"変な人"って褒め言葉!

  • 2017.09.12 Tuesday
  • 18:49

今日は、Facebook(フェイスブック)で

たくさんの方から「いいね!」やコメントをいただいた内容のシェアです。

 

皆さま、こんにちは!

御殿場の時計・宝飾・メガネのお店、ヤマトヤのすみかです。

 

福岡にいたとき、学校で「変わっとうよね」と周りから言われていて、

なかなかに辛い時期を過ごしたことがありました。

青春時代の苦い一ページです・・・(汗)。

 

でも!!!

 

18歳で大学進学のために東京に出てみると、

東京の街には私以上に”変な人”であふれていて(笑)、

私は変人でも何でもなくなって、心の底からホッとしたおぼえがあります。

 

それ以来、年齢を重ねるごとに、自分と同じ種類の人が周りに増えていき、

今はずいぶんと生きやすくなりました。

 

協調性がなかった私を忍耐強く受け入れてくれた大学時代のゼミ仲間とか、

辛抱強く雇用し続けてくれて、さらには「能力が開花するように」って

仕組みを変えて育ててくれた前々職の宝飾メーカーとか、

「集団行動ってこんなに楽しいんだ!」ってことを教えてくれた”さろん木々”の皆さまとか・・・。

 

周りの人たちの器の大きさのおかげで、

私はなんとか社会性が育まれつつあります(^^)

 

「変人」ていうのも、実は、世の中って広くて色んな人がいるから、

自分はそれほど変人でもないと思えてくるし、

万が一、「変」と言われても、落ち込むことは何もありません。

その「変」な部分こそ、かけがえのない自分だけの個性になりますからね!

 

 

にぎやかな時間を過ごしたあとにおとずれた静かな時間のなかで、

そんな物思いにふけりました。

 

 

懐かしい思い出。DEAN&DELUCA(東京・新宿バスタ)

  • 2017.09.11 Monday
  • 19:01

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

DEAN&DELUCA(ディーン&デルーカ)」。

皆さまの人生のなかで初めて登場したのは、いつ、そしてどこですか?

 

ニューヨーク発のフードのセレクトショップ。

2003年に東京に上陸しているので、

東京の方にとっては、なじみが深いと思いますーーー!

 

私がDEAN&DELUCAに出会ったのは、2009年。

すでに東京に上陸していたのですが、関西在住だったせいか、全然それを知らなくて。

ニューヨークに行ったときに初めてその存在を知りました。

 

出張でニューヨークに行かせてもらったときのこと。

オフィスに朝早く行き過ぎちゃって、現地の駐在員の方に

 

「朝ごはん、買いに行っちゃいますかーーー?」

 

って、連れて行ってもらったのがDEAN&DELUCAでした。

 

朝早かったけど、ミッドタウンのロックフェラーセンター内のDEAN&DELUCAのショップには、

たくさんのオフィスワーカーがいました。

 

私は、レーズンがのってバターがたっぷりのベーグルをオーダーして、

グリルしてもらいました。

 

Amy's Bread(エイミーズ・ブレッド)のクッキーもセレクトされていたなぁ。

このクッキーは「世界一位美味しい」って思ってました!

(世界中のクッキーを食べたわけじゃないけど〜www)
 

そんなDEAN&DELUCAが新宿のバスタという、とても便利な場所にOPENしています!


ここのカフェは人気すぎて、人でごったがえしていましたが、

アメリカンなバナナブレッドと、水出しアイスコーヒーを楽しんできました!

 

おうちの方へのおみやげとして、テイクアウトすることもできます。

かわいいし、おしゃれだし、おいしいからおすすめです。

 

アオジ(=主人)に

 

「DEAN&DELUCAって知ってる?」

 

と聞くと、

 

「そのトートバッグ持っている人、けっこういるよね」

 

と。

 

あれ、スマホばかり見ているイメージがあったけど、

道歩く方々の小物類はチェックしておられるのですね(笑)。

やっぱり、商売柄だな―――♪

 

 

貞松社長がパネルディスカッションに@JJFの会場にて

  • 2017.09.07 Thursday
  • 18:53

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

ブログの記事を書くのに、

ちょっと間が空いてしまいました(汗)・・・

 

今日は、商品部のお仕事をしていました。

宝石や貴金属などの材料が届いたり、

アトリエから完成品が届いたり!!!

 

そして、商品部の要(かなめ)となるNさんが公休なので、

「できるところまで、自分たちでやってみようではないか!!!」

と、朝からはりきって仕事に取りかかったものの、

細かいところに来ると、手が止まる(涙)。

 

「勝手に進めてはいけない匂いがしますね、これは」というものには、

「Nさんに確認してから進める」のポストイットが次々と貼られてゆきます(笑)。

 

事務のお仕事って、好きです。

確実に達成感を感じられる業務が多いから、

毎日、毎日、喜びを感じられる幸せな仕事♪

 

さて!

 

・・・・・って、前置き、ながーーーーー(笑)。

 

今日の本題は・・・・・宝飾業者むけのセミナー。

 

宝飾の業者向けの展示会(=仕入れ会)は、

1月、5月、8月、10月に東京や神戸で大規模なものが行われます。

 

どの展示会でも楽しみにしているのが、セミナー。

ここで専門家から旬なお話を聞くのが好きなんですねーー。

 

色んな種類のセミナーが用意されているので、

自分の興味のある分野を選ぶことができるんですよ。

 

これ、いいですよね!

能動的になれる!!!

 

今回、楽しみにしていたのは、

お客さまとの関係性の構築のパネルディスカッションでした。

 

どんなふうにお客さまと出会って、

どうやってお店に足をお運びいただいているのかについて、

各会社の取り組みを知ることができました!

 

「フェスタリア(株式会社サダマツ)」の貞松 隆弥社長が

パネリストとして登壇されていました。

 

iPhoneImage.png

(超気さくだった貞松社長。50代とは思えないほどの若々しさ〜!)

 

共感した!!!

 

言葉がエネルギーに満ち溢れているのに、あたたかみがあって、

まさに、”Cool head, but warm heart”な方!

 

言葉のシャワーを浴びているうちに、

聴いているこちらまで頭良くなった気になってしまったので、キケンです(笑)。

 

●サンキューレターは手書きじゃないと、絶対に。One to One!

システムだけでは、顧客化はできません。

 

●”精神価値”を中心に据えて、ファッション価値も絡めていく。

(※”精神価値”については、たぶん、それだけで2時間くらい講演ができるくらい厚みのあるお話です)

 

●ジュエリーや我々のブランドを好きになって頂くという行為を繰り返していただかないと、

お客さまになってもらえないと思う。

 

●ECのお客様は、ひじょう〜〜〜〜〜に流動的。

 

「うんうん、うんうん!!!」って思いながら聴いていました。

 

そして、最後のほうで・・・・・

 

うちは、社員にSNSをやるように奨励しています

 

・・・・っておっしゃったんです!

 

Wooooooow!!!!

 

普通は(って、何が”普通”なのかはわかりませんが・・・)、

大企業はSNSが禁じられている会社が多いのですが、

そうじゃない会社がここにあった・・・・!!!

 

Twitter、インスタ、そしてブログ、HPで、どうやって発信していっているか?

さらには、貞松社長個人のFacebookでの売り上げ額についても言及されていました。

 

まさに、ヤマトヤでも取り組みが始まったところだったので、

ものすごーーーーーく共感する!!!って思いました。

 

そこで、もう一度、この言葉を思い出しちゃうわけです。

 

「僕ら宝飾業界が、お客様とのあいだにあるギャップを

知らず知らずのうちに広げていったのではないか?」

 

仕事をするときに、この言葉をいつも思い出します。

お店の宝飾コーナーのことを考えるときも、

紙媒体やSNSで宝石の事を発信するときも。

 

「ギャップ、広げちゃってないかな?」って。

 

よし、今日もがんばるぞ〜!

(”今日”って、もうあと5時間しかないけど〜)

 

 

 

 

夏の名残り、秋の始まり

  • 2017.09.03 Sunday
  • 21:12

午前中に、映画『利休にたずねよ』を見て、

千 利休の静謐な佇まいに魅了されて、

急に、お部屋のお掃除を塩水で清める感じで始めてしまいました(笑)。

 

すぐに映画に影響されてしまいがちな、

ヤマトヤのすみかです(笑)。

 

今日は休日でしたーー!

 

数日前に腰をひどく痛めてしまって、

会社を早退してしまい、

仕事に影響でてしまって情けないなーーーー、と、

ストレッチ&ヨガ&運動を再開しました。

朝のウォーキング。

 

普段、車で通っていて

 

「ここの曲がり角を曲がったらどこへ行くのだろう?」

 

・・・・・と、不思議に思っていたところを、

徒歩で曲がってみました。

 

御殿場出身じゃない私にとって、

御殿場の街の全てが冒険地帯。

 

迷ったら、箱根の風車を見ながら軌道修正します!



行く先々で、お花が見れるのも楽しみ♡

これは、アザミかな?

しばし観察していたら、蝶々が盛んにやってきてました。

蝶々たちのあいだで人気があるのかな(笑)。


カタバミのそばに咲いていたお花。

 


淡いピンク色のお花。

たくさん集まると、美しいというよりかわいらしさが増しますね。

 

そして・・・・・

夏の名残りとして、朝顔が咲いていました。

 

朝顔が咲く時間帯に、あんまりお散歩に行かないので、

なんだか、このお花が新鮮に見えました。

 

そして、夏の名残りがあれば、秋の始まりもしっかりとあります。

キバナコスモス。

 

”キバナ”というよりは、ほぼオレンジ色ですねっ♡

好きだなぁ、このコスモス。

 

今時分、御殿場のあちこちに咲いていますよね。

原っぱにも、民家にも。

 


今日は、御殿場東小学校よりもさらに東側をお散歩しました。

とちゅう、「りとるぱいん」てとこで迷った。

 

この時期は黄金色にそまった田んぼを見ていると

迷うもの楽しいんですよね。

昔、ものすごくお世話になった方と再会した!

  • 2017.08.31 Thursday
  • 16:50

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

昨日まで、ジュエリーの仕入れ会場にいました(in 東京ビッグサイト)。

 

とっても広い会場なのですが、

おととい、偶然にも、小原社長にお会いしました。

 

前回お会いしたときはお互いが動く歩道にいたけど(笑)、

今回は会場でお会いしたので、椅子に座ってお話できました。

(前回の様子。動く歩道と、動く歩道のはざまだった(笑))。

 

北海道の幅広い地域で、時計・宝飾・メガネの小売店を展開されている小原社長。

初めてお会いしたのは、もう10年以上前のことです。

そのとき、私はメーカーの営業という立場でした。

 

20代のころ、営業マンとして決して一流とは言えなかった私を相手に、

商談のために、たくさん時間を割いてくださっていたことを思うと、

頭があがりません(汗)。

てか、思い出せば思い出すほど、青ざめる・・・・・・(汗)

 

小原社長と言えば、お若い(当時は30代前半)社長さんだったけれど、

どんなに厳しい商談内容のときでも、憤怒(ふんぬ)することなど決してなく、

あたたかい言葉かつ冷静な言葉しか出てこなかった。

 

経営者としても、人としても、器が大きくて、

 

「大人として、かくあるべき」

 

と、帰りの飛行機の中で何度も思ったものでした。

 

今は、不思議なご縁で、

私もメーカーの営業という立場から、小売業に携わる立場へ。

小原社長の背中を追いかける身となりました。

うん、背中が見えなくならないように追いかけていかねば!!!

 

・・・・で、ふと気づけば、俄(NIWAKA)の取扱い店舗のオーナーらしく、

全員NIWAKAの指輪をつけていたよね(笑)。

小原社長はN.Y.NIWAKAの「レゾナンス」。

アオジ&私はNIWAKAの「相互」。

 

まばゆい輝きを放つN.Y.NIWAKAの指輪「レゾンナス」

アオジが着けさせてもらってました(笑)。

あまりにも指輪がラグジュアリーで素敵すぎて、
ちょっと照れてしまっていますが(笑)。

 

時間が流れるって、不思議だなぁ、って

この日も思いました(^^)

 

 

 

貞松社長の言葉のパワーが好きです

  • 2017.08.29 Tuesday
  • 23:26

先日、東京ビッグサイトの広い会場で、貞松社長と偶然お会いできました。

あまりにも偶然すぎて、アオジ(=主事人)と一緒に驚いてみたよ(笑)

 

大手宝飾メーカーであり、宝飾店を全国展開されておられる、

上場企業・株式会社サダマツの貞松 隆弥社長!!!

 

みなさま、こんにちは。

ヤマトヤのすみかです!

 

「僕ら宝飾業界が、お客様とのあいだにあるギャップを

知らず知らずのうちに広げていったのではないか?」

 

これは、去年(2016年)の秋に

貞松社長がIJTのセミナーにて、会場へ問いかけた言葉。

 

”斜陽産業”、”マーケットがシュリンクしている”

なんて言われてしまっている宝飾業界ですが、

貞松社長の言葉を聞いて、

 

”自分たちの仕事を振り返って、

もっともっと自分たちができることってあるよね、と。”

 

私は、そんなふうに受け止め、感じました。

 

今回のジュエリーの仕入れ会(JJF)の会場でも、

 

「どこも厳しいらしいね」「昔と違って、今は●●な時代ですからねぇ〜」

 

やっぱり、そんな声がチラホラと聞こえてきます。

主人と私は、なるべくそういう言葉は使わないようにしているんです。

 

時代のせいだけじゃないと思うから・・・・・・。

 

「そういう感覚って間違ってなかったね!」と、

去年の貞松社長のセミナーを聴いて感じました。

そこから、Facebookの発信を追いかけるようになりました!

 

そんな、貞松社長がJJFの会場内を。お一人で歩いていたので、

ついつい、お声がけさせていただいました。

 

たった1回しかお会いしていないのに、

私たち夫婦のFacebookの発信を見てくださっていて、

しかも、

 

「二人とも、いつも一緒だよね〜。仲良いよね〜」

 

って言ってくださって(笑)。

 

とってもフレンドリーで、にっこにこな笑顔で

応対してくださいました。

 

サダマツだけが一人勝ちしても意味がないんです。

皆さんと一緒に宝飾業界を盛り上げていきたい

 

去年のセミナーは、そんな言葉締めくくられました。

とても静かにおっしゃいましたが、

胸にせまるものがありました。

 

この日、会場で偶然お会いできたのも、

きっと何か意味があるんだろうな。

 

今日はパネルディスカッションも聴けたので、

その内容はゆっくりと咀嚼して、後日ブログにアップしますね。

 

 

 

他人をうらやむ気持ち

  • 2017.08.28 Monday
  • 08:10

小さいころから、母がよく言っていたのが、

「他人を”うらやましい”と思うヒマがあるなら、
まず、自分が努力しなさい」

って。

「自分が努力しなさい」の部分は、ときと場合によってあれこれ変わります。

「ピアノの練習しなさい」だったり、
「宿題しなさい」だったり(笑)。

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。


 

 

大人になると、母の教えをフッと思い出すことが多くなりました。

他人のことを強烈にうらやましいと思わない、自分は自分のできることをやる、
そんなことが身についたのはまぎれもなく母のおかげです。


「あの人いいね、この人いいね、っち思っとっても、そこからはなぁーーんも生まれんやろう?」

って。


でも、それとは別に課題があって。

人への好き嫌いが非常に激しいんです。
またその感情を全身で表現するので、 人間的にアンバランスなとこはまだまだあります・・・(焦)


人のことで自分のペースが乱れることがあるんですねー。

これは、時間がもったいないなぁ、って自分でも思うし、
知らず知らずのうちに、人との縁を逃しているのかなぁ?って思っちゃいます。

「来る者(嫌いな人)をかたくなに拒み、
去る者(好きな人)は全力疾走して追いかけて」いるため、

もうちょっと心中おだやかになるにはどうすればいいか?みたいなことを考えたりします。

いつも温厚なアオジ(=主人)を見ていると、その穏やかがゆえに、 たくさんの人が集まってきてるもんねぇ、、、
・・・なんてことを、東京行きのバスの中で考えました^ ^。

乗り物に乗ると内向的になるなぁ(笑)。

では、JJF(ジュエリーの大規模な仕入れ会)へ行ってきます!

皆様もどうか良い一日をお過ごしくださいね!
 

摘んだナズナを、もらいました!

  • 2017.08.24 Thursday
  • 15:00

昨日、今日と急に暑くなりましたね。

 

それまでは、雨がしとしと降り、夜になると冷え込み、

めっきり秋の気配がしていたのですが、

いやーーー、そんな簡単には暑さは去ってくれません。

もうしばらくは夏に付き合わないと・・・・ですね。

 

皆さま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

ヤマトヤ本部では、毎週月曜日が朝礼の日です。

最近始まった本部の慣習で、ひとり一つずつ、何か話を披露することになっています。

 

家族のなかであったジーーンとすることだったり、

マクドナルドが地域限定メニュを出してる、っていうお役立ち情報だったり、

さまざまな話が飛び出てきて、いつもとっても楽しみにしているんです。

 

で、話す人は、

「今週は●●部」「来週は、△△部」

と、当番制になっているのですが、この日はたまたまピンチヒッターに♪

 

そこで、NAZUNA(ナズナ)さんのアトリエ訪問のことを

はりきってお話してみました。

 

そしたら、夕方。

マダムスタッフが、

 

「今日はありがとう〜」

 

って、摘んできたナズナをくれましたーー!!!

ほらっ!

 

誰かに摘んでもらったお花をもらうなんて、
小学校時代以来です!

若くて青々しいナズナ。

さっそくテーブルに飾りました。

 

小さなコップを花瓶替わりに、毎朝お水を換えています♪

 

誰かのために草花を摘んで持って帰る・・・・

そんな心を忘れかけていたのですが、

もらうと嬉しいものですよね〜!

 

しかも、私の話(ナズナさん訪問)にちなんで、ナズナを摘むなんて、粋です。

 

ありがとうございます〜!

 

 

 

 

 

 

ミックリーナで誕生日会

  • 2017.08.23 Wednesday
  • 17:07

アオジ(=主人)のつながりには、あたたかいご縁が多くて♪

 

こちら、Hさん、Iさん、アオジは、お互いのバースデーをお祝いすることをもう、何年も続けているトリオです。

 

この日も、わいわいと楽しかったなーーー。特にHさんはお休みになると海外か箱根にいらっしゃるので、旅にに関するお話がおもしろくって!あれこれ根ほり葉ほり聞いてきました。

 

皆さま、こんにちは!御殿場の時計・宝飾・メガネのヤマトヤ、すみかです。


(Hさん、Iさん、アオジ(笑))

 

そして、なんと10カ月ぶりのミックリーナさん。木佐貫シェフ、ほんとうにご無沙汰してしまってましたーーー!

(プルスケッタ。鶏肉のレバー(左)と、トマト&ツナ)

 

Facebookで、木佐貫シェフには「いいね!」を頂いたりしているから、10カ月ぶりな感じはしないんですが、我が家で「ミックリーナに行けてない」ってことが夫婦ケンカのタネになるくらい行きたかったので、ようやく、ようやく来れた感じです。

 

そして、やっぱり「さすがだなぁーーー」と思ったのが、バーニャカウダ。

(オクラの花も入っている生野菜たち)


バーニャカウダは、”熱い風呂”という語源どおり、あっつあつのソースに生野菜を浸しながら頂くもの。これにお目にかかれて、ほんとうに嬉しかった〜!!!


アジのカルパッチョ添えに・・・・・

 


サザエ×ガーリックの一品など、白ワインのすすむお料理が続きました。


ピザは、生ハムのマルゲリータに・・・・


パスタは、シラスのペペロンチーノ。


最後は、豚肉のグリルでした。

 

Hさんがアレンジしてくださって、今回は、コース料理で予約してくださいました〜!久しぶりに会う方との食事は、

コース料理も良いですよね。会話が途切れないので(笑)。



ドルチェは、ユニークな形のプレートに乗っていました。


お誕生日だったアオジ(=主人)とIさんに、Hさんが、バースデープレートを用意していてくれました。アオジは、ワインを飲んで顔をまっかにしながら、嬉しそうに顔ほころばせていました。

 

「次は年末、すみかちゃんのお誕生日のときだね!」って、Hさんがおっしゃってくださって。トリオに、私も混ぜてもらってます(笑)。楽しみだなぁ〜、年末♪

 

 

TRATTORIA LA MICHELINA(トラットリア・ラ・ミックリーナ)

住所:御殿場市東田中2−14−25

電話:0550‐70‐1720



 

「アンの家」(御殿場)でカレー

  • 2017.08.21 Monday
  • 18:50

昨日は、休日でしたー。

午前中は久しぶりに草むしりをして、

午後からは家のテレビの前で、大好きな高校野球の感染をしました。

夕方からは本を読み、震え上がり(←人間が一番怖いパターンの短編小説集)ました。

 

みなさま、こんにちは!

ヤマトヤのすみかです。

 

御殿場育ちの方で、きっと知らない人はいない「アンの家」。

先日、アオジ(=主人)と行ってきましたよ〜!

アオジは初めてだったかなーー。

 

里山のそばの”農道”と呼ばれる車道を運転して、

林の中から赤い壁が見えてきたら、それが「アンの家」です。

このロケーションと、ひっそりした雰囲気が好きで通っています。

 

いつもは、珈琲やケーキを頂くことが多いのですが、

この日は初めてカレーを頂いてみました。


その名も、「ハンバーグホットカレー」

 

”ホットカレー”と言っているだけあって、かなり辛いです!

辛い物はわりと好きなので、美味しくいただけましたよ。

ハンバーグも、しっかりした生地で作られていて、

肉のうまみがギュッと感じられます。

 

メニューには、辛くないカレーも用意があるみたいですね。

その日の気分によって、変えられるからうれしいな〜。


生クリームたっぷりのチョコレートケーキ
(生クリームは苦手なのですが、この生クリームは甘ったるくなくて好きです!)


昔ながらのプリン。

あ、こちらも生クリームたっぷりですね。

 

珈琲を飲みながら、アオジ(=主人)とおしゃべりしました。

 

そうそう。

 

アオジが

 

「あっ!」

 

というので、

 

「何!?」

 

と尋ねると、

 

「時計がある」

 

って。

 

どこに・・・・・・???

 

時計屋なので、飲食店に行くと必ず掛け時計とか見ちゃうんですが、

この壁には掛け時計はありません・・・・???

 

と、見せかけておいて・・・・・・

あった!!!

 

扉の右側にありました。

 

一見、細長い枠に入れられた絵画に見えましたが、

これは、きちんと駆動している時計でした。

 

ファンタジックな掛け時計、かわいかったです!

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM