らっきょう仕事

  • 2017.07.01 Saturday
  • 10:27

三日ほど前のこと。

まだ午前中なのに、あれ・・・・?

 

義母がいないなーーーと思っていたら

正午にはビニール袋いっぱいに三袋ほど

野菜を持って帰ってきました。

 

市内の畑で、仲間と一緒に

野菜の収穫に出かけていたようです。

 

皆さま、おはようございます!

ヤマトヤのすみかです。

 

初めて見た泥付きのらっきょうには

目を見張りました!

じゃじゃん!

 

らっきょうは勢力が強い野菜なので、

その日のうちに芽が出てきちゃうとのこと。

 

らっきょうの青い芽が良くない理由は・・・・

 

らっきょうの芽が出ちゃうことによって、

らっきょうの本体がやせ細ったり、

何枚も皮をむかなくちゃいけなくなるから、とのこと。

 

「ユリ科情報.com」の情報を参照にしてみましたよ〜♪

⇒ http://rakkyo-kounou.com/category2/entry13.html

 

なので、らっきょうは採れたその日ののうちに漬ける!

・・・・が、良いようです。

 

さっそく、御殿場の涼しい夜風にあたりながら、

義母と二人でベランダでらっきょう仕事をしましたよ。

 

ベランダに行ってみると、

義母がすでにテーブルに新聞紙を引いてくれてました。

 

ビニル袋の中には、収穫された何百個というらっきょうが!

これが泥付きのらっきょうです。

(初めて見た―――!)

 

ひとつひとつ葉っぱを落とし、根っこも落としていきます。

一人でやると、きっと途方もない仕事でしょうけれど、

二人でやったので、1時間もしないうちに

全てのらっきょうの葉と根を取り除くことができました。

 

そこから、水洗いを何度も繰り返して

らっきょうの皮を一皮むきます。

 

ゴシゴシと水洗いしているうちに、

皮が一枚、また一枚と、水に浮いてきます。

 

浮いてきた皮を救いながら水を捨てて、

また新しい水で洗って・・・・・・

 

それを繰り返していくと、

最初は泥水だった水が、段々と透明度を増してきて、

ぴっかぴかのらっきょうたちが現れます。


(ぴっかぴかのらっきょうたち)

 

トレイの上にタオルを敷いて、

その上にらっきょうを出しまました。

 

ぴっかぴかになったらっきょうを

瓶につめて、らっきょうの酢漬け専用のお酢を注いでいきます。

今回は五つのらっきょう瓶が並びました。

 

 

昔は、らっきょう専用のお酢はなかったそうですが、

農協さんがこうやって「らっきょう酢」というのを販売してくれているので、

助かる〜〜〜!!!って、言いながら義母が入手してました。

 

このボトルを全て使い切って、

5つの瓶にらっきょうの酢漬けが完成です。


この日(6月28日)から約2週間で食べごろです!

 

初めての体験「らっきょうの酢漬け」

らっきょうは平安時代に、中国から日本に伝来してきたらっきょう。

意外と歴史が長いんですよね。

 

暑い夏には、酸味のある食べものが食べたくなりますね。

自家製らっきょうの酢漬けと一緒に、暑い夏を迎えうちたいです!

 

 

 

 

本日ハ、夏越しの祓え(なごしのはらえ)ナリ

  • 2017.06.30 Friday
  • 10:00

皆さま、おはようございます!

ヤマトヤのすみかです。

 

今日は6月30日。

「夏越しの祓え(なごしのはらえ)」の日ですねーーー!!!

 

昨日のうちに無月を買って、事務所の皆さまにお配りしました。

(偶然いらしてた業者さんにも!)

 

水無月を買ったのはご近所さんの太田屋さんです。

ここのお店の黒板が好き!という方、多いんじゃないでしょうか!?

 

私も、太田屋さんの黒板ファンです(笑)。

昨日も、和菓子の水無月について

こんなふうに(↑↑↑)紹介されていました。

 

一年の前半の最期の日に、

水無月を食べる「夏越しの祓え」です♪

(ほんとうは、神社で茅の輪くぐりも併せて行いますよー!)


京都に住んでいたころに覚えた「夏越しの祓え」の風習。

特別な風習というよりかは、暦(こよみ)にそった暮らしを肩ひじ張らずに

自分たちの生活にとりこんでいる姿が印象的でした。

 

水無月(みなづき)ですが、どんなお菓子かというと・・・・・

このようなお菓子です。

(変化球として白い部分が抹茶色の水無月もありますが、基本は白色)


氷に見立てられた三角のカタチ。

トッピングされている小豆は、邪気を払ってくれると言われています。

 

白い部分はういろうに似た生地。

(っていうか、ういろうかな!?)

小豆もホクホクして美味しかったなーーー!


小豆がいっぱい〜〜〜!!!

これだけたくさん小豆が集まると、めっちゃ邪気がはらわれてそう(笑)。

 

太田屋さんでの「水無月」は、昨日と今日の限定発売です!

ぜひ、水無月を召し上がってみてくださいね。

 

一年の後半も、どうか健康で無事に過ごせますように♡

 

それにしても、今日の御殿場は朝から暗いですよね。

雲が厚すぎて日光が届きませんが、

一日、はりきって行こうとおもいます♪


 

お散歩途中で、アジサイに出会いました!

  • 2017.06.29 Thursday
  • 11:18

いつも通っているベル(柴犬)のお散歩道。

アジサイがきれいでした。

 

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです。

 

今日はブログのタイトルにあるように、

季節を感じるひとコマのお届けです。

 

「アジサイ」は英語で「Hydrangea」。

これはギリシャ語由来で「水の器」 という意味だそうです。

 

雨に濡れる様子がサマになるアジサイ。

「水の器」という名前にぴったりですよね。

 

ヤマトヤの事務所から3分ほど歩くと、

アジサイが50メートルほど続く場所あるんですよ〜!

数年前まで、何も植えられていなかったけれど、

近隣の方がアジサイを植えてくれたとのこと。

 

そのおかげで、私もベル(柴犬)のお散歩のときに

アジサイを見る楽しみにあやかっています。

 

アジサイを植えてくださった方、ありがとうございます!!

 

びっくりなのが、

わずか50メートルという短い距離なのに、

さまざまな種類のアジサイが植えられているということ!


ピンクのヒメアジサイと、白のガクアジサイ。

ガクアジサイのひっそり感、いいですよね〜。


白のヒメアジサイ。

とっても清楚な空気がただよっていました。

目を見張るほど鮮やかなブルーのアジサイ。

アジサイ道路(勝手に命名(笑))のなかでは

いちばん大きなアジサイです。


藤色をしたガクアジサイ。

 

 

すこし青みが強くなった紫色のガクアジサイ。

 

アジサイは土壌によって色を変えると言われていますよね。

(酸性だと青色で、アルカリ性だと赤系の色になる)

 

アジサイが持っている「アントシアニン」という色素があって

その「アントシアニン」が、土壌のなんの成分と結合するかによって

色が決まってくるんですねー。

 

そして白いアジサイは、そもそも「アントシアニン」を持っていないので

どんな土壌に植えられても白いアジサイが咲くそうです。

 

このへんが、宝石の色が決まるプロセスとそっくりなのでびっくりしました〜。

コランダムという石が赤くなれば「ルビー」、青くなれば「サファイヤ」、白くなれば「ホワイトサファイヤ」です。

詳しくはまた後日、ブログでお伝えしますね!

 

ギリシャ語で「水の器」を意味するアジサイ(Hydrangea)。

アジサイ道路では、まだまだツボミがいっぱいあったので、

しばらくのあいだはアジサイが楽しめそうです。

 

久しぶりにコンビニフードを食べてみた

  • 2017.06.28 Wednesday
  • 14:41

「一番好きなお料理って何ですか?」

 

と、聴かれました。

 

「懐石料理です!なかでも八寸が好きです!」

 

と即答しました。

(まぁーー、日本酒好きの発言ですね(笑))

 

「かっこいい!」って言われました。

なんでだろう?(笑)

 

皆さま、こんにちは

ヤマトヤのすみかです。

 

そんな私ですが、コンビニも大好きです。

 

なんだろーーーーー。

あの雰囲気が好き。

 

なんでも最新のシステムが採用されるし、

モノが売れるための工夫がぎっしりとつまっているし、

行くだけでワクワクもするし、ホッもする。

 

特に都市部で独身生活を送り、出張族だったときは、

コンビニは生活の支え、仕事の支え、心の支えになっていました。

(おおげさ!)

 

いちばん好きなセブンイレブン。

出張先では、その土地特有の商品が買えるファミリーマート。

パフェがおいしすぎるミニストップ。

 

そんな大好きなコンビニなのに、

結婚してから、コンビニへ足を運ぶ機会が減ってしまっていました。

 

でも!!!

 

昨日のランチ時に、会社の制服を着たまま、

コンビニに入ってみたら、やっぱり楽しかった〜〜〜〜!


(一年ぶりに食べたコンビニの麺類)

 

あっというまに、独身時代にフラッシュバックです。

 

出勤前にスムージーやコーヒーを買って、

お昼休みになると高層ビルの合間にあったコンビニに駆け込んで、

サラダ、スムージー(また買う)、冷麺 etc......

 

コンビニが日常でした。


(器が二重構造になっていて、

ちょっと固まってしまった麺をほぐすためのお水もついています)


ひさしぶりに頂いたのは、つけ麺。

ミョウガとネギが刻まれていて、おつゆに投入!

 

一年ぶりに食べたコンビニの麺類は、

だいぶ口当たりがマイルドになっている気がしました。

 

変わるよねーーーー。

コンビニって、こういう変化があるから好きなんです。

 

食の最高峰はもちろん懐石料理だと思うけど、

コンビニ各社の商品開発のパワフルさも好きなんですよね。

その変化の速さからは目が離せません。

 

 

 

 

事務所では、毎日きちんと午後3時のおやつをとります!

  • 2017.06.25 Sunday
  • 15:57

しとしと雨が降っていますね。

布団のなかでごろごろしていたら、

義母からLINEが。

 

「出かけてくるね」

 

と。

 

ベル(柴犬。義母のことが大好き♡)の様子を見に行くと、

やっぱり、ソファの上で、完全にしょぼくれていました。

目の上のくぼみ(眉毛っぽい)が下がって、

八の字になっているので、すぐに落ち込んでいることがわかります。

(そこがまた、かわいいところなんですけどね〜)

 

義母がいなくなると、落ち込むベル。

犬に「落ちこむ」とかあるの!?って思うでしょう〜?

 

あるんですよ、びっくりするくらい!

これは私もベルと一緒に暮らしはじめてわかりました。

 

だって、その証拠に、

義母が帰宅してお散歩に連れていかれたときのベルの表情ときたら・・・・

 

 

・・・・・。

 

 

笑っとります(笑)。

 

イキイキしてますねー。

 

みなさま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

本日はお仕事がお休み〜!

 

でも、事務所の習慣で「いいなー」と思ったこと、第二弾!

 

それは・・・・・

 

午後3時になると、おやつ休憩があること!

(これは昨日のブログでもご案内した朝のティータイム)


(一斉に、マグカップを並べてコーヒーだったり、グリーンティを注いでいきます!)

 

昨日のおやつは・・・・・

和菓子です。

 

それも、上生菓子&若あゆ、でしたよ。

 

全て、ヤマトヤ事務所のご近所さんの太田屋さんで求めました。

 

上生菓子なのにユニークだった意匠がこちら!

梅雨をイメージしたデザイン。

寒天(かな?)を散らして、雨粒を表現しています。

傘の上だけに寒天が配置されているので、

雨降りの光景が忠実に描かれています♪

 

そして、こちらは・・・・

ピンク色が使われたお花の上生菓子。

 

「このお花は何ですか?」

 

とお店の方に尋ねると、「石竹(せきちく)」と言うんだそうです。

ナデシコの別称なんだそうですね。

 

「そういえば、花びらのギザギザがナデシコっぽいね!」

 

確かに!

 

このところ、ヤマトヤ本部と各店舗では、

来週発送の『ヤマトヤ通信』の封入作業をしています。

 

本部では、甘いものを食べて、後半もがんばりました。

お抹茶を用意しておけばよかったかな〜(汗)

 

そういえば、今回お世話になった太田屋さんは、

苺のショートケーキがおいしい!という話も聞きました。

 

イマドキの苺のショートケーキでなく、

昔ながらの苺のショートケーキ。それが良いんですって!

 

食べるーーー!

食べたいーーーー!!!

 

というわけで、近々、買いに行こうと思います。

 

食べたら、またレポしますね。

みんなで朝、ラズベリーを食べました

  • 2017.06.24 Saturday
  • 13:36

「明日はラズベリーを収穫するからね〜」

 

と、昨日のうちに義母から言われていました。

 

「何時からでしょうか?」「何時からでしょうか?」

と、食い気を全開にして、とっても楽しみにしていたラズベリーの収穫。

 

今朝、執り行われました〜!

 

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです。

 

仕事の始業前に、義母が

 

「今から、ラズベリーをとるんだってーーー」

 

の声に、勢いよく席を立ち、庭に飛び出します。

 

かなりの数あるラズベリーの実。

なかでも、濃い紫色になったラズベリーをピックアップします。


グラスのなかに入れていきます。

 

あっ!

赤色のラズベリーも混じってしまいましたが、

これは、ほんとはまだまだ採っちゃだめです・・・・(汗)

(酸味がけっこう強いため)

 


収穫し終えたラズベリーたちを洗って・・・・・



さらに、洗って・・・・・・・・

朝のティータイムを少し過ぎてから

事務所メンバーで、つまみましたー!

 

「初採れだから、みんなで食べよう」

 

って、義母。

 

こういうのって、昭和っぽいくてほのぼのするんですよね。

朝、広い事務所を汗をいっぱいかきながらお掃除をして、

お庭の履き掃除もして、月に一回は社用車の洗車もして・・・・・

 

全てのお掃除が終わったあと、

こうやって全員分のマグカップが並ぶのが、

ヤマトヤの事務所の毎朝の光景です。

 

ひんやりと冷房が効いたお部屋で、

お茶やコーヒーを飲みながら、汗がひくのを

みんなで待ちます。

 

毎朝のようにいつも光景がひろがって

こういう当たり前のことこそ、ありがたいことだなぁ〜と思いながら、

今日も一日が始まりました。

 

アオジ(=主人)がときどき突然シェフになる

  • 2017.06.23 Friday
  • 13:51

夕食を準備中・・・・・

ふと横を見ると、アオジ(=主人)が、

鶏のむね肉に砂糖を塗りこんでいました。

 

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです。

 

突然、開始されるアオジのキッチンショー!

アオジも私も、先を争うようにしてキッチンに入ります。

 

しばし、スマホゲームに熱中していたアオジ。

突然、ふだんの倍速のスピードで動き始めて(笑)、

あっというまに、ふわふわした蒸し鶏が完成しました。

 

何もつけなくていい。

 

ただただ、鶏肉の味を、ほんのりした塩味で感じます。

ビールはもちろん、白ワインにも合いました。

 

私はというと、前日に仕込んでおいた前菜たちをサーブ。

夏になるとよく作るカポナータ。

 

トマトソースを使わない、オリーブオイルベースのカポナータ。

ただ、煮込むだけなので、めっちゃ楽ちんお料理です。


今回は、ダイス状にカットせずに、

それぞれのお野菜に合わせたカットにしました。

 

あと、もうひとつ常備菜で・・・・・

小松菜のオリーブオイル煮。

 

味付けは、塩、コショウ、オリーブオイルのみ、といういさぎよさです。

カンタンで、常備菜として長持ちするので、これもよく作ります。

 

さらに、義母から差し入れがありました。

イワシとカタクチイワシの上に

マリネされた玉ねぎと人参。

お酢の味がさっぱりとしていて

いまの季節にぴったりです。

 

お野菜料理がたくさんそろって、それらをぽやぽやと食べていたら、

またもや突然、アオジ(=主人)が、ガバッと立ち上がって、

何かを思いついたようです。


蒸し鶏で出た煮汁を使って、たまごを溶いて・・・・

蒸し鶏をダイス状の一口サイズにカットして、

あっというまに親子丼の完成です。

 

私もお料理は好きなのですが、まだまだ下手っぴ。

アオジはなんだかお料理をしなれていて、

あきらかにスキルが上です(笑)。

 

段取り、野菜の千切りのスピード、頭のなかに入っているレシピの数、

経験値、失敗した状態からのリカバリー(笑)などなど、

どう考えてもスキルはアオジのほうが上なんですねー。

 

妻としては嬉しいが、主婦としてはがんばりどころなのであります!

 

「鶏のむね肉、いっぱい買っといて」

 

と、昨日の夜言っていたので、

また、何かに挑戦するつもりなのでしょうね。

 

蒸し鶏を使ったお料理をこれからおいしくなる季節。

 

林の中のお蕎麦屋さん「喬林(きょうりん)」(御殿場市)

  • 2017.06.22 Thursday
  • 14:30

夫婦そろって謎の風邪をひいています・・・。

Facebookやブログを拝見していると、

 

自分と同じタイミングで風邪をひいている方をSNS上でお見掛けすると、

 

「えっ!あの人も!?」「あっ!この人もだ♡」

 

みたいに、連帯感を感じてしまいませんか〜?

ソンナノワタシダケカナ・・・・・???

 

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

先日、アオジ(=主人)一緒にお蕎麦を食べに行きました。

 

「気になる蕎麦屋がある」

 

・・・・と言って、138号線を富士山の方角へ車を走らせるアオジ(=主人)。

 

林の中へそれていく道を右折すると、舗装されていないでこぼこ道。

木漏れ日のなかを進んでいくと、

”喬林(きょうりん)”さんというお蕎麦屋さんにたどり着きました。



うっそうとした林のなかに、ふっと現れた木の看板。

「営」の文字の雰囲気がまるまるしていてかわいかったなぁ〜!

 

ここにも、美しい新緑の季節のコケが!

 

短いアプローチがあって階段をたんたんたんと登ってお店へ。

 

最初にちょっとつまみを食べます。

鴨つくねに・・・・・


天ぷらの盛り合わせ。

 

これは、エビがかなり大きいので、要注意(何を!?(笑))です。

小さすぎるより、ぜーーーんぜん良いんですけどね。



冷たいおろしそば。

 

この日、ご一緒した方は、

私たちの知らない世界をいっぱいご存知の方。

 

お蕎麦の食べ方も粋で、ずずっ、ずずっ、っと、

小気味よいリズムを刻んで召し上がっているので、

まるで落語の話の世界(江戸時代)に迷いこんだような気分になりました。

 

あんなふうにお蕎麦を食べれるといいなぁ〜、と

すぐにその場で試してみたものの、おろし蕎麦のおろしの部分が飛びそうで、

なかなか、勢いよくすすり上げられませんでした〜。

 

次こそは、ざるそばを注文して、

江戸っ子のように、お蕎麦をいただいてみようと思います。

 

はーーーー。もうじき夏。

ざるそばがおいしくなる季節ですね。

20分で行けるハイキングコースでした!〜富士山・須走口から小富士(こふじ)へ〜

  • 2017.06.20 Tuesday
  • 17:31

いやぁ・・・・、てっきり、ご近所のお店か何かと思っていました。

 

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

先日、午前中のうちに草むしりをしていたら、義母が

 

「小富士(こふじ)に行くけど、来る?」

 

・・・・と、まるで「近所のコンビニ行くけど、来る?」くらいの気軽な雰囲気で聞いてくるので、

 

「はぁーーーーーい、行きま〜す!」

 

と、草むしりの格好そのままで車に乗り込んだら・・・・・

 

 

到着したところは、富士山の五合目(標高2300m)だったよね(笑)。

 

富士山が、あの富士山ではなく、完全に登山途中の富士山でした。

 

御殿場の標高が450mだとしても、1800mの標高差を、車でグイグイ登って・・・・。

 

いやぁ〜・・・・。

 

めったに乗らない馬力のある車をガレージの奥から引っ張り出してきたから、

「あれ?」とは思ったんですよ?(笑)。

 

そゆことでしたか。

 

富士山が身近すぎる御殿場市民からのお誘いは、

どんなに気軽でも、富士山の五合目に連れていかれる可能性があります(笑)。

 

でも、始まったハイキングは未知との遭遇があって楽しかったです。

 

 

シロバナヘビイチゴ

 

 

 

 

白くてとんがった花びらが特徴のツマトリソウ。

 

 

 

 

このあたりでは、四年に一度しか咲かないというアズキナシ。

 

そして・・・・

美しいコケにも出会いました。

 

コケの上に広がる葉っぱたちも美しかったです。

濃いグリーン、淡いグリーン、ミントグリーン・・・・・

 

キレイだなぁ〜って見とれちゃいました。

 

途中、義両親が仲良しの山小屋「東山富士山荘」の方のところで、

きのこ鍋も食べました。

 

季節限定のきのこ鍋。

けっこうな量があってびっくりです!

 

この山小屋は、ワンちゃんがもともといることもあって、

犬の入店がOKのお店です!

 

ベル(柴犬)。

 

テーブルの下にもぐりこんで・・・・・

 

そこから世間(店内)を見渡していました(笑)。

 

この日、おそらく山小屋で飼われているワンちゃんもいました。

おとなしくて、控えめで、なんだか応援してあげたくなるようなワンちゃんでしたよー。

 

須走口からだと、片道が20分ほどの軽めのハイキング。

 

「森林浴はしたいけど、ハードなのはちょっと・・・」

 

という方(けっこういっぱいいると思う!)におススメです!

 

 

 

 

 

お散歩途中、ベル(柴犬)が見せてくれた風景

  • 2017.06.19 Monday
  • 17:56

最近、SNSでベルの投稿が増えました。

理由は、最近、事務所で仕事をすることが増えて、

ベルと接する機会が多くなったからです。

 

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです。

 

ベルは私より先輩。

青嶋家にやってきたのもベル(8年目)のほうが私(2年目)より先です。

ヤマトヤの入社(?)したのも、ベル部長(8年目)で私(2年目)より先輩。

 

ベルは家族でもあるので、ときどきお散歩にも一緒に行きます。

このあいだ、ベルがどうしても新しい農道を通りたそうにしていたので、

おそるおそる入ってみました。

 

川がありました。水路かな?

その向こうは、小学校の校舎。

 

ベルも、水路に興味津々で、

水路をのぞきこんでいます。

私ものぞきこむ。

 

さらに歩いていくと・・・・・

アートにひび割れている地面が出現。

見るからに、硬そうで、乾燥してそうな地面です。

いつもの草むらも、草むしりされてて、

むしられた草が規則正しく直線に並べられていました。

 

色づき始めのアジサイにも出会えたし・・・・・

 

明るい気分になれるお花たちもいました。

(これはプランターの中だったなぁ)

 

ただし、この後、ベルも私も軽めの湿地帯に落ちて(笑)、

ベルは足が、私は靴が泥んこになりました・・・・

 

 

お散歩中のリードは人間がするのですが、

たまには、ベルにいざなわれるがままに行ってみるのも良いもんですね。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM