A子ママが話してくれたこと〜”SNS映えする写真撮影のコツ”セミナー〜

  • 2017.07.29 Saturday
  • 12:21

 

「昔の写真って、身内で盛り上がるものだった

写真は、人に見せる前提ではなく、単なる記録だったんですよね。

 

(中略)

 

でも、SNS時代は、人に見せることが前提。

人にメッセージを伝えるっていう前提で撮っている。

 

せっかくなら、たくさんの人と出会うきっかけにしたいですよね

 

みなさま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

もう、大好きな言葉だから、ブログに引用するのは三度目です(笑)

A子ママ(下澤美香さん)がセミナーでおっしゃった言葉です。

 

iPhoneImage.png

A子ママは私の隣の女性です♡

 

 

 

ブログやSNSで色んな情報を発信しはじめると、

周りの人たちもみんな、発信した情報で

たくさんの人を喜ばせたり、共感を得たり。

 

 

(アオジのTweetより)

 

もちろん、友達同士でダラダラと発信するのもありですが(笑)、

せっかくなら、記事ごとに、ちゃんと考えて発信して、

たくさんの方に見てもらえるようにしたい。

 

「写真が、たくさんの人と出会うきっかけになる」

自分と誰かをつなぐもの。

 

その代表例として、写真、そしてハッシュタグがポイントになってくる。

 

そのお話が、とっても印象的だったんです。

 

A子ママがクライアントさんとずっと取り組み続けていることの紹介もありました。

それを、つぶさに、わかりやすく紹介してくれたおかげで、

イメージがわきました。

 

Twitterでの発信が、どんなプロセスを経て、

人とつながるものへと変わってゆくのか・・・・。

 

私も、自分にぴったりのハッシュタグを模索し始めています!

そんなにカンタンには見つからないかもしれないけれど、

毎日のTwitterの発信のなかで、試行錯誤。

 

「ハッシュタグは、#疲れた などの心のつぶやきよりも、

自分の。属性を表すものが良い」

 

っていうのも、すごーーーく合点がいきます。

 

・・・・というのも、SNSに投稿で思い当たるふしがあります。

Twitterじゃなくて、Facebookだったのですが、

航空ファンとしてのマニアックな投稿をしたんです。

 

「各空港によって着陸態勢が全然違うんですよ〜」っていう。

 

誰が興味あんねん?

 

という予想はしておりましたのが(笑)、

「えいや!」って思い切って投稿したところ、

普段よりも「いいね!」もコメント数も多かったんです。

 

びっくりしました。

 

でも、明らかに「航空ファン」と属性がわかる投稿だったから、

それに対する反応も多かったように思います。

 

「暑い」「疲れた」だけの情報よりも、

その人っぽさ(=属性)が出ている投稿のほうが、いいんだ!

あんなにマニアックなのに(笑)、見てくれる人、反応してくれる人がいたんだ!

って、改めて思いました。

 

で、Twitterは、Facebookよりも更に、

自分のことを知らない人がいっぱい集まってくる場所なので、

自分の属性がわかるハッシュタグを付けると良いらしいですよ!

 

写真投稿するとき、

属性を明記してあげれば、広がりやすいですよ、ってこと

 

さらに、、、、、

ハッシュタグが進化してコミュニティ化できる!

そのあと、もう仲良くなっているから、その人の行動全体に興味を持ってもらえる!

 

そんなお話でした。

 

他にも、たくさんのレクチャーがありましたよ〜!

(写真整理術&写真関連のアプリのお話)

 

魅力的な写真を撮って、

それをSNS上でどんなふうに発信すれば良い?

 

自分のなかで、課題を持ち帰ることができましたっ!

 

「写真を、より多くの人と出会うきっかけにする」

「写真とハッシュタグの整合性をちゃんととる」

「独自のハッシュタグを持てるといい」

 

そして・・・・・

浜松のエクスマLIVEのとき同様、その後の懇親会♡

 

Twitterのことを全く知らなかった方が、

懇親会の場でアカウントを取って始めたりとか、

キュイキュイさんが、みんなを爆笑させたりとか(笑)。

 

ここには書けない、深い話も併せてでできました。

楽しくて、実りある時間だったなぁ・・・♡

 

最近、アオジにくっついてセミナーに出ているのですが、

お互い全然知らないプロフェッショナルよりも、

こちらのことをよく知ってくれているので、

寄り添ってくれてる感があって、セミナー中も気軽にあれこれ相談できます。

 

レクチャーしてくれる人が自分の好きな人というのも大切♡

嫌いな人だと、どんなに中身が良くても、

あんまり頭に入ってこないかな〜(笑)。

 

さて。

 

小中高生は夏休み真っ盛り。

ママたちは、三食作るのに大変!という状況?

それぞれの週末をお過ごしくださいねーー!

 

 

写真の構図のセンスは磨ける!〜”SNS映えする写真撮影のコツセミナ”〜

  • 2017.07.21 Friday
  • 21:47

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

最近、草むしり作業に加えて、

朝の掃き掃除にもハマっています。

 

普段は、9時45分〜10時のあいだに業務の一環として行っているのですが、

その時間帯が・・・・・・・・

 

暑い・・・

 

朝いちばんで、さっそくメイクが汗で落ちて残念だったのと、

朝いちばんで、大量に汗をかくことがうんざりだったので、

掃き掃除は、涼しい時間帯のあいだにやってしまおう!

 

と、決めました〜!

 

というわけで、朝からまるでお寺のお坊さんのように

シャーーーッ

シャーーーーーーッ

 

と、竹ぼうきで掃き掃除をしています。

 

さて。

 

昨日から、写真セミナーのまとめ記事を書いています!

 

「昔の写真は、人さまに見せることが前提じゃなかったけれど、

SNS時代の今は、人に見てもらうことが前提となった。

せっかくなら、写真を、たくさんの人と出会うきっかけにしたいですよね」

 

A子ママ(下澤美香さん・デジタル発信の専門家)がおっしゃっていました!

 

そして、講師のすぎちゃん(杉山雅一さん・酒屋の経営者)が

「写真は、とにもかくにも、構図が大事」と、構図についてみっちりと。

 

で、今日は。

 

写真の構図のセンスを磨くには・・・?

 

という、すぎちゃんの講演の後半部分のレポです♪

 

という、「いまいちセンスに自信がない」って言う方にとっては朗報ですよ!

 

まずは、芸術的なものに触れる

 

IMG_3384_R.JPG

芸術。

 

すぎちゃん曰く、

 

「芸術は人間が作り出したもの。

絵画でも、陶芸でも、いちばんの理想形に近づけて作るものなので、

無駄がそがれている。

(中略)

画家も、すごく苦労して、構図を決めたり、色遣いを考えたりしているはず。

そういうところに触れて、(自分の)感性やセンスを磨くっていいんじゃないかな、って」

 

私も、絵を観賞するのが好き。

 

だけど、構図のセンスを磨く、という視点で見たことがなかったな。

 

画家が生きた時代や場所に入り込んでいくことによって

絵画を楽しむことが多くて、この1〜2年はそんな鑑賞スタイルでした。

 

だから、すぎちゃんの言葉でハッとしました。

 

そうか。

 

私の好きなあの画家も、この画家も、

いっしょうけんめい構図や色使いを考えていたんだなぁ〜、って。

 

これまで行ってきた絵画展の図録を

もう一度見直してみようと思いました。

 

次は、マンガ&映画から!

 

すぎちゃんの大好きなドラゴンボールを使って、

構図のヒントになりうる要素を探っていきます。

IMG_3388_R.JPG

まず、左のページは「逆ゼット」。

 

IMG_3386_R.JPG

これですね、「逆ゼット」

(※アルファベット「Z」と逆のカタチ)

 

マンガの基本として、基本的に、

逆ゼットの流れで読者の視線が動きます。

 

マンガ家はそのことをよく承知していて、

読者の心理的なことを考えながら、

絵、吹き出し、効果音(?)を配置して描いているとのこと。

 

そして・・・・

IMG_3387_R.JPG

これは、蹴とばされている人(なっぱ)が

ページの外に向いている構図。

 

なっぱがページの見切れた方向に向いていたり、

さらになっぱの両手が対角線上にあるのも、

描き手の意図が働いているのでは!?

というすぎちゃんの見解でした!

 

これが、なっぱが逆方向の左側を向いて

ページの中に向かって行く感じだったら、

確かに、変ですよね・・・・。

まだ、左のページで話が続いていますからねー。

 

さて。

 

次は、映画『ラ・ラ・ランド』からです。

 

IMG_3391_R.JPG

オープニングのこの画像(ほんとは映像だけど)。

左上に向かって道路が伸びて、だんだん細くなっています。

この細い部分があるからこそ、画面に奥行きが出ています。

 

また・・・・・

IMG_3393_R.JPG

同じく、オープンニングで、みんなが車の屋根に上ってダンスしているという

とっても活力のある印象的なシーンなのですが(私の大好きな場面!)、

このダンサーたちが、誰一人として重なっていないんですって!

 

手前のダンサーがかぶらないのは普通に考えられることですが、

奥の方のダンサーも、かぶらない。

これ、カメラがあと10センチずれていたら、かぶるんですよね。

 

写真を撮るときも、絶妙な場所が必ずあるはずなので、

そこを探して、自分が左右に移動する。

 

そして、色の配置も。

IMG_3394_R.JPG

これは、ミアがパーティに誘われているけれども

あんまり乗り気ではないミア。

そんな場面。

(確か、このあと4人が踊りだすんだったと思う)

 

ミアの乗り気ではない心模様を表現していて、

もしこれが明るい色だったら、ちょっとちぐはぐだったんでしょうね。

 

IMG_3396_R.JPG

あと、右側のほうが壁の面積が、だいぶ広く撮られているおかげで、

黄色いドレスを着た女性が活きてくる。

 

言われてみれば、「そうだ!」って思いました。

 

そういうふうに構図を意識しながら、

芸術・マンガ・映画に触れると、

いままで、ただ、ぼーーーーーーっと見ていただけのものが、

より深い視点で楽しめそうです♪

 

経験の蓄積で、センスは磨かれる

 

その言葉に勇気をもらいました。

 

次は・・・・・クイズです!!!

 

こちらの上下の写真。

IMG_3415_R.JPG

ちょっと写真が小さくてごめんなさい。

 

「短パン社長×富士山」のお写真ですが、

上の写真がすぎちゃん的にOK。

下の写真は、とあることがポイントでNGなのです。

 

それは・・・・

 

短パン社長の頭上に電柱が来てしまっていること。

 

こういう構図は、いわゆる”串刺し構図”と呼ばれるもので、

良くないんですね。

 

知らないと、ついついNGな写真をアップしてそうです・・。

 

他にも、クイズはいくつかあったのですが、

なかでも、私が一番「覚えておかなくては!」って思ったものを

ご紹介させていただきました♪

 

せっかく教わったこと。

 

さっそく、翌日から写真を撮るときに

あれこれ工夫をしています。

 

なかな難しいけれど、どんどん撮影することが

上達への近道かなーー、なんて。

 

さて。

 

明日からも、ちょっと意識して、写真を撮ってみます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は構図が命です!〜”SNS映えする写真撮影のコツ”セミナー〜

  • 2017.07.20 Thursday
  • 18:53

 

「昔の写真って、人さまに見せる前提じゃなくて、身内で盛り上がるものだった。

人に見せる前提でなく、単なる記録だったんですよね。

 

でも、SNS時代は、人に見せるっていう前提。

人にメッセージを伝えるっていう前提で撮っている。

 

せっかくなら、たくさんの人と出会うきっかけにしたいですよね

 

みなさま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

冒頭の言葉は、A子ママこと、下澤 美香さん(デジタル情報発信の専門家です!)が

写真セミナー中におっしゃったことです。

 

あぁ、なるほどなぁ、って思いました。

 

おいしいものが目の前にあるとき。

きれいな風景に出会ったとき。

 

「このフード写真を見て“おいしいそーー”、って共感してもらえるといいなぁ」

「この景色を見て、“御殿場っていいとこだな”って思ってもらえるとうれしいな」

 

って、無意識のうちに思っているかもしれません。

 

今回、A子ママとすぎちゃんのコラボセミナー『SNS映えする写真撮影のコツ』に参加して、

写真の構図や撮影時に意識することについて、

そしてSNSへ投稿するときのコツについて、

A子ママ、すぎちゃん、それぞれからみっちり学んできました。

 

もちろん、アオジも一緒。

 

(東京行きの高速バスの中では、

エクスペリエンス・マーケティング(以下、エクスマ)の藤村先生の新刊を持ってパシャリ♪)

 

何度かこのブログに登場するA子ママ、すぎちゃんは、

アオジ(=主人)と同じエクスペリエンス・マーケティングの塾生さん。

藤村先生のもとで、エクスマを学んでいる仲間です。

私は・・・・いつも楽しく便乗して、仲間に混ぜてもらってます(笑)。

(この日も楽しかったー、の図)

 

さて。

 

まずは、すぎちゃんの講演が始まりました。

 

伊豆の国市で酒屋さんを経営しているすぎちゃん、こと杉山 雅一さん。

http://ameblo.jp/sugiyama-show-10/

 

「プロじゃないけど・・・」と謙遜しつつも、

SNS上でたくさんの方々を感動させる写真をいっぱい撮っています。

 

ついには、酒屋さんでありながら、

Facebook(フェイスブック)上で富士山の写真集を販売するほど。

 

酒屋さんなのに写真集を出していいのかな、って葛藤はあったようですが、

たくさんの方に喜んでもらえるなら、と写真集発行に踏み切ったそうです。

 

写真集だけでなく、富士山カレンダーも2年連続、撮影・編集・販売しているんです。

(もちろん、私たち夫婦は、すべて購入するほどすぎちゃんの写真が好き)

 

そんなすぎちゃんからの一言は・・・・

 

とにもかくにも、構図が大事

 

これが大事みたいで、すぎちゃんの講演の内容の8割くらいが

構図についてのお話でした。

 

さっそく三分割法から!

 

iPhoneも、インスタグラムのアプリも、カメラモードにすると、

カメラの画面にグリッドが引かれてありますよね!?

その状態を、意識した方が良いよっていうお話でした。

 

まず、主題副題を考える。

三分割(「上・中・下段」「左・中・右列」とか)した画面の中で、

主題副題を配置するかを意識する。

 

例えば、表現したいものが二つ以上、三つとかあったときに、

主役の次に表現したいものが副題

 

この場合だと・・・・

 

主題=おじそうさん

副題=桜

 

さらに、この場合だと・・・・・

主題=富士山

副題=手前の丘

 

さらに、構図的なことだと、

 

下の方に重たい色を配置するとバランスが取れた構図になる

 

なるほど!

富士山のお写真だと軽やかな富士山の色(水色)よりも、

手前の丘の濃い色(モスグリーン)を下方に配置していますよね。

 

さらに・・・・

 

「富士山の左のなめらかな稜線」&「左下の丘のライン」が、

実は上下でシンメトリー効果を生んでいる

 

さらに、「日の丸構図」と言って、

主題をどどどん!と真ん中に持ってくる構図。

これが、決して悪いわけではないけれど、

ただ、「もっとインパクトあるように富士山を撮れるかな」と感じたすぎちゃんは、

左側のなだらかな曲線を強調するように撮ってみたそうです。

 

これだと、左になめらかに伸びる山の稜線が、

ひっじょーーーに美しく際立ちますよね!

 

無意識のうちに、「あーー、キレイだなー。好きな写真だなぁ」っていう感覚は、

美しく感じてもらえるような構図のおかげで、そう感じるのかなぁ、って思いました。

 

次に、写真を切り取る という手法。

 

例えば・・・・・

 

雲海の中からぽっこり顔を出して素敵な富士山です。

 

これを切り取ると・・・・

雲に囲まれた幻想的な富士山に。

まるで、あたかも飛行機の上空から富士山を眺めているような気持ちになるかも!

 

さらに、もっと山頂付近を切り取ると・・・・

「富士山の冠雪の雪がこれだけになっちゃったかぁ]

「夏だな」って感じてもらえるかも。

 

全部、同じ写真だけれども、

どう切り取るかで、伝え方も変わっていく、ってことなんですね〜!

 

そこに添える文章も、どんな言葉を選ぶか?

 

難しいけど、でも言葉をひねり出して、

伝わるように、発信したいなぁ。

 

そして、こういった構図の練習をするには、

初心者にはグルメ写真が入りやすいんですって。

 

私のように食べることが大好きな方には朗報ですよね(笑)。

 

グルメだったら、構図を狭い空間のなかで決められるから、

最初にスタートするにはとっても良いんですねー。

 

スギちゃん的に、グルメ写真のなかで、気を付けるべきこと4つ。

(いろいろ調べたらもっといっぱいあるらしいけど、すぎちゃん的に4つ!)

自然光/シズル感(ツヤ)/距離/角度

 

・自然光・・・蛍光灯より良いみたい。

実は、逆光を利用するときれいな写真が撮れる。

 

・シズル感は、ツヤのこと。

この場合だと、うなぎのたれ。

もし、お寿司を食べているときなら、マグロのテリが“シズル感”になる。

 

・光の感じが上手に表現されていたらおいしそうに見える。

 

・余白にワンポイント載せるようにしてる。

 

・角度は、だいたい、45度くらいっていうのが良い。

意外と向こう側がギリギリ写んないない感じにな

る。

 

・背景に写りこむものに気を配る。

※フード写真におしぼりとか映ったら、見ている人が興ざめしちゃう可能性が・・・・。

 

・・・などが意識するポイントです!

・・・・で、さっそく撮ってみた「茄子の焼きびたし」

 

”シズル感=テリ”、出てるかなーー?

構図はこれで良いんだろうか?

 

ぜんぜんダメなのにすぎちゃんに見つかったらどうしよう?(笑)

 

引き続き、おいしそうなお写真を撮る練習をしていきます。

 

だいぶ、長くなっちゃったので続きはまた明日書きますね!

 

明日は、

 

●写真の構図のセンスを磨くには?

 〜映画やマンガ、絵画がヒントになるよ!

 

●写真クイズ

 〜すぎちゃんが撮った写真を使って、写真のなかの”違和感”を探し出しました。

 「これは避けよう!」っていう指標を持てます♡

 

なんかを書けたら良いなーと思います。

 

では!

 

とっても長いのに読んでくださってありがとうございます♪

エクスマセミナーのあとの時間も・・・・・

  • 2017.07.08 Saturday
  • 16:27

藤村先生と、短パン社長の熱〜〜〜いエクスマLIVEのあと、

こちらの方々とご飯会です。

 

(写真がなかったので、A子ママのTwitterから〜!)

 

エクスマ塾生であるA子ママ、すぎちゃん、アオジ(=主人)。

あったか〜い文面のツイートをされているともさん。

SNS上でのくしゅっとした笑顔が印象的なゆっきぃさん。

そして、弊社社員のせーちゃん、こと高橋でございます。

あ、高橋とは今日もMTGで顔を合わせます(笑)。

 

サラダや海鮮をつまみながら、話に出るのはやっぱりSNSのこと。

デジタル発信の専門家のA子ママや、

SNS発信の経験が豊富なすぎちゃんがいてくれたので、

いろんなお話ができましたよー♪

 

発信する上で、「これで良いんだろうか・・・」っていう迷いとか、

発信する内容に悩んだりとか。

SNS上での在り方みたいな。。

 

むずかしい話じゃないんですけど、

もっと発信力を高めるには、スルーできない事がらたち。

 

発信は勢いだけだと、中身のない投稿になっちゃうし、

かといって、考え込みすぎると、発信すること自体がおっくうになっちゃう。

誰の、どんな投稿に「いいね!」を押しているか、

コメントを返信するときにも“自分”が出るし。

でも・・・・みんな、同じなのかな・・・?

 

なんて、そんな一歩踏み込んだところも併せて、

あれこれみなさまと話せて良かった!

  

身近にいて、信頼できてる皆さんとお話しできる機会ができて、

ありがたいことだと思いました。

 

・・・・って、そんな感じであっというまに夜中の一時(笑)。

 

翌日は、A子ママ&すぎちゃんと一緒に、

夏のドライブ第一弾に行ってきました。

 

 

「自由になるための技」〜藤村正宏先生がエクスマLIVEで語ったこと〜

  • 2017.07.07 Friday
  • 18:21

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです。

 

昨日に引き続き、エクスマのこと。

今日は、藤村先生のお話です!!!

(この日もかっこよかったなぁ〜!)

 

またね、

 

「書きたいことがあふれてすぎて、まとまらないーーーーー!」

 

という現象におちいってますが、ともかく、書いてみますね。

 

エクスマLIVEのオープニングは、

今回も、かっこいい音楽とともにムービーから始まりました。

 

毎度ですが、音楽もスライドも変わる。

 

今回は・・・・・・

歴史に名を残した人たち。

 

みんな、ちょっと変わったところがあった人たち。

でも、新しいことをやった人たちだから、歴史に名前が残っている。

そんな偉人たちのモノクロ写真が出てきました。

 

スライド=グレン・グールド

 

世の中を変えた人。新しい価値観を見出したです。

ピアニスト。

常識を変えた人。

ふつうは、クラッシックの演奏家と違うのは、譜面通りに弾かなかったこと。

むちゃくちゃだった。

そんな常識にはいっさいとらわれなかった。バッハの指示を無視して、無視して、演奏した。バッハ関係なく、自分の演奏にしていた。それが、バッハの価値をものすごく高めていったんだよね。

 

常識にとらわれない、って大事だな、って改めて思いました。

 

すでに偉人だったバッハ。

そのバッハの譜面を守らずにバッハの曲を弾くなんて、

当時に人からすると、ひっくりかえるほど衝撃的だったんだろうな。

 

でも、そうやってグレン・クールドが自分の感じるところを大事にして、

バッハの曲を自分のものにした。

結果、バッハの価値を高めることになったんだそうです。

 

さらに、【スキルやノウハウの価値は時代とともに変わる】というお話も

考えさせられました。

 

藤村先生が、とあるホテルに泊まったときに

本がたくさん並んでいるコーナーで見つけたこちらの本・・・・。

おぉ!懐かしい!って思いました。

 

確かに、今、この本が店頭に並んでいても、誰も買わないなぁ、って。

iモードの使い方も、電子メールのことも時代性が強すぎますもんね。

そもそも、メールじゃなくて、メッセンジャーやLINEのほうが主流ですもんね。

 

スキルとはノウハウは、価値がないのよ。時代が変わるから。でも、思想は変わらないでしょ。

普遍的な真理。本質。真理としての本質。”

 

スキルやノウハウは無意味だ!って、そんな急な話とではなく、

仕事をするうえで、スキルやノウハウに依存しすぎると大切なことを見失っていくよ、

 

・・・・・って私は解釈しました。

 

スキルやノウハウを最優先にする前に、

もっと見つめなくっちゃいけない大切なことってあるよね、ってことかな・・・・・。

 

「スキルだけの人」が、これからの時代は価値がなくなっていく。。。。

人事評価ももそうかも。

 

どんなに高いスキルを持っていても、

「スキルだけしかない人」って、ちょっとアレですよね。

 

「スキルばかり高くて、周りから信頼されていない」っていう人は特に。

いずれ、限界が来ますよね。

 

さらに・・・・・

 

”ロジカルシンキング。これ、誰が一番得意かっていうと、コンピュータなんだよね。

将棋もAIのほうが得意になった。

人間が10回将棋をやっている間に、AIは3000年分将棋をやっている。

ロジカルだけでやっていると、仕事がなくなる。”

 

ロジカルシンキング(=論理的思考)だけに頼る仕事のやり方も価値がなくなる。

・・・・・っていうか、人工知能(AI)にとってかわられる。

 

今、とある新聞の株式欄は、人工知能が記事を書いているとのこと!

雑誌の特集でも人工知能の発達のおかげで将来なくなっちゃう仕事って、

ロジカルシンキングな仕事だなーーって思う。

 

今、落語家を目指している高校生と使っている女の子の小説を読んでいますが、

AIが発達しても、落語家って言う職業はなくならなさそうですね(笑)。

 

そして、今回の藤村先生のお話で、一番刺さったのが、教養のお話でした!

それで、このブログのタイトルは、「自由になるために」にしたんです♪

 

(”教養”のお話のときのスライド。小説、映画、音楽でいっぱい!)

 

“教養”とかって、なんだか、難しそうですが、

はるか昔(大学生のとき)に、

「教養って何?」っていう本を読んだり、友人と話し合ったりしました。

 

“教養のある人”とは?

 

私なりの、My定義は、こうでございました。

 

「知識を得たときに、ただ知識があるだけの人、で終わらせない。

その人だけのフィルターを何枚も通して、ただの知識がその人の血や肉となったもの」

 

とりあえず、ながーーーーーっっ!!!

そして、「血や肉となる」って怖いし。

 

あと、隣の席の社員さんにMy定義を語ってみたところ、

「むずかしい」って言われました(笑)

 

”教養”について、藤村先生はこうおっしゃいます。

 

「リベラル・アーツ=自由になるための技。」

 

小説や映画、スポーツをやることも教養。

一見、ビジネスとは関連性がなさそうなことだけど、

教養は、身に着けることによって選択肢が広がる。

そのおかげで、自由になれる、ってこと。

 

不自由な状態の自分から、自由な状態するためのもの。

それが教養。

 

すごく、素敵じゃありませんか!?

 

もっと正確に藤村先生のコトバをご紹介すると、

 

「リベラル・アーツ」。明治時代に日本

にこのことばが来たとき、「教養」って訳された。

仕事のことしか考えてない経営者はつまらない。

戦略がどうだ、戦術がどうだって、そんなことばっかり言っている経営者はつまらない。

(中略)

教養を持ちなさい、ってこと。無駄なことをたくさんやる。

より自由になるってこと。それが大事。

 

 

もっともっと、小説を読んで、もっともっと映画を観て。

(幸いにも、どっちも好き!!!)

 

「いつも時代の風を感じよう!」

 

と。

 

これからは、「より自由になるために」ってそう思う。

 

そうやって、自分で楽しんでいるうちに、

気づかないうちに蓄積されたものが、

あるとき、ふとした瞬間に誰かのため(お客さまやヤマトヤ)になるのかな。

 

そうだといいな。

 

・・・・って、またまた長くなっちゃいました。

なかなかまとまらないブログですが、

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます!!!

 

明日もやるよーーーーーーっ!!!

がんばるよ〜!

 

 

 

 

まずは短パン社長のお話から〜浜松エクスマLIVE〜

  • 2017.07.06 Thursday
  • 16:32

あれ・・?

声がかすれてきてる・・・・???

 

あ、私の声ではありません。短パン社長の声です。

浜松のエクスマLive。

短パン社長はいつも熱い方なのですが、

浜松のエクスマLiveでは、いつにも増して、熱量がすごかったです!

 

みなさま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです。

 

7月3日、浜松で行われたエクスマLIVE(セミナー)に行ってきました。

今回は、ヤマトヤ各店舗(全店舗じゃないけど〜)のメンバー5人も一緒に!

 

エクスマ創始者の藤村先生のお話。

藤村先生のお弟子さんの短パン社長のお話。

そしてすぎちゃんやA子ママと過ごした濃い時間のこと。

会場で偶然にもお会いできた方々との嬉しい瞬間のこと。

 

どこから書けばいいんだろう・・・・?

 

今も、この瞬間、東京でエクスマセミナーが熱く開催されているなか、

私も、浜松エクスマライブで感じたことを綴っていこうと思います!

 

今日は短パン社長のお話から。

 

【僕はコンサルタントじゃない。社長です。

あ、あと芸能人ね(笑)。

「あれをやれ、これをやれ」って、皆さんに教えられることはないんです。

やるかどうかは皆さんです。】BY 短パン社長

 

短パン社長、こと奥ノ谷圭祐さん。

東京でアパレルメーカーをされている経営者の方です。

ダイバイヤ―やパイセンTVに出演されていたので、テレビでご存知の方もいらっしゃるかも!?

 

お洋服の販売以外に、カレーに、コーヒーに、お米づくりをやっていて、

さらにビールの商品開発も?

今は、「職業・奥ノ谷圭祐」!

 

 

 

私と短パン社長の出会いは・・・・・

まだ当時、取引先だったアオジ(=主人)が「短パン社長ってご存じですか?」というところから始まりました。

 

とにかく熱い方です。

そして、愛情にあふれていて。

人に対してだけじゃなくて、世の中に対しても愛がありますよね。

 

そんな、短パン社長の姿勢を、経営陣としても追いかけたいし、

人としても追いかけたい。

 

 

【アパレルの業界。(関連業者が)どんどんつぶれている。生地屋さんも、ボタン屋さんも。

お店で売っているお洋服の体験価値をお客さんにちゃんと伝えているのか?

藤村先生が先ほど言った「体験」とか「価値」を売っていかなきゃいけない。】 BY 短パン社長

 

私がたずさわっている宝飾業界にあてはめてみると、共通している部分があります。

 

「宝飾業界はダメだ」、「あの業界は低迷してる」、「みんな売れてない」、「どこも厳しいらしい」・・・・

 

そう言われますが、まだまだ活路を見いだせるって思ってます。

あのこと、このこと、お客様に伝えきれていないことがいっぱいあるから。

 

それに、「宝飾業界」ってひとくくりに語られがちですが

ファッションジュエリーとブライダルジュエリーでは、状況は全然違います。

 

全体のマーケット規模は縮小しているし、メディアは「この業界、厳しいらしい」ってジャッジ

しているかもしれないけど、右肩上がりのメーカーさん、元気いっぱいの小売店さんはいますからね。

だから、あんまり肩を落とさないようにしています ^^

 

(短パン社長とインカメ アオジの表情wwwww)

 

【今年の流行はワンピースじゃない、ってなると、みんなワンピースを作らなくなる。

みんな流行を追い求めすぎる。

でも、流行のものを作っても買ってくれる人がいなかったら、どんなに流行を追い求めていてもダメなんっすよ。

すごい根本的なことだけど、もしかしたらみんなそれが出来ていないのかな、って。

それって(流行を追うこと)って、自己満足だって。

だって、お客様は買わないもん。

メディアに振り回されてる。

それよりもいつも来てくれているお客様のためにお洋服を作ることが優先順位高いんじゃない?】 BY 短パン社長

 

ちゃんと、目の前のお客様のこと見てますか?って自問しました。

メディアが「良い」って言っていても、ヤマトヤのお客様にとって本当にそうなのかな?

逆に、「あれはダメだ」って言われていることでも、ヤマトヤのお客様が喜んでくださることは何かな?

 

SNSも取り組んでいる中で、

『ヤマトヤ通信』も、紙媒体で、そんなお金のかかることを!ってびっくりされるけど、

田んぼの中からおじいちゃんに声をかけられたり、

登場スタッフさんが「載ってたね〜」って声をかけられて嬉しかったよ、って話を聞いたりすると

あ〜、やめちゃダメだなって思います。

 

(短パン社長とのインカメ◆

「アオジの手がすみかちゃんにかぶってんだよ!」のお言葉いただきましたーーー!)

 

まだ、できていない。やりきれていない。

壁にぶつかってすらいない。

 

腑に落ちるまで考えて、行動して、また考えて、

時々だけどひらめいて(笑)、また行動して。

 

最後に、やっぱりこの言葉が好き!!!

 

言い訳すんな バカ!」

 

自分に甘くなりそうになったときに

心を引き締める言葉です。

 

「言い訳すんな バカ」

 

バカって言葉を使っても尚、

聴衆を感動させられるのは短パン社長だけかも(笑)。

 

・・・・・・と、いたって、まじめ〜な内容でお届けしておりますが、

明日も、この、まじめ〜〜〜〜な内容で、藤村先生のお話を書いてみようと思います。

 

(短パン社長とのインカメ アオジの手が謎(笑)。なんだったんだろ?)

 

ここまでのなが〜いブログ、読んでくださってありがとうございます!

 

お客様に”伝わるように、伝える”〜VMD藤井セミナー〜

  • 2017.06.16 Friday
  • 15:47

 

みなさま、”店”の語源ってご存知ですか?

 

一か月前の神戸でのセミナーのとき、

宝飾店の経営者たちを前に、マットさんのセミナーは、

そんなふうにして始まりました。

 

私も、”店”に立つようになって2年と少し。

それなのに、”店”の言葉の由来は知らないまま。

 

「店」の語源は、「見世棚(みせだな)」。

「見世棚」を略して「見世(みせ)」となり、「店」となった。

 

店は「見世」、つまり「見せる」ってことに焦点が当てられている空間なんですね。

 

アオジと同じエクスマ塾生のマットさん、こと藤井雅範さんは、

VMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング)のプロフェッショナル。

日本の大手のアパレルメーカーで、一貫してVMDのお仕事をされてきた方です!

 

冒頭のセミナーを聞いたとき、わずか1時間だけだったのに、

店舗のディスプレイのことを思い浮かべながらお話を聞いていたら、

 

「もっと聴きたい!」

 

そんな思いがむくむくとわき上がり、横浜へ行きました。

マットさんの自主セミナー(3時間+懇親会)です。

 

(会場は横浜のRoku cafe。お料理の味付けが良かった!!!)

 

3時間って長丁場のように思えますよね?

ところが、あっという間でした!

 

・・・・で、まず、VMDって何ぞや・・・・・???というと、

 

視覚をメインとして、五感を使ってお客様にお店の価値を伝えること

 

です。

 

店舗外観、ディスプレイ、内装、MD、

店内に流れる音楽や香りもそう。

 

ただ、”見た目がキレイね”だけではなくて、

”売り上げアップにつながる”という視点で

具体例も、写真も、いっぱい出しながら教えてくださいました。

 

かつて、大手アパレルメーカーにいたころ、

海外にもしょっちゅう視察に行ってディスプレイに活かしたり、

店舗内装を話題性の高い著名なアート・ディレクターに依頼していたのに・・・・・

既存店舗が昨対を超えられなくなったという経験をお持ちのマットさん。

 

「今まで自分がやってることが否定された気がした。

 

でも・・・・・

 

僕は、そんなお店で買い物したいかな・・・・???」

 

と、ふと思ったそうです。

 

「お客様は、有名なアートディレクターのお店で買い物したいわけじゃない。

お客様は、売れているからほしいんじゃない。

お客様はその商品と空間と売っている人に共感しているから買っている。

 

店側の一方的な発信で「伝える」のではなく、

「伝わるように伝える」ってことが大事なこと

 

 

ただ、ただ、かっこいいディスプレイや外観を作れば良いのではなく、

そのお店ならでは価値が伝わってないと、意味がない、ってことなんですね。

 

マットさんのセミナーでも出てきました、エクスマの創始者・藤村先生もおっしゃいます。

 

”伝わらなければ、存在していないのと同じ”

 

そして・・・・

もうひとつ、めっちゃ納得だったのが、売上分解のお話

 

ただ、単に「売上を上げる」って言っても、

中身をよくよく見ていくと(=かみくだいていくと)

アプローチはいっぱいあるんですね。

 

・入店客数を増やすの?

・客単価を上げるの?

・成約率を上げるの?

 

などなど、などなど・・・・。

 

ちなみに、1項目でも上げていけば、売上は大きく上がる。

全部かけ算だから。

入店客数が倍になったら、売上も倍になるし。

 

あなたのお店は、どの項目を選んで、継続しますか?

 

そんな、お話でした。

 

これ、本腰をいれて取り組む場合は、

売上が上がらない原因究明をを正確にやっておかなくてはいけません。

特に、ヤマトヤのように、6店舗あって、

店舗外観もまるで異なり、客層も売り上げアイテムも異なるようなお店の場合、

原因もさまざま、って可能性が高いんです。

 

売上分解のお話では、チームで動く場合は特に。

みんなでどこに向かって進もうとしているのか、

それをお互い共通認識を持っておくって大事!

って思いました。

 

 

そして・・・・

 

「単純に売りさばくだけのビジネスじゃなくて、喜んでくれることがわかってやるビジネス。

それをやったら、アパレルは死なへんし、誰にも殺されへんって。」

 

と。・・・・・

 

じーーーーーーーん。

 

マットさんは、アパレル業界をめっちゃ愛しているんだなぁ、って思ったと同時に、

ジュエリー業界にいる私の脳内では、

 

ジュエリー業界は死なへんし、誰にも殺されへんって

 

に変換されていました。

 

「数字は押さえておこう。

いっぱいいっぱいになってるところを伸ばすのはしんどいから。

大事なのは、今、自分たちがどこ(の項目)を伸ばそうとしているのか」

 

 

マットさんが、だんだん会社の上司に見えてきて(笑)、

京都で会社員やってたころが、一瞬、フラッシュバックしました。

 

・・・・っていうという話はさておき(笑)。

 

ひとまず、動き始めることになりましたよ〜。

まずは、自分が働いていた本店から♡

 

マットさんのセミナー内容を家族に共有したら、

なぜか、義父(=ヤマトヤ会長)が超はりきって、

飛行機で撮影に行くという、

まさかの日帰りプランを提案してきた(笑)。

「いや、1泊2日でしょ」とアオジが冷静な声で突っ込んでましたが。

 

ニコンの一眼レフを操れるアオジ(=主人)が

キャメラマンとして、そのミッションを担うことになるでしょう!

 

マットさんのセミナーは他にも大切なお話がいっぱいありました。

コンテンツだけでも書かせていただきますと・・・・

 

●ECサイトにできなくて、リアル店舗だけにできること

●村上春樹の小説から得ることができるビジネスのヒント

●インスタグラム映えする写真とは?(←ディスプレイを考える上でヒントがいっぱい♡)

 

などなど。

今回のブログに書ききれなくて残念ですが、

それぞれ1本ずつブログ記事をたてられるほど、内容が濃かったです。

 

今後、お店のVMDのことを考えるときには、

折に触れて、マットさんから学んだ内容を思い出すことになるんだろうなーー♪

 

もっともっと詳しく読んでみたい方は、

ぜひぜひマットさんのブログを見てみてくだださいね!

http://vmd-lighthouse.com/

 

アパレル業界も、ジュエリー業界も、減速気味なのかもしれないけど

個別のお店単位で見ると、やれることはあるんだよ〜、って、

マットさんのセミナーは、勇気をもらえるセミナーでした。
 

あとは、カタチにするだけ。

日帰りで飛行機には乗りませんけどね(笑)。

 

なが〜〜〜〜いブログを読んでくださって、

ありがとうございました!

 

 

すぎちゃんのセミナー「個人商店の挑戦」

  • 2017.06.15 Thursday
  • 15:40

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです。

 

先日の、「まさかの遅刻事件」http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=588

そして、「大人になってからの友達」http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=590

 

この2本の記事に続きにあたるのが、本日の

「すぎちゃんのセミナー「個人商店の挑戦」」です。

 

伊豆の国市で酒屋を営んでいるすぎちゃん、こと杉山 雅一さんの講演を

2年ぶりに聴きました。

 

たった2年間しかたっていませんが、

すぎちゃんのセミナー内容は、大きく内容がバージョンアップしてました。

 

それだけすぎちゃんが挑戦してきたんだなぁ・・・。

 

アオジ(=主人)と同じエクスマ塾生で

マーケティングを学び、それをきっちり実践してきたすぎちゃん。

 

エクスマで藤村先生がずっと言い続けていること・・・・

●あなたが、どんなに素晴らしい商品・サービスを提供していても

その価値を伝えなければ、

お客様にとって、あなたの商品・サービスは存在しないのと同じこと

 

●「個」の発信が大切。

顔も人柄もわからない人の言うことを誰が信用するの?

 

・・・・という基礎部分を再確認しつつ、

 

●好きなこと、楽しいことを仕事に活かす

すぎちゃんの場合は、「大好きな富士山で人に喜んでもらいたい!」を

写真集やカレンダー、そして”スギフジブランド”。

 

また、それをやるにあたって、

「他人の目を気にしない」

「喜ぶ人がいれば、本業以外のビジネスでもOK」

ということも伝えてくれました。

まさに、実践したすぎちゃんだからこそ言える納得!のひとことでした。

 

そして、私の関心度がググググッと上がったのが、

紙媒体とデジタル発信のバランスのお話。

 

 

ヤマトヤは、人口9万人弱の御殿場市にもお店がある一方で、

人口70万人の浜松市にもお店があります。

 

さらに、お店の特徴(店舗外観やMD)を変えているため、

ご来店になるお客様の年齢層も、客層も、まるで違います。

 

・・・・・・ってことは、おのずと、

販促のやり方も変えています。

(・・・・って、あたりまえですけどねー)

 

御殿場ではチラシやニュースレターを楽しみにしてくれているお客さまがいて、

嫁いだばかりの2年前、驚愕しました。

 

「えぇ!?

”紙媒体からWeb媒体へ!”と、完全に言い切れない町が・・・・・・・ここにはある」

 

御殿場においては、その役割を終えていないアナログ発信。

そして、若年層のお客様向けに、ブログとSNSによる発信も欠かせない。

 

ブライダルジュエリーの専門店のヤマトヤ浜松店もしかり。

デジタル発信だけじゃなく、おしゃれなポップづくりにかなり注力してます。

 

結論から言うと、

 

紙媒体とデジタル発信は、各店舗ごとにどこにウェイト置くか、

試行錯誤を続けつつ前進するしかない!

 

・・・・・ってことのように思いました。

 

Trai and error(トライアル・アンド・エラー)”

 

”試行錯誤”は英語のほうがわかりやすい。

漢字が難しいし。

 

「Trial(=トライして)、And(そして)、Error(=失敗する)」

 

失敗することが、あらかじめ織り込み済みになっているところも

英語のほうを気に入っている理由です!

 

 

・・・・って、ちょっと話がそれましたが、

 

アナログ発信とSNS発信を組み合わせて、

それぞれの個人店が、独自の発信と独自のコミュニケーションの取り方を行い続けることで、

まだまだ個人店は元気になれるし、可能性だっていっぱいある。

 

すぎちゃんの先日のブログ・・・・

『酒屋は絶滅危惧種なのか?ビール値上げ措置から思うこと』

http://ameblo.jp/sugiyama-show-10/entry-12279883518.html

 

このブログの中で、

 

”町の小さな酒屋として、国に保護される「絶滅危惧種」に成り下がるのはまっぴら御免です。

では、町の酒屋としてどうしたら、移り変わる環境の中で仕合せと感じながら仕事ができるのか?”

 

まっぴら御免です、というすぎちゃんのコトバには、

酒屋さんとしての誇りがにじみ出ていましたし、

「こんなもんじゃないぞ」っていう気概もビシバシと。

 

宝飾業界もしかり。

「斜陽産業」なんて言われてますが、すべての宝飾店が「斜陽」になってるかって、そんなことないと思う。

マーケットサイズがぐんぐん縮小していくなかでも、

収益をあげつつ、昨対の売り上げを超えている宝飾メーカーも宝飾店だってありますからね!

 

「いやーー、最近はどこの店も厳しいみたいですねーー」

 

同業者同士が顔を合わせて、そういう紋切型の挨拶をする・・・・・

アオジ(=主人)と私が、最も、苦手とするところです。

 

「そんなことないわい!」って(笑)。

「やるべきこと、やってる最中だから、そんなことないわい!」って。

 

・・・・・って、何が言いたいのかうまくまとまりませんが・・・(汗)。

 

すぎちゃんとこの「杉山商店」と、うちのお店「ヤマトヤ」。

業種も、お店のカタチも違うけど、

いつも学びを実践に変えて、Trial and Errorしているすぎちゃんの姿は、

とってもまぶしくて、いつも励まされています。

 

以上!今日お伝えしたことでした。

 

 

 

 

A子ママのSNSラウンジ「Le・ITAN(ル・イタン)」

  • 2017.06.13 Tuesday
  • 14:47

ちょっとご無沙汰してしまっておりますが、元気です!

今日は、横浜に来ています。

 

わたし的には、ビジネスホテルでうまくWiFiがつなげられるなんて奇跡なので、

こうやって嬉しくなってブログ書いてます(笑)

 

さて!横浜に来ているのは・・・・・

遊びじゃないよ、仕事だよ。

 

でも遊びに行く前のように、

セミナーに行くことを楽しみにしている自分がいます。

 

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです。

(先日、テーブルクロスみたいなワンピースを着た)

 

セミナー、受けすぎじゃない?

 

いつもなら、「そんなことありません」って答えますが、

今週に限っては・・・・・・・

 

「さようでございますね!」

 

って答えちゃいます。

 

先週の火曜日;すぎちゃんのセミナー(”個人商店の挑戦”)

先日の土曜日;A子ママのセミナー(SNSラウンジ「Le・ITAN(ル・イタン)」へ参加)

本日は横浜で;マットさんのセミナー(VMDといって、店頭外観やディスプレイのことを学んできます)

 

・・・・・はい、めずらしくセミナーだらけです。

 

(アオジ in Tokyo)

 

でも、アオジや私が必要だ、って判断したので、全部行っています。

 

・・・・で、まだすぎちゃんのセミナーで学んだことをまとめきれていないけど、

今日は先に、A子ママのSNSラウンジについて書いていこうと思います!!!

 

 

「もっと、気軽にSNSのもやもやや、疑問点を解消する場所を作りたい」

 

ってことで、A子ママ、こと下澤美香さんが、

SNSラウンジ「Le・ITAN(ル・イタン)」をオープンしました。

 

A子ママがSNSラウンジ「Le・ITAN(ル・イタン)をやろうと思ったキッカケについては、

2本のブログに書かれてあります。

 

まず、4月23日の記事。

http://mika-shimosawa.hatenablog.com/entry/2017/04/23/124016

 

そして、5月22日の記事。

http://mika-shimosawa.hatenablog.com/entry/2017/05/22/171606

 

4月の記事のなかで、もともとスナックを経営していたA子ママは

こう書いています。

 

そもそもお客さんたちは、お酒を飲むために店に来ていたわけではなかったんです。
日常の些細なことを解消しに来ていて、その受け手として私を選んでもらえていたってこと

 

さらに5月の記事では・・・・・

 

藤村先生の言葉がきっかけで、

その言葉で、今までのお客さんたち、今のお客さんたちの顔がわぁーーーっと出てきて...

そうだよね、愚痴と言うか、モヤッとした気持ちを整理したり、考えていることを言葉にできる場所を求めているじゃんね。

(中略)

みんなの気持ちの拠り所的な場所としてスナックをやっていたし、今後やっていきたいのもそういう場所だったなって。

 

A子ママの人生っていうと大げさかもしれませんが、

でも、A子ママがこれまで積み重ねてきたことが凝縮されていて、

じーーーーーんときました。

 

もう、これは東京がオープンしたら行く!って

決めました。

 

何時にやってきてもOK!

友人に会いに行くような気軽な気持ちで会場に向かって、

「ねぇ、ねぇ」とSNSについておしゃべりしていく・・・・・

 

そんな空間って、今までなかった!

そんな空間を提供してくれるA子ママの初の試みなんです。

 

★二段階認証のやり方

★インカメ写真をもっと良い感じで撮るには?

 

・・・・・っていうテクニック的なことも、

実践しながら教えてもらいました。

 

それから、

 

発信する情報の内容の質を高めること

これ、サラッと書いてますが、難しいんです。

でも、今の私には、ここにきちんと向き合うことが必要な気がしてます。

情報の切り口、言葉えらびなど、まだまだだから!

 

SNSのなかでの在り方

これは、ニュアンスなので、表現するのが難しい〜〜〜(汗)。

でも、A子ママがものすごく重要なことを言ってる気がして、

「何なに?何なに?」って食い下がって、話をしてもらいました。

 

これは、もう1年以上、いや、2年くらいかな・・・・

私たちの発信をずっと継続して見てくれているA子ママならではのアドバイスなので、

とっても嬉しかったです。

「そんなこと、A子ママしか言ってくれないよーーーー」なことも(笑)。

 

Twitterをさらに取り組む

去年の夏、それこそお茶しながらTwitterのフォロワー数が3年間で50人(汗)。

Facebookに比べて「いいね!」が少なくて反応がうすく、もうやめてやろうかと思ってました(笑)。

TwitterほどさびしいSNSはない!!とかブツブツ言っていた私に、

「こうすれば良いよ!」ってアドバイスをもらいました。

それをコツコツ続けてみたら、一年で900人を超えるまでに!

フォロワーさんとの交流も発生して、今はとても楽しいんですね。

でも!!!!!

そこでストップするのではなく、この日、A子ママと話していて、

次なる目的が見えてきました。

それに向かって、また日々、こつこつと頑張るんです。

 

説明するときの言葉えらび

これは、A子ママと一緒に過ごした醍醐味でした。

SNS用語について説明しているとき、やはり専門家なので、

言葉数が少ないのに、ビシッと相手に伝わるんです。

多弁なわりに、説明が下手なのが悩みの私・・・・。

言葉選び、言い回し、話すスピード(ゆっくり、そしてハッキリ)など、

ちょっとでも近づきたいです!

 

名古屋、東京と開催されたSNSラウンジ「Le・ITAN(ル・イタン)」。

次なる開催地は、釧路(6月28日(水))です。

詳しくは、こちらを見てくださいね⇒ http://mika-shimosawa.hatenablog.com/entry/2017/05/29/150253

 

それにしても・・・・・・

SNSラウンジ中に何に驚いたかって、

「しゃもじ」が平安時代のギャル語だった、ってことだよね(笑)。

 

 

 

”北陸のアイドル”、シノハラさんにお会いしたーーー!!!

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 15:45

年齢を重ねるとともに、涙もろくなっていますが、

短パン社長のトークライブ以来、

ますます涙もろくなってます。

 

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤの青嶋です。

 

短パン社長の・・・・・

 

・・・・って、まだ書くのーーーー!?

 

と思われた方!

 

ハイ!

 

このシリーズ、今日がラストでございます♪

 

とはいえ、今回のトークライブのことは

折にふれてブログ記事のなかで登場すると思いますが、

ひとまず、今日でラスト!

 

最後は、ライトな感じでしめくくれたらなぁ〜って思ったので、

会場で、シノハラさんに、偶然、お会いできたお話をさせていただきますね!

昨日も、こうやって、素晴らしきお写真をアップされていましたね(笑)。

胃カメラを終えられたあとのシノハラさんです。

 

”シノハラはダメだよ”で有名なシノハラさん。

※詳細は、こちらのブログを⇒http://amerikaya-arc.com/blog/?p=5943

 

短パン社長のトークライブ中も・・・・・

シノハラさんのツイートは一瞬だけ。

 

(左上にシノハラさんのアイコン♡)

 

「シノハラはいいや」

 

って、短パン社長に檀上からいじられていましたーーーーー!!!

そして、それが、なんだか嬉しかったなぁ♡

 

そんな”シノハラ”こと篠原 秀和さんは、

北陸は福井県敦賀市の老舗の建築会社を経営しておられます。

 

一級建築士の資格を持ち、

お仕事柄、ローンなどの金融のことも精通している、

正真正銘の経営者です。

 

私がシノハラさんのことを知ったのは、Twitterのなかでした。

「#シノハラファンじゃないよ」というハッシュタグを見かけたことがキッカケ。

 

Twitterのなかをおいかけてみても、

色んな方が「#シノハラファン」として、同じ食べ方&同じポージングをされているので

どの方が本物の”シノハラさん”なのか、つかめませんでしたけど(笑)。

 

「あれ、この方がシノハラさん?」

「ん?こっちかな???」

 

みたいな(笑)。

 

そんなときに、私のなかで忘れがたいツイートが投稿されます。

いやーーーー、めんどうな状況のなかで、

こんなにも、おもしろおかしくツイートができるシノハラさんって、

すごーーーー!!!って思いましたよ。

 

本来ならイライラしたり焦ったりする状況のなかで、この余裕。

私にもほしいな、って素直に思いました♡

 

そして、おそらく新横浜から新幹線で引き返してこられたのでしょう。

(笑)。

遠い目をしておられます。

 

すぎちゃんと無事に会えたようです。

(っていうか、「すぎちゃんと友達だったんだ!」って、このとき思いましたYO♪)

 

さらに、さらに、余裕のおもしろ投稿♡。

 

なんだろーーーー、じわじわとクセになるんですよね。

ぽわん、とした気持ちにもなるし♡

 

で、このあいだ、キセキが起こるわけです!

 

会場の席が全席指定となっていた今回の短パン社長のトークライブ。

偶然にも、アオジ(=主人)のお隣の席がシノハラさんだったんですよ!!!!

 

うわーーーー、初対面♡

 

「なぜかスポットライトを浴びてしまい僕だけ美白になってしまう写真」

 

の第二弾みたいになりましたけどーーー(笑)。

 

※第一弾の美白写真はこちらの記事の最後の写真。

http://amerikaya-arc.com/blog/?p=10411

 

気さくに、「どうもどうも」ってご挨拶してくださって、うれしかったなぁ。

 

誰でもそうだけれど、

ツラいときとか、涙が出てくるときってあるし、

そしてそれを誰にも言えないこともあると思います。

 

でも、シノハラさんのユーモアあふれる投稿を見ると

元気になります。

 

必ず笑えるから(笑)。

 

大勢の方が #シノハラファン になるのもうなずけます。

 

iPhoneImage.png

かくいう私も、LINEのスタンプを買って、さっそくアオジ(=主人)に連打♡

 

これからもますます #シノハラファン でいきたいと思います!!!

 

シノハラさん、ありがとうございます。

 

 

 

後藤由希さんのブログを見てうれしかったこと

  • 2017.04.22 Saturday
  • 23:50

 

昨日の夜、寝る前に、うれしくて、ちょこっと飛び上がりました♡


 

皆さま、こんばんは。

ヤマトヤのすみかです。

 

それは・・・・

 

後藤由希さん(今回の短パン社長のトークライブを企画・実行した方!!!)が

書いた、こちらのブログの記事を読んだ時のこと。

http://sdsalon-goto.com/blog/1680/

 

この記事は、後藤さんのお手元に届いた、カメラマンさん2名によるお写真を

ピックアップしたブログ記事。

 

まるで、映画『ラブアクチュアリー』の冒頭シーンのように、

いろんな人々の素敵な笑顔の写真でいっぱい♡

 

ナチュラルで、ほんとうに嬉しそうな感情があふれでています。

 

そこに、私たちの写真がアップされていました。

 

で、うれしかったのは、後藤由希さんとは

面と向かって、ご挨拶とかしなかったのに、

後藤さんが、私たちの写真を見て、

 

”アオジ夫妻”って認識してくださってたこと!!!

 

しかも、”静岡の宝飾店”、

さらには、”トークライブ前の聖地巡礼”したことまで知っているよーーーー!!!

 

なぜ!?うれしいんだけど!!!!

 

なぜ、わかった!?

 

・・・・と思って、TwitterやFacebookで気持ち表明してみました。

 

そしたら・・・・・・・・謎がとけました♡

 

さらに、Facebookでいただいたご返信によると、

スギフジツアーあたりから私のブログを見てくださっていたとのこと。

 

すごい・・・・・・♡

 

もちろん、私のブログだけじゃなくて、

参加者全員のブログやSNSを追っていました。

 

たぶん、今、この瞬間も、追っているんだと思う。

 

「発信を見てもらえるって、うれしいな」

 

って、シンプルに、そう思いました。

 

以前、短パン社長も、こんなことをおっしゃっていた。

 

 

だから、お客さまの顔と名前を忘れないんだなぁ、って納得しました。

 

好きな相手の発信は見逃したくない。絶対に見る。

 

私たちも、お客様の発信やブログは見逃さないようにしなくっちゃ!!!

 

・・・・って、あらためて思いました。

 

後藤由希さん、ありがとうございます♪

 

よし!

 

私も明日からも、やんよーー。やんよーーー(まちこさん風)♡

 

では今日は、このへんで☆

おやすみなさい(#^.^#)

 

 

ニットさん(岡崎社長)にご挨拶できたYO♪

  • 2017.04.21 Friday
  • 14:10

Facebook(フェイスブック)も、

Twitter(ツィッター)も、

短パン社長のトークライブのことであふれていますね。

 

行った方は、その余韻にひたり、

行ってない方も、SNSをとおして波動を浴びて、

あの日の感動をみんなで共有♡

 

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

先日の短パン社長の単独トークライブということで、

エクスマの方々も多くいらっしゃいました。

 

ついに・・・・・ニットさん、

初めてお声がけさせていただきました!!!

インカメもするっ!

 

ニットさんこと、岡崎 博之社長(※ブログはこちら⇒ http://okazaki-knit.jp/

東京にある丸安毛糸株式会社(http://www.maruyasu-fil.co.jp/ の三代目の社長さん。

 

数年前から存じ上げていて(ただし、一方的に(笑))

エクスマセミナーの会場でも、そのお姿をお見掛けしていましたが、

チキンなワタクシ、お声がけするのに勇気がでませんでした。

(けっこう、そんなことって多いです・・・・)

 

でもね、でもね、ニットさんがね、

トークライブの数日前に、こんなTweetをあげてらっしゃったからね、

絡んだんですよーーーー!!!

 

 

!!!!!!!

 

富士山のカタチを見て、すぐにわかりました。

あのニットさんが、御殿場の近くにいるんだということが

 

しかも、気持ち悪いと思われるかもしれませんが、

富士山と道路のバランスを見て、おおよその標高までわかりました。(笑)。

 

そう。

 

360度どこから見ても同じようなカタチだと思われがちな富士山ですが、

静岡県民も、山梨県民も、富士山のカタチと、富士山の見え方にはヒジョーーーに敏感です。

 

富士山の写真を見たときに・・・・・

 

「富士山のカタチ」および「宝永山のへこみの位置」を見れば、

撮影場所がほぼピンポイントでわかります。

 

さらに御殿場市民の方だと、

138号線と富士山のバランスで、おおよその標高を特定できちゃうんですねーー!

 

つまり・・・・

ニットさんがいらっしゃる場所は・・・・・

 

「場所は国道138号線で、御殿場〜仙石原のあいだ。

標高は600メートル以上、900メートル以下」

 

私はそう割り出しました。キラーン☆

 

もーーーーー、お昼休みの休憩室で、大興奮です!!!

ニットさんがいるよーーーーって(笑)。

 

隣でお弁当を食べている先輩スタッフに写真を見せてみると、

 

「うん138号線だね。乙女峠付近で、標高は650メートル」

 

・・・・・って低音で言いました。

 

あなた、GPSですかーーーーー!?

 

・・・・・って、ちょっと思ったことはナイショです。

 

そんなGPSみたいな返信も含めて、ニットさんに

リツイートや返信をさせていただいたんですねー。

 

そこからの、あの3ショットでのインカメでした。

 

Twitterのこういう気軽さがいいなぁ。

Twitterをやっていて良かったなぁ。

 

SNSがないと、存在しなかったご縁がいっぱいあるからね〜!

今回も、そうだし♡

 

ニットさん、ご挨拶させていただけて、良かったです!

ありがとうございます〜!!!

 

 

 

 

泣きました!!!”短パン社長の単独トークライブ”

  • 2017.04.20 Thursday
  • 15:15

役立ちました。よりも、楽しかった。

勉強になりました。より、カッコ良かった。

そう言われる方がうれしい

 

トークライブが開催される数日前、

そんなタイトルで、短パン社長がブログを書いておられました。

 

おととい、渋谷で行われた短パン社長のトークライブ。

 

交互に繰り返される生トークと映像、

マイアミさんの突然の登場、

エンドロールが終わったと思いきや、

そこからの「カモン、ケイスケ!」でまたまた笑って・・・・。

 

すっごく楽しかったです。

 

・・・・と同時に、なんだか泣けちゃいました・・・・・・。

 

東京からの帰りの高速バス、翌日のお昼休み・・・・・

スマホで取った写真を見返しては、ふっと涙をぬぐっております。

 

あ、皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです。

 

たくさん笑って、たくさん泣いたーーーー。

 

トークライブが終わってから2日間。

時間が経つにつれて、泣くことのほうが多くなってきました・・・・

 

はじまりは、映画さながらで、

NO MORE映画泥棒!をもじった映像も登場。

 

トークライブ開演前に登場した4つのメッセージ。

ひとつのメッセージにつき、ひとつの映像が流されます。

 

Kisobarの木曽さんがいっぱい登場するショートコント風映像。

このショートコントがめっちゃおかしくて〜〜〜。

しゃべっているのは木曽さんONLYで、短パン社長は決して声を発さないんです。

 

そうやって短パン社長のことが待ち遠しくなってきたところで・・・・・

生の短パン社長の登場ですーー!!!

 

いつにも増して、カッコ良かった〜!

黒の上下のスーツに蝶ネクタイ、正装モードの短パン社長♡

 

単独トークライブならではの特別オーラが出ましたー!!!

 

熱いトークが始まります。

 

7人が1300人になった。

日本中のひとをお客さんにしようとは思わない。

自分のことを好きって人を大事にしようとしてる

 

展示会のDMを送っても、7人しか来場しなかったけれど

今や1300人になった。

 

毎日、毎日、SNSやブログで発信を続けて、

短パン社長のことを「好き!」って人を増やしてきた。

 

DMも、次々とおもしろDMをつくっていきます。

「お客様に喜んでもらうために!」

 

キュート系のDMから・・・・・・

 

かっこいい系のDMまで・・・・・・

 

様々なDMを作っては、お客さまへお届け。

 

でも中には

 

「なんだ、このDMは!」

「もう二度と送ってこないで」

 

とクレームになったこともあるとか・・・・。

 

そして、短パン社長は言います。

 

その人に戦いを挑む必要はない。

ごめんなさい、って謝ればいい。

自分のことを好きだというひとに向けて、発信しよう

 

って。

 

私が短パン社長のブログやFacebookを拝見するようになったのは2013年のこと。

アパレル関係者でもない私ですら、

 

「次のDMは何だろう・・・?」

 

って、楽しみにしていました♡

こんな、遊び心でいっぱいのDMとか見たことなかったので。

 

でも、その遊び心が通じない人がいる、響かない人がいる。

それは仕方がないことなんです。

世間にはそういう場合があるんですよね。

 

SNSやブログでの発信は、その人の価値観とか、その会社の根っこ部分が

どうしても強く、強く、にじみ出てきちゃうんですね。

 

だから、そこを「大嫌い!」と言われてしまうと、

「そ、そ、そうですか・・・・」と、なるしかないんですねー。

 

そこを無理やり追いかけていくことにエネルギーを注ぐなら、

「ヤマトヤのこと大好き!」って言ってくださるお客様に向けて、

毎日、SNSで発信したほうが良い!

 

自分の会社に置き換えてみると、そう思いました。

 

あと、ちょっと泣いちゃったのが、この言葉。

 

SNSを見てくれているひとが一人でもいるならば、

続けるべきだと思う

 

まぢで泣きました。。。

 

本店のオフィシャルブログは、ときどきアクセス数が「4」とか「6」になる日があって・・・・。

あ、ちなみに、こちらです・・・。http://ameblo.jp/yamatoyagotembahonten

 

楽しくないのかなーーーー・・・。

おもしろくないのかなーーーーー・・・・。

書いてる意味、あるのかな・・・・。。。。。

 

・・・と心が折れそうになっていましたが、

やっぱり続けます!!!

 

繰り返します!

 

お店のブログも、やっぱり続けます!!!!!

 

トークライブの前日に、

「ブログを見て来たよ!」っていうお客さまが時計を買ってくださったという事案が、

初めて発生したんです!

 

そして翌日のトークライブでの、

 

"SNSを見てくれているひとが一人でもいるならば、

続けるべきだと思う

 

の、言葉!!!

 

すごい連鎖だなぁーーーって思いました。

きっとこれは「お店のブログを続けなさい」っていうことなんだなぁ、って。

 

はぁーーー。

 

だいぶ、長くなってきたなぁ、このブログ(笑)。

 

今日も、この『おいしい御殿場日記』でも

お店のブログも、両方で「ヤマトヤの楽しい!」を続けられたななぁ、と思います。

 

だって・・・・・

短パン社長は、”イカノヤさん”になって、楽しさを届けているんですから(笑)!!!

プールにもぐってますから!!!

 

そして。

 

お写真を撮る瞬間が近づいてまいりました。

この日も、私たちの姿を見た瞬間に・・・・・・

「アオジはいいや。すみかちゃんだけでーー」

って(笑)。

 

絶対に、忘れないんですね。お客さんのこと。

 

お客様が、何百人になろうとも、何千人になろうとも、

短パン社長の、一人ひとりへに向ける愛情は変わらないんだろうな♪

 

常に、「目の前にいるお客様のために」。

 

本当に、短パン社長ありがとうございました。

 

大好きです!!!

 

感動で、たくさん泣いたけど、

 

「泣かないで、行動しよう!!!」

 

って、きっと言われるので、

トークライブの感動で泣くのは今日で終わり!!!

 

また、今日からがんばります♪

 

ながーーーーーいブログ、読んでくださってありがとうございました!

 

スギフジツアー、途中から短パン社長の残り香を感じるツアーに(笑)

  • 2017.02.25 Saturday
  • 19:00

皆さま、こんばんは〜!

ヤマトヤのすみかです。

 

今日は土曜日ーー!!!

開店と同時にたくさんのお客様にご来店いただいておりまして、

ありがたい限りでございます。

 

お店にやさしく響くお客様の笑い声、

スタッフの張り切った声、

ショーケースを開けるときの音、

などなど、お店中がいろんな音に包まれているのを感じながら

バックヤードでお弁当を食べるのが好きです。

 

今日も無事にお店をあけられていて、

そしてお店で働けて、

幸せだなぁ――――って、つくづく思います。

 

さてさて〜。

 

今日で、ラストの投稿となりまーーーす!

友人すぎちゃんが企画・主催・実行した、

「富士山ビューポイントツアー」の記事。

 

富士山が美しく見えるビュースポットを巡りながら、

撮影スキルをあげる!!!っていうのがメインテーマだったのですが・・・・・・

 

ん???

 

デジャヴ???

 

短パン社長×富士山のあのカレンダー(製作・すぎちゃん)で見かけた、

あのシーンではありませんか!!!

 

ほかにも、何か所も短パン社長が立ったその場所に、

私たちも立って、すぎちゃんにお写真を撮ってもらったりしました。

 

で、ですね・・・・・・・

 

最初のうちは、みなさま、こんなふうに普通のお洋服を着ていましたが・・・・・・

 

 

P1000661_R.JPG

男性陣も短パンエプロンを着て・・・・・・・

 

ファイル 2017-02-25 14 16 54_R.JPG

女性陣も短パンエプロンを着て・・・・・

 

 

ファイル 2017-02-25 17 17 36_R.JPG

全員で、短パンエプロンを着ましたーーーー!!!

(隊長・すぎちゃんの指令で、みんなで短パンエプロン&短パンソックスを持参したんです)

 

そしてこの格好で、一日中、あちこちの富士山ビュースポットをうろうろ。

 

とある場所の駐車場で、とっても上品な年配ご夫婦に、

 

「カレーって、書いてあるけど、みなさんはどんな集まりなの?」

 

・・・・・・って、尋ねられました。

 

そんなに真正面から聞かれたことが初めてだったため、とっさに

 

「えーーーーっと、カレーを開発した方を崇拝している集まりです」

 

って、答えたところ、

 

「宗教団体?」

 

って聞かれました(笑)。

 

違うよーーーーーーーーーっ!!!

ある意味、当たっているけど、でもでも、違うよーーーーーーーーっ!!!

 

横にいたアオジ(=主人)があわてて

 

「勉強仲間なんです」

 

っていうと、

 

「カレーの勉強?」

 

って言われました。

 

違うよーーーーーーーーっ!!!

ある意味でも、当たってないよーーーーーーーーっっ!!!

 

・・・・・・と、微妙に会話のキャッチボールがずれた感じですが、

最後に、年配ご夫婦が残したひとこと。

 

「みんな、楽しそうね。がんばってね」

 

・・・・・・・そうか!

 

ハタから見ても、楽しそうに見えたんだなーーーって

嬉しく思いました。

 

そんな、おもしろい出来事も起きつつ、

短パンエプロンをみんなで身に着けて、

短パンソックスを履いて撮影を行い、

伊豆の国市から短パン社長へのオマージュを発しつつ、

夜が更けていきましたとさ。

 

そして、短パン社長がエクスマでおっしゃっている、

 

「目の前にいるお客様のことを死ぬほど考える!」

「自分の周りにいる人(家族でも、友人でも)を大切にする!」

 

は、私の中で最重要!

 

販売額アップのための魔法のような一手なんてなくって、

人として基本的なことを大切にする!

 

それが、SNS発信でとぉ〜〜〜っても大事なことだと、

改めて思った今日でした!

 

では、今日もおつかれ山でしたーーーーーー!!!!!

 

皆さま、良い週末をお過ごしくださいね。

 

 

伊豆の国市で「富士山ビューポイントツアー」

  • 2017.02.24 Friday
  • 15:31

皆さま、こんにちは♪

ヤマトヤのすみかです。

 

昨日は富士山の日でしたね。

皆さま、どんなふうに過ごされましたか?

 

我が家は富士山にちなんだ日本酒を飲んでみました〜。

あいにく、富士山は霧の中に姿を隠しましたが、

その前日&前々日はとってもお天気が良かったですよね。

 

さてさて〜〜

 

昨日のサマリーブログ・・・・

http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=469

謎多き写真がたくさんだったと思います(笑)

 

実は、2月21日&22日に伊豆の国市で行われた

友人・すぎちゃん主催の「富士山ビューポイントツアー」に行ってたんですねーー。

ここで、たくさんの楽しい体験をとおして

SNSのことや、写真撮影のことなどい〜〜〜っぱい学びました。

 

今回ご一緒した方々を・・・・・、まずはメンバー紹介!Yeah!!!

(総勢7名のツアーでした〜)

 

P1000675_R.JPG

東北は山形県米沢市から、あやっちさん!

にこやかな笑顔がとぉ〜〜っても色っぽい〜〜〜方ですぅ。

あやっちさんのブログはこちらから⇒http://www.tokinoyado.com/blog/

 

ツアー中、い〜っつもみんなの写真を撮ってくださっていて、

ツアー後にアップされたお写真を見て、感激しました〜。

 

「すぎちゃんも入って〜」

 

と、隊長・すぎちゃんも写真におさまるように促しておられたり。

その優し〜〜〜お姿を見て、ワタクシに足りないのは優しさだ・・・・・って自省しました。

 

あやっちさんのふうわりと毛布のようにやわらかくてあたたかい優しさ・・・・・♡

虜になりましたっ!!!

 

続いては・・・・・・

P1000663_R.JPG

長野県は飯田市から、A子ママ〜〜〜〜〜!!!Yeah!!!

ツアー中も、ずっと元気でパワフルで熱くて、圧倒されました〜〜〜♡

A子ママのブログはこちらから⇒http://mika-shimosawa.hatenablog.com/

 

A子ママこと、下澤美香さんは、SNSによる集客の専門家!

私も、2016年の夏から秋にかけて複数回お会いしているのですが、

Twitterをどうやれば悩んでいたときに、アドバイスをくださったんです。

 

それがもう〜〜〜〜、的確すぎて、2年間で40人くらいしかいなかったフォロワーが、

6か月間で600人にまでフォロワーが増え、

さらには、今や、Twitter経由でヤマトヤの商品のご注文まで頂くようになりました。

 

A子ママ、その節はほんとうに感謝しておりますーー。

そして、今回は、かぶりものを率先してやってらしたその姿を見て、

かぶりものモードになれましたよ〜〜〜〜!

 

ほんとうにありがとうございます!

 

続きまして・・・・・・・・

P1000665_R.JPG

淡路島から、お洋服屋さんを経営しておられる、まちこさん

富士山帽子も、いちはやく着こなしてました。サスガデスーーーー!!!

まちこさんのブログはこちらから⇒http://ameblo.jp/orpheusstyle/

 

ほんわかで、超〜〜〜キュートなまちこさん♡

お顔も小さくて、私の半分くらいでした〜(驚愕!)

 

まちこさん、かんひろさん(この後にご紹介します!)、私の三人で

朝方に、足湯をもとめて館内の4階を右往左往・・・・・・

ついに見つけた足湯は、実は訳ありで・・・・・(笑)。

もーーーー、あれはね、一生忘れません(笑)。

 

最後、別れ際に三島駅前でビールを飲みつつ、

メンバー全員で聞いた、まちこストーリー。

ほんと、「時間がない!」とか言ってられないなーーーって思いました。

 

まちこさんの「平均睡眠時間3時間」という、

ナポレオンみたいなリズムはマネできないかもしれないけれど、

あの頑張り具合、あの行動力、そしてあのほんわかさは、マネしたい!!!

こうでありたい!!!

 

・・・・て、ロールモデルです。

 

まちこさん、ありがとうございますーーーーー!!!

 

そして次は・・・・・・

P1000671_R.JPG

栃木県は宇都宮市からやってきたかんひろさん。

 

現在は、ご主人の転勤が多めなお仕事にともなって

かんひろさんご自身はお仕事されていないのですが、

SNSを少しずつやり始めた・・・・っていう方でした。

 

かんひろさんのTwitterのプロフィール欄を見ていたら、

温泉好き、かつ、鉄道が好きというステキすぎる共通点が♪

 

今回は場所が伊豆ってこともあって、

たくさん温泉のお話をしましたが、

今度は、「THE・鉄子かんひろ」な一面も見てみたいです。

 

また、ぜひぜひお会いしたいなーーー♡

かんひろさんもありがとうございました〜♪

 

そして次は・・・・・・・

P1000668_R.JPG

アオジです。はい、私の夫でございます。

エクスマ塾生のアオジ。

 

いつも、私をセミナーに連れ出してくれたり、

エクスマメンバーや、御殿場の地元の方々と引き合わせてくれたりしてくれます。

 

おかげで、私は静岡県にお嫁に来ても、

人恋し思いをしたことが一度もありません。

 

アオジ、いつもありがとう〜。

そして、今回のツアーに参加できるようにアレンジしてくれてありがとう〜〜。

 

そしてみなさん!!!!!!!!

いよいよ、今回の企画を主催してくださったすぎちゃんです!!!

P1000653_R.JPG

あ、画像、まちがえた。

これはハイパーすぎちゃんデス。

 

あらためまして・・・・

P1000677_R.JPG

すぎちゃんです!伊豆の国市で「杉山商店」という酒店を営んでいます。

すぎちゃんのブログはこちら⇒http://ameblo.jp/sugiyama-show-10/

 

いやぁ、富士山帽子がこんなに似合う男性が、この世にいるでしょうか?

・・・っていうくらい、サマになっておりますね(笑)。

 

すぎちゃんは、Instagramで富士山の写真を撮り始めて、

その美しさはもちろんのこと、すぎちゃんの富士山への思い入れが

多くの人の感動を呼び、富士山のカレンダーまで作成・販売しましたっ!

写真撮影の腕前は、完全に素人をこえたプロも顔負け!!!

 

・・・・・で、今回のツアーが、そんなすぎちゃんが満を持してプレゼンツしたのが

富士山のビュースポットを巡って撮影しようぜぃ、っていうツアーです。

 

最初は、わけのわからない写真ばかりとっていた私も・・・・・

P1000611_R.JPG

富士山×赤い塔

 

P1000574_R.JPG

富士山×駿河湾

 

こんなふうに絶好のお天気にも恵まれて、なんとか写真を撮ることができました。

 

あと、写真を美しく撮って、SNSでの発信力もある皆さまと行動を共にしたことによって、

インカメするタイミング、被写体を見つけたときに寄っていく素早さ、

そしてそれをSNSにアップするときの速さ。

 

それが、自分の体のなかに叩き込まれた感じでした。

 

そして、そうやって、やればやるほど、できてないことが明確に浮き彫りにもなりました。

だから、これからは、もっとちゃんとしたインカメを撮るためにとにかく数をこなしますし、

もっと読んでいる方に伝わるように表現力を磨きたいと思います!!!

 

いきなり、インカメ(自撮り)の写真が増えて、キモイって言われるかもしれません(笑)。

でも、しばらくのあいだ、あたたかく見守ってくださるとうれしいです。

 

・・・・・・・ってことで、今日も一日、おつかれさまでございました〜。

 

ではでは、ここまでの長文ブログを読んでくださって、ありがとうございましたっ。

まだまだ「富士山ビューポイントツアー」の続きは、明日以降に書きますね!!!

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM