夜の東京ビッグサイト

今でもいつもぼわ〜〜っと浮かんでくるひとつの記憶があります

 

写真 2020-01-19 22 22 42_R.jpg

 

仕事にまつわる記憶ですが

あんなふうに

仕事以外の全てを

きっぱりと断つような時間の使い方をしたのは

あとにもさきにも、あのときだけでした

 

写真 2020-01-19 22 21 50_R.jpg

 

ただでさえ東京は浮遊感があるのに、

この記憶のおかげでお台場は

浮遊感どころか、物語感でいっぱいです

 

ずいぶんと昔の話

まだ京都の会社で働いていたころ

 

とあるプロジェクトのために

土日返上、オフィスにこもりっきりで

みんなで一つの目的に向かって

全力疾走した一か月間がありました

 

写真 2020-01-19 22 12 12_R.jpg

 

途中、「もうダメだぁ〜」「間に合わない」と

何度も思いましたが、

上司たちは冷静にひとつひとつの問題に向き合う

 

それは営業チームが東京に向かう

ぎりぎりまで繰り返されました

 

写真 2020-01-19 12 43 57_R.jpg

(これはロマンスカーだけど(笑))

 

東京行きの最終新幹線に乗るために

全員で京都のオフィスからタクシーに飛び乗り

東京駅についたのは午後11時45分....

 

新橋駅から「ゆりかもめ」に乗るころは

もう夜中の12時をまわっていました

 

写真 2020-01-19 22 21 09_R.jpg

 

冷たい窓ガラスにおでこをくっつけると

汐留の、いまいち構造をつかみきれないビル群が

ぼわっと闇に浮かんできて

 

オレンジ色の東京タワーをさがしたけど

いつもの場所にはなかったんですよね....

 

反対側に座っている上司もやはり

ぼんやりと湾岸の夜景を眺めていました

 

写真 2020-01-19 22 32 11_R.jpg

 

陽気だったのはサッカー好きの男性の先輩だけ

熱心にケータイの画面を見つめてサッカー観戦をしていました

 

私たち以外誰もいない「ゆりかもめ」で

唯一あかるく歓声をあげていたのは、この先輩です(笑)

 

いざ始まった東京ビッグサイトでの仕事

この数日間は

朝8時から夜8時まで会議室にこもるという過酷な日々

 

写真 2020-01-19 16 10 26_R.jpg

 

ご飯を買いに行く時間はなくて

朝のうちに誰かが買っておいたカロリーメイトとおにぎりのみで

3日間を過ごしました

 

全員、やせました(笑)

 

夜は夜でホテルの誰かのお部屋に集まって

反省会と翌日のための綿密な打ち合わせ

 

写真 2020-01-19 15 53 40_R.jpg

 

睡眠時間の確保すらままならず

そんな過酷なスケジュールを見越したのか

会社がいつもより良いホテルをとってくれていました(笑)

 

写真 2020-01-20 10 29 31_R.jpg

 

今は時代的なものもあって

なかなかあんな働き方はできないけれど

ちょっぴり懐かしくなります

 

あのとき一緒に仕事をした人のほとんどが

まだ京都の会社にいるって聞きました

 

お元気かなぁ

あいかわらず活躍しているんだろうなぁ

 

あのときの3日間のことは

もしかしたら誰も覚えていないかもしれないけれど

私の中ではまるで物語のように

くっきりとした輪郭をもって

記憶にきざまれています

 

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

さきほど、IJT(宝飾の大規模な仕入れ会)での仕入れの様子、セミナーのカンタンな感想、そしてアオシマが疲労したこと(笑)について書き連ねてしまいましたが、この記事では東京ビッグサイトのランチ事情のご紹介をしてみますーー。

 

ちょうど5カ月前に来た仕入れ会のときに体験済みだった西展示棟のフードコート。

(そのときのことを紹介したブログ記事はコチラです♪おいしそうな海鮮丼を食べている.... http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=1194 )

 

写真 2020-01-20 16 09 21_R.jpg

 

これまでの東展示棟には「レストラン街」があり、独立した飲食店が入っているので充実しています。それでも、西展示棟の「フードコート ビアー&Eat it!」も好きです。

 

好きな理由としては「開放感がある」です。フードコートはガラス張りの面積が多くて、光がたくさん採りこまれれる点が東展示棟のレストラン街との大きな違い!

 

写真 2020-01-20 12 44 48_R.jpg

写真 2020-01-20 12 45 34_R.jpg

(茹で野菜がいっぱい!つけ麺です)

 

このフードコートは、5つのジャンルから選べます。

 

・海鮮系の「魚とと」

・ラーメンやつけ麺が食べられる「潤や」

・おうどんの「伊吹や製麺」

・ハンバーグやステーキを提供する「JUICYPAPA」(←なんて読むんだろう?)

・「カレー香房」

 

です。

 

以前、海鮮系を食べたことがありましたが、初日は「潤や」さんのつけ麺にトライしてみました。

 

写真 2020-01-20 12 46 04_R.jpg

(麺がなかなかの極太麺)

 

つけ麺を頼んでみて良かったことは、茹でキャベツがたっぷり頂けたこと!!!これは嬉しいです。私だけなのかもしれませんが、出張中はどうしても野菜不足になりがちなので.....。

 

写真 2020-01-20 12 45 40_R.jpg

 

博多っ子がうきうきしそうな一品。明太子と高菜がのっているミニ丼も頼んでみました。これは、好みが分かれるかな(笑)。どうかな〜?

 

写真 2020-01-22 12 43 11_R.jpg

 

そして、3日目ランチは「海鮮に戻ろう」ってことで「魚とと」に並びました。

 

「魚とと」はいつも人が並んでいたので、「行列の長=各店舗の人気度」って、ある程度は言えることだなぁ、と思いました。なんか、いろいろと一目瞭然!なのは、フードコートの厳しい宿命ですね。

 

写真 2020-01-22 12 51 30_R.jpg

 

前回(5か月前ね)頼んだ「えびアボカドサーモンのたまごサラダ丼」にも非常に魅かれたのですが、新メニューを頼んでみました!

 

※ところで、「えびアボカドサーモンのたまごサラダ丼」って、ネーミングが長いよね、って今回あらためて思いました。

 

写真 2020-01-22 12 51 24_R.jpg

 

胡麻だれサーモンとネギトロしらす丼

 

です。メニュー名からしておいしさが担保されているため、安心して注文することができました。特においしくてびっくりした部分が、きざみ海苔の左側のおかず(シイタケなどの)が、ものすごく良かった!白ご飯をかなりおいしく食べることができました。

 

ちなみに、仕入れ担当者の方々は「えびアボカドサーモンのたまごサラダ丼」にしていました。一人はリピートで、もう一人はつけ麺から海鮮系へ。

 

ちなみに・・・・

 

写真 2020-01-21 13 14 09_R.jpg

 

2日目のランチは、西展示棟のエスカレーターの横にあった「カフェテラスロイヤル」での「とんこつラーメン」でした。

 

福岡空港で売っていた「とんこつラーメンシリーズ」と味が似ていたことはさておき、気になったのは容器。

 

スープを飲むなら全然気にならないのですが、ラーメンを軽くて薄いプラスチックの容器で食すとなると、「コスパ、悪いかなぁ」などと思い始めてしまうんですね。なんでしょうね、不思議ー。

 

写真 2020-01-21 13 14 39_R.jpg

(れんげも軽くて薄いプラスチックだったから尚のこと)

 

コスパを考えるときに、無意識のうちに器のことも勘定に入れているのですね。器、大事やね。

 

コスパと言えば、コーヒー。3日間のうち、毎日のようにコーヒーを飲みましたが、これまた主人のコスパ的観点からセブンイレブンのコーヒーばかりでした。

 

写真 2020-01-21 13 50 52_R.jpg

(セミナーの席を確保しに一人になった瞬間に買ったタリーズのコーヒー。やったぁ〜!)

 

タリーズとセブンイレブンは東京ビッグサイトの入り口付近にあります。後発的に出店したセブンは「いつのまにか出来てた」感がありますが、非常に便利な場所にできたのでありがたいです。

 

写真 2020-01-20 10 54 17_R.jpg

 

出展社の方たちの、コンビニ(東京ビッグサイトにはセブンとローソンが入っています)で買ったものをブースのすみっこでササっと食べる.....という姿もお見かけしました。

 

忙しさの究極の形はこうだよねぇ、と。繁盛しているブースであればあるほど、ランチはこうなる(笑)。IJTというイベント。いろんな形のお昼ごはんがあります。

 

皆様、こんにちは♪静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

週末いかがおすごしでしょうか?今日はちょっと寒いですが、やっぱり例年に比べると暖冬ぎみですね。風邪をひかなくて嬉しいのですが、新型のウィルスが流行っているので、マスク&手洗いをしっかりして防いでいきたいですね...

 

さて。

 

写真 2020-01-20 10 29 31_R.jpg

(宝飾業界だけでなく、業者が集まる場所といえば東京ビッグサイト)

 

今週の前半はIJT(国際宝飾展)と呼ばれる、宝飾業界最大規模の仕入れ会へ行ってきました。

 

宝飾品、宝石、地金(貴金属類)、システム、ケース屋さん、業界紙、様々なブースが立ち並びます。IJTの主な機能は宝飾業界の業者と業者のマッチング。小売業者が宝飾品を仕入れたり、メーカーが材料を仕入れたり、デザイナーさんが希少石を仕入れたり。

 

写真 2020-01-20 13 10 01_R.jpg

(初日と2日目は気持ち良いくらいスコーーンと晴れていました♪)

 

以前、勤めていたのが宝飾メーカーだったので、そこから通算するとIJTへの参加も15年目となります。

 

以前はブースを出す出展社として、現在は仕入れを行う小売業者としてIJTに足を運んでいます

 

.....って、毎回書いている気もしますが(笑)、東京ビッグサイトに来ると毎度、毎度、感慨深い気持ちになります。

 

写真 2020-01-20 13 16 00_R.jpg

(IJT2020から、西展示場へと変更になりました。狭くなったけど、周りやすくなったかも♪)

 

仕入れ以外にも、目的がありました。3日間のあいだに、たくさん行われたセミナーのうち、3つほど受講してきました。

 

.▲灰篆深遒慮従を知るためのセミナー

∨疹売店の会長さん&社長さんの経営セミナー

9臉ダイヤモンドについてのセミナー

 

です。

 

写真 2020-01-20 17 19 23_R.jpg

 

会場にいちばん人が入っていたのはの合成ダイヤモンドについてのセミナーでしたが、既に知っている事柄についてのプレゼンだったのでそんなに刺激を受けるようなことはなかったかなぁ〜。

 

,離▲灰篆深遒慮従を知るセミナーを受けようと思ったきっかけは、2019年7月に「アコヤ貝の稚貝が大量死」というニュースが報道されたこと。

 

そのときの貝の様子、その後の貝の状態を養殖業者さんから直接聞くことができました。「ホッと一安心」とまではいきませんが、正確な情報が入ってきたので、そういう意味では多少は安堵できました。

 

写真 2020-01-20 17 21 26_R.jpg

(東京ビッグサイトを出たところ。夕焼けがとってもキレイでした!)

 

△遼疹売店の会長さん&社長さんのセミナーもすごく良くて、時間を割いて聴講して良かったです。特に、経営者の方の信念を感じ取ることができたのは良かった。

 

写真 2020-01-21 10 07 43_R.jpg

(2日目も晴天なり。ちょうど太陽がピカッと光る位置から東京ビッグサイトを写せました!)

 

 

時代の荒波が来てもブレないし、時代の移り変わりに柔軟だし、また、他者(他社)がどういおうとも、「うまくいく」というイメージがしっかり持てているので、赤字だろうが何だろうが前進していく姿がたくましい。結果、黒字化してるし。

 

写真 2020-01-21 17 05 36_R.jpg

 

実は、公演された小売店さんは、前職で何度かおじゃましたことのある小売店さんだったんです。そのときの私は自社の商品についての流布に一生懸命でしたから、先方の会社さん全体のことに目がいかなくて。。。。あのときのあれはこれだったのか、と、点と点が面になる思いでした。

 

写真 2020-01-21 17 10 32_R.jpg

(初日ほどではなかったけど、2日目の夕陽もきれいでしたよ〜)

 

講演後にご挨拶に行ったら、店舗スタッフさんの方が「あっ!商品説明に来てくれましたよね」って、もう10年前のことなのにおぼえてくださっていて、ちょっとびっくりしました。

 

 

写真 2020-01-22 10 11 54_R.jpg

(今回は駐車場へスムーズに入れた!)

 

仕入れも順調に終えることができました。

 

写真 2020-01-22 11 17 00_R.jpg

 

3日目からは仕入れ担当者たちと合流。

 

写真 2020-01-22 11 15 43_R.jpg

同一デザインで、同じ宝石が使われていても慎重に見比べて、仕入れ品を決定していきます。

 

 

写真 2020-01-22 11 17 16_R.jpg

複数人の目で確認を行い、どの宝飾品を仕入れるかを決定してゆきます。

 

写真 2020-01-22 16 26 06_R.jpg

これはピアスの選定をしているところ。

 

ピアスも「どれをセレクトしても一緒だから送って〜」とかではなく、あくまでも自分たちの眼で確認をします。宝石はひとつひとつ輝き方が違うので、同じロットの中で最も良質な一品を選び抜きます。

 

造りの良し悪しもしっかりと確認します。

 

写真 2020-01-22 10 28 52_R.jpg

(3日目の朝に注入したレッドブル)

 

しかしねぇ.....寄る年には勝てない・・・なんていうと諸先輩方に怒られますが、今回は3日目が猛烈に眠たくて.....疲れがとれませんでした。

 

写真 2020-01-22 17 55 54_R.jpg

 

こちらは、仕入れ担当者の先輩がおごってくれた飲みもの。大好きな「ぽっかぽかレモン」です♪

 

 

写真 2020-01-22 15 15 36_R.jpg

 

こちらはチャイ。インド人の方が注いで回ってました。真珠業者さんで情報交換をしていたら、「どうぞ、どうぞ」なんて頂いてちゃって。

 

スパイスの香りがするチャイで、本場っぽい味がした!その場にいらっしゃった方々と「おいしいね」「香りが良いね」と言いながら飲みました。

 

こうやって、レッドブル、ビタミンC、チャイ・・・・飲み物たちに大いに助けられながら乗り切った3日間でした。

 

写真 2020-01-20 10 54 17_R.jpg

(初日の受付の様子)

 

次の記事では、ランチ事情について簡単にレポしようと思います♪IJTの会場が東展示棟から西展示棟に変わったことから、ランチする場所も変わりましたからね♪では、また次の記事で〜!

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

先日、短パン社長こと奥ノ谷圭祐社長の出版記念セミナーに参加してきました。

 

「短パン社長って!?」と思われた方、ぜひ「短パン社長」というワードで検索してみて下さい。いっぱい出てきます。一年間をとおしてずっと短パンをはいて過ごしているのでついたニックネームが「短パン社長」。

 

★短パン社長のトークライブについての過去記事▶▶▶ ちょっと熱めの記事を書きました♪http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=535 ★

 

短パン社長はアパレルのメーカーの社長さんです。いや、「アパレルメーカーの社長さん」というより「職業・奥ノ谷圭祐」。ご自身もそうおっしゃっているけど、ほんとにそう!

 

コーヒー豆、お米、ビール、カレー、フェス主催.....お客様を楽しませるために、洋服の枠を超えた分野のものも販売、そして完売。「短パン社長が売るなら買いたい」ってなるんです。

 

★短パン社長とアオシマの出会いについての過去記事▶▶▶ すぎちゃんも登場します♪ http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=552 

 

そんな短パン社長が満を持してご著書を発売されました!

 

写真 2019-12-11 9 23 02_R.jpg

 

で、先日、その出版記念セミナーに参加してきました。

写真 2019-12-12 18 14 47_R.jpg

写真 2019-12-14 9 26 48_R.jpg

(すでに5冊購入しているから、これで6冊目(笑)♡)

 

今回の出版セミナーではなんと、あの方が登場!!!

 

写真 2019-12-12 18 50 09_R.jpg

(少し怖い方だと思っていましたが、おちゃめな方なんだと印象が変わりました!)

 

短パン社長のご友人でもあり、メガネの小売店をチェーン展開しているOWNDAYS(オンデーズ)の田中 修治社長も登壇されて、濃い〜〜〜話を聴くことができました。

 

事前の短パン社長のTwitterで19時30分までなのかな〜と思っていましたが、それよりもはるかに長い時間、2人のトークセッションを聴くことができました。これはとっても貴重なことでした。

 

写真 2019-12-12 18 53 07_R.jpg

 

中には口外できない内輪話(笑)が飛び出しましたが、心に留めておきたい言葉がたくさん!!!その中で一つだけ挙げてみます!

 

「成功はアート、失敗はサイエンス」

 

という言葉です。田中社長はこんなふうに続けられました。

 

「成功には「これ!」というパターンがないから、短パン社長や僕(田中社長)のやり方以外でやっても、成功する人はするんんですよ。成功する秘訣はない。みんな、それ(=秘訣)があると思ってる。でも、失敗はわりと共通してるんですよ。(〜中略〜)成功したかったら、帝国データバンクの情報を見て、それと同じ失敗をやらないこと、それが早いかな」

 

と。失敗には共通項があるから、失敗は科学できる、サイエンスできる!!!

 

写真 2019-12-12 18 36 01_R.jpg

 

短パン社長もご著書『「いいね」を購入につなげる』の中で、表現は違うけど、同じことをおっしゃっています。

 

マネをするにもセンスが必要だということ」「表面的にマネしているだけではダメなんです

(P.119〜P120)

 

セミナーや本に書かれてあることをそのままやったってうまくいかない。一時的にうまくいっても、壁にぶつかったときにうまく乗り越えられない。どんな職業に就いていても、あるいは仕事じゃなくてもあてはまることだなぁ、と思うのです。

 

そうそう、「成功はアート、失敗はサイエンス」のあとに、成功しているお二人のことがそれぞれ、短パン社長が芸術家、田中社長が小説家に見えてきました(笑)。

 

写真 2019-12-12 20 08 02_R.jpg

(短パン社長が熱く語る!とにかく声の大きい方です♪)

 

短パン社長のご著書『「いいね」を購入につなげる』(通称「短パン本」です)は、まだSNSをやったことない方の背中を押してくれる内容でもありますし、私のように何度か短パン社長のセミナーを受けに行ったことのある方にとっては「意外としらなかった話」も散りばめられていて楽しめました!!!

 

文体が短パン社長の語り口調で書かれてあって、短パン社長のセミナーを拝聴している身としては読みやすいです。本と対峙していても、斜め後ろらへんに短パン社長が立ってる感自(笑)

 

写真 2019-12-12 21 33 19_R.jpg

(懇親会ならぬ「渾身会」での短パン社長。みんなから見えるように椅子の上からお話中!)

 

突然、アオシマの話

 

ここで突然、アオシマの話になりますが、実は今年に入ってから、とある嬉しいことが連鎖的に起きました。

 

SNSを本格的にさわるようになって5年経ちました。ブログもちょうど5年目。最初の4年は静岡県東部のお客様から特に何の反応もなかったんです。(1回だけ、御殿場市観光協会の方が目に留めてくださったことはあったけど)

 

でも、SNSは楽しいし、ブログも写真を撮ったり文章を書いたりするのが単純に好きだからやめずに続けていました。

 

写真 2019-12-12 21 35 44_R.jpg

(チーム御殿場で今回のセミナーに参加。ゆっきぃ&弊社のタカハシ)

 

でも、5年目に入った今年。ブログを読んでいるというお客様から、直接、声をかけられるようになりました。中には、ブログの感想をお手紙にしたためて展示会の会場まで持ってきて手渡して下さったり、またある方は「おいしい御殿場日記」のどこが好きなのかについて熱く語って下さったり。

 

写真 2019-12-12 21 28 00_R.jpg

(こちらは渾身会で出会ったケーキ。短パン社長の本をそのままケーキで再現!作った方の短パン社長への愛を感じる!)

 

今まで、誰も読んでくれていないと思っていたブログ。遠くに住んでいる友人や家族、前の会社の先輩や同僚が私の生存確認のため(笑)に読んでくれているブログ。そんな感じでした。

 

反応がなさすぎるので、「やめようかな」と思った時期もありましたが、文章を書いたり、写真を撮ったりするのが好きだから、誰も読んでくれなくても「ま、いっか」という精神でぼちぼち続けていたら、5年目でようやくお客様が反応してくださるようになったのです。

 

もうね、初めての出来事に、嬉しくて嬉しくて!実は、家で飛びはねてるんですよ(笑)。

 

写真 2019-12-12 21 38 07_R.jpg

(福井県(北陸)の建築会社「あめりか屋」のシノハラ社長。ぜひ「#シノハラファン」でググってね!)

 

SNSもそうです。自分でもどういう星回りなのかわからないのですが、ずっと「いつも素敵な投稿だなぁ」という方々とつながって楽しく、ブログと違ってゆる〜〜〜くやっていました。そうしたら、ブログ同様に、今年に入ってからですよ!!!急に。

 

静岡県東部のお客様が私のSNSの投稿を見て下さるようになりました。

 

最近では「今朝の新聞広告見たよ〜」「補聴器相談会のチラシ、見たけどいつもメガネにいく」とかSNS上で声をかけられるようになって、本当に嬉しい限りです。中には、昔の商品写真を見せてくれたりする方もいらっしゃいます!

 

人数は少なくて5人とかなんですけど、誰も反応してくれなかった頃に比べると、やっぱり楽しくなりました♪もともと好きな方々とつながっている感覚が強いので、それもあるかもしれません。

 

最後に

 

小泉信三(戦時中〜戦後にかけて慶應義塾大学の塾長をつとめられた偉い人)の言葉で「すぐに役立つものは、すぐに役立たなくなる」という言葉あります。(※昭和22年(だったかな?)に出版された『読書論』の初めの方に書かれてあります)

 

私はこの言葉がすごく好きです。

 

写真 2019-12-12 21 28 49_R.jpg

(渾身会にて。初めましてだけど、始めましてではないANAさんこと、高山技研の高山さんとも!お互い、航空系の話で盛り上がる)

 

短パン社長のご著書『「いいね」を購入につなげる』も、簡単にマネできないところこそにこの本のエッセンスがあると思います。

(あ、でもこの本を読んでSNSをやってみようかなと思っている方は、SNSを始めることは簡単にマネして下さいね(笑))

 

商品にも、人にも愛があるし、やっぱり世間(というか世界にも)に対しても愛がある。300人のお客様の顔と名前とその人の事がパッと思い浮かぶとか、尋常なことではありません。

 

目に見えることも、目に見えないこともあわせて、簡単にマネできないことがいっぱい書かれてあります。だからこそ、繰り返し読む価値がある本だと思います。

 

簡単にマネはでいきないかもしれないけれど、自分の業界・商売・地域に照らし合わせて、自分の頭で考える。スタッフと話しこんで、実践して、「いやぁ、それは厳しいんじゃないですか?」とか言われながらも(笑)、やめずに軌道修正しながら再チャレンジして、ねばり強くやってみる。

 

そうやって、生まれてくる核みたいなものを大切に守り育てていく感じです。

 

写真 2019-12-12 21 37 08_R.jpg

(ほんとうにおもしろすぎるかよこさんとも再会できて、これは予想していなかったので嬉しすぎて憤死しそうになる)

 

「マネできないからいいやー」とか、「短パン社長だからできるんでしょ」(←実際に私もこういう感想を直接聞いたことがあります)と行動や思考を放棄してしまうのではなくて、とりあえず、やってみる。やっているうちに、自分たちなりの道がおぼろげに見えてくる。

 

そんな思いを新たに、また気持ちを引き締めなおしました。

 

写真 2019-12-14 9 26 48_R.jpg

「いつもありがとう♡」と書いてくださっていますが、こちらこそいつもありがとうございます!

 

今回も、こんな機会を作ってくださって本当に嬉しいです。また、あれこれやっていかなくっちゃ♡

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。どうぞ、良い週末をお過ごしくださいね。また週明けからばりばりいきましょーー!

 

 

 

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

『おいしい御殿場日記』を書き始めてから5年目。このところ「ブログを読んでいます」という方とお会いする機会にめぐまれていますーー!

 

偶然お店でお会いした方、同じ事務所で働くスタッフのご近所さん、神社の関係者の方.....

 

もうね、ほんとうに嬉しいです。嬉しさのあまり、オエオエとむせび泣いております。

 

ほんとうにありがとうございます!

 

Inked写真 2019-10-02 14 57 26_LI_R.jpg

(軽トラの持ち主の某店店長が「はっ、はっ、はっ」と軽トラの上で笑っている図)

 

あれこれをつらつらと書き連ねている(書き散らしているだけの日もあるけどwww)ので、気に入って読んでくだる方がいらっしゃることが一番うれしいのです。

 

「もっともっとたくさんの方に読んでほしい」とかはあんまり思っていなくて、それよりも御殿場の方に読んで頂いたり、同じような思いを抱えている方に届くと良いなぁ、なんてぼんやりと思う次第でございます。

 

共感できる記事が、1記事でもあればうれしい限りです!

 

Inked写真 2019-10-02 14 58 46_LI_R.jpg

(唯一顔出しOKなスタッフが写り込んでくれました!)

 

さてはて。

 

今日は、最近まで行われていた展示会の舞台裏についてご紹介してみようかと思います。会社色を強くすると会社から怒られるかもしれないので、会社色をうすめながら書いていきましょう〜〜〜。

 

Inked写真 2019-10-02 14 59 02_LI_R.jpg

(「そっち側、上げて!」と言っている瞬間)

 

・・・・なんて言いつつ、いきなり会社名がチラッと写っている写真だけど。

 

ここに写る男性従業員は全員、アオシマがお勤めする会社の諸先輩方です。普段はスーツに身を包んでいますが、年に一度だけ軽装で出勤するのがこのときだけ!

 

軽トラでモノを運ぶことに慣れているスタッフ、もともと運搬のプロフェッショナルだったスタッフ、大型トラックの免許を持っているスタッフなどなど。

 

Inked写真 2019-10-02 14 59 15_LI_R.jpg

(「ふぅ〜。無事に下ろせたぜ」の図)

 

すごいでしょうぉ〜?「自分たちでできるところ」の範囲が広いなぁ〜とびっくりしております。会場内に目を向けると、会場内もも着々と準備が進んでいました。

 

Inked写真 2019-10-02 18 47 34_LI_R.jpg

(新たなる「そっち側、上げて!」の状況)

 

大人3人がかりで、バランスをみながら壁面を飾る作業です。右側のスタッフから順番にメガネ、補聴器、コンタクトのプロフェッショナルです。

 

写真 2019-10-02 18 47 46_R.jpg

(ライトが邪魔や・・・・、と思っているとかいないとか)

 

高所での作業、今年も無事に終わりました。

 

写真 2019-10-02 19 29 37_R.jpg

写真 2019-10-02 19 29 55_R.jpg

(バランスを見るのも三人がかりです!)

 

アオシマは何を担当したかというと、車の見張り(笑)と会場の装飾です。

 

誰ともなく「吊るし水引がかわいい」という話になったため吊るし水引を100本作成しました。必要なパーツは900個!

 

写真 2019-10-02 19 29 12_R.jpg

 

水引900パーツを作るにあたって、某店舗が「手伝う」と名乗り出てくれました。

 

嬉しい申し出に、さっそく作り方を伝授すべくウキウキと店舗に赴いたら、驚くべき手先の器用さ!!!わずか数時間でアオシマの一日の生産量を上回りましたぁ〜。

 

写真 2019-10-02 19 29 26_R.jpg

 

店舗スタッフは、水引をくるくるしながら「私が水引の申し子と呼ばれる日も近いことでしょう」と言っていましたが、いや、ほんとに水引の申し子かも(笑)。しかも、日を追うごとにクォリティが上ってゆき、難易度高めの水引に自ら挑戦しはじめる男性スタッフも現れるほど!

 

なんか「みんなで協力する」を可視化するとこうなるのね!のお手本のような出来事で、アオシマ自身、大変、勉強になりました!

 

写真 2019-10-02 18 49 09_R.jpg

 

木箱の上には本物のメガネ(商品)が!!!そうか、こんな使い方があったのね!と奇想天外な思いでした。おもしろいーーー♡

 

Inked写真 2019-10-02 18 53 52_LI_R.jpg

(パン・サンドイッチ・おにぎりなどが100個近く差し入れされた)

 

ちなみに、プロの手にかかると水引の使い方はこんなふうになります↓↓↓

 

写真 2019-10-02 19 27 47_R.jpg

 

ひゃ〜〜〜、むっちゃかっちょよい!お花屋さんのお仕事なのですが、アーティスト気質たっぷりな仕上がりとなりました。こんな水引の使い方、自分じゃ思いつけないなぁ。

 

写真 2019-10-02 19 31 17_R.jpg

大人気のサイコロが復活!ガチャガチャのドキドキ感もたまりません。お菓子のつかみどりも、大いに盛り上がりましたねぇ

 

写真 2019-10-02 19 40 47_R.jpg

ストリングカーテンの向こう側には、大正時代の「大和屋」の店舗外観写真が大きく張り出されていました。

 

写真 2019-10-02 18 48 37_R.jpg

写真 2019-10-02 18 48 43_R.jpg

美しい色のフレーム「アランミクリ」も新登場!

 

いよいよ「〇〇祭」は開幕を迎えました。

 

写真 2019-10-05 9 14 05_R.jpg

男性スタッフも・・・・・

 

写真 2019-10-04 9 22 48_R.jpg

女性スタッフも、普段よりちょっとだけドレスアップして会場にてお客様をお迎えします。

 

宝飾品や時計を販売しているお店なので、普段からフロントに立って仕事をしているスタッフは、「さすが!!!」なジュエリーのつけこなし方ですね。

 

写真 2019-10-06 10 25 46_R.jpg

写真 2019-10-07 13 03 57_R.jpg

 

普段、バックヤードで仕事をする事務所スタッフも、この日ばかりは人前に立つということでジュエリーをバシッと身に着けてキメています♪

 

写真 2019-10-07 11 00 11_R.jpg

首元も・・・・・

 

写真 2019-10-04 9 50 23_R.jpg

手元も、ジュエリー&ウォッチで決めます!!!

 

こうやって、あれよあれよという間に夢のような5日間が過ぎてゆき、最終日の搬出時がやってきました。

 

写真 2019-10-07 21 32 06_R.jpg

最終日は夕方から冷たい雨が降ってきました。

 

某スタッフがハイエースなんぞ運転していますが、ほんとうは大型トラックを運転することができるスタッフであります!

 

写真 2019-10-07 21 33 11_R.jpg写真 2019-10-07 21 33 13_R.jpg

 

上下セットアップの作業着で、どこから見ても「業者」って感じの某店店長も.......

 

写真 2019-10-04 9 48 24_R.jpg

会場内では、スーツにGrand SEIKO(グランドセイコー)を身に着けてお客様をお出迎えしていました。

 

写真 2019-10-07 21 33 47_R.jpg

ハイエースに一生懸命、荷物を積み込むこちらのスタッフも.........

 

写真 2019-10-05 9 14 05_R.jpg

会場内ではこのようにビシッとスーツできめています。

 

 

写真 2019-10-08 11 45 13_R.jpg

翌日は、事務所スタッフも軽装で出勤!!!ジーンズにスニーカーです。

 

※どうでも良い情報ですが、アオシマは「え、それってパジャマ?」みたいな恰好で出勤してしまい浮いていました。来年から気を付けますw

 

写真 2019-10-08 11 45 17_R.jpg

ナイキのスニーカーでスマイルになっていてめっちゃかわえぇ〜〜〜〜〜〜♡

 

写真 2019-10-08 11 58 27_R.jpg

そして、これも展示会翌日の恒例となりましたねぇ。事務所スタッフみんなで外食にお出かけする、の図。今年は、事務所の近くにあるラーメン屋さんにいきました。(久しぶりに行ったら、海苔の枚数が増えていた)

 

Inked写真 2019-10-07 21 50 28_LI_R.jpg

(最終日、22時10分。会場の最終チェックです。右からメーカーの営業さん、アオシマ’s主人、メガネ店スタッフ、顔が半分のアオシマ本人)

 

会場に足をお運びくださましたお客様、ありがとうございました!

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋です。

 

先日からお届けしている東京出張の様子。最後はお食事編です。

 

「出張中ってどんなものを食べるんだろう〜?」と思われる方もいるみたいで、たまに聞かれます。

 

過去のお話になりますが、アオシマは北海道から沖縄まで出張するという生活を8年以上送っていました。

 

そのときは、朝食は空港で、日中は営業活動があるので、時間的に非常にタイトな状態。「コンビニで買って車中で食べる」「駅弁を買って新幹線で食べる」「飛行機の搭乗待ちのあいだにチャチャッと食べる」の3択でした。気心しれた取引先さんの場合は、お昼ごはんをご一緒することもありましたけど、それは稀な例です。

 

で、今回の展示会のように場所が固定されている場合の出張は「会場内の施設で食べる」がメインです。かつての空港メシと同じで、この種の展示会会場での食事の難点は「価格が高い」ことにあります。

 

空港メシや会場メシは「高くてマズイ」が、最近では「高くてそこそこおいしい」に変わってきました。空港なんて「高くておいしい♡」というお店も登場してます。

 

 

写真 2019-08-28 12 13 04_R.jpg

(満車どころか、定員数以上に停めざるをえなかった駐車場。致し方なかったです。クロネコヤマトさんをはじめとする搬入業者さんは本当に大変そうだったなぁ)

 

はい、そんなわけでまずは初日のランチ。

 

この上なく困難だった駐車場問題(詳しくはこちらのブログの最後の部分をお読みください♪)をクリアしたあと、お昼ごはんの時間が20分しかなかったため、「お店を探している時間がないから、タリーズにしよう!」と。

 

写真 2019-08-28 12 43 21_R.jpg

アイスコーヒーとミニサンドイッチ。

 

ここで注文を止めとけば痩せれるというのに・・・・・・

 

写真 2019-08-28 12 47 53_R.jpg

(明太パスタ。わりとミニサイズ)

 

夫婦ふたりしてこのような美味なものを注文しちゃうから、きっと痩せないんだね。おん。

 

でも、おいしく頂きました。あと、職場の先輩おススメ・某スーパーのプライベートブランドの冷凍食品と、そっくりの味(味付けも、麺の茹で具合も)でしたが、あれはベースが同じだな、と思いました。麺のゆであがり具合が冷凍食品のそれとそっくりでした。

 

でも、その冷凍パスタが、実はお気に入りだったのでちょっと嬉しかったです。そんな感じで、20分強でパスタとサンドイッチとコーヒーを頂き、セミナー会場へ向かいました。

 

写真 2019-08-28 18 09 34_R.jpg

(ラベンダー色の空でした。キレイな夕焼け♪)

 

そして、初日の夜のとばりが降りてくるころ・・・・

 

写真 2019-08-28 20 48 20_R.jpg

 

銀座にいました。銀座に見えないでしょうけれども、ビルの名前が「銀座インズ2」!はい、ぎりぎり銀座です。ここの地下にもぐりこみました〜。

 

写真 2019-08-28 20 48 36_R.jpg

 

銀座にちょっとした用事があった主人についていって、私も楽しく巻き込まれ、夜ごはんもここで食べることに。

 

ごはん処の候補が2つありまして、ひとつは・・・・

 

写真 2019-08-28 20 50 23_R.jpg

「いいあんべー」という沖縄料理店。カオスな感じがGood。

 

もともと、ここに入ろうとしていたのですが、そのお隣のお店にも目がいっちゃったのです。

 

写真 2019-08-28 20 51 28_R.jpg写真 2019-08-28 20 52 22_R.jpg

中華料理店の「ぎょうざ本舗 北京」。外観的においしそうなお料理が出てきそう〜。でも、ちょっとお店の中をのぞいてみたら、満席でした・・・・。

 

写真 2019-08-28 20 54 47_R.jpg

(「当たり」とかあるん!?、と思わせてくれるお箸)

 

というわけで、初志貫徹。沖縄料理のほうへやってきました。ここも、繁盛している様子でした。

 

写真 2019-08-28 20 57 14_R.jpg

 

沖縄といえばオリオンビール!普段は、フードストアAOKIで買う缶ビールのオリオンビールしか飲めませんが、沖縄料理店に来ると生ビールが飲めるから嬉しいなぁ。

 

写真 2019-08-28 21 03 37_R.jpg

沖縄料理で一番好きなのがジーマーミ―豆腐。お店ごとに味が違って、かけられているタレも個性が出ます。

 

そして豆腐よう(右のキュウリが添えられた一品)。これも泡盛と一緒にちびちびと食べるのが大好きです。

 

写真 2019-08-28 21 10 51_R.jpg

2人で1合なら飲めるかな〜?と、泡盛を頼んでみましたが、やはり強かったぁ〜。泡盛って度数が33度とかあるからね。ロックや水割りで頂きましたが、泡盛の独特なクセがやみつきになります。

 

写真 2019-08-28 21 11 35_R.jpg

写真 2019-08-28 21 11 58_R.jpg

(手羽先&にんじんシリシリ)

 

カリっと、どこまでもカリッと揚げられた手羽先。これもおいしかったなぁ〜。そしてにんじんシリシリは滋養ある味がして、心がほっとする味でした。

 

写真 2019-08-28 21 13 31_R.jpg

(もずくの天ぷら)

 

悶絶もののおいしさだったもずくの天ぷら。これも沖縄料理の居酒屋さんに行けば必ずといって良いほどメニューにあります。揚げたてをじゃんじゃん頂くと、それだけで天ぷらはごちそうに。撮影も10秒くらいでササっと!

 

写真 2019-08-28 21 31 38_R.jpg

短冊に書かれたお料理の名前。「沖縄そば」は「沖縄すば」なんだね、って初めて知りました。

 

写真 2019-08-28 21 44 20_R.jpg

海ブドウも沖縄料理の定番。ぷちぷち、ちょっとしょっぱくて、レモン汁じゅわっとかけ回します。もっと序盤に頼むべきお料理でしたが、なぜかこのタイミングで食べる(笑)。

 

写真 2019-08-28 21 49 03_R.jpg

これまたド定番♡のゴーヤーチャンプル。

 

ゴーヤーは買うけど、今年はまだ(って、もう夏が終わるけど)ゴーヤーチャンプルーは料理してなかったなぁ。ここで食べられて良かったなぁ。

 

写真 2019-08-28 22 14 19_R.jpg

最後に「ソーキそば」ならぬ「ソーキすば」。

 

けっこうコシのある麺でした。ソーキそばのおいしいところは、やっぱり出汁だと思うなぁ。お食事の最後に〆として頂きました。

 

「皆さん、沖縄のご出身ですか?」と尋ねると、「全員、那覇から来てます」っておっしゃってました。東京の中のリトル沖縄みたいな空間です。

 

そして2日目。

 

写真 2019-08-29 12 58 41_R.jpg

(えびアボカド サラダ丼)

 

「週1で食べたい・・・」。そんな感想も出るほど、おいしかったサラダ丼。

 

 

こちらのツイート(↑↑↑)に5人で食べた5種類の食事の様子をムービーで撮って載せているので、良かったらご覧くださいね!

 

2日目のお昼は、仕入れ担当者たち5人でお昼ごはん。これまで東ホールで仕入れ会が開催されていたときと違って、西ホールでは、「フードコート&ビア Eat IT!」という場所でした。

 

お店の名前の通り、フードコート式で、ラーメン、つけ麺、洋食、海鮮丼ぶりなどなど多種多様なメニューを1カ所のお店で選べます。JJFの会場は全体的に狭くなったけど、東ホールのようにお店をホップステップしながらあちこち歩きまわる必要がなかったのが楽でした。

 

お昼ごはんのあとも各ブースを精力的に動き回り、文字通り脚が棒になり(むくみのせいで・・・)、へろへろになりながら皆で社用車に乗りこみます。

 

写真 2019-08-29 17 57 49_R.jpg

ホッとした車内から撮った一枚。夕焼けが美しかったなぁ。

 

写真 2019-08-29 19 52 33_R.jpg

御殿場に帰って来てから、慰労会という名の夜ごはん。4つしかグラスがないけど、5人います(笑)。決して強制参加ではない(朝も早いし、疲労度Maxだし・・・)のですが、全員参加♡ありがたい〜。

 

写真 2019-08-29 19 57 33_R.jpg写真 2019-08-29 19 57 48_R.jpg写真 2019-08-29 19 57 52_R.jpg写真 2019-08-29 19 57 59_R.jpg

お通し。さっぱりとした前菜が三種並びます。

 

写真 2019-08-29 20 14 02_R.jpg

お刺身の盛り合わせ。貝が人気でしたが、私は鯛・イカ・鮪が好きです。

 

写真 2019-08-29 20 22 38_R.jpg

出張中はどうしても野菜不足に陥りがちなので、野菜摂取は欠かせませぬ。

 

 

写真 2019-08-29 20 28 19_R.jpg写真 2019-08-29 20 28 29_R.jpg

げその唐揚げ。ハイボールと合うのよねぇ。

 

 

写真 2019-08-29 20 38 31_R.jpg

生牡蠣。某店長が生牡蠣とレモン汁がものすごく好きなんだ、ってことを初めて知りました。ほんとうに幸せそうだったなーー。

 

写真 2019-08-29 20 45 47_R.jpg写真 2019-08-29 21 16 11_R.jpg

さらに、野菜の天ぷらの盛合わせと、牡蠣フライも。

 

最後は・・・・・

写真 2019-08-29 21 29 01_R.jpg

握り寿司

 

何が好きって、シャリの大きさが絶妙なのと、シャリのフワッと感がたまらなく好きなのです。ここの握りは本当におススメ!!!

 

・・・・って感じで夜がふけてゆきました。前回の展示会(全く同じメンバー)では、東京で最終バスの時間を気にしながらの食事。なんと1時間しか食事時間が取れなかったんです。うん、出張帰りの慰労会は御殿場に帰って来てからがいいなぁ、って思いました!

 

以上、出張中の食事の様子でした〜。長いブログをここまで読んでくださってありがとうございます♪

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋です。

 

九州の豪雨の被害が次々とニュースで明らかになっていますね。

 

水に浸かってしまった車が動かないとJAFに多数の連絡が来ているそうですが、一旦、水没して動かなくなった車はエンジンをかけると感電する可能性があるので、エンジンをかけないようにJAFが注意喚起を行っていました(ニュースで)。

 

これは知らなかった〜。水没して動かなくなった車は修理をしてもなかなか復活が難しいそうで、これもまた知りませんでした。私も車の持ち主だったら、無理にでも動かしたい心境になるだろうから、しっかりと覚えておきたいな〜と思いました。

 

写真 2019-08-28 17 12 51_R.jpg

(東京ビッグサイト。東京のジュエリーの仕入れ会と言えばココ!)

 

さて、東京。先日、仕入れ会に行ってきました。

 

今回の仕入れ会はJJF(ジャパンジュエリーフェア)と呼ばれ、毎年8月に開催されます。東京で行われる仕入れ会としては、1月のIJTに次ぐ大規模なイベントです。

 

会場はいつも東京ビッグサイト(上記写真)。アオシマは2005年からかれこれ14年ほど仕入れ会に参加しています。

 

初期は宝飾メーカーの出展者として、中盤は情報収集のために、近年は小売店へ嫁いだのを機に仕入れのために。年々、目的を変えながら東京ビッグサイトに訪れています。

 

写真 2019-08-28 17 11 46_R.jpg

(びよ〜ん、と高架が伸びる。どこに行っても直線のビル。お台場〜って感じの光景です)

 

基本的にお台場の光景は変わらないな〜・・・・・・と思いきや!

 

写真 2019-08-28 17 14 59_R.jpg

(いつもなら公共交通機関ですが、今回は車でやってきました)

 

いつのまにかモノレールの駅名が変わっていました!

 

以前は「国際展示場正門前駅」という名前で、りんかい線の「国際展示場駅」と混同しがちでした。「東京ビッグサイト駅」になって大正解ですね。だって、みんなから「ビッグサイト」って呼ばれてますよね!?これは間違いにくくなりました。

 

2019年3月からこの名前になったそうです。

 

写真 2019-08-28 16 40 22_R.jpg

(今年のJJF(ジャパンジュエリーフェア)は、おそらく初めての西ホールでの開催)

 

今年のJJFでまず驚いたのが、開催場所が西ホールだったこと!長らく、広大な東ホールで開催されていましたからねー。西ホールのコンパクトさは新鮮でした。

 

せまくなって一抹の寂しさはありますが、

 

・エントランスから近い(=総じて、駅から近い)

・食事処が便利(1か所に複数の飲食店が入っているフードコート式)

・タリーズから近い←個人的な好みです。ええ。

 

・・・・なんていう利便性に助けられました。

 

写真 2019-08-29 17 11 39_R.jpg

(これは2日目の仕入れの様子。ブースや手元は、なんとなく撮影エヌジ〜な雰囲気なので、足元を映すw)

 

宝飾の仕入れ会で有意義なのがセミナー。自分の興味のある分野のセミナーを受講します。たまーーに有料セミナーもあるけど、ほとんどが無料セミナーです。

 

今回は、ith(イズ)さんの事業展開についてのお話と、諏訪恭一さん(『ジュエリーの見方』『宝石図鑑』の著者)のセミナーを選びましたよ〜♪

 

セミナーを受けたあとは、いよいよ仕入れ開始です。各メーカーさんのブースに行って宝石や宝飾品の仕入れを行い、2日目から合流する某店長&主任(超目利き)に見てもらう宝飾品に目星をつけてゆきました。

 

写真 2019-08-28 18 09 29_R.jpg

(仕入れ会初日の夕焼け。空がラベンダー色でした)

 

お台場の光景。ここに通い始めた2005年当時は、お台場の人口的な雰囲気がニガテでしたが、繰り返し訪れるうちに思い出が重なって、今やお台場のこの地に愛着が湧いています。心の底から和む〜〜〜っていう場所ではないですけどね〜(笑)。

 

初日の仕事を終えて、ホテルにチェックインです!

 

写真 2019-08-28 18 10 01_R.jpg

(ワシントンホテル。こうして見ると大きいな)

 

東京ビッグサイトを利用するときに宿泊するホテルと言えば・・・・・

 

1.東京ベイワシントンホテル

2.ホテルサンルート有明

3.ダイワロイネットホテル東京有明(最近できました♪)

 

近場だと、この3択ですね!どれも、出張族なら知らぬ者はいないくらい、昔からあるチェーン系のビジネスホテルです。

 

写真 2019-08-28 18 07 58_R.jpg

(ワシントンホテルからだと、出入り口によってはモノレールの「有明駅」が近かった〜)

 

東京ビッグサイトに最も近いのがワシントンホテルとサンルート。りんかい線の駅に最も近いのがダイワロイネットホテルです。いつもならサンルートに泊まることが多いのですが、今回は価格などをかんがみて、ワシントンホテルにしてみました。

 

写真 2019-08-28 22 50 38_R.jpg

(あれ、これはどこだっけ(笑))

 

夜のお散歩。

 

写真 2019-08-28 23 23 08_R.jpg

ワシントンホテルのエントランスは、この「REATAURANT」がかなり目立つので、見のがしようがありません(笑)。

 

この日は、晩ご飯で飲んだわずか半合の泡盛にやられてしまい、ぐっすりと眠りました〜。はぁ〜、ほんとにお酒に弱くなったなぁ〜。昔は「ど〜んとこ〜い!」って感じで泡盛でもかっぱかっぱ飲めていたんですけどね。

 

ま、でも、おかげで眠りこけて翌朝はすっきり!

 

写真 2019-08-29 9 59 17_R.jpg

2日目にのぞみます。また初日と似たような光景だけど(笑)。

 

初日に駐車場に入るのにだいぶ苦労したのですが(こちらのブログ記事の最後のほうをご覧くださいませ〜)、2日目はノーガードで超スムーズに入れました。なんだ、この差は(笑)。

 

写真 2019-08-29 10 01 23_R.jpg

前日に「60台くらいしか確保できません」と聞かされていたのは真実だったようで、南駐車場は午前10時の時点で、こんなに満車のマークが・・・。2019年8月現在、東駐車場が工事で使えないため、工事が終わるまでは、各種イベントで駐車場問題で不便をこうむる人が出てくるのかも・・・。

 

ふむ。

 

写真 2019-08-29 10 07 19_R.jpg

7階に無事に停められました。周りは「山梨」ナンバーの車の率高めだったのが宝飾業界の展示会であることを物語っていました。

 

Inked写真 2019-08-29 10 10 42_LI_R.jpg

・・・・・・と言いつつ、7階駐車場から入ったらいきなり「外食ビジネス」だったけどね!!!

 

ここからの連絡通路がなが〜〜〜〜くて......

 

Inked写真 2019-08-29 10 12 34_LI_R.jpg

動く歩道が登場。空港と同じ光景です。我々夫婦は、この動く歩道に断じて乗らず。これは、ぽっちゃり二人組の義務です(笑)。写真の右側に主人がチラッと写ってます。

 

写真 2019-08-29 10 41 09_R.jpg

さて、無事に会場に着いてから再び仕入れ開始。

 

こんなふうに、一見、同じに見えるデザインも注意深く見ていきます。ルビーやパールが天然宝石なので、ひとつひとつ個体差があるからです。もっとも輝く宝石を選びます(真珠だったらテリの良さやえくぼの場所とか)。

 

写真 2019-08-29 17 16 15_R.jpg

アオシマはぺたんこ靴を履いてきましたが、諸先輩方はハイヒール!きちんとプレスされたパンツスタイルや、ドレッシーなワンピースに身を包み、ハイヒール!さすがです〜♡

 

ただ、全員の思いとしては.......

 

脚と足裏が痛い

 

でした(笑)。中には、「この痛みに、年齢を感じる....」なんて弱気になっている諸先輩方も。

 

私の靴も底にふわふわが入っていなかったので、コンクリートの硬さを直に足に感じとってしまい、いつもよりだいぶ疲れてしまいました。。。

 

でもね、10月に控えている弊社の展示会の予行演習と思ってがんばりましたよ♪(しかし、次回は違う靴で行こう・・・・)

 

写真 2019-08-29 17 57 49_R.jpg

なんだかんだと、今回も時間ギリギリまで会場にいました。帰りの車では車庫出し渋滞にはまって20分くらいロスしましたが、それでも、車はやっぱり楽だねーーーって言いながら夕陽を眺めましたとさ。

 

長〜〜〜〜い一日、ほんとうにおつかれさまでしたーーー!!!

 

皆様、こんにちは〜!静岡県御殿場市在住の青嶋です♪

 

東京から帰ってきた日の夜も、ザァー――っと雨が降ってきました。夏のスコールか、秋の長雨か?東京へ行く日も、御殿場や沼津・三島の様子を気にかけながら東名高速道路に入りました。

 

写真 2019-08-28 8 59 33_R.jpg

(東京に近づいたあたりで、いつもの渋滞発生中)

 

渋滞中もご覧の通り、雨には降られず、の東京でしたが、車中のラジオでは三島で竜巻が発生したとか、Twitterでは御殿場の雨がひどい降りようとか、いろいろ心配な情報が流れていました。

 

写真 2019-08-28 9 06 27_R.jpg

(曇り空にレインボーが映える)

 

日本では毎年のように雨による水害が目立つようになりましたね。自然災害はどうしようもないけれど、できうる限りの対策は売っておこう.....と感じました。これ以上、被害が広まらないことを祈るばかりです。

 

写真 2019-08-28 10 03 59_R.jpg

写真 2019-08-28 10 06 11_R.jpg写真 2019-08-28 10 06 33_R.jpg

(やってきたのは日本橋)

 

さて。東京。日本橋に仕事の用事があったので行ってきました。

 

写真 2019-08-28 10 10 09_R.jpg

こういうの、東京っぽいですよね。所定の場所に車を停めてたあと、ドライバーは降りて、あとは機械がグイングインと回ってどうにかしてくれるやつ。

 

写真 2019-08-28 10 16 23_R.jpg

写真 2019-08-28 10 16 21_R.jpg

駐車場とビルの入り口が一体化している空間。これもまた、東京っぽい空間。

 

 

写真 2019-08-28 10 17 21_R.jpg

1階には金魚のオブジェ。諸般の事情により(笑)、撮らせていただきました。かわゆす♡

 

エスカレーターを上がってゆくと.......

 

写真 2019-08-28 10 56 32_R.jpg

こんな光景。これもまた、わたし的には東京っぽいです。あ、今日のブログのキーワードは「東京っぽい」です(笑)

 

サクッと用事を済ませて、足早にJJF(宝飾品・宝石の仕入れ会)の会場であるお台場へ向かいます。

 

写真 2019-08-28 11 19 21_R.jpg

「EBIYA」というお店かな?目立つ看板を発見!

 

まずは日本橋の目抜き通りを通過してゆきます。

写真 2019-08-28 11 20 06_R.jpg写真 2019-08-28 11 20 28_R.jpg

三越の前あたりで雨が降ってきました。三越にはあいかわらずライオンが鎮座していました。

 

写真 2019-08-28 11 21 20_R.jpg写真 2019-08-28 11 21 27_R.jpg

日本橋。橋の中央付近に何かの動物の彫像が施されていました。走る車の中からなので、じっくりと見られなかったため、さっき調べてみたら、あれは「羽のついた麒麟(きりん)」とのこと。

 

https://www.waraukadoni.com/entry/nihonbashikirin

 

↑こちらのサイトを見てみると、獅子も置かれてあるようです。むむっ!おもしろそう〜!日本橋は、いずれ歩いてみないとね♪

 

いよいよ、雨も強くなってきて........

写真 2019-08-28 11 22 21_R.jpg

写真を撮ってもこんな感じ(笑)。

 

ピントを合わせまして......

写真 2019-08-28 11 22 35_R.jpg

これ!建物の壁の模様がおもしろいな〜と思って撮影しました。

 

写真 2019-08-28 11 25 05_R.jpg写真 2019-08-28 11 25 51_R.jpg

こうやって、ビルから緑がわさわさ飛び出てきているパターンも。こゆのも、東京っぽいですね。

 

写真 2019-08-28 11 25 55_R.jpg

長蛇の列を見かけてあわてて撮影したからピンボケしてしまいました〜!何のお店で、どういう人が並んでいるのか、ピンボケしすぎていてもはやわからないのですが、気になる!「京橋」の交差点を銀座方面に少し走った左手らへんです。

 

そこから数十メートル行くと、もう銀座。

 

写真 2019-08-28 11 30 13_R.jpg

色が変だな(笑)。銀座1丁目から入ります。松坂屋、三越さんを通り過ぎてゆきます。

 

写真 2019-08-28 11 31 04_R.jpg

銀座といえば、の和光のある交差点を左折しま〜す。あれ、NISSANのビルって、前からこんな模様だったっけなぁ〜?と思いながらぐんぐんと東銀座へ。

 

歌舞伎座の前を通って.......

 

写真 2019-08-28 11 34 10_R.jpg

気になる神社はこうやって撮影しておいて後日訪れます。

 

写真 2019-08-28 11 35 46_R.jpg写真 2019-08-28 11 36 45_R.jpg

あとは、月島を通って、お台場を目指します。

 

写真 2019-08-28 11 38 03_R.jpg写真 2019-08-28 11 44 03_R.jpg

この光景は、私にとってはなじみがあります。「そろそろビッグサイトかな」という光景。

 

ここから、メーカーさんがご用意してくれた駐車場へ。

写真 2019-08-28 12 11 17_R.jpg

 

ガードマンのおじさんのところには何も情報が降りてきていないらしく、「入れないんですよ......」の一点張り。でもせっかくご用意してくれたメーカーさんのためにも、情報の確認を粛々と進めます。

 

東京ビッグサイトでは類似体験があったので、「こういうことが起こるだろう」と予測しており、運営事務局からもらったメールをプリントアウトして持参!

 

「すんなりと駐車場に入れない」ということはあらかじめわかっていたので、待つのは苦ではありませんでしたが、入るまでに確認、確認、確認の連続で40分以上待ちましたし、複数の会社が運営するイベントのため、会社同士の横の連携が取れていないよね〜っていうのが可視化された出来事でした。

 

写真 2019-08-28 12 13 04_R.jpg

ここはヨーロッパか!?と思うほどの縦列駐車っぷり。これも連携が取れていない現場の混乱をよく表していますね。仕方ないけどね!今年(2019年)の東京ビッグサイトは、東ホールが工事中で東駐車場が使えないので、それが大きな要因なのかな?とも感じました。

 

以上、JJF(仕入れ会)の会場にたどりつくまで編でした!だらだらと写真を載っけているだけなのに、ここまでお読みいただいた方!!!!ありがとうございました〜。こんな感じで仕入れの様子をお届けするブログ記事が、あと2本ほど続きますが、もしよろしかったらお付き合いいただけると嬉しいです♪

 

では、今日はここまでーーー!今週もおつかれさまでした。

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

今日から10連休中明けですね。久しぶりのお仕事復帰だぁ〜という方もいらっしゃるでしょう。いかがお過ごしですか?復帰初日はぼちぼちのペースが一番だと思いますが、そうもいかない職種の方もいらっしゃるのかなぁー?

 

アオシマは、GW10連休中は浜松に(仕事で)滞在しておりました。本日は、浜松のお店のバックヤードで食べたお昼ごはんの写真をぽつりぽつりと挙げていきながら、つれづれなるままに書いていこうと思います。

 

普段はめったに食べる機会のないコンビニフード、ファーストフード、屋台フードなどが出てきます。もし良かったら写真だけでも見ていってくださいね。

 

写真 2019-04-30 11 58 01_R.jpg

(セブンイレブン浜松鍛冶町店。コンビニらしからぬ入り口(笑))

 

ご近所さんだったセブンイレブン。ここでお昼ご飯を調達することが多いです。セブンイレブンの新作は毎度、驚きがあって新鮮な気持ちになれる。例えば・・・

 

写真 2019-04-30 12 04 32_R.jpg

生ハムとバジルの冷製パスタ

 

このパスタの麺に、カッペリーニ仕様の麺が採用されている〜!こういう細やかなこだわりがセブンイレブンの素晴らしさだよね!別にカッペリーニじゃなくても良いところを、あえてカッペリーニに。冷製に合う種類のパスタ麺をちゃんと選ぶ。だから好き、セブンイレブン♪

 

生ハムの薄さも良い感じだし、新緑のこの季節にバジルソースの爽やかなグリーン色もナイスです。食べる人の気分を引き立てます。

 

写真 2019-04-30 12 04 20_R.jpg

サラダチキンの15品目サラダ

 

食事をするときは、必ず野菜から食べます。これはコンビニ食を頂くときも一緒。食べる順番はきちんと気にかけます。

 

写真 2019-04-30 12 04 43_R.jpg

フルーツサラダヨーグルト

 

発酵食品はヨーグルトで。

 

また、とある日は・・・・・・

写真 2019-04-29 16 08 33_R.jpg

自炊のための食糧を調達しにスーパーの西友へ行ったときに買った・・・・・・

 

写真 2019-05-02 14 28 23_R.jpg

30%引きのごまだれ冷麺

 

この日のお昼は278円ぽっきりでした〜!(お得!)

 

さすがに、西友のそばにあった・・・・・・

写真 2019-04-29 16 07 08_R.jpg

写真 2019-04-29 16 07 16_R.jpg

ここで買う勇気は出なかったなぁ(笑)。でも、食品を自動販売している機械に遭遇するなんて古さが昭和感を呼んでいます。

 

写真 2019-05-03 12 30 48_R.jpg

普段、食べる機会があまりないモスバーガー。テリヤキバーガーとふわふわしたフライドポテトを堪能しました。

 

写真 2019-05-03 15 52 47_R.jpg写真 2019-05-03 15 55 24_R.jpg

チーズハットグ(お祭の屋台で売られていました)

 

これは、おもしろいフードでした!一緒に働いてたW店長「最近、流行っているみたいですよ〜」と教えてくれたチーズハットグ。モッツァレラチーズを揚げて、食べるとびよ〜〜〜〜〜んと伸びるという、食べるのが楽しくなるフード。

 

写真 2019-05-03 15 59 19_R.jpg

びよ〜〜んの図。この画像にどれだけ世間的な需要があるのか......

 

なんだかスミマセンっ(笑)。

 

写真 2019-05-03 15 55 20_R.jpg

韓国発のフードとのことで、パッケージの横にハングル文字で「チーズハットグ」と韓国語で書かれてあります!

 

今回は、ケチャップとマスタードですが、全部シュガーでおおいつくしているチーズハットグもあった。あれも機会があれば食べてみたいなぁ。

 

見た目もおいしそうだし、食べるのが楽しそうなチーズハットグ。流行るのもうなずけます。

 

・・・・と、まぁ、このようなフードライフ in 浜松。ちょっと地味ですが、いつもと違うってことで十分に楽しめました♪

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?アオシマは小売・サービス業に従事しているため、連休こそ働きどき!ということで、適宜お休みを頂きながら働いておりました。

 

働いた場所はいつもの御殿場の事務所ではなく・・・・・・

 

写真 2019-04-13 10 43 37_R.jpg

浜松です。

 

「6畳一間の部屋にて2人で8日間過ごす」という40歳目前で体力のない二人にとってはそこそこ厳しめな生活条件と、「お休みの日が未決定」という完全不透明な労働条件のもと(笑)「とにかく出発しよう」と出かけたのが夜の9時30分!

 

写真 2019-04-27 21 18 26_R.jpg

(夜の駿河湾沼津サービスエリア)

 

御殿場から浜松へ向かうには選択肢が二つあります。ひとつはシンプルに東名高速道路。もうひとつは3月から法定速度が120キロになった新東名高速道路

 

写真 2019-04-27 21 28 54_R.jpg

(丼の値段が1600円だったが味は普通、というサービスエリアあるあるな現象)

 

今回は、法的に堂々と飛ばせることになった新東名高速道路を使おうじゃないか!というチョイスだったのでした。そのほうが早く浜松に着けて、早めに就寝できるじゃないか!と。でも・・・・・・・

 

写真 2019-04-27 21 30 33_R.jpg

(クスっと笑える紙コップ@駿河湾サービスエリア)

 

忘れていました。時はゴールデンウィークなのですね。そこそこ混んでいて時速120キロで走らせてもらえる状況じゃなかった・・・

 

写真 2019-04-27 23 54 15_R.jpg

(真夜中でも建物全体を使って宣伝中!こういうのを見かけると「都会だなぁ」と感じる)

 

・・・・そんなこんなで、浜松に着いたのは予定時間を1時間オーバーした夜中12時でした。そこから部屋に荷物を運びこんだり、部屋の仕様を確かめたりして、就寝したのが夜中2時。

 

写真 2019-05-04 11 45 44_R.jpg

(さっきの建物の昼バージョン)

 

翌日からは慣れない拠点での仕事がスタート!それでも、飲みに誘ってもらったり、普段、あんまり接したことがない人と深く話し込めたり。これは良かったし、非常におもしろかったです。

 

写真 2019-04-30 20 01 29_R.jpg

(平成の最後の日も一緒に過ごせたもんね!)

 

話してみないとわからないことっていっぱいあるよね〜、と。私は無個性な人よりも、周りに迷惑をかけないクセの強い人が好きです(笑)。「ねぇ、ねぇ、人生のそのポイントで、どうしてそんな選択肢をしたの???」と掘り下げて聞くと、思わぬエピソードが飛び出す。もう、本人の名誉のために他言できないエピソードが9割9分って人は、大変、好みです(爆)。

 

写真 2019-04-30 11 58 01_R.jpg

(令和の初日は一人で過ごしたけどね)

 

普段きちんとしている人であればあるほど、崩した姿に品性が漂うので。それに比べて私は毒を吐きすぎて(笑)、皆「それについえてはこういう見方があるんですよ!」と即座に異論を示してくれた。良かったなぁ〜、一緒に飲めて。

 

写真 2019-05-03 18 18 14_R.jpg

写真 2019-05-03 15 55 20_R.jpg

(店長に教えてもらったチーズハットグ)

 

最近、流行っているらしい。韓国発のおいしいフードです。弊社から徒歩30秒のところにチーズハットグの屋台が出ていました。これ、なかにモッツァレラチーズがびよーーーーーーーーーーーーーーーーんと入っており、おもしろい食べ物です。写真に撮りたくなりますよね。(実際に写真におさめたので、その様子は後日公開します)

 

写真 2019-05-02 22 06 47_R.jpg写真 2019-05-02 22 06 51_R.jpg

(邪悪な笑顔がたまらない。誰しもが二度見する、オレンジ・オン・ザ・灰皿)

 

浜松ではお散歩を欠かさずにしました。昼も夜も。そこで目新しいものやユニークな建造物などを発見しました(これも後日公開しようかな♪)。「お散歩=土地と人をつなげる」ってところが多分にありますねぇ。このお散歩で見たものが、浜松滞在の最終日に、ワインバーで出会った方とのお話につながっておもしろいですねぇ。

 

写真 2019-05-04 11 35 37_R.jpg写真 2019-05-04 12 13 51_R.jpg

そして、いよいよやってきた最終日。入道雲が出るほどお天気が良かった浜松をあとにして、東名高速道路で帰ってきました。車中でおいしいサンドウィッチを食べながら♪

 

以上、雑な内容ですが、ざっとそんな日々を送っておりました。このブログ、日記のような駄文にもかかわらず、少数ながらレギュラーで読んでくださる方がいらっしゃるようです。後日、浜松で見てきたあれこれをアップしてみようかと思っております。もしよかったらまたのぞきにきてくださいね♪よろしくお願いいたします。

 

それでは、お仕事の方も、お休みの方も良いゴールデンウィークをお過ごしくださいね!

人生においては目に見えないものを大切にしたほうが良いですが(あ、星の王子様っぽい!笑)、職場においてはコミュニケーションは明確で行き違いなどないほうが良いと考えています。

 

誤解や行き違いを生むのが曖昧な言葉。例えば・・・・・

 

「常識」「思いやり」

 

P1120062_R.JPG

(どうも、部長のベルと申します)

 

これね〜、これは職場では伝わりにくい!!!なぜならば、職場には、色んな価値観や考え方を持った人が集まっているので、人によって「常識」は異なるからです。

 

「思いやり」もそうです。自分が良かれと思ってとった行動が、相手にとっては迷惑だった・・・・って経験、皆様も一度や二度くらいありませんか?

 

「常識」も「思いやり」も人によってそれぞれ。しかも、「もっと常識を持ってほしい」「思いやりを持ってほしい」と相手に要求する場合は、「常識」とか「思いやり」って言葉をあえて使わずに、「どういう状況下で」「相手にどう行動してほしいのか」を、まず自分の中で明確にします。そのほうが、早い段階で相手から正しい行動が引き出せます。

 

「常識」「思いやり」という言葉の周りを皆がグルグルグルグル回ってるだけの状況は一番良くないと思っていて、しかも、たいていはイライラしながらグルグルしてますからね。「あの人は常識がない」「思いやりがない」って、フラストレーションが渦巻いているのだとしたら、とってももったいないなぁ、と思います。

 

P1110357_R.JPG

(ベル部長は、おやつの周りをグルグルするけどね)

 

あとね、

 

「みんなで頑張りましょう!」

 

だけで終わるスピーチも、わかりにくい〜〜〜。「みんなで頑張る」って便利な言葉だけど、具体策に乏しすぎて、言われたほうとしては「上司から何を期待されているのか」「上司が何を要求しているのか」がわかりづらくて不安になるのです。次にとるべき行動がわからなくなるから。(あ、一応、自分で勉強したり、考えたりはしますが、それが正解なのかどうなのかは結局、わからない)

 

エイ、エイ、オーーー!!ってこぶしを突き上げるなかで、周りに合わせて「オ―――!」とかって一応こぶしをつきあげるわけですが、まぁ〜〜〜、小声だよね(笑)。

 

P1110372_R.JPG

(じっと、おやつが出てくるのを待つ。この粘り強さもビジネスにおいては重要です(笑))

 

優秀なリーダーなら、業績を上げるために今何を必要としていて、部下たちにどう行動してほしいのか、を明確に説けるはずです。そのほうがお互いにとってわかりやすいし、のちのち良いんですよ〜。

 

P1110369_R.JPG

(ようやく、おやつがもらえそうで、ちょっと安心しているベル部長)

 

・・・・・ってことで、もし、「何べん言っても言葉が通じない!」と部下の教育にお悩みの皆様(私は悩ませているほうなのか?)、言葉の曖昧さを除去してコミュニケーションを取ってみてはいかがでしょうか〜〜〜〜?という、じゃっかん、上からな内容でもぉしわけございません(シノハラ風)。

 

職場でのコミュニケーションは、スムーズにこしたことはありませんからね♡

 

 

今日は普通に始まろうとした一日だったけど、どこかそわそわしながら迎えた一日の始まり。そわそわの理由は、今日がTマエさんの最終出勤日だからです。

 

いつものように朝の清掃が終わって、いつものように午前10時のお茶の時間が始まりました。

 

写真 2019-03-20 9 57 06_R.jpg

9人分9個のマグカップを見て、明日からこれが8個になるのかぁと、しんみり。

 

「私、泣かないからね!」「今日一日、”最後”って言葉は禁句よ!」と、一番元気よく言っているベテランスタッフさんが、一番、さびしそうな目をしていました。

 

Tマエさん最終出勤日は、まず、午前中に大きな荷物が届いたことから幕が上がります。

 

写真 2019-03-20 12 49 31 (1)_R.jpg

どどん!!

 

大きな段ボールで届いたお花は、某店舗から。朝一番に届きました!さっそく、みんなで「開けて」「開けて」とせがみ、「あなたたちが見たら、お花が枯れるわよ」とあいかわらずの毒舌を浴びながらも(笑)開けてもらいました。サイズも色もかわいいバラの花々が!人を喜ばすのが大好きな店長の計らいかしら♡

 

さらに、午後になると..........

写真 2019-03-20 14 37 55_R.jpg

某部署の人が直接、持ってきました。春らしいかわいいお花。ブーケに見えますが、実は、見えないところで花瓶になっていて、そのまま飾れるというもので、オシャン♡。別途、ギフトも用意されていました。

 

写真 2019-03-20 12 02 15 (1)_R.jpg

「個人的に」とギフトを贈ってきたスタッフたちも!いつの間に〜!

 

さらに.....

写真 2019-03-20 12 05 17_R.jpg

休日なのにわざわざ特大サイズのホールケーキを焼いて、事務所に届けに来たスタッフもいました。

 

すごい.....ここまでですでにおわかりでしょうが、Tマエさんがいかに愛されているかが、よく伺えますね。私の社会人生活の中で退職する方を色々見てきましたが、ここまでお花やら、ケーキやら、ギフトやらが集まってくるケースは初めてです。

 

ちなみにご紹介しているのは最終日に本部に届けられたものだけ。それ以外にもギフトはきっとあろうかと思います。それを考えると・・・・ほんとに愛されてたんだなぁ〜。

 

そして、さらに続きます!

 

本部スタッフの私たちからは「お昼の宴(うたげ)」と「ある贈り物(笑)」を用意させていただきました!まずは準備にとりかかりました〜!

 

写真 2019-03-20 12 03 29 (1)_R.jpg

フルーツゼリー(これはTマエさんが買って来て下さいました(滝汗;;;;))を並べて・・・・・

 

写真 2019-03-20 11 29 47_R.jpg

お寿司を頼みました。頼んでから30分後に持って来たからその速さに驚愕したよね(笑)。

 

写真 2019-03-20 12 06 51_R.jpg

お吸いものは、お椀がないため紙コップに入れました。

 

そして、一気に場が華やいだのが.......

写真 2019-03-20 12 04 47_R.jpg

胡蝶蘭(コチョウラン)とグリーンです!サプライズで、義母が運び込んできました〜〜〜〜〜!Tマエさんに喜んでもらおうと、お昼の宴が始まる直前に運び込まれました。

 

お花とグリーンに囲まれて、事務所の9名でお昼の宴がスタートです!

写真 2019-03-20 12 11 46_R.jpg

みんなでお寿司をとって、フルーツゼリー(Tマエさんが用意して下さったもの)を頂きました。

 

そして、食事も終わったころにギフトタイムが始まりました!

 

写真 2019-03-20 15 35 26_R.jpg

じゃじゃん!春らしい桜のペーパーバッグにギフトがいくつか入っています!

 

写真 2019-03-20 12 39 17_R.jpg

まずはTマエさんの上司Tさんが代表して手渡したギフト。これは、本部スタッフからの本命ギフトなので中身はナイショです(笑)。

 

写真 2019-03-20 12 39 48 (1)_R.jpg

さらに、バラの花を石鹸で作ったものが!!!これは、スタッフのご親戚が石鹸を切り出して作ったものとのこと。良い香りがする一品です。

 

写真 2019-03-20 12 41 11 (1)_R.jpg

そして、これ!!!こちらは本部スタッフ一同で作った渾身の作品です(笑)。

 

写真 2019-03-20 13 07 45_R.jpg

「一日一笑 たまめくり」というタイトルがついた手作りのアルバム。50ページを超える大作です(笑)。毒舌キャラだったTマエさんの語録を40個以上集めよう!という、とあるスタッフの発案により制作されました。

 

また、ささやかな付録として「 Tマエさんあるある」も集めて、スタッフたちで再現して撮影したページもあります。撮影は私が担当したのですが、この撮影が異様に盛り上がったんだなww。ご本人も、読みながら笑いをこらえきれなかったようなので、喜んでもらえたようで、良かったですよね。発案&制作したEさん、ナイスジョブですw

 

ちなみに、40個以上集められたTマエ語録の中で、私が最も気に入っているのは......

 

写真 2019-03-20 12 54 10 (1)_R.jpg

これです!

 

これね、社内の人ならわかると思うんだけど、ほんとにTマエさんが言いそうなことなんですよ。でもって、実際に言ってるからねーーー(笑)!

 

こんなふうに「一日一笑 たまめくり」は、なかなか攻めている内容ですが、Tマエさんご本人も笑いが止まらなくなるものも入っていて、喜んでもらえてもらえて良かったです!

 

写真 2019-03-20 10 20 14_R.jpg

 

抱えきれないほどのお花とギフトは、ほんとうに抱えきれなかったので(笑)、車2台でTマエさんのご自宅へ運びこまれました。最後は西日のなか、みんなで車を見送って一日が終わりました。

 

私とは2年間しか一緒に働けていませんが、本当にお世話になりました。退職されても、お忙しそうなので、なかなかゆっくりはできないかもしれませんが、時間ができたらのんびり遊びに来てくださいね。

 

Tマエさん、24年間、おつかれさまでございました。そして、ありがとうございました。

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

経験は宝だとつくづく思いました。そして、包容力ってこういうことなんだと思いました。

 

課題の原因となっている人のことを決して糾弾することなく、でも悩んでいる人に完璧に寄り添いつつ、でもって、具体策を提示。それを、静かで落ち着いた口調でみんなに語り始めたのです。

 

それが神がかっていて、10分強のプレゼンを聞きながら、「うわぁ〜、この後に発表するKさん、やりにくいだろうなぁ〜」って思うほど、その場にいた全員の心がその人のところにグーーーーッと寄っていくのがわかりました。

 

写真 2019-03-14 14 42 45.jpg

(あ、東京の夜景その1)

 

あんまり詳しいことを書くと怒られるので、抽象的に書きますと......

 

この日の会議は「課題解決」のための会議で、あるお題が出ていました。一人あたり5個ずつアイディアを出すべし!とのこと。私としては、経験したことがないお題だったのでなかなか難題でしたが、自分なりに調べた結果”フォロワーシップ”の考えを持ち込もう〜〜〜っ、とスケッチブックに図式&イラストを書き、意気揚々と会議にのぞむわけです。

 

しかし、突如として出現した神がかったプレゼンが!!!私は内心、「ひゃ〜、このスケッチブックを出すのは、今日はやめておこう」と思いました。

 

で、神がかりプレゼンのあとに、順番的に発表しなきゃいけないKさんは「えっ?私、このあとに発表するんですか!?」って嫌がってた――!わかるーーー!私もKさんの順番だったら嫌だわーーー(笑)。

 

写真 2019-03-14 14 42 29.jpg

(東京の夜景その2)

 

経験は宝です。そして、年長者だからこそ、経験から導き出される言葉に重みがありました。

 

プレゼンターだったスタッフは、周りからどう言われようと自分の信念に基づいて自分自身を導いてる感があって、それだけでもう「ついてくわ!」てなっちゃって、その場にいたスタッフからも、「●●さん、異動で!」ってw

 

経験豊かな年長者スタッフが若いスタッフの背中をこんなふうに押してあげるやり方があるんだぁ〜と、感銘を受けました。しかも、社内の誰一人として不快に思ったりしないし、傷ついたりすることもない、配慮の行き届いたプレゼン内容。包容力って、こういうことやん!

 

せっかくなら、そんなふうに年齢を重ねたいです。包容力なんて1ミリもないと自覚している私。見習いたい。こんなふうにしなやかに自分の価値観や考えを表明できるようになれたらなぁ。

 

あ、それからここで「年長者」「年長者」って連呼すると「そんなに年とってないわーーーー」って怒られるかもしれないのですが、私より年長、ってことです〜。

 

以上、抽象的な伝え方になりましたが、なんだかハートフルな瞬間だったのでここに記してみました♪

 

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

全国的に雨だそうですが、御殿場も雨。しかもちょっと寒いという....。3月に入りましたので、これから三寒四温。あったかい日と寒い日を繰り返しながらだんだん本格的な春になる時期にさしかかりました!

 

この時期、毎年、謎の蕁麻疹に襲われるのですが(年によって程度の差がある)、季節の変わり目は体調不になられる方が多いようです。ゆっくり、休みながら、穏やかに日々を過ごしていきましょうね!(^^)!

 

さて、今日は懐かしい写真でいっぱいです!

 

先月の話になるのですが、お台場へ出張に行ったとき「これは!」と仕事のヒントを得られそうなフロアを偶然見つけました!俄然、興味が湧いて入ってみた!

 

それは、東京・お台場のDECKS(デックス)の4階にある「台場一照明商店街」というテーマゾーンでした。

https://www.odaiba-decks.com/news/event/daiba1chome.html

 

 

写真 2019-02-13 16 00 20_R.jpg写真 2019-02-13 16 01 15_R.jpg写真 2019-02-13 16 03 14_R.jpg写真 2019-02-13 16 03 47_R.jpg

昭和レトロな町並みを再現した商店街で、実際に商品が売られています。

 

東京タワーらしきものが「工事中」だったり、新幹線が開通した時期ということは、年代としては昭和30年代ごろかな。日本が貧しさから脱却しつつあり、好景気に沸き、何事も前に進んでいた明るい時代ですね。

 

写真 2019-02-13 16 04 22_R.jpg

この散髪屋さんの様子は、私が子供のころ(昭和50年代〜60年代)にも見かけました。赤色と青色が、動脈と静脈を表しているんだってことを絵本で知って、それを大人たちに言って回っていたのを思い出しました(笑)。

 

写真 2019-02-13 16 04 39_R.jpg

どうして仕事のヒントになりそうだと思ったかというと、毎年秋に開催されているヤマトヤの展示会「大和屋祭」は、この2年間連続で”大正ロマン”をテーマとしており、招待状・ディスプレイ・調度品等を大正ロマンのイメージを取り入れながらお客様にプレゼンしてきました。

 

その準備に関わるようになって、昔の時代をテーマにした空間にますます興味が湧くようになりました。「台場一丁目商店街」は昭和30年代の町並みがテーマなので、「大正ロマン」の大正時代からちょっと時代が下っていますが、「大正ロマン」と「昭和レトロ」の違いを確認できたのでおもしろかったです。

 

ちなみに...........

 

写真 2019-02-13 15 59 58_R.jpg

全然、仕事の参考にはならなかったけど(笑)、お化け屋敷もありましたよ。

 

看板には、「関東地域では富士急ハイランドのお化け屋敷に次いで怖いお化け屋敷」とのこと。ほぉ。。。。怖いね、怖いね。お化け屋敷好きな方、もしお台場に遊びに行かれたときには立ち寄られてみてください。けっこう怖いらしいので....

 

そして、そのお化け屋敷の向こう側にあったのは........

 

写真 2019-02-13 16 11 54_R.jpg

「たこ焼きミュージアム」なるものがありました。どんな空間で、どんなサービスを提供しているんだろう?ちょっと気になりますねぇ。大阪の方の感想が聞いてみたいなぁ。

 

台場一丁目商店街からは以上でーーす!

 

DECKS Tokyo Beach(デックス東京ビーチ)

https://www.odaiba-decks.com/news/event/daiba1chome.html

 

 

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

ぴっかぴかに晴れていた2月中旬。御殿場(静岡県)から東京ギフトショーへ出張に行ってきました。御殿場から東京に行く場合、高速バスの行先は2つ。「新宿行」に乗るか、「東京駅行」に乗るか。(※もっと細かく言うと「羽田空港行」や「成田空港行」もありますが、ここでは触れません)

 

この日は・・・・・

写真 2019-02-12 11 57 16_R.jpg

お堀があるほうへ・・・・・はい、「御殿場⇒東京駅行きのJRバス」に乗りました!

 

そして「東京駅⇒東京ビッグサイト」まで、東京ギフトシーの主催者が無料シャトルバスを用意していたので、お昼ご飯を東京駅でササっと済ませたあと、バス乗り場を目指して歩きます。

 

「東京駅」と書きましたが、正確には「鍛冶橋駐車場」が無料シャトルバスの発車場所。この「鍛冶橋駐車場」は東京駅八重洲南口から徒歩5分のところにあります。

 

そうそう、鍛冶橋駐車場に向かう途中に「DEAN&DELUCA」があります。この日、稀にみるほどのハズレの味だったランチのあとに「DEAN&DELUCA」を見てしまって「あぁ・・・・ここでランチを食べるという選択肢があった〜」と後悔の嵐〜!

写真 2019-02-12 12 57 28_R.jpg

また東京駅でランチする機会があれば、次はここ「DEAN&DELUCA」へ行こうと思います。

 

写真 2019-02-12 13 04 33_R.jpg

そして、こちらが東京駅八重洲南口からから徒歩5分のところにあるバス乗り場「鍛冶橋駐車場」です。バス乗り場に着くと「シャトルバス」という名前からは想像もつかないほどキレイで大きなバス(いわゆる高速バスに使われている車両)でしたよ。

 

写真 2019-02-12 13 09 49_R.jpg

ゆらゆらとバスに揺られる途中で目にした光景。「ここのお蕎麦屋さん、おいしそうだなぁ」って、私の目に飛び込んでくるのは平日昼間の平和な東京の光景です。

 

写真 2019-02-12 16 01 00_R.jpg

着きました!初日の東京ギフトショー。三連休明けということもありまして、この日は来場者数が少なめでした。(翌日は賑わっていた)

 

その分、西ホールはじっくりとお話しながら各ブースをまわることができました。東京ギフトショーに初参戦した感想はこちらにゆる〜くまとめてありますので良かったらご覧くださいませ。

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

今週は週の半ばに、急きょ「東京ギフトショー」へ行ってきました。これは、世の中で「お店」という形態を持っている方々全てが対象になるような見本市です。

 

写真 2019-02-12 16 01 00_R.jpg

宝飾業界の最大規模の展示会は”IJT(東京国際宝飾展)”しか知らない私にとっては、驚きの連続でした。会場はIJTと同じ東京ビッグサイト(お台場)。「東京ギフトショー」は展示スペースがIJTの3倍くらいはあったように思います。

 

・間口が広い(IJTの入り口はめちゃくちゃ狭かったんだ!と気づいた)

・セキュリティが少ない(基本的に1カ所の入り口に1人)

・スニーカー率が高い(とにかく会場が広すぎるため)

・デイパック率が高い・バッグが大きめ(荷物が大きい&重い)

・ターゲットが広い(「店」というものを開いている人全てが対象)

・結果、おもしろい(笑)

 

ザっと言うと、東京ギフトショーにはそんな特徴がありました。

 

上記の写真のところはまだしも、いったん展示会場(ホール)に入ってしまうと撮影禁止です・・・・(涙)。でも、知人が出展していたキャンドル屋さんでは、快く撮影許可がでましたので撮影してきたし、撮影されました〜!

 

写真 2019-02-13 15 23 56_R.jpg

写真 2019-02-13 15 23 45_R.jpg

(友人が撮影してくれた)

 

いつになく真剣な表情ですね(笑)。これは、キャンドルの動画撮影をしているのかな。このキャンドルは、本当に火が燃えているわけではないのですが、炎(ほのお)のゆらめきを正確に再現しているので、遠くから見ると本物のキャンドルに見えました。

 

他にも、ディスプレイ・ノベルティにしたいもの、弊社の展示会で採用されそうなもの、将来的なネタになりそうなものも拾ってきました。時計・宝飾・メガネ店の小売業者だと、西ホールで展示されていたコーナーがアンテナにひっかかるものが多かったように思います。

 

東ホールは、飲食店関係・雑貨屋さん・ゲーセン・百貨店関係者の方々などがターゲットのブースが多かったなー、と感じました

 

今回、私は初めて参戦する「東京ギフトショー」でしたが、「自分の集中力が途切れたときこそおもしろいものを見落とすんじゃないか」という怖さがあったので、とにかく会場内の全てのブースを全部見てまわる気持ちで、そして、本当に全部見てまわりました(笑)。

 

昼食事情も、IJT(東京国際宝飾展)のときとちょっと違いました。なぜなら・・・・・ってあたりを次の記事でご紹介しています♪⇒ http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=1070

 

皆さま、こんにちは。静岡県御殿場市の青嶋 純佳です(#^^#)

 

えっ!?とびっくりしました。まさか、今どき、リアル半鐘に出会えるとはっっ!

写真 2019-02-06 16 54 30_R.jpg

 

♪おじさん おじさん 大変だ

♪どっかで半鐘が なっている♪

♪火事はぁ〜、近いよ〜、スリバンだぁ〜♪

 

・・・・・・という美空ひばりの歌(『お祭マンボウ』の2番)を思い出しました。ちなみに「半鐘」は「はんしょう」と読みますが、ひばりは歌のなかでは「はんしょ」と発音していますね〜。直前の「どっか」も、「どこか」ではなく「どっか」。この歌い方に、ひばり独特のチャキチャキ感を感じることができて、わたくしはしびれるんですねぇ。あぁ、もうあんな偉大な歌手は金輪際出てこないんだろうなぁ・・・・)

 

・・・・と、今回はひばりの話をしようと思ったわけではなく、この半鐘を見かけて、ふと防災のことが頭に浮かんだのでした。なるべくなら、半鐘が鳴らされるような状況が来なければ良いのですが、自然災害は人間がコントロールできかねるもの・・・・。

 

私が、会社への防災への取り組みを意識したのがおととし(2017年)でした。「あれ、防災訓練が行われていない?」と、ふと思ったことがきっかけでした。

 

そこで、めっちゃタイミングよく地域で開かれる防災セミナーに誘われて、各企業さんの「わが社での取り組み」の話を拝聴することができました。

 

会社の規模が数千人単位の企業さんだとさすがにやることが大規模で、弊社(従業員数50人未満の会社)が全く同じことをやるには人員的にも財政的にもムリがある・・・・・。でも、限られた予算内でもできることはあるはず。と考えた結果、取り組んだことが二つありました。

 

1.防災リュックの購入

2.従業員の緊急連絡網の整備(電話もメールも通じない状況を想定して)

 

です。

 

防災リュックの購入についてはすぐにAmazonで買いました。そしてもう一つは・・・・・・

 

写真 2019-02-06 16 54 25_R.jpg

 

【緊急連絡網の整備】です。

 

東日本大震災のときに、倒産した企業っていっぱいあるんです。その要因のひとつが、事業継続可能なのかどうかの判断が遅れてしまったこと。

 

現状ってどんなだったっけ?と思って調べてみたら、しっかり連携のとれている店舗とそうでない店舗があり、さらに店舗によっては住所や電話番号の一覧がなかったり、携帯電話ではなく固定電話の番号しか把握できていなかったり・・・・。BCP対策が未熟だと感じました。

 

災害・有事の際の従業員の安否確認のための連絡手段は、いちはやく構築したほうが良いと思いました。弊社のように事業所が複数カ所ある企業は特に、です。連絡体制は全店きっちりと足並みをそろえた方が、いざというときに速くて便利。

 

災害や有事の際、考えられるのは「まず電話が不通になる⇒それからメール・ショートメールが届きにくくなる」という状況。そして、近年起こった自然災害の報道を見ていますと、SNS(Twitter等)は通信可能なことが多い。じゃあ、某SNSアプリを使って事業所ごと(=店舗ごと)にグループを作ればいいのかも!と考えました。

 

ただ、防災担当の私だけが盛り上がってもしょうがない(笑)。

 

50人近く従業員がいれば、某アプリに親しみをもつ従業員もいれば、「絶対に使いたくない」という従業員も当然います。さらに、個人情報的な観点で「自分の連絡先を社内のどこまで社内共有できるか」という範囲も当然ながら個人間でバラつきがあります。

 

そこで、まず全従業員にアンケートを取りました。「あなたは、●●(←某アプリ)を使っていますか」、「どこまでならあなたの連絡先を社内で共有できますか」という2点を聞きました。(※電話番号のデータもアップデートする必要がありましたので、それも併せて。

 

某SNSを使わないスタンスの従業員には決して無理強いをせずに「協力をお願いする」という形を取りました(ここは役員’sが先導して行いました)

 

そして1年半が経過した今、ほぼ100%近くの従業員が某アプリを使っており、緊急時の連絡網は完成にかなり近づきました。この期間、某SNSアプリの普及が急速に進み社会インフラになってきた(って、ここまで書くと何のアプリかもうわかってしまいますがwww)。それも後押ししてくれました。

 

とりあえず、弊社は防災対策の一環として、BCP対策に一歩を踏み出しています。1年半と時間はかかったけど・・・・。防災対策はまだ未熟な面もありますので、できそうなことから優先順位をつけて声をあげていきたいと思っています。

 

中小企業で何かをやりはじめようとすると、ノウハウの蓄積も前例のないため、孤軍奮闘状態になっている担当者の方々って意外と多いかも・・・と思いました。

 

「どーすればいいの」という状態での「ネットでサーチする(現代人の基本動作!)」なのですが、当時、小売店の防災対策はなかなか具体策まで踏み込んだ内容にたどり着くことができなかったため、今回の記事がどこかのどなたかのお役に少しでも立てると嬉しいです。あんまり大したことは書いていないのでおこがましいのですが、現実に即して動きはじめた事例としてご覧いただければ、と思います。

皆さま、こんにちは。静岡県御殿場市のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

「御社は合成ダイヤモンド、どうしますか?」

 

今年(2019年)のIJT(東京国際宝飾展)で、お会いする同業者さんたちからチラホラと聞く問いかけでした。

 

IJTの初日(1月23日)に行われた合成ダイヤモンドのセミナー。矢野経済研究所の深澤 裕さんや、JBSの畠 健一さんがご講演なさって、定員300人のところ800人が集まっていました。IJTに赴くのは今年で15年目ですが、800人も集まっているセミナーは私の記憶の中では初めてです。

 

それだけ、業界からの関心が高かったということですね。

 

写真 2019-02-01 10 33 55_R.jpg

写真 2019-02-01 10 33 58_R.jpg

 

関心が一気に高まっているのは、合成ダイヤモンドを取り巻く状況に動きが出てきているからです。ちなみに私が関心を抱いている理由は「ポン!とたった一つのことがきっかけで、合成ダイヤモンドを取り巻く状況が、加速度的に変化する可能性が十分にあるなーーー」と思っているからです。

 

去年(2018年)に天然ダイヤモンドで最大のシェアを誇るデビアス(婚約指輪は「給料の三か月分」というキャッチコピーをつくったのはデビアスです♪)が、合成ダイヤモンドのブランド「LIGHTBOX(ライトボックス)」を立ち上げました。

 

また、国内のメーカーさんも合成ダイヤモンドによるジュエリーをIJTで発表して大きな話題を呼びました(私たちのスケジュールが詰まりすぎて、残念ながら見に行くことは叶いませんでしたが・・・)

 

 

写真 2019-01-23 10 46 52_R.jpg

(東京国際宝飾展の会場「東京ビッグサイト」)

 

合成ダイヤモンドは、「模造石」や「人造石」と違い、分子構造も化学組成も天然石と同じように作られている合成石です。つまり、王水に入れようが、バナーで炙ろうが、その化学反応は、合成ダイヤモンドと天然ダイヤモンドでは同じもの。

(以前、ヤマトヤのHPで人工生産物についての詳細をご紹介しました。ご興味ある方はこちらをクリックしてください〜♪)

 

何が違うかというと、結晶化するプロセスで成長模様です。これは、鑑定機関にある特殊なマシンでもって見分けます。(逆に言えば、きちんとしたプロの鑑定士であっても、人間の目で天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドを見分けることはほぼ不可能に近いということです)

 

写真 2019-01-24 17 22 02_R.jpg

 

矢野経済研究所が『JAPAN PRECIOUS(ジャパン・プレシャス)』という雑誌で発表した「合成ダイヤモンドに対する消費者アンケート」のアンケート結果は考えさせられるものがありました。お客様と売り手のあいだには大きなギャップがあるんだと、個人的に感じました。

 

さて。どうするのか。

 

2019年、ヤマトヤはどうありたいのか。何を選択していくのか。それが問われる一年になりそうです。

 

皆さま、こんにちは。静岡県御殿場市の青嶋 純佳です(#^^#)

 

今回は、宝飾担当者たちが東京で過ごした一日をダイジェストでお届けいたします。お客様からの需要があるかどうか微妙なトピックスですが(笑)、もしかすると一人でもご興味を持っていただける方がいらっしゃるかもしれないので、その方に向けてお届けできたら・・・と思います。

 

「いやーーー、興味ないわ」という方も、お写真だけでもサァ―――っとご覧いただけるとうれしいです!東京の街中へ旅した気分でぜひ♪

 

写真 2019-01-30 17 57 44.png

始まりはここから。今回は、東名足柄のバス停からの出発でした。

 

皆様は、東京に行かれるときって高速バス派ですか?それとも電車派ですか?私は、東京都内のどこに行くのかによって乗り分けています。今回はお台場でしたので高速バスを利用しました。(池尻大橋で降りて、JRりんかい線に乗りました)

 

写真 2019-01-23 10 40 58_R.jpg

私は初日から会場を回っていたため、東京ビッグサイト前のホテル「サンルート有明」へ宿泊。

 

IJT(東京国際宝飾展)に参加する業者さんは、たいてい「サンルート」もしくは「ワシントンホテル」に宿泊されます。今年から「ダイワロイネットホテル」もOPENしていました。毎回、苦労する予約も、来年はちょっと楽になるかな・・・・?

 

写真 2019-01-23 10 44 55_R.jpg写真 2019-01-23 10 45 07_R.jpg

サンルート有明を出てコンコースを歩きますと、サテライトバスの案内や、食事処の看板が。私はこのビル内の本屋さんがあります。ここで買うとおもしろい本に当たるという、私の中でのジンクスがあるので毎年、こちらの本屋さんで何かしら買っています。

 

更に歩いていき、モノレールの改札前を通過すると・・・・

 

写真 2019-01-23 10 46 14_R.jpg

有明の海。この日はほんとうに良く晴れていて、遠くまで見通せます。

 

写真 2019-01-23 10 46 52_R.jpg

東京ビッグサイト(東京・お台場)

 

思い起こせば、IJT(東京国際宝飾展)に初めて参加したのはもう15年前のこと!当時はまだ大学生で、内定をもらった会社が宝飾メーカーだったため、「良かったらブース、手伝ってみる?」って言われて、喜んでいそいそと出展者ブースに立たせてもらいました。

 

・・・・って、このエントランスを見上げると色々思い出します。

 

さて、一旦、このゲートをくぐると、あとはもう・・・・・完全ノンストップで動き回ることとなりました(今年は特にノンストップでした)。午前中から飛ばすなぁ〜という感じで動き、お昼ご飯は・・・・

 

写真 2019-01-23 12 18 53_R.jpg

ガパオライスとサラダ

 

いつも決まった洋食屋さん(お値段はやや高め。展示会場あるあるです)。IJT(東京国際宝飾展)は会場が広いため、けっこう歩いて体力を使うので、お昼ごはんはしっかりと食べます。お昼ご飯のあとは、また分刻みのスケジュールで行動再開です。

 

今年のチーム・ヤマトヤの場合、かなり忙しくなることがわかっていましたので、無駄がない動きが出ないためにも一日の動きを全員でLINEで共有していました。途中で二手に分かれるタイミングとか、それでも、全ての商談を終わらせるのに、超〜〜〜〜ぎりぎりのスケジュール。新しいものに触れてくる時間が全然取れなかったため、これは来年に向けての課題となりました。

 

写真 2019-01-24 17 22 02_R.jpg

 

気づいたら、外はこんなでした。空が不思議な青色をしていました。ビルからの照明がミントグリーンに見えた。人工的な光景なのにどこかホッとしちゃいます。

 

そして、この日のためにだいぶ前から計画していたのが・・・・・

 

写真 2019-01-24 18 38 29_R.jpg写真 2019-01-24 18 38 32_R.jpg写真 2019-01-24 18 44 13_R.jpg写真 2019-01-24 18 50 55_R.jpg写真 2019-01-24 18 54 52_R.jpg写真 2019-01-24 19 08 57_R.jpg

 

御殿場に帰る直前に晩ご飯をみんなで食べること!役員sも参加した食事会で、これを計画する段階で、スケジュール的にだいぶ時間がタイトだったため、「ほんとうに実現可能なの?」と思っていたのですが、なんとかなりました(笑)

 

私にとっては、もう何度も仕入れ会場に一緒に赴いている気心しれたメンバー。1時間ちょっとの食事だったけど、くつろげましたぁ!そして、普段、職場が違う従業員同士が集まるのであんな話やこんな話が飛び出します(笑)。

 

あと、周りを盛り上げるのがすごく上手な某店長は、気がついたら秒速でレストランの方と仲良くなっていて、人間力の高さがハンパなかったです!

 

写真 2019-01-30 17 51 40.png

帰りは夜の東京のまばゆさを感じながら高速バスへ。

 

写真 2019-01-30 17 51 24.png

 

一日、本当におつかれさまでした・・・・☆彡

 

 

皆さま、こんにちは。静岡県御殿場市のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

ヤマトヤでは「●●をしよう」と会社が決定した業務をすすめていくときは、チームが編成されます。業務を遂行して、完了したら解散するチームもあれば、ずっと活動が続くチームもあります。一番大きいチームだと『大和屋祭』(展示会)のためのチームです。

 

継続して活動しているチームだと、2年前から「ヤマトヤ通信」の作成やブログ・SNS・ホームページを動かしていくチームです。このチームは、パソコンやスマホを使いこなすのが好きで得意な人だったり、最新情報をつかんでくるのが得意な人だったり、そんな人が集まってきます。

 

写真 2019-01-21 8 11 10_R.jpg

(12月半ばからずっと咲き続けている梅の花)

 

実は、一時期、2〜3人未満の小さな企業さんのことが羨ましいなぁ〜と思っていた時期がありました。スピード感も機動力が特に羨ましかったです。「隣の芝生って永遠に青いままなのかなぁ・・・・」としょんぼりしたこともあったのですが、幸いなことに永遠に青くはなかったです!

 

というのも、この1〜2年はチームで動くおもしろさを感じながら仕事をしています。

 

醍醐味の要素って何?ってことなんですが、もちろん「ホームページの滞在時間が伸びた」「インプレッションが伸びた」など、わかりやすく数字に出る瞬間(=結果を出す)ことも醍醐味と感じる瞬間ではあるのですが、一番は、自分とは全然違う視点からの意見に触れられること。

 

全員が同じ意見しか持っていない会議よりも、異論がどんどん出る会議のほうが議論が深まって良い会議になると思いますし、集団として強い集団だと感じます。視座が高くて、視野が広い人が集まると、その傾向はより高まりますね。

 

写真 2019-01-21 8 10 52_R.jpg

(まだまだたくさんの蕾(つぼみ)もあります)

 

ちなみに「たくさんの人がいる前で意見が言えない」という人は全然良くて、重要なのは自分の中にちゃんと意見や考えを持っている事。

 

自分の意見の表現の仕方なんて人それぞれですから。流暢に意見が言えることがすごいことではなくて、すばらしいアイディアや意見が自分の中にちゃんとあることのほうがよっぽど大切です。

 

どうしても「人前では言いにくい」というタイプの人には、あとで聞きに行けばいいし、話すよりも書く方が得意な人もいますっから、アンケート形式で書いてもらえば良いです(けっこう色々書いてもらえます)。

 

横一列になって同じ意見しか出ない集団よりも、結論が出るまでに多少時間がかかるにせよ、違うアイディアや考えがぽんぽん飛び出す集団のほうが組織としては強い。直近で参加させてもらった社内のチームで、多様なアイディアや考えにふれることができたので、改めてそう思った次第です。

 

写真 2019-01-26 15 20 36_R.jpg

(1月下旬の富士山。夕方になると富士山が白く輝き始めます!)

 

ちなみに・・・・・・

 

IMG_0367_R.JPG

(ベル)

 

ベル(柴犬)は我が強く、自分の意見も強く持っています(笑)。曲げません。お散歩のときも自分が行きたい方角には絶対に行きたいし、今食べたいものは今食べたい!と、自分の意志を貫き通す強さを持っています。

 

私は、年に数回、ベルとぶつかりあって大ゲンカをして冷却期間を置くことがあります。そんなときは、義母から「相手は犬なんだから、人間のあなたが先に折れなさい」と冷静かつ、まっとうな意見が入り、ケンカが終了します。という、どうしようもないエピソードでもってブログ記事の結びといたします(笑)。

 

 

 

皆さま、こんにちは。静岡県御殿場市の青嶋 純佳です(#^^#)

 

言葉づかいが時代によって移り変わっていくことは、Youtube動画や時代劇で感じる方もいらっしゃるかと思います。昭和の昔のTV番組で話しているアナウンサーと、現代のアナウンサーは言葉づかいも言い回しも違いますよね。

 

それに加えて「敬語の正しさ」の基準も時代によってやはり変わっています。最近、まさにそれを感じるようなことに遭遇したので、ここでご紹介をば。

 

たまたま68年前に書かれた随筆を読んでいたら、「『お召し上がりになる』や『お伺いする』は二重敬語だからおかしい。最近の若いアナウンサーは・・・・」という趣旨の文章を読みました。

 

確かに「お召し上がりになる」「お伺いする」は、「召し上がる」「伺う」という尊敬語に、さらに「お」が付いているので二重敬語と言えます。しかし・・・・・

 

写真 2019-01-26 15 56 25_R.jpg

 

現代の広まり具合はどうでしょうか?

 

「お召し上がりになる」も「お伺いする」も、すっかり定着した感があります。「お召し上がりになりますか?」「では5時にお伺いしますね」等。

 

現在、販売されている接客・接遇のマナー本を見てみますと、「二重敬語は本来はNGだが、『お召し上がりになる』『お伺いする』は定着している」という旨が紹介されています。

 

そのよりどころとされていたのが、文化庁のHPに紹介されていた『敬語の指針』という資料とのことだったので、さっそくインターネットで確認してみます

http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/sokai/sokai_6/pdf/keigo_tousin.pdf#search=%27%E6%96%87%E5%8C%96%E5%BA%81+%E6%95%AC%E8%AA%9E%E3%81%AE%E6%8C%87%E9%87%9D%27 

 

そこにも「お召し上がりになる」「お伺いする」は習慣として定着しているとされていました。

 

68年前は高齢者の方々が「全く、最近の若い者は・・・・」と眉をひそめ、”間違った敬語”だとされていた言葉も、時代が変われば皆が使ってすっかり定着している言葉になる。その良い事例だと感じました。

 

写真 2019-01-26 15 56 40_R.jpg

 

・・・・・で、どうしてこのような突っ込んでいる情報に接しているかというと、もともと私自身が言語学がらみのトピックスが大好物というのもありますが、先月あたりから社内資料として言葉づかいに関するあれこれを調べる機会が多いからです。

 

現在、お店で使っている「本日は定休日とさせていただきます」とか、「タバコをお吸いになりますか?」も「使い方に要注意な言葉づかい」と今はなっているものの、数十年くらい経ったら公式に良しとされている気がする、というのが個人的な感覚です。

 

今回の資料は、わかりやすい基準を示すことが目的ですので「これはOK、あれはNG」と明確な線引きを行いつつ作成してますが、私の本心としては「言葉づかいは時代と共に変わるんだけどなぁ・・・」です。なので、この資料ができあがったあとも、適宜アップデートをしていきますー。

でてきたのは大正十五年の帳面、昭和初期(戦前)の経理方のノートでした。

 

ヤマトヤはちょっとした老舗で創業は江戸時代。

 

・・・・とはいえ、仕事中は「江戸時代から続く老舗の歴史」を強く意識することはそんなにありません。日々、ご来店になるお客様と向き合うことや(店舗)、目の前にある業務を大切にこなすこと(本部)のほうに意識がいきます。

 

お客様からしても「江戸時代から続く老舗だから行ってみよう」というよりも、「ネットで検索して出て来たから」や「ヤマトヤは安心だから行ってみよう」というのがご来店のきっかけになっているかと思います。

 

でも、こうやって肉筆を目の当たりにすると、昔の大和屋で働いていた人たちに急に親しみがわいてきましたので、今日はそのご紹介です。

 

写真 2018-12-19 16 40 26_R.jpg

(※大正15年の「物品品触帳」。帳面の中には、びっしりと記録がなされており、全国の警察署からの「品触」の紙も挟まれていました)

 

以前も、終戦直後のお小遣い帳(新橋のお店に納めた配給米のことなどが記載されていました)を見たとき、淡々と日々の出納を書き綴った中に、書き手の明るさや商家のひと夏の様子が生き生きとした様子が想像できてました。

 

今回の「物品品触帳」は大正15年、そして、西洋綴りの帳面は昭和初期(戦前)のもの。写真には写していませんが、昭和初期の経理方の帳面は「帳面」というよりかは「西洋綴りの立派なノート」でした!当時としてはかなり珍しいハイカラさだったと思います。

 

だんだん、時代の雲行きが怪しくなって太平洋戦争へと突入した時期。きっと贅沢品である時計や宝飾の商売にはかなりの苦労がともなったんだと思います。

 

明治維新を乗り越える(というか、切り抜けてきた)こともすごいけど、戦前と戦後で同じ商売を続けていることは、相当すごいことだと改めて思いを馳せました。

 

ヤマトヤの先祖は、どんな気持ちで終戦の日を迎えたんだろうか?

終戦からどうやって気持ちを立て直して、商売を再開したのだろうか?

そんなふうに感傷的になる暇すらなく、がむしゃらに走り出していたんだろうか?

 

肉筆の帳面を目の当たりにすると、色んな思いがめぐってきました。

 

※現在の仲町のヤマトヤはかつてメガネ店でしたが、現在は事務所となっております。メガネ・補聴器・コンタクトをご所望の方は、ご足労をおかけしますが東田中店へお運びください↓↓↓

 

 

ヤマトヤ東田中店(メガネ・補聴器・コンタクト)

住所:静岡県御殿場市東田中3‐3‐17(定休日:年末年始・催事日を除き無休)

●眼鏡・補聴器売り場へのお電話はこちら⇒  0550-82-0047

●コンタクト売り場へのお電話はこちら⇒  0550-84-0102

Email: higashitanaka@yamatoya-co.com

 

皆さま、こんにちは。静岡県御殿場市のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です。

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

新卒で入社した会社で、初めて出席した会議でのこと。上司から「”できません”とか、”わかりません”とか、簡単に言うな」と教えてもらったことがありました。

 

これは、ありがたかったーーー!!!

 

以後、「できなさそうだったら、どうやったらできるようになるかを考える」、「わからなかったら、まずは情報収集をする」ということが身に付きました。

 

社会人の基本動作でもありますけどねー。基本って、意外と抜け落ちていたり、忘れちゃってたりしますよね(汗)。

 

P1100577_R.JPG

(先日の忘年会。仕事に邁進している人たちと一緒に過ごしてパワーが出ました)

 

いつの時代にも、年齢も関係なく、できないことをすぐに誰かのせいにしたり、簡単に「できません」って言っちゃったりする人はいます。

 

すごくもったいないなぁ、って思う。

 

まずは、自分で調べて、実践してないことが周囲の人たちに伝わっちゃうんですよね。1秒たりとも情報収集していないことがバレバレだと、ほんと、誰も協力してくれません。

 

学習して、情報収集もして、しっかり考えた上で建設的な発言をしていったほうが、周りを良い形で巻き込めるのになぁ、って思うのです。

 

できる解決策よりも、できない理由から先に述べ立てて、自分の業務量が増えないように露骨にバリヤを張っている人って、「あの人って、ああいう人だよね」って周囲からの評価が下がってゆきます。

 

そして、正直、絡むと何かとめんどうなので、自然と仕事の依頼もされなくなり、気が付けば、自己成長の機会を自ら手放しているようでもったいないことになっちゃっているのです。

 

私はそうはなりたくないなぁ〜。自己成長なくして会社への貢献はないし、仕事に携わっている限りは365日成長し続けていきたいと思っています(体ではなく、能力の話です(笑)。体の横への成長は現在とめておりますっっ!)

 

ちなみに、やるかやらないかで迷ったときは「デメリットよりも、やることのメリットが少しでも多いならば、やりましょう!」っていう男前な女性に囲まれて仕事をしています。男前な女性・・・・(笑)。

皆さま、こんにちは。静岡県御殿場市のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

宝飾業界の方にとって(私も含め)、この何年かのあいだに恒例となりつつある”秋のIJT”。今年も横浜で行われました。

 

写真 2018-10-24 17 28 22_R.jpg

(無事に仕入れが終わってホッとしつつ会場をあとにしたときの写真)

 

良い「モノ」を仕入れに行くことが最大の目的ですが、「人」との再会や出会いも楽しみの一つでもあります。今回は、仕入れが終わったあとに、会場で行われたパネルディスカッションを拝聴することに!

 

写真 2018-10-24 15 46 54_R.jpg

存じ上げている社長さんがお出になっているのがキッカケ。司会は、宝飾業界ではおなじみ!矢野経済研究所発刊「ジャパンプレシャス」の編集長・深澤さんです。仕入れ会の会場でお会いするとホッとさせらるお優しい笑顔の方ですー!

 

初めてお姿を拝見する社長さんもいらっしゃいましたが、「あぁ、この言葉、この思考に触れられて良かったな」という時間になりました!!!「あー、参加して良かった」だけで終わらせず、常に自分たちの向かう方向性はこれで良いのかの自問と検証は行いたいものです。

 

写真 2018-10-24 17 28 00_R.jpg

帰り道。会場から駐車場まで10分くらい歩きました。その途中で見た景色。です。空を遠くまで見渡せるのは、東京にはない横浜ならさですね。

 

茜色に染まっている西側の空を見つつ、大きな月が東の空から登ってきました。写真を撮りたかったけど、東名高速道路で西に車を走らせたので、お月様は撮れずじまいでした〜(涙)。

 

モノもヒトも充実した、良き出張でした。

皆さま、こんにちは。静岡県御殿場市のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

ヤマトヤの秋の展示会「大和屋祭2018」(2018年10月11日〜15日)が5日間、無事に終わりましたーー!会期中は、ほんとうに多くのお客様にお越しいただきました。誠にありがとうございます。

 

5日間のあいだ、ヤマトヤ6店舗全店からスタッフが終結して展示会の運営に携わらせていただきました。このブログでは、そんなスタッフのほんの一部をご紹介いたします!

 

1.JPG

ヤマトヤのベテラン(!?)チーム。ヤマトヤ御殿場本店の店長Yシタ、補聴器担当のIマモト(※イニシャルの意味なし〜w)。150キロかなたから応援に駆けつけてくれたヤマトヤ浜松店店長のWタベ、そしてヤマトヤ富士店の店長Fルヤ。

 

3.JPG

こんな光景も、大和屋祭ならではの光景。コンタクト、宝飾、時計の各部門のスタッフが集まって何やら談笑。カメラを向けると・・・・・

 

2.JPG

このとおりの笑顔〜〜!

 

9.JPG

宝飾チームのなかでも、たくさんのお客様に愛されているヤマトヤ裾野店のWタナベとヤマトヤ御殿場本店のMサカ。この写真を撮ったのは最終日だったというのに、このとおり、元気いっぱいの笑顔でしたー!

 

4.JPG

ヤマトヤ東田中店からは、メガネ担当のOサダと、コンタクト担当のTハシ。二人とも、会期中の接客はもちろんのこと、搬出作業のときにプロ並みの働きぶりで、ほんとうにお疲れ様でしたー!

 

?.JPG

ヤマトヤ会長(中央)を囲んでピース♪店長Yシタと、補聴器担当のIマモト。広々とした宝飾コーナーを背景にしてパシャリ♪

 

 

7.JPG

宝飾担当者がメガネを販売するときに力強くサポート&リードしてくれました!ヤマトヤ裾野店のKシワギ、ヤマトヤ東田中店のYヤマ。

 

8.JPG

ヤマトヤ富士店からもヘルプに。Tタラ、Iナバ。Iナバは、ヤマトヤ富士店のブログやSNSでおなじみですね〜♪わたくしの義母(左)はこの日、大ぶりのトンボのブローチがとても華やかでした。

 

 

10.JPG

会期中、お世話になったお取引先様(右)とヤマトヤ御殿場本店のスタッフSギヤマ。美男美女な構図になりました〜。

 

11.JPG

ブライダル店からも応援に駆けつけてくれました。ヤマトヤ富士店のKワイ、Iナバ、ヤマトヤ沼津店からはIトウ。3人がこうやってそろうなんて珍しい〜〜!!!

 

12.JPG

はい、時計チームです!女性スタッフはヤマトヤ富士店のスタッフTチダ。この写真を撮る前に・・・・・・

 

13.JPG

なぜか、みんなで爆笑していたけど、これって何で笑ってたんだっけ・・・???(笑)

 

 

15.JPG

「普通に写真を撮るよりかは、自社商品を身に着けて・・・」

 

16.JPG

パシャリ☆サングラスです。これから冬になりますが、冬は日がさす角度が低くなるので、意外と朝晩とまぶしかったりするんですよね〜。冬こそ、車の運転のときにサングラスは必須でございます。

 

そして、個性的なサングラスもスタッフSズキは着けこなします!

P1090861_R.JPG

なぜかこのサングラスをかけると一気に夏に戻る〜!なんだろ、このリゾート感(笑)。

 

 

14.JPG

はい、サングラスを外して普段のメガネをかけても素敵な笑顔でしたー!ヤマトヤ裾野店のSズキ、ヤマトヤ東田中店のYヤマ。

 

18.JPG

「Kワイ君は、顔が小さすぎるから一緒に写真を撮るときは遠近法だよねー」と、かなり極端な遠近法が採用された一枚(笑)。ブライダルチームです!ヤマトヤ沼津店店長Kネコ、Iトウ、そしてヤマトヤ富士店からIナバ、Kワイ。

 

今、このブログの写真をまとめているうちに、「ほんとうに”大和屋祭2018”が終わったんだなぁ・・・」とさびしくなりました。まるで、夏祭りのあとのような感じ。

 

たくさんのお客様に笑顔になっていただくべく、春から準備してきた私たちですが、逆にお客さまから力をもらって、私たちも笑顔がこぼれる5日間となりました。

 

いつもヤマトヤをご愛顧いただきまして、ありがとうございます。引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます!!

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

ヤマトヤの今回のアウトドアイベントで、出発口になったのは地元の御殿場新五合目でした。この地点から幕岩までは特に”富士山自然休養林”が豊かに広がっているところ。イタドリ、マムシグサなどの植物をはじめ、数々のきのこが生えていました。

「御殿場口〜幕岩」のあいだで見つけたきのこたちを紹介した記事はこちらです♪http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=954

 

P1090028_R.JPG

さて!今回、ご紹介するのは、富士山の「御殿場口新五合目」に設置されている「Mt.FUJI TRAIL STATION(マウントフジ・トレイルステーション)、通称”トレステ”。開山シーズン限定で儲けられるコミュニティスペースです。

オフィシャルサイトはこちら▶http://mtfujitrailstation.com/

 

富士山の御殿場口にトレイルステーションが登場したのは5年前(2014年)。そのころから比べるとブース(コンテナ)が増えたなぁ〜と感じました!

 

P1090034_R.JPG

シックでかっこいいコンテナ〜!

 

隣のチラリと青色が見ているコンテナは、おしゃれなスモーキングエリアでした。

 

P1090039_R.JPG

おぉーーー!こちらは、今年からオープンした「サイクルステーション」もありましたよ。

 

オフィシャルサイト(http://mtfujitrailstation.com/news/news-1733/)によると、ここでは、サイクルラックや空気入れなどの工具が整備されていて、サイクリストの方々が気軽に立ち寄れる場所。こちらのコンテナの中には、自転車や関連ギアがディスプレイされていましたよー!

 

P1090035_R.JPG

P1090037_R.JPG

トレステのゲート!そして、山頂に向かって指示された富士山型の矢印(かわいい!)。

 

ここで、今年の夏も数々の「行ってらっしゃい」、そして「おかえりなさい」が繰り広げられたんだろうな〜。

 

P1090109_R.JPG

この案内標識も、文字のフォントがかわいくて、おしゃれ〜!前回、トレステに来たときはなかったなぁ。

 

他に、英語スタッフがいたり、手足を洗うことができる水場(限りがあるから、使うときはちょっとずつ!)があったり、富士山の御殿場口の利用者からするとうれしい施設です。

 

富士山の御殿場口の利用者も増えているそうです。静岡新聞の報道によると、 http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/522123.html、2014年には3万9千人だったのが、2017年には6万5千人とのこと。

 

トレステがあるおかげで、富士山の御殿場口に人が集うようになり、さらに人の交流がはかられるようになっているそうです。来年のトレステではどんなコンテンツを楽しめるのか・・・♡楽しみですね。

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

昨日からお届けしております、ヤマトヤのアウトドアイベント『ヤマトヤ×カシオ・プロトレック 富士山ハイキングツアー』のフォト・レポート。

 

本日は、富士山の”森林限界”についてレポしたいと思います!

 

・・・・・と、その前に今回のハイキングコースの確認でございますけれども、いわゆる「富士山自然休養林」で13コース制定されているハイキングコースのうち、「御殿場新五合目⇒幕岩⇒双子山⇒大石茶屋⇒御殿場新五合目」という「Iコース」です。

 

詳しくは、こちらの「富士山自然休養林保護管理協議会」のサイトをご覧くださいね。わかりやすいイラストでハイキングコースが示されていますよ。http://www.kyuyorin.jp/

 

幕岩までは休養林のなかをマイナスイオンがいっぱいの中をお散歩気分でハイキングです。幕岩を出た後・・・・・

 

写真 2018-09-01 12 43 37_R.jpg

幕岩⇒四辻をめざしている途中)

 

林の中から富士山が見えてきました。

 

そう。

 

このあたりまでは、まだまだ木々が生えているのです。

 

それが・・・・

 

写真 2018-09-01 12 47 23_R.jpg

幕岩⇒四辻から、さらに四辻に近づいていったところ)

 

ちょっとずつ木々の高さが低くなっていき・・・・・・

 

写真 2018-09-01 13 38 46_R.jpg

(四辻をすぎて、双子山の下双子山へ登る途中)

 

最終的には、こんなふうに木がほとんどなくなってしまいます。富士山まで半分もいっていないのに、まるで富士山がすぐそこにあるかのような錯覚にとらわれます。

 

写真 2018-09-01 13 42 06_R.jpg

(パノラマで撮った写真。下双子山から富士山の山頂をのぞんだときの写真)

 

もう、木々は姿を消しました。残るは、草や草花のみ。そして・・・・・

 

写真 2018-09-01 14 06 31_R.jpg

遠くの登山道〜富士山山頂には、一切の植物の姿がありませんね。砂しかなくて、砂走を楽しんでいる人が走っていて、砂が風にたなびいている様子がうかがえます。

 

自分の足で、林から森林限界まで見ることができておもしろかったです。富士山登頂よりも、楽にハイキングできるコースなので、おすすめですよ〜!

 

もう一度、ハイキングコースの詳しいサイトをリンクしておきますね!http://www.kyuyorin.jp/

今回、ハイキングしたのは、ここの「Iコース」です。

 

 

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

もう9月ですね。そして、9月に入って3日も経ちました〜!ぽやぽやしていたら、あっというまに大晦日がやってきちゃいますね。

 

さて。そんな9月ですが、ヤマトヤのアウトドア・イベント『ヤマトヤ×カシオ・プロトレック 富士山ハイキングツアー』の開催で幕を開けました。

 

詳細なレポートはのちのちヤマトヤのHPの「ニュース」へアップ予定ですが、こちらのブログでは、ニッチなところを取り上げてみようと思います。

 

まず、第一弾は・・・・

DSC_4577_R.JPG

キノコです♪

 

かわいいですよねーー。きのこ。これから秋になることですし、きのこモチーフの雑貨や器も気になるところです(すでに、いくつか持っていますが)。

 

驚いたのが、富士山麓に生えているきのこの種類が豊富だったこと!今回、撮影したきのこたちは、全て、「富士山の御殿場口(新五合目)〜幕岩のあいだ」の、いわゆる”富士山自然休養林”で撮影しました〜。

 

では、淡々ときのこの写真をアップロードしていきますので、どうぞお楽しみくださいませ。

 

P1090153_R.JPGP1090160_R.JPGP1090166_R.JPGP1090175_R.JPGP1090189_R.JPGP1090190_R.JPGP1090206_R.JPGP1090208_R.JPGP1090209_R.JPGP1090210_R.JPGP1090217_R.JPGP1090218_R.JPGP1090224_R.JPGP1090230_R.JPG

 

大きなきのこ、小さいきのこ、ピンク色、真っ白、黄色、なめこのようなキノコ・・・・色々なきのこが生えていました。

 

今、『きのこのほん』という富士山麓のきのこに特化した本を注文中で、その本が届いたら、写真同士を照らし合わせて名前を確認して、加筆します!(来週あたりになるかな〜?)

 

次の記事では、「富士山の森林限界を見た」というテーマでお送りします。

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

嵐のように横向きに雨が降りこんできている御殿場です。季節ごとにお届けしている「ヤマトヤ通信」。今回のお届けぶんから、完全自主制作となりました〜。

 

これまでも、記事の文章と写真は全て自分たちで作っていましたが、今回からは紙面構成・キャッチコピーも含めて、自分たちでやってみることにしました〜!

 

まず着手したのが表紙!

 

この表紙はヤマトヤがお客様に「こんにちは!」って挨拶をするような役割。大切に作りこまないと、「ヤマトヤ通信」はきっと読まずに捨てられてしまう可能性も・・・・・。そんなわけで、開封率を左右する大事なページです。

 

このキャッチコピーは、私が5パターンくらい考えたものを、ヤマトヤ御殿場本店のスタッフに「これ!」というものをピックアップしてもらう、という方法で決めました。

 

そうやって完成したのがコチラでした〜!!

 

キャプチャ.JPG

当初は、「最近、おしゃれしてますか?」というコピーだったのですが、本部スタッフから「最近」というワードを最後に持ってきたら?という提案があったので、そうしてみると、それがハマりました〜。

 

ヤマトヤ御殿場本店のスタッフにブラインドで選んでもらったら、やっぱりコレが選ばれましたっ!そんなふうに、皆さまにお届けするキャッチコピーをつくる過程も楽みつつ、制作しております。

 

さっそく、もう秋の号にとりかかっておりまして、またまた雑誌や本をひっくりかえしてキャッチコピーづくり。朝、起きた瞬間から考えたくなって、ノートと鉛筆をお風呂に持ち込んで、ぼんやりと。

 

P1070379_R.JPG

 

わぁーーー!暗いよーーーー!!!暗すぎるよーーーーーーーっっ!!!・・・・・ってことで、あまりにも暗すぎるため、かえって笑いが巻き起こるという・・・そのくらい暗い内容でした(笑)。

 

午前中のうちに、はやばやとボツになってしまったコピーです〜。お昼ご飯を食べて、続きを頑張ります♪

 

 

 

 

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

もう2年前の話になりますが、ヤマトヤのとある店舗にだけ、続けざまに災難がふりかかってきたことがあり、さすがにお祓いを受けることにしました。(おかげさまで、そのあとは平穏に店舗営業を続けることができています)

 

翌年の社員総会で、各店長の抱負スピーチがあるのですが、そのときに該当店舗の女性店長がこんなことを話してくれました。

 

「困難」なことが「有る」から、「有難い(ありがたい)」という感謝の気持ちのつながる。

「困難」が「無く」なったら、「無難(ぶなん)」になるだけ。

だから、今回いろいろ起こったことに感謝している。

 

そんな趣旨のスピーチでした。たいへんな状況のなかで、こんな言葉をいえるのが、本当の意味での前向きさなんだなぁ、って感銘しました。

 

IMG_8959_R.JPG

 

その女性店長は、今年、新たな局面を迎えることになるので、抱負スピーチは何を語るのかなぁ〜と思っていたら、

 

「逃げ・受け身・寄りかかり」という気持ちをなくして仕事をしたいと思う。

 

と言ったあとに、詳細を語ってくれました。Facebookで回ってきた記事に書かれてあった言葉だそうです。「うんうん、うんうんうん!」とうなづけました。

 

IMG_8955_R.JPG

 

特に「受け身」で仕事をしている人は「どうせ、この会社は変わらないから」と何もかも放棄してあきらめてしまっている人が多くて、文句も多い。

 

文句も知性があれば、提案になる

(外崎郁美さん・電通)

 

というキャッチコピー(2013年・朝日新聞)があるように、勉強や新しい情報の収集に努め、自分の頭を使って考えるとう知力があれば、会社にとって有益な提案になるのにそれをやらない人は、各企業に2〜3割いると言われています。

 

やらない理由を

探すのがうまくなると、

成長は止まる

(冨田安則さん・リクルートコミュニケーションズ)

 

そして、こちらは行動しない人の特徴。自分への言い訳がすごく上手で、自分を守ることも上手。つまり「受け身」で仕事をしている人、ということです。そんなふうになってはいけないよ、ということを、ヤマトヤの某女性店長のお話を通して改めて思い起こしました。

 

私も、「逃げ・受け身・寄りかかり」は無し!!!そんな気持ちで行きたいと思います!!(^^)!


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

[]

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM