マースガーデンウッド御殿場で夏ごはん、食べてきたよ!

  • 2017.07.12 Wednesday
  • 22:20

自分が予想していなかった写真に「いいね!」を

頂いていました。

 

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです。

 

その写真とは・・・・・・

じゃじゃじゃん!!!

 

富士山グラス(ふじやまぐらす)です。

ビールの泡の部分が、富士山の雪の部分に見立てられているため、

ビールを注いで初めて富士山が現れます。

http://www.sempre.jp/item/242131/

 

スガハラグラスというところのビールグラスで、

私も独身時代に、アオジ(=主人)にプレゼントをしたことがあって、

とぉ〜〜〜っても薄いグラスでなんです。

 

先日、ひょんなことでマースガーデンウッド御殿場で食事をしたときに、

「マースガーデン オリジナルビール」とうのを頼んでみたところ、

富士山グラスで出てきました。

 

スガハラグラスの富士山グラスと違うのが、

持ちやすいように、グラスにくぼみが入ってたー。

機能面を求めて進化してるなーーて、思いました。

いろんなメーカーから出ているのかもしれませんね。

 

さて。

 

マースガーデンウッド御殿場でのお食事。

 

プロの方の手腕とはこのことか、って思いました。


プッタネスカ

 

メニュー選びの段階で、

「プッタネスカって何?」って聞かれて、

 

「え、クリームが絡んでると思う」っ答えました。

 

ハイ、トマトベースのパスタでした(笑)。

いいかげんな記憶力・・・・・(涙)。

 

魚料理は・・・・・

海老二種類。

トッピングされていたのは、薄くスライスされて格子状になったジャガイモの揚げ物。

家じゃ、こんなに手の込んだお料理はしませんものね・・・。

 

お肉料理は・・・・

黒毛和牛のステーキ。

 

1000円アップだったけど、勇気を出して頼んで良かったです!

噛みしめると、肉汁がうわぁーーーーって、口の中に広がるんです。

 

あーーー、この感覚、忘れてたなぁと思いました。

 

お肉のやわらさかさと言い、粒マスタードの美味しさと言い、

今年一番のおいしさ!なステーキでした。

 

そして、写真を撮り忘れましたが、

食事の最初には前菜の盛り合わせが

暑〜〜〜〜いこの季節にぴったり!

 

酸っぱいものや、冷んやりしたものがおいしく感じるんですよね。

たとえば・・・・・・

 

もずくを梅肉と赤ワインビネガーで和えたもの。

アスパラの冷製スープ

ピクルス(しゃきしゃき感が残っていて、しゃきしゃきと美味しかった〜)

ゴーヤとツナ和え

モッタデラとサラダ

マグロのカルパッチョ etc......

 

ね!?

酸っぱいもの、冷たいもの、が中心のアンティパストでした!

 

さて。

お食事は進んで、最後にお口直しとして・・・・

豆皿くらいの大きさの器に、鯛茶漬けが出てきました。

トッピングされているのはイクラと木の芽。

 

目の前でお茶を注いでもらえるという贅沢なミニお茶漬け。

一口で食べられるお茶漬け。

 

そして、ドルチェは盛り合わせでしたー!

カラフルですよね〜!

水色のソースが何だったのか、聞けば良かったなーーー。

アイスクリームが一口大だったのが食べやすくて嬉しかったです。

 

食事から「夏」を刺激された形で、家路につきましたー。

いやー、良かったな。

 

次の日の晩ごはんも、おのずと「夏!!!」

朝採れのキュウリ

ナスのグリル(塩をぱらり)

キュっと冷たいところてん

さつまあげ

みりん漬けのサバ

 

そして・・・・・

沖縄のオリオンビール。

 

ひぐらしの、カナカナカナという声を聴きながら、

夏らしい晩御飯を食べました。

 

なんか、あんまりまとまりのないブログになっちゃいましたが(汗)、

毎日、健康的に、旬の食材のお料理をおいしくいただけてありがたいな。

 

というしみじみとしたご報告でしたっ!

 

さ、明日も一日がんばりましょう!

 

御殿場のお盆の時期が独特なワケ

  • 2017.07.11 Tuesday
  • 14:43

全国的に、気温がかなり上がってきて暑くなってきてます。

外に出かけるときは、水分、そしてナトリウムも十分に取って

一緒に、熱中症対策をしていきましょうね〜!

 

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです。

 

そろそろお盆がやってくる御殿場。

我が家も「棚経(たなぎょう)」のため、

義母が準備をしていました。

 

(お盆と言えば、のナス。もう少しで実がなります!)

 

のし袋の水引の色、おつつみする金額(笑)、

お坊さんにお出しする飲み物、なんかを引き継ぎました。

 

そして、風通しが良いことが大好きな義母が

数日前から窓を開けているので、家じゅうをこざっぱり!

我が家は、風の通り道です。

 

お経を上げたのは、5分くらいかな。

義母が出したオレンジジュースを、

お坊さんもゴクゴクと喜んで飲んでおられましたよー!

 

(お盆と言えば、のキュウリ。まだベイビーです)

 

御殿場のお盆はちょっと独特な時期です。

 

全国的には、

8月13日ごろ〜16日か、もしくは7月13日〜16日なのですが、

御殿場のお盆は、そのどちらにもあてはまらない7月23日夕方〜25日朝まで(驚)!

 

「ひな祭り(4月3日)に引き続き、お盆も独特な時期だなぁ。

なんで、御殿場だけがそんな時期にお盆をやるんだろう?」

 

他府県から嫁に来たワタクシ、たいへん不思議に思って、

さっそく調べてみましたーーー!

 

御殿場市の公式HPを見てみると・・・・・

http://www.city.gotemba.shizuoka.jp/kyouiku/d-10/d-10-3/436.html

 

なるほどー!

 

7月23日〜26日が、ちょうど田畑の耕作が一段落した時期にあたるのと、

養蚕の作業の合間にあたる時期なんですね。

 

さらに、御殿場市内のお寺さんが書かれているブログ「おてらDAYS」によると、

御殿場市史にはこう書かれていたそうです。


当地の盆は、晩秋蚕(ばんしゅうさん)の出荷が終わった9月14日から16
日に行われていたというが、明治43年3月10日の駿東北部連合町村長会議によって、
いったん7月14日から16日に改められた。しかし、この時期は、養蚕と農作業の重な
る多忙な時に当たるので、同年7月6日に再度の話し合いを行い、新たに、7月24日か
ら26日と改訂された。この時期は、田畑の耕作も全て終わり、養蚕も夏秋蚕と晩秋蚕の
間に合間に当たるので、農家にとっては都合の良い日取りである。以後、北駿一帯は、ミ
クリヤ盆と称して、この時期に盆行事を行う慣行が定着して今日に至っている。”

 

うんうん、かなりドタバタしたんですね(笑)。

 

明治43年(ざくっと100年以上前)、町や村の長が集まって

「御殿場のお盆は7月13日〜16日にしよう」と一度は決めたものの・・・・

いざ7月がやってきたときに、

 

「やべ、蚕業で忙しいんだったわ」

 

とでもなったのでしょうか。

7月6日に再度話し合いがもたれ、

御殿場のお盆は7月23日〜26日に制定しなおされました。

 

ちょっと、あわててる感がにじみ出ていて、100年前の御殿場人に親しみがわきました(笑)。

 

お墓の草むしりも終えて、棚経(たなぎょう)も終えて、

あとはお盆のお迎えをするばかり。

 

どんな食事を用意するかも決まっているみたいなので、

そのとおりに用意してみようかと思います!

http://www.city.gotemba.shizuoka.jp/kyouiku/d-10/d-10-3/452.html

夏だ!ドライブだ!〜すぎちゃん、A子ママ、そしてアオジ夫妻〜

  • 2017.07.10 Monday
  • 21:32

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです。

 

今日は仕事で、本部メンバーのスタッフと一緒に

御殿場から裾野まで車で移動♡

 

ヤマトヤ裾野店までの行き方がわからないため、

道を覚えるために同行してもらいました。

 

こんなにお天気が良かったら、

このままずーーーーーーっと、ドライブに出かけたくなるなぁ・・・

 

ふと、そんな気になりましたよ。

 

昨日のブログの続きです。

※昨日のブログはコチラから♪⇒ http://gotembanikki.jugem.jp/?eid=620

 

浜松ので餃子を食べたあと私たちが向かったのは

掛川市の横須賀という地域。

山中酒造さん。

平入りの町家は、京都でよく見かける典型的な町家!

こういう町家があることで、この町の歴史を感じました。


松の木も見事な枝ぶりですよね。

 

さて。酒蔵見学。

普段は公開されていませんが、

すぎちゃん(酒屋さん)のはからいで、

同行した私たちも見せていただけることになりました。

ゴゴゴゴって重たい木の扉を開けると

やわらかい光が入って来て、ノスタルジックな光景があちこちに。


これ。この水がお酒の命です。

地下100メートルから噴き出すお水。




用意してくださった大きな利き猪口(ききじょこ)で、ぐびぐびっと!

超軟水で、まるっこい味でした。


みんなでパシャリと記念撮影もしましたよ。

 

山中酒造さんのあとには、

ご近所の庭園にもちょっとだけ立ち寄ってみました。

鯉がいたり、池があったり・・・・


睡蓮もちょっとだけ咲き始めてたなぁ。

モネの睡蓮とはいきませんが、小さくて控えめな睡蓮は趣がありました。

 

で、私が一番「おぉぉぉ〜!」と思ったのはコレ!

A子ママが、「この瓦、めずらしい!」って言ったので目に飛び込んできた瓦。

 

たしかにぃ〜〜〜!!

普通のうねうねした瓦と違って、ぺたーーーーんと平べったい瓦。

一見、瓦なのかどうなのかもわからなくなるくらい、ひらぺったい。

 

ひとりで訪れていたら、きっと見過ごしてたと思います。

こういうのって、誰かと一緒に時間を過ごす醍醐味のひとつですよね。

 

最後は・・・・・

食に走ります!(笑)

 

おつまみに貝を頂いてからの・・・・・

季節の天ぷら。

大根おろしが四つ、ぽん ぽん ぽんってかわいらしく並んでました。

 

最後に、握り寿司が登場!

わーーーい!

足りるかな〜って心配しましたが、

ちゃんとお腹いっぱいになりましたよ(笑)。

 

シャリはほんわりとしておりました。

うん、おいしいな。

あと、何といっても、従業員の方のサービスが素敵だったな。

 

そうやってわいわいしてたら、あっという間。

A子ママが東京に行く時間になりました。

 

台風もやって来ていて、

お寿司屋さんを出た時点で、どしゃぶりの雨に・・・・。

ものすごくタイミングよく、旅の結びとなりましたとさ。

 

この日、本来の予定だと京都の美術館に行く予定だったけど、

すぎちゃんとA子ママ、アオジ、私の4人が

浜松に一同に会するなんて、めったにない機会です。

 

京都にはいつでもいけるけど、

この日、この瞬間は、このときだけのものだったので、

迷うことなく、すぎちゃん&A子ママの計画に乗っかることにしました。

 

やっぱり楽しかった!

あと、ホッとするーーー!

 

・・・・・ってことで、夏のドライブ第一弾のお届けでしたっ♪

 

すぎちゃん、A子ママ、ありがとうございますーーー!

 

BY アオジ&すみか

 

 

一眼レフ族

  • 2017.07.09 Sunday
  • 17:44

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです!

 

一日中、風が吹いて気持ち良いですね。

昨日に比べたら、暑さが和らいでいる御殿場です!

 

先日の浜松エクスマLIVEの翌日は

夏のドライブにお出かけしました。

 

アオジ(=主人)と同じエクスマ塾生の

すぎちゃんと、A子ママです。

 

すぎちゃん(杉山雅一さん)は、

伊豆の国市で、「杉山商店」という酒屋さんを経営していて、

http://ameblo.jp/sugiyama-show-10/

 

A子ママ(下澤美香さん)はデジタル発信の専門家!

先週は釧路、今週末はなんと鹿児島と、全国を舞台に活躍されてます。

http://mika-shimosawa.hatenablog.com/

 

そんなお二人と一緒に、エクスマLIVEの翌朝から、

静岡県を横断してきましたよー!

おはよう、浜松!

浜松のランドマークともいえるアクトシティを背景にしつつ、

この日の予定をゆるーーく決めます。

 

「浜松城に行って、浜松餃子を食べよう!」

 

・・・・てことで、まずは浜松城へ向かいました。

最近、一眼レフを買ったA子ママ。

すでにもう、カメラを構える姿がサマになっています。

 

ふと、アオジ(=主人)をおいかけると・・・・・・

やっぱり一眼レフを構えてます。

彼は、カメラが大好き。

おもしろそうなことが起きそうなときは、

一眼レフを持参してますねぇ。

 

あれ???すぎちゃんは・・・???

いたーーーー!!!

しかも、その佇まいが堂に入って、

プロじゃないですかーーーーーーーーーーー!!!


かっちょええーーーーーー!!!

すぎちゃんは言うまでもなく、一眼レフです。

 

・・・・というわけで、三人とも、

良い構図を探しながら、

おのおのが「これぞ!」ていう写真を撮るために、

それぞれの撮影ポイントに散らばってました。

 

かと、思いきや・・・・・

良さげなアングルが見つかると、三人とも集まる(笑)。

 

この日は、私だけがiPhoneでした。

 

集中している三人の周りを、ぽやぽや&うろうろ。

 

Tweetなんぞしてみます。

 

↓↓↓

 

 

ねーーー。

 

すぎちゃんは、実は、酒屋さんをやりつつも、

富士山の写真集や、富士山のカレンダーを撮影・発売しているんです。

 

まさに、趣味が高じて、それがお仕事につながってい、

今や、企業からオファ―が来るほど!

 

そんなカメラ好きなすぎちゃんと、

デジタル発信の専門家のA子ママが、

SNS映えする写真のコツを教えてくれるセミナーが東京で行われます!

 

 

私は参加しますよー!

 

なぜならば・・・・・・・・・・

こんなんやねんもん(関西弁)。

 

なんか、もっとあるでしょーーーーーっ!!って、感じ。

 

で。

 

餃子を食べるときに、

同じ空間にいたすぎちゃんのお写真はというと・・・・・・・・

 

さすがなのです。

 

さらにA子ママに至っては・・・・・・

もう、これ、

「むつぎく」のオフィシャル写真になっててもおかしくありません。

A子ママは、スマホで撮ってたからなーーーー。

 

ぜひとも、私もコツをつかみたいよね!

 

ってことで、7月18日(火)に東京へ行ってきますよー!

ご興味ある方はぜひぜひA子ママのこちらのブログを見てみてくださいね!

http://mika-shimosawa.hatenablog.com/entry/2017/06/15/165643

 

一緒に東京でコツをつかみましょう〜!

 

あ、ちなみに。

 

「むつぎく」というお店は浜松市民にも人気のある浜松餃子のお店です。

浜松に住んでいた時に、教えてもらったお店で、

気に入って通っていたんですよー。

 

ふわっふわのタネ(野菜メイン!)のおかげで、

いくらパクついても、お腹がおもくなりません。

この日も、大きなお皿の餃子二皿を四人であっという間に完食♪


これは、「むつぎく」でメニューを選んでいるときの一眼レフ族です(笑)

 

さて。

 

”夏のドライブ”って、まだこのブログでは

浜松駅の表から裏に移動しただけなので(笑)、

ここからが本番です。

 

・・・・なのですが、続きは明日書きますね。

これから、ちょっと出かけてきます〜〜〜!

 

では、また明日♪



 

”店頭そうじの日”に食べるお弁当はおいしい!

  • 2017.07.09 Sunday
  • 17:01

みなさま、おはようございます!

ヤマトヤのすみかです。

 

本部で働き始めて2か月目に突入!

 

本部ならではのほのぼの習慣に、

最近ハマっています。

 

毎日の習慣で言うと、

「掃き掃除」「朝のお茶タイム」「午後三時のお茶タイム」です。

 

月に一度の恒例行事どころで言うと・・・・

「お寿司の日」「二台の社用車を洗う日」。

 

そして、「店頭そうじの日」も月の恒例行事。

 

本部の建物は旧246号線に面していて、

そこのタイルをお掃除するんです。

 

ごしごしこすったり、コケ落とし隊が専用工具でコケを落としたり。

みんな、ヒール付きのパンプスを脱ぎ捨てて、

おのおのの車のなかから長靴を取り出します!

 

長靴。私はスニーカー。

 

ホースで流していくと・・・・・・・

虹が浮かんだり。

 

「虹、つくって〜」

「ほら、ほら!」

 

と、ホースで水をまきながら、

まるで青春映画さながらです(笑)。

・・・・ちからいっぱい働いたあとは、

お弁当を頂きました。

最近、話題の「キッチンカツマタ」さんとこの。

ベーコンを揚げていた。

ふわふわで、どうやったらあんなに優しい食感のベーコン揚げができるんだろ?

おマメも、ひじきも、きちんとしかるべき手間がかけられたお味でした。

 

ただ・・・・・

12時20分にお店に到着したけど、

人気すぎて、お弁当がラスト1個だったよね(笑)。


売り切れ次第、終了です。

 

なので・・・・・・

予約がベターとのことです。

 

以前、義父がレタス入りのチャーハンを買ってきたことありますが、

ものすごいハイクォリティなチャーハン弁当でびっくりしました。

 

「キッチンカツマタ」さんのお弁当のやさしい味が好き♡

ぜひ、事前に予約して行ってみてくださいね!!!

 

 

 

エクスマセミナーのあとの時間も・・・・・

  • 2017.07.08 Saturday
  • 16:27

藤村先生と、短パン社長の熱〜〜〜いエクスマLIVEのあと、

こちらの方々とご飯会です。

 

(写真がなかったので、A子ママのTwitterから〜!)

 

エクスマ塾生であるA子ママ、すぎちゃん、アオジ(=主人)。

あったか〜い文面のツイートをされているともさん。

SNS上でのくしゅっとした笑顔が印象的なゆっきぃさん。

そして、弊社社員のせーちゃん、こと高橋でございます。

あ、高橋とは今日もMTGで顔を合わせます(笑)。

 

サラダや海鮮をつまみながら、話に出るのはやっぱりSNSのこと。

デジタル発信の専門家のA子ママや、

SNS発信の経験が豊富なすぎちゃんがいてくれたので、

いろんなお話ができましたよー♪

 

発信する上で、「これで良いんだろうか・・・」っていう迷いとか、

発信する内容に悩んだりとか。

SNS上での在り方みたいな。。

 

むずかしい話じゃないんですけど、

もっと発信力を高めるには、スルーできない事がらたち。

 

発信は勢いだけだと、中身のない投稿になっちゃうし、

かといって、考え込みすぎると、発信すること自体がおっくうになっちゃう。

誰の、どんな投稿に「いいね!」を押しているか、

コメントを返信するときにも“自分”が出るし。

でも・・・・みんな、同じなのかな・・・?

 

なんて、そんな一歩踏み込んだところも併せて、

あれこれみなさまと話せて良かった!

  

身近にいて、信頼できてる皆さんとお話しできる機会ができて、

ありがたいことだと思いました。

 

・・・・って、そんな感じであっというまに夜中の一時(笑)。

 

翌日は、A子ママ&すぎちゃんと一緒に、

夏のドライブ第一弾に行ってきました。

 

 

「自由になるための技」〜藤村正宏先生がエクスマLIVEで語ったこと〜

  • 2017.07.07 Friday
  • 18:21

皆さま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです。

 

昨日に引き続き、エクスマのこと。

今日は、藤村先生のお話です!!!

(この日もかっこよかったなぁ〜!)

 

またね、

 

「書きたいことがあふれてすぎて、まとまらないーーーーー!」

 

という現象におちいってますが、ともかく、書いてみますね。

 

エクスマLIVEのオープニングは、

今回も、かっこいい音楽とともにムービーから始まりました。

 

毎度ですが、音楽もスライドも変わる。

 

今回は・・・・・・

歴史に名を残した人たち。

 

みんな、ちょっと変わったところがあった人たち。

でも、新しいことをやった人たちだから、歴史に名前が残っている。

そんな偉人たちのモノクロ写真が出てきました。

 

スライド=グレン・グールド

 

世の中を変えた人。新しい価値観を見出したです。

ピアニスト。

常識を変えた人。

ふつうは、クラッシックの演奏家と違うのは、譜面通りに弾かなかったこと。

むちゃくちゃだった。

そんな常識にはいっさいとらわれなかった。バッハの指示を無視して、無視して、演奏した。バッハ関係なく、自分の演奏にしていた。それが、バッハの価値をものすごく高めていったんだよね。

 

常識にとらわれない、って大事だな、って改めて思いました。

 

すでに偉人だったバッハ。

そのバッハの譜面を守らずにバッハの曲を弾くなんて、

当時に人からすると、ひっくりかえるほど衝撃的だったんだろうな。

 

でも、そうやってグレン・クールドが自分の感じるところを大事にして、

バッハの曲を自分のものにした。

結果、バッハの価値を高めることになったんだそうです。

 

さらに、【スキルやノウハウの価値は時代とともに変わる】というお話も

考えさせられました。

 

藤村先生が、とあるホテルに泊まったときに

本がたくさん並んでいるコーナーで見つけたこちらの本・・・・。

おぉ!懐かしい!って思いました。

 

確かに、今、この本が店頭に並んでいても、誰も買わないなぁ、って。

iモードの使い方も、電子メールのことも時代性が強すぎますもんね。

そもそも、メールじゃなくて、メッセンジャーやLINEのほうが主流ですもんね。

 

スキルとはノウハウは、価値がないのよ。時代が変わるから。でも、思想は変わらないでしょ。

普遍的な真理。本質。真理としての本質。”

 

スキルやノウハウは無意味だ!って、そんな急な話とではなく、

仕事をするうえで、スキルやノウハウに依存しすぎると大切なことを見失っていくよ、

 

・・・・・って私は解釈しました。

 

スキルやノウハウを最優先にする前に、

もっと見つめなくっちゃいけない大切なことってあるよね、ってことかな・・・・・。

 

「スキルだけの人」が、これからの時代は価値がなくなっていく。。。。

人事評価ももそうかも。

 

どんなに高いスキルを持っていても、

「スキルだけしかない人」って、ちょっとアレですよね。

 

「スキルばかり高くて、周りから信頼されていない」っていう人は特に。

いずれ、限界が来ますよね。

 

さらに・・・・・

 

”ロジカルシンキング。これ、誰が一番得意かっていうと、コンピュータなんだよね。

将棋もAIのほうが得意になった。

人間が10回将棋をやっている間に、AIは3000年分将棋をやっている。

ロジカルだけでやっていると、仕事がなくなる。”

 

ロジカルシンキング(=論理的思考)だけに頼る仕事のやり方も価値がなくなる。

・・・・・っていうか、人工知能(AI)にとってかわられる。

 

今、とある新聞の株式欄は、人工知能が記事を書いているとのこと!

雑誌の特集でも人工知能の発達のおかげで将来なくなっちゃう仕事って、

ロジカルシンキングな仕事だなーーって思う。

 

今、落語家を目指している高校生と使っている女の子の小説を読んでいますが、

AIが発達しても、落語家って言う職業はなくならなさそうですね(笑)。

 

そして、今回の藤村先生のお話で、一番刺さったのが、教養のお話でした!

それで、このブログのタイトルは、「自由になるために」にしたんです♪

 

(”教養”のお話のときのスライド。小説、映画、音楽でいっぱい!)

 

“教養”とかって、なんだか、難しそうですが、

はるか昔(大学生のとき)に、

「教養って何?」っていう本を読んだり、友人と話し合ったりしました。

 

“教養のある人”とは?

 

私なりの、My定義は、こうでございました。

 

「知識を得たときに、ただ知識があるだけの人、で終わらせない。

その人だけのフィルターを何枚も通して、ただの知識がその人の血や肉となったもの」

 

とりあえず、ながーーーーーっっ!!!

そして、「血や肉となる」って怖いし。

 

あと、隣の席の社員さんにMy定義を語ってみたところ、

「むずかしい」って言われました(笑)

 

”教養”について、藤村先生はこうおっしゃいます。

 

「リベラル・アーツ=自由になるための技。」

 

小説や映画、スポーツをやることも教養。

一見、ビジネスとは関連性がなさそうなことだけど、

教養は、身に着けることによって選択肢が広がる。

そのおかげで、自由になれる、ってこと。

 

不自由な状態の自分から、自由な状態するためのもの。

それが教養。

 

すごく、素敵じゃありませんか!?

 

もっと正確に藤村先生のコトバをご紹介すると、

 

「リベラル・アーツ」。明治時代に日本

にこのことばが来たとき、「教養」って訳された。

仕事のことしか考えてない経営者はつまらない。

戦略がどうだ、戦術がどうだって、そんなことばっかり言っている経営者はつまらない。

(中略)

教養を持ちなさい、ってこと。無駄なことをたくさんやる。

より自由になるってこと。それが大事。

 

 

もっともっと、小説を読んで、もっともっと映画を観て。

(幸いにも、どっちも好き!!!)

 

「いつも時代の風を感じよう!」

 

と。

 

これからは、「より自由になるために」ってそう思う。

 

そうやって、自分で楽しんでいるうちに、

気づかないうちに蓄積されたものが、

あるとき、ふとした瞬間に誰かのため(お客さまやヤマトヤ)になるのかな。

 

そうだといいな。

 

・・・・って、またまた長くなっちゃいました。

なかなかまとまらないブログですが、

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます!!!

 

明日もやるよーーーーーーっ!!!

がんばるよ〜!

 

 

 

 

まずは短パン社長のお話から〜浜松エクスマLIVE〜

  • 2017.07.06 Thursday
  • 16:32

あれ・・?

声がかすれてきてる・・・・???

 

あ、私の声ではありません。短パン社長の声です。

浜松のエクスマLive。

短パン社長はいつも熱い方なのですが、

浜松のエクスマLiveでは、いつにも増して、熱量がすごかったです!

 

みなさま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです。

 

7月3日、浜松で行われたエクスマLIVE(セミナー)に行ってきました。

今回は、ヤマトヤ各店舗(全店舗じゃないけど〜)のメンバー5人も一緒に!

 

エクスマ創始者の藤村先生のお話。

藤村先生のお弟子さんの短パン社長のお話。

そしてすぎちゃんやA子ママと過ごした濃い時間のこと。

会場で偶然にもお会いできた方々との嬉しい瞬間のこと。

 

どこから書けばいいんだろう・・・・?

 

今も、この瞬間、東京でエクスマセミナーが熱く開催されているなか、

私も、浜松エクスマライブで感じたことを綴っていこうと思います!

 

今日は短パン社長のお話から。

 

【僕はコンサルタントじゃない。社長です。

あ、あと芸能人ね(笑)。

「あれをやれ、これをやれ」って、皆さんに教えられることはないんです。

やるかどうかは皆さんです。】BY 短パン社長

 

短パン社長、こと奥ノ谷圭祐さん。

東京でアパレルメーカーをされている経営者の方です。

ダイバイヤ―やパイセンTVに出演されていたので、テレビでご存知の方もいらっしゃるかも!?

 

お洋服の販売以外に、カレーに、コーヒーに、お米づくりをやっていて、

さらにビールの商品開発も?

今は、「職業・奥ノ谷圭祐」!

 

 

 

私と短パン社長の出会いは・・・・・

まだ当時、取引先だったアオジ(=主人)が「短パン社長ってご存じですか?」というところから始まりました。

 

とにかく熱い方です。

そして、愛情にあふれていて。

人に対してだけじゃなくて、世の中に対しても愛がありますよね。

 

そんな、短パン社長の姿勢を、経営陣としても追いかけたいし、

人としても追いかけたい。

 

 

【アパレルの業界。(関連業者が)どんどんつぶれている。生地屋さんも、ボタン屋さんも。

お店で売っているお洋服の体験価値をお客さんにちゃんと伝えているのか?

藤村先生が先ほど言った「体験」とか「価値」を売っていかなきゃいけない。】 BY 短パン社長

 

私がたずさわっている宝飾業界にあてはめてみると、共通している部分があります。

 

「宝飾業界はダメだ」、「あの業界は低迷してる」、「みんな売れてない」、「どこも厳しいらしい」・・・・

 

そう言われますが、まだまだ活路を見いだせるって思ってます。

あのこと、このこと、お客様に伝えきれていないことがいっぱいあるから。

 

それに、「宝飾業界」ってひとくくりに語られがちですが

ファッションジュエリーとブライダルジュエリーでは、状況は全然違います。

 

全体のマーケット規模は縮小しているし、メディアは「この業界、厳しいらしい」ってジャッジ

しているかもしれないけど、右肩上がりのメーカーさん、元気いっぱいの小売店さんはいますからね。

だから、あんまり肩を落とさないようにしています ^^

 

(短パン社長とインカメ アオジの表情wwwww)

 

【今年の流行はワンピースじゃない、ってなると、みんなワンピースを作らなくなる。

みんな流行を追い求めすぎる。

でも、流行のものを作っても買ってくれる人がいなかったら、どんなに流行を追い求めていてもダメなんっすよ。

すごい根本的なことだけど、もしかしたらみんなそれが出来ていないのかな、って。

それって(流行を追うこと)って、自己満足だって。

だって、お客様は買わないもん。

メディアに振り回されてる。

それよりもいつも来てくれているお客様のためにお洋服を作ることが優先順位高いんじゃない?】 BY 短パン社長

 

ちゃんと、目の前のお客様のこと見てますか?って自問しました。

メディアが「良い」って言っていても、ヤマトヤのお客様にとって本当にそうなのかな?

逆に、「あれはダメだ」って言われていることでも、ヤマトヤのお客様が喜んでくださることは何かな?

 

SNSも取り組んでいる中で、

『ヤマトヤ通信』も、紙媒体で、そんなお金のかかることを!ってびっくりされるけど、

田んぼの中からおじいちゃんに声をかけられたり、

登場スタッフさんが「載ってたね〜」って声をかけられて嬉しかったよ、って話を聞いたりすると

あ〜、やめちゃダメだなって思います。

 

(短パン社長とのインカメ◆

「アオジの手がすみかちゃんにかぶってんだよ!」のお言葉いただきましたーーー!)

 

まだ、できていない。やりきれていない。

壁にぶつかってすらいない。

 

腑に落ちるまで考えて、行動して、また考えて、

時々だけどひらめいて(笑)、また行動して。

 

最後に、やっぱりこの言葉が好き!!!

 

言い訳すんな バカ!」

 

自分に甘くなりそうになったときに

心を引き締める言葉です。

 

「言い訳すんな バカ」

 

バカって言葉を使っても尚、

聴衆を感動させられるのは短パン社長だけかも(笑)。

 

・・・・・・と、いたって、まじめ〜な内容でお届けしておりますが、

明日も、この、まじめ〜〜〜〜な内容で、藤村先生のお話を書いてみようと思います。

 

(短パン社長とのインカメ アオジの手が謎(笑)。なんだったんだろ?)

 

ここまでのなが〜いブログ、読んでくださってありがとうございます!

 

「グルメよりも食いしん坊のほうが良い!」

  • 2017.07.02 Sunday
  • 13:30
昨日、まちこさんのブログで藤村先生の言葉が紹介されていて、 「わかるっっ!!!」と思う一文に触れました。

(記事はこちら⇒ http://ameblo.jp/orpheusstyle/entry-12288488263.html )

セミナーのフリートークの時に

藤村先生が言ってたけど

「グルメ」より「食いしん坊」がいいって!

グルメはスペックにこだわってるって

何を食べても美味しいって

思えるほうがシアワセだよって!

これ、ほんとうにそう思うんですよね。
いっとき、食べ歩きにはまって、けっこう集中してあちこち食べ歩いていた時期がありました。

週末になると一日5店舗を訪問する、なと鬼のように食べ歩いてました。


あ、今こうやって書いてみて思ったけど
1日5店舗って、ちょっと変な人みたい(笑)。

でも、当時はとにかく自由な時間がたくさんあって、猛烈な食べ歩きを敢行していたんですねー。

・・・・・で、そんなふうに食の世界にどっぷりつかっていた私も思います!
「グルメ」な人と、「食いしん坊」っていうのは、
一見似ているようで、全然違う、って思っています。

さらに、「ツウ」なお客さんよりも、「食いしん坊」なお客さんのほうが
お料理人さんからすると作りがいがあるんです。

だから、「グルメ」でもなく、「ツウ」でもなく、
食べること大好き!!!な「食いしん坊」な方のほうが、
お料理人さんやお店の人と気持ちの良い交流をはかれると思うなぁ。。

祇園の料亭で懐石料理を楽しめる一方で、
コンビニのイートインでも輝ける女になりたいです(笑)。


食の守備範囲は広いほうが幸せになれる!!!

つくづくそう思います。

らっきょう仕事

  • 2017.07.01 Saturday
  • 10:27

三日ほど前のこと。

まだ午前中なのに、あれ・・・・?

 

義母がいないなーーーと思っていたら

正午にはビニール袋いっぱいに三袋ほど

野菜を持って帰ってきました。

 

市内の畑で、仲間と一緒に

野菜の収穫に出かけていたようです。

 

皆さま、おはようございます!

ヤマトヤのすみかです。

 

初めて見た泥付きのらっきょうには

目を見張りました!

じゃじゃん!

 

らっきょうは勢力が強い野菜なので、

その日のうちに芽が出てきちゃうとのこと。

 

らっきょうの青い芽が良くない理由は・・・・

 

らっきょうの芽が出ちゃうことによって、

らっきょうの本体がやせ細ったり、

何枚も皮をむかなくちゃいけなくなるから、とのこと。

 

「ユリ科情報.com」の情報を参照にしてみましたよ〜♪

⇒ http://rakkyo-kounou.com/category2/entry13.html

 

なので、らっきょうは採れたその日ののうちに漬ける!

・・・・が、良いようです。

 

さっそく、御殿場の涼しい夜風にあたりながら、

義母と二人でベランダでらっきょう仕事をしましたよ。

 

ベランダに行ってみると、

義母がすでにテーブルに新聞紙を引いてくれてました。

 

ビニル袋の中には、収穫された何百個というらっきょうが!

これが泥付きのらっきょうです。

(初めて見た―――!)

 

ひとつひとつ葉っぱを落とし、根っこも落としていきます。

一人でやると、きっと途方もない仕事でしょうけれど、

二人でやったので、1時間もしないうちに

全てのらっきょうの葉と根を取り除くことができました。

 

そこから、水洗いを何度も繰り返して

らっきょうの皮を一皮むきます。

 

ゴシゴシと水洗いしているうちに、

皮が一枚、また一枚と、水に浮いてきます。

 

浮いてきた皮を救いながら水を捨てて、

また新しい水で洗って・・・・・・

 

それを繰り返していくと、

最初は泥水だった水が、段々と透明度を増してきて、

ぴっかぴかのらっきょうたちが現れます。


(ぴっかぴかのらっきょうたち)

 

トレイの上にタオルを敷いて、

その上にらっきょうを出しまました。

 

ぴっかぴかになったらっきょうを

瓶につめて、らっきょうの酢漬け専用のお酢を注いでいきます。

今回は五つのらっきょう瓶が並びました。

 

 

昔は、らっきょう専用のお酢はなかったそうですが、

農協さんがこうやって「らっきょう酢」というのを販売してくれているので、

助かる〜〜〜!!!って、言いながら義母が入手してました。

 

このボトルを全て使い切って、

5つの瓶にらっきょうの酢漬けが完成です。


この日(6月28日)から約2週間で食べごろです!

 

初めての体験「らっきょうの酢漬け」

らっきょうは平安時代に、中国から日本に伝来してきたらっきょう。

意外と歴史が長いんですよね。

 

暑い夏には、酸味のある食べものが食べたくなりますね。

自家製らっきょうの酢漬けと一緒に、暑い夏を迎えうちたいです!

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM