皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

箱根からの帰り道、ふらっと立ち寄りやすい喫茶店があります。「茶房はな」さん。このブログでも何度かご紹介したことがありました。

 

●茶房はなさんで、脳トレ(本があった)に挑戦する私たち

http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=1120

 

●茶房はなさんでハム野菜サンドのおいしさに開眼したときの記事

http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=1126

 

●茶房はなさんで初めてカウンターに座った記事

http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=1229

 

ハム野菜サンドを頼んだ時は、味もそうだけど、ちょっとやそっとじゃマネできない端正な見た目にも感激しました。

 

写真 2019-04-07 16 09 29_R.jpg

 

そして今回は頼んでみたのは、特製牛たたきサンド。それは.....こちらです!

 

写真 2020-03-18 17 23 07_R.jpg

サイズ感やカットの仕方はハム野菜サンドと基本的に同じように見えました。ひとつひとつが片手でつまめるちょうど良いサイズ感。

 

写真 2020-03-18 17 25 16_R.jpg

味も良かった。なんといってもタマネギのシャキシャキ感がたまりません。味そのものも大事ですが、特にお野菜は食感も大切なんだぁ、と、こういうときにしみじみと感じます。

 

 

写真 2020-03-18 17 19 08_R.jpg

珈琲は「はなブレンド」を頼みました。

 

「お好きなカップを選んでください」とマスターが言ってくださったのでこちらを。

 

......で、過去記事を見たら、同じカップを選んでた(笑)。人間って、好みの傾向はそんなに変わらないんですね。

 

この日は晩ご飯の支度をしなきゃいけなかったので、サッと帰りましたが、短い時間だったのに心の充足感がハンパなかった!そういう時間が持てると嬉しくなるし、「らっきーーーー♡」と思っちゃいます。

 

また、フラッと立ち寄ろう〜っと。

 

ごちそうさまでした!

 

お店が始まったのは昭和50年だそうです。

事業を起こすのはカンタンだけど、

事業を継続するのは難しい。

 

その中で、45年も....すごいなぁ。

きっと山あり、谷ありだったでしょうね。

 

P1160094_R.JPGP1160095_R.JPG

(国道414号線から見た景色)

 

先日、御殿場から下田まで車を走らせたときのこと。

帰り道に、湯ヶ島の喫茶店で休息しました。

 

P1160097_R.JPG

(国道414号線沿いにあった無人の直売所)

 

国道414号線をひた走る。

ここをひとりで運転するのは初めてで、

箱根の通いなれた道よりも苦労しました〜。

ただ単に慣れてないから、

ってのもあるかもしれませんが、

走りや向けの道だと、つくづく思いました。

 

写真 2020-03-11 15 12 33_R.jpg

(ここは有人っぽい販売所なんだけど、無人でした〜)

 

カーブが多い、急に細くなる、

対向車とすれ違うのもままならない、

謎に水がどこからともなく湧き出ていて

路面がめっちゃ濡れてる、

などなど、驚きと困難の連続。

 

慣れちゃえばなんてことないのかな?

 

写真 2020-03-11 15 38 11_R.jpg

(湯ヶ島の喫茶店「あまぎ」)

 

車の運転技術を磨くなら、

伊豆の道路はなかなかに良いかもしれません!!

 

P1160098_R.JPG

(レモンスカッシュ)

 

浄蓮の滝のある湯ヶ島でひとやすみです。

ここまで戻って来るのに、下田からちょうど1時間。

御殿場まで、あと1時間。

休むにはちょうどよい中間地点です。

 

P1160099_R.JPG

 

遠いよねぇ。

下田はやっぱり遠いよねぇ。

今回、自分で運転してみて

身に染みた.....

 

でも、また行くけどね!

 

「あまぎ」の喫茶店では、

メニューにオムライスとナポリタンがありました。

 

思わずニヤリとしました。

いいですねーー。

オムライスとナポリタン。

 

P1160100_R.JPG

 

ちょっと悩んだ結果。。。。。。

今回はオムライスにしました!

 

昨今の半熟状の玉子をライスにのせて、割って、とろふわを広げる、、、、

みたいな動画向けのオムライスではなくて、

きちんとライスがぐるぐると玉子で巻かれている、

昔ながらのオムライスでした。

 

はぁ〜〜〜、ケチャップの味に

ホッとさせられる味です。

懐かしくもある。

おすすめのお店です。

 

オーナーさん(すごく上品な女性マダム)がたくさん話してくださって

私はめずらしく聞き手にまわってました。

と〜っても楽しかったぁ。

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

出かける機会がとんと減ったため、

スマホのカメラロールを見ながら

過去の写真を眺めています。

 

その中で見つけた写真で

「おっ!」と思ったのが

山北町(神奈川県)の「古民家カフェ恭月」さん。

 

今日はこちらのお店の紹介です!

 

あのときは、まだクリスマスシーズンだったかな。

ここのパンケーキがおいしいよ、

と聞いて初めて訪問してから

1か月も経たないうちにリピート。

ほんとうにおいしかったんですよねぇ。

 

二度目の訪問では

あたらしいメニューにも

挑戦しましたよ〜!

 

まずは紅茶から......。

 

写真 2019-12-15 15 36 56_R.jpg

このように南部鉄器にたっぷりと入って

サーブされます。

 

写真 2019-12-15 15 35 10_R.jpg

写真 2019-12-15 15 37 25_R.jpg

あっつあつのグラタン。

 

写真 2019-12-15 15 53 55_R.jpg

前回食べてみて絶品だったフレッシュサラダというパンケーキ。

お食事系のパンケーキの中では

今のところ、これが一番好きです!

 

ポテトサラダがくるりと巻かれて出てくるのですが、

このポテサラが絶品の理由のような気がしてます。

 

 

写真 2019-12-15 15 54 43_R.jpg写真 2019-12-15 15 54 50_R.jpg

シーフードのパンケーキも

おいしかったなぁ。

盛り付けもかわいいです。

 

写真 2019-12-15 16 14 16_R.jpg

デザート系のパンケーキはシナモンを選びました。

うすくて、軽やかに頂けますよ。

 

まぁーー、ここまで5種類のパンケーキを注文。

どれもハズレがないところを見ると、

他の何を食べても美味なお店なんだろうな。

 

世の中が落ち着いたら、

ぜひ行かれてみてくださいね!

 

 

 

写真 2019-12-15 16 42 53_R.jpg

 

笑い文字のポストカードがありました。

 

恭月さんに流れている

のーーーーんびりとした雰囲気も

こちらのお店の魅力です。

 

写真 2019-12-15 16 43 16_R.jpg

古民家カフェというだけあって、

このように扉は格子。

築100年経つ古民家をリノベーションしたんだそうです。

 

写真 2019-12-15 16 43 41_R.jpg

 

ハリネズミの頭には

サンタクロースに見立てられたのか、

帽子がかぶせられていました。

 

そう、訪問した時は

まだクリスマスシーズンだったなぁ。

 

・・・・・って、ずいぶん前のことですね。

でも、素敵なお店なので載せておきたいなぁ〜と思いました。

 

場所は山北町。

国道246号線からそう遠くないところにお店があります。

世の中が落ち着いてきたら

ぜひお出かけしてみてくださいね。

 

早く、落ち着いてほしいなぁ〜。

 

 

 

人がいなさそうな場所に

公共交通機関を使わずに行くとしたら......

 

「山や湖に行く」

「車を使う」

 

・・・って結論が出て、

山中湖(山梨県)までドライブしました。

 

そのときに立ち寄ったご飯どころです。

 

「カフェなのにラーメン!?」

 

めずらしいーーー!

 

写真 2020-03-01 14 32 37_R.jpg

山中湖の湖畔から近いReel Cafe(リールカフェ)さんです。

 

P1160056_R.JPG

 

めっちゃ広いわけじゃないけど、

開放感を感じたのは

この天井の高さのおかげでした。

 

P1160057_R.JPG

 

しかし、人がいないんだよね.....

リールカフェさんも、

普段のピーク時は2時間待ちだそうですが

この日は20分も待たずにすんなりと入れました。

うれしいような、さびしいような....

 

P1160061_R.JPG

塩ラーメンと.......

 

P1160065_R.JPGP1160066_R.JPG

主人はつけ麺を。

 

塩ラーメンのスープの透きとおっていて

「美しい」とすら思いました。

 

こだわり方がハンパなくて、

 

「5種類の塩、熟成白醤油、甲州白ワイン(!!!)をブレンドした上で、アゴ・蛤・あさり・鶏節等でとった出汁を合わせた塩たれを使っており、さらにはポルチーニオリーブオイルで仕上げている」

 

とのこと。

 

手間暇をかけて丁寧につくられていますね。

 

P1160062_R.JPGP1160063_R.JPG

ミニサイズのアジアン肉味噌ごはん。

パクチーを久しぶりに食べました♪

 

写真 2020-03-01 14 31 08_R.jpg

目印はこちらの看板。

この写真の左側には山中湖が広がっています

 

世の中が落ち着いてきたら

ぜひお出かけしてみて下さいね。

 

ここは密かにケーキがおいしいとの情報ももらいました。

落ち着いたら、私も再訪してみたいお店です♪

飲食のプロの方、複数人からおすすめされた「irodori(イロドリ)」という古民家カフェ。

 

函南にあるよ〜って聞いていたので

遠いのかな、と思っていましたが、

函南はもっと熱海寄りだと

勝手に思っていました。

 

が、

 

意外と近いじゃん、行ってみよう、

ってことになり、GO!!!

 

P1150855_R.JPG

立派な門構え。

 

敷地内へのアプローチは二か所。こちらの黒い板でつくられた「玄関」みたいなところと........

 

P1150800_R.JPG

 

サボテンがあるところ。

 

こちら(サボテン側)に車を停め、アプローチを歩きます。

 

P1150803_R.JPG

P1150805_R.JPG

玄関は同じ場所。ここが店舗の入り口です。

 

写真 2020-01-28 13 48 22_R.jpg

ようこそ。irodori(いろどり)へ。って言っているかのような佇まい。

 

P1150807_R.JPG

 

店内は混みあっていましたが、玄関入って右側のスペースはたまたま私たち夫婦だけでした。

 

P1150813_R.JPG

 

こんなお席もあります。5人とか6人で来れたら良いですねぇ。

 

P1150833_R.JPG

P1150821_R.JPG

 

サラダ、ピクルスが添えられたクロックムッシュ。サラダから先に食べて、さらっとした味わいのクロックムッシュを味わいました。

 

P1150815_R.JPG

 

ほら。ほっこり。

 

 

 

P1150840_R.JPGP1150854_R.JPGP1150850_R.JPG

 

せっかくなので、名物というアップルパイも食べていきました。シナモンの香り高く、すごく好きだなぁ。冬にシナモンの香りをかぐと落ち着くーーー!

 

不思議ですね。ヴァンショー、アップルパイ、リンゴじゃむ。。。。シナモンの香りって、湯気のむこうがわのイメージが湧きますねぇ。

 

P1150848_R.JPG

 

カフェののんびりした雰囲気や静けさが好き。ひとりで来れば本を持ち込んだり、SNSの投稿する文章を考えたり。ゆったりした気持ちになれる場所です。

 

主人は動き回りたい性分なので、こういう場所は得意ではないのかもしれませんが、なんだかんだといつも付き合ってもらっちゃいます。行けば行ったで、おいしいコーヒーと食べ物を喜んでいる気はする。ふぅ、っとあったかいため息なんぞついてますからねぇ(笑)。

 

また、伊豆のこの辺りを車で走ることがあれば立ち寄りたいです。

 

皆様、こんにちは♪静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

御殿場市にお住まいの方ならみんな知っている!というくらい、ファンの多い「Endroit Palais(アンドロワ・パレ)」さん。普段、森の腰商店街にあるお店で買い求めているのですが、先日、インター店に初めておじゃました。

 

写真 2020-01-26 11 40 27_R.jpg

(雪降る日)

 

いやぁ、便利!国道138号線沿いに大きくお店を構えておられるし、広々としているし、駐車場も停めやすいし♪やっぱり、幹線道路沿いって、こういうところが良いですよね!

 

そして・・・・

 

写真 2020-01-26 11 40 42_R.jpg

屋内だけじゃなく、屋外にもカフェスペースがあります♪もう少し暖かくなったら、屋外でのんびりと過ごしたいなぁ。道路に面してないから過ごし易そうです。

 

 

写真 2020-01-26 11 43 24_R.jpg写真 2020-01-26 11 43 29_R.jpg

オープンディスプレイされたアップルパイに、ぐぬぬぬ.......。これは抵抗できません。

 

りんご1個分くらいは入っているのかしら。かなりたっぷりめ。昔ながらのアップルパイは長方形ですが、アンドロワ・パレさんのアップルパイは円形。生地はさっくさく。

 

大きくておいしくて。これで350円はお買い得ですね!

 

写真 2020-01-26 11 46 41_R.jpg

こちらのシックな雰囲気の傘立て。目を引きます。

 

〇〇君が作ったんだよ。

 

・・・と主人の弁。

商工会でおなじみの方のお名前が飛び出しました。

 

アンドロワ・パレさんのロゴを模して、黒色でかっこいい傘立て。

お店の雰囲気と合致していますね♪

 

写真 2020-01-26 11 46 53_R.jpg

 

「また来よう!」と心に決めてこの日はお土産と自分たち用のアップルパイを買い込みました。

 

さらに翌週、さっそくマカロンを買いに来てしまいました(ダイエットは???)

 

写真 2020-02-05 15 09 59_R.jpg

 

春がまちどおしいなぁ〜。

 

 

通りすがりに気づきました。

 

「あっ!!」

 

って。

 

伊豆半島の真ん中を走る国道414号線を走っているときのこと、浄蓮の滝(じょうれんのたき)よりも、ほんの少し、200メートルほど沼津寄りかな。

 

車の助手席からあっという間に通り過ぎるあいだにいくつもある暖色の照明が目に残りました

 

P1150709_R.JPG

P1150712_R.JPG

(「あっ!」と思ったときの光景)

 

スマホを取り出してGoogle Mapを見てみたらばカフェでした。

 

このときは伊豆稲取の旅館へ急いでいたので、車を停めるわけにはいかず......

 

スマホでお店の名前だけ確認しました。

 

P1150706_R.JPG

pikiniki(ピキニキ)

 

マオリ族の言葉で「ピクニック」という意味だそうです。

 

お店の駐車場の向こうがわに小高い丘がありました。「Picnic Ground」と書かれた木の看板がありました。その右下には

 

「店内にてご注文後ご入場ください」

 

と。

 

P1150708_R.JPG

 

春になったら、

サンドイッチとコーヒーを注文して

屋外で食べてみたいなぁ。

 

・・・・なんて思いながら入店。

 

まず、目に飛び込んできたのが

丸太が断面を見せながら積み上げられた光景と

音楽が心地よいな〜ってことでした!

 

P1150716_R.JPG

 

この丸太の右隣がレジ。

ここで先に注文をしてから座りました。

 

窓際の席。

細い針金で形どられたミニチュアの家が。

 

P1150715_R.JPG

 

ランチにサンドイッチ(主人とシェア)、コーヒー、そしてブラウニー(主人がひと口だけ食べる)を。

 

サンドイッチはバスケットに入ってサーブされました。ホントにこのまま戸外に出かけられますね。(この日は降雪の翌日だったから無理だったけど)

 

P1150723_R.JPG

P1150722_R.JPG

 

お店の方とちょっとお話。

 

雪ですねぇ。

昨日、天城は積もっていました。

わたしたち、御殿場から来ました。

御殿場の雪はもっとすごいでしょう。

 

静岡県内、どこに行っても

「御殿場=降雪」のイメージが強いですね。

ま、そのとおりなんだけどね!

 

サンドイッチの生地は選べます。

なんと、お店で自家製なんですって。

 

P1150725_R.JPG

P1150733_R.JPG

 

パン生地を自家製でやっていくって大変だろうけど、そのぶん、店主さんご夫妻の気持ちがはいったカフェだなぁって感じました。

 

P1150736_R.JPG

P1150739_R.JPG

 

コーヒーの香り、シナモンの香りに癒されました〜。(※シナモンは選べます。お店の方が聞いてくれるので、苦手な方は申し出ればOKですよ)

 

P1150742_R.JPG

 

ブラウニーも、濃い味で、こっくり、しっとり。もーーー、なにも言うことございません!このブラウニーはほんとに好みすぎて、

また食べたいなぁ。

 

P1150711_R.JPG

 

春になったら、

また絶対に来よう。

そのころには屋外で食べよう(希望)

 

気になる方は、インスタで「ピキニキ」って調べてみて下さいね。

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

先日、沼津の仲見世商店街&仲見世新商店街へ行ってみました。ここを歩くのはとっても久しぶり!しばらく来ないうちにテナントが変わっていましたね。

 

商店街の入り口(イーラdeのタリーズの向かい側)の角っこにあったABCマートや花屋さんは無くなっていました。そのお隣の家系ラーメンは行列ができる人気っぷり。

 

写真 2019-12-08 14 36 16_R.jpg

仲見世商店街の中はクリスマスの飾りが!

 

ぷらぷらと歩いていると、「鶴亀ビル」というなんとも縁起の良い名前のビルがありました。強烈な「入っておいでオーラ」が出ている場所があって、それが「ねこと白鳥」という喫茶店です。

 

写真 2019-12-08 14 53 16_R.jpg

以前、ここに「純喫茶白鳥」というお店があったそうで、そのお店を改装して「ねこと白鳥」として営業されているようです。

 

この黒板の後ろにある扉を開けて入ってみると.....

 

写真 2019-12-08 14 53 05_R.jpg

この光景。

 

さらに、写真の中央部分の階段を降りていきます。

 

右も、左も、前も、上も鏡に囲まれた不思議レトロな空間。階段を降りいる間、昭和だな〜、こういう空間は昔よくあったな〜と懐かしく思いました。

 

写真 2019-12-08 14 57 39_R.jpg

(ここは、かつて噴水だった場所)

 

まず、入ってみて驚いたのがこの噴水!今は探そうと思ってもなかなか見つけることができませんよね。噴水の周りにはカウンターがあって、寒色系のタイルがとっても美しいんです。

 

写真 2019-12-08 14 57 49_R.jpg

このランプも純喫茶時代からあったんだろうなぁ。最近のカフェではあまり見かけなくなりましたもんね。

 

しかしこのお店、とにかく広いのです。80坪?90坪?いや、もしかしたら100坪くらいあるかも!今まで、こぢんまりとした純喫茶に行くことがおおかったので、この広さは珍しいと感じました。

 

写真 2019-12-08 14 58 09_R.jpg

ビリヤード台もあります。アオシマはビリヤードは見る専門ですけどね(笑)。

 

「ビリヤードって脚が長い人がやるとサマになるよね」ってのたもうた友人がおりました。う〜ん、そういう一面もあるかも。あと、競技ごとはなんでもそうだけど上手な人もサマになりますね。

 

映画でも、エリザベス・ハーレーが悪魔役に扮して真っ赤なドレスを着てビリヤードをして、一突きで全ての球が四隅に吸い込まれていくんですよ(笑)。衣裳もカッコいいけど、プレイする姿もかっこ良かったなぁ。あの映画、なんていうタイトルだったけな?

 

さて。お昼ごはんを家でしっかりと食べてから出てきたのですが、サンドイッチ1つをシェアしよっか、と相成りまして、こちらの「たっぷりダブルたまごサンド」を頼みました。

 

写真 2019-12-08 15 13 28_R.jpg

メニュー表に「名物」という謳い文句があり、初訪問だったのでそれにも惹かれましたが、もっと引かれた文言がありました。

 

それは、「関東風にサラダを挟むのか、関西風に厚焼きを挟むのか、悩んだのでどちらもサンドしちゃいました!」という趣旨の文言。なるほどねーーー、地理的にも関東と関西にはさまれてますから、こんなフ―ドが登場するのも自然ですね。

 

写真 2019-12-08 15 13 58_R.jpg

 

とにかく純喫茶が好き。でも、どんどんそんなお店が減ってきている。。。しかし、こうやって新たな形でよみがえって、こういう玉子サンドみたいな食文化を生み出していて、おもしろいなーー。

 

他には「とろーりチーズinハンバーグサンド」や「喫茶の定番ピザトースト」なんかもありました。読書にも適しているので、次回は本を持ち込んでゆっくり過ごしたいと思います!

 

・・・・で、この日の本来のお目当ては実はこちらでした(↓)。

 

写真 2019-12-08 14 32 12_R.jpg

仲見世新商店街にある「昭和レインボー」さんでした。

 

今日は「不定休」の不運にかかってしまい、お店におじゃますることはできなかったのですが、また来たい!昭和レトロ好きとしてはぜひとも一度行ってみたいお店なのです。

 

写真 2019-12-08 14 33 04_R.jpg

しかし、あれだよね。お店は閉まっていても、十分にお店から昭和レトロ感が出ているのがすごいところ!って思いました。このオロナミンCの看板なんて、高度経済成長期のものかな?

 

写真 2019-12-08 16 59 47_R.jpg

 

沼津では美しい夕焼けに遭遇しました。御殿場では富士山の左側に太陽が落ちて地平線ぎりぎりに沈む様子を見ることができませんが(富士岡とかだとみられるのかな〜?)、沼津のように標高が低い地域だと夕焼け色も濃くなります♪なんだか新鮮だなぁ。

 

新しい良さげなお店に出会えた日は嬉しいですね。もし純喫茶好きな方がいらっしゃいましたら、ぜひ「ねこと白鳥」さんに行かれてみて下さいね。今のところ、喫茶は週末だけです。

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

意外とひとっとびで行けちゃいました。近いんですね、山北町。

 

御殿場で高根どんたく(お祭)に行ってみたあと、思いつきで「そうだ、おいしいと言っていたパンケーキ屋さんに行ってみよう」と急きょ、車を走らせてみました〜。

 

「車を走らせてみた」って言っても何のその。アオシマがお勤めする会社の沼津店ほうが遠いよね!なんと、車で20分ちょっとで、もう、神奈川県山北町のパンケーキ屋さんに着きました。

 

写真 2019-10-27 14 09 51_R.jpg

(築100年の家屋をリノベした古民家カフェでした♡)

 

ふわーーーーー、近いわ。近いわ。

 

・・・・とGoogleマップを調べて見ると、17キロだった〜〜!

 

写真 2019-10-27 14 08 41_R.jpg

(246号線を右折すると右手にこんな光景が見えてきます)

 

御殿場(もしくは小山町)から行かれる方は、国道246号線を東京方面へ走ってください。信号→めっちゃ短いトンネル→信号(ここが「樋口橋」という交差点)を右折すると、およそ200~300メートルほどのところにありました。

 

写真 2019-10-27 14 11 23_R.jpg

 

行ってみると、一軒家をリノベーションしたとっても雰囲気の良いお店。靴を脱いで上がるというスタイルなので、なおのこと、人様のおうちにおじゃまするような、ほっとする感覚を得られました。

 

写真 2019-10-27 15 04 31_R.jpg

 

おそうじが行き届いたお部屋。ぴかぴかしたテーブルと椅子はレトロなデザイン。壁のところどころに、お花にまつわる絵と言葉が書かれてあり、目が吸い寄せられましたよ。

 

写真 2019-10-28 13 35 58 (1)_R.jpg

 

メニューをザっと見てみますと・・・・・

 

パンケーキはお食事系(8種類ほど)とスイーツ系(10種類ほど)ありました。

あと、「格安!」と思ったのが前菜の盛合わせ。パンケーキを頼んだ人は「+200円」とあったのです。いいじゃん、いいじゃん、頼もうよ、ってことで頂くことに。

 

写真 2019-10-27 14 30 16_R.jpg

完成度高し!

 

特に左下のサラダがおいしい。右側のお味噌もおいしかったです。

 

 

 

主人は「フレッシュサラダ」を、私は「クリームチーズ」を頂きました。「クリームチーズ」にしたのは「レモンバター」の文字に魅かれて♡。うぅ〜〜、良い響きじゃないですかぁ、「レモンバター」。普段の生活のなかで、心に余裕がないと「レモンバター」は食べませんからね。こういうときにね、頼まなくっちゃね。

 

一緒に飲み物も頼みました。コーヒー一択の我々も、パンケーキとあらばここは紅茶でいこう、と気が合って二人とも紅茶を頼みました。

 

写真 2019-10-27 14 32 27_R.jpg

 

さきに紅茶が来たのだけれど、なんと、鉄瓶に入ってくるんですよね。たっぷりとした量がいただけるのも嬉しいのですが、ずっとあったかいのも嬉しかったぁ〜。

 

お店の方の「ゆっくりと過ごしていただきたいから」という思いが込められているそうです。

 

さてさて。もう、この時点でだいぶテンションはたっぷりと上がっていますが、それを差し引いて思い出してみても、ここのパンケーキには感動がありました。

 

写真 2019-10-27 14 44 07_R.jpg

写真 2019-10-27 14 45 24_R.jpg

 

まずは「フレッシュサラダ」のパンケーキ。マッシュ状になっているサラダ部分が単品で食べてもこれはおいしかろう、というお味。

 

特筆すべきは生地です。

 

昨今はやりの「ふわふわのパンケーキ」(たとえばホテルニューオータニ東京のSATSUKIのパンケーキ)でもなく、昔ながらの薄くてシンプルなパンケーキ(たとえば帝国ホテルのパンケーキ)でもなく、恭月のパンケーキは独自路線なところに感動がありました。

 

「今まで食べたことない!」っていう。見た目は昔ながらのパンケーキ、食べて見るともっちりしているけど軽やかな食べごこちなのです。あえて例えるなら・・・・・・、京都で毎日のように仕事場の人と通っていたカフェがあって、そこの食事についてきていたパンケーキに似ているかなぁ〜?

 

写真 2019-10-27 14 44 27_R.jpg

写真 2019-10-27 14 47 50_R.jpg

 

「レモンバター」の文言にひかれて頼んだ「クリームチーズ」のパンケーキ。お食事系のパンケーキの中では、比較的かろやかに頂けます。幸せしか感じない・・・・♡

 

いずれにせよ、車をとばして30分足らずの場所で、こんなにおいしいパンケーキを食べられる場所があったなんて嬉しさの極みでございます。

 

・・・というわけで、「こんなにおいしいんだったら、お食事系だけじゃなくてスイーツ系のパンケーキも試してみなくっちゃね」とアーモンドチョコを主人とシェアしました。

 

写真 2019-10-27 15 06 31_R.jpg

 

うーーん、美味!アオシマはチョコレートがとにかく好きなので、これまた幸せの極みでございます。薄いパンケーキなのでどんどん食べられちゃいます。

 

写真 2019-10-28 13 35 58 (2)_R.jpg写真 2019-10-28 13 35 58_R.jpg

 

公式サイトやInstagram(インスタグラム)を拝見すると、店舗名の「恭月」はオーナーさんのおじい様の雅号からとったもの。そして、パンケーキの味は、今はなき鎌倉の「HIGE」というパンケーキ屋さんの味を受け継いでいるのだそうです。

 

また、近いうちに行かなくっちゃぁ〜!

 

明日、行くか(笑)。

 

 

皆様こんにちは♪静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

寒いですね〜〜〜。急にきた寒さに、体調を崩す人が続出です。皆様はだいじょうぶですか?台風19号の襲来で緊張した体をほぐすまえに寒さがやって来ちゃいましたね....。あたたかくして過ごしましょうね。

 

お休みの日でもなんとなく事務所に顔を店に行くのが習慣になっています。事務所の裏扉から顔をだけ差し入れて「こんにちは」とか言うだけで立ち去るので、文字通り「顔を見せる」だけですがwww

 

写真 2019-10-16 13 44 56_R.jpg

(スマホから「ドラえもん募金」をしてみました。その手軽さにびっくり!早く台風19号が収まりますように....)

 

ときどきちょっとしたおしゃべりもします。「どこに行くんですか?」を聞かれたときは、うれしくて自分の立てた計画を揚々と発表(笑)。

 

「ウェルシアに行って、カインズ(御殿場で(たぶん)一番人気のホームセンター)に行って、ユニクロに行って、最後にアオキで食材を買ってきます。ん〜、つまらないコースかも.....」って言うと、

 

「休みの日の私も同じです」と2人に言われました(笑)。御殿場の30代〜40代の行動パターンを平均化するとこうなのかしら(笑)。

 

日によっては、このコースに100円ショップ、TSUTAYA、図書館、BOOK OFFが加わり、もっと気乗りすれば御殿場プレミアムアウトレットなどが加わります。

 

写真 2019-10-16 14 08 08_R.jpg

ウェルシアで「くじをどうぞ」と言われたので引いてみたらピースが出ました!!!

 

てっきり「当たり」だと思って一瞬だけ色めき立ちましたが(駐車場の車内で.....ひとりで.....)、「負け」って出ていました。よくよく見ると、じゃんけんに勝たないといけないのですね。グー相手じゃ、そりゃピース(チョキ)はあきませんわな。

 

一喜一憂をして、ひとり相撲。うぅぅぅ。次なる目的地へ移動しました。

 

写真 2019-10-16 15 29 16_R.jpg

ひさしぶりに「茶房はな」さんへ。

 

駐車場のお花がキレイに(写真に収めたお花以外も咲いていた)咲いていました。

 

今日はひときわお客さんが多くて、ひとりで訪れたこともあってカウンターに座ってみました。ここ、コーヒー豆が目の前でひかれ、お湯を注がれ、カップがあっためられ.....という一連の手さばきを拝見できる席。

 

コーヒーの良い香りでいっぱいなのは、カウンター席ならではかな。

 

写真 2019-10-16 15 41 56_R.jpg

いつもは「はなブレンド」を頼むけど、今日はめっちゃ寒くて気温が11度ということもあってカフェラテが飲みたくなりました。

 

繰り返されるコーヒーを一杯ずつそそぐマスターの手さばきを飽きもせずに眺めているうちに、カウンター席がお客様で満席に。頃合いを見計らって席を立ちました。

 

一気に満席になったので、なかなか頃合いが測れなかったけど(笑)。

 

常連さんの多い良いお店です。

 

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

台風が過ぎ去った翌日は、前日の暴風雨が不思議に思えてくるほどのまっ青な色の空が広がった御殿場です。

 

写真 2019-10-13 5 47 27_R.jpg

(早朝には赤富士がお出まし)

 

朝、窓の外を見ると富士山が朝日に美しく染まっていました。赤富士を動画で撮ってTwitter(ツイッター)に載せました!静止画じゃなくて、動画でご覧になりたい方は良かったどうぞ〜。

↓↓↓

 

 

このあと、ぐんぐん気温が上がってちょっと動くと暑かったくらい。太陽も燦燦と照ってくれたおかげで、湿気といつも戦っている革靴と外に干しました。

 

写真 2019-10-13 12 59 03_R.jpg

午後は裾野市へお出かけ。こちらへ来るためです。

 

「ちっちゃな大佛しるこや」。もともと、御殿場市の長尾峠にあった「しるこや」さんと同じオーナーさんです。

 

オーナーさん自らほぼ毎日更新しているブログはこちら→→→https://ameblo.jp/fujisangamieru-shirukoya/

シンプルな文章なのに、お人柄でしょうねぇ、読むとほっこりした気持ちになるブログ。おすすめです!

 

写真 2019-10-13 12 58 31_R.jpg

「ちっちゃな大佛しるこや」さんの駐車場はJR御殿場線の線路沿いにあります。ススキと青空がきれいだったなぁ〜。

 

車を降りると「しるこや」の小さな看板が目に入ってきます。ここからお店までは、大仏様のいらっしゃるところまで登っていきます。写真のような道案内の看板があるので、迷いません!

写真 2019-10-13 12 59 41_R.jpg

「しるこや →」の看板。ナイス、道案内!

 

まず右へあがっていくと.....

 

写真 2019-10-13 13 00 20_R.jpg写真 2019-10-13 13 00 30_R.jpg

すぐに今度は左へ折れます。

 

写真 2019-10-13 13 00 35_R.jpg

この細い道を登ってゆくと.......

 

写真 2019-10-13 13 00 57_R.jpg写真 2019-10-13 13 01 42_R.jpg

写真 2019-10-13 14 47 16_R.jpg

すぐに大仏様が見えてきます。「ちっちゃな大佛しるこや」さんは、こちら大仏様の向こう側にありますよ。

 

写真 2019-10-13 13 01 59_R.jpg

写真 2019-10-13 14 37 03_R.jpg

写真 2019-10-13 13 12 26_R.jpg

お店は、ほんとうにこぢんまりとして女性のオーナーさんがおひとりで切り盛りされています。

 

写真 2019-10-13 13 19 36_R.jpg

今日は冷たいおしるこを選びました。

 

写真 2019-10-13 13 20 59_R.jpg

あんこが得意でない主人は、シフォンケーキを。

 

ただし、添えられたあんこは「おいしい」と食べていました。甘さが控えめでさっぱりといただけるあんこ。京都の今西軒(←食べた回数は少ないのにほぼ正確に味覚を脳内再生できるほどおいしかった)のあんこの味と似ていました。

 

余分なものは一切混じっていない、ほんとうにおいしいあんこです。あんこ嫌いの方でも、ここのあんこは召し上がれるかも!!!

 

写真 2019-10-13 13 58 32_R.jpg

オーナーさんとおしゃべりがはずみ、居座る(笑)。

 

実はこちらのお店は、御殿場市内の料理人さんから教えてもらったお店です。初めて「ちっちゃな大佛しるこや」さんに伺ったのは去年の10月でした。

 

写真 2018-10-21 13 32 36_R.jpg写真 2018-10-21 13 39 22_R.jpg

(2018年10月21日)

 

去年の初訪問のときは、もう富士山が雪をかぶっていました。

 

P1100009_R.JPGP1100017_R.JPGP1100012_R.JPG

(2018年10月21日訪問時)

 

このときは、もう寒かったのでしょうかね。こんがりと焼き目のついた焼き餅が入ったあったかいおしるこを頂きました。焼餅から香るこおばしい香りも良いのですよーーー♡

 

一緒に行った主人は.......

 

P1100022_R.JPG

今はもう無きメニュー。トーストサンドを食べています。

 

ひゃーーー、あれからもう一年も経つのか。早いな(笑)。

 

写真 2019-10-13 14 36 45_R.jpg

こちらは昨日の大仏様の様子。一年前にはなかったベンチが設置されています。こちらでもおしるこを食べられるようです。屋根もあって雨風をしのげます。

 

写真 2019-10-13 14 37 58_R.jpg

一年前と同じような真っ青な空。違うのは、富士山がまだ冠雪(=雪をかぶること)していないことかなぁ。

 

写真 2019-10-13 14 49 35_R.jpg写真 2019-10-13 14 50 00_R.jpg

今日は「大佛しるこや」さんの麓(ふもと)にあるお寺さんに参拝してみました。「西安寺」さんというお寺さん。写真には写っていないけど、入って左手にズラリと石仏が並んでいました。

 

富士山が何にもさえぎられずに見える絶景の場所で、おいしいおしるこを食べながらのんびりと過ごす.....ぜいたく〜〜〜〜!!!裾野市へ行った際にはぜひ行ってみて下さいね。

 

ちっちゃな大佛しるこや

https://ameblo.jp/fujisangamieru-shirukoya/

住所:静岡県裾野市深良1939西安寺

定休日:火曜・水曜日

 

ものすごく久しぶりにコメダ珈琲店に来てみました。

 

大好きなお店、そして昔からある網焼きされたチキンサンド。

 

写真 2019-08-21 14 05 46_R.jpg写真 2019-08-21 14 05 54_R.jpg

 

何十回も食べているからわかるけど、今回はめっちゃぺったんこでした〜(笑)。

 

なんでやろ?たまたまなのか、それともマニュアルが変わったのかな?

それを確認するために、次回、もう一度頼んでみるか......!?

 

そういえば・・・・・

 

写真 2019-08-21 14 03 00_R.jpg

 

マニュアルで思い出しましたが、

スタバで長らく(7年くらい)バイトしていた友人から教えてもらいましたが、

スタバは外資系の会社だけあってマニュアルの統制がめっちゃ細やかで、

同じドリンクであっても毎週のようにマニュアルが変わることがあったそうです。

「何回プッシュする」とかって決まっているらしい。

 

すごいですね。

 

キャッチアップするのは大変だろうけど、

その細やかマニュアルのマイナーチェンジがあるからこそ

味の統制も取れているんでしょうね。

 

話戻って、大好きなコメダ珈琲店。

また再訪してみます♪

 

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

ゴールデンウィーク期間中は浜松に滞在して仕事をしていました。滞在中は現地で2日間ほどお休みをもらえました。「京都に行こうかな〜」と一瞬思いましたが(近いからねぇ)、いやいや、ここは地元をぐるぐる散歩しようと浜松駅南側を探索しましたー。

 

写真 2019-05-01 14 40 12 (2)_R.jpg

散策中に見つけた丸い屋根を有したユニークな建物。これは、あだち珈琲店さん(あだち酒店も併設)です。滞在中、2回も通ったお気に入りの珈琲店。シンプルに、珈琲がおいしい。

 

写真 2019-05-01 14 50 36_R.jpg

右側のガラス張りの向こう側は酒店(もともとの家業かな?)です。そして・・・・

 

写真 2019-05-01 14 50 42_R.jpg

珈琲店につながる通路です。

 

写真 2019-05-01 14 50 50_R.jpg

京都を思い出しました。

 

写真 2019-05-01 14 40 12 (3)_R.jpg

この日食べたのはだし巻き玉子サンド。

 

写真 2019-05-01 14 40 12_R.jpg

珈琲と本。

 

・・・・・って、喫茶店では周りの音が気になって読書に集中できないタイプですが、この日はたまたまお客さんが私だけだったので本なんぞ取り出してみましたw

 

珈琲は「あだちブレンド」です。この日は2杯飲みましたよ〜。そのくらい、苦みも酸味も度が強すぎずおいしく頂けました。2杯目を頼むときに「あだちブレンド」を間違えて「あだちコーヒー」って言ってしまいました(笑)。いや、店名になっとるやん、って思われたかもしれませんが、ちゃんと察して下さったのが、「あだちブレンド」が来ましたw

 

写真 2019-05-04 10 26 46_R.jpg

あまりにも珈琲がおいしかったので、2回目は珈琲好きな主人と一緒に行きました。くしくも浜松まつりの初日。オーナーさん(なのかな?)の男性もお祭の法被を着ていました。

 

写真 2019-05-04 10 32 05_R.jpg

この日は通常メニューがなくて、ゴールデンウィーク期間中の限定メニュー。だし巻玉子サンドを食べるつもりだったのですが、これはこれで、あだち珈琲店のレアな食事メニューかな、ってことで頼んでみたよ!

 

量も適量で、こぢんまりとおいし〜〜〜く頂けました。

 

写真 2019-05-04 10 58 38_R.jpg

マンガ、雑誌、小説などたくさんの本がズラリと並んでいる本棚がステキ!

 

写真 2019-05-04 10 40 11_R.jpg

『地域を変えるデザイン』と、それに登場する山崎亮さんがお書きになった本をパラパラと。

 

あだち珈琲店さんが建っているあたり一帯が、まさに「地域を変えるデザイン」の建物が一般住宅を含めて多かったので興味が湧きました。地方都市が豊かになるヒントみたいな本で、途中までしか読めなかったら後日、古本屋さんで求めました〜。

 

ぬくもりのある木が多用された内装、広々とした木のテーブルで、ほっと落ち着いて過ごせる空間でした。駅から歩いて4〜5分くらいかな。ぜひ、行ってみてくださいね〜♪

 

 

あだち珈琲店

住所:静岡県浜松市中区砂山町185‐1

電話:053‐489‐3231

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

GW10連休の最終日、いかがお過ごしでしょうか。昨日、テレビ番組で「10連休、こんなはずじゃなかった。。。」にさわやか御殿場インター店の入店が5時間待ちだった、ということが取り上げられていましたね。最高、8時間半待ちの日もあったんだとか。すごい人気っぷりです。

 

さて!

 

今日は浜松にあるカフェのご紹介です。

 

写真 2019-04-29 12 39 58_R.jpg

Cafe MUKUGE(カフェむくげ)

 

「むくげ」というお花の名前だから、韓国がルーツのカフェなのかな?と思っていたら・・・・・

 

写真 2019-04-29 12 40 20_R.jpg

可愛らしい唐辛子のオーナメントが飾られていたので、やはり韓国がルーツのお店だなぁ、と察しました。ということは、体に優しい料理が出てくるので、期待大です!

 

この日はとっても上品そうなマダムと、くっきりと目の大きな女性の2人で切り盛り。オーダーした食事は・・・

 

写真 2019-04-29 12 52 20_R.jpg

むくげ定食(1000円)

 

サラダ

豚バラカルビ

わかめスープ

大根のお漬物

白ごはん

いちごを使った杏仁豆腐のようなデザート

 

箸をすすめていくだけで、心がゆるゆるとほぐれていくようなお食事ってありますでしょう〜〜〜。あの味わいがします。

 

写真 2019-04-29 12 36 08_R.jpg

(昼のお散歩。路地奥に自ら迷い込んでみる)

 

待っているあいだは、カウンターに立てかけてあった相田みつをさんの本(3冊)を読みました。相田みつをさんの言葉や書はカレンダーで見かけたことはありますが、きちんと本を読んだのはこれが初めてのこと。「いいなぁ〜」と感じた言葉は・・・・・

 

長い人生にはなぁ

どんなに避けようとしても

どうしても通らなければならぬ道というものがあるんだな

そんなときはその道を

黙って歩くことだな

愚痴や弱音を吐かないでな

黙って歩くんだよ

涙なんか見せちゃダメだぜ

そしてなぁ

そのときなんだよ

人間としてのいのちの値が

深くなるのは

 

みつを

 

写真 2019-04-29 12 25 39_R.jpg

(リトル・コリアンタウンな一角)

 

本で出会う言葉は、読んだときの年齢や置かれている環境によって感じ方が違うから、数年経ったら他の言葉が心に響くのかもしれません。

 

写真 2019-04-29 11 59 41_R.jpg

ウィークリーマンションから最も近い神社、鹿島神社。せっかくなので参拝しました。

 

写真 2019-04-29 12 01 23_R.jpg

お参りして出ようとすると、鳥居にこんな文字が刻まれていました。くしくもこの日は平成最後の日。アオシマは上皇陛下が大好きですから、その上皇陛下がお生まれになったことを寿ぐ鳥居をくぐることになるなんて・・・・・。平成という時代が終わることへの寂しい気持ちがますます強くなってしまいました。

 

写真 2019-05-01 14 54 58_R.jpg

ユニークなネーミングの会社「株式会社週休3日」さんを見かけたり・・・・

 

写真 2019-05-01 14 55 26_R.jpg

写真 2019-05-01 14 55 44_R.jpg

写真 2019-05-01 14 55 53_R.jpg

こちら、なんと銀行!「浜松いわた信用金庫」さん。こんな建物を要した銀行さんって初めて見た〜!

 

写真 2019-04-29 12 21 53_R.jpg

このあたり一帯は、急にぱっと雰囲気が変わります。

 

写真 2019-05-01 14 59 33_R.jpg写真 2019-05-01 14 59 43_R.jpg

真っ白い壁にたくさんのお花を少量ずつ植えているお宅を発見。このお宅の前は滞在中に何度も通りました。お花のお手入れが行き届いている様子にほっこりした気分になりましたよ。

 

以上、浜松さんぽ(昼バージョン)とCafe MUKUGE(カフェむくげ)さんでのランチのご紹介でした。お近くの方は行ってみてくださいね。

 

 

Cafe MUKUGE(カフェむくげ)

住所:静岡県浜松市中区上浅田2‐4‐35

電話:053‐401‐4450

皆様こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

二週間連続で行ってしまいました。

 

写真 2019-04-14 16 18 42_R.jpg

茶房はな

https://tabelog.com/shizuoka/A2204/A220402/22009018/

(※公式HPやSNSがないようなので食べログのURLを貼りました〜)

 

ちなみに、先週行ったときの様子はこちらです↓↓↓

http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=1120

 

二週連続で行った理由は二つありまして。一つ目は・・・・・・

 

写真 2019-04-14 16 23 50_R.jpg写真 2019-04-14 16 24 03_R.jpg写真 2019-04-14 16 24 10_R.jpg

軽食を食べてみたかったこと!

 

二つめの理由は・・・・・・・

 

写真 2019-04-14 16 18 30_R.jpg

(タイミングが良ければコーヒーカップを選べるかもしれません。今回は選ばせていただきましたっ!)

 

前回やった”脳トレ”の続きをすること(笑)。

 

今回は、「左右の絵で違うところが5つあるので、探し当てましょう!」という問題を3つやりました。けっこう時間がかかるよねひとつあたり5分くらいかかってびっくり!でも不思議なことに、だんだん慣れてきて、3問目なんて2分くらいで解けました。

 

そう。「脳は、刺激を与え続ければ衰えることがないのです」ってな趣旨のことが書かれてありました!もともと頭はキレるほうじゃないので、これ以上脳が衰えると悲しすぎる・・・・。鍛えれば鍛えるほどリターンがあるっていうのが本当だといいなぁ〜。

 

皆様は、脳を鍛えるために何か工夫されていますか?

 

写真 2019-04-14 16 26 07_R.jpg

そうそう、そして軽食のハム野菜サンド。おいしかったです!見た目以上に満腹感があるので、夫婦で2切れずつ頂きましたよ。

 

具の入った断面がピシッとカットされていて、なんと端正なお姿!見ているだけで気持ちの良いサンドイッチでした。コーヒーは、またもや「はなブレンド」。先週行ったときにこおばしくてとってもおいしかったので、リピートしました。

 

お店の外観は・・・

写真 2019-04-07 16 09 29_R.jpg

このように一軒家です。駐車場に柵などがないため、非常に駐車しやすいし、また出るときも見通しが良くて助かります!お店の奥には暖炉があって(冬は作動するのかなっ!?)、カウンターには横長の一枚ガラスが!ここから富士山が眺められるようになっていて、まさに借景〜〜〜!

 

 

茶房はな

住所:静岡県御殿場市東田中1447-18

電話:0550‐84‐3087

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

都会だなぁ〜〜

浜松は、都会だなぁ〜〜

 

写真 2019-04-13 10 43 37_R.jpg

どどん!と、JR浜松駅前からお届けしております。

 

御殿場市と同じ静岡県とはいえ、街の規模は段違い。駅前にはホテルオークラの入っているアクトシティ(高層ビル)がそびえたっていました。

 

アオシマが働いている会社は、御殿場のみならず浜松にも拠点があるので、そこのお手伝いにやってきました。休憩時間中に行ってみたのが、スタバ。

 

そう。4月11日にスタバの新作が発売とあって、Youtuberのレビューなんかをチェックしてからのぞみました。というのも・・・・・・

 

写真 2019-04-13 15 55 59_R.jpg

今年は、Red(赤い)とWhite(白)の二種類が出ているのです。とあるYoutuberさんは「赤いほうがガツンとかなり甘い!」とレビューしていましたが、ん〜〜〜〜〜?そうかなぁ?と、スタバ新作の情報に精通しているスタッフWも首をかしげていたところ・・・・・

 

写真 2019-04-13 16 04 27_R.jpg

やっぱりいちご感がハンパなく強かった!!!

 

です。フラペチーノの底にいちごがたくさん沈んでいて、食べるのが楽しかったのと、全体的にいちごの酸味が楽しめる飲み物になっていました。

 

休憩時間中に一気に食べ(飲む?)なくてはいけなかったため、急いで食べたら(飲んだら?)頭がガンガンして、御殿場に帰ってからの会議中に、店長Kネコから頭痛薬をもらいました。

 

「かきごおり/一気に食べて/頭ガ―――ン」

 

という俳句(※季語:かきごおり)を中学生のときに詠んだ教訓は、38歳になっても生かされていなかったということですね。

 

ふむ。とりあえず、赤は素晴らしくおいしかったです!「赤と白、どっちか!?」(←紅白歌合戦の司会者みたいなセリフだなぁ)と迷ったときの参考に、少しでもなるとうれしいです〜〜〜。

 

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

車で何度も前を通っているはずなのになぜ、気づかなかったんだろう〜。

 

秩父宮記念公園の出入り口から138号線(イチサンパ)に向かって歩いているとき、道そいにあった喫茶店。気になったので入って観いました。その名は・・・・・・

 

写真 2019-04-07 16 09 29_R.jpg

写真 2019-04-07 16 09 40_R.jpg

茶房はな

 

扉を開けるとピアノが置いてありました。ときどきコンサートがあるのかなぁ〜?と、楽しく想像が広がります。狭すぎず、広すぎない店内。カウンター席とテーブル席がありました。

 

今回はテーブル席に座ったけど、良いなぁ、と思ったのがカウンター席の向こうにある横長のガラス窓。ここから富士山が見えるんですよ!まさに借景。しかもちょうど西日が沈むころだったので、店内にやわらかい夕陽がさしこんできました。

 

写真 2019-04-07 16 22 30_R.jpg

はなブレンド(500円)

 

私たちは初訪問だったのでテーブル席に座りました。テーブル席にはテーブル席の良いところがありまして、自分の勝手気ままな時間が過ごせるところです。今回は・・・・・夫婦そろって脳トレをやりました(笑)。いや、なんか、お店に脳トレの本が置いてあったのですよ(笑)。

 

いろいろやった果てに、「地名(国名)でしりとり」って言うのにハマりました。始まりは「東京」で、途中に「スリジャヤワルダナプラコッテ」とか長い都市名をはさみつつ、最後は「ランス」で終わりました。

 

わからないことはすぐにスマホで調べ、答えを早急に求めるクセのあるので、あえて調べずに脳内にある情報を引き出す(=思い出そうとする)こと自体がかなり脳トレになりました。

 

今日はコーヒーだけだったけど、軽食もあるようなので今度はそれにトライしてみます。読書しやすそうな環境だったので、本も持って♪

 

 

茶房はな

住所:静岡県御殿場市東田中1447-18

電話:0550‐84‐3087

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市の青嶋 純佳です♪

 

スタバの新作ケーキ「レモンケーキ」がとってもおいしいので、発売から10日も経っていないのにもう2個目を食べたお話です。この時期は、SAKURAシリーズのほうに注目が集まりやすいかと思いますが、新作のレモンケーキもかなりおいしゅうございました!

 

スタバのオフィシャルページを見てみますと・・・・

 

果汁やパウダーでレモンの風味をしっかりと効かせた生地をレモン型で焼き上げ、仕上げに風味豊かで甘酸っぱいアプリコットシロップとレモン風味のアイシングをかけ、ピスタチオをトッピングしました。レモンの酸味とジューシーでしっとりとした生地とのバランスにこだわりつつ、ケニアにしっかり合うような味わいに仕上げています。ケニアとレモンケーキが織りなす絶妙なフードペアリングをぜひお楽しみください。

 

んーーーー、何ともおいしそうな紹介!香りだけでなく、レモンの味もちゃんと楽しめます。

 

写真 2019-02-20 16 46 16_R.jpg

ブラウンの紙にくっついちゃうので、キレイに撮影することがむずかしいレモンケーキ(笑)。

 

 

写真 2019-02-20 16 46 29_R.jpg

ケニアの豆に合わせればよかったのですが、ふつうにホットのラテを頼みました。マグカップで。

 

写真 2019-02-20 17 06 14_R.jpg

足柄サービスエリアにて。夕陽のおかげで空が茜色に染まっていました。

 

3月に足柄のスマートインターがオープンします。周辺の道路状況がどんなふうに変わるのか予想がつきませんが、たくさんの人が御殿場に来るきっかけになると良いなぁー!

 

 

皆様こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

先日行われたシノハラファン静岡支部会議(笑)(その時の様子はコチラをクリック♪)。沼津港ぶらり旅だったのですが、沼津駅に早めに着いたので、沼津の仲見世商店街を歩いていると、こんなお店を見つけましたー!

 

写真 2019-02-14 10 19 13_R.jpg

やば珈琲店

https://central-hld.jp/yaba-coffee/

 

名古屋が本拠地のチェーン店です。お店に入ると右側にずらりとおにぎりがディスプレイされたショーケースが。おにぎりって見た目そのものが、すでにあったかさをかもしだしているので、朝見ると無条件で安心感を感じます。

 

やば珈琲店のモーニングはトーストをおにぎりに変更することもできるので、ぜひぜひ、おすすめ。

 

写真 2019-02-14 10 04 17_R.jpg

写真 2019-02-14 10 02 45_R.jpg

おにぎりと、コーヒーだけを飲もうと思っていましたが、レジの女性の方に「それでしたらモーニングのほうがお得ですが、いかがですか?」と提案してくださったので・・・・・

 

写真 2019-02-14 10 02 22_R.jpg

まぁ、こうなるよね(笑)。

 

この絵面でいくとホットのカフェモカだけが浮いてますけど(笑)、これはデザート感覚なんです。クリームが使われていますからね〜。

 

朝9時代(平日)でしたが、店内は人がそこそこいましたが、一組だけ男性2人組がいましたが、他は一人様でのご利用でした。だから、静かだったなぁ。音楽を聴いたり、みんな自分の世界に入り込んでいて、自由。心地よかったです。

 

 

やば珈琲店

住所:静岡県沼津市大手町5-8-1

 

皆様、こんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

この三日間で、東京ギフトショーへの参加、そこで友人・知人に偶然会い、翌日は北陸からお客様をお迎えし、今日は朝から会社のサーバで時間を過去に戻すすべを習ったり、わちゃわちゃしており、何から書こうかなーーーと思ったけど、今日は最もフレッシュな話題をお届けします。

 

バレンタインデーの翌日(=2月15日)と言えば・・・・・

 

P1110549_R.JPGP1110540_R.JPG

スタバからSAKURAシリーズが発売される日、であります!なかでも桜の味がするシフォンケーキはロングセラーというか、もはや代表作です。SAKURAシリーズでは様々なスイーツが毎年出てくるのですが、出てきては消えるという弱肉強食なSAKURAシリーズの世界で、ずーーーっと生き残っていらっしゃるSAKURAFULシフォンケーキ。私が知る限り、2011年のSAKURAシーズンから毎年欠かさず発売されています。

 

P1110543_R.JPG

このシフォンケーキは様々な変遷を重ねてきました。

 

・2012年までは、トッピングは桜餡だったり、

・生地がピンク×ホワイトのマーブル状だったり、

・クリームの塗り付け方が平らだったり、

・あるいは、でこぼこだったり、

 

今年の桜シフォンケーキは、去年のものと大きな変化は見受けられませんでした。でも、生地がもっちりしっとりした気がするっっ!どうでしょうか?皆様はもうめしあがりましたか?どうお感じになりましたかーー?

 

ちなみに、生地には桜の葉のパウダーが練りこまれているとのこと。さすがに、そこまでは感じ取れなかったなぁ〜。桜の香りと味はふわっと感じることができました。桜の花の塩漬けは良い味出してましたっ!

 

そして、もうひとつが・・・・・

P1110557_R.JPGP1110560_R.JPG

SAKURAロールケーキ。

 

御殿場には市内にスターバックスの店舗がないけど、東名高速道路の足柄サービスエリアに外から入れるのでスタバのコーヒーやフードはそこで楽しむことができます。

 

今日も、仕事が終わってから8時前に駆けつけましたが、SAKURAFULシフォンケーキが2個残っていて良かったです。SAKURAシリーズが出ているシーズン中は何度もSAKURAFULシフォンケーキは食べちゃうんですよねぇ。

 

もし桜がお嫌いじゃなかったら、ぜひ皆様もめしあがってみてくださいね。

↓↓↓

【翌朝いただいたSAKURAFULミルクプリンのご紹介を追記しました】

 

P1110562_R.JPGP1110564_R.JPGP1110565_R.JPGP1110567_R.JPG

SAKURAFULミルクプリン。

 

パッケージを開けるまでは、一体、どんなふうにSAKURAが表現されているのかわくわくしました。ミルクプリン一色の下に、桜味のジュレが横たわっていましたー!ミルクプリンも優しい生成り色です。これは、甘さ控えめで、やさしくふんわりした一品。朝食に向いているなぁ〜。

 

 

 

これは機能的!ずっと丸かったテーブルが、六角形になっていました。

 

・・・・・・っていうことだけをお知らせしたいブログ記事です(笑)。

 

皆さまこんにちは!静岡県御殿場市在住の青嶋 純佳です。

 

写真 2019-02-06 15 17 53_R.jpg

写真 2019-02-06 15 43 05_R.jpg

東名御殿場の足柄サービスエリア内のスターバックスです。

 

ここのお店は、かなり限られた面積しかありません。テーブルとテーブルの間を通るときに、「あっ・・・、すみません」て声をかける感じだったのが、六角形のテーブルになったことによって通りやすくなりました!

(・・・・って、この日はだれもいなかったけど〜)

 

写真 2019-02-06 15 19 05_R.jpg

本を持ってきていましたが、「カフェでのんびり読書」とかおしゃれな行為(笑)はできませぬーーー!サービスエリア東井場所柄、色んなこと(歩いている人、ワンちゃん、車)が入れ替わり立ち代わり。どうしてもそれを見ていたくなるから....。

 

写真 2019-02-06 15 20 07_R.jpg

季節もののスイーツ。いちごのタルト。食べやすい大きさ。かなりガツンと甘かったぁ〜。

 

スタバの新作はどうしても気になるので、こうやって適宜通いたいです。来週には、桜のスイーツが並びますね。今年のシフォンケーキはいかに・・!?

 

 

皆さま、こんにちは。静岡県御殿場市のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です。

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

富士山の伏流水などで上質な地下水が流れている御殿場には虎屋の工場があります。虎屋と御殿場はゆかりが深くて、「とらや工房」もあるし、「虎屋菓寮」もあるんです。唯一、政令指定都市じゃない場所に出されているのが御殿場の虎屋菓寮です。

https://www.toraya-group.co.jp/toraya/products/karyo/

 

写真 2018-12-05 15 17 45_R.jpg写真 2018-12-05 15 16 42_R.jpg

煎茶汁粉(御殿場店 限定メニュー)

 

ここに来たら、お汁粉を頂きたいと思っていたので良かった、良かった。焼餅もおいしかったなぁ。

 

そしてこの日は友人と連れ立っておじゃましました。普段、一人で出入りしている場所に友人と一緒に出掛けてみるとおもしろいですね。

 

「あの光のやわらかさは、LEDじゃなくて天窓だと思う」

「なんだか首相官邸みたいだね・・・・」

「鉄瓶・・・」

 

など、自分一人では全く気づかなかったところを次々と指南してくれます。

 

ちなみに、そんな友人が頼んだのは抹茶オレ。メニュー表を見てパッと決めていました。そのくらい虎屋菓寮の抹茶オレはおいしいらしい。しかもなんだか、オリジナルに作ってもらうようお店の方に依頼してました(大物〜)。

 

「確認してまいります」と立ち去った店員さん。もしオリジナルで作ってもらえなかったどうするの?と尋ねると、「んーーー、社長に連絡してみようかな・・・・」って小声でボソッと言う(大物〜)。

 

本気になったら開かない扉がなさそうだな(笑)。私も次回は抹茶オレにトライしてみようと思います。近いうちに再訪するよっ!

 

 

虎屋菓寮 御殿場店 https://www.toraya-group.co.jp/toraya/products/karyo/

住所:静岡県御殿場市新橋728-1

電話:0550-83-6990

皆さま、こんにちは。静岡県御殿場市のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

『大和屋祭』(=ヤマトヤの秋の展示会)まで一週間を切ったころのこと。Etable(エタブル)さんでのひとりランチ。書きそびれていました〜。

 

P1090687_R.JPG

この日はEtable(エタブル)さんへおじゃましました。「ひとりご飯も良いもんだな」って思い始めた!お料理と究極に向き合える。味覚と嗅覚、そして視覚。普段、あんまり研ぎ澄ましていないから(笑)、今日ばかりは感覚を呼びさますべく・・・・。

 

ソイラテを飲むと、大豆の味をしっかりと感じるし、ビーツ×じゃがいものスープでは、じゃがいもの力強い味を楽しめて、遠い昔、京都の禅寺で懐石料理を食べたときの感覚を思い出しました!

 

P1090690_R.JPGP1090691_R.JPG

「あっ、桜・・・・」
ビーツ(野菜)の色が美しいスープが出てきたとき、そう思いました。今のこの季節から最も遠い季節、桜の季節。ちょっと恋しくなった〜〜。

 

P1090693_R.JPGP1090694_R.JPGP1090696_R.JPGP1090698_R.JPGP1090700_R.JPG

メインディッシュが出てきたときは、楽しい気分に!目玉焼きの玉子部分をわって、「玉子とろ〜〜り」とさせながら食べ進めていく楽しみ(子供っぽい!?)。


目玉焼きをめくると「あ、こんな食材も♪」「おーーー、あんなのも!」「ん?これは何だろう?」と、食べ進めていくにつれて増していく楽しみ。

 

P1090679_R.JPG

 

陽もたっぷりと入ってきて、のーーーんびりできる空間。仕事のあいまに、心ものびのびとくつろげましたーーーー!ごちそうさまでした♪

 

Etable(エタブル)

住所:静岡県御殿場市萩原812-6

電話:0550-88-8686

皆さま、こんにちは。静岡県御殿場市のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

「エッグベネディクトの玉子の黄身とろ〜り」。いったん、この映像が頭の中に浮かんでしまうと、なかなか振り払うことができません(笑)。

 

ちょうどそれが博多に行くタイミングだったので、福岡空港到着後のランチは、エッグベネディクトを食べに「Manly」へ向かいました。

 

写真 2018-09-17 13 21 31_R.jpg

Manly

 

お店の外にサーフボードがあったり、オープンエアのスペースがあったり。めったに見ることのないオーストラリアンカフェ。

 

オーストラリアはメルボルンを始め、カフェ文化が花開いています。ここのオーナーさんもそうなのかな?ワーホリに関する張り紙がありました。

 

さて。さっそくエッグベネディクトをオーダーしました(#^.^#)

 

P1090439_R.JPG

エッグベネディクト(800円)

※1個に見えますが、2個ありますよ〜(奥にあったエッグと重なっちゃった〜)。

 

エッグベネディクトの下にはサーモン。これは「生ハム、ベーコン、サーモン」の3種類から選べます。

 

P1090456_R.JPG

ちょっとうまくいかなかったけど、「玉子の黄身とろ〜り」をやってみた♡ずっとエッグベネディクトが食べたかったので、嬉しい〜♪

 

P1090458_R.JPG

OZビーフを使ったステーキライス(950円)

 

主人はこちらを頼んでいました。ポテトやサラダもワンプレートで付いてきてます。ごはんに絡んでいるソースがとってもおいしかったです。OZビーフらしい、さっぱりした牛肉でした。

 

そして、特筆すべきはこちらのパンケーキ。

 

P1090460_R.JPG

リコッタチーズパンケーキ(1000円)

 

本場、オーストラリアのリコッタチーズパンケーキを再現してるんだそうです。チーズから全て自家製という気合いの入れっぷりです。

 

P1090475_R.JPGP1090470_R.JPGP1090477_R.JPG

食事ももちろんおいしかったのだけれど、リコッタチーズパンケーキのおいしさが強烈で、ここに来るなら、絶対に外せない一品です!

 

愛犬と一緒の入店もOK!なんと「わんちゃんFood」なるものも提供されているカフェなんです。わんちゃん用のフードは2種類用意されていて、

 

・ささみとさつまいものサラダ(350円)

・鳥ミンチととうふとひじきのハンバーグ(350円)

 

です。わんちゃんと一緒にカフェタイムを楽しみたい方はぜひ〜♪

 

 

Manly

住所:福岡市中央区今泉1-18-55天神南ロイヤルハイツ1階

電話:050-5869-3390

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

熱海へぶらり旅。御殿場からだと、新東名〜伊豆縦貫道を使って車で1時間ほど、東京駅からだと、新幹線「ひかり」だと37分、「こだま」でも47分で着く熱海。

 

昭和のノスタルジックな雰囲気が色濃く残る町です。昭和レトロが大好きなワタクシ。今回は、カメラをもって熱海の街を撮影してみました。

 

P1070433_R.JPG

ボンネット。昭和27年(1952年)創業。

 

P1070434_R.JPG

お店の名前の「ボンネット」は、「車のボンネットのことではないですよ〜」ってオーナーさんがおっしゃいました(笑)。そう。この白い看板に横顔の女性がかぶっている帽子のタイプのこと。”ボンネット”というタイプの帽子があるんだそうですね。

 

P1070446_R.JPG

私が「ボンネット」のことを知ったのは3年ほど前、御殿場へ引っ越してきたばかりのころでした。三島由紀夫や谷崎潤一郎など昭和の文豪が頻繁に通った喫茶店がある、って本で読んだのかな〜。

 

三島由紀夫の小説作品が好きな私としては「行ってみたい!」ってずっと思っていましたー。

 

P1070443_R.JPG

このランプはオープン当初のもの。もう、代わりとなるものがないという貴重な電灯。

 

P1070455_R.JPG

ちょうど水曜日ということもあって、店内にふと人が途切れる瞬間がありました。お店の方に「撮っても良いですか」とお願いして撮らせていただきましたーー!

 

P1070454_R.JPG

革張りの椅子も、黒い床も良い雰囲気をかもしだしています。こちらの床は模様がとってもキレイでした。でも、この床も電灯と同じく、代わりのものがなかなか見つからないそうです。

 

P1070469_R.JPG

カウンター席とテーブル席を仕切るこちらのショーケース。このオレンジ色がね〜、レトロ感をさらに増すんですよね。昭和レトロマニアとしてはたまりません♡

 

さて。軽食をば。メニュー表も拝見しましたが、私の心は決まっております(おおげさだなw)。小説家・三島由紀夫が大好きだったというハンバーガーを注文しました〜。

 

P1070457_R.JPG

嬉しかったのが、オニオンとレタスは別添えになっているんです。こうしておくと、オニオン&レタスをバンズのあいだにはさむタイミングが食べる直前になるので、野菜のシャキシャキ感とみずみずしさを楽しむことができました。

 

まぁ、あとは中には「オニオンを抜いてください」っていう方もいらっしゃるんでしょうね。(映画『プラダを着た悪魔』のなかでも、「オニオンベーグルを食べたの、誰?」と、遠まわしにいさめられるシーンがありましたねぇ(笑)。)

 

P1070462_R.JPG

注文が入ってからジュウジュウ音がしていました。肉汁が、肉汁しかない!うぅぅぅーーー!このハンバーガーはほんとうにおいしいんです。

 

 

P1070447_R.JPG

そして、コーヒー。一杯ずつサイフォンで丁寧に入れてくださいます。香りが高く、味も濃いめでした。

 

P1070449_R.JPG

オーナーさんご夫妻のお人柄が素敵で、いろんなお話をしてくださいました。私の好きな三島由紀夫がいつもどの辺に座っていたのかもお尋ねしましたよ(笑)。

 

P1070451_R.JPG

ボンネットのマッチ。主人が煙草を吸いますが、このマッチはもったいなくて使えそうにありません。ボンネットへの初訪問の記念として取っておこうと思います(#^.^#)

 

 

ボンネット

住所:静岡県熱海市銀座町8-14

電話:0557-81-4960

 

昨日は、休日でしたー。

午前中は久しぶりに草むしりをして、

午後からは家のテレビの前で、大好きな高校野球の感染をしました。

夕方からは本を読み、震え上がり(←人間が一番怖いパターンの短編小説集)ました。

 

みなさま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

御殿場育ちの方で、きっと知らない人はいない「アンの家」。

先日、アオジ(=主人)と行ってきましたよ〜!

アオジは初めてだったかなーー。

 

里山のそばの”農道”と呼ばれる車道を運転して、

林の中から赤い壁が見えてきたら、それが「アンの家」です。

このロケーションと、ひっそりした雰囲気が好きで通っています。

 

いつもは、珈琲やケーキを頂くことが多いのですが、

この日は初めてカレーを頂いてみました。


その名も、「ハンバーグホットカレー」

 

”ホットカレー”と言っているだけあって、かなり辛いです!

辛い物はわりと好きなので、美味しくいただけましたよ。

ハンバーグも、しっかりした生地で作られていて、

肉のうまみがギュッと感じられます。

 

メニューには、辛くないカレーも用意があるみたいですね。

その日の気分によって、変えられるからうれしいな〜。


生クリームたっぷりのチョコレートケーキ
(生クリームは苦手なのですが、この生クリームは甘ったるくなくて好きです!)


昔ながらのプリン。

あ、こちらも生クリームたっぷりですね。

 

珈琲を飲みながら、アオジ(=主人)とおしゃべりしました。

 

そうそう。

 

アオジが

 

「あっ!」

 

というので、

 

「何!?」

 

と尋ねると、

 

「時計がある」

 

って。

 

どこに・・・・・・???

 

時計屋なので、飲食店に行くと必ず掛け時計とか見ちゃうんですが、

この壁には掛け時計はありません・・・・???

 

と、見せかけておいて・・・・・・

あった!!!

 

扉の右側にありました。

 

一見、細長い枠に入れられた絵画に見えましたが、

これは、きちんと駆動している時計でした。

 

ファンタジックな掛け時計、かわいかったです!

 

 

皆さま、こんばんは。

ヤマトヤのすみかです。

 

お店のブログも担当しているのですが、

昨日のブログが「わかりやすかったよ〜」と評判を頂いたので

ここでもシェアです♡

 

「お気に入りのネックレスが切れちゃった・・・・」

 

という方がもしいらっしゃったら、

ぜひぜひ、こちらの記事をおすすめしてみてくださいね。

 

切れちゃったチェーンは、実は切れてなくて、

意外と、その場(=お店)で治るかもしれません。

 

★ヤマトヤ御殿場本店のスタッフBlog

Title;『ネックレスのチェーンが切れちゃった・・・・』

http://ameblo.jp/yamatoyagotembahonten/entry-12259216857.html

 

さてさてー!

 

先日、アオジ(=主人)と一緒にフラリとたちよった

ご近所さんのお店です。

 

3月下旬にOPENしましたー!

店舗名は、「booster」

赤い文字で「OPEN」の文字が

運転していても目立つので、

 

「おっ!今日、やってる♪やってる♪」

 

・・・・って感じになれると思います。

 

アオジ(=主人)と一緒に、

春休み限定セットの「ワッフルセット(¥500)」を頼みましたー!

星がいっぱい散りばめられた紙がアメリカンな感じ。


飲み口が分厚い、大きめマグカップも、アメリカンな感じ。

 

お店のなかも、随所にアメリカンテイストが見られましたー!

そして、終わったばかりのWBCの試合(の、あとの様子)を

壁面に映し出された大きな画面で見ましたよー。

 

臨場感たっぷりにスポーツ観戦を楽しめそうです。

「ティーカップソーサで紅茶を楽しむ」的な可憐な楽しさというよりも、

「瓶に入ったシュワッとしたお酒をラッパ飲みする」的な爽快な楽しさがありそうですね。

 

みんなでワイワイ一緒にスポーツ観戦を楽しみたい方は

ぜひ、一度足をお運びくださいね。

(※駐車場も4台止められるスペースがありますよ

 

場所は、旧246に面したところで、お菓子屋さんの「太田屋」さんとこの近く。

 

ちなみに、このboosterさんの場所には、

アオジ(=主人)の記憶によると、パン屋さんだったそうですよ!

 

そして、5歳くらいのアオジは、

そこのパン屋さんとこのクリームパンと、

鈴木肉屋さんの揚げしゅうまいがやたら好きだったことを教えてくれました。

 

アオジ、5歳のころ(=1980年代前半)の記憶力が良すぎ〜〜!!!

 

そして、そこがパン屋さんだったというのは、

きっと、仲町(御殿場市)とその近辺にお住まいの方にしかわからない、

限定的な記憶の風景かも〜〜〜!?(笑)。

 

はーーーーー、そんなほっこり話が出たところで、

今日も一日おつかれさまでした♪

 

週末休日をお過ごしの方は、

明日も楽しいわくわくな一日でありますように・・・・・♡

 

では、おやすみなさい★

 

 

 

今日もお休み。一日置きにお休みがやってきます(笑)。

展示会の前後はあるあるなんですけどねーーー^^;

お休みが、展示会開催期間の前後に集中するのです。

さて。

今日は、もんしぇりに行ってみました。

こないだ、弊社役員の差し入れが、もんしぇりのスイーツでした〜!

シャレオツ〜〜(≧∇≦)

と、急に行きたくなりました。


生菓子をその場で食べられるという贅沢。


ブラックコーヒーをお供にして、窓の外の青空をのんびり眺めながらケーキをいただきます。

家に帰ったら、ベル(我が家の犬)がワンワン吠えるので、お散歩に連れ出しました。



ベルと一緒に見た景色。
白いお花が一面に咲いていました。
秋の虫たちが鳴き、ほんのり冷たい風が吹いてました。

とちゅうで、アザミの花を見かけて夏の名残りも残ってましたが、
お散歩コースは全体として、秋色に染まっていました。

さて。

しっとりした記事のあとは、またまた食べ歩きの記事(笑)。

折をみて、また書こうと思います!


御殿場市街地から、沼津・三島の海のほうへ向かうときの行きかたは3通りありまして、
「246」、「旧246」、「農道」です。
私は、「農道」がいちばん好き。
田んぼや民家が、里山ぞいに続く車道で、のどかな雰囲気がとても気に入ってます。

そんな農道も、
一瞬、林の中に入って、暗い雰囲気を呈するのですが、
「アンの家」はそんな林の入り口あたりにあるお店でした。



赤くて大きなお屋敷。


お食事もできますし、ケーキを食べることもできます。

飲み物だけ楽しむことも。


この日は、ビーフカレーを頼んでみました。


本格的な味を楽しめるビーフカレーです。

1200円というお値段も嬉しいですね^^

初めて行くお店では、大抵、集中して本を読めないことが多いのですが、
(気分的にそわそわするので〜〜)、
ここでは、なぜかリラックスすることができまして、のんびりと
沖縄に移住した人たちのエピソードが記された本を読むことができましたっっ!


そして、読書のあいまの糖分補給(笑)。

生クリームたっぷりなのが特徴だったチョコレートケーキ。

山あいにある赤いお屋敷のような建物、「アンの家」。

大事に、大事に通って、全メニューにトライしてみたいです。


ふふふふ

氷の季節だなぁ、と思って、虎屋菓寮へ行ってみました。

宇治金時をいただくつもりでしたが、「新しいものを見ると、なるべくトライしたほうが良い」という趣旨のことが、
『一生ボケない脳をつくる77つの習慣』に書いてあったので(笑)、
「日向夏と温州みかんの氷」を食べてみることに!

”日向夏と温州みかんの蜜をブレンドした蜜をかけ”たそうで、
久しぶりに味わった温州みかんの甘みを楽しみましたー!


三箇所に配置(!?)された、みかんの寒天も良かったです。

氷を食べ続けていると、口の中が冷たくなりすぎて、
なんだか食べることが戦うこと(何と?ww)みたくなってしまうところを、
この常温の寒天が中和してくれるんです。


さっぱりした柑橘の味を楽しみながら、食べすすむと、
氷の下に埋まった白あんがたっぷりと顔をのぞかせました。

そうして、器のなかの主役は氷から白あんへとしだいに変わってゆきます。

白あんに氷を乗せて口に運び、氷点下だった口の中が、いつもの温度を取り戻しました。

ゆったりした空気が流れている喫茶スペース。
クラッシック音楽が流れていて、気持ちの良い空間のなかで、
おいしく氷をいただきましたっ!





Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

[]

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM