疲れた日の夜は。

美しい写真を見ながら眠りにつくと、いい夢が見れそうだなぁ、とか思ってスマホのアルバムをチェックしていたら、
レンボガン島(バリ島のそばにある小さな島)で撮った写真たちが目に留まりました。


この海の向こうでシュノーケリングをするためにやってきたレンボガン島。

あちこちで見かける懐かしい光景や、南国らしい景色。


おうちの軒が低いところが竹富島と似ています。


道端に咲く大きなハイビスカス。


トラックの荷台に揺られながらマングローブのツアー参加の場所へ赴きました。


いやぁ、マングローブが大きくせまってきて、見ごたえのあるツアーだったなー。


こちらは、おばあさんがしゃがみこんでコツコツと手作りしていたお皿。

木の葉を切ったり、折ったりしながら、器用にお皿を作っていました。

神様へのお供え物を入れるためのお皿なんだとか。

私が珍しがっていたら、奥から大きめのお皿を持ってきてくれました。


これが美しかった。

幾何学模様みたいに、きっちりとカットした葉を組んでいました。


絵本のワンシーンのように見えますが、れっきとした本物のワンちゃんです^^


このあと、みんなでバリ島へ戻って帰国の途につきました。


さぁ、眠ろうっと。

おやすみなさい(*^^*)

コメント