他人をうらやむ気持ち

  • 2017.08.28 Monday
  • 08:10

小さいころから、母がよく言っていたのが、

「他人を”うらやましい”と思うヒマがあるなら、
まず、自分が努力しなさい」

って。

「自分が努力しなさい」の部分は、ときと場合によってあれこれ変わります。

「ピアノの練習しなさい」だったり、
「宿題しなさい」だったり(笑)。

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。


 

 

大人になると、母の教えをフッと思い出すことが多くなりました。

他人のことを強烈にうらやましいと思わない、自分は自分のできることをやる、
そんなことが身についたのはまぎれもなく母のおかげです。


「あの人いいね、この人いいね、っち思っとっても、そこからはなぁーーんも生まれんやろう?」

って。


でも、それとは別に課題があって。

人への好き嫌いが非常に激しいんです。
またその感情を全身で表現するので、 人間的にアンバランスなとこはまだまだあります・・・(焦)


人のことで自分のペースが乱れることがあるんですねー。

これは、時間がもったいないなぁ、って自分でも思うし、
知らず知らずのうちに、人との縁を逃しているのかなぁ?って思っちゃいます。

「来る者(嫌いな人)をかたくなに拒み、
去る者(好きな人)は全力疾走して追いかけて」いるため、

もうちょっと心中おだやかになるにはどうすればいいか?みたいなことを考えたりします。

いつも温厚なアオジ(=主人)を見ていると、その穏やかがゆえに、 たくさんの人が集まってきてるもんねぇ、、、
・・・なんてことを、東京行きのバスの中で考えました^ ^。

乗り物に乗ると内向的になるなぁ(笑)。

では、JJF(ジュエリーの大規模な仕入れ会)へ行ってきます!

皆様もどうか良い一日をお過ごしくださいね!
 

摘んだナズナを、もらいました!

  • 2017.08.24 Thursday
  • 15:00

昨日、今日と急に暑くなりましたね。

 

それまでは、雨がしとしと降り、夜になると冷え込み、

めっきり秋の気配がしていたのですが、

いやーーー、そんな簡単には暑さは去ってくれません。

もうしばらくは夏に付き合わないと・・・・ですね。

 

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

ヤマトヤ本部では、毎週月曜日が朝礼の日です。

最近始まった本部の慣習で、ひとり一つずつ、何か話を披露することになっています。

 

家族のなかであったジーーンとすることだったり、

マクドナルドが地域限定メニュを出してる、っていうお役立ち情報だったり、

さまざまな話が飛び出てきて、いつもとっても楽しみにしているんです。

 

で、話す人は、

「今週は●●部」「来週は、△△部」

と、当番制になっているのですが、この日はたまたまピンチヒッターに♪

 

そこで、NAZUNA(ナズナ)さんのアトリエ訪問のことを

はりきってお話してみました。

 

そしたら、夕方。

マダムスタッフが、

 

「今日はありがとう〜」

 

って、摘んできたナズナをくれましたーー!!!

ほらっ!

 

誰かに摘んでもらったお花をもらうなんて、
小学校時代以来です!

若くて青々しいナズナ。

さっそくテーブルに飾りました。

 

小さなコップを花瓶替わりに、毎朝お水を換えています♪

 

誰かのために草花を摘んで持って帰る・・・・

そんな心を忘れかけていたのですが、

もらうと嬉しいものですよね〜!

 

しかも、私の話(ナズナさん訪問)にちなんで、ナズナを摘むなんて、粋です。

 

ありがとうございます〜!

 

 

 

 

 

 

ミックリーナで誕生日会

  • 2017.08.23 Wednesday
  • 17:07

アオジ(=主人)のつながりには、あたたかいご縁が多くて♪

 

こちら、Hさん、Iさん、アオジは

お互いのバースデーをお祝いすることを

もう、何年も続けているトリオです。

 

この日も、わいわいと楽しかったなーーー。

特にHさんはお休みになると海外か箱根にいらっしゃるので、

旅にに関するお話がおもしろくって!

あれこれ根ほり葉ほり聞いてきました。

 

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。


(Hさん、Iさん、アオジ(笑))

 

そして、なんと10カ月ぶりのミックリーナさん。

木佐貫シェフ、ほんとうにご無沙汰してしまってましたーーー!

(プルスケッタ。鶏肉のレバー(左)と、トマト&ツナ)

 

Facebookで、木佐貫シェフには「いいね!」を頂いたりしているから、

10カ月ぶりな感じはしないんですが、

我が家で「ミックリーナに行けてない」ってことが

夫婦ケンカのタネになるくらい行きたかったので、

ようやく、ようやく来れた感じです。

 

うふふふ。

 

そして、やっぱり「さすがだなぁーーー」と思ったのが、バーニャカウダ。

(オクラの花も入っている生野菜たち)


バーニャカウダは、”熱い風呂”という語源どおり、

あっつあつのソースに生野菜を浸しながら頂くもの。

これにお目にかかれて、ほんとうに嬉しかった〜!!!

 

次は・・・・

アジのカルパッチョ添えに・・・・・

 


サザエ×ガーリックの一品など、白ワインのすすむお料理が続きました。

 


ピザは、生ハムのマルゲリータに・・・・


パスタは、シラスのペペロンチーノ。


最後は、豚肉のグリルでした。

 

Hさんがアレンジしてくださって、

今回は、コース料理で予約してくださいました〜!

 

久しぶりに会う方との食事は、

コース料理も良いですよね。

会話が途切れないので(笑)。



ドルチェは、ユニークな形のプレートに乗っていました。


お誕生日だったアオジ(=主人)とIさんに、

Hさんが、バースデープレートを用意していてくれました。

 

アオジは、ワインを飲んで顔をまっかにしながら、

嬉しそうに顔ほころばせていました。

 

「次は年末、すみかちゃんのお誕生日のときだね!」って、

Hさんがおっしゃってくださって。

 

トリオに、私も混ぜてもらってます(笑)。

楽しみだなぁ〜、年末♪♪♪



 

「アンの家」(御殿場)でカレー

  • 2017.08.21 Monday
  • 18:50

昨日は、休日でしたー。

午前中は久しぶりに草むしりをして、

午後からは家のテレビの前で、大好きな高校野球の感染をしました。

夕方からは本を読み、震え上がり(←人間が一番怖いパターンの短編小説集)ました。

 

みなさま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

御殿場育ちの方で、きっと知らない人はいない「アンの家」。

先日、アオジ(=主人)と行ってきましたよ〜!

アオジは初めてだったかなーー。

 

里山のそばの”農道”と呼ばれる車道を運転して、

林の中から赤い壁が見えてきたら、それが「アンの家」です。

このロケーションと、ひっそりした雰囲気が好きで通っています。

 

いつもは、珈琲やケーキを頂くことが多いのですが、

この日は初めてカレーを頂いてみました。


その名も、「ハンバーグホットカレー」

 

”ホットカレー”と言っているだけあって、かなり辛いです!

辛い物はわりと好きなので、美味しくいただけましたよ。

ハンバーグも、しっかりした生地で作られていて、

肉のうまみがギュッと感じられます。

 

メニューには、辛くないカレーも用意があるみたいですね。

その日の気分によって、変えられるからうれしいな〜。


生クリームたっぷりのチョコレートケーキ
(生クリームは苦手なのですが、この生クリームは甘ったるくなくて好きです!)


昔ながらのプリン。

あ、こちらも生クリームたっぷりですね。

 

珈琲を飲みながら、アオジ(=主人)とおしゃべりしました。

 

そうそう。

 

アオジが

 

「あっ!」

 

というので、

 

「何!?」

 

と尋ねると、

 

「時計がある」

 

って。

 

どこに・・・・・・???

 

時計屋なので、飲食店に行くと必ず掛け時計とか見ちゃうんですが、

この壁には掛け時計はありません・・・・???

 

と、見せかけておいて・・・・・・

あった!!!

 

扉の右側にありました。

 

一見、細長い枠に入れられた絵画に見えましたが、

これは、きちんと駆動している時計でした。

 

ファンタジックな掛け時計、かわいかったです!

 

 

甲府の人気ランチスポット、「とだ」のおうどん

  • 2017.08.20 Sunday
  • 16:06

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

先日、ジュエリーのアトリエへおじゃましました。

 

そのときの、草花でいっぱいの夢のようなアトリエ訪問記は

こちらの記事に書いていました!→ http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=657

 

そのときのお昼ご飯 in 甲府は・・・・・・

「とだ」というおうどん屋さんです。

 

お店のなかは広くて、ざっと50人くらいはキャパのあるお店ですが、

人でいっぱい!

駐車場も車でいっぱい!

 

「むむ!これは人気店のにおいがする!」

 

ってことで、期待がふくらみました。

 

アオジ(=主人)も私も、

天ぷらワカメ肉うどんの大盛りを頼みました。

 

P1020822_R.JPG

わかめたっぷり。キャベツもたっぷり。

意外とお野菜が摂取できたので良かったです。

(野菜をたくさん食べると、体調がよくなるので〜)

 

 

P1020823_R.JPG

うどんの麺の堅さは、

いわゆる”吉田うどん”と呼ばれる、非常にコシが強く、堅さのある麺でした。

 

※堅い麺が苦手な方は、普通のおうどんと同じような堅さに茹でてもらえますよ。

お店の方に言ってみてくださいね!

 

麺に強いコシがあるため、お箸では切れません。

しっかりと何度も噛みながら頂きます!

 

お出汁もコクがあって、おいしかったですよ〜!

関西の昆布出汁の優しい味も好きですが、

「とだ」の濃いお出汁、特に夏は最高ですね。

 

 

 

 

NAZUNA(ナズナ)のアトリエ訪問!

  • 2017.08.19 Saturday
  • 18:42

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

昨日、山梨県のアトリエに訪問していました〜!

 

ジュエリーのアトリエ「MIKI Jewelry design studio」です。

http://nazuna-miki.com/

 

P1020782_R.JPG

真っ白い建物のそばには、オリーブの木が植えられていました。

 

デザイナーであり、職人でもある三木先生が

 

「失敗からアイディアが浮かぶこともあるんです」

 

という静かな言葉がとても印象的でした。

 

ジュエリー業界の常識的なところでは、

 

「その場合は外注に出す」

 

という場合でも、三木先生はご自身でやってみて、失敗をして、

そうやってジュエリーづくりに向き合っておられました。

 

日本でも、トップレベルの技術をもつ職人さんでも、

そうやって試行錯誤されているんだなぁ〜と、とっても感激ました。

 

アトリエのあちこちに、ブランド名の”ナズナ”を見受けることができました。

P1020775_R.JPG

エントランスでも・・・・・

 

P1020818_R.JPG

コーヒーカップにも。

 

(※三木先生は、ジュエリーだけでなく、焼き物もされています)

 

三木先生は、お庭に咲いている花や、植物から着想を得て、

美しいジュエリーを生み出しておられます。

 

アトリエで見かけたのも・・・・・・・・

P1020754_R.JPG

葉っぱモチーフのピアス(製作途中)だったり・・・・

 

P1020762_R.JPG

小さなお花をかたどった鏨(たがね)だったり。

 

P1020770_R.JPG

ワックスツリーもたっくさんのお花がありました。

 

また、アトリエのいたるところに、

大きな木の幹があって、そこにはジュエリー製作に使われる道具がかかっていました。

P1020768_R.JPG

小さなホウキや槌(つち)。

道具までも、おしゃれに配置されています。

 

アトリエはこざっぱりと清潔感があって、

「まさにここで、美しいものが生み出されるんだなぁ」

と、感慨深くなりました。

 

あと、アトリエ訪問の醍醐味と言えば・・・・・

P1020738_R.JPG

めずらしい原石が見れること!

 

机の上に置いていると、なんてことない鉱物も、

こうやって光にかざしてみると、美しく透き通って見えました。

 

アトリエでお話を伺ったあとは、アトリエの向かい側に建っているギャラリーへおじゃましました。

P1020807_R.JPG

飛び石は、草花たちで彩られていました。

 

華美な花はひとつもなくて、みんなひっそりとしているお花が多いのだけれど、

丹念に手入れされているおかげで、

見る人がハッとするような美しさをたたえていました。

 

そして、とっても嬉しかったのが・・・・・

P1020798_R.JPG

こちら!

 

ギャラリーのスタッフさんが、私たちを迎えるにあたって、

こうやって大きな石壺に水を張って、お花を浮かべてくださっていました。

 

なにげに、四葉のクローバーがあるのを見つけて、

その心遣いにじーーーんとしました。

 

ギャラリーは三木先生の美意識が細部に宿っていて、

それはそれはもう・・・・・・。

 

P1020793_R.JPG

小さな祠のような焼き物は、三木先生自作の陶器。

このなかに、ジュエリーがディスプレイされていました。

 

P1020794_R.JPG

絵の中の一部みたい!

 

ギャラリーのなかにあった多くのジュエリー作品が、

このように焼き物のなかにディスプレイされていました。

 

こちらは・・・・・

P1020787_R.JPG

葉っぱのブローチ

 

アトリエにも、ギャラリーにも、

無駄をそぎ落とした簡素美な空間があるのですが、

やっぱり三木先生のお人柄のおかげか、あったかい空気を感じました。

その場所にいる人みんなの心が穏やかになるような・・・。

 

10月19日(木)から始まるヤマトヤの展示会「大和屋祭」

ここで、NAZUNAのジュエリーをご覧いただくことができます。

 

楽しみにしていてくださいね〜!

インスタグラムに載せるときの写真と、現実とのギャップ(笑)

  • 2017.08.17 Thursday
  • 13:02

このところ、夜が寒い御殿場です。

就寝時は気温20度まで下がっていたので、

一番冷え込むときだと、もっと気温が低いっぽいです。

 

毛布を出してきて、

風邪予防に努めています。

 

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

もともと、目の前にお料理が並ぶと、とにかく写真を撮っていましたが、

最近は、写真を上手に撮る練習も兼ねて、よりいっそう撮るようにしています。

 

撮った写真は、FacebookやTwitter、インスタグラムへ・・・・。

 

SNSの中でも、特に、インスタグラム(写真メインのSNS)へフード写真を載せるときは、

かっこいい写真を選びます!!!


こんな感じとか・・・・

 



こんな感じとか。

 

ただし、

 

「もう、撮影はしないだろう」

 

と、気を抜くときもあります(笑)。

こんなふうになります。

 

(※気を抜いたときのほうが、オムレツがうまく焼けたという、シニカルな状況でしたけどね〜(汗))

 

「冷やしうどん×やたら」とうメニューのときも・・・・・・・

インスタグラムに載せる写真を撮るときは、

こうやって、量を少なめにして盛り付けます。

 

でも、本音を言うと、おなかいっぱいに食べたいので、

現実的な盛り付けは・・・・・・・

こうなりますよね(笑)。

 

モリモリにおうどんを盛り付けるので、

器の柄が見えやしない(笑)。

 

だって・・・・、いっぱい食べたいから!

それが、現実だから!!!

 

以上、表舞台(インスタグラムに掲載するお写真)と、

舞台裏(現実的お写真)の違いについてでした〜!

 

SNS投稿あるある・・・・かなっ?

 

 

お料理はもちろん、サービスも良かったぁ!浜松の「バールmabuchi」

  • 2017.08.12 Saturday
  • 16:42

みなさま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

先日、ヤマトヤの浜松店へ出張にいったときに、

 

「夜、ご飯食べに行きましょう〜」

 

というノリになったので、

チーム浜松と夜ごはんに行ってきました。

 

すごいなーーーと思ったのが、

浜松の、週末の夜の賑わいっぷりがすごかったこと!

 

もう、”賑わい”っていうか、”熱気”のようだな〜と。

 

あちこちの飲食店で、人であふれかえっていたようです。

 

私が連れて行ってもらった「バールmabuchi」も、そうでした。

80人くらい座れそうな大きな箱のお店なのですが、

9時ごろになると、もう、満席!

 

サービスもほっこりあたたかくて素晴らしかったので

このお店のこと、皆さまにシェアさせていただきますね〜!

 

IMG_4090_R.JPG

こちらはお店の外観なのですが、

ここから階段を下っていくと・・・

 

IMG_4091_R.JPG

「バールmabuchi」で働いているスタッフさんが

顔写真入りで紹介されていました。

 

そこから醸し出される快活さ!

 

「きっと良いお店なんだろうな〜」

 

って。

 

IMG_4094_R.JPG

(フライドオニオンがトッピングされたサラダ)

 

店内に入ってみると、やっぱりその予感は的中しました。

どのスタッフさんも、口角がキュキュキュッと上がっている。

 

そして、目配り&気配りがハンパないんです。

(私の苦手分野なので、感動もなおさら!)

 

IMG_4096_R.JPG

(ロゼ色をしたお肉がきれいでした)

 

もちろん、お料理も申し分ないです〜!

東京での流行りがふわっと反映されているような気がしました。

 

2010年にオープンしたお店なのですが、

7年間も、あの激戦区の繁華街でお店をやっていけてるって、

すごいなーーーーって思います。

 

 

IMG_4101_R.JPG

真ん中に玉子の黄身が・・・・♡

 

まぁ、こうなっていたら・・・・・・

 

IMG_4103_R.JPG

玉子を割って、フォトジェニック度を高めたくなりますよね(笑)。

 

ここまでのお料理を、ほぼ一気に頼んで

テーブルがいっぱいになったところでお店の方が、

 

「パスタは・・・・もう少したってからにしますか?」

 

って、聞いてくれたんです。

 

一品料理で、ワインをゆっくりと飲みたかったので、

この絶妙な提案が、ほんとうに嬉しかった。

 

(ワイン好きな私でも、パスタでワインがぐいぐい進むことは

さすがにないので〜〜(笑))

 

IMG_4106_R.JPG

あれ・・・・・?これ、パスタ!?

 

と、心配になるほど、お肉でいっぱいのポモドーロ。

IMG_4112_R_R.JPG

はい、ちゃんとポモドーロ(パスタ)でした〜♡

 

浜松は、御殿場から150キロ離れていて、

東京(100キロ)よりも遠いんです。

 

だから、チーム浜松メンバーとは、

普段、あんまり会えないぶん、この日のこの時間は、

とっても貴重で、楽しい時間が過ごせました!!!

 

来月も行けるといいな〜!

 

 

 

 

 

 

 

本読みDAY〜『柩の中の猫』(小池 真理子)

  • 2017.08.10 Thursday
  • 18:49

三島由紀夫、山田詠美、吉本ばなな、朝井リョウ etc......

 

一度好きになると、その作家さんの小説は

できるだけ、全部、読みます。

 

13年前から好きな小池真理子さんもそう!

 

ただ、小池真理子さんは、作品数が多いので、

「あれ?これ読んでなかったなーー」という作品がちらほら。

古本屋さんで、おどろき、そして焦るパターンです(笑)。

 

この『柩の中のネコ』もそうでした。

だいぶ、悲しい話でした・・・・・・。

 

悲しんだけど、世の条理って、

もしかしたら、そういうもんなのかもしれないなぁ、と。

 

窓の外の青空を見上げながら余韻にひたりましたよ。

こういう余韻は、長編小説の醍醐味ですね 。

 

 

小池真理子さんの作品は、

80年代はサスペンスものを、

90年代以降は、大人の恋愛小説を書いているイメージですが、

そのターニングポイントは、『恋』という作品だと思っていましたが、

実は1990年に発行された『無伴奏』&『柩の中の猫』が転換期だったんですね。

 

『柩の中の猫』のあとがきを読んで、知りました。



ひゃーーー!!!

知っているようで、知らない、好きな作家のこと。

 

久しぶりに読み直しています。

最近、雨の日が多いせいかな♪



 

君の名は・・・・・

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 21:54

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

昨日、ラッキーなものと出会いました!

 

それは・・・・・

 

朝グモ

 

朝、見かけるクモのこと。縁起が良いとされていますよね。

朝掃除のときヤマトヤの事務所では毎朝のように見かけます。

 

でも、今回、見かけた朝グモは、いつものクモと違いました。

 

なぜならば・・・・

キレイな黄緑色の体をしたクモだったんですーーーー!!!

 

びっくりしました!

 

そして、正直、最初はクモだとわかりませんでした・・・。

こんなにキレイなグリーン色のクモは見たことがなかったので。


最初は、クモかどうかもわからなかったのですが、

撮影した画像をたよりに、Googleで調べてみました。

 

「クモ 黄緑色」

 

と。

 

その結果、ワカバクモなんだな、ってことがわかりましたよ。

 

若葉のような色をもつクモってことで、”ワカバグモ”。

名前まできれいですよね。

 

おもわず、このGood luckをみんなとも共有したい!と思って、

FacebookとTwitterでアップしてみたら、

「初めて見た!」という方が多かったです。

 

体長は1センチにも満たない、ほんとうに小さなクモ。

今まで、見逃していたのかな・・・。

 

とにかく、出会えてよかったクモです。

アオジ(=主人)のお誕生日の日に登場したクモだったので、

アオジに良いことが起きるといいな〜。

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM