感覚を研ぎ澄ます

  • 2017.05.10 Wednesday
  • 21:13

今日、寒くないですか!?

私だけ・・・・???

 

・・・・・と思ったら、全国的に寒いみたいですね。

 

今日のお昼頃に、ふと思ったのですが、

 

「ちょっと風邪を引いとる!」

 

・・・・・ってことで、風邪薬を服用して、

おとなしく過ごした休日でした。

 

皆さま、こんばんは!

ヤマトヤのすみかです。

 

上品ぶっている人と、本当に上品な人は違う。

 

あ、いきなりすみません(^^;)

 

先ほどツィッターでTweetした内容です。

 

予備校に通っていたころ、同じクラスに、

パチンコはするし、タバコは吸うし、っていう女の子がいました。

 

私は、パチンコにもタバコにも全く興味がなかったけど、

その子が身にまとう空気感に興味がわきました。

 

タバコを吸う姿がサマになるなんて、

マレーネ・ディートリッヒ(昔の女優さん)くらいだと思っていたけど(笑)、

 

「あ、ここにもいた!」

 

って感じ。

 

高校生なのにプワゾン(Diorの香水)が似合ってたし、

みょーーーーに、気になって。

 

そのあと、ちょっとしゃべってみたら好きな作家が同じだったので、すっごく仲良くなって

いまだに連絡取り合ってて仲良しです♡

 

小学生くらいのころのほうが、

 

「あ、このおばさん、キレイな格好して、言葉遣いも丁寧だけど、なんだか品がないな・・・・・」

 

とかっていう、「この人、ヤバイな・・・」っていう嗅覚が

今よりも、鋭かったような気がします。

 

皆さまは、いかがですか?

 

大人になって、そういう感覚が鈍ってきちゃって、

私のように痛い目に合ってきちゃったりしませんか(←笑)?

 


(※本文と写真は関連性がございません)

 

「優等生ぶっている人」や「上品ぶっている人」は、

「優等生に見られたい」「上品に見られたい」という願望が強すぎちゃうのかも。

 

なんでも表面的にしかとらえられないから、

「本物の優等生」「本当に上品な人」には、永遠になれないのかも。

 

本当に上品な人は、

どんな醜態をさらしていても(=酔いどれたりしていても)

そこはかとなく品の良さが立ち昇るんですよね・・・・♡

 

色気と一緒です。

 

きゃっ♡

 

私は、少なくとも、そういう人をかぎ分けられる嗅覚は失いたくない!

表面的なものだけに惑わされたくない!

 

強く、強く、そう思います。

 

小さいころの感覚を失いたくないな〜って思った風邪っぴきの夜でした。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM