ベルが人気な件

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 22:38

台風18号も去って、ちょっとホッとしているところです。

ものすごく寒かったり、ものすごく暑くなったり、

気温の移り変わりが激しくて、体調がすぐれない方が多いですね。

 

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

義母たちのお出かけ&アオジ(=主人)の海外出張が重なって、

このところずっと、私とベル(柴犬・18キロ)の二人生活でした。

 

アオジ(=主人)が帰国したため、おとといから三人生活が始まりました。

それでも、ベル中心の生活です!

 

ほんとうに動物って(ベルだけ?)おもしろくって、

ついつい、SNSの発信もベル中心になっています。

 

 

いまや、SNSではおなじみ(!?)の、ベルの不安げな表情(笑)。

ベルの気持ちに寄り添いたい気持ちがある一方で、

この顔があまりにも可愛すぎて・・・・♡

 

ところが、大嫌いなお散歩となると・・・・・・

ちゃっかりと、近道をしようと試みます。

 

※こうやって始まるベルの座り込み運動(笑)。

かわいそうですが、人間が言いなりになっていると

次回のお散歩からもベルのわがままが通ってしまうので、

ここは心を鬼にして、通常コースを歩かせます。



そういえば、この日はコスモスと百日草がきれいでした。

 

また、別の日は・・・・・・

笛と太鼓の音から逃げ出そうとして、全力疾走。

 

基本的に大きな音、突発的な音が苦手なので、

花火や掃除機も苦手なベル。

 

お祭りも怖いんでしょうね・・・・。

アオジによると、500メートルほど猛ダッシュしたそうです(笑)。

 

また、あるときのお散歩では・・・・・

美しい富士山よりも、目の前にあるおいしい草に夢中なベル(笑)。



暮れゆく富士山 × 草をはむベル(柴犬)

 


でも、チラっとくらいだったら富士山鑑賞するもんね!!

世界遺産だもんね!

 

SNSの発信では、「個」を出すと良いよ!なんて言われますが、

この一週間は明らかに、私の個性よりも、ベルの個性が全面に出ておりました。

ベルの個性が際立って、「いいね!」数も多い・・・・(笑)。

 

あさってはベルが楽しみにしている義母が戻ってくる日。

また、いつもの生活に戻るベル♪

 

私も、自分の個性をちゃんと切り取って、

またデジタル発信にいそしみたいと思います(笑)。

 

Blend Meister Cafe(東京・お台場)で”おつかれさま!”の一杯

  • 2017.09.16 Saturday
  • 16:40

さむーーーーー!!!

気温16℃の御殿場です。

台風もせまってくるし、全国的に寒いみたいですね。

 

でも、全国的にお天気がすぐれない中で、

北海道だけは快晴みたいですよ♪

SNSでも、ゴルフを楽しんだり、

青空がきれいな写真を投稿している方がいました!

いいね!

 

みなさま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

ちょっと前のことになるのですが、

東京のジュエリーの仕入れ会のときに行ったときのバルのご紹介です!

 

そのまえに、仕入れ会の様子をちょっとだけ・・・・・・♡

{DA9370F3-975E-4405-8562-11B55EBFFF93}

植物モチーフのリングをセレクトしたり・・・・・・

 

{623B9470-4EE9-46EF-9D5E-C3BBFF71DCE0}

色石×華奢なリングを見つけたり。

 

弊社役員Tハシ&ヤマトヤ富士店の店長Kネコも参戦して、

自分たちで、納得いくジュエリーを丁寧にセレクトしてきましたー!

 

10月19日(木)〜23日(月)に開催される、

ヤマトヤの展示会「大和屋祭(やまとやさい)」に登場するジュエリー、

ホリデーシーズンにご用意するジュエリー、

さらにはお正月に販売させていただくジュエリーも選んできました。

 

※詳しくは、ヤマトヤ御殿場本店のブログでチェックしてみてくだださいね!

https://ameblo.jp/yamatoyagotembahonten/entry-12306366220.html

(↑仕入れたジュエリーのほんの一部をご紹介しています)

 

そんな形で、仕事を終えた後は、

みんなで晩御飯を食べてきました〜!!

 

店長Kネコの天才的におもしろいトークに、一同、笑う、みたいな(笑)。

楽しい時間が過ごせましたっ♡

 

どこでディナーしたかというと、

東京ビックサイトの近くにあるホテルサンルート有明。

そこの1階にあるカフェです。

 

「カフェ」と言いつつも、世界のビールが楽しめるバルスタイルのお店。

フードも、気軽なものを小気味よく用意してくれます。

欧州系のおつまみが多いかな〜?

 

外食するときは、野菜不足に陥りがちなのですが、

ここは・・・・・!?

お通しは、プロシュート×サラダでした。



野菜たっぷりのメニューも。

 

そして・・・・・

野菜じゃないけど(笑)、ビールに力を入れているだけあって、

ソーセージの3種盛り合わせはさすがのおいしさでした。

 

他にも前菜系のおつまみを楽しんで、

最後はパスタまでおいしくいただきました。

 

ビールはだいたい1杯で終わってワインに移行することが多いけど、

ここに来ると、延々と色んな国のビールを飲んじゃいます。

 

今回はひたすら横浜のビールにハマってしまったのですが、

いつもだと、小さな3つのグラスに注がれた3種類のビール飲み比べセットを頼みます。

おすすめですよ♡

 

仕入れのときの独特な緊張感が解けて、

一緒に働く仲間との一杯(一杯だけじゃ終わらなかったけど)は最高でした♪

 

 

 

「世間の目を気にせずに人生を楽しむ」って考えが素敵です♪

  • 2017.09.15 Friday
  • 15:40

最近、母に言われたことをよく思い出します。

年のせいかな〜(笑)。

でも、そのくらい親の影響をたくさん受けている、ってことなのかもしれません。

 

母に言われていたことのひとつに、

 

「世間の目を気にしながら、自分の人生のことを決めないように」

 

という教えがありました。

 

人目を気にしながら、自分のことを決めても、

その人は、すみちゃんの人生の責任を取るわけやないんよ

 

と。

 

どうしても人目を気にしがちな思春期のころ、

私の支えになった母の言葉です。

 

みなさま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

人生の大事な局面で、人の目を気にして悩んだり、

周りからの心ない言葉に惑わされたり・・・・・。

そんなことってありませんか?

 

 

一口に「世間の目が気になる」と言っても、

いろんな場合があると思います。

 

「ほんとうは●●にチャレンジしてみたいけど、みんなに笑われるかな・・・」

 

という臆病な気持ちも一緒にかかえちゃってたり。あるいは、

 

「外資系の金融関連の会社に行って、アイツらを見返してやる!!」

 

みたいな、ちょっと”根っこが暗−−−−っっ!”という場合もあるかと思います。

 

いずれにしても、自分の人生のことを決めるときに、

他人の存在を強く意識してしまうんですよね。

 

私が高校時代、学校の環境にうまくなじむことができなかったのですが、

 

「いつでも学校をやめていいんやけんね。

大検に受かれば、大学には行けるけん」

 

と、言って励ましてくれていました。

 

その言葉あったおかげで、いつでも学校をやめられる!って思うと

すっご精神的に自由になって、かえって学校をやめずに済んだんです。

 

「高校を中退するなんて、とんでもない!」

 

と、生真面目に考えてしまっていた私に対して、

 

「世間体は気にしなくていい。高校はいつやめても良い」

 

という、母の大胆すぎる提案にはびっくりさせられました(笑)。

 

世間には、好き勝手に色んなことを言ってくる人って、いますよね。

でも、その人たちの言うことを全部聞いていたら、

なかなか自分の人生を前に進めることができませんし、

いざというとき、その人たちは全く責任をとってくれません。

 

 

前々職の宝飾メーカーN社を退職するときも、

 

「そんなにずるずるその会社にいて、どうするの?」

「早く、やめなよ」

 

って、けっこう言われました。

 

でも、私にとってN社は大好きな会社で、且つ、私を育ててくれた大切な会社。

退職するときは、丁寧にやめていきたかった。

 

それが私の価値観でした。

 

周りから見たら、

 

「あいつ、やめる、やめる、って言って、なかなか会社をやめないよな」

「決断力のない奴だな」

 

って感じだったと思うのですが、

私は、私の価値観に従って、やめるタイミングを計りたかったんですねー!

 

だから、半年くらいかけて会社とゆっくり相談しながら、

会社にとってもタイミングの良い日に退職日を設定してからやめました。

 

結果、それで良かったです。

 

ほんと、母の教えのとおりだなぁ〜って思いました。

 

もちろん、愛のある人たちの、まっとうな意見は耳をかたむけたほうが良いですよ!

でも、そうでない人たちが言っている言葉は、馬耳東風!!!

気にしないほうが良いですよね〜〜。

 

なんていうお話でしたっ!

 

 

 

HAND&BAKES(東京・新宿ルミネ2)

  • 2017.09.14 Thursday
  • 11:30

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

先日、所用があって一人で東京に行ってきました。

ちょっと早めに着いちゃったので、

 

「お昼ご飯を食べようかな〜〜」

 

と、うろうろ。

 

東京は、ひとり暮らしの方が多いおかげで、

「おひとりさまご飯」の文化が成熟していますよね。

 

ひとりで入りやすい飲食店がた〜〜〜〜〜くさんあって、

趣味・食べ歩きの私からすると、うきうきします!

 

ぷらぷらしていたら、ふと目に留まったのが

新宿のルミネ2の「HAND&BAKES」というお店。

 

上りエスカレーターのすぐそばにあるので、

「あっ!見たことある!」

って方も多いかもしれませんねー。



デリプレート&グリルドチキン(¥1,300くらい)をチョイスしました。

 

このプレートの良いところは、

 

●たくさんあるデリのメニュ―の中から選べること。
●ご飯が玄米ご飯であること。

 

です!

 

玄米ご飯のぷちぷち感と味が大好きなので、うれしかった〜!

言わずもがな、玄米がとってもヘルシーな点も気にいってます。

 

チョイスしたデリは、

 

・季節野菜のラタトゥイユ

・かぼちゃサラダ

・5種類の豆サラダ

・サツマイモのハニーフリット

 

です。

グリルしたチキンのそばにはオレンジが添えられていました!

まぁ、おしゃれ♡

 

あと、+300円でスパークリングワインやグラスワイン(赤・白)も選べます。

これは、かなりコスパが良いと思った。

 

しかも、きっと、お客様の回転が良いのでしょう。

スパークリングワインは、しっかりとシュワシュワしており、

立ち上る気泡が美しかったです!

 

ただこのお店、Twitterやインスタグラムを見てみると、

タルトが熱いんですね。

 

・・・・・ってことに気づいて、スマホから顔を上げて周りを見渡すと、

周りの方のほとんどが、み〜〜〜んなタルトを選んでました。

 

やられた(笑)。

 

次回は、リベンジいたしますぞ!

 

 

"変な人"って褒め言葉!

  • 2017.09.12 Tuesday
  • 18:49

今日は、Facebook(フェイスブック)で

たくさんの方から「いいね!」やコメントをいただいた内容のシェアです。

 

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

福岡にいたとき、学校で「変わっとうよね」と周りから言われていて、

なかなかに辛い時期を過ごしたことがありました。

青春時代の苦い一ページです・・・(汗)。

 

でも!!!

 

18歳で大学進学のために東京に出てみると、

東京の街には私以上に”変な人”であふれていて(笑)、

私は変人でも何でもなくなって、心の底からホッとしたおぼえがあります。

 

それ以来、年齢を重ねるごとに、自分と同じ種類の人が周りに増えていき、

今はずいぶんと生きやすくなりました。

 

協調性がなかった私を忍耐強く受け入れてくれた大学時代のゼミ仲間とか、

辛抱強く雇用し続けてくれて、さらには「能力が開花するように」って

仕組みを変えて育ててくれた前々職の宝飾メーカーとか、

「集団行動ってこんなに楽しいんだ!」ってことを教えてくれた”さろん木々”の皆さまとか・・・。

 

周りの人たちの器の大きさのおかげで、

私はなんとか社会性が育まれつつあります(^^)

 

「変人」ていうのも、実は、世の中って広くて色んな人がいるから、

自分はそれほど変人でもないと思えてくるし、

万が一、「変」と言われても、落ち込むことは何もありません。

その「変」な部分こそ、かけがえのない自分だけの個性になりますからね!

 

 

にぎやかな時間を過ごしたあとにおとずれた静かな時間のなかで、

そんな物思いにふけりました。

 

 

懐かしい思い出。DEAN&DELUCA(東京・新宿バスタ)

  • 2017.09.11 Monday
  • 19:01

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

DEAN&DELUCA(ディーン&デルーカ)」。

皆さまの人生のなかで初めて登場したのは、いつ、そしてどこですか?

 

ニューヨーク発のフードのセレクトショップ。

2003年に東京に上陸しているので、

東京の方にとっては、なじみが深いと思いますーーー!

 

私がDEAN&DELUCAに出会ったのは、2009年。

すでに東京に上陸していたのですが、関西在住だったせいか、全然それを知らなくて。

ニューヨークに行ったときに初めてその存在を知りました。

 

出張でニューヨークに行かせてもらったときのこと。

オフィスに朝早く行き過ぎちゃって、現地の駐在員の方に

 

「朝ごはん、買いに行っちゃいますかーーー?」

 

って、連れて行ってもらったのがDEAN&DELUCAでした。

 

朝早かったけど、ミッドタウンのロックフェラーセンター内のDEAN&DELUCAのショップには、

たくさんのオフィスワーカーがいました。

 

私は、レーズンがのってバターがたっぷりのベーグルをオーダーして、

グリルしてもらいました。

 

Amy's Bread(エイミーズ・ブレッド)のクッキーもセレクトされていたなぁ。

このクッキーは「世界一位美味しい」って思ってました!

(世界中のクッキーを食べたわけじゃないけど〜www)
 

そんなDEAN&DELUCAが新宿のバスタという、とても便利な場所にOPENしています!


ここのカフェは人気すぎて、人でごったがえしていましたが、

アメリカンなバナナブレッドと、水出しアイスコーヒーを楽しんできました!

 

おうちの方へのおみやげとして、テイクアウトすることもできます。

かわいいし、おしゃれだし、おいしいからおすすめです。

 

アオジ(=主人)に

 

「DEAN&DELUCAって知ってる?」

 

と聞くと、

 

「そのトートバッグ持っている人、けっこういるよね」

 

と。

 

あれ、スマホばかり見ているイメージがあったけど、

道歩く方々の小物類はチェックしておられるのですね(笑)。

やっぱり、商売柄だな―――♪

 

 

貞松社長がパネルディスカッションに@JJFの会場にて

  • 2017.09.07 Thursday
  • 18:53

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

ブログの記事を書くのに、

ちょっと間が空いてしまいました(汗)・・・

 

今日は、商品部のお仕事をしていました。

宝石や貴金属などの材料が届いたり、

アトリエから完成品が届いたり!!!

 

そして、商品部の要(かなめ)となるNさんが公休なので、

「できるところまで、自分たちでやってみようではないか!!!」

と、朝からはりきって仕事に取りかかったものの、

細かいところに来ると、手が止まる(涙)。

 

「勝手に進めてはいけない匂いがしますね、これは」というものには、

「Nさんに確認してから進める」のポストイットが次々と貼られてゆきます(笑)。

 

事務のお仕事って、好きです。

確実に達成感を感じられる業務が多いから、

毎日、毎日、喜びを感じられる幸せな仕事♪

 

さて!

 

・・・・・って、前置き、ながーーーーー(笑)。

 

今日の本題は・・・・・宝飾業者むけのセミナー。

 

宝飾の業者向けの展示会(=仕入れ会)は、

1月、5月、8月、10月に東京や神戸で大規模なものが行われます。

 

どの展示会でも楽しみにしているのが、セミナー。

ここで専門家から旬なお話を聞くのが好きなんですねーー。

 

色んな種類のセミナーが用意されているので、

自分の興味のある分野を選ぶことができるんですよ。

 

これ、いいですよね!

能動的になれる!!!

 

今回、楽しみにしていたのは、

お客さまとの関係性の構築のパネルディスカッションでした。

 

どんなふうにお客さまと出会って、

どうやってお店に足をお運びいただいているのかについて、

各会社の取り組みを知ることができました!

 

「フェスタリア(株式会社サダマツ)」の貞松 隆弥社長が

パネリストとして登壇されていました。

 

iPhoneImage.png

(超気さくだった貞松社長。50代とは思えないほどの若々しさ〜!)

 

共感した!!!

 

言葉がエネルギーに満ち溢れているのに、あたたかみがあって、

まさに、”Cool head, but warm heart”な方!

 

言葉のシャワーを浴びているうちに、

聴いているこちらまで頭良くなった気になってしまったので、キケンです(笑)。

 

●サンキューレターは手書きじゃないと、絶対に。One to One!

システムだけでは、顧客化はできません。

 

●”精神価値”を中心に据えて、ファッション価値も絡めていく。

(※”精神価値”については、たぶん、それだけで2時間くらい講演ができるくらい厚みのあるお話です)

 

●ジュエリーや我々のブランドを好きになって頂くという行為を繰り返していただかないと、

お客さまになってもらえないと思う。

 

●ECのお客様は、ひじょう〜〜〜〜〜に流動的。

 

「うんうん、うんうん!!!」って思いながら聴いていました。

 

そして、最後のほうで・・・・・

 

うちは、社員にSNSをやるように奨励しています

 

・・・・っておっしゃったんです!

 

Wooooooow!!!!

 

普通は(って、何が”普通”なのかはわかりませんが・・・)、

大企業はSNSが禁じられている会社が多いのですが、

そうじゃない会社がここにあった・・・・!!!

 

Twitter、インスタ、そしてブログ、HPで、どうやって発信していっているか?

さらには、貞松社長個人のFacebookでの売り上げ額についても言及されていました。

 

まさに、ヤマトヤでも取り組みが始まったところだったので、

ものすごーーーーーく共感する!!!って思いました。

 

そこで、もう一度、この言葉を思い出しちゃうわけです。

 

「僕ら宝飾業界が、お客様とのあいだにあるギャップを

知らず知らずのうちに広げていったのではないか?」

 

仕事をするときに、この言葉をいつも思い出します。

お店の宝飾コーナーのことを考えるときも、

紙媒体やSNSで宝石の事を発信するときも。

 

「ギャップ、広げちゃってないかな?」って。

 

よし、今日もがんばるぞ〜!

(”今日”って、もうあと5時間しかないけど〜)

 

 

 

 

夏の名残り、秋の始まり

  • 2017.09.03 Sunday
  • 21:12

午前中に、映画『利休にたずねよ』を見て、

千 利休の静謐な佇まいに魅了されて、

急に、お部屋のお掃除を塩水で清める感じで始めてしまいました(笑)。

 

すぐに映画に影響されてしまいがちな、

ヤマトヤのすみかです(笑)。

 

今日は休日でしたーー!

 

数日前に腰をひどく痛めてしまって、

会社を早退してしまい、

仕事に影響でてしまって情けないなーーーー、と、

ストレッチ&ヨガ&運動を再開しました。

朝のウォーキング。

 

普段、車で通っていて

 

「ここの曲がり角を曲がったらどこへ行くのだろう?」

 

・・・・・と、不思議に思っていたところを、

徒歩で曲がってみました。

 

御殿場出身じゃない私にとって、

御殿場の街の全てが冒険地帯。

 

迷ったら、箱根の風車を見ながら軌道修正します!



行く先々で、お花が見れるのも楽しみ♡

これは、アザミかな?

しばし観察していたら、蝶々が盛んにやってきてました。

蝶々たちのあいだで人気があるのかな(笑)。


カタバミのそばに咲いていたお花。

 


淡いピンク色のお花。

たくさん集まると、美しいというよりかわいらしさが増しますね。

 

そして・・・・・

夏の名残りとして、朝顔が咲いていました。

 

朝顔が咲く時間帯に、あんまりお散歩に行かないので、

なんだか、このお花が新鮮に見えました。

 

そして、夏の名残りがあれば、秋の始まりもしっかりとあります。

キバナコスモス。

 

”キバナ”というよりは、ほぼオレンジ色ですねっ♡

好きだなぁ、このコスモス。

 

今時分、御殿場のあちこちに咲いていますよね。

原っぱにも、民家にも。

 


今日は、御殿場東小学校よりもさらに東側をお散歩しました。

とちゅう、「りとるぱいん」てとこで迷った。

 

この時期は黄金色にそまった田んぼを見ていると

迷うもの楽しいんですよね。

昔、ものすごくお世話になった方と再会した!

  • 2017.08.31 Thursday
  • 16:50

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

昨日まで、ジュエリーの仕入れ会場にいました(in 東京ビッグサイト)。

 

とっても広い会場なのですが、

おととい、偶然にも、小原社長にお会いしました。

 

前回お会いしたときはお互いが動く歩道にいたけど(笑)、

今回は会場でお会いしたので、椅子に座ってお話できました。

(前回の様子。動く歩道と、動く歩道のはざまだった(笑))。

 

北海道の幅広い地域で、時計・宝飾・メガネの小売店を展開されている小原社長。

初めてお会いしたのは、もう10年以上前のことです。

そのとき、私はメーカーの営業という立場でした。

 

20代のころ、営業マンとして決して一流とは言えなかった私を相手に、

商談のために、たくさん時間を割いてくださっていたことを思うと、

頭があがりません(汗)。

てか、思い出せば思い出すほど、青ざめる・・・・・・(汗)

 

小原社長と言えば、お若い(当時は30代前半)社長さんだったけれど、

どんなに厳しい商談内容のときでも、憤怒(ふんぬ)することなど決してなく、

あたたかい言葉かつ冷静な言葉しか出てこなかった。

 

経営者としても、人としても、器が大きくて、

 

「大人として、かくあるべき」

 

と、帰りの飛行機の中で何度も思ったものでした。

 

今は、不思議なご縁で、

私もメーカーの営業という立場から、小売業に携わる立場へ。

小原社長の背中を追いかける身となりました。

うん、背中が見えなくならないように追いかけていかねば!!!

 

・・・・で、ふと気づけば、俄(NIWAKA)の取扱い店舗のオーナーらしく、

全員NIWAKAの指輪をつけていたよね(笑)。

小原社長はN.Y.NIWAKAの「レゾナンス」。

アオジ&私はNIWAKAの「相互」。

 

まばゆい輝きを放つN.Y.NIWAKAの指輪「レゾンナス」

アオジが着けさせてもらってました(笑)。

あまりにも指輪がラグジュアリーで素敵すぎて、
ちょっと照れてしまっていますが(笑)。

 

時間が流れるって、不思議だなぁ、って

この日も思いました(^^)

 

 

 

貞松社長の言葉のパワーが好きです

  • 2017.08.29 Tuesday
  • 23:26

先日、東京ビッグサイトの広い会場で、貞松社長と偶然お会いできました。

あまりにも偶然すぎて、アオジ(=主事人)と一緒に驚いてみたよ(笑)

 

大手宝飾メーカーであり、宝飾店を全国展開されておられる、

上場企業・株式会社サダマツの貞松 隆弥社長!!!

 

みなさま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです!

 

「僕ら宝飾業界が、お客様とのあいだにあるギャップを

知らず知らずのうちに広げていったのではないか?」

 

これは、去年(2016年)の秋に

貞松社長がIJTのセミナーにて、会場へ問いかけた言葉。

 

”斜陽産業”、”マーケットがシュリンクしている”

なんて言われてしまっている宝飾業界ですが、

貞松社長の言葉を聞いて、

 

”自分たちの仕事を振り返って、

もっともっと自分たちができることってあるよね、と。”

 

私は、そんなふうに受け止め、感じました。

 

今回のジュエリーの仕入れ会(JJF)の会場でも、

 

「どこも厳しいらしいね」「昔と違って、今は●●な時代ですからねぇ〜」

 

やっぱり、そんな声がチラホラと聞こえてきます。

主人と私は、なるべくそういう言葉は使わないようにしているんです。

 

時代のせいだけじゃないと思うから・・・・・・。

 

「そういう感覚って間違ってなかったね!」と、

去年の貞松社長のセミナーを聴いて感じました。

そこから、Facebookの発信を追いかけるようになりました!

 

そんな、貞松社長がJJFの会場内を。お一人で歩いていたので、

ついつい、お声がけさせていただいました。

 

たった1回しかお会いしていないのに、

私たち夫婦のFacebookの発信を見てくださっていて、

しかも、

 

「二人とも、いつも一緒だよね〜。仲良いよね〜」

 

って言ってくださって(笑)。

 

とってもフレンドリーで、にっこにこな笑顔で

応対してくださいました。

 

サダマツだけが一人勝ちしても意味がないんです。

皆さんと一緒に宝飾業界を盛り上げていきたい

 

去年のセミナーは、そんな言葉締めくくられました。

とても静かにおっしゃいましたが、

胸にせまるものがありました。

 

この日、会場で偶然お会いできたのも、

きっと何か意味があるんだろうな。

 

今日はパネルディスカッションも聴けたので、

その内容はゆっくりと咀嚼して、後日ブログにアップしますね。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM