皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

熱海へぶらり旅。御殿場からだと、新東名〜伊豆縦貫道を使って車で1時間ほど、東京駅からだと、新幹線「ひかり」だと37分、「こだま」でも47分で着く熱海。

 

昭和のノスタルジックな雰囲気が色濃く残る町です。昭和レトロが大好きなワタクシ。今回は、カメラをもって熱海の街を撮影してみました。

 

P1070433_R.JPG

ボンネット。昭和27年(1952年)創業。

 

P1070434_R.JPG

お店の名前の「ボンネット」は、「車のボンネットのことではないですよ〜」ってオーナーさんがおっしゃいました(笑)。そう。この白い看板に横顔の女性がかぶっている帽子のタイプのこと。”ボンネット”というタイプの帽子があるんだそうですね。

 

P1070446_R.JPG

私が「ボンネット」のことを知ったのは3年ほど前、御殿場へ引っ越してきたばかりのころでした。三島由紀夫や谷崎潤一郎など昭和の文豪が頻繁に通った喫茶店がある、って本で読んだのかな〜。

 

三島由紀夫の小説作品が好きな私としては「行ってみたい!」ってずっと思っていましたー。

 

P1070443_R.JPG

このランプはオープン当初のもの。もう、代わりとなるものがないという貴重な電灯。

 

P1070455_R.JPG

ちょうど水曜日ということもあって、店内にふと人が途切れる瞬間がありました。お店の方に「撮っても良いですか」とお願いして撮らせていただきましたーー!

 

P1070454_R.JPG

革張りの椅子も、黒い床も良い雰囲気をかもしだしています。こちらの床は模様がとってもキレイでした。でも、この床も電灯と同じく、代わりのものがなかなか見つからないそうです。

 

P1070469_R.JPG

カウンター席とテーブル席を仕切るこちらのショーケース。このオレンジ色がね〜、レトロ感をさらに増すんですよね。昭和レトロマニアとしてはたまりません♡

 

さて。軽食をば。メニュー表も拝見しましたが、私の心は決まっております(おおげさだなw)。小説家・三島由紀夫が大好きだったというハンバーガーを注文しました〜。

 

P1070457_R.JPG

嬉しかったのが、オニオンとレタスは別添えになっているんです。こうしておくと、オニオン&レタスをバンズのあいだにはさむタイミングが食べる直前になるので、野菜のシャキシャキ感とみずみずしさを楽しむことができました。

 

まぁ、あとは中には「オニオンを抜いてください」っていう方もいらっしゃるんでしょうね。(映画『プラダを着た悪魔』のなかでも、「オニオンベーグルを食べたの、誰?」と、遠まわしにいさめられるシーンがありましたねぇ(笑)。)

 

P1070462_R.JPG

注文が入ってからジュウジュウ音がしていました。肉汁が、肉汁しかない!うぅぅぅーーー!このハンバーガーはほんとうにおいしいんです。

 

 

P1070447_R.JPG

そして、コーヒー。一杯ずつサイフォンで丁寧に入れてくださいます。香りが高く、味も濃いめでした。

 

P1070449_R.JPG

オーナーさんご夫妻のお人柄が素敵で、いろんなお話をしてくださいました。私の好きな三島由紀夫がいつもどの辺に座っていたのかもお尋ねしましたよ(笑)。

 

P1070451_R.JPG

ボンネットのマッチ。主人が煙草を吸いますが、このマッチはもったいなくて使えそうにありません。ボンネットへの初訪問の記念として取っておこうと思います(#^.^#)

 

 

ボンネット

住所:静岡県熱海市銀座町8-14

電話:0557-81-4960

 

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

さて。今日は、IKEA(イケア)港北店のランチをレポしたいと思いますー!

 

IKEA(イケア)の中で食事を取る場所は2か所ありました。1階にはイケアビストロ(ホットドッグやソフトクリームなどの軽食が楽しめます)、2階にはイケアレストラン(スウェーデン料理や季節限定メニューを楽しめます)がありました〜。

(さらに詳しい情報はこちらのオフィシャルページを♪)

 

今回は、2階のイケアレストランへ初めて行ってみました。

 

IMG_0152_R.JPG

まず、入り口でミニワゴンをピックアップします。このミニワゴンは、奥行も横幅も小さめに作られていて、混雑した中でも小回りがきいてとっても使いやすいんです。トレーを差し込めるところが3段あります。

 

IMG_0162_R.JPG

こうやってミニワゴンに何枚もトレーを差し込めるのは、お子様連れの方だったり、荷物が多くて両手がふさがったりしている方にはうれしいですよね〜〜!機能的です!

 

IMG_0167_R.JPG

手前左・ミッドサマープレート(期間限定メニュー)

手前右・フィッシュ&チップス(期間限定メニュー)

奥・野菜カレー

 

手前の2つのプレートは、2018年6月の期間限定メニュー(シーフードフェア)から選びましたー。

 

ミッドサマープレートは、いわゆるイタリアンレストランでいただく”前菜の盛り合わせ”。このミッドサマープレートのの完成度が高すぎて、むしょうに白ワインが飲みたくなりましたー!そんな消費者を見越してか(笑)、白ワインも売られていましたよ。今回は、運転のためあえなく断念しましたが・・・・・。

 

この前菜の盛り合わせには、フードの人気者たちがギュッと集まっています!たとえば・・・・

 

IKEA(イケア)の代表的な一品・ミートボール、イケアレストランの人気者・サーモンマリネ、女性にはうれしい各種ベジタブル、マーケットホールで買うことができる魚のマリネもありました。

 

おいしいランチを頂いたあとは、「あれと同じものを・・・」を、ふらふらとマーケットホールに入り込み、ついつい同じものを買っちゃうんですよね・・・(笑)

 

IMG_0168_R.JPG

フィッシュ&チップス

 

こちらは、言わずとしれたイギリスのポピュラーなディッシュ。プレートの右側に添えられているタルタルソースがナチュラルな味がして気に入りました。まるで、このタルタルソースを食べてもらうために作られたようなお料理です。(はい、もちろん、このタルタルソースもマーケットホールで買いました〜)

 

そうそう。イギリスに一年ほど住んでいたのですが、フィッシュ&チップスは日本のパブで食べた方がおいしいなぁ〜という味の記憶。イギリス人の食への執念がちょっとアレなのか(笑)、それとも日本人のアレンジ力が素晴らしいのか・・・?どうなんでしょ?今、行くと、また食事情は違うのかな?

 

IMG_0169_R.JPG

野菜カレー

 

これは期間限定ではなくって、定番メニュー。二人でペロリと。「たいらげる」という表現がぴったりなくらい高速で食べちゃいました♪

 

イケアレストランのレビューを見ると「安くておいしい、って聞いたのに期待外れだった」と厳しめなコメントがチラホラありましたが、行かれたことのある皆さまはどうですか?

 

私は・・・・実は、「おいしい」と思ったし、「また行きたい!」と思いましたよ〜!ランチ目的だけでIKEA(イケア)に来ても良いかな、っていうくらい。またIKEA(イケア)に来たら、ぜひともここで別のメニューを試したい!と思うくらい良かったです。

 

理由としては、意外なことに(っていうと失礼かもしれないけど)、化学調味料が使われてなかったこと。それをこの価格で提供できるって、ありがたいなぁ〜って思います。期間限定メニューのミッドサマープレートの完成度は”ブラボ―――”でした。ブラインドで一流レストランのアンティパストと比較するとわかんなくなっちゃうんじゃないかな〜?

 

IMG_0170_R.JPG

なんてことを、ベリーベリーチーズケーキを食べながら、感じました。ん・・・・?食べすぎちゃってますか?w

 

このチーズケーキはクリームチーズケーキにブルーベリーやラズベリーが入っており、クランブルもほろほろとおいしく、とってもアメリカンなケーキでした!

 

イタリアンやら、イングランドやら、最後はアメリカンやら・・・・・。なんか、グローバルなランチだな(笑)。

 

そうそう。もうひとつ、おいしい情報をば。IKEA(イケア)にはもうひとつ名品がありまして。1階のイケアビストロで頂けるホットドッグ。もーーね、皆さま、悪いことは言いません!一度、このホットドッグ(¥80)を試してみてください!

 

私は、ここのホットドッグでフライドオニオンの衝撃的なおいしさに目覚めました。そして、また、このフライドオニオンがマーケットホールで売っているわけで、今回も買っちゃうんですよね〜!

 

そして最後にひとつ・・・・・・。土日のイケアレストランは、すっごく混雑すると思います(汗;)。平日ですら、そこそこ込み合っていましたから。土日は満席で席がとりにくくなっている場合も・・・・。ゆっくり食事を楽しみたいなら時間をずらしたり、平日に行ったりするのがおススメです。

 

今日は以上ですー!

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

御殿場市内にはおいしいパン屋さんがいくつもあります。それぞれのパン屋さんに特徴があって、キャラがかぶってるパン屋さんがなくて、とってもいいことだなぁ♡と、消費者としては嬉しくなります〜!

 

今日はJR御殿場駅から徒歩1分、『こむぎ』さんのご紹介です。

 

その昔、東田中界隈に住んでいたころは、それこそ週に1回は必ず『こむぎ』さんでパンを買っていましたが、仲町へ引っ越した今は、ぜんぜんパンを買わない生活になりました〜。

 

・・・ってことで、少しはパンライフを取り戻すべく、おいしいパンをたくさん買ってきましたよ(#^^#)

 

P1070365_R.JPG

まずは、朝ごはんにピッタリなパン。出張前のビジネスパーソンが好きそう!実際、わたくしも出張の多い仕事だったときは、京都駅では『志津屋(SHIZUYA)』で、三島駅では『箱根ベーカリー』で、この類のパンを買いますねー。

 

P1070366_R.JPG

きゅうり、トマト、タマゴ、ハムのオープンサンド(そして、バンズはふかふかのやわらかめ)。コーヒーに合うし、サッと食べられて、確実においしさが味わえます。

 

タマゴをほおばったときの安心感、パンのやわらかさ、キュウリをかみしめるときのシャキシャキ感、朝から野菜を食べてるぞ、っていう自己満足感(爆)。このタイプのオープンサンドが好きな理由はいくつも思い浮かべられますねー。

 

P1070373_R.JPG

クロックムッシュ

 

『こむぎ』さんでも大人気なのかな〜?最も目につく場所に置かれてありました。食べやすい小さめサイズです。

 

クロックムッシュ(croque-monsieur)はフランス生まれの朝ごはんで、サンドイッチをカリッと焼いたもの。ベシャメルソースが使われているパン。今や、日本でも多くのパン屋さんでクロックムッシュが買えて嬉しいかぎりです。

 

このクロックムッシュの上に目玉焼きを乗せると、クロックマダムと名前が変わります。クロックムッシュの「クロック」はフランス語で”カリッとした”という意味。

 

なにゆえに目玉焼きを乗せたら「マダム」へと名前が変わるのかはわかりません・・・・。どなたかご存知でしたら教えてください〜。

 

P1070375_R.JPG

カレーパンもあって・・・・

 

P1070378_R.JPG

明太子フランスもいただきました。

 

私が御殿場に引っ越してきた3年前と比べると、今のこむぎさんはメニューがあきらかに増えて、お店の配置(レジの場所や食パンが置かれてある棚)も変わっていましたね。進化を遂げる『こむぎ』さん。

 

お客様に感謝の気持ちを伝える黒板(看板?)が店内にあって、久しぶりに行ったけど、やっぱりホッとした気持ちにさせられました。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

嵐のように横向きに雨が降りこんできている御殿場です。季節ごとにお届けしている「ヤマトヤ通信」。今回のお届けぶんから、完全自主制作となりました〜。

 

これまでも、記事の文章と写真は全て自分たちで作っていましたが、今回からは紙面構成・キャッチコピーも含めて、自分たちでやってみることにしました〜!

 

まず着手したのが表紙!

 

この表紙はヤマトヤがお客様に「こんにちは!」って挨拶をするような役割。大切に作りこまないと、「ヤマトヤ通信」はきっと読まずに捨てられてしまう可能性も・・・・・。そんなわけで、開封率を左右する大事なページです。

 

このキャッチコピーは、私が5パターンくらい考えたものを、ヤマトヤ御殿場本店のスタッフに「これ!」というものをピックアップしてもらう、という方法で決めました。

 

そうやって完成したのがコチラでした〜!!

 

キャプチャ.JPG

当初は、「最近、おしゃれしてますか?」というコピーだったのですが、本部スタッフから「最近」というワードを最後に持ってきたら?という提案があったので、そうしてみると、それがハマりました〜。

 

ヤマトヤ御殿場本店のスタッフにブラインドで選んでもらったら、やっぱりコレが選ばれましたっ!そんなふうに、皆さまにお届けするキャッチコピーをつくる過程も楽みつつ、制作しております。

 

さっそく、もう秋の号にとりかかっておりまして、またまた雑誌や本をひっくりかえしてキャッチコピーづくり。朝、起きた瞬間から考えたくなって、ノートと鉛筆をお風呂に持ち込んで、ぼんやりと。

 

P1070379_R.JPG

 

わぁーーー!暗いよーーーー!!!暗すぎるよーーーーーーーっっ!!!・・・・・ってことで、あまりにも暗すぎるため、かえって笑いが巻き起こるという・・・そのくらい暗い内容でした(笑)。

 

午前中のうちに、はやばやとボツになってしまったコピーです〜。お昼ご飯を食べて、続きを頑張ります♪

 

 

 

 

皆さま、こんにちは。御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、青嶋 純佳です(#^^#)

▶お店のことや時計・宝石に関する記事はこちらの「ニュース」へアップしています♪良かったらご覧くださいね!

 

突然ですが、「スープカレーを食べたいなぁ」と思ったとき、これまではスープカレーの専門店に出かけて食べていました。(京都には河原町通りにスープカレーの専門店があって、会社帰りに先輩と通いました〜。懐かしい思ひ出・・・♪)

 

そんな食体験があったため「スープカレー=外で食べるもの」と思っていましたが、シノズキッチンの田中 忍さんから、スープカレー専用のスパイスセット(レシピ付き♡)を購入したことがきっかけで「家でも作れるもの」という認識に変わりました!昨日!(←けっこう急やなw)。

 

 

 

 

けっこう前に買ったスパイスセットでしたが、ようやく作りましたーーー!!!

 

IMG_E0437_R.JPG

じゃじゃん!これが、じぶんで作っておいて言うのもアレですが、かなりおいしかった!お店で食べる味に近づいてるやん!

 

あ、ただ・・・・次回から、ライスは別盛にしようと思いました、ハイ。主人(アオジ)からも

 

「スープカレーのスープ部分は・・・・?」

 

というツッコミを受け、

 

「あ、ご飯がお吸いになられました」

 

と返す羽目に(笑)。

 

・・・・はい、スープカレーはお店で頂くときも、ライスは別盛りになってサーブされますね(笑)。っていうか・・・・・・

 

IMG_E0429_R.JPG

 

忍さんのレシピの表紙に別盛りになっている写真があるやんかーーー!!!

はい、まだ、スパイスセットがもう1セットあるので、また作るときはしっかりと別盛りにして食卓にのせようとおもいます!

 

シノズキッチンのスープカレースパイスセット。これ、何が良いかと言うと、

 

「誰でもカンタンにおいしいスープカレーがお料理できるように、計量済みの各種スパイスが、お鍋に投入する順番にA〜Dの袋に分けられている」

 

っていうところです。

 

IMG_E0426_R.JPG

まず、はじけさせる「A」と、見るからにオシャレな(笑)スパイス「B」。そして・・・

 

IMG_E0427_R.JPG

ターメリックは、卵に使う用と、調理に使う用の「C」と分けられています。

 

IMG_E0428_R.JPG

調理の後半で投入する「D」と、最後にお好みで入れるガラムマサラ。

 

・・・・ね?かなりシステマチックですよね?これなら、失敗するリスクがかなり低いです!レシピどおりに投入していけば、おいしいスープカレーが自宅で再現できるんですー!

 

IMG_8750_R.JPG

心強いのがこちらのレシピ。(開くと、レシピが書かれてあります!)

 

これ、ほんとに嬉しい。御殿場だと、私の知る限りスープカレー専門店がないので、「東京で食べる or 家で作る」という選択肢になりますが、東京で食べるって言っても・・・・ねぇ。

 

東京に着いた頃には、もう他のお料理が食べたくなっているかもしれないし(笑)、家でスープカレーが作れるに越したことはありません!!

 

あと、スパイスセットにはもうひとつ嬉しいことがあって、

 

「スパイスを買ったときの「早く使い切らなきゃ!」っていう強迫観念から解放されること」

 

です。コリアンダーも、クミンパウダーも、ターメリックも、今やどこでも手に入ります。でも、あの瓶をスーパーで買っちゃうと「いたむ前に早く使い切らなくては!」ってプレッシャーに感じたことはありませんか?

 

ねーーー♪

 

でも・・・・・

 

IMG_8747_R.JPG

 

こんなふうに少量に小分けされていて、一度のお料理で使い切ることができるので、ほんとに便利です。ちなみに・・・・こちらから購入できます♪→https://shinozu.thebase.in/items/11979779

 

まだもう1セット買ってあるので、また近いうちに作ろう〜っと。今度こそは、ご飯を別盛りにします(笑)。