P1070569_R.JPG

糸川沿いを登りきったところ

 

明治牛乳の看板があるミントグリーンのベンチ。オレンジ色のバス停。まぎれもなく現在、機能しているバス停なのですが、さすが熱海。これだけでレトロ感を醸し出してくれています♡こちらも、人通りと車の往来がおさまるのを待って撮影しました!

 

「昭和レトロな面影が色濃く残る熱海シリーズ◆廚悗搬海ます▶▶▶ http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=920

 

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

さて。今日は、IKEA(イケア)港北店のランチをレポしたいと思いますー!

 

IKEA(イケア)の中で食事を取る場所は2か所ありました。1階にはイケアビストロ(ホットドッグやソフトクリームなどの軽食が楽しめます)、2階にはイケアレストラン(スウェーデン料理や季節限定メニューを楽しめます)がありました〜。

(さらに詳しい情報はこちらのオフィシャルページを♪)

 

今回は、2階のイケアレストランへ初めて行ってみました。

 

IMG_0152_R.JPG

まず、入り口でミニワゴンをピックアップします。このミニワゴンは、奥行も横幅も小さめに作られていて、混雑した中でも小回りがきいてとっても使いやすいんです。トレーを差し込めるところが3段あります。

 

IMG_0162_R.JPG

こうやってミニワゴンに何枚もトレーを差し込めるのは、お子様連れの方だったり、荷物が多くて両手がふさがったりしている方にはうれしいですよね〜〜!機能的です!

 

IMG_0167_R.JPG

手前左・ミッドサマープレート(期間限定メニュー)

手前右・フィッシュ&チップス(期間限定メニュー)

奥・野菜カレー

 

手前の2つのプレートは、2018年6月の期間限定メニュー(シーフードフェア)から選びましたー。

 

ミッドサマープレートは、いわゆるイタリアンレストランでいただく”前菜の盛り合わせ”。このミッドサマープレートのの完成度が高すぎて、むしょうに白ワインが飲みたくなりましたー!そんな消費者を見越してか(笑)、白ワインも売られていましたよ。今回は、運転のためあえなく断念しましたが・・・・・。

 

この前菜の盛り合わせには、フードの人気者たちがギュッと集まっています!たとえば・・・・

 

IKEA(イケア)の代表的な一品・ミートボール、イケアレストランの人気者・サーモンマリネ、女性にはうれしい各種ベジタブル、マーケットホールで買うことができる魚のマリネもありました。

 

おいしいランチを頂いたあとは、「あれと同じものを・・・」を、ふらふらとマーケットホールに入り込み、ついつい同じものを買っちゃうんですよね・・・(笑)

 

IMG_0168_R.JPG

フィッシュ&チップス

 

こちらは、言わずとしれたイギリスのポピュラーなディッシュ。プレートの右側に添えられているタルタルソースがナチュラルな味がして気に入りました。まるで、このタルタルソースを食べてもらうために作られたようなお料理です。(はい、もちろん、このタルタルソースもマーケットホールで買いました〜)

 

そうそう。イギリスに一年ほど住んでいたのですが、フィッシュ&チップスは日本のパブで食べた方がおいしいなぁ〜という味の記憶。イギリス人の食への執念がちょっとアレなのか(笑)、それとも日本人のアレンジ力が素晴らしいのか・・・?どうなんでしょ?今、行くと、また食事情は違うのかな?

 

IMG_0169_R.JPG

野菜カレー

 

これは期間限定ではなくって、定番メニュー。二人でペロリと。「たいらげる」という表現がぴったりなくらい高速で食べちゃいました♪

 

イケアレストランのレビューを見ると「安くておいしい、って聞いたのに期待外れだった」と厳しめなコメントがチラホラありましたが、行かれたことのある皆さまはどうですか?

 

私は・・・・実は、「おいしい」と思ったし、「また行きたい!」と思いましたよ〜!ランチ目的だけでIKEA(イケア)に来ても良いかな、っていうくらい。またIKEA(イケア)に来たら、ぜひともここで別のメニューを試したい!と思うくらい良かったです。

 

理由としては、意外なことに(っていうと失礼かもしれないけど)、化学調味料が使われてなかったこと。それをこの価格で提供できるって、ありがたいなぁ〜って思います。期間限定メニューのミッドサマープレートの完成度は”ブラボ―――”でした。ブラインドで一流レストランのアンティパストと比較するとわかんなくなっちゃうんじゃないかな〜?

 

IMG_0170_R.JPG

なんてことを、ベリーベリーチーズケーキを食べながら、感じました。ん・・・・?食べすぎちゃってますか?w

 

このチーズケーキはクリームチーズケーキにブルーベリーやラズベリーが入っており、クランブルもほろほろとおいしく、とってもアメリカンなケーキでした!

 

イタリアンやら、イングランドやら、最後はアメリカンやら・・・・・。なんか、グローバルなランチだな(笑)。

 

そうそう。もうひとつ、おいしい情報をば。IKEA(イケア)にはもうひとつ名品がありまして。1階のイケアビストロで頂けるホットドッグ。もーーね、皆さま、悪いことは言いません!一度、このホットドッグ(¥80)を試してみてください!

 

私は、ここのホットドッグでフライドオニオンの衝撃的なおいしさに目覚めました。そして、また、このフライドオニオンがマーケットホールで売っているわけで、今回も買っちゃうんですよね〜!

 

そして最後にひとつ・・・・・・。土日のイケアレストランは、すっごく混雑すると思います(汗;)。平日ですら、そこそこ込み合っていましたから。土日は満席で席がとりにくくなっている場合も・・・・。ゆっくり食事を楽しみたいなら時間をずらしたり、平日に行ったりするのがおススメです。

 

今日は以上ですー!

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです。

 

今回、ハノイで行ってきたお店。

雑貨や器、お洋服やバッグのお店なんかを周りました〜!

 

ガイドブックで調べながら、地図にマーキングしていくと

ハノイ大教会の周辺に行きたいお店が集中したので、周りやすかったなー。

 

そして、実際に足を運んだのが下記の12店舗。

特にお気に入りだったのが、オレンジ色でマーキングした7店舗です。

 

【ホアンキエム湖左上〜ハノイ大教会周辺では・・・・】

ドランゴン・フライ⇒ タンミー ⇒ タンミー・デザイン

⇒サパ ⇒チエ ⇒フローラ ⇒nugu

Ajisai ⇒イパニア⇒ インティメックス

 

【旧市街地では・・・・】

安南パーラー

 

【タクシーに乗って行ったのは・・・】

アンナム・グルメ・マーケット(タイ湖周辺)

 

写真入りでご紹介させていただきますー!

ぜひ、ハノイに行かれるかたはご参考くださいね♪

 

※このブログ記事の情報は全て2017年9月現在のものです。

 

P1030341_R.JPG

TAN MY(タンミー) 

 

エアメールの形をしたユニークなポーチ。

他にも、家族用のおみやげをここで買いました。

バッグや小物が美しくて、滞在中、毎日通ったなぁ〜。

 

お向かい側の「タンミー・デザイン」は姉妹店で、

3階建ての大型店で、よりモダンなお洋服とか、リネン類が。

そちらもおすすめです♪

 

P1030206_R.JPG

flora(フローラ)

 

ハノイ大教会の周辺だけで2か所ありましたが、

私たちが行ったのは、ハノイ大教会のすぐに隣。

壁を越えた路地にあるほうのお店です。

 

IMG_5199_R.JPGIMG_5198_R.JPG

ベトナム人の女性オーナーがデザインしているとのこと。

フラワーモチーフの他に、梟やゾウの動物モチーフの小物もあって、かわいかったです。

 

そして・・・・そこからほど近いところにあるお店が・・・・

P1030212_R.JPG

Ajisai(アジサイ)

 

日本人店長がセレクトしているおかげか、

好みにあったものが短時間で見つかりました〜!

 

連日、通ったなぁ(笑)。

 

P1030305_R.JPG

Tra Viet namのお茶

 

3階に行くと、座って試飲ができるようになっています。

P1030213_R.JPG

日本語でお茶解説ができるスタッフさんもいて、

なかなか楽しい試飲タイムでした。

 

おみやげとして買ったお茶。

包まれている黒い紙は広がるようになっていて・・・・

P1030336_R.JPG

それが、そのままお茶の解説書になっていました!

 

お茶は、ハーブティが12種類くらい、

ベトナムのプレミアム茶が12種類ほどあります。

 

それから、Ajisaiのお店でもうひとつ目を引いたものと言えば・・・

P1030224_R.JPG

バッチャン焼きの器たち。

キッチュでレトロなものが好きな方(私とか(笑))は必見です!!

 

梱包もしっかりしてくれるので、安心です。

(でも、心配性な私は、さらにそれを衣類に包んでスーツケースに詰め込みました)

 

器がかわいいと言えば・・・・・・

P1030230_R.JPG

An Nam Parlour(安南パーラー)

 

ここでも、ガラス製のかわいいコップが売っていました。

P1030248_R.JPG

カフェなので、バインミーとベトナムコーヒーを飲みつつ器をチェック♪

 

P1030249_R.JPG

これは、器の底に「笑」、「門」、「福」「来」の文字が描かれていて、

「笑う門には福来る」のラッキーアイテムな器。

今回は「福」の器が欠品していたので購入には至りませんでしたが、

蓮の模様や色使いがとってもかわいかったです。

 

P1030288_R.JPG

Annnam Gourmet Market(アンナム・グルメ・マーケット)

(これは2Fのドリンクや輸入チーズが売られているコーナー)

 

市街地からちょっとタクシーを走らせることになりましたが、

輸入食材を扱うスーパーで、見ているだけで色々楽しい!

 

P1030303_R.JPG

オーがニッククッキー

 

砂糖不使用で、まったく甘くありません。

大変、ヘルシーなのですが、私は・・・・はちみつにつけて食べるかなっ(笑)。

今回は、ココナッツクッキーやセサミクッキーを買ってみました。

 

コスメでは・・・・・

P1030292_R.JPG

ココナッツオイル(ヘア&ボディ用)。

 

ポンプ式ですが、御殿場の秋は寒いので冷えて固まってしまい、

ポンプ式では出てこなくなりました(爆)。

リップバームみたく、指ですくって使用する形になりそうです。

 

P1030293_R.JPG

P1030294_R.JPG

フランス製のクリームやリップバームも衝動買いしました。

「BIO」という文字に惹かれて(笑)。体に良さそうだなぁ〜と。

 

さて。

 

アンナム・グルメ・マーケットのあとは、こちら・・・・

P1030323_R.JPG

Intimex(インティメクス)

 

地元の方に密着したスーパーで購入したのは、

ライム塩と、フォー数種類。

 

フォーは、よぉ〜く見てみると・・・・・

P1030324_R.JPG

エースコック・・・・

はい、日本の会社です(笑)。

 

実は、ベトナムの即席麺の市場のうち、

50%のシェアを誇るのが、エースコックベトナム社らしくて、

ベトナム人の認知度は100%なんだそうです!

 

P1030325_R.JPG

日本の会社だけれど、バーコードはしっかり「893」から始まっていて、

ちゃんとMade in Vietnamでしたよー!

 

うん、ベトナムみやげとして胸をはって配れます!

 

日本のエースコックの「鶏だしフォー」と食べ比べてみましたが、

まだベトナムの余韻にひたっていたいのが、

ベトナムで入手した「フォー・ガー」のほうを「おいしい」と感じました。

 

でも、そのうちちょっとずつ、日本の味が体に流れ込んで

「鶏だしフォー」のほうがおいしい、ってなるんだろうな・・・・・・。

 

以上、ベトナム雑貨&おみやげのご紹介でした!

 

 

 

皆さま、こんにちは!

御殿場の時計・宝飾・メガネのお店、ヤマトヤのすみかです。

 

おととい、ベトナムのハノイから帰国しました。

おみやげが部屋に散らばっていたり(笑)、

ハノイのホテルでもらったアメニティを使っていたり、

まだまだ旅の余韻が日常にまぎれこんでいる状態です。

 

P1030199_R.JPG

早朝のハノイ(旧市街地)

 

日中は、洪水のようにオートバイが流れていますが、

朝早めにお散歩すると、とっても静かでした。

 

P1030229_R.JPG

鳥かご(旧市街地)

 

ベトナムでは、「小鳥をめでる」というのが男性のたしなみだそうです。

めでているその瞬間は見れませんでしたが〜、

旧市街地のいたるところに(カフェにまで!)鳥かごがありましたよ。

 

P1030208_R.JPG

ハノイ大教会の外壁の前にあったベンチ

 

あまりにもフォトジェニックだったので、激しいスコールのなか、撮影♪

黄色い壁に、青紫色のベンチがありました。

オートバイが止められているのも、ベトナムっぽいなー。

 

P1030210_R.JPG

スコール(ハノイ大教会近く)

 

急にスコールが降ってきました。

 

「さぁ、今からお買い物しようか!」

 

というときだったので、やられたなぁ〜。

 

道を歩く人々も、あわてて軒下へ避難しています。

 

P1030196_R.JPG

不思議な木(ホアンキエム湖の西側)

 

ハノイの市街地を歩いていると、

こうやって不思議な形をした木を、けっこうな頻度で見かけました。

 

P1030201_R.JPG

路地奥(MOMENTの看板にいざなわれて♪)

 

通常、海外に行くと、路地奥には入りにくいと思うのですが、

ハノイの場合は、そもそも間口がせまい建物が多くて、

おのずと路地奥ができやすいんですね。

なので、路地奥にカフェやかわいいお店があったりします。

 

P1030040_R.JPG

風船売りのおじさん 淵曠▲鵐エム湖の東岸)

 

ホアンキエム湖のそばで、風船を売っていたおじさん。

夜になると、たくさんのカップルが往来する場所なので、

こういうハートマークのかわいらしい風船を売っているんでしょうね。

 

P1030043_R.JPG

風船売りのおじさん◆淵曠▲鵐エム湖の東岸)

 

売れたのかな・・・・???

タクシーの後部座席に歩み寄って行ってましたよ。

 

P1030063_R.JPG

風船売りの女性(ホアンキエム湖の北岸近く)

 

女性ふたりで、激しく往来するバイクのなかを、すいすいと縫うように歩きながら

風船を売っていました。

 

花売り、果物売り、野菜売り・・・・

ハノイには、色んな行商の人々がいましたが、

私は、風船売りの人に一番惹かれましたよ〜!

夢があるなぁーって。

 

P1030036_R.JPG

夜、ダーカウをする若者たち

 

ダーカウとは、蹴るスタイルのバドミントンのようなもの。

仲間同士で輪になって一生懸命に蹴っていましたー

 

このダーカウは、ベトナムで大変流行っているらしくって、

ホアンキエム湖の湖畔だけでも、いくつかグループができて、

ダーカウをしていました。

 

ハノイの街は、ただ歩いているだけでも、

珍しいものや、美しいものが目に飛び込んできました。

 

みなさま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

先週のことになるのですが、

高知県の土佐清水へ出張に行ってきました。

 

詳細は、「ヤマトヤ御殿場本店のStaff Blog」にて、

”スタッフAオシマ”の名前で投稿しています。

http://ameblo.jp/yamatoyagotembahonten/entry-12297721445.html

『パールの原産地で、ヤマトヤのパールが順調に育っているか見てきました!』

っていう記事です♪

夏っぽい写真満載でお届けしています!良かったら、ご覧いただけると嬉しいです!

 

出張は、午前3時半に起きて、4時過ぎに家を出るという、

ご来光を見に行く登山家みたいなスケジュールで始まりました。

 

でも、出張の良いところは、

現地の業者さんが、おいしいものを食べられる場所を知っているため、

食べ物のハズレがないことです。

 

土佐清水では・・・・・・

P1020606_R.JPG

ため息ものだった、焼き鯖寿司を頂きました!

いわゆる鯖寿司とは、色も形も違ってて、新鮮でした。

鯖寿司フリークなアオジ(=主人)も、喜んで食べていました。

 

 

P1020609_R.JPG

ヒオウギ貝。

バターが入っていたのかな〜?絶品のタレが貝のおいしさを

これでもか、というほど引き立てていて、もーーー、記憶に残る味でございました。

 

P1020608_R.JPG

こうやって、乱切りされたレモンが散らばっていて

大皿に盛り付けられてパッと華やぎを感じる一品!!!

 

※上記の「焼き鯖寿」と「ヒオウギ貝」は、

土佐清水市の「お食事処あしずり」さんにて頂きました。

 

そして、高知と言えば!のカツオのたたきです。

Facebookに「高知に出張に来ている」というと、

美味しいもん好きな人たちから、

 

「塩たたき」とか、「藁(わら)で焼いたタタキ」とか

おいしそうなワードと共にコメントが入ってきました。

 

ハイ!もちろん、藁(わら)で焼いてましたよ〜。

今度は、高知市内のひろめ市場にて。

 

フードコートみたいな空間に、いろんなお店が軒を連ねているのですが、

「明神丸」というお店が、とっても評判が良いんです。

 

タレか塩が選べますが、塩がおすすめです♪

P1020482_R.JPG

まぁ、もう、言葉で語ることは何もないんですよね。

カツオのたたきを本場の高知で初めて食べることができた幸福感も一緒に噛みしめました。

 

そういえば、お造り(おつくり)も、あちこちでおいしかった。

P1020613_R.JPG

高知では、カツオのたたきも、お造りも、

どこのお店に行っても、必ず生のニンニクが添えられてきました。

ニンニクをツマにしてお造りを食べるのも、高知の特徴のようですね〜。

 

カツオがおいしい地域は黒潮が流れている地域を中心にたくさんあるそうですが、

カツオを塩タタキにして食すのは、土佐の文化のようです。

 

「藁(わら)で焼く、カツオの塩タタキ」

 

高知に来たら、これが最高です。

 

あと、カツオは鮮度が落ちやすい魚だそうで、

冷蔵技術がなかった江戸時代には、

堅くして食していたそうです。

 

だから、カツオを漢字で書くと「」。

魚偏+堅い、って書くんですね〜。

 

魚偏の漢字って、たくさん種類があるので、

ときどき混乱して読めなくなりますが、

「鰹」は、これで覚えましたっ!!!

 

 

 

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです。

 

今日は仕事で、本部メンバーのスタッフと一緒に

御殿場から裾野まで車で移動♡

 

ヤマトヤ裾野店までの行き方がわからないため、

道を覚えるために同行してもらいました。

 

こんなにお天気が良かったら、

このままずーーーーーーっと、ドライブに出かけたくなるなぁ・・・

 

ふと、そんな気になりましたよ。

 

昨日のブログの続きです。

※昨日のブログはコチラから♪⇒ http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=620

 

浜松ので餃子を食べたあと私たちが向かったのは

掛川市の横須賀という地域。

山中酒造さん。

平入りの町家は、京都でよく見かける典型的な町家!

こういう町家があることで、この町の歴史を感じました。


松の木も見事な枝ぶりですよね。

 

さて。酒蔵見学。

普段は公開されていませんが、

すぎちゃん(酒屋さん)のはからいで、

同行した私たちも見せていただけることになりました。

ゴゴゴゴって重たい木の扉を開けると

やわらかい光が入って来て、ノスタルジックな光景があちこちに。


これ。この水がお酒の命です。

地下100メートルから噴き出すお水。




用意してくださった大きな利き猪口(ききじょこ)で、ぐびぐびっと!

超軟水で、まるっこい味でした。


みんなでパシャリと記念撮影もしましたよ。

 

山中酒造さんのあとには、

ご近所の庭園にもちょっとだけ立ち寄ってみました。

鯉がいたり、池があったり・・・・


睡蓮もちょっとだけ咲き始めてたなぁ。

モネの睡蓮とはいきませんが、小さくて控えめな睡蓮は趣がありました。

 

で、私が一番「おぉぉぉ〜!」と思ったのはコレ!

A子ママが、「この瓦、めずらしい!」って言ったので目に飛び込んできた瓦。

 

たしかにぃ〜〜〜!!

普通のうねうねした瓦と違って、ぺたーーーーんと平べったい瓦。

一見、瓦なのかどうなのかもわからなくなるくらい、ひらぺったい。

 

ひとりで訪れていたら、きっと見過ごしてたと思います。

こういうのって、誰かと一緒に時間を過ごす醍醐味のひとつですよね。

 

最後は・・・・・

食に走ります!(笑)

 

おつまみに貝を頂いてからの・・・・・

季節の天ぷら。

大根おろしが四つ、ぽん ぽん ぽんってかわいらしく並んでました。

 

最後に、握り寿司が登場!

わーーーい!

足りるかな〜って心配しましたが、

ちゃんとお腹いっぱいになりましたよ(笑)。

 

シャリはほんわりとしておりました。

うん、おいしいな。

あと、何といっても、従業員の方のサービスが素敵だったな。

 

そうやってわいわいしてたら、あっという間。

A子ママが東京に行く時間になりました。

 

台風もやって来ていて、

お寿司屋さんを出た時点で、どしゃぶりの雨に・・・・。

ものすごくタイミングよく、旅の結びとなりましたとさ。

 

この日、本来の予定だと京都の美術館に行く予定だったけど、

すぎちゃんとA子ママ、アオジ、私の4人が

浜松に一同に会するなんて、めったにない機会です。

 

京都にはいつでもいけるけど、

この日、この瞬間は、このときだけのものだったので、

迷うことなく、すぎちゃん&A子ママの計画に乗っかることにしました。

 

やっぱり楽しかった!

あと、ホッとするーーー!

 

・・・・・ってことで、夏のドライブ第一弾のお届けでしたっ♪

 

すぎちゃん、A子ママ、ありがとうございますーーー!

 

BY アオジ&すみか

 

 

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです!

 

一日中、風が吹いて気持ち良いですね。

昨日に比べたら、暑さが和らいでいる御殿場です!

 

先日の浜松エクスマLIVEの翌日は

夏のドライブにお出かけしました。

 

アオジ(=主人)と同じエクスマ塾生の

すぎちゃんと、A子ママです。

 

すぎちゃん(杉山雅一さん)は、

伊豆の国市で、「杉山商店」という酒屋さんを経営していて、

http://ameblo.jp/sugiyama-show-10/

 

A子ママ(下澤美香さん)はデジタル発信の専門家!

先週は釧路、今週末はなんと鹿児島と、全国を舞台に活躍されてます。

http://mika-shimosawa.hatenablog.com/

 

そんなお二人と一緒に、エクスマLIVEの翌朝から、

静岡県を横断してきましたよー!

おはよう、浜松!

浜松のランドマークともいえるアクトシティを背景にしつつ、

この日の予定をゆるーーく決めます。

 

「浜松城に行って、浜松餃子を食べよう!」

 

・・・・てことで、まずは浜松城へ向かいました。

最近、一眼レフを買ったA子ママ。

すでにもう、カメラを構える姿がサマになっています。

 

ふと、アオジ(=主人)をおいかけると・・・・・・

やっぱり一眼レフを構えてます。

彼は、カメラが大好き。

おもしろそうなことが起きそうなときは、

一眼レフを持参してますねぇ。

 

あれ???すぎちゃんは・・・???

いたーーーー!!!

しかも、その佇まいが堂に入って、

プロじゃないですかーーーーーーーーーーー!!!


かっちょええーーーーーー!!!

すぎちゃんは言うまでもなく、一眼レフです。

 

・・・・というわけで、三人とも、

良い構図を探しながら、

おのおのが「これぞ!」ていう写真を撮るために、

それぞれの撮影ポイントに散らばってました。

 

かと、思いきや・・・・・

良さげなアングルが見つかると、三人とも集まる(笑)。

 

この日は、私だけがiPhoneでした。

 

集中している三人の周りを、ぽやぽや&うろうろ。

 

Tweetなんぞしてみます。

 

↓↓↓

 

 

ねーーー。

 

すぎちゃんは、実は、酒屋さんをやりつつも、

富士山の写真集や、富士山のカレンダーを撮影・発売しているんです。

 

まさに、趣味が高じて、それがお仕事につながってい、

今や、企業からオファ―が来るほど!

 

そんなカメラ好きなすぎちゃんと、

デジタル発信の専門家のA子ママが、

SNS映えする写真のコツを教えてくれるセミナーが東京で行われます!

 

 

私は参加しますよー!

 

なぜならば・・・・・・・・・・

こんなんやねんもん(関西弁)。

 

なんか、もっとあるでしょーーーーーっ!!って、感じ。

 

で。

 

餃子を食べるときに、

同じ空間にいたすぎちゃんのお写真はというと・・・・・・・・

 

さすがなのです。

 

さらにA子ママに至っては・・・・・・

もう、これ、

「むつぎく」のオフィシャル写真になっててもおかしくありません。

A子ママは、スマホで撮ってたからなーーーー。

 

ぜひとも、私もコツをつかみたいよね!

 

ってことで、7月18日(火)に東京へ行ってきますよー!

ご興味ある方はぜひぜひA子ママのこちらのブログを見てみてくださいね!

http://mika-shimosawa.hatenablog.com/entry/2017/06/15/165643

 

一緒に東京でコツをつかみましょう〜!

 

あ、ちなみに。

 

「むつぎく」というお店は浜松市民にも人気のある浜松餃子のお店です。

浜松に住んでいた時に、教えてもらったお店で、

気に入って通っていたんですよー。

 

ふわっふわのタネ(野菜メイン!)のおかげで、

いくらパクついても、お腹がおもくなりません。

この日も、大きなお皿の餃子二皿を四人であっという間に完食♪


これは、「むつぎく」でメニューを選んでいるときの一眼レフ族です(笑)

 

さて。

 

”夏のドライブ”って、まだこのブログでは

浜松駅の表から裏に移動しただけなので(笑)、

ここからが本番です。

 

・・・・なのですが、続きは明日書きますね。

これから、ちょっと出かけてきます〜〜〜!

 

では、また明日♪



 

いやぁ・・・・、てっきり、ご近所のお店か何かと思っていました。

 

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

先日、午前中のうちに草むしりをしていたら、義母が

 

「小富士(こふじ)に行くけど、来る?」

 

・・・・と、まるで「近所のコンビニ行くけど、来る?」くらいの気軽な雰囲気で聞いてくるので、

 

「はぁーーーーーい、行きま〜す!」

 

と、草むしりの格好そのままで車に乗り込んだら・・・・・

 

 

到着したところは、富士山の五合目(標高2300m)だったよね(笑)。

 

富士山が、あの富士山ではなく、完全に登山途中の富士山でした。

 

御殿場の標高が450mだとしても、1800mの標高差を、車でグイグイ登って・・・・。

 

いやぁ〜・・・・。

 

めったに乗らない馬力のある車をガレージの奥から引っ張り出してきたから、

「あれ?」とは思ったんですよ?(笑)。

 

そゆことでしたか。

 

富士山が身近すぎる御殿場市民からのお誘いは、

どんなに気軽でも、富士山の五合目に連れていかれる可能性があります(笑)。

 

でも、始まったハイキングは未知との遭遇があって楽しかったです。

 

 

シロバナヘビイチゴ

 

 

 

 

白くてとんがった花びらが特徴のツマトリソウ。

 

 

 

 

このあたりでは、四年に一度しか咲かないというアズキナシ。

 

そして・・・・

美しいコケにも出会いました。

 

コケの上に広がる葉っぱたちも美しかったです。

濃いグリーン、淡いグリーン、ミントグリーン・・・・・

 

キレイだなぁ〜って見とれちゃいました。

 

途中、義両親が仲良しの山小屋「東山富士山荘」の方のところで、

きのこ鍋も食べました。

 

季節限定のきのこ鍋。

けっこうな量があってびっくりです!

 

この山小屋は、ワンちゃんがもともといることもあって、

犬の入店がOKのお店です!

 

ベル(柴犬)。

 

テーブルの下にもぐりこんで・・・・・

 

そこから世間(店内)を見渡していました(笑)。

 

この日、おそらく山小屋で飼われているワンちゃんもいました。

おとなしくて、控えめで、なんだか応援してあげたくなるようなワンちゃんでしたよー。

 

須走口からだと、片道が20分ほどの軽めのハイキング。

 

「森林浴はしたいけど、ハードなのはちょっと・・・」

 

という方(けっこういっぱいいると思う!)におススメです!

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは。

ふたたび(今日2回目)、ヤマトヤのすみかです。

 

今朝Facebookにも投稿しましたが、

 

「大人になったら、信用できる友達ができないよ」

 

と学生時代に言われていた気がするけど、

いざ自分が社会人になって思ったのが・・・・・

 

「そんなはないなー」

 

ってこと。

そして、「そんなことなくて良かった」ってホッとしました(笑)。

 

だって・・・・・・

(雨の日にサングラスをかけて、牛舎へ行こう!の図)

 

 

大人になって出会ったこの方々との楽し気な写真を眺めて、

ふと、そんなことを思いました。

 


一緒にコウノトリの生態について学んだり(@兵庫県立コウノトリの郷公園)、


 

古き良き時代に建てられた映画館のバーで乾杯したり(@豊劇)・・・・

(あ、右側の写真はシノコアラです)

 

こうのとりに関しては・・・・・
 

近くで見ると意外と眼光が鋭くて怖いことや、

羽を広げると2メートルくらいあるとのことなんかを確認たり(笑)。

 

ガクさんには二日間にわたって車を出していただいたうえに、

観光案内までしていただき、感謝しております。

 

さらに、二日目の朝食のために、

ノドグロと黄金カニをキープしてくださってました。

もう、シーズン終わりだというのに・・・・・

ほんとうにありがとうございます。

 

朝食を食べ終わってから、まず連れて行っていただいたのは・・・

カエル岩

 

この岩に向かって、お願い事をすれば、

失ったものがカエル(帰ってくる、返ってくる)ということで、

縁起の良い岩なんですって!

 

そして次に・・・・・


お酢のショップ「城崎ビネガー」さんにて、全員で全種類を試飲中。

 

ここのお酢はほんとうに美味しくて、もともと家で使っていたお酢ですが、

まさかここ、豊岡でショップに行けるとは思ってもみませんでした。

 

今回は、飲むためのお酢「城崎ビネガー」をお土産に♡

 

さらに、酒蔵の「香住鶴」さんでお酒づくりについて学んだあと・・・・

一瞬、「あの畳かな!?」とどよめきましたが(4人で)、

あの畳とは無関係ということが判明いたしました。

(※気になる方は、ぜひ「シノハラファン 畳」で検索してみてくださいね!)

 

とっても楽しみにしていた、田中畜産の田中一馬さん&あつみさんのお宅を訪問!

牛舎に最後に入ったのは、4歳のとき以来ぶり!

 

鋭い角を持っている牛や、

うまれたばかりの仔牛もいました。

 

今回おじゃました全員が、あますところなくスマ中なので、

初対面なのに、会話よりも、SNS優先!?な空気感(笑)。

 

「次回、お会いしたときは時計の話やカメラの話をしましょうね」

 

と、一馬さんとのやりとりがありましたが、

そのやりとりもSNS上でした(笑)。

 

私の、新幹線車内アナウンスのオペ話にも優しく耳をかたむけてくれて、

鉄道ヲタでない方にとっては、マジでどうでも良いことばっかりだったはずなのに、

まちこさんもすぎちゃんも、優しく耳をかたむけてくれました。

(でも、ちょっと語りすぎたーーーー)

 

あっちでも、こっちでも、どこにいてもお酒を飲む私たち。

お酒は飲むけど、お酒にはのまれないからこそできる大人の遊びですっっ(かっこいい!!!)

 

はーーー、ここまで長かったですよね。

読んでくださってありがとうございます。

 

次回のブログでは、いよいよすぎちゃんのセミナーについてです。

 

デジタル時代に、私たち個人店ができることとは!?という、

大変、興味深いテーマについてお話が聞けましたので、

それについて思うところを書いてみようと思います♪

 

 

 

皆さまは、寝坊したことありますか?

私は社会人のときに一度だけあって、

当然ながら、そのときはものすごーーーーく怒られました。

 

皆さま、おはようございます☆彡

今日は無事に起きています、ヤマトヤのすみかです。

 

大遅刻をしてしまったあの日から12年後・・・・・・・

 

やらかしてしまいましたーーー!

しかも、夫婦そろって、大切な日に大きな寝坊をしてしまいましたーーー!

 

なので、旅の同行者のすぎちゃんのTwitterを見ても・・・・・・

 

 

現地で合流予定だったまちこさんのTwitterを見ても・・・・・・・

 

私たち夫婦の姿は、そこにはありません。

 

だって、寝坊してますからね・・・・・(汗)

 

・・・・・・というわけで、とりあえずスーツケースに入れなきゃいけないものを入れて

家を飛び出します。

 

義両親の「あれ〜?どこに行くの〜」の、おっとりした問いかけに、

都道府県名も告げずに「香住(かすみ)」とだけ乱暴に告げるアオジ(=主人)。

 

ウケる(笑)。

 

(”やっちまったーーーー” & ”ノーメイクーーーーー(汗)”

・・・・というわけで顔を隠しております)

 

すぎちゃん(伊豆の国市在住)から遅れること1時間。

三島駅から新幹線に乗り込みます。

 

はーーーーーーー。

 

寝坊した原因は二つありまして・・・・・・

 

★その1:アオジ(=主人)は、目覚まし時計を消して二度寝。

真横で、その一連の動作の気配を察していた私は、

 

「またまた、アオジったら普段鳴らさない目覚まし時計を真夜中に鳴らして〜〜」

 

と、安心して二度寝しちゃったんですね。

真夜中ではなく、朝が来ているにもかかわらず!

 

そして、私。

 

★そもそもiPhoneのアラームをセットしていなかった

 

・・・・というわけで、12年ぶりの寝坊事件へと発展していきました。

 

はーーーーーーー。サムアップのスタンプなんぞ送ってしまった後に、

寝坊した事実をすぎちゃんへメッセンジャーするときの申し訳なさといったら・・・・・。

 

あまりにもあまりだったので、アオジがメッセンジャーしてくれました(笑)。


京都駅での乗り換え。

もっとウキウキしても良いはずのパン屋さんの前で。

口を一文字に結んで反省・・・・・・




色とりどりのお弁当コーナーでも、冴えない表情(涙)。

 

それはそうです。

だって、すぎちゃんとまちこさんを待たせてしまっているんですもん!

 

でも・・・・・・・

シノ活(※シノハラファンが、シノハラさんをリスペクトしながら各種の活動を行うこと)は

きっちりやるよね。

 

しかも、非北陸エリアのシノハラファンにとって京都駅はちょっと特別。

 

サンダーバード(北陸と関西を結ぶ特急列車)に

「やっほーーー」と愛の念力を込めに行きました♡

シノハラさん(敦賀)と、

スカルぺ21のタケトウさん&宮本さん(野々市市)のそばを通過しますからね!!!


鉄ヲタのアオジ(=主人)は、大好きな特急の到着をそわそわと待っています。

私はシノハラサングラスをかけてスタンバイ完了♪

 

(アオジは、まだそわそわ(笑))

私はシノコアラをやっている最中。

 

そして、こちらがサンダーバード!!!

「しっかりと敦賀と野々市まで行ってきてね!頼むよ!」

と、謎の願掛け(笑)。

 

・・・・・・と、楽しそうにしておりますが、

遅刻してますからね、私たち(笑)。

駅弁に描かれたお稲荷さんを見ても、

なんだか怒られているように思えてくるわけです・・・・(怖)。

 

原了郭さんの黒七味使われているとのことで、このお弁当をチョイスしてみました。

わらびや根曲がり竹などの山菜と、鶏肉、そしてお揚げさん。

おいしゅうございました。

 

そんなこんなで、約1時間遅れで、目的地に到着です。

「城崎温泉」駅。

目がうつろ・・・(笑)。

 

そんな私の冴えない表情とは別に、

Facebookへの「遅刻しました」という反省投稿には、

どんどん「いいね!」が増え、そして過去最速のスピードで「ウケるね!」が付き、

この反省文のいったいどこかにおもしろい要素があったっけ?と思いつつ(笑)、

 

「遅刻していること自体がネタとしておもしろいんじゃない!?」

 

ってアオジと納得して、すぎちゃんとまちこさんが待っている改札へ急ぎました・・・・・。

 

この日は、すぎちゃんのセミナーが始まるまで、

豊岡で貴重な体験をさせてもらいましたよ、っと。

 

なかなかレアなエリアなので、

気をとりなおして、またレポ記事をアップいたしますねーーー!!!

 

 


本部勤務から2週間以上経過。

今月は、本部で唯一このブログを読んでくれているマダム社員がおやすみ!!!

 

なんてことぉぉぉ・・・。心細いです〜。。。

 

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです。

 

今日もまた、奥の席で、もくもくと原稿づくりにいそしんでいます。

めっちゃ孤独ーーーー(笑)。

けど、本来、デスクワークってそうだったよなぁ・・・と

昔の記憶を引っ張り出してきて、思い出しかけているところです。

 

お店に立っていたときは、まるで真逆。

お客さまがご来店になるので「話す」ということが仕事の中心になるのは当然なのですが、

それ以外にも、スタッフ同士と常に話してることは必要不可欠。

逆に、スタッフ間のコミュニケーションが不足していると、業務に無駄がでたり、ミスが生じたり。

そんなふうに仕事が進まなくなるので、常に「話す」っていうが仕事の中心でした。

 

※あと、ヤマトヤだけかもしれませんが、店長YシタとSヤマが異常におもしろいため、

そのコミュニケーションに、いちいち笑い声が加わることは特筆すべき事項です。

最近は、そういう意味で頭角をあらわしつつある新人Kノの言動も見逃せません(笑)。

 

今は、パソコンに向かって(ときどき画用紙に向かって)仕事。

メールでデータを送信したり、LINEで業者さんと連絡を取り合ったり、

仕事のコミュニケーションの半分くらいがネットの中の世界にある感じ。

 

でも、これがデスクワークの基本スタイルでしたね。

今まで以上に、デジタル発信に注力できる環境なので嬉しいけど

(事務所にいるときは、LINEとTwitterとFacebookは常にセットアップしているし)

やっぱりデジタルとリアルは織り交ぜていく方が楽しいですよね。

 

うん、やっぱり本店にいっぱい行こう!

 

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

前置き文章ながーーーーーーっ(笑)。

 

今日の本題は、昨日、アオジ(=主人)と一緒に東京にお出かけしてきました。

 

まぁ、もちろんシノハラさんをリスペクトしているので、

シノハラサングラスをかけてTweetする活動は欠かせません(笑)。

 

そうやって、私が #シノ活 に、いそしんでいるというのに、

アオジ(=主人)ったら・・・・・・・

レイバンのサングラス(=彼がシノハラサングラスとして愛用)を忘れて来たよね。

久しぶりにプライベートで東京にお出かけしてきたから忘れてきたんだろうか・・(笑)

 

小田急バスで用賀SAで降りて、

 

「バスの運転手さんに申請したら用賀駅から渋谷駅まで100円で行ける切符」

 

っていうのをもらって下車。


用賀PAから用賀駅への道すがら、

ビジネス街の合間を縫うようにして歩いていると

アジサイが花を咲かせる準備をしていました。

 

渋谷駅に到着してから・・・・・

突然、アオジが「バスに乗ろう」と言い始めたので、

渋谷から六本木ヒルズまで小さな路面バスで移動。


めずらしい出来事(=東京で地下鉄以外に乗ることがないため)にはしゃぎ、

バスの車内でインカメする(笑)。

 

まだ、朝から何も食べていない私たち。

六本木に向かってまずとった行動は、シンガポールチキンライスを食べること。

 

私が大好きなお店があって、

以前、ブログに乗せていたのを見たアオジ(=主人)が「行きたい」とのたもうので、

「ならば!いざ参らん」てことで、行ってきま――す。

 

ここで、予想以上の食欲がわいて大変なことになりました(笑)。

 

 

あれ、ちょっと涼しいな。

そんな朝からスタートした一日。

 

事務所のお庭にも、お隣さんのお庭にも、

大輪のクレマチスの花が咲いていました。

 

皆さま、こんにちはーー!

ヤマトヤのすみかです。

 

今日は、ヤマトヤ東田中店に取材&撮影に行ってきました〜。

御殿場でメガネ・コンタクト・補聴器を販売しているお店と言えば・・・・

ヤマトヤ東田中店でございます!

 

お客様にご愛顧いただいて

T二副店長、スタッフNナエさん、

そして、撮影に協力してくれたコンタクト担当・Sイチさんが

お忙しいなか、時間を作ってくれました。

 

あ、あと・・・・・

Sイチさんがメガネをかけてないなんて、びっくりだよね( #シノハラ風 )

遠近両用のコンタクトレンズのモニターになっているとのことですが、

たぶん、コンタクト着用は本日のみ!

貴重な、ショットとなりましたよ〜。

 

さぁ、そんななか、私は、粛々とブログを更新いたします。

 

大阪・新世界や通天閣の・・・・・

 

って、まだ大阪ネタを続けるのーーーーーーっ!?

 

ハイ、もうしばらくお付き合いいただけると嬉しいです(笑)。

 

まず、串かつを食べに行った私たち。

(その時の様子はコチラ ⇒ http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=577 )

 

そこで、お酒に強いはずの私が、

 

ビールとレモンサワーだけでほろ酔いした

 

という悲しい体験をしたあと(いや、ある意味、幸せな体験です)、

アオジ(=主人)と二人で、ゆ〜らり ゆ〜らり 近くをお散歩してきましたよ〜。

 

そんな、ほろ酔いの二人の目に留まった写真を淡々とアップしながら、

新世界や通天閣の歴史をカンタンにご紹介させていただきます。

 

今から100年ちょっと前から開発が進められ、

初代通天閣が建てられたのは1912年。


(アオジ(=主人)が大好きなダンボーのガチャガチャ)

 

通天閣と一緒にOPNEしたのが「ルナパーク」という遊園地。

残念ながら、この遊園地は短命に終わり、

1923年に閉園してしまいましたが・・・・。

 

でも!

 

あのビリケンさんの像が最初に設置されていたのは、

「ルナパーク」なんです。

 

(※あのビリケンさん、のショップ前)

 

今は、通天閣の公式キャラクターになっているビリケンさん。

ビリケンさんの足の裏に触れると良いことが起こるとされている、

「幸福の神」でもあります。

 

(※ビリケンさんとアオジ(=主人))

 

戦時中は空襲を受け、戦火に巻き込まれた新世界の一帯。

戦時のあいだは金属類が猛烈に集められていた時代だったため、

火事に巻き込まれて、ちょっと傾いてしまったことがキッカケで、

初代通天閣は文字通りつぶされてしまったんです(1943年)。

 

高さは約75メートル。

当時、東洋一高い建物だったんですけどね・・・。

 

そして、戦後、まず復興を遂げたのは

ジャンジャン横丁でした(1947年)。

 

(※ジャンジャン横丁のなかにある「ダンボー」のガチャガチャ。

アオジ(=主人)が持っているiPhoneの充電器も同じく「ダンボー」でした・・・)

 

そして、1956年に復活を遂げたのが二代目通天閣。

(※現在の通天閣は二代目。高さは103メートル)

 

現代でも大阪のシンボルとして必ず名前を挙げられる通天閣。

国の有形文化財に登録されています。

 

山崎豊子の『花のれん』という小説を読むと、

大阪の人たちにとって通天閣がどんなふうに心の支えになっていたか、

うかがい知ることができます。


(※通天閣界隈にある「キンチョール」の看板。

これは現役の看板なのか?それとも昭和レトロ感を演出するための装飾品なのか・・・・

それは判断がつかぬところです(笑)。)

 

通天閣や新世界にアプローチしようとするときは、

地下鉄御堂筋(みどうすじ)線の「動物園前」が最寄りの駅ですが、

この「動物園」の歴史も古く、開園は1915年。

なんと100年以上の歴史があるんですね〜。


(※ブタの顔が大きく、かつ立体的に使われた看板。

たぶん・・・・天王寺動物園とは無関係(笑))

 

 

(※お品書きに「てっちり」「てっさ」。ザッツ関西ですね!)

 

こうやって、ほろ酔い気分で楽しくお散歩している現代人の私たち。

新世界で繰り広げられていた、戦前の大阪の古き良き時代を感じながら

お散歩するのもオツなものです。

 

京都に住んでいたころは、会社の先輩たちに

 

「えっ?新世界に行くの?」

 

と、なぜか、眉をひそめられましたが、

私は、この町が秘められた歴史と、

元気いっぱいな町並みのマッチングが好きなんですねーー。

おいしい串かつ屋さんもいっぱいあるし(そこかい!)!

 

(※ちょっと、ほろ酔いだったのでこんなアングルもお許しください(笑))

 

今回、新世界に行ったのは5年ぶりでした。

 

また来るね、新世界!

 

 

久しぶりに行ってきました、大阪。

いやーーーー、元気いっぱいですね、大阪!

 

みなさま、こんばんは。

ヤマトヤのすみかです。

 

私も、9年ほど関西(=京都市内)に住んでいたので

大阪人のあのノリ(笑)は、なじみがあるのですが、

久しぶりに大阪の町を歩くと、

やっぱり活気があるな〜って思います。



元気があるから、こんなおもしろい看板を思いつくんだろうし(笑)。


梅田駅の地下街に、突如として現れた駄菓子屋さん。


お面まで飾られていて、ノスタルジー感でいっぱい(笑)。

駅地下なのに、なんだか夢見心地な気持ちになりました。
 

夢見心地と言えば・・・・



通天閣のそばにある商店街もそうだった。

 

突然、「射的」があらわれたんですよね。

なぜか、お店の人はいなかったけど(笑)。

 

完全に、昭和ノスタルジー、な感じ。


こうやって、大きな看板、大きな文字、濃い目の色づかい。

これも、私のなかでは”大阪っぽい”です。

 

まだありました、”大阪っぽい”感じ。

 

ゴリラクリニック(笑)。

 

クリニック(=病院)の名前に、「ゴリラ」ってつけるところがおもしろい〜。

一度聞いたら忘れませんもんね、「ゴリラクリニック」(笑)。

 

さすがです!

 

そんな、愛すべき大阪にやってきて

とにもかくにも、まず最初にやりたかったことは・・・・

大阪・新世界にある「八重勝」の串カツを

アオジ(=主人)に味わってもらうことでした。

 

今や、世界の常識となった

 

「ソースの二度づけ、禁止!」

 

その看板を見つけるだけではしゃいじゃう、

観光客な私たちです(笑)。

 

本場の串カツを、ほぼ全メニュー制覇しました!

 

・・・・・っていうブログは明日以降で♡

 

ひとまず、今日は、

大阪で見つけたカラフルな町並みをお届けしたかったので

こんな記事を書いてみました。

 

ちなみに・・・・・・

新大阪駅でもしっかりと #シノハラファン

 

(笑)。

 

おやすみなさいませ。

 

 

皆様、こんばんは。
ヤマトヤのすみかです。

今日は、ヤマトヤ×CASIOのコラボ登山イベントでしたー!


満開の桜の咲くなかで、登山前の記念撮影。


富士山と明るいソメイヨシノは、いつでも良いコンビ♪


カシオさんは、今回のイベントのために大量に腕時計を持ってきてくださいました。




乙女峠にて休憩ー!

また、詳しくは明日、新たなお写真共々、ご紹介させていただきますね!

ひとまず今日はおつかれ山でしたー!

いやぁーーーーー、こんなに良いお天気の御殿場は

久しぶりのような気がします!

 

色とりどりの桜の花が咲き始めた御殿場。

今日、東京からロマンスカーでいらっしゃった業者さんも、

 

「御殿場に近づくにつれて、桜が咲いていくんですよね〜」

 

・・・・って、おっしゃっていました。

 

そう!御殿場の桜は、まさにこれからがフルブルーーーーム。

 

うちのお庭の裏にも、黄緑色の花を咲かせる桜の花があるそうで、

そんなの、大阪の造幣局でしか見たことないしーーー!!!

今からがとっても楽しみです♡

 

緑色のサクラ、写真に納めたらこちらのブログでレポしますね。

 

さて。

 

金時山にいったときに、自然現象の摩訶不思議があったので、

ご紹介させていただきます。

 

まずは「龍の顔に見える雲」

 

雲の先端部分(下のほう)が龍の顔に見えませんかーーー??

 

水墨画に出てくる龍のように、

目がキュッとつりあがって、口をカッと開けているような龍。

登山前に、龍の雲を見れてご利益がありそうでした。

 

次は・・・・

「目を閉じたアンコウ(魚)」

 

木のほら穴がアンコウの口。

さらに、口の上方部には、アンコウが両目をつぶっているように見えませんかー!?

 

(とっさに、アン肝の冷んやりしたおいしさを思い出しちゃったことはナイショです)

 

さぁ〜て。

あさっては、いよいよ、CASIO×ヤマトヤの登山イベントです。



こういうイベントはヤマトヤとしても初の試みなので

主催者側としても、わくわくしております。


今のところ、晴れの予報♡

CASIO(カシオ)さんからプロトレックの使い方のレクチャーをしていただきながら、

プロの登山ガイドさんも登場しつつ、

桜、スミレ、スイセンなどなど、野遊びしながら

わいわいした登山になりそうです。


私たち、アオシマ夫妻の筋肉痛は快方に向かっております。

 

当日は、筋肉痛を乗り越えてパワフルになっているであろう足腰で、

皆さまをお迎えしたいと思っておりますー。


あさってには、もうちょっと満開になっているといいなぁ・・・・♡

 


 

皆さま、こんばんは。

3日ぶりのブログ更新となりました〜!

 

博多のシティホテルのWiFiにようやくつながることができて

嬉しいよーーーーー!!!の、ヤマトヤのすみかです。

 

実は、おとといから帰省の旅に出ております。

 

アオジ(=主人)のこちら↓↓↓のツイートにもありますように・・・・・

それは、御殿場から羽田空港までドライビングするという

(私レベルでいうところの)大冒険から始まりました。

 

首都圏付近の高速道路は、

まるで、何かの未来都市に迷い込んだかのように

次から次へと分岐点および合流ポイントが現れて

すでに非日常(笑)。

ついつい真顔になるというものです。

 

羽田空港に着いたあとは、一路、大分空港へ!

道路わきに、わんさか咲いた菜の花。

さすが、南国でございます。もう、春らんまん♪

お目当てのお店の脇に咲き乱れていたのは、桜。

(ソメイヨシノよりも濃い色でした)



そして、今回、再訪した”お目当てのお店”とは・・・・

「からあげ 花ちゃん」です!

 

大分空港から国東半島(くにさきはんとう)方面へ10分ほどと、

比較的近い場所にある「からあげ 花ちゃん」



お店の軒先には、

缶ビールや缶酎ハイの空き缶を使ったオブジェが、

カランコロンと、風に吹かれていました。

 

いいなーーー、この牧歌的な雰囲気。

大好き♡

今回も、から揚げ500gと・・・・・・


手羽先4本を頼みました。

 

隣の某コンビニ(大手が3軒ひしめいているので、選べます!)で

キャベツの千切りと白ご飯を買って、

パーキングでからあげをほおばりました。

 

車の窓を開けると、

ガソリンスタンドからのんびりした音楽。

 

からあげを食べ終わってから向かったのは、

この日の目的地である湯布院でした。

 

その道中にあった景色がこれまた現実離れしていました。


こちら、由布岳。

威風堂々としたオーラのある山でしたよ。

別府をすぎてから山の中へ入っていくところなんですが、

ひたすら、冬枯れの色をした野原が続きます。

 

緑色が全然なくて、

生き物の気配すらしなくて、

遊園地とか、映画のセットとか、そんな雰囲気。

 

夏になったら、また違うのかなーーーーーー?

ちょっとは緑がかっているのかなーーーーー???

そんなことを思いつつ、本日の宿に到着!

湯布院らしい、落ち着いて過ごせる離れの宿。


お部屋にて、ホワイトビールをグラスに注いで、

アオジ(=主人)と乾杯しました。

 

湯布院のお湯を楽しみつつ、

旅は翌日へと続きます・・・・・!

 

・・・・・って、完全に日記のようなブログでごめんなさい!(焦)。

 

 

わぁー、なんだかブログの更新が久しぶりすぎて、書き出しに困ってしまっています^ ^

 

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです!

この2ヶ月ほど、ヤマトヤの展示会があってたくさんの方々にお世話になり、展示会のあとのお渡しがあって、ここでもまたまた人のありがたい心にふれることがあり、A子ママこと下澤美香さんによるSNS講座が二度もあり、お店メンバーとの日々の仕事では笑い転げるべき楽しいことが起きて・・・。

・・・・・と、さまざまなことを経験した2ヶ月間でした。また、ひとつひとつの出来事を丁寧に思い出しつつ、忘備録的なカタチであっても、記していこうと思いますので、よろしくお願い致します!!

直近的なことですと・・・・・

昨日、京都へ紅葉を見に行きました。京都・大原の三千院。


・・・・の、近くの駐車場です(笑)。三千院は微妙に標高が高くで、もう紅葉が終わりかけている木々もありました。


それでも、三千院に散在するわらべ地蔵のかわいさは安定感がありました。


上の写真以外にもまだまだたくさんあるんですよ^ ^。どれも、優しそうな表情(*^^*)。見ているだけで穏やかな気分です。

 

・・・・・って、短めなブログですが、ひとまず今日はこのあたりで・・・・。また書きます!

 

 

旅の最後、印象的だった光景があります。

薬湯と呼ばれる酸性のお湯を楽しむことのできる塚原温泉で見た火口の光景。

以前、ここに来たことのあるという刑事(=主人)が、連れてきてくれました。


「そのときは火口に近づけなかったけど、今は行けるかも」

とのこと。

夏ということもあり、人の気配がなくて、静かな場所でした。

塚原温泉近くの火口。


まるで外国の景色のようで、 アフガニスタンかどこかの、水の気配のない、カラカラに乾燥した地帯の景色。


火口からは、絶えまなく湯気が立ち昇っています。


地球の力強さを感じることのできる場所ですね。


強い酸性のおかげで、岩の色が独特な色へ変色していました。


ちょっと曇りがちになってきて、霧もでてきて、わびしさ満点。

松尾芭蕉が俳句とか読んでそうだなぁ。
そういえば、軽井沢&草津温泉に行ったときも、
刑事(=主人)が不思議な場所に連れていってくれました。

そこは、あと一ヶ月でダムの底に沈んでしまうという、群馬県の温泉街。


人はおろか、動物たちの気配がなくて、ほぼ廃墟でした。
コンクリートとブルドーザーばかりで、一切の生命の気配を感じられない場所だったのに、
ひらひらとモンシロチョウが飛んできて。

太陽光がさんさん降り注いでいた奇妙な空間でした。

このときは、一軒だけ営業していたお風呂屋さんの温泉に入ったのでした。


「この空間も、露天風呂から見える景色も、一カ月後はダムの底に沈むのかー」
・・・そう思うと、不思議な気持ちになりました。
いつも、旅の途中で「あっ!」と行きたい場所を思いつく刑事(=主人)。

これが、毎度のようにおもしろい場所が多いんですねぇ。

なので、毎回、ついていくことにしています。


そういえば昨日、スーパーアオキに行ったら、コスモスの花が咲いていました。

うすいピンクや、強いピンクで咲いていたコスモスたち。
”もう、秋ですぞ。”

そう言われている気がしました。

夏のおわり。

さびしいなぁ。


まだ、旅の途中ですが、水色とグリーン色のキレイなお写真を何枚か撮りました。

夏の風景としてお届けしますね。


まずは、水色の美しい空の景色から。
別府・観海寺温泉の、”いちいで会館”の駐車場から玄関に向かう途中。


木々の向こうに見えるのは、別府の市街地です。

同じく、別府・観海寺温泉から。

扉の向こう側にスーーーッと横一文字に引かれた水平線。
一枚の絵画のようで、ハッとしましたー!


別府の二日目。
この日もスコーーンとした晴れの日。
「かまど地獄」からスタートした地獄めぐり。
鬼の向こうに広がるのは青空(笑)。



この日の空の色は、白池地獄との対比もキレイでした。



別府・明磐温泉の”えびすや”のエントランスから。

はるか遠くに別府市や大分市の街並みが見えています。


別府の地獄めぐりの途中で立ち寄ったお土産もの屋さん。
ここでは、おいしいソフトクリームを食べたなぁ。


別府・鉄輪温泉の住宅街。
少年が自転車に乗ってこの奥へと消えてゆきました。


小学生のころの夏休み、思い出すなぁ。。。


あの頃の私も自転車を乗り回してたなぁーー、とか^^;


グリーン色の美しい一枚。
海地獄では、睡蓮の花が印象的でした。
睡蓮のお花が、ピンク、紫、黄色と、いろんな色が一気に咲いていて、
池の中がカラフルでした(笑)。


実家の近く。


こちらも実家の近くです。
水色×グリーン色。
ここの田園風景が好きで、帰省したときのお散歩コースの定番になっています。


車をとばして行った田川市のコーヒー専門のカフェにて。
お店の外を見やると、お向かいのお店がすこぶる昭和レトロな感じ。

青い空と、緑色の団地と、赤色のお向かいさん。

人もあまり通らずに静かで、でも強い太陽光がじりじりと照りつけていました。

あまりにもシンプルな光景で、くっきりと心に残る瞬間でしたっっ!


もう、こんなふうに影がすっかり長くなってきたので、家路につきました(*^^*)






おとといから、別府(大分県)に来ています。

羽田空港から大分空港へ飛び・・・・・ (ほほぉ、な、ANAのトリプルセブン。まさかまさか、大分空港に着陸していたとは。)



広すぎるでしょ、の大分空港近くのレンタカー屋さん。

ガレージがあって、そこに事務所があり、青空のもとズラリと車が停まっている光景は、
外国の映画に出てきそうな光景そのもの。

空の青色が目にしみます。


青色と言えば、こちらの青色も目にしみました。

別府名物の「地獄めぐり」。
天然の温泉を7つほどめぐって、めずらしい温泉を鑑賞してきました!



実に、カラフルです。
(共に、「かまど地獄」)



さらに、ボコッ、ボコッと噴出するタイプの温泉も。

(こちらも、「かまど地獄」)

同じようにボコッ、ボコッと噴出するタイプで一番好きなのがこちら↓↓↓

坊主地獄。

グレー色と、真円の模様が印象的です。

刑事(=主人)がボソッと

「アートだね」

と、つぶやいておりました。



確かに。
やや地味な印象は否めないのですが、
噴出する温泉の形が徹底してまぁ〜〜るいので、名前のとおり、
「坊主」の頭のように見えるんですね。

さらに・・・・・
「白池地獄」では、グリーンがかった乳白色の温泉が見られました。


なんか、謎にピラニアも飼育されていて、
このピラニアが牛や馬を30分ほどで食べてしまうんですよ、的な説明看板がありました。

この説明書きがほんとに怖すぎて、子どもの教育に良いかどうか微妙です^^;
さらに・・・・
煮えたぎるような赤色は、「血の池地獄」

間欠泉で30〜40分おきに吹き出すのは「竜巻地獄」でした。


他にも、皇族とゆかりの深い「海地獄」、
ワニの赤ちゃんがかわいかった「鬼山地獄」を周って、
7つの地獄めぐりのスタンプラリーも全て集めて満足(笑)。

さらに、このあと別府市が運営する蒸し野菜がめっぽうおいしくて、またまた満足^^

それはまたのちほど、記事にしまーす。

水色や緑色がキレイなお写真をたくさんとりましたので、
次の記事では、夏の風景をアップしますね!


おはようございます!

小雨が降って、しっとりした朝ですね。
湿度が高い気候は「ジメジメしてる〜〜」とイヤがられる気候ですが、
「お肌に良いから嬉しいなー」っていつも思います。



昨晩は暑かったせいか、窓を開けて眠っていた御宅が多かったようですね。
7時30分前後になると、順番に向かいのアパートの窓から、それぞれのおうちの目覚まし時計が聞こえてきました(笑)。

ほとんどが電子音で、すぐに音はやむのですが、
1軒だけ、なかなか音が鳴り止まないおうちがありました。
無事に起きられたんでしょうか。。。

そうやって心配していたら、今度は刑事(=主人)のスマホからアラームが。

このスマホ、毎朝、謎の時刻(=7時42分)に設定されているんです。


なんで7時42分なんだろう(笑)?

しかも、スマホのアラームごときでは決して起きない刑事(=主人)。
いつも揺さぶりをかけて起こしています。

さてさて。

清里に行ったときのお写真を少しばかり。

「サンメドウズ清里」
冬はスキー場ですが、夏は”清里テラス”とネーミングして、カフェに。


清里では最も標高の高い1900メートル。

気温は27度でした。


そのあとは、小淵沢(こぶちざわ)方面に走り、キース・ヘリング美術館へ。 森の中にある小さな美術館です。


美術に詳しくなくても、絵ハガキやポスターで見かけたことのあるキース・ヘリングの作品。



現代美術って、良さがよくわからなかったりもするのですが^^;、 美術館という空間はいつでも素敵で、大好きな空間です。

「萌木の村」で義理母のお誕生日プレゼントを買って、お土産を買って、
中央道を走って帰ってきました。

行きは道に迷って、須走ICから乗ったはいいものの、心配になって山中湖ICで降りてしまいました(笑)。

そこから馴染みのある138号線を見つけたので喜んで走っていると、
河口湖ICを見つけたので、とりあえずコンビニの駐車場に停めて、
河口湖ICが間違いのないICか確認をしてから高速に乗りました。

なに、このドタバタ劇^^;