寄り処 さ々家(御殿場)

  • 2018.01.09 Tuesday
  • 09:30

ガラガラガラ・・・・・扉を開けると、カウンターには既に人々の笑い声で満ち溢れていました。お座敷もカウンターも人でいっぱい。私たちはお店の奥まったところの個室で、食事を取ることになっていました。

 

P1040616_R.JPG

《キリンの生ビール》

 

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです。

 

去年のことですが、「寄り処 ささ家(ささや)」さんへおじゃましたときのレポートです。おいしかったお料理の数々を写真に納めましたので、良かったら最後までご覧いただけると嬉しいです♡

 

この日、集まったメンバーは、「お互いのお誕生日が近くなったらお祝いしあう」という集まり。アオジ(=主人)がかれこれ、もう10年ほど続けて参加している集まりです。私も結婚後、混ぜてもらった(笑)。

 

この日は、私の誕生日ということで、Hさんがお店選びをしてくださっていましたー!コース料理にしてくださいました。

まずは、八寸のように、小さなお料理がちょこちょこっとたくさんプレートに盛られてきました。

P1040621_R.JPG

前菜

 

P1040625_R.JPG

前菜

 

P1040628_R.JPG

前菜

 

はい、前菜 銑を見てもわかるように、日本酒に合うお料理が出てきて、こういうお料理を見ると、ようやく夜のとばりが降りてきたのを体で感じます!

 

つぎに、初めて出会ったお料理です。

P1040636_R.JPG

《白身魚のセロハン蒸し》

 

”セロハン蒸し”という通り、ほんとうに、あのセロハンが器に乗せられてやってきました。どんな感じかと言うと・・・・・

P1040629_R.JPG

こんな感じ!!!”包み蒸し”ですね。「もしかして、今、流行っているのかな?私が知らないだけ?」と思ってネットで調べてみたら、和食屋さんでこういうお料理方法があるようですね。土瓶蒸しの土瓶のかわりにセロハンを使う、なんてお店もあるそうで。

 

セロハンを開けた瞬間に、優しい香りが漂ってきて、ふっくらした白身魚を口に運べばお出汁の滋養を味わえて、いやーーー、見た目は「え!?セロハン!?」ですけど、香り&お味は抜群でした。

 

P1040638_R.JPG

《自家製の胡麻豆腐》

 

もっちりした食感とちょっと甘いタレ。山葵はあんまり使わなかったけど、けっこう大き目な胡麻豆腐だったので、味の変化を楽しみたい方には◎!

 

無類の胡麻豆腐好きなので、スーパーでも新種を発見するとついつい買っちゃいます。でも・・・・。お肉やお野菜だと、値段と味(品質)が比例してくるけど、胡麻豆腐だけは、値段と味は比例していないような気がして・・・・・。今のところ、「食事処で頂く胡麻豆腐に勝るものなし」という結論なのですが、「いやいや、この胡麻豆腐おいしいから、買ってみて」っていう胡麻豆腐がありましたら、こっそり教えてください♡

 

P1040644_R.JPG

《豚肉&焼き味噌》

 

ししとう、キノコも入っておりました。まぁ、日本酒がすすむ一品です。そして、ちょっと珍しいのが、ここでお造りです!

P1040647_R.JPG

《お造り》

 

 

P1040650_R.JPG

《お蕎麦》

 

自然薯がはいっていたような気がするので、おそらくみくりや蕎麦です。人参も入ってるし♡最後、がっつり白ご飯じゃなくて、お蕎麦っていうのも体に優しくていいですね。

 

P1040652_R.JPG

《水物》

 

金粉が散らされた苺。んーーー、その下はババロワ的なものだったのですが、忘れちゃいました・・・・。黒蜜だったような・・。誰か推測してください(笑)。

 

この集まりはいつも四人なんだけど、この日はインフルエンザにかかった人がいたので三人。そのぶん、濃い会話ができてうれしかったなぁ〜。次のこの集まりは2月〜3月。それまでのあいだ、また頑張って働いて、楽しい時間を持てるようにしたいです♡。

 

Hさん、ありがとうございましたーーー!

Iさん、次回はぜひ💛

アオジ(=主人)、忙しい中、ありがとうやで。

 

寄り処 さ々家

住所:御殿場市新橋2001‐9

電話:0550‐84‐3385

 

ジュエリーの撮影に挑戦中です !(^^)!

  • 2018.01.08 Monday
  • 09:00

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・ジュエリー・メガネのヤマトヤ、すみかです。

 

今年から、インスタやブログでもヤマトヤのジュエリーや腕時計を掲載するようになりました。そんなときに気になることと言えば、写真の出来ばえ!「カチッ」っと何かがぴったりになるような瞬間はなかなか訪れてくれいないのですが、それでもそれを目指してシャッターを切り続けます。

 

何枚か、うまく撮れたジュエリーがありますので、ご紹介させていただきますね♪

P1040819_R.JPG

《蝶々の指輪 K18 税込価格:25000円》

 

ゴールド素材の蝶々の指輪。バタフライのモチーフジュエリーは人気が高いジュエリーのひとつ。「蝶々結び」という結び方があるように、誰かと誰かの縁を結んでくれる・・・・・そんな連想が働くせいか、縁起の良いジュエリーです。あと、単純にかわいいですね!

 

角度を変えて見てみると・・・・・

P1040816_R.JPG

《蝶々の指輪 K18 税込価格:25,000円》

 

指輪にふわりと蝶々が舞い降りた様子。リング部分の模様も個性を引き立ててくれています。蝶々が飛び交う季節と言えば春。あったかみのある華やかなゴールド素材もまた、バタフライモチーフにぴったり。なんだか、「この指とまれ」って言いたくなっちゃうようなお写真になりました(笑)。

 

P1040812_R.JPG

《マルチストーンのピンキーリング K10 税込価格:12,500円》

 

ピンキーリングとは、小指に着けるリングのこと。7石の宝石が使われているので、アミュレット(=お守り)のジュエリーにもなりますね。

 

もうちょっと拡大してみてみると・・・・・・・

P1040810_R.JPG

石の色だけでなく、石の大きさも様々です。なかでもセンターに配置されたアメシストがいちばん大きくてスミレのお花のような可憐な存在感を放っています。色もあたたかみのあるピンクゴールド。日本人の肌に最もなじむと言われているカラーゴールドです。

 

P1040809_R.JPG

《フラワーモチーフの指輪 K18 税込価格:35,000円》

 

ダイアモンドリング。お花のかたちをしたデザインです。野原や道路のわきに咲いている野花に、こんなお花がありますよね。

 

P1040807_R.JPG

横から見ると、この指輪も、模様がほどこされていて、植物的な感じを受けます。

 

ジュエリーの撮影をするときは、写真と実物がかけ離れてしまわないように気を配ります。宝石の色みや輝きをが写真ではうまく伝わらないときは、動画を撮ることも。動画だと光をとらえることができるので、ジュエリーの魅力がわかりやすく伝わる可能性が高いかなぁ、と。

 

私のインスタグラムで、ぽつぽつとジュエリーの動画を載せ始めましたので、良かったらチェックしてくださいね。お店のブログでは、ジュエリーのことのみならずスタッフのあれこれも発信していますよ。よろしくお願いいたします(^^)

 

★ヤマトヤ御殿場本店のスタッフBlog★https://ameblo.jp/yamatoyagotembahonten/

★青嶋 純佳のインスタグラム★https://www.instagram.com/positive_girl_sumika/

 

春の七草がゆ

  • 2018.01.07 Sunday
  • 22:02

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです。

 

「今日は、お宅で七草がゆを食べたよ〜」という方も多かったのではないでしょうか?我が家も、「七草がゆセット」を買ってきて、おかゆを作りましたー。

P1040837_R.JPG

 

皆さまは、春の七草を全てそらんじて言えますか?私は、いまだに覚えきれずにいます。もちろん、日本人のたしなみとして、そんなんじゃいかん!と思ってはいて、毎年、必死になって覚えるのですが、どうしても覚えきれずに日にちが経っていき、春がすぎ、夏が来て、お正月が来たときには、またまた春の七草が言えない状態になっている(苦笑)。

 

♪せり

なずな

ごぎょう

はこべら

ほとけのざ

すずな(かぶ) 

すずしろ(大根)♪

 

今年こそは・・・・!!!ってことで、朝からブツブツと七草をくちずさんでいます。

 

正月七日にこの七草がゆを頂くことで、胃を休め、体にも「お正月はもう終わりだぞ」って知らせることになりますね。少々ほろ苦いおかゆ。最後のほうは味に変化をつけるため、お年賀でいただいた今半のつくだ煮を混ぜながら頂いました!

 

今年は、1パックの七草がゆセット(お野菜のみのセットです)に対して、2合のお米でおかゆを作りました。おかゆに対する野菜のの量は好みが分かれるところですが、我が家はこのくらいのバランスがちょうど良かったかなー。ただ、2人で食べるには2合のお粥は大量すぎるので、余ったぶんは冷凍しました。

 

P1040831_R.JPG

《富士山×飛行機雲(1月7日)》

 

正月元旦から7日までずっと晴れていましたね。富士山も毎日のように顔をみせてくれました。明日からお天気が崩れてしまうようです。富士山もちょっとは雲のなかに隠れてひと休み!(^^)! 例年にくらべると雪の量が少ないようなので、雲の中でしっかり雪化粧をしてね♡

 

明日から、また新しい一週間。どうか良い一週間でありますように♪

 

昨日から寒行(かんぎょう)が始まりましたね

  • 2018.01.06 Saturday
  • 10:20

ぽんぽんぽん、ぽ、ぽ、ぽん♪

ぽんぽんぽん、ぽ、ぽ、ぽん♪

 

白装束に身を包んだ方々が行列をなして、太鼓の音を鳴らしながら御殿場市内を練り歩く・・・・・。御殿場の冬の風物詩としてすっかり根付きました。スーパー三徳の社員さんたちが、行っている寒行。今年も始まりましたね。

 

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです!

P1040790_R.JPG

 

暦でいうと”小寒”から節分の前日までの30日ものあいだ、毎日のように御殿場市内を練り歩かれます。雨が降ろうと、雪が積もろうと、商店や各家庭を周り、お経をあげます。ヤマトヤ本部(仲町)の前を走る道路(旧246)は毎日のように通られるため、ヤマトヤ本部スタッフも、毎回全員(緊急時を除く)外に出てお迎えします。

 

P1040792_R.JPG

《寒行の初日はお年賀を頂きました》

 

寒行は小寒(1月5日ごろ)から節分の前日(2月2日ごろ)まで行われます。そして、節分の日にもやって来て、豆まきをしてくださったあとにどら焼きをくださるだんだとか。(「おいしい御殿場日記」的には、どんなどら焼きなのか、注目しています(笑))

 

ヤマトヤ本部で、大田屋(御殿場)さんの花びら餅を頂きました!

  • 2018.01.05 Friday
  • 15:50

「牛蒡とこんなに合うなんてーー!」

「牛蒡がじゃまをしない!」

 

そんな声が飛び交ったお正月のヤマトヤ本部。毎日の恒例といえば、午後三時のお茶の時間。この日は、お正月のこの時期に限定的に販売される「花びら餅」をみんなで頂きました。

 

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです。

 

P1040797_R.JPG

《花びら餅(大田屋)》

 

もうね、ほんとうに「ありがたい」の一言につきます。花びら餅をきちんと作っておられるお菓子屋さんがご近所さんにあるなんて!花びら餅とは、牛蒡(ごぼう)、白味噌(西京味噌)、そして紅色に染められた菱餅を、求肥(もしくは餅)ではさんだ半月状の和菓子のことで(作り手さんによってレシピは微妙に変わります)、和菓子がお好きな方なら必見(必味!?)ですよ〜!

 

P1040800_R.JPG

白味噌が使われていることからもわかるように、花びら餅は関西のほうが知名度が高い和菓子。その起源は平安時代までさかのぼり、もともとは「菱花びら(ひしはなびら)」という宮中のお正月料理だったそうで、「歯固めの儀」(元旦に行われる儀式。年中健康であることを祈願しながら固いものを食べる)で食べられていたとのこと。

 

P1040799_R.JPG

「和菓子に牛蒡(ごぼう)?」「スイーツに牛蒡(ごぼう)?」と思うことなかれ。美しく、こんなふうに美しく成形された牛蒡(ごぼう)と白味噌餡、求肥のハーモニーは、ぜひ一度体験してみることをお勧めします。

 

初釜(お茶)の定番の和菓子でもある花びら餅。大田屋さんでも初釜に合わせて年明けから造っておられます。花びら餅を頂いたあとはお薄(おうす)やお濃茶がまわってくるのですよね。家庭で召し上がるときでも、どうぞ気軽な気分でお抹茶を点てて召し上がってみてくださいね。花びら餅の甘さとお茶のほろ苦さに心がほぐれるはずです。

 

食べているあいだに、だんだん今年もがんばれる気がしてきました(笑)。

 

あ・・・・そうだ!!!上の写真を撮影するときにかなり光をしぼって取ったので、光源を変えて撮ってみたところ・・・・

P1040803_R.JPG

ちゃんと、淡いピンク色をとらえられました〜〜〜!!!この淡い色が春気分をよりいっそう盛り立ててくれて、花びら餅っぽさがあるんですよね。

 

さらに・・・・・

P1040796_R.JPG

かっこいいお年賀まで頂いちゃいました。大田屋様、ありがとうございます!

 

ビシッとかっこよく包装されたお年賀で、中身は「きゃ〜〜♡」っていうキュートなものが入っていましたよ。まだ、お年賀を開けていない方のために、中身は非公開にしておきますね。ふふっ♪

 

 

大田屋製菓店(創業明治13年)

住所:御殿場市御殿場169

電話:0550‐82‐0055

 

 

 

 

 

少し体調を崩した。そんな夜に『OPTION B』

  • 2018.01.04 Thursday
  • 08:24

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです!

 

今日から仕事始めだよーって方もいらっしゃるでしょうか。ヤマトヤ御殿場本店は昨日より初売りスタート!ですが、ヤマトヤ本部は本日より仕事始めでございます。改めまして、本年もよろしくお願いいたします。

 

今日は、新年の朝礼!御殿場を皮切りに裾野、沼津、富士、浜松と行われてゆき、ヤマトヤも新しい未来に向けて本格的に第一歩を踏み出します。

 

そんな最中、スタートダッシュできないでいるのが、ちょっとダウンしてしまっていること・・・・・。お休み中は、普段の倍以上動くからなのか(といっても、「早朝にイチゴの手配」とか「ポチ袋にお年玉の用意」とか、行っていることは地味な内容です)、動悸とめまい。しばらく安静にしていました。

 

親戚での団らんという夕食はパスして、一人部屋にこもって『OPTION B』(オプション・ビー)。著者は『LEAN IN』で女性の働き方を提唱して大ベストセラーをたたきだしたFacebookのCOO、シェリル・サンドバーグ。彼女の2冊目の著作です。

休暇先のメキシコでご主人が急逝してしまい、そこから心が復活していく様子を綴っています。歴史上に残る詩人や哲学者、そして心理学の専門家の言葉の引用がたくさんで、研究者の研究結果の挿入も非常に多い本。見開きページに3人くらい研修者が出てきて、明快に読み進められる本。

 

アメリカ人らしい(皮肉ではなく!)。私の周りにそんな風に会話を進めていく人がいないので、めっちゃ新鮮です(笑)。本を読みながらも、目の前にアメリカ人がいてお話している気分になりました。

 

まだ読みかけですが、これから新年の朝礼に参加してきまーす!皆さま、どうか今日も良い1日をお過ごしくださいね。

 

親戚マダム手づくりのグレープフルーツゼリー

  • 2018.01.03 Wednesday
  • 10:57

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです。

 

ヤマトヤ御殿場本店は本日より営業開始!本日の折り込みチラシでもお知らせさせていただいている初売りがスタートしました。「うち、新聞とってないよ〜。折込チラシが見れないよ〜」というお客様、私の主人(青嶋 寿和)がアップいたしましたヤマトヤのHPをご覧くださいませ♪

http://www.yamatoya-co.com/blog/blogall/2018kessan/

 

さて。ブログタイトルにあるとおり、親戚マダムのおうちにおじゃまして、グレープフルーツゼリーを頂きました〜!

 

毎年恒例で、且つ楽しみにしているのが親戚に会いに行くこと。とても近くに住んでいるので、会いに行こうと思えばいつでも会える距離にいるのですが、お正月という空気がぴーーーーーーーんを澄みわたった中で、いそいそと出かけて行くという、この特別感がたまりません!

 

絵画や彫像がお部屋のなかにセンス良く配置されていて、お部屋にいるだけでアート心がくすぐられる空間。ここに来るたびに心に留まる作品が違います。去年のお正月のときは、細長い彫像2体に心ひかれたけれど、今年は、とある一枚の油絵に心ひかれました。きっと、自分の心の状態がそれぞれに違うからかな・・・・???

 

そんなふうに心に良いパワーをもらえるお部屋のなかでみんなでおしゃべり。親戚マダム手作りのグループフルーツゼリーをいただきながら、ほっこりしたひとときを過ごしてきました〜!

今年もまた頂けて嬉しいなー。このグレープフルーツゼリーを見て猛烈に懐かしくなったのが、京都の平野神社のはすむかいにある「クリケット」のグレープフルーツゼリー。名品すぎて、もはや「クリケット」の代名詞的存在になりました。親戚マダムの自家製グレープフルーツゼリーが、この「クリケット」の味を思い起こさせるんです。果汁の控えめな甘さが引き立つようなお味でした。

 

ただでさえこのグレープフルーツゼリーを人一倍食べているくせに(笑)、他にもお茶を飲んだり、コーヒーを飲んだり、チョコレート菓子をつまんだり。「どんだけ食べんねん」ていうくらい、おいしいものを頂きました。

 

あと、印象深いやりとりだったのがイッタラのコーヒーカップ。

深みのあるブルーだけれど、どこか明るさが感じられるのは、模様のおかげかな?

 

実は、コーヒーソーサを裏返してみると・・・・・・

手描きで「ARABIA」。現在もARABIAシリーズはもちろん人気で、私も大好きなのですが、発売されているソーサーの裏には全て印字された文字。だから、手描きフォントというのがとってもめずらしいんですって。
 

そんなふうにおしゃべりしたり、大笑いしたりしていたら、あっというまに時間が経っていきました。これもまた、良き新年の始まりの恒例行事です。おじゃましました!そしてごちそうさまでした♪

 

この日の手元。お正月というおめでたい日々に合わせてゴールド色。CITIZEN(シチズン)のLight in Black(ライト・イン・ブラック)の限定品。結婚指輪はNIWAKA(俄)の”鯨(くじら)”。普段はプラチナの”相互(そうご)”を身に着けているのですが、腕時計がゴールドのときは、鯨(くじら)に替えています。

 

ブレスレットはアンティークなチェーンが今のブレスレットにはない魅力。こちらは親戚マダムに頂いたもの。ダイア、ルビー、サファイヤが丸の中で自由に動き回る珍しいデザインも気に入っています。今月下旬には東京で大規模な仕入れ会が行われるので、ブレスレットも見てこようと思います!

 

今日も青空が広がっている御殿場。お正月三が日はずっと快晴でしたね。なんだか嬉しくなっちゃうなーーー。今日も、どうか良い一日でありますように!

 

元旦に『マチネの終わりに』(平野啓一郎)

  • 2018.01.02 Tuesday
  • 20:38

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです。

 

今日はお正月二日目。どんな初夢を見られましたか?富士山も、茄子も、鷹も夢に出てこなかった皆さま(私もですが・・)、今朝の御殿場から見える富士山をお届けします。

 

1月2日の恒例タスクとして「いちごの手配」というのがあるのですが(笑)、その帰り道、ちょっと遠回りをしてきた午前8時代の富士山です。昨日に引き続き、雲一つない瞬間。快晴。なんだか、今年も良いことがたくさん起きるんだろうな。そんな予感につつまれた朝でした。

 

さて。元旦は、久しぶりにまとまった時間がとれたため、かねて読みかけていたのにずっと放置していた本を読むことに。2016年に出版されて、じわじわと版を重ねた小説『マチネの終わりに』です。

著者は平野啓一郎さん。(1998年に現役京大生だったときに文芸誌『新潮』に送った小説『日蝕』でデビューして、そのまま芥川賞を受賞したという、センセーショナルなデビューの仕方をされた作家さんです。

 

短編だと『高瀬川』、長編小説だと『かたちだけの愛』などが平野啓一郎さんの小説のなかで恋愛を扱った小説ですが、この『マチネの終わりに』は、主人公二人が浮世離れした美しい世界を読者に見せてくれる一方で、三谷とじゃリーラはとてもリアル。リアルすぎて、それはそれで胸にせまるものがありました。

 

物語のはじめの方は「難解だな〜」と感じていましたが、5章あたりからページをめくる手がとまらなくなり、一気に読みました。結びに近くなってきたとこでは、各登場人物の心境を十分に想像したくなってあえてページをめくる手を止めてみたり。素敵な世界観でした。

 

昨年は30冊くらいしか本を読んでいなかったので、今年はもっと集中して本の世界を味わいたいです。また、印象深い本に出会えたら、ブログでご紹介しますね。

謹賀新年 あけましておめでとうございます

  • 2018.01.01 Monday
  • 23:14

新年、あけましておめでとうございます!

 

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです。

 

元旦の御殿場の朝は、雲一つないすっきりとしたお天気でした。今年の抱負は「頭と体の両方を動かす」です。さっそく、行動に移すべく、朝のお散歩コース(=ベル部長のお散歩コースでもあります)へ。

 

P1040781_R.JPG

《2018年元旦、8時すぎの富士山》

 

去年の元旦も晴れていました。そして2017年は良い一年でした。今年も快晴ってことは、2018年もきっと良い一年になるはず!いや、良い一年にしていきます!

 

ブログやSNSは、個人・会社問わず、質を高めた情報発信を心がけたいです。そのためには、何といっても良質なインプットが不可欠だなぁ、と痛感した一年でした。

 

インプットの仕方は人それぞれ方法がありますが、私は「本を読む」&「人に会う」を繰り返すことがしっくりくるようなので、2018年はこれをもうちょっと加速度的にしようかと思います♪

 

P1040783_R.JPG

社会人ですし、大人ですし、それなりに大変なことにも遭遇するのですが、自分自身がまっとうに過ごしていれば心が不安定になることもありません。知恵ある人々、心優しい人たちの存在があればこそ、なんですけどね!

 

お客様、メーカーさん、ヤマトヤメンバー、家族や友人・知人・・・・、私の周りにいてくれる人たちの笑顔をなるべくたくさん引き出すような一年できたらな・・・って思います。

 

つたないブログですが(本当に)、今年も一年、お付き合いいただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします!

皆さま、ありがとうございました。Goodbye, 2017年!

  • 2017.12.31 Sunday
  • 21:29

さてーー、やって来てしまいました、2017年のラストデイ。紅白歌合戦を背後で聴きつつ、このブログを書いております。皆さま、こんばんは。御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです。

 

数週間前から「今年ってどんな一年だったかな〜?」と振り返って考えていました。今の心境は、2017年がとても良い年だったので、”ゆく年”になりつつあるのが寂しいです。

 

P1020266_R.JPG

 

2017年に起きたことは、一つ一つ細かいところまで克明に覚えていることが多くて、”あのとき漂っていた香り”とか、毎日のお散歩のなかで見つけた野花の色とか、鮮やかに思い起こすことができます。

 

P1020253_R.JPG

 

もちろん良いことばかりではなかったけれど、現実を冷静に見つめられる力を持てたのは、ひとえに周りにいてくれている人たちのおかげでした。

 

P1020278_R.JPG

 

プライベートで過ごしたことが仕事に役立つことが多々ありました。どんな人に会って、どんな本や絵に触れたのかなどなど・・・。ビジネスとプライベートの境目がうすまってきた一年でもありました。

 

新しく出会った方たちも、久しぶりに再会できた方たちも、老若男女問わず、これからもずっと関係をあたためていきたい方々とお会いできました。力強く励ましてくださったり、優しい言葉をかけてくれたり、理知的に支えてくれたり。

 

P1020283_R.JPG

 

来年も良い年にしていきたいです・・・・・♪また、来年も楽しい記事&ヤマトヤのことをお届けできればと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

皆さまにおかれましても、どうか良いお年をお迎えくださいませ。

 

2017年12月大晦日 青嶋 純佳

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM