御殿場では、おいしいビストロはあるけれど、フレンチレストランにはなかなかお目にかかれないなぁ〜、と思っていました。主人が「"稲こし”、っていうお店が気になってるんだよね」と言ったとき、「フレンチがあるんだ!?」と、嬉しく思いました!

 

皆さま、こんにちは!御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、すみかです。

 

この日は、Hさん・Iさん・主人、そして私の四人で、バースデーガールのHさんのお祝いをしました!LINEで「稲こしへ集合!」とと送ったら、「和食屋さんかと思った〜!」と言われましたが、「稲こし」はれっきとしたフレンチレストランです。

 

まず、一品目は・・・・

P1050942_R.JPG

《寒鰆(かんざわら)、クスクスとトマトソース》

 

脂ののった寒鰆でした。鰆(さわら)がもともと好き。ふわふわ、ほろっと優しい白身が、まだまだ寒さでこわばっている身体をほぐしてくれました。

 

そうそう。「クスクスって何?」と質問を受けました。クスクスとは・・・・・

P1050940_R.JPG

トマトソースの下に敷かれている粒状の食べ物がクスクス。小麦粉から造られていて、北アフリカではクスクスが主食の地域も。こちらのお料理のようにソースと絡めて食べるとおいしいです。

 

余談ですが、私のクスクスとの出会いは「クスクスのカレー」でした。カレーの味とも相性が良くて、ライスと比べると、クスクスのほうが胃もたれがしにくくて、サラッと食べられます(でも、そのぶんたくさん食べちゃうから、結局、胃もたれするけど(笑))。

 

P1050945_R.JPG

《カリフラワーのポタージュ》

 

熱いポタージュをたっぷりとした器で頂きます。スープだと小さめのデミカップでシュッと飲むのもカッコ良いのですが、ポタージュは量が少なすぎると記憶に残りません(←食いしん坊の言いぶんでしょうかね?)。

 

稲こしさんでは、大き目のボウルでたっぷりと頂けたので、それだけで贅沢な気持ちになれました。丁寧に濾してありますが、カリフラワーの素材の味は消えてなくて、むしろ凝縮されていました。クリーム(ミルクかな?)のおかげかなぁ?

 

次にサーブされたのが、サラダです。

P1050947_R.JPG

《サラダ イチゴのドレッシング》

 

季節ですね、ドレッシングはイチゴ(紅ほっぺ)のドレッシングでした。ドレッシングの「きゅん♡」とした酸味の味わいが良かったです!

 

P1050946_R.JPG

「これ、何だっけ〜?」。はい、ぷちぷちした食感が特徴のアイスプラントです。細かい水滴がついているように見えますが、霧吹きしているわけではなくって、もともとついているぷちぷちです。

 

ハンガリーの白ワインを頂きました。「フルミント」というハンガリーの代表的なブドウ品種とのこと。雑味が無くて、何にもじゃまをしないから、前菜にとても合う白ワインだと感じました。やさしーー、あったーーい感じ。

 

このサラダも、も〜〜〜〜のすごくたっぷりと量があるんです。葉っぱものが高価なご時世に、ありがたいことです。量がたっぷりだけど、イチゴドレッシングのおかげで、どんどん果てしなく食べる勢いで、あっというまに完食できますよ♪

 

P1050949_R.JPG

《自家製のパン》

 

手でちぎってみると、熱気が一瞬ふわっと漂い、そのなかから粉の香りが立ちのぼると、もう、それだけでまたまたお腹がぐぅっと空きそうな気持ちになりました。

 

メインディッシュは・・・・

P1050954_R.JPG

《鴨のコンフィ》

 

やったーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!お肉の中で一番好きなのが鴨肉。だから、写真もいっぱい撮っちゃうもんね!

 

P1050953_R.JPG

じゅわっと脂がしたたり落ちそうな写真や・・・・・

 

P1050951_R.JPG

皮のパリッとした食感。そして、奥に円形の形で添えられているのがマスタードベースでつくられたソース。これが絶品でした!

 

鴨のコンフィは骨付近のお肉も申し分なくおいしくて、赤ワインもすすみました。そして、鴨にフォーカスしすぎてサイドディッシュを撮っていませんが、大きく美しくカットされた野菜たちが。

 

特に、嬉しく思ったのが、この冬はじめての大きな蕪(かぶ)でした。大きな蕪が好きで、カットしたときの、あの邪気のない真っ白な色に、冬を感じます。(雪を連想しちゃうからかなぁ?)。蕪のすっきりした味も、噛みしめたときの甘味も。

 

思いがけないことだったので、嬉しかったです。

 

さて。この日はHさんのバースデーをお祝いする席。最後のデザートプレーは・・・・・

 

P1050961_R.JPG

ホールのケーキに花火がパチパチという演出でした ^^。

 

器の形も非日常的で、模様も細かくて。テーブルクロスに落とされた影はというと・・・・・

P1050962_R.JPG

こんなふうに美しい模様が投影されましたー!

 

さっそく、お店の方が切り分けて、おのおのにデザ―トプレートとして盛り付けてくださいました。

P1050967_R.JPG

御殿場に、まだまだ知らないお店がたくさんあって、まだまだ楽しみが残されているんだなぁ、って思うと嬉しいです♪

 

お店の作りがとってもおしゃれ。今回はディナーにうかがいましたが、大きな、大きなガラス張りが特徴的だったので、自然光のもとで稲こしさんのお料理を見てみたくなりました。次はランチにも行ってみよう!

 

稲こしさんは、ランチとディナーを営業されていますが、ディナーは予約があるときのみ営業されています。ディナーの予約はマストですよん。ぜひ。

 

稲こし

住所:御殿場市ぐみ沢62‐12

電話:0550‐89‐7979

 

三月。春本番を控えて寒い時期と暖かい時期をくりかえす季節。いわゆる「三寒四温」。東京都心では、昨日と今日はぐんぐんと気温が伸びて、二回目あたりの「温」を迎えているような気がします。

 

皆さま、こんにちは!御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、すみかです。

 

御殿場も、朝晩の風はまだほんのりと冷たさを感じますが、日差しはあたたかくなってきましたね。今朝、恒例の事務所のお掃除が終わって外に出てみると、フキノトウが開いていました。

 

P1050996_R.JPG

《ヤマトヤ本部の奥手に自生しているフキノトウ》

 

フキノトウを見て春の到来をことほぐ気持ちよりも、「フキノトウの食べごろを逃した―――!」という気持ちのほうが先走った。。。。(笑)。

 

P1050998_R.JPG

《これならまだ食べられるかなぁ?》

 

「毎年、このあたりに生えてくるよね」って場所を日々マークしていたのですが、数日間ほど気を抜いていたら、ひょこひょこ生えてきたうえに、こんなにも開いちゃいました(笑)。

 

仕方ない!フキノトウの天ぷらはあきらめて、フキになるまで育っていただきましょう!

 

「キノコは生えてるわよ」

 

・・・・と、ヤマトヤ本部のマダムスタッフが教えてくれたので、みんなで見に行きました(笑)。

 

P1060002_R.JPG

《青嶋家にはキノコの原木がたくさん!厳しい冬の時期を乗り越えたキノコたち》

 

まだまだ小さめサイズです。

P1060001_R.JPG

《キノコが生えているポイントを結ぶと、五角形(笑)》

 

たくさん採れたら、みんなに配るのかな。義母の采配に任せましょう!あ、地面に生えていたキノコは鳥だか虫だかに食べられていました。人間も、動物も、同じものを食べてる〜〜って思うと、自分がほんとうに自然の一部になった感覚です。

 

P1060006_R.JPG

《つい3日前までつぼみだった黄色のスイセン》

 

ラッパのような形をしたスイセンたちが、椿の垣根の下あたりに3輪咲いていました。おとといまでは・・・・

P1050975_R.JPG

こんなふうに、すぼまっていたんですけどねー。成長が早いな。

 

以上、ヤマトヤ本部周りの春をお届けしましたー(笑)。

明日はホワイトデーですね。ギフトの準備はお進みですか?

 

皆さま、こんにちは!御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、すみかです。

 

主人は、ホワイトデーのお返しを社内便に間に合うように準備していました。遠隔地の店舗は昨日のうちに発送完了。御殿場地区のヤマトヤ本部&ヤマトヤ御殿場本店は当日に渡す準備をしています。

 

今年のチョイスはアンドロワ・パレのショコラ。

 

P1050993_R.JPG

《私は今日のランチで、お先に頂きました!真ん中の赤いハート型のショコラは甘酸っぱい味》

 

甘みが際立つチョコレート、フランボワーズ入りやオレンジピール入りショコラのように甘酸っぱいチョコレート、ホワイトチョコレート etc......。

 

先月に頂いたピエール・マルコリーニのショコラを彷彿とさせるようなお味。洋菓子店としてだけでなく、ショコラティエとしてのロールもあるアンドロワ・パレさん。こんなお店が御殿場にあるなんて、安心します。

 

どれがお好みですか?私はフランボワーズ入りのショコラ!箱をのぞき込んだときにどれがフランボワーズかわかるようになりました(爆)。

 

ホワイトデーといえば、以前、勤めしていた会社の上司の奥様のセレクトが、いつも新しさがあったんです。洋酒につけられたサクランボをチョコレートでコーティングしたもの。あれが、いちばん印象的だったなぁ。

 

時間をかけて、ちゃんと考えて選んでくださっているんだろうな〜と、毎年、うれしい気持ちになっていたことを思い出しました。一度もお会いしたことがなかったけれど、毎年、バレンタインデーとホワイトデーのときのコミュニケ―ションが楽しみでした♡

 

今年のホワイトデーでも、あちこちで、気持ちの行き交いがあるんだろうな。どうか素敵なホワイトデーを♪

 

アンドロワ・パレ

http://www.endroitpalais.com/

 

 

 

え・・・・?キャリアカウンセラーみたいですか?ごめんなさい(笑)。今日のタイトルは、最近、自分に問いかけていることです♪

 

御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、すみかです。

 

社員ひとりひとりの成長なくして、会社の成長はありえない」。以前、勤めていた会社の社長さんがよくおっしゃっていた言葉です。

 

P1050973_R.JPG

《ヤマトヤ本部のそばにあるスイセン。小さくて白い花を咲かせました》

 

会社にとても勢いがあったことや、営業部という数字を追いかける立場だったことにも助けられて、チームでの成功体験をたくさん積ませてもらいました。

 

不況の時代だったのに、私たちだけまるで昭和30年代の高度経済成長期の会社にいるかのような体験(笑)。

 

「自分の成長が止まる=会社の成長が止まる」という自負をもちながら、みんなで明るく仕事をしていて、ほんとうにキラキラしていた・・・・・♡

 

今でもその会社はさらにパワーアップしていて、飛ぶ鳥を落とす勢いで変化・成長し続けています。

 

P1050983_R.JPG

《ヤマトヤ本部の裏手にある梅の花。満開です♪》

 

惰性だけで仕事してへんかな、って思う

 

って、めちゃめちゃ仕事ができる男性の先輩が自省していた言葉も印象的でした。

 

自分の経験だけに頼りすぎて勉強するのをやめたり、新しいことに興味を持たなくなったり。過去の成功体験は過去のもの。さらなる自己鍛錬を怠っている人と、そうでない人と、その差がどんどん広がってきているなぁ、思います。

 

私も、焦ることがありまして・・・・。自分なりに工夫して、勉強&行動しているつもりでも、社外ですごい人にお会いしたりすると、「おぉぉ!」なんて思って、まるで自分の成長が止まっているかのように感じてしまうんです。

 

置いていかれないようにしないと〜〜〜!!!って。元来、私は自分に超絶甘いので、常に「会社にどんな価値を提供できているのか?」を自分に厳しく自分に問いかけながら、お仕事にあたりたいです!

 

P1050986_R.JPG

《黄色いスイセンのつぼみ》

 

皆さまは、どんな気持ちで毎日お仕事していますか?自分のテンションも上がり下がりがあるし、会社の売り上げも山あり谷あり。後ろ向きな気持ちになって腐ることだってある・・・・。

 

でも、せっかくなら、自分のコンディションを立て直して、会社の成長に貢献したいなぁ、なんて思うのです。

 

P1050975_R.JPG

《咲きかけのスイセン。これから大きくなるのです♪》

 

・・・・なんて、いつもは食べてばかりのワタクシが、たまには仕事についての気持ちを書いてみた、の巻でした。明日は・・・・・またまた食べる記事に戻るのか・・・・!?(笑)

 

もはや、家庭でいただく味のレベルを超えていました。素材の力ってすごい!あんなレベルの味を、家で頂ける日が来るなんて予想だにしていなかった・・・・。

 

皆さま、こんにちは!御殿場のヤマトヤ(時計・宝飾・メガネ)、すみかです。

 

デパ地下で、とびっきり高そうな牛肉(そして赤ワインも)を買い込んで、家でステーキにしていただく・・・・。誰かのお誕生日のときや、アニバーサリーのときにやったことがあります。先日も、そんな夕餉でした。

 

但馬地方で食肉用の牛を育てているカズマさんあつみさんから購入した「ひちふく(牛さんの名前です!)」のお肉。

 

P1050916_R.JPG

《良い焼き色でしょ♪主人がとほうもなく繊細に火入れをしてくれました。これはヘレ肉》

 

ステーキにたどり着くまでは、ぽやぽやとビールなんぞ飲みながら前菜をつまんでいましたが、このお肉をひと切れ、口にした瞬間、「こ、これは・・・・!!!赤ワインじゃなくっちゃ!」と思いました。

 

私の味の記憶によると、この味を味わったことがある場所は、正統派のフレンチレストランだし、一緒に合わせていた赤ワインがお肉の味を途方もなく上げてくれる・・・・そんな記憶がよみがえってきました!

 

・・・・・というわけで、ワインのストックのなかから一番、高そうなやつ(笑)。(←ほんとうに短絡的でごめんなさい。でも、このときはそれしか思いつきませんでした)

 

主人が選んで、抜栓してくれました。

P1050927_R_R.JPG

こちらの赤ワインは、タンニンはそこまで強くなかったけれど、メルローやシラーが主なブドウ品種として入っていて、お肉ととても相性が良かったです。

 

いやーーーー、ほんと、びっくり!

P1050920_R_R.JPG

《こちらはサーロイン。これも抜群でした!》

 

去年、兵庫県の但馬地方を訪れたときに、カズマさん&あつみさんご夫妻の牛舎へ遊びに行ったことがあって、それ以来、SNSやブログを追いかけています。牛と田中家の動画でいっぱいのSNSを見て泣いたり笑ったり、ブログを読んで勇気をもらったり。

 

食事中に、あまりのおいしさに田中夫妻にメッセンジャーで、おいしさをライブに伝えて、写真まで撮って送ったり。赤ワインを少々、飲みすぎていたようです(笑)。

 

Web上で販売されるけど、1日もしないうちに(数時間かな?)売り切れちゃうほど人気のあるお肉。次回の発売日(まだアナウンスされていないけど)も、また買えるといいなぁ♪