根上酒造店 × INAHO(御殿場)

  • 2015.03.01 Sunday
  • 23:12
今日から三月がはじまりました!

あいにく、御殿場は雨がザーザー降りの一日となりましたね。

でも、空気はどことなくあったかくなり、春は確実に近づいてきていますね。



今月はお嫁に行く日が近づいているので、どきどきもしていますが、

まぁ、あいかわらず食べること(食べ歩き&お料理)のあれこれを、淡々とご紹介できればなぁ、って思います。



さっそくですが、先日、御殿場で行われたお酒と食のイベントに、刑事と一緒に参加させていただきました。





”JA御殿場青年部 酒の研修会”



御殿場で唯一の酒蔵である根上酒造店さんのお酒に合わせて、

「INAHO」さんhttp://www.yakittoria-i.com/ がお料理を担当されていました。



この企画の趣旨は、「本当においしいものを知っていこう!」とのこと。

思う存分、楽しんできましたーー!



INAHOさんは、普段は焼き鳥をメインにされているお店。

盛り付けが美しいだけじゃなくって、ぱさつきやすい鶏のムネ肉なんかも

じつにジューシーに仕上げてサーブしてくださるんですよー。

そんなINAHOさんが会場ということで、ほんとうに楽しみにしていました。



グラスがずらり、はお酒の会ならではの光景。

唐辛子のお箸置きがおしゃれでかわいいんです。



最初のお酒は、純米大吟醸の冷が出てきました。

昨年の春に絞って火入れしたというお酒。

大吟醸のお酒のわりには、ちょい辛味があって、スッキリといただけました!



それに合わせたお料理は・・・・・



足柄ミルクアイス 米油をかけて



お口直しにアイスが出てくることはありますが、

一品目に出てくるのはめずらしいでしょ?



でも、ここにINAHOさんの思いがちゃんーーーーんと込められているんです。



ミルクアイスに米油をかけてコクを出しているのですが、

ここで出てくるコクを口のなかで楽しみながら、金明(お酒)で流してもらう、っていう狙い♪



ちなみに、ミルクアイスは、小山町のサトウさんがつくっているミルクアイスです。



続いて、特別純米生原酒の冷に合わせたお料理は・・・・



天使のエビと紅ほっぺのわさび和え

(周りはバルサミコ酢です)



ニューカレドニア産のお造り用のエビを使っているという贅沢なお料理です。

また、「果物×御殿場の山葵(わさび)」という組み合わせも私にとっては斬新です。

今回は、苺(いちご)と黄金柑(おうごんかん)を山葵(わさび)で和えておられました。

これが、びっくりするほど調和していて美味しかったんです。



続いてのお酒は特別純米生原酒を燗(かん)で。



菅沼豆腐のスモーク



”菅沼”というのは小山町の地名で、そこでおじいちゃんがひとりでやっているお豆腐屋さんがあるとのこと。

お豆腐づくりは、おじいちゃんの気分次第(!?)なところもあるようで、

「木綿豆腐がほしいのに、今日は入手できず」なんてこともあるそうです(笑)。



で、それがこの日のことでした。



なので、INAHOさんのシェフは、絹ごし豆腐をスモーク。

通常は、オイルをつかってスモークするところを、今回は米油をつかってスモーク。

米油を使っているのは、今回の日本酒の会に合わせてのこと。

いいですよね。



続いて、純米しぼりたて生原酒

(これが今回、いちばん美味しいとおもったお酒でした)



6種の野菜の焼びたし



ふだんのメニューで、焼き鳥も美味しいINAHOさんですが、

お野菜も非常においしい(そして盛り付けが芸術的!)なので、

焼びたしも美味しいはず!

お出汁をつかってつくられており、和食屋さんで出てくるような一品でした。



このマッチングはお酒とベストマッチだったなーー。



続いてのお酒は・・・純米しぼりたて生原酒の燗(かん)。

それと合わせられたのは・・・・



串 ささみ2種(ワサビとからすみ)



ワサビはもちろん、御殿場産。

しかも、INAHOさんが”田代さんとこの”って紹介したら

参加者の方々がうなずいてらっしゃいました。

いいな、こうやって生産者の方のお顔が見えるって。



からすみは国産じゃなくて外国産。

国産は高くてなかなか・・・・とのことでした。

そういう無理しないところも好き♡



そして、次は5年ものの古酒である山廃純米酒に合わせて出てきたのは・・・・・



地鶏パテとレンコンバターのブルスケッタ



なんと、バゲットは自家製ーーーーーーーーーーーーーーーっっ!!!

そんな飲食店って聞いたことありません。

フォカッチャは大抵のお店が自家製しますが、

バゲットは大抵のお店が調達したものを使います(そのほうが美味しいから)。



でも!!!!

INAHOさんは、自家製。

しかも、今回は食用の竹炭を生地に練り込んで、黒く、かっこよく仕上がっていました。



地鶏のパテは文句なしの美味しさ。

レンコンバターは、バターの”とろ〜〜〜り”な見た目にやられてしまい、

やはりINAHOさんは天才だとしみじみしました。



続いて、山廃純米酒を燗(かん)にして、お料理は・・・・・



串 もも つくね



もも肉のジューシーさと塩味、そしてぬる燗の合うこと!

つくねはシャキシャキした食感。こちらはタレで頂きました。



最後は、純米生 おり酒を冷と燗(かん)で、お漬物や焼きおむすびのお茶漬けをたのしみます。



焼きおむすびのお米は御殿場コシヒカリで、お醤油は天野醤油を使用。

(御殿場のお醤油といえば、天野醤油さん♪)



最後の最後まで、お酒に合わせたお料理を堪能することができました。

「果物×ワサビ」、そして「竹炭を練り込んだバゲット(自家製)のブルスケッタ」は

初めて頂いたもので、素晴らしいと思いました。



今回のイベントに合わせてつくられた特別メニューも含まれているので、

「また食べたい!」と思ってもなかなか叶わないかもしれなせんが、

だからこそ貴重なひとときとなりました。



御殿場産で良いものはお料理にどんどん取り込んでいく、

むりなら他府県の素材をつかって美味しさにこだわる。

そんな、INAHOさんのお料理、やっぱり素晴らしい!って感動しました。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM